Linux で開発環境を準備するPrepare your development environment on Linux

Linux の開発コンピューターに Azure Service Fabric アプリケーション をデプロイして実行するには、ランタイムと共通 SDK をインストールする必要があります。To deploy and run Azure Service Fabric applications on your Linux development machine, install the runtime and common SDK. また、必要に応じて Java および .NET Core デプロイ用 SDK をインストールすることもできます。You can also install optional SDKs for Java and .NET Core development.

この記事の手順では、Linux にネイティブにインストールするか、Service Fabric OneBox コンテナー イメージ (microsoft/service-fabric-onebox) を使うことを想定しています。The steps in this article assume that you install natively on Linux or use the Service Fabric OneBox container image, microsoft/service-fabric-onebox.

Service Fabric のランタイムと SDK を Windows Subsystem for Linux にインストールすることはサポートされません。Installing the Service Fabric runtime and SDK on Windows Subsystem for Linux is not supported. Azure Service Fabric コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用して、クラウドやオンプレミスでホストされた Service Fabric のエンティティを管理することができ、これはサポートされています。You can manage Service Fabric entities hosted elsewhere in the cloud or on-premises with the Azure Service Fabric command-line interface (CLI), which is supported. CLI をインストールする方法については、Service Fabric CLI のセットアップに関するページを参照してください。For information on how to install the CLI, see Set up the Service Fabric CLI.

前提条件Prerequisites

開発用に、次のオペレーティング システムのバージョンがサポートされています。These operating system versions are supported for development.

  • Ubuntu 16.04 (Xenial Xerus)Ubuntu 16.04 (Xenial Xerus)

    apt-transport-https パッケージがインストールされていることを確認してください。Make sure that the apt-transport-https package is installed.

    sudo apt-get install apt-transport-https
    
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric プレビュー サポート)Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric preview support)

インストール方法Installation methods

インストール スクリプト (Ubuntu)Script installation (Ubuntu)

Service Fabric ランタイムと Service Fabric 共通 SDK を sfctl CLI と共にインストールする場合に便利なように、スクリプトが用意されています。For convenience, a script is provided to install the Service Fabric runtime and the Service Fabric common SDK along with the sfctl CLI. 次のセクションの手動のインストール手順を実行します。Run the manual installation steps in the next section. インストールされるものと関連のライセンスが表示されます。You see what is being installed and the associated licenses. スクリプトの実行では、インストールされているすべてのソフトウェアのライセンスに同意することを前提としています。Running the script assumes you agree to the licenses for all the software that is being installed.

スクリプトが正常に実行されたら、ローカル クラスターのセットアップに進みます。After the script runs successfully, you can skip to Set up a local cluster.

sudo curl -s https://raw.githubusercontent.com/Azure/service-fabric-scripts-and-templates/master/scripts/SetupServiceFabric/SetupServiceFabric.sh | sudo bash

手動のインストールManual installation

Service Fabric ランタイムと共通 SDK の手動インストールの場合、このガイドの残りの説明に従います。For manual installation of the Service Fabric runtime and common SDK, follow the rest of this guide.

APT ソースまたは Yum リポジトリを更新するUpdate your APT sources or Yum repositories

コマンド ライン ツール apt-get を実行して SDK および関連付けられたランタイム パッケージをインストールするために、まず APT (Advanced Packaging Tool) ソースを更新する必要があります。To install the SDK and associated runtime package via the apt-get command-line tool, you must first update your Advanced Packaging Tool (APT) sources.

UbuntuUbuntu

  1. ターミナルを開きます。Open a terminal.

  2. ソース リストに Service Fabric リポジトリを追加します。Add the Service Fabric repo to your sources list.

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/servicefabric/ xenial main" > /etc/apt/sources.list.d/servicefabric.list'
    
  3. ソース リストに dotnet リポジトリを追加します。Add the dotnet repo to your sources list.

    wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/packages-microsoft-prod.deb
    sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
    
  4. 新しい Gnu Privacy Guard (GnuPG または GPG) キーを APT キーリングに追加します。Add the new Gnu Privacy Guard (GnuPG or GPG) key to your APT keyring.

    curl -fsSL https://packages.microsoft.com/keys/msopentech.asc | sudo apt-key add -
    
  5. 公式の Docker GPG キーを APT キーリングに追加します。Add the official Docker GPG key to your APT keyring.

    sudo apt-get install curl
    sudo curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
    
  6. Docker レポジトリを設定します。Set up the Docker repository.

    sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"
    
  7. Azul JDK キーを APT キーリングに追加し、そのリポジトリを設定します。Add Azul JDK Key to your APT keyring and setup its repository.

    sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 0xB1998361219BD9C9
    sudo apt-add-repository "deb http://repos.azul.com/azure-only/zulu/apt stable main"
    
  8. 新しく追加されたリポジトリに基づいてパッケージ リストを更新します。Refresh your package lists based on the newly added repositories.

    sudo apt-get update
    

Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric プレビュー サポート)Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric preview support)

  1. ターミナルを開きます。Open a terminal.

  2. Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) をダウンロードしてインストールします。Download and install Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL).

    wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
    sudo yum install epel-release-latest-7.noarch.rpm
    
  3. EfficiOS RHEL7 パッケージ リポジトリをシステムに追加します。Add the EfficiOS RHEL7 package repository to your system.

    sudo wget -P /etc/yum.repos.d/ https://packages.efficios.com/repo.files/EfficiOS-RHEL7-x86-64.repo
    
  4. EfficiOS パッケージの署名キーをローカル GPG キーリングにインポートします。Import the EfficiOS package signing key to the local GPG keyring.

    sudo rpmkeys --import https://packages.efficios.com/rhel/repo.key
    
  5. Microsoft RHEL リポジトリをシステムに追加します。Add the Microsoft RHEL repository to your system.

    curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7.4/prod.repo > ./microsoft-prod.repo
    sudo cp ./microsoft-prod.repo /etc/yum.repos.d/
    
  6. .NET SDK をインストールします。Install the .NET SDK.

    yum install rh-dotnet20 -y
    

ローカル クラスター用の Service Fabric SDK をインストールしてセットアップするInstall and set up the Service Fabric SDK for a local cluster

ソースを更新したら、SDK をインストールできます。After you update your sources, you can install the SDK. Service Fabric SDK パッケージをインストールし、インストールを確認して、ライセンス契約に同意します。Install the Service Fabric SDK package, confirm the installation, and accept the license agreement.

UbuntuUbuntu

sudo apt-get install servicefabricsdkcommon

ヒント

Service Fabric パッケージのライセンス受け取りを自動化するコマンドを以下に示します。The following commands automate accepting the license for Service Fabric packages:

echo "servicefabric servicefabric/accepted-eula-ga select true" | sudo debconf-set-selections
echo "servicefabricsdkcommon servicefabricsdkcommon/accepted-eula-ga select true" | sudo debconf-set-selections

Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric プレビュー サポート)Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric preview support)

sudo yum install servicefabricsdkcommon

SDK インストールに付属する Service Fabric ランタイムには、次の表のパッケージが含まれています。The Service Fabric runtime that comes with the SDK installation includes the packages in the following table.

DotNetCoreDotNetCore JavaJava PythonPython NodeJSNodeJS
UbuntuUbuntu 2.0.02.0.0 AzulJDK 1.8AzulJDK 1.8 npm から暗黙的にImplicit from npm latestlatest
RHELRHEL - OpenJDK 1.8OpenJDK 1.8 npm から暗黙的にImplicit from npm latestlatest

ローカル クラスターをセットアップするSet up a local cluster

インストールの完了後、ローカル クラスターを起動します。Start a local cluster after the installation finishes.

  1. クラスターのセットアップ スクリプトを実行します。Run the cluster setup script.

    sudo /opt/microsoft/sdk/servicefabric/common/clustersetup/devclustersetup.sh
    
  2. Web ブラウザーを開いて、Service Fabric Explorer (http://localhost:19080/Explorer) に移動します。Open a web browser and go to Service Fabric Explorer (http://localhost:19080/Explorer). クラスターが起動すると、Service Fabric Explorer ダッシュボードが表示されます。When the cluster starts, you see the Service Fabric Explorer dashboard. クラスターが完全にセットアップされるまでに数分かかる場合があります。It might take several minutes for the cluster to be completely set up. ブラウザーで URL を開けない場合、またはシステムの準備が完了していることを Service Fabric Explorer で確認できない場合は、数分待ってからもう一度実行してください。If your browser fails to open the URL or if Service Fabric Explorer doesn't show that the system is ready, wait a few minutes and try again.

    Service Fabric Explorer on Linux

    これで、構築済みの Service Fabric アプリケーション パッケージか、またはゲスト コンテナーやゲスト実行可能ファイルをベースに新規作成したパッケージをデプロイできるようになりました。Now you can deploy prebuilt Service Fabric application packages or new ones based on guest containers or guest executables. Java 用 SDK または .NET Core 用 SDK を使用して新しいサービスを構築するには、次のセクションに示すセットアップ手順を実行します。To build new services by using the Java or .NET Core SDKs, follow the optional setup steps that are provided in the next sections.

注意

スタンドアロン クラスターは Linux ではサポートされません。Standalone clusters aren't supported in Linux.

ヒント

SSD ディスクが利用できる場合、優れたパフォーマンスを得るために、devclustersetup.sh で --clusterdataroot を使用して SSD フォルダー パスを渡すことをお勧めします。If you have an SSD disk available, we recommend to pass an SSD folder path by using --clusterdataroot with devclustersetup.sh for superior performance.

Service Fabric CLI のセットアップSet up the Service Fabric CLI

Service Fabric CLI には、クラスターやアプリケーションなどの Service Fabric エンティティを操作するコマンドが含まれています。The Service Fabric CLI has commands for interacting with Service Fabric entities, including clusters and applications. CLI をインストールするには、Service Fabric CLI に関するページの手順に従ってください。To install the CLI, follow the instructions at Service Fabric CLI.

コンテナーとゲスト実行可能ファイルを作成するための Yeoman ジェネレーターをセットアップするSet up Yeoman generators for containers and guest executables

Service Fabric には、ターミナルから Yeoman テンプレート ジェネレーターを使って Service Fabric アプリケーションを作成できるスキャフォールディング ツールが用意されています。Service Fabric provides scaffolding tools that help you create Service Fabric applications from a terminal by using Yeoman template generators. 次の手順に従って、Service Fabric Yeoman テンプレート ジェネレーターを設定します。Follow these steps to set up the Service Fabric Yeoman template generators:

  1. マシンに Node.js と npm をインストールします。Install Node.js and npm on your machine.

    sudo add-apt-repository "deb https://deb.nodesource.com/node_8.x $(lsb_release -s -c) main"
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install nodejs
    
  2. npm からマシンに Yeoman テンプレート ジェネレーターをインストールします。Install the Yeoman template generator from npm on your machine.

    sudo npm install -g yo
    
  3. npm から Service Fabric Yeo のコンテナー ジェネレーターとゲスト実行可能ジェネレーターをインストールします。Install the Service Fabric Yeo container generator and guest executable generator from npm.

    sudo npm install -g generator-azuresfcontainer  # for Service Fabric container application
    sudo npm install -g generator-azuresfguest      # for Service Fabric guest executable application
    

ジェネレーターのインストール後、yo azuresfguest または yo azuresfcontainer を実行して、ゲスト実行可能ファイルまたはコンテナー サービスを作成します。After you install the generators, create guest executable or container services by running yo azuresfguest or yo azuresfcontainer, respectively.

.NET Core 2.0 開発環境をセットアップするSet up .NET Core 2.0 development

.NET Core 2.0 SDK for Ubuntu をインストールして、C# Service Fabric アプリケーションの作成を開始します。Install the .NET Core 2.0 SDK for Ubuntu to start creating C# Service Fabric applications. NuGet.org は、現在プレビュー段階の .NET Core 2.0 Service Fabric アプリケーション用のパッケージをホストします。NuGet.org hosts packages for .NET Core 2.0 Service Fabric applications, currently in preview.

Java 開発をセットアップするSet up Java development

Java を使用して Service Fabric サービスをビルドするには、Gradle をインストールしてビルド タスクを実行します。To build Service Fabric services using Java, install Gradle to run build tasks. 次のコマンドを実行して、Gradle をインストールします。Run the below command to install Gradle. Service Fabric Java ライブラリが Maven から取り込まれます。The Service Fabric Java libraries are pulled from Maven.

  • UbuntuUbuntu

    curl -s https://get.sdkman.io | bash
    sdk install gradle 5.1
    
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric プレビュー サポート)Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric preview support)

    sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel
    curl -s https://get.sdkman.io | bash
    sdk install gradle
    

さらに、Java 実行可能ファイル用の Service Fabric Yeo ジェネレーターをインストールする必要があります。You also need to install the Service Fabric Yeo generator for Java executables. Yeoman がインストールされている ことを確認してから、次のコマンドを実行します。Make sure you have Yeoman installed, and then run the following command:

npm install -g generator-azuresfjava

Eclipse プラグインをインストールする (省略可能)Install the Eclipse plug-in (optional)

Eclipse IDE for Java Developers または Eclipse IDE for Java EE Developers 内から Service Fabric 用 Eclipse プラグインをインストールできます。You can install the Eclipse plug-in for Service Fabric from within the Eclipse IDE for Java Developers or Java EE Developers. Eclipse を使用すると、Service Fabric Java アプリケーションのほかに、Service Fabric ゲスト実行可能アプリケーションと Service Fabric コンテナー アプリケーションを作成できます。You can use Eclipse to create Service Fabric guest executable applications and container applications in addition to Service Fabric Java applications.

重要

Service Fabric プラグインには、Eclipse Neon またはそれ以降のバージョンが必要です。The Service Fabric plug-in requires Eclipse Neon or a later version. Eclipse のバージョンを確認する方法については、この注の後の手順を参照してください。See the instructions that follow this note for how to check your version of Eclipse. 以前のバージョンの Eclipse がインストールされている場合は、より新しいバージョンを Eclipse サイトからダウンロードすることができます。If you have an earlier version of Eclipse installed, you can download more recent versions from the Eclipse site. Eclipse の既存のインストールの上にインストールする (上書きする) ことはお勧めしません。We recommend that you do not install on top of (overwrite) an existing installation of Eclipse. インストーラーを実行する前に削除するか、新しいバージョンを別のディレクトリにインストールします。Either remove it before running the installer, or install the newer version in a different directory.

Ubuntu では、パッケージ インストーラー (apt または apt-get) を使用するのではなく、Eclipse サイトから直接インストールすることをお勧めします。On Ubuntu, we recommend installing directly from the Eclipse site rather than using a package installer (apt or apt-get). そうすることで、Eclipse の最新バージョンを確実に入手することができます。Doing so ensures that you get the most current version of Eclipse. Eclipse IDE for Java Developers または Eclipse IDE for Java EE Developers をインストールできます。You can install the Eclipse IDE for Java Developers or for Java EE Developers.

  1. Eclipse で、Eclipse Neon 以降および Buildship バージョン 2.2.1 以降がインストールされていることを確認します。In Eclipse, make sure that you have installed Eclipse Neon or later and Buildship version 2.2.1 or later. [ヘルプ] > [Eclipse について] > [インストール詳細] の順に選択して、インストールされたコンポーネントのバージョンを確認します。Check the versions of installed components by selecting Help > About Eclipse > Installation Details. Buildship は、Eclipse Buildship:Gradle 用の Eclipse プラグインに関するページの手順に従って更新できます。You can update Buildship by using the instructions at Eclipse Buildship: Eclipse Plug-ins for Gradle.

  2. [Help](ヘルプ) > [Install New Software](新しいソフトウェアのインストール) の順に選択して、Service Fabric プラグインをインストールします。To install the Service Fabric plug-in, select Help > Install New Software.

  3. [Work with](作業対象) ボックスに「 https://dl.microsoft.com/eclipse 」と入力します。In the Work with box, enter https://dl.microsoft.com/eclipse.

  4. [追加] を選択します。Select Add.

    [利用可能なソフトウェア] ページ

  5. [ServiceFabric] プラグインを選択し、 [次へ] を選択します。Select the ServiceFabric plug-in, and then select Next.

  6. インストール手順を実行します。Perform the installation steps. 次に、使用許諾契約に同意します。Then accept the end-user license agreement.

Service Fabric Eclipse プラグインを既にインストールしてある場合は、最新バージョンを使用していることを確認してください。If you already have the Service Fabric Eclipse plug-in installed, make sure that you have the latest version. 確認するには、 [ヘルプ] > [Eclipse について] > [インストール詳細] の順に選択します。Check by selecting Help > About Eclipse > Installation Details. 次に、インストールされているプラグインの一覧で Service Fabric を探します。新しいバージョンが使用できる場合は [更新] を選択します。Then search for Service Fabric in the list of installed plug-ins. Select Update if a newer version is available.

詳細については、「Eclipse Java アプリケーション開発用の Service Fabric プラグイン」を参照してください。For more information, see Service Fabric plug-in for Eclipse Java application development.

SDK とランタイムを更新するUpdate the SDK and runtime

SDK とランタイムを最新バージョンに更新するには、次のコマンドを実行します。To update to the latest version of the SDK and runtime, run the following commands.

sudo apt-get update
sudo apt-get install servicefabric servicefabricsdkcommon

Maven からの Java SDK バイナリを更新するには、build.gradle ファイルで、最新バージョンが参照されるように、対応するバイナリのバージョン情報を更新する必要があります。To update the Java SDK binaries from Maven, you need to update the version details of the corresponding binary in the build.gradle file to point to the latest version. 具体的なバージョンの更新箇所については、Service Fabric 入門用サンプルにある任意の build.gradle ファイルを参照してください。To know exactly where you need to update the version, refer to any build.gradle file in the Service Fabric getting-started samples.

注意

上記のパッケージを更新すると、ローカルの開発クラスターが停止する可能性があります。Updating the packages might cause your local development cluster to stop running. この記事の手順に従って、アップグレード後にローカル クラスターを再起動してください。Restart your local cluster after an upgrade by following the instructions in this article.

SDK を削除するRemove the SDK

Service Fabric SDK を削除するには、次のコマンドを実行します。To remove the Service Fabric SDKs, run the following commands.

  • UbuntuUbuntu

    sudo apt-get remove servicefabric servicefabicsdkcommon
    npm uninstall -g generator-azuresfcontainer
    npm uninstall -g generator-azuresfguest
    sudo apt-get install -f
    
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric プレビュー サポート)Red Hat Enterprise Linux 7.4 (Service Fabric preview support)

    sudo yum remove servicefabric servicefabicsdkcommon
    npm uninstall -g generator-azuresfcontainer
    npm uninstall -g generator-azuresfguest
    

次の手順Next steps