Service Fabric Mesh とはWhat is Service Fabric Mesh?

このビデオでは、Service Fabric Mesh の概要を簡単に説明します。This video provides a quick overview of Service Fabric Mesh.

Azure Service Fabric Mesh は、仮想マシン、ストレージ、ネットワークを管理することなく開発者がマイクロサービス アプリケーションをデプロイできるフル マネージド サービスです。Azure Service Fabric Mesh is a fully managed service that enables developers to deploy microservices applications without managing virtual machines, storage, or networking. Service Fabric mesh でホストされたアプリケーションは、その基盤となるインフラストラクチャについて心配しなくとも、実行され、スケーリングされます。Applications hosted on Service Fabric Mesh run and scale without you worrying about the infrastructure powering it. Service Fabric mesh は数千台のマシンのクラスターで構成されます。Service Fabric Mesh consists of clusters of thousands of machines. すべてのクラスター操作は開発者から見えなくなっています。All cluster operations are hidden from the developer. コードをアップロードし、必要なリソース、可用性の要件、リソースの制限を指定します。Upload your code and specify resources you need, availability requirements, and resource limits. Service Fabric Mesh では、インフラストラクチャが自動的に割り当てられ、インフラストラクチャの障害も処理されます。これにより、アプリケーションの高可用性が確保されます。Service Fabric Mesh automatically allocates the infrastructure and handles infrastructure failures, making sure your applications are highly available. アプリケーションの正常性と応答性さえ管理すればよく、インフラストラクチャを管理する必要がありません。You only need to care about the health and responsiveness of your application-not the infrastructure.

Service Fabric mesh は現在プレビューの段階です。Service Fabric Mesh is currently in preview. プレビュー版は、追加使用条件に同意することを条件に使用できます。Previews are made available to you on the condition that you agree to the supplemental terms of use. この機能の一部の側面は、一般公開 (GA) 前に変更される可能性があります。Some aspects of this feature may change prior to general availability (GA).

この記事では、Service Fabric Mesh の主なベネフィットについて概説します。This article provides an overview of the key benefits of Service Fabric Mesh.

優れた開発者エクスペリエンスGreat developer experience

Service Fabric Mesh では、コンテナーで実行できるあらゆるプログラミング言語またはフレームワークがサポートされます。Service Fabric Mesh supports any programming language or framework that can run in a container. Visual Studio 2019 と Visual Studio Code ツール サポートによって、.NET および .NET Core アプリケーション用の強力な編集およびデバッグ エクスペリエンスが提供されます。Visual Studio 2019 and Visual Studio Code tooling support provides a powerful editing and debugging experience for .NET and .NET Core applications.

Service Fabric Mesh では、以下が可能です。With Service Fabric Mesh you can:

  • 現在のアプリケーションを最新化して大規模に実行するために、既存のアプリケーションをコンテナーに "リフト アンド シフト" する。"Lift and shift" existing applications into containers to modernize and run your current applications at scale.
  • Azure で新しいマイクロサービス アプリケーションを構築して大規模にデプロイする。Build and deploy new microservices applications at scale in Azure. コンテナーで実行されている他の Azure サービスや既存のアプリケーションと統合します。Integrate with other Azure services or existing applications running in containers. 各マイクロサービスは、ネットワークから分離された、セキュリティで保護されたアプリケーションの一部です。Each microservice is part of a secure, network isolated application. マイクロサービスには、CPU コア、メモリ、ディスク領域などについて定義されているリソース ガバナンス ポリシーがあります。The microservice has resource governance policies defined for CPU cores, memory, disk space, and more.
  • 既存のアプリケーションに変更を加えることなく、それらのアプリケーションと統合して拡張する。Integrate with and extend existing applications without making changes to those applications. 独自の仮想ネットワークを使用して、既存のアプリケーションを新しいアプリケーションに接続します。Use your own virtual network to connect existing application to the new application.
  • Service Fabric mesh に移行して、既存の Cloud Services アプリケーションを最新化する。Modernize your existing Cloud Services applications by migrating to Service Fabric Mesh.

シンプルな運用ライフサイクルSimple operational lifecycle

運用環境におけるアプリケーションの実行、アプリケーションの監視、デバッグを簡単に管理できます。Easily manage running applications, monitoring applications, and debugging in production environments. この管理には、アプリケーションのアップグレードとバージョン管理が含まれます。This management includes application upgrades and versioning. これらのアプリケーションは、独自のネットワーク内に分離された単一または複数のマイクロサービスで構成できます。These applications can consist of a single microservice or multiple microservices isolated within their own network. デプロイ、配置、フェールオーバーにかかる時間が短く、アプリケーションは効率的に実行されます。Applications run efficiently with fast deployment, placement, and failover times.

Service Fabric mesh では、以下が可能です。With Service Fabric Mesh you can:

  • インフラストラクチャを明示的にプロビジョニングして管理することなく、アプリケーションのデプロイと管理を行う。Deploy and manage applications without having to explicitly provision and manage infrastructure. Service Fabric mesh では、基盤となるインフラストラクチャのプロビジョニング、アップグレード、パッチ適用、メンテナンスが自動で行われます。Service Fabric Mesh provisions, upgrades, patches, and maintains the underlying infrastructure for you.
  • アプリケーションを簡単にパッケージ化してデプロイできる統合されたツールを使用して、継続的インテグレーションを設定する。Set up continuous integration using the integrated tooling to easily package and deploy applications.
  • Azure Resource Manager リソースのすべての機能を活用する。Leverage all the features of Azure Resource Manager resources. これらの機能の例には、監査証跡とロールベースのアクセス制御が含まれます。Examples of these features include audit trail and role-based access control). Azure で Service Fabric Mesh サービスにデプロイするすべてのリソースは Azure Resource Manager リソースです。All resources that you deploy to the Service Fabric Mesh service in Azure are Azure Resource Manager resources. これらのリソースには、アプリケーション、サービス、シークレットなどが含まれます。These resources include applications, services, secrets, and so on.
  • Azure portal、Resource Manager テンプレート、または Azure CLI/PowerShell ライブラリを使用して、リソースのデプロイと管理を行う。Deploy and manage resources using the Azure portal, Resource Manager templates, or Azure CLI/PowerShell libraries.
  • Application Insights (または好きなツール) を使用して操作の監視とアラートを設定し、プラットフォームから操作と診断のトレースを収集する。Set up operational monitoring and alerting using Application Insights (or your tool of choice) to capture operational and diagnostic traces from the platform.
  • Application Insights または好きなツールを使用して、アプリケーション モデルから出力されたアプリケーション診断情報にアクセスする。Access application diagnostics information emitted from the application model using Application Insights or your tool of choice.
  • アプリケーション定義でサービスの自動スケーリング規則を指定して、リソース使用率を最適化する。Optimize resource usage by specifying auto-scale rules for the services in the application definition.

ミッション クリティカルなプラットフォーム機能Mission critical platform capabilities

Service Fabric Mesh では、Azure 可用性ゾーン/地政学的リージョンの境界にまたがる一連のクラスターが作成されます。Service Fabric Mesh creates a collection of clusters that span Azure Availability Zones and/or geo-political regional boundaries. Service Fabric Mesh では、スケール、ハードウェア要件、持続性要件、セキュリティ ポリシーなどの一連の意図を使用してアプリケーションを説明します。Service Fabric Mesh describes applications with a set of intents such as scale, hardware requirements, durability requirements, and security policies. アプリケーションのデプロイ時、Service Fabric Mesh によって最適な実行場所が検出されます。When the application deploys, Service Fabric Mesh finds the optimal place to run it.

Service Fabric mesh では、以下が可能です。With Service Fabric Mesh you can:

  • 高可用性、スケールイン/スケールアウト、検出可能性、オーケストレーション、メッセージ ルーティング、信頼できるメッセージング、ダウンタイムのないアップグレード、セキュリティ/シークレット管理、ディザスター リカバリー、状態管理、構成管理、分散トランザクションを活用する。Take advantage of high availability, scaling in/out, discoverability, orchestration, message routing, reliable messaging, no-downtime upgrades, security/secrets management, disaster recovery, state management, configuration management, and distributed transactions.
  • アプリケーションの作成時に複数の中からアプリケーション モデルを選択する。Choose between multiple application models when creating applications.
  • Swagger で生成された言語固有のバインドを使用して、REST エンドポイントを通じて公開されているプラットフォーム機能を使用する。Use platform capabilities exposed through REST endpoints by consuming language-specific bindings generated using Swagger.
  • 地域の信頼性を高めるために、可用性ゾーンと複数のリージョンをまたいでアプリケーションをデプロイする。Deploy applications across Availability Zones and multiple regions for geo-reliability.
  • Azure によって提供されるすべてのセキュリティ機能とコンプライアンス機能を使用する。Use all the security and compliance features that Azure provides.

次の手順Next steps

Visual Studio でのサンプル プロジェクトのデプロイに必要な手順はわずか数ステップです。It only takes a few steps to deploy a sample project with Visual Studio. 詳細については、ASP.NET Core Web サイトの作成に関する記事を参照してください。For more information, see Create an ASP.NET Core website.

よく寄せられる質問に対する回答を確認します。Find answers to common questions.