Windows Server と Linux での Azure とスタンドアロン Service Fabric クラスターの比較Comparing Azure and standalone Service Fabric clusters on Windows Server and Linux

Service Fabric クラスターは、ネットワークで接続された一連の仮想マシンまたは物理マシンで、マイクロサービスがデプロイおよび管理されます。A Service Fabric cluster is a network-connected set of virtual or physical machines into which your microservices are deployed and managed. クラスターに属しているコンピューターまたは VM をクラスター ノードといいます。A machine or VM that is part of a cluster is called a cluster node. クラスターは多数のノードにスケールできます。Clusters can scale to thousands of nodes. 新しいノードがクラスターに追加されると、Service Fabric は、増加したノード数全体で、サービスのパーティションのレプリカとインスタンスのバランスを再調整します。If you add new nodes to the cluster, Service Fabric rebalances the service partition replicas and instances across the increased number of nodes. アプリケーション全体のパフォーマンスが向上し、メモリへのアクセスの競合が減少します。Overall application performance improves and contention for access to memory decreases. クラスター内のノードが効率的に使用されていない場合、クラスター内のノードの数を削減できます。If the nodes in the cluster are not being used efficiently, you can decrease the number of nodes in the cluster. Service Fabric は、各ノードのハードウェアを効率的に利用できるように、減らされたノード数全体で、再度パーティションのレプリカとインスタンスのバランスを再調整します。Service Fabric again rebalances the partition replicas and instances across the decreased number of nodes to make better use of the hardware on each node.

Service Fabric を使用すると、Windows Server または Linux を実行するすべての VM またはコンピューター上に Service Fabric クラスターを作成できます。Service Fabric allows for the creation of Service Fabric clusters on any VMs or computers running Windows Server or Linux. つまり、オンプレミスか、Microsoft Azure か、クラウド プロバイダーかに関係なく、相互接続された一連の Windows Server コンピューターまたは Linux コンピューターがある任意の環境に、Service Fabric アプリケーションをデプロイして実行できます。This means you are able to deploy and run Service Fabric applications in any environment where you have a set of Windows Server or Linux computers that are interconnected, be it on-premises, Microsoft Azure, or with any cloud provider.

Azure 上のクラスターの利点Benefits of clusters on Azure

Azure では、他の Azure の機能やサービスとの統合が提供されているため、クラスターの操作と管理が容易で信頼性が高くなります。On Azure, we provide integration with other Azure features and services, which makes operations and management of the cluster easier and more reliable.

  • Azure portal: Azure portal を使用すると、クラスターの作成と管理が容易になります。Azure portal: Azure portal makes it easy to create and manage clusters.
  • Azure Resource Manager: Azure Resource Manager を使用すると、クラスターでユニットとして使用されているリソースの管理が容易になり、コストの追跡と要求を簡素化できます。Azure Resource Manager: Use of Azure Resource Manager allows easy management of all resources used by the cluster as a unit and simplifies cost tracking and billing.
  • Azure リソースとしての Service Fabric クラスター : Service Fabric クラスターは Azure リソースなので、Azure の他の Azure リソースと同じようにモデル化できます。Service Fabric Cluster as an Azure Resource A Service Fabric cluster is an Azure resource, so you can model it like you do other resources in Azure.
  • Azure インフラストラクチャとの統合 : Service Fabric は、OS、ネットワーク、およびその他のアップグレードに関して基になる Azure インフラストラクチャと連携するため、アプリケーションの可用性と信頼性が向上します。Integration with Azure Infrastructure Service Fabric coordinates with the underlying Azure infrastructure for OS, network, and other upgrades to improve availability and reliability of your applications.
  • 診断:Azure では、Azure Diagnostics および Azure Monitor ログとの統合が提供されます。Diagnostics: On Azure, we provide integration with Azure diagnostics and Azure Monitor logs.
  • 自動スケール:Azure 上のクラスターの場合、仮想マシン スケール セットであるため、組み込みの自動スケール機能が提供されます。Auto-scaling: For clusters on Azure, we provide built-in auto-scaling functionality due to Virtual Machine scale-sets. オンプレミスおよび他のクラウド環境では、自動スケール機能を独自に構築するか、Service Fabric で公開されているクラスター スケーリング用 API を手動で使用してスケールする必要があります。In on-premises and other cloud environments, you have to build your own auto-scaling feature or scale manually using the APIs that Service Fabric exposes for scaling clusters.

スタンドアロン クラスターの利点Benefits of standalone clusters

  • クラスターをホストするクラウド プロバイダーを自由に選択できます。You are free to choose any cloud provider to host your cluster.
  • Service Fabric アプリケーションは、一度記述すると、複数のホスティング環境で最小限の変更で実行できます。Service Fabric applications, once written, can be run in multiple hosting environments with minimal to no changes.
  • Service Fabric アプリケーションの構築に関する知識は、ホスティング環境が変わっても適用できます。Knowledge of building Service Fabric applications carries over from one hosting environment to another.
  • Service Fabric クラスターの実行と管理に関する運用経験は、環境が変わっても活かせます。Operational experience of running and managing Service Fabric clusters carries over from one environment to another.
  • ホスティング環境による制約がないため、広範な顧客にアプローチできます。Broad customer reach is unbounded by hosting environment constraints.
  • データ センターまたはクラウド プロバイダーにブラックアウトが発生した場合でもサービスを別のデプロイ環境に移行できるため、広範囲に及ぶサービス停止に対する信頼性と保護が強化されています。An extra layer of reliability and protection against widespread outages exists because you can move the services over to another deployment environment if a data center or cloud provider has a blackout.

次の手順Next steps