パフォーマンス メトリック

クラスターおよびその中で実行しているアプリケーションのパフォーマンスを把握するには、メトリックを収集する必要があります。 Service Fabric クラスターでは、次のパフォーマンス カウンターを収集することをお勧めします。

Nodes

クラスター内の各コンピューターの負荷を把握し、クラスターのスケーリングを適切に決定するには、次のパフォーマンス カウンターの収集を検討してください。

カウンターのカテゴリ カウンター名
論理ディスク Logical Disk Free Space (論理ディスクの空き領域)
PhysicalDisk(per Disk) Avg.Disk Read Queue Length
PhysicalDisk(per Disk) Avg.Disk Write Queue Length
PhysicalDisk(per Disk) 1 秒間のディスク読み取りの平均
PhysicalDisk(per Disk) 1 秒間のディスク書き込みの平均
PhysicalDisk(per Disk) Disk Reads/sec
PhysicalDisk(per Disk) Disk Read Bytes/sec
PhysicalDisk(per Disk) Disk Writes/sec
PhysicalDisk(per Disk) Disk Write Bytes/sec
メモリ Available MBytes
PagingFile % Usage
Processor(Total) % Processor Time
Process (per service) % Processor Time
Process (per service) ID Process
Process (per service) Private Bytes
Process (per service) Thread Count
Process (per service) Virtual Bytes
Process (per service) Working Set
Process (per service) Working Set - Private
Network Interface(all-instances) Bytes recd
Network Interface(all-instances) Bytes sent
Network Interface(all-instances) Bytes total
Network Interface(all-instances) Output Queue Length
Network Interface(all-instances) Packets Outbound Discarded
Network Interface(all-instances) Packets Received Discarded
Network Interface(all-instances) Packets Outbound Errors
Network Interface(all-instances) Packets Received Errors

.NET アプリケーションとサービス

クラスターに .NET サービスをデプロイしている場合は、次のカウンターを収集します。

カウンターのカテゴリ カウンター名
.NET CLR Memory (per service) プロセス ID
.NET CLR Memory (per service) # Total committed Bytes
.NET CLR Memory (per service) # Total reserved Bytes
.NET CLR Memory (per service) # Bytes in all Heaps
.NET CLR Memory (per service) Large Object Heap size
.NET CLR Memory (per service) # GC Handles
.NET CLR Memory (per service) # Gen 0 Collections
.NET CLR Memory (per service) # Gen 1 Collections
.NET CLR Memory (per service) # Gen 2 Collections
.NET CLR Memory (per service) % Time in GC

Service Fabric のカスタム パフォーマンス カウンター

Service Fabric は、大量のカスタム パフォーマンス カウンターを生成します。 SDK をインストールした場合、Windows コンピューターでの包括的な一覧をパフォーマンス モニター アプリケーションで表示できます ([スタート] > [パフォーマンス モニター])。

クラスターにデプロイしているアプリケーションで Reliable Actors を使っている場合は、Service Fabric Actor および Service Fabric Actor Method カテゴリのカウンターを追加します (「Service Fabric Actor」をご覧ください)。

Reliable Services またはサービスのリモート処理を使っている場合は、同様に、収集する必要のあるカウンターが含まれる Service Fabric Service および Service Fabric Service Method カウンター カテゴリがあります。Service Fabric Serviceおよび Service Fabric Service Methodに関する記事をご覧ください。

Reliable Collections を使っている場合は、Service Fabric Transactional ReplicatorAvg. Transaction ms/Commit を追加して、トランザクションあたりの平均コミット待ち時間メトリックを収集することをお勧めします。

次のステップ