Windows で開発環境を準備するPrepare your development environment on Windows

Windows 開発コンピューターで Azure Service Fabric アプリケーションをビルドして実行するには、Service Fabric ランタイム、SDK、およびツールをインストールしてください。To build and run Azure Service Fabric applications on your Windows development machine, install the Service Fabric runtime, SDK, and tools. また、SDK に含まれる Windows PowerShell スクリプトの実行を有効にする必要があります。You also need to enable execution of the Windows PowerShell scripts included in the SDK.

前提条件Prerequisites

サポートされるオペレーティング システムのバージョンSupported operating system versions

開発では、次のオペレーティング システムのバージョンがサポートされます。The following operating system versions are supported for development:

  • Windows 7Windows 7
  • Windows 8/Windows 8.1Windows 8/Windows 8.1
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows 10Windows 10

注意

Windows 7 のサポート:

  • Windows 7 には、既定では Windows PowerShell 2.0 のみが含まれます。 Service Fabric PowerShell のコマンドレットには PowerShell 3.0 以降が必要です。 Microsoft ダウンロード センターから Windows PowerShell 5.0 をダウンロードできます。
  • Service Fabric リバース プロキシは、Windows 7 で使用できません。

SDK とツールのインストールInstall the SDK and tools

SDK とツールをインストールするには、Web Platform Installer (Web PI) を使用することをお勧めします。Web Platform Installer (WebPI) is the recommended way to install the SDK and tools. Web PI を使用してランタイム エラーが発生した場合は、特定の Service Fabric リリースのリリース ノートで、インストーラーへの直接リンクを検索することもできます。If you receive runtime errors using WebPI, you can also find direct links to the installers in the release notes for a specific Service Fabric release. リリース ノートは、Service Fabric チーム ブログの各種リリースの発表で見つけることができます。The release notes can be found in the various release announcements on the Service Fabric team blog.

注意

ローカルな Service Fabric 開発クラスターのアップグレードはサポートされていません。

Visual Studio 2017 を使用するにはTo use Visual Studio 2017

Service Fabric ツールは、Visual Studio 2017 の Azure 開発ワークロードに含まれています。The Service Fabric Tools are part of the Azure Development workload in Visual Studio 2017. このワークロードを Visual Studio のインストールの一環として有効にします。Enable this workload as part of your Visual Studio installation. さらに、Web Platform Installer を使用して Microsoft Azure Service Fabric SDK とランタイムをインストールする必要があります。In addition, you need to install the Microsoft Azure Service Fabric SDK and runtime using Web Platform Installer.

Visual Studio 2015 を使用するには (Visual Studio 2015 Update 2 以降が必要)To use Visual Studio 2015 (requires Visual Studio 2015 Update 2 or later)

Visual Studio 2015 では、Service Fabric ツールは、Web Platform Installer を使用して SDK やランタイムと共にインストールされます。For Visual Studio 2015, the Service Fabric tools are installed together with the SDK and runtime using the Web Platform Installer:

SDK のみのインストールSDK installation only

SDK のみが必要な場合は、次のパッケージをインストールすることができます。If you only need the SDK, you can install this package:

現在のバージョンは次のとおりです。The current versions are:

  • Service Fabric SDK および Tools 3.3.658Service Fabric SDK and Tools 3.3.658
  • Service Fabric ランタイム 6.4.658Service Fabric runtime 6.4.658
  • Service Fabric Tools for Visual Studio 2015 2.4.11116.1Service Fabric Tools for Visual Studio 2015 2.4.11116.1
  • Visual Studio 2017 15.9 には、Service Fabric Tools for Visual Studio 2.4.11024.1 が含まれていますVisual Studio 2017 15.9 includes Service Fabric Tools for Visual Studio 2.4.11024.1

サポートされているバージョンの一覧については、Service Fabric のバージョンに関するページを参照してくださいFor a list of supported versions, see Service Fabric versions

注意

アプリケーションまたはクラスターのアップグレードには、1 台のマシンのクラスター (OneBox) はサポートされていません。クラスターのアップグレードを実行する必要がある場合や、アプリケーションのアップグレードの実行で問題がある場合は、OneBox クラスターを削除し再作成します。

PowerShell スクリプトの実行の有効化Enable PowerShell script execution

Service Fabric は、ローカル開発クラスターの作成、および Visual Studio からのアプリケーションのデプロイに、Windows PowerShell スクリプトを使用します。Service Fabric uses Windows PowerShell scripts for creating a local development cluster and for deploying applications from Visual Studio. 既定では、Windows はこれらのスクリプトの実行をブロックします。By default, Windows blocks these scripts from running. これらを有効にするには、PowerShell 実行ポリシーを変更する必要があります。To enable them, you must modify your PowerShell execution policy. 管理者として PowerShell を開き、次のコマンドを入力します。Open PowerShell as an administrator and enter the following command:

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy Unrestricted -Force -Scope CurrentUser

Docker のインストール (省略可能)Install Docker (optional)

Service Fabric は、マシン クラスター全体にマイクロサービスをデプロイするコンテナー オーケストレーターです。Service Fabric is a container orchestrator for deploying microservices across a cluster of machines. ローカル開発クラスターで Windows コンテナー アプリケーションを実行するには、まず Docker for Windows をインストールする必要があります。To run Windows container applications on your local development cluster, you must first install Docker for Windows. Docker CE for Windows (安定版) を入手します。Get Docker CE for Windows (stable). Docker をインストールして起動したら、トレイ アイコンを右クリックし、[Switch to Windows containers](Windows コンテナーに切り替える) を選択します。After installing and starting Docker, right-click on the tray icon and select Switch to Windows containers. この手順は、Windows に基づいて Docker イメージを実行するために必要です。This step is required to run Docker images based on Windows.

次の手順Next steps

開発環境のセットアップが完了したので、アプリのビルドと実行を開始してください。Now that you've finished setting up your development environment, start building and running apps.