Service Fabric クラスターの容量計画に関する考慮事項Service Fabric cluster capacity planning considerations

容量計画は、運用環境へのデプロイにおいて重要なステップとなります。For any production deployment, capacity planning is an important step. ここでは、そのプロセスの一環として考慮すべき事柄をいくつか取り上げます。Here are some of the items that you have to consider as a part of that process.

  • クラスターで最初に必要となるノード タイプの数The number of node types your cluster needs to start out with
  • ノード タイプごとの特性 (サイズ、プライマリ、インターネット接続、VM 数など)The properties of each node type (size, primary, internet facing, number of VMs, etc.)
  • クラスターの信頼性と耐久性の特徴The reliability and durability characteristics of the cluster

注意

計画中は、少なくともすべての [許可しない] アップグレード ポリシーの値を確認するようにします。You should minimally review all Not Allowed upgrade policy values during planning. これは、値を適切に設定し、後でシステム構成の設定が変更できないために発生するクラスターのバーンダウンを軽減するためです。This is to ensure that you set the values appropriately and to mitigate burning down of your cluster later because of unchangeable system configuration settings.

それぞれの項目について簡単に見ていきましょう。Let us briefly review each of these items.

クラスターで最初に必要となるノード タイプの数The number of node types your cluster needs to start out with

最初に、作成するクラスターの使用目的について考えておく必要があります。First, you need to figure out what the cluster you are creating is going to be used for. このクラスターにどのような種類のアプリケーションを展開する予定があるでしょうか。What kinds of applications you are planning to deploy into this cluster? クラスターの目的が明確でないとすれば、容量計画プロセスに着手するのはおそらく時期尚早です。If you are not clear on the purpose of the cluster, you are most likely not yet ready to enter the capacity planning process.

クラスターで最初に必要となるノード タイプの数をはっきりさせましょう。Establish the number of node types your cluster needs to start out with. ノード タイプはそれぞれ 1 つの仮想マシン スケール セットに対応付けられます。Each node type is mapped to a virtual machine scale set. 各ノードの種類は、個別にスケール アップまたはスケール ダウンすることができ、さまざまなセットのポートを開き、異なる容量のメトリックスを持つことができます。Each node type can then be scaled up or down independently, have different sets of ports open, and can have different capacity metrics. そのためノード タイプの数は、基本的に次の要因を考慮して決めることになります。So the decision of the number of node types essentially comes down to the following considerations:

  • アプリケーションに複数のサービスが存在するか、またその中に、外部に公開 (インターネットに接続) しなければならないサービスはあるか。Does your application have multiple services, and do any of them need to be public or internet facing? 標準的なアプリケーションには、クライアントからの入力を受け取るフロントエンド ゲートウェイ サービスと、そのフロントエンド サービスと通信するバックエンド サービスが存在します。Typical applications contain a front-end gateway service that receives input from a client and one or more back-end services that communicate with the front-end services. したがってこのケースでは、最終的に少なくとも 2 つのノード タイプが必要となります。So in this case, you end up having at least two node types.

  • アプリケーションの構成要素として、インフラストラクチャ ニーズの異なる複数のサービスが存在するか (大容量の RAM が必要、高い CPU 処理能力が必要など)。Do your services (that make up your application) have different infrastructure needs such as greater RAM or higher CPU cycles? たとえばデプロイするアプリケーションに、フロントエンド サービスとバックエンド サービスが含まれていると仮定します。For example, let us assume that the application that you want to deploy contains a front-end service and a back-end service. フロントエンド サービスはバックエンド サービスよりも小さい VM (D2 など) で実行できますが、インターネットに対してポートを開放する必要があります。The front-end service can run on smaller VMs (VM sizes like D2) that have ports open to the internet. 一方バックエンド サービスは計算負荷が高く、より大きな VM (D4、D6、D15 など) で実行する必要はありますが、インターネット接続は不要です。The back-end service, however, is computation intensive and needs to run on larger VMs (with VM sizes like D4, D6, D15) that are not internet facing.

    この場合、1 つのノード タイプにすべてのサービスをデプロイすることもできますが、Microsoft としては、2 つのノード タイプから成るクラスターにデプロイすることをお勧めします。In this example, although you can decide to put all the services on one node type, we recommended that you place them in a cluster with two node types. そうすることでノード タイプごとに、インターネットの接続性や VM サイズなど異なる特性を持たせることができます。This allows each node type to have distinct properties such as internet connectivity or VM size. VM 数を個別に増減させることもできます。The number of VMs can be scaled independently, as well.

  • 将来を予測することはできないので、まずは把握している事実を踏まえ、アプリケーションの立ち上げ時に必要となるノード タイプの数を選択しましょう。Because you cannot predict the future, go with facts you know, and choose the number of node types that your applications need to start with. ノード タイプは後からいつでも追加または削除できます。You can always add or remove node types later. Service Fabric クラスターには少なくとも 1 つのノード タイプが必要です。A Service Fabric cluster must have at least one node type.

各ノード タイプの特性The properties of each node type

ノード タイプ は、Cloud Services のロールと同等のものと見なすことができます。The node type can be seen as equivalent to roles in Cloud Services. ノードのタイプには、VM のサイズ、VM の数、プロパティが定義されています。Node types define the VM sizes, the number of VMs, and their properties. Service Fabric クラスターで定義されているすべてのノード タイプは、仮想マシン スケール セットにマップされます。Every node type that is defined in a Service Fabric cluster maps to a virtual machine scale set.
各ノード タイプは異なるスケール セットで、個別にスケールアップまたはスケールダウンできるほか、異なるポートのセットを開いたり、異なる容量メトリックを設定したりできます。Each node type is a distinct scale set and can be scaled up or down independently, have different sets of ports open, and have different capacity metrics. ノード タイプと仮想マシン スケール セットの間のリレーションシップ、いずれかのインスタンスに RDP で接続する方法、新しいポートを開く方法などの詳細については、Service Fabric クラスター ノード タイプに関するページを参照してください。For more information about the relationships between node types and virtual machine scale sets, how to RDP into one of the instances, how to open new ports, and so on, see Service Fabric cluster node types.

Service Fabric クラスターは、複数のノード タイプで構成できます。A Service Fabric cluster can consist of more than one node type. その場合は、クラスターは 1 つのプライマリ ノード タイプと 1 つ以上の非プライマリ ノード タイプで構成されます。In that event, the cluster consists of one primary node type and one or more non-primary node types.

1 つのノード タイプで、SF アプリケーション用の仮想マシン スケール セットあたり 100 ノードを超えて信頼性高くスケールすることはできません。信頼性高く 100 ノード超えを実現するには別の仮想マシン スケール セットを追加する必要があります。A single node type cannot reliably scale beyond 100 nodes per virtual machine scale set for SF applications; achieving greater than 100 nodes reliably, will require you to add additional virtual machine scale sets.

プライマリ ノード タイプPrimary node type

Service Fabric システム サービス (クラスター マネージャー サービスやイメージ ストア サービスなど) は、プライマリ ノード タイプに配置されます。The Service Fabric system services (for example, the Cluster Manager service or Image Store service) are placed on the primary node type.

ノードが 2 種類あるクラスターのスクリーンショット

  • プライマリ ノード タイプの最小 VM サイズは、選択した耐久性レベルによって決まります。The minimum size of VMs for the primary node type is determined by the durability tier you choose. 既定の耐久性レベルは Bronze です。The default durability tier is Bronze. 詳細については、「クラスターの耐久性の特徴」を参照してください。See The durability characteristics of the cluster for more details.
  • プライマリ ノード タイプの最低 VM 数は、選択した信頼性レベルによって決まります。The minimum number of VMs for the primary node type is determined by the reliability tier you choose. 既定の信頼性レベルは Silver です。The default reliability tier is Silver. 詳細については、「クラスターの信頼性の特徴」を参照してください。See The reliability characteristics of the cluster for more details.

Azure Resource Manager テンプレートからは、プライマリ ノード タイプはノード タイプの定義の下の isPrimary 属性で構成されます。From the Azure Resource Manager template, the primary node type is configured with the isPrimary attribute under the node type definition.

非プライマリ ノード タイプNon-primary node type

複数のノード タイプが存在するクラスターでは、プライマリ ノード タイプは 1 つだけで、それ以外はすべて非プライマリ ノード タイプです。In a cluster with multiple node types, there is one primary node type and the rest are non-primary.

  • 非プライマリ ノード タイプの最小 VM サイズは、選択した耐久性レベルによって決まります。The minimum size of VMs for non-primary node types is determined by the durability tier you choose. 既定の耐久性レベルは Bronze です。The default durability tier is Bronze. 詳細については、「クラスターの耐久性の特徴」を参照してください。For more information, see The durability characteristics of the cluster.
  • 非プライマリ ノード タイプの VM の最小数は 1 です。The minimum number of VMs for non-primary node types is one. ただし、この数は、このノード タイプで実行するアプリケーション/サービスのレプリカ数に基づいて選ぶ必要があります。However, you should choose this number based on the number of replicas of the application/services that you want to run in this node type. ノード タイプの VM 数は、クラスターのデプロイ後に増やすことができます。The number of VMs in a node type can be increased after you have deployed the cluster.

クラスターの耐久性の特徴The durability characteristics of the cluster

耐久性レベルは、ご利用の VM が、基になる Azure インフラストラクチャに対して持つ特権をシステムに表明する目的で使用します。The durability tier is used to indicate to the system the privileges that your VMs have with the underlying Azure infrastructure. プライマリ ノード タイプでは、Service Fabric がこの特権を使って、システム サービスやステートフル サービスのクォーラム要件に影響を及ぼす、VM レベルのインフラストラクチャ要求 (VM の再起動、VM の再イメージ化、VM の移行など) を一時停止させることができます。In the primary node type, this privilege allows Service Fabric to pause any VM level infrastructure request (such as a VM reboot, VM reimage, or VM migration) that impact the quorum requirements for the system services and your stateful services. 非プライマリ ノード タイプの場合も、Service Fabric がこの特権の下で、ステートフル サービスのクォーラム要件に影響を及ぼす、VM レベルのインフラストラクチャ要求 (VM の再起動、VM の再イメージ化、VM の移行など) を一時停止させることができます。In the non-primary node types, this privilege allows Service Fabric to pause any VM level infrastructure requests (such as VM reboot, VM reimage, and VM migration) that impact the quorum requirements for your stateful services.

耐久性レベルDurability tier 必要な VM の最小数Required minimum number of VMs サポートされている VM SKUSupported VM SKUs 仮想マシン スケール セットに対して行う更新Updates you make to your virtual machine scale set Azure によって開始される更新プログラムとメンテナンスUpdates and maintenance initiated by Azure
ゴールドGold 55 1 人の顧客専用のフルノードの SKU (L32s、GS5、G5、DS15_v2、D15_v2 など)Full-node SKUs dedicated to a single customer (for example, L32s, GS5, G5, DS15_v2, D15_v2) Service Fabric クラスターに承認されるまで延期可能Can be delayed until approved by the Service Fabric cluster UD あたり 2 時間一時停止して、レプリカに以前の障害から復旧するための追加の時間を与えることが可能Can be paused for 2 hours per UD to allow additional time for replicas to recover from earlier failures
シルバーSilver 55 1 つ以上のコアと少なくとも 50 GB のローカル SSD を搭載した VMVMs of single core or above with at least 50 GB of local SSD Service Fabric クラスターに承認されるまで延期可能Can be delayed until approved by the Service Fabric cluster 長時間の延期は不可Cannot be delayed for any significant period of time
ブロンズBronze 11 少なくとも 50 GB のローカル SSD を搭載した VMVMs with at least 50 GB of local SSD Service Fabric クラスターにより延期されることはないWill not be delayed by the Service Fabric cluster 長時間の延期は不可Cannot be delayed for any significant period of time

警告

Bronze の持続性で実行されているノード タイプには "特権が与えられません"。Node types running with Bronze durability obtain no privileges. つまり、ステートフル ワークロードに影響を与えるインフラストラクチャ ジョブは、停止または延期されません。これによりワークロードに影響を及ぼす場合があります。This means that infrastructure jobs that impact your stateful workloads will not be stopped or delayed, which might impact your workloads. ステートレス ワークロードのみを実行するノード タイプには、Bronze のみを使用します。Use only Bronze for node types that run only stateless workloads. 運用環境のワークロードの場合は、Silver 以上が実行されていることをお勧めします。For production workloads, running Silver or above is recommended.

持続性レベルに関係なく、VM スケール セットに対する Deallocation 操作を行うと、クラスターは破棄されますRegardless of any durability level, Deallocation operation on VM Scale Set will destroy the cluster

Silver または Gold 耐久性レベル使用の長所Advantages of using Silver or Gold durability levels

  • スケールイン操作に必要な手順数を減らすことができます (つまり、ノードの非アクティブ化と Remove-ServiceFabricNodeState が自動的に呼び出されます)。Reduces the number of required steps in a scale-in operation (that is, node deactivation and Remove-ServiceFabricNodeState is called automatically).
  • お客様が開始したインプレース VM SKU 変更操作または Azure インフラストラクチャ操作によるデータ消失のリスクを減らすことができます。Reduces the risk of data loss due to a customer-initiated in-place VM SKU change operation or Azure infrastructure operations.

Silver または Gold 耐久性レベル使用の短所Disadvantages of using Silver or Gold durability levels

  • 仮想マシン スケール セットやその他の関連する Azure リソースへのデプロイが遅れたり、タイムアウトになったりする可能性があり、クラスターまたはインフラストラクチャ レベルの問題によって完全にブロックされる可能性があります。Deployments to your virtual machine scale set and other related Azure resources can be delayed, can time out, or can be blocked entirely by problems in your cluster or at the infrastructure level.
  • Azure インフラストラクチャの操作中に自動化されたノードの非アクティブ化によりレプリカ ライフサイクル イベント (プライマリ スワップなど) の数が増えます。Increases the number of replica lifecycle events (for example, primary swaps) due to automated node deactivations during Azure infrastructure operations.
  • Azure プラットフォーム ソフトウェアまたはハードウェア メンテナンス アクティビティが発生している期間中は、ノードの稼働を停止します。Takes nodes out of service for periods of time while Azure platform software updates or hardware maintenance activities are occurring. これらのアクティビティの最中は、ノードのステータスが [無効化中] や [無効] と表示されます。You may see nodes with status Disabling/Disabled during these activities. これにより、一時的にクラスターの容量が削減されますが、クラスターまたはアプリケーションの可用性に影響はありません。This reduces the capacity of your cluster temporarily, but should not impact the availability of your cluster or applications.

どのような場合に Silver または Gold 耐久性レベルを使用するかRecommendations for when to use Silver or Gold durability levels

Silver または Gold 耐久性は、頻繁なスケールイン (VM インスタンス数の削減) が予測されるステートフル サービスをホストするすべてのノード タイプに適しており、またこれらのスケールイン操作を簡略化するためにデプロイ操作の遅延や容量の減少を厭わない場合に適しています。Use Silver or Gold durability for all node types that host stateful services you expect to scale-in (reduce VM instance count) frequently, and you would prefer that deployment operations be delayed and capacity to be reduced in favor of simplifying these scale-in operations. スケールアウト シナリオ (VM インスタンスの追加) は、耐久性レベルの選択では問題になりません。問題になるのは、スケールインのみです。The scale-out scenarios (adding VMs instances) do not play into your choice of the durability tier, only scale-in does.

持続性レベルの変更Changing durability levels

  • シルバーまたはゴールドの持続性レベルのノード型は、ブロンズにダウングレードできません。Node types with durability levels of Silver or Gold cannot be downgraded to Bronze.
  • ブロンズからシルバーまたはゴールドにアップグレードすると、数時間がかかる場合があります。Upgrading from Bronze to Silver or Gold can take a few hours.
  • 持続性レベルを変更する場合は、お使いの仮想マシン スケール セット リソースの Service Fabric 拡張機能の構成と、お使いの Service Fabric クラスター リソースのノード型定義の、両方の持続性レベルを必ず更新してください。When changing durability level, be sure to update it in both the Service Fabric extension configuration in your virtual machine scale set resource, and in the node type definition in your Service Fabric cluster resource. これらの値は一致している必要があります。These values must match.

Silver または Gold 耐久性レベルに設定したノード タイプの操作上の推奨事項Operational recommendations for the node type that you have set to silver or gold durability level.

  • クラスターとアプリケーションを常に正常な状態に維持し、アプリケーションが適切なタイミングですべてのサービス レプリカのライフサイクル イベント (ビルドのレプリカが停止するなど) に応答することを確認します。Keep your cluster and applications healthy at all times, and make sure that applications respond to all Service replica lifecycle events (like replica in build is stuck) in a timely fashion.

  • VM SKU の変更 (スケールアップ/ダウン) では、より安全な方法を採用します。仮想マシン スケール セットの VM SKU を変更するには、さまざまな手順と考慮事項が必要です。Adopt safer ways to make a VM SKU change (Scale up/down): Changing the VM SKU of a virtual machine scale set requires a number of steps and considerations. 一般的な問題を避けるために実行できる手順は次のとおりです。Here is the process you can follow to avoid common issues.

    • 非プライマリ ノード タイプの場合: 新しい仮想マシン スケール セットを作成し、サービス配置制約を新しい仮想マシン スケール セット/ノード タイプを含めるように変更したら、古い仮想マシン スケール セット インスタンスの数を、一度に 1 ノードずつ 0 に減らします (このようにするのは、ノードの削除がクラスターの信頼性に影響しないようにするためです)。For non-primary node types: It is recommended that you create new virtual machine scale set, modify the service placement constraint to include the new virtual machine scale set/node type and then reduce the old virtual machine scale set instance count to zero, one node at a time (this is to make sure that removal of the nodes do not impact the reliability of the cluster).
    • プライマリ ノード タイプの場合: 選択した VM SKU の容量が一杯になり、大きな VM SKU に変更したい場合は、プライマリ ノード タイプの垂直スケーリングについてのガイダンスに従ってください。For the primary node type: If the VM SKU you have selected is at capacity and you would like to change to a larger VM SKU, follow our guidance on vertical scaling for a primary node type.
  • 持続性レベルが Gold または Silver である任意の仮想マシン スケール セットのノードを最小数である 5 つ保持します。Maintain a minimum count of five nodes for any virtual machine scale set that has durability level of Gold or Silver enabled.

  • 持続性レベルが Silver または Gold の各仮想マシン スケール セットは、Service Fabric クラスター内の独自のノード タイプにマップする必要があります。Each virtual machine scale set with durability level Silver or Gold must map to its own node type in the Service Fabric cluster. 複数の仮想マシン スケール セットを 1 つのノード タイプにマッピングすると、Service Fabric クラスターと Azure インフラストラクチャ間の連携が正常に動作しなくなります。Mapping multiple virtual machine scale sets to a single node type will prevent coordination between the Service Fabric cluster and the Azure infrastructure from working properly.

  • ランダム VM インスタンスを削除せず、仮想マシン スケール セットのスケールダウン機能を常に使用してください。Do not delete random VM instances, always use virtual machine scale set scale down feature. ランダムな VM インスタンスを削除すると、UD と FD に分散された VM インスタンスで不均衡が生じる可能性があります。The deletion of random VM instances has a potential of creating imbalances in the VM instance spread across UD and FD. この不均衡は、サービス インスタンス/サービス レプリカ間で適切に負荷分散を行うシステムの機能に悪影響を及ぼす場合があります。This imbalance could adversely affect the systems ability to properly load balance amongst the service instances/Service replicas.

  • 自動スケールを使用した場合、スケールイン (VM インスタンスの削除) が一度に 1 ノードに実行されるようにルールを設定します。If using Autoscale, then set the rules such that scale in (removing of VM instances) are done only one node at a time. 一度に複数のインスタンスをスケールダウンすることは安全ではありません。Scaling down more than one instance at a time is not safe.

  • プライマリ ノード タイプで VM を削除または割り当て解除する場合は、割り当てられた VM の数が、信頼性レベルが必要とする数を下回らないようにする必要があります。If deleting or deallocating VMs on the primary node type, you should never reduce the count of allocated VMs below what the reliability tier requires. これらの操作は、持続性レベルが Silver または Gold のスケール セットでは無期限にブロックされます。These operations will be blocked indefinitely in a scale set with a durability level of Silver or Gold.

クラスターの信頼性の特徴The reliability characteristics of the cluster

信頼性レベルは、クラスターのプライマリ ノード タイプで実行するシステム サービスのレプリカ数を設定する目的で使用します。The reliability tier is used to set the number of replicas of the system services that you want to run in this cluster on the primary node type. レプリカ数が増えるほど、クラスター内のシステム サービスの信頼性が上がります。The more the number of replicas, the more reliable the system services are in your cluster.

信頼性レベルは、以下のプランから選ぶことができます。The reliability tier can take the following values:

  • Platinum - ターゲットのレプリカ セット数が 9 つでシステム サービスを実行しますPlatinum - Run the System services with a target replica set count of nine
  • Gold - ターゲットのレプリカ セット数が 7 つでシステム サービスを実行しますGold - Run the System services with a target replica set count of seven
  • Silver - ターゲットのレプリカ セット数が 5 つでシステム サービスを実行しますSilver - Run the System services with a target replica set count of five
  • Bronze - ターゲットのレプリカ セット数が 3 つでシステム サービスを実行しますBronze - Run the System services with a target replica set count of three

注意

選択した信頼性レベルによって、プライマリ ノード タイプに必要な最小ノード数が決まります。The reliability tier you choose determines the minimum number of nodes your primary node type must have.

信頼性レベルに関する推奨事項Recommendations for the reliability tier

クラスターのサイズ (すべてのノード タイプの VM インスタンスの総数) を増減するときには、クラスターの信頼性を別のレベルに更新する必要があります。When you increase or decrease the size of your cluster (the sum of VM instances in all node types), you must update the reliability of your cluster from one tier to another. クラスターの信頼性レベルを変更すると、システム サービスのレプリカ セット数を変更するために必要なクラスターのアップグレードが開始されます。Doing this triggers the cluster upgrades needed to change the system services replica set count. ノードの追加など、クラスターにさらに変更を行う場合は、このアップグレードが完了してからにしてください。Wait for the upgrade in progress to complete before making any other changes to the cluster, like adding nodes. アップグレードの進行状況を監視するには、Service Fabric Explorer を使用するか、Get-ServiceFabricClusterUpgrade を実行します。You can monitor the progress of the upgrade on Service Fabric Explorer or by running Get-ServiceFabricClusterUpgrade

以下に、信頼性レベルを選択するときの推奨事項を示します。Here is the recommendation on choosing the reliability tier. シード ノードの数も、信頼性レベルのノードの最小数に設定されます。The number of seed nodes is also set to the minimum number of nodes for a reliability tier. たとえば、ゴールド信頼性のクラスターでは、7 個のシード ノードがあります。For example, for a cluster with Gold reliability there are 7 seed nodes.

クラスター ノードの数Number of cluster nodes 信頼性レベルReliability Tier
11 信頼性レベルのパラメーターを指定しないでください。システムが計算します。Do not specify the Reliability Tier parameter, the system calculates it
33 ブロンズBronze
5 または 65 or 6 シルバーSilver
7 または 87 or 8 ゴールドGold
9 以上9 and up PlatinumPlatinum

プライマリ ノード タイプ - 容量ガイダンスPrimary node type - capacity guidance

プライマリ ノード タイプ容量の計画のためのガイダンスを次に示します。Here is the guidance for planning the primary node type capacity:

  • Azure で運用ワークロードを実行する VM インスタンスの数: 最小のプライマリ ノード タイプ サイズ「5」と信頼性レベル「シルバー」を指定する必要があります。Number of VM instances to run any production workload in Azure: You must specify a minimum Primary Node type size of 5 and a Reliability Tier of Silver.
  • Azure でテスト ワークロードを実行する VM インスタンスの数: 最小プライマリ ノード タイプ サイズとして 1 または 3 を指定できます。Number of VM instances to run test workloads in Azure You can specify a minimum primary node type size of 1 or 3. 1 つのノード クラスターは、特別な構成で実行されるため、そのクラスターからのスケールアウトがサポートされません。The one node cluster, runs with a special configuration and so, scale out of that cluster is not supported. 1 つのノード クラスターは、Resource Manager テンプレートで信頼性がないため、その構成 (構成値の設定が不十分) を削除するか、指定しないようにする必要があります。The one node cluster, has no reliability and so in your Resource Manager template, you have to remove/not specify that configuration (not setting the configuration value is not enough). 1 つのノード クラスターの設定をポータルを通じて行った場合、構成は自動的に行われます。If you set up the one node cluster set up via portal, then the configuration is automatically taken care of. 運用ワークロードの実行について、1 つおよび 3 つのノード クラスターはサポートされていません。One and three node clusters are not supported for running production workloads.
  • VM SKU: プライマリ ノード タイプはシステム サービスの実行場所となるため、VM SKU を選択する場合、クラスターに配置する予定の全体的なピーク負荷を考慮に入れる必要があります。VM SKU: Primary node type is where the system services run, so the VM SKU you choose for it, must take into account the overall peak load you plan to place into the cluster. この要点を例え話で説明するために、プライマリ ノード タイプを "肺" と考えてください。そこから脳に酸素が送られるため、脳に十分な酸素が届かなければ身体に悪影響が出るということです。Here is an analogy to illustrate what I mean here - Think of the primary node type as your "Lungs", it is what provides oxygen to your brain, and so if the brain does not get enough oxygen, your body suffers.

クラスターに必要な容量は、クラスターで実行する予定のワークロードによって決まるため、特定のワークロードについて定性的なガイダンスを示すことはできませんが、以下に、検討を始めるのに役立つ包括的なガイダンスを示します。Since the capacity needs of a cluster is determined by workload you plan to run in the cluster, we cannot provide you with qualitative guidance for your specific workload, however here is the broad guidance to help you get started

運用ワークロードの場合:For production workloads:

  • クラスターのプライマリ NodeType をシステム サービス専用とし、配置制約を利用してアプリケーションをセカンダリ NodeType にデプロイすることをお勧めします。It's recommended to dedicate your clusters primary NodeType to system services, and use placement constraints to deploy your application to secondary NodeTypes.
  • 推奨される VM SKU は、Standard D2_V2、またはローカル SSD が 50 GB 以上のこれらと同等の SKU です。The recommended VM SKU is Standard D2_V2 or equivalent with a minimum of 50 GB of local SSD.
  • サポートされる最小の VM SKU は、Standard_D2_V3 か Standard D1_V2、またはローカル SSD が 50 GB 以上のこれらと同等の SKU です。The minimum supported use VM SKU is Standard_D2_V3 or Standard D1_V2 or equivalent with a minimum of 50 GB of local SSD.
  • 50 GB 以上をお勧めします。Our recommendation is a minimum of 50 GB. ワークロードによっては (特に、Windows コンテナーを実行する場合)、さらに大きなディスクが必要です。For your workloads, especially when running Windows containers, larger disks are required.
  • コア数が少ない Standard A0 のような VM SKU は、運用ワークロードではサポートされません。Partial core VM SKUs like Standard A0 are not supported for production workloads.
  • A シリーズ VM SKU は、パフォーマンス上の理由から運用ワークロードではサポートされません。A series VM SKUs are not supported for production workloads for performance reasons.
  • 優先度の低い VM はサポートされていません。Low-priority VMs are not supported.

警告

実行中のクラスターでプライマリ ノードの VM SKU サイズを変更することはスケーリング操作であり、仮想マシン スケール セットのスケールアウトに関するドキュメントに記載されています。Changing the primary node VM SKU size on a running cluster, is a scaling operation, and documented in Virtual Machine Scale Set scale out documentation.

非プライマリ ノード タイプ - ステートフル ワークロードの容量ガイダンスNon-primary node type - capacity guidance for stateful workloads

このガイダンスは、非プライマリ ノード タイプで実行している Service Fabric の信頼性の高いコレクションまたは Reliable Actors を使用するステートフル ワークロードを対象としています。This guidance is for stateful Workloads using Service fabric reliable collections or reliable Actors that you are running in the non-primary node type.

VM インスタンスの数: ステートフルな運用ワークロードの場合、最小レプリカ数およびターゲット レプリカ数を 5 にして実行することをお勧めします。Number of VM instances: For production workloads that are stateful, it is recommended that you run them with a minimum and target replica count of 5. こうすることで、安定状態では各障害ドメインとアップグレード ドメインに (1 つのレプリカ セットから) 1 つのレプリカが配置されることになります。This means that in steady state you end up with a replica (from a replica set) in each fault domain and upgrade domain. プライマリ ノード タイプの信頼性レベルという概念は、システム サービスに対してこの設定を指定する方法です。The whole reliability tier concept for the primary node type is a way to specify this setting for system services. そのため、ステートフル サービスにも同じ考慮事項が適用されます。So the same consideration applies to your stateful services as well.

このため、運用ワークロードで推奨される非プライマリ ノード タイプの最小サイズは、ステートフル ワークロードを実行する場合は 5 になります。So for production workloads, the minimum recommended non-Primary Node type size is 5, if you are running stateful workloads in it.

VM SKU: これは、アプリケーション サービスの実行場所となるノード タイプになるため、VM SKU を選択する場合は、各ノードに配置する予定のピーク負荷を考慮に入れる必要があります。VM SKU: This is the node type where your application services are running, so the VM SKU you choose for it, must take into account the peak load you plan to place into each Node. ノード タイプに必要な容量を決めるのは、クラスターで実行する予定のワークロードです。このため、特定のワークロードについて定性的なガイダンスを示すことはできませんが、以下に、検討を始めるのに役立つ包括的なガイダンスを示しますThe capacity needs of the node type, is determined by workload you plan to run in the cluster, so we cannot provide you with qualitative guidance for your specific workload, however here is the broad guidance to help you get started

運用環境のワークロードの場合は次のとおりです。For production workloads

  • 推奨される VM SKU は、Standard D2_V2、またはローカル SSD が 50 GB 以上のこれらと同等の SKU です。The recommended VM SKU is Standard D2_V2 or equivalent with a minimum of 50 GB of local SSD.
  • サポートされる最小の VM SKU は、Standard_D2_V3 か Standard D1_V2、またはローカル SSD が 50 GB 以上のこれらと同等の SKU です。The minimum supported use VM SKU is Standard_D2_V3 or Standard D1_V2 or equivalent with a minimum of 50 GB of local SSD.
  • コア数が少ない Standard A0 のような VM SKU は、運用ワークロードではサポートされません。Partial core VM SKUs like Standard A0 are not supported for production workloads.
  • A シリーズ VM SKU は、パフォーマンス上の理由から運用ワークロードではサポートされません。A series VM SKUs are not supported for production workloads for performance reasons.

非プライマリ ノード タイプ - ステートレス ワークロードの容量ガイダンスNon-primary node type - capacity guidance for stateless workloads

非プライマリ ノード タイプで実行しているステートフル ワークロードのガイダンス。This guidance of stateless Workloads that you are running on the non-primary node type.

VM インスタンスの数: ステートレスな運用ワークロードの場合は、サポートされる最小の非プライマリ ノード タイプ サイズは 2 です。Number of VM instances: For production workloads that are stateless, the minimum supported non-Primary Node type size is 2. このサイズではアプリケーションのステートレス インスタンスを 2 つ実行できるため、1 つの VM インスタンスが損失してもサービスを存続させることができます。This allows you to run you two stateless instances of your application and allowing your service to survive the loss of a VM instance.

VM SKU: これは、アプリケーション サービスの実行場所となるノード タイプになるため、VM SKU を選択する場合は、各ノードに配置する予定のピーク負荷を考慮に入れる必要があります。VM SKU: This is the node type where your application services are running, so the VM SKU you choose for it, must take into account the peak load you plan to place into each Node. ノード タイプに必要な容量は、クラスターで実行する予定のワークロードによって決まります。The capacity needs of the node type is determined by the workload you plan to run in the cluster. このため、特定のワークロードについて定性的なガイダンスを示すことはできません。We cannot provide you with qualitative guidance for your specific workload. ただし、以下に検討を始めるのに役立つ包括的なガイダンスを示します。However, here is the broad guidance to help you get started.

運用環境のワークロードの場合は次のとおりです。For production workloads

  • 推奨される VM SKU は、Standard D2_V2、またはこれらと同等の SKU です。The recommended VM SKU is Standard D2_V2 or equivalent.
  • サポートされる最小の VM SKU は、Standard D1 か Standard D1_V2、またはこれらと同等の SKU ですThe minimum supported use VM SKU is Standard D1 or Standard D1_V2 or equivalent.
  • コア数が少ない Standard A0 のような VM SKU は、運用ワークロードではサポートされません。Partial core VM SKUs like Standard A0 are not supported for production workloads.
  • A シリーズ VM SKU は、パフォーマンス上の理由から運用ワークロードではサポートされません。A series VM SKUs are not supported for production workloads for performance reasons.

次のステップNext steps

容量計画が完了し、クラスターをセットアップしたら、以下のドキュメントをお読みください。Once you finish your capacity planning and set up a cluster, read the following: