Service Bus の Premium および Standard メッセージング レベルService Bus Premium and Standard messaging tiers

Service Bus メッセージングには、キューやトピックなどのエンティティが含まれており、エンタープライズ メッセージング機能と、クラウド スケールの豊富な発行/サブスクライブ セマンティクスが結合されます。Service Bus Messaging, which includes entities such as queues and topics, combines enterprise messaging capabilities with rich publish-subscribe semantics at cloud scale. Service Bus メッセージングは、多くの高度なクラウド ソリューションで、通信のバックボーンとして使用されます。Service Bus Messaging is used as the communication backbone for many sophisticated cloud solutions.

Service Bus メッセージングに Premium レベルを導入して、ミッション クリティカルなアプリケーションのスケール、パフォーマンス、および可用性に関する顧客の一般的な要求に対処しています。The Premium tier of Service Bus Messaging addresses common customer requests around scale, performance, and availability for mission-critical applications. 運用環境シナリオには、Premium レベルをお勧めします。The Premium tier is recommended for production scenarios. 機能セットとほぼ同じですが、Service Bus メッセージングのこれら 2 つのレベルは、さまざまなユース ケースに応えるように設計されています。Although the feature sets are nearly identical, these two tiers of Service Bus Messaging are designed to serve different use cases.

次の表に、大まかな違いをいくつか示します。Some high-level differences are highlighted in the following table.

PremiumPremium StandardStandard
高スループットHigh throughput 変わりやすいスループットVariable throughput
予測可能なパフォーマンスPredictable performance 変わりやすい待機時間Variable latency
固定価格Fixed pricing 従量課金制の変わりやすい料金Pay as you go variable pricing
ワークロードをスケールアップおよびスケールダウンする機能Ability to scale workload up and down 該当なしN/A
最大 1 MB のメッセージ サイズMessage size up to 1 MB 最大 256 KB のメッセージ サイズMessage size up to 256 KB

Service Bus Premium メッセージングでは、各顧客のワークロードが分離した状態で実行されるように、CPU とメモリのレベルでリソースが分離されます。Service Bus Premium Messaging provides resource isolation at the CPU and memory level so that each customer workload runs in isolation. このリソースのコンテナーを、メッセージング ユニットと呼びます。This resource container is called a messaging unit. 各 Premium 名前空間には、1 つ以上のメッセージング ユニットが割り当てられます。Each premium namespace is allocated at least one messaging unit. 各 Service Bus Premium 名前空間に対して 1、2、4、または 8 のメッセージング ユニットを購入することができます。You can purchase 1, 2, 4 or 8 messaging units for each Service Bus Premium namespace. 1 つのワークロードまたはエンティティが複数のメッセージング ユニットにまたがることができ、メッセージング ユニットの数は任意で変更できます。A single workload or entity can span multiple messaging units and the number of messaging units can be changed at will. その結果、Service Bus ベースのソリューションのパフォーマンスは、予測可能で反復可能になります。The result is predictable and repeatable performance for your Service Bus-based solution.

このパフォーマンスは、より予測可能かつ利用可能なだけでなく、より高速です。Not only is this performance more predictable and available, but it is also faster. Service Bus Premium メッセージングは、Azure Event Hubs に導入されたストレージ エンジンが基盤になっています。Service Bus Premium Messaging builds on the storage engine introduced in Azure Event Hubs. Premium メッセージングでのピークのパフォーマンスは、Standard レベルよりもはるかに高速です。With Premium Messaging, peak performance is much faster than with the Standard tier.

Premium メッセージングの技術的な相違点Premium Messaging technical differences

次のセクションでは、Premium メッセージング レベルと Standard メッセージング レベルのいくつかの違いについて説明します。The following sections discuss a few differences between Premium and Standard messaging tiers.

パーティション分割されたキューとトピックPartitioned queues and topics

Premium メッセージングでは、パーティション分割されたキューとトピックをサポートしていません。Partitioned queues and topics are not supported in Premium Messaging. パーティション分割の詳細については、「パーティション分割されたキューとトピック」を参照してください。For more information about partitioning, see Partitioned queues and topics.

エクスプレス エンティティExpress entities

完全に分離されたランタイム環境で Premium メッセージングが実行されるため、Premium 名前空間ではエクスプレス エンティティがサポートされません。Because Premium messaging runs in a completely isolated run-time environment, express entities are not supported in Premium namespaces. エクスプレス機能の詳細については、QueueDescription.EnableExpress プロパティを参照してください。For more information about the express feature, see the QueueDescription.EnableExpress property.

Standard メッセージングで実行しているコードがあり、それを Premium レベルに移植したい場合は、EnableExpress プロパティが false (既定値) に設定されていることを確認します。If you have code running under Standard messaging and want to port it to the Premium tier, make sure the EnableExpress property is set to false (the default value).

Premium メッセージング リソースの使用Premium Messaging resource usage

一般に、エンティティに対するどの操作でも、CPU とメモリが使用されます。In general, any operation on an entity may cause CPU and memory usage. これらいくつかの操作を次に示します。Here are some of these operations:

  • キュー、トピック、サブスクリプションに対する CRUD (Create、Retrieve、Update、Delete (作成、取得、更新、削除)) などの管理操作。Management operations such as CRUD (Create, Retrieve, Update, and Delete) operations on queues, topics, and subscriptions.
  • ランタイム操作 (メッセージの送受信)Runtime operations (send and receive messages)
  • 操作とアラートの監視Monitoring operations and alerts

ただし追加の CPU とメモリ使用によりさらに課金されることはありません。The additional CPU And memory usage is not priced additionally though. Premium メッセージング レベルでは、メッセージング ユニットの料金は単一です。For the Premium Messaging tier, there is a single price for the message unit.

CPU とメモリの使用は追跡され、次の理由で表示されます。The CPU and memory usage are tracked and displayed to the you for the following reasons:

  • システム内部に透明性を提供する。Provide transparency into the system internals
  • 購入したリソースの容量を把握する。Understand the capacity of resources purchased.
  • スケール アップ/スケール ダウンを判断するのに役立つ容量計画。Capacity planning that helps you decide to scale up/down.

Premium メッセージングを使ってみるGet started with Premium Messaging

Premium メッセージングは簡単に使い始めることができ、そのプロセスは Standard メッセージングと似ています。Getting started with Premium Messaging is straightforward and the process is similar to that of Standard Messaging. まず、Azure Portal名前空間を作成します。Begin by creating a namespace in the Azure portal. [価格レベル][Premium] を選択します。Make sure you select Premium under Pricing tier. [価格の詳細を表示] をクリックして、各レベルについての詳細を表示します。Click View full pricing details to see more information about each tier.

create-premium-namespace

Azure Resource Manager テンプレートを使用して Premium 名前空間を作成することもできます。You can also create Premium namespaces using Azure Resource Manager templates.

次の手順Next steps

Service Bus メッセージングの詳細については、次のリンクをご覧ください。To learn more about Service Bus Messaging, see the following links: