チュートリアル:Windows コンテナー内の .NET アプリケーションを Azure Service Fabric にデプロイするTutorial: Deploy a .NET application in a Windows container to Azure Service Fabric

このチュートリアルでは、既存の ASP.NET アプリケーションをコンテナーに格納して Service Fabric アプリケーションとしてパッケージ化する方法を説明します。This tutorial shows you how to containerize an existing ASP.NET application and package it as a Service Fabric application. ローカルの Service Fabric 開発クラスターでコンテナーを実行した後、アプリケーションを Azure にデプロイします。Run the containers locally on the Service Fabric development cluster and then deploy the application to Azure. アプリケーションは、Azure SQL Database にデータを保持します。The application persists data in Azure SQL Database.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • Visual Studio を使った既存のアプリケーションのコンテナー格納Containerize an existing application using Visual Studio
  • Azure SQL データベースの作成Create an Azure SQL database
  • Azure コンテナー レジストリの作成Create an Azure container registry
  • Azure への Service Fabric アプリケーションのデプロイDeploy a Service Fabric application to Azure

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

前提条件Prerequisites

  1. Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料アカウント を作成します。If you don't have an Azure subscription, create a free account
  2. Windows 10 でコンテナーを実行できるように、Docker CE for Windows をインストールします。Install Docker CE for Windows so that you can run containers on Windows 10.
  3. Service Fabric ランタイムのバージョン 6.2 以降と、Service Fabric SDK のバージョン 3.1 以降をインストールします。Install Service Fabric runtime version 6.2 or later and the Service Fabric SDK version 3.1 or later.
  4. Visual Studio 2017 のバージョン 15.7 以降をインストールし、Azure 開発ワークロードと ASP.NET および Web 開発ワークロードをインストールします。Install Visual Studio 2017 version 15.7 or later with the Azure development and ASP.NET and web development workloads.
  5. Azure PowerShell をインストールします。Install Azure PowerShell

Fabrikam Fiber CallCenter をダウンロードして実行するDownload and run Fabrikam Fiber CallCenter

Fabrikam Fiber CallCenter というサンプル アプリケーションをダウンロードします。Download the Fabrikam Fiber CallCenter sample application. [download archive](アーカイブのダウンロード) リンクをクリックします。Click the download archive link. fabrikam.zip ファイルの sourceCode ディレクトリにある sourceCode.zip ファイルを展開してから、お使いのコンピューターに VS2015 ディレクトリを展開します。From the sourceCode directory in the fabrikam.zip file, extract the sourceCode.zip file and then extract the VS2015 directory to your computer.

Fabrikam Fiber CallCenter アプリケーションがビルドされ、問題なく実行できていることを確認します。Verify that the Fabrikam Fiber CallCenter application builds and runs without error. Visual Studio を管理者として起動し、FabrikamFiber.CallCenter.sln ファイルを開きます。Launch Visual Studio as an administrator and open the FabrikamFiber.CallCenter.sln file. F5 キーを押して、アプリケーションをデバッグおよび実行します。Press F5 to debug and run the application.

Fabrikam の Web のサンプル

アプリケーションのコンテナー格納Containerize the application

FabrikamFiber.Web プロジェクトを右クリックし、[追加] > [コンテナー オーケストレーター サポート] の順に選択します。Right-click the FabrikamFiber.Web project > Add > Container Orchestrator Support. コンテナー オーケストレーターとして [Service Fabric] を選択し、[OK] をクリックします。Select Service Fabric as the container orchestrator and click OK.

[はい] をクリックして Docker を Windows コンテナーに切り替えます。Click Yes to switch Docker to Windows containers now.

ソリューションに、新しい Service Fabric アプリケーション プロジェクト FabrikamFiber.CallCenterApplication が作成されます。A new project Service Fabric application project FabrikamFiber.CallCenterApplication is created in the solution. 既存の FabrikamFiber.Web プロジェクトに Docker ファイルが追加されます。A Dockerfile is added to the existing FabrikamFiber.Web project. FabrikamFiber.Web プロジェクトには、ほかにも PackageRoot ディレクトリが追加されます。このディレクトリには、新しい FabrikamFiber.Web サービスのサービス マニフェストと各種の設定が格納されています。A PackageRoot directory is also added to the FabrikamFiber.Web project, which contains the service manifest and settings for the new FabrikamFiber.Web service.

これで、コンテナーを Service Fabric アプリケーションにビルドしてパッケージ化する準備ができました。The container is now ready to be built and packaged in a Service Fabric application. コンピューター上にコンテナー イメージをビルドすると、コンテナー レジストリにプッシュしたり、ホストにプルして実行したりできるようになります。Once you have the container image built on your machine, you can push it to any container registry and pull it down to any host to run.

Azure SQL DB を作成するCreate an Azure SQL DB

運用環境で Fabrikam Fiber CallCenter アプリケーションを実行するときは、データベースにデータを保持する必要があります。When running the Fabrikam Fiber CallCenter application in production, the data needs to be persisted in a database. 現在コンテナー内のデータの永続化を保証する方法はありません。そのため、コンテナー内に SQL Server の運用データを格納することはできません。There is currently no way to guarantee persistent data in a container, therefore you cannot store production data in SQL Server in a container.

Microsoft では、Azure SQL Database の使用をお勧めしています。We recommend Azure SQL Database. Azure でマネージド SQL Server DB を設定して実行するには、次のスクリプトを実行します。To set up and run a managed SQL Server DB in Azure, run the following script. スクリプトは必要に応じて変更してください。Modify the script variables as necessary. clientIP は、開発用コンピューターの IP アドレスです。clientIP is the IP address of your development computer. スクリプトから出力されたサーバーの名前はメモしておいてください。Take note of the name of the server outputted by the script.

$subscriptionID="<subscription ID>"

# Sign in to your Azure account and select your subscription.
Login-AzAccount -SubscriptionId $subscriptionID 

# The data center and resource name for your resources.
$dbresourcegroupname = "fabrikam-fiber-db-group"
$location = "southcentralus"

# The logical server name: Use a random value or replace with your own value (do not capitalize).
$servername = "fab-fiber-$(Get-Random)"

# Set an admin login and password for your database.
# The login information for the server.
$adminlogin = "ServerAdmin"
$password = "Password@123"

# The IP address of your development computer that accesses the SQL DB.
$clientIP = "<client IP>"

# The database name.
$databasename = "call-center-db"

# Create a new resource group for your deployment and give it a name and a location.
New-AzResourceGroup -Name $dbresourcegroupname -Location $location

# Create the SQL server.
New-AzSqlServer -ResourceGroupName $dbresourcegroupname `
    -ServerName $servername `
    -Location $location `
    -SqlAdministratorCredentials $(New-Object -TypeName System.Management.Automation.PSCredential -ArgumentList $adminlogin, $(ConvertTo-SecureString -String $password -AsPlainText -Force))

# Create the firewall rule to allow your development computer to access the server.
New-AzSqlServerFirewallRule -ResourceGroupName $dbresourcegroupname `
    -ServerName $servername `
    -FirewallRuleName "AllowClient" -StartIpAddress $clientIP -EndIpAddress $clientIP

# Creeate the database in the server.
New-AzSqlDatabase  -ResourceGroupName $dbresourcegroupname `
    -ServerName $servername `
    -DatabaseName $databasename `
    -RequestedServiceObjectiveName "S0"

Write-Host "Server name is $servername"

ヒント

開発用コンピューターが会社のファイアウォールにより保護されている場所に置かれている場合には、そのコンピューターの IP アドレスとインターネットに公開される IP アドレスとが異なることもあります。If you are behind a corporate firewall, the IP address of your development computer may not be IP address exposed to the internet. ファイアウォール規則に使用する正しい IP アドレスがデータベースにあることを確認するには、Azure portal にアクセスして、[SQL データベース] セクションで目的のデータベースを探してください。To verify that the database has the correct IP address for the firewall rule, go to the Azure portal and find your database in the SQL Databases section. その名前をクリックし、[概要] セクションの [サーバー ファイアウォールの設定] をクリックします。Click on its name, then in the Overview section click "Set server firewall". "クライアント IP アドレス" は、開発マシンの IP アドレスです。"Client IP address" is the IP address of your development machine. "AllowClient" ルール内の IP アドレスと一致していることを確認してください。Ensure that it matches the IP address in the "AllowClient" rule.

Web 構成の更新Update the web config

FabrikamFiber.Web プロジェクトに戻り、web.config ファイル内の接続文字列を更新し、コンテナー内の SQL Server を指定します。Back in the FabrikamFiber.Web project, update the connection string in the web.config file, to point to the SQL Server in the container. 前のスクリプトで作成したサーバー名の接続文字列の Server の部分を更新します。Update the Server part of the connection string to be the server name created by the previous script. "fab-fiber-751718376.database.windows.net" のようになっている必要があります。It should be something like "fab-fiber-751718376.database.windows.net".

<add name="FabrikamFiber-Express" connectionString="Server=<server name>,1433;Initial Catalog=call-center-db;Persist Security Info=False;User ID=ServerAdmin;Password=Password@123;MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True;TrustServerCertificate=False;Connection Timeout=30;" providerName="System.Data.SqlClient" />
<add name="FabrikamFiber-DataWarehouse" connectionString="Server=<server name>,1433;Initial Catalog=call-center-db;Persist Security Info=False;User ID=ServerAdmin;Password=Password@123;MultipleActiveResultSets=False;Encrypt=True;TrustServerCertificate=False;Connection Timeout=30;" providerName="System.Data.SqlClient" />
  

注意

ローカル デバッグには、ホストからアクセスできる範囲であれば好きな SQL Server を使用できます。You can use any SQL Server you prefer for local debugging, as long as it is reachable from your host. ただし、localdbcontainer -> host 通信をサポートしていません。However, localdb does not support container -> host communication. Web アプリケーションのリリース ビルドを作成するときに別の SQL データベースを使用する場合は、web.release.config ファイルに別の接続文字列を追加します。If you want to use a different SQL database when building a release build of your web application, add another connection string to your web.release.config file.

コンテナーに格納されたアプリケーションをローカルで実行するRun the containerized application locally

F5 キーを押し、ローカルの Service Fabric 開発クラスターのコンテナーの中にあるアプリケーションを実行およびデバッグします。Press F5 to run and debug the application in a container on the local Service Fabric development cluster. 'ServiceFabricAllowedUsers' グループに Visual Studio プロジェクト ディレクトリの読み取りおよび実行アクセス許可を付与するように求めるメッセージ ボックスが表示された場合は、[はい] をクリックします。Click Yes if presented with a message box asking to grant 'ServiceFabricAllowedUsers' group read and execute permissions to your Visual Studio project directory.

コンテナー レジストリの作成Create a container registry

アプリケーションをローカルで実行できたので、Azure にデプロイする準備を始めましょう。Now that the application runs locally, start preparing to deploy to Azure. コンテナー レジストリにコンテナー イメージを格納する必要があります。Container images need to be stored in a container registry. 次のスクリプトを使って、Azure コンテナー レジストリを作成します。Create an Azure container registry using the following script. コンテナー レジストリ名は他の Azure サブスクリプションからも表示できるため、一意にする必要があります。The container registry name is visible by other Azure subscriptions, so it must be unique. Azure にアプリケーションをデプロイする前に、このレジストリにコンテナー イメージをプッシュします。Before deploying the application to Azure, you push the container image to this registry. Azure 内のクラスターにアプリケーションをデプロイすると、このレジストリからコンテナー イメージがプルされます。When the application deploys to the cluster in Azure, the container image is pulled from this registry.

# Variables
$acrresourcegroupname = "fabrikam-acr-group"
$location = "southcentralus"
$registryname="fabrikamregistry$(Get-Random)"

New-AzResourceGroup -Name $acrresourcegroupname -Location $location

$registry = New-AzContainerRegistry -ResourceGroupName $acrresourcegroupname -Name $registryname -EnableAdminUser -Sku Basic

Azure に Service Fabric クラスターを作成するCreate a Service Fabric cluster on Azure

Service Fabric アプリケーションは、ネットワークに接続された一連の物理マシンであるクラスター上で実行されます。Service Fabric applications run on a cluster, a network-connected set of virtual or physical machines. Azure にアプリケーションをデプロイする前に、Azure に Service Fabric クラスターを作成する必要があります。Before you can deploy the application to Azure, create a Service Fabric cluster in Azure.

次のようにすることができます。You can:

このチュートリアルでは、Visual Studio からクラスターを作成します。テストのシナリオでは、こちらの方法が適しているからです。This tutorial creates a cluster from Visual Studio, which is ideal for test scenarios. 別の方法でクラスターを作成する場合や、既存のクラスターを使用する場合には、接続エンドポイントをコピーして貼り付けるか、サブスクリプションからクラスターを選択します。If you create a cluster some other way or use an existing cluster, you can copy and paste your connection endpoint or choose it from your subscription.

開始する前に、ソリューション エクスプローラーで [FabrikamFiber.Web]、[PackageRoot]、[ServiceManifest.xml] の順に開きます。Before starting, open FabrikamFiber.Web->PackageRoot->ServiceManifest.xml in the Solution Explorer. [エンドポイント] に記載されている Web フロントエンドのポートをメモします。Take note of the port for the web front-end listed in Endpoint.

クラスターを作成する際は、次の手順に従います。When creating the cluster,

  1. ソリューション エクスプローラーで FabrikamFiber.CallCenterApplication アプリケーション プロジェクトを右クリックし、[発行] を選択します。Right-click on the FabrikamFiber.CallCenterApplication application project in the Solution Explorer and choose Publish.

  2. サブスクリプションにアクセスできるように、Azure アカウントを使用してサインインします。Sign in by using your Azure account so that you can have access to your subscription(s).

  3. [接続のエンドポイント] ドロップダウンを選択して、[新しいクラスターの作成...] オプションを選択します。Select the dropdown for the Connection Endpoint and select the Create New Cluster... option.

  4. [クラスターの作成] ダイアログで、次のように設定を変更します。In the Create cluster dialog, modify the following settings:

    a.a. [クラスター名] フィールドでクラスターの名前を指定します。また、使用するサブスクリプションと場所を指定します。Specify the name of your cluster in the Cluster Name field, as well as the subscription and location you want to use. クラスター リソース グループの名前をメモしておいてください。Take note of the name of your cluster resource group.

    b.b. 省略可能:ノードの数を変更できます。Optional: You can modify the number of nodes. 既定では、Service Fabric のシナリオをテストするのに最低限必要な 3 ノードになっています。By default you have three nodes, the minimum required for testing Service Fabric scenarios.

    c.c. [証明書] タブを選択します。このタブでは、クラスターの証明書をセキュリティで保護するために使用されるパスワードを入力します。Select the Certificate tab. In this tab, type a password to use to secure the certificate of your cluster. この証明書は、クラスターのセキュリティ保護に役立ちます。This certificate helps make your cluster secure. また、証明書を保存したい場所にパスを変更することもできます。You can also modify the path to where you want to save the certificate. アプリケーションをクラスターに発行するうえで必要な手順であるため、Visual Studio では証明書を自動でインポートすることもできます。Visual Studio can also import the certificate for you, since this is a required step to publish the application to the cluster.

    d.d. [VM の詳細] タブを選択します。クラスターを構成する仮想マシン (VM) に使用したいパスワードを指定します。Select the VM Detail tab. Specify the password you would like to use for the Virtual Machines (VM) that make up the cluster. ユーザー名とパスワードは、VM へのリモート接続に使用できます。The user name and password can be used to remotely connect to the VMs. また、VM マシン サイズを選択できるほか、必要に応じて VM イメージを変更できます。You must also select a VM machine size and can change the VM image if needed.

    重要

    実行中のコンテナーをサポートする SKU を選択します。Choose a SKU that supports running containers. クラスター ノード上の Windows Server OS は、コンテナーの Windows Server OS と互換性を持っている必要があります。The Windows Server OS on your cluster nodes must be compatible with the Windows Server OS of your container. 詳細については、Windows Server コンテナーの OS とホスト OS の互換性に関するページを参照してください。To learn more, see Windows Server container OS and host OS compatibility. このチュートリアルでは、既定では Windows Server 2016 LTSC に基づいて Docker イメージを作成します。By default, this tutorial creates a Docker image based on Windows Server 2016 LTSC. このイメージに基づくコンテナーは、コンテナー搭載 Windows Server 2016 Datacenter で作成されたクラスター上で実行されます。Containers based on this image will run on clusters created with Windows Server 2016 Datacenter with Containers. ただし、コンテナー搭載 Windows Server Datacenter Core 1709 に基づいてクラスターを作成するか、既存のクラスターを使用する場合は、コンテナーの基になる Windows Server OS イメージを変更する必要があります。However, if you create a cluster or use an existing cluster based on Windows Server Datacenter Core 1709 with Containers, you must change the Windows Server OS image that the container is based on. FabrikamFiber.Web プロジェクトの Dockerfile を開き、(windowsservercore-ltsc に基づいて) 既存の FROM ステートメントをコメントアウトし、windowsservercore-1709 に基づいて FROM ステートメントのコメントを解除します。Open the Dockerfile in the FabrikamFiber.Web project, comment out the existing FROM statement (based on windowsservercore-ltsc) and uncomment the FROM statement based on windowsservercore-1709.

    e.e. [詳細] タブで、クラスターをデプロイする際にロード バランサーで開放するアプリケーション ポートを列挙します。In the Advanced tab, list the application port to open in the load balancer when the cluster deploys. これは、クラスターの作成を始める前にメモしておいたポートです。This is the port that you took note of before starting creating the cluster. さらに、アプリケーション ログ ファイルのルーティングに使用される既存の Application Insights キーを追加することもできます。You can also add an existing Application Insights key to be used to route application log files to.

    f.f. 設定の変更が完了したら、[作成] ボタンを選択します。When you are done modifying settings, select the Create button.

  5. 作成の完了には数分かかります。クラスターが完全に作成されると、出力ウィンドウにその旨が表示されます。Creation takes several minutes to complete; the output window will indicate when the cluster is fully created.

Azure で実行しているアプリケーションに SQL DB へのアクセスを許可するAllow your application running in Azure to access the SQL DB

ローカルで実行しているアプリケーションにアクセス権を付与するための SQL ファイアウォール規則は、既に作成しました。Previously, you created a SQL firewall rule to give access to your application running locally. 次は、Azure で実行しているアプリケーションが SQL DB にアクセスできるようにする必要があります。Next, you need to enable the application running in Azure to access the SQL DB. Service Fabric クラスターの仮想ネットワーク サービス エンドポイントを作成してから、そのエンドポイントに対して SQL DB へのアクセスを許可する規則を作成します。Create a virtual network service endpoint for the Service Fabric cluster and then create a rule to allow that endpoint to access the SQL DB. クラスターを作成する際にメモしておいたクラスター リソース グループ変数を指定してください。Be sure to specify the cluster resource group variable that you took note of when creating the cluster.

# Create a virtual network service endpoint
$clusterresourcegroup = "<cluster resource group>"
$resource = Get-AzResource -ResourceGroupName $clusterresourcegroup -ResourceType Microsoft.Network/virtualNetworks | Select-Object -first 1
$vnetName = $resource.Name

Write-Host 'Virtual network name: ' $vnetName 

# Get the virtual network by name.
$vnet = Get-AzVirtualNetwork `
  -ResourceGroupName $clusterresourcegroup `
  -Name              $vnetName

Write-Host "Get the subnet in the virtual network:"

# Get the subnet, assume the first subnet contains the Service Fabric cluster.
$subnet = Get-AzVirtualNetworkSubnetConfig -VirtualNetwork $vnet | Select-Object -first 1

$subnetName = $subnet.Name
$subnetID = $subnet.Id
$addressPrefix = $subnet.AddressPrefix

Write-Host "Subnet name: " $subnetName " Address prefix: " $addressPrefix " ID: " $subnetID

# Assign a Virtual Service endpoint 'Microsoft.Sql' to the subnet.
$vnet = Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
  -Name            $subnetName `
  -AddressPrefix   $addressPrefix `
  -VirtualNetwork  $vnet `
  -ServiceEndpoint Microsoft.Sql | Set-AzVirtualNetwork

$vnet.Subnets[0].ServiceEndpoints;  # Display the first endpoint.

# Add a SQL DB firewall rule for the virtual network service endpoint
$subnet = Get-AzVirtualNetworkSubnetConfig `
  -Name           $subnetName `
  -VirtualNetwork $vnet;

$VNetRuleName="ServiceFabricClusterVNetRule"
$vnetRuleObject1 = New-AzSqlServerVirtualNetworkRule `
  -ResourceGroupName      $dbresourcegroupname `
  -ServerName             $servername `
  -VirtualNetworkRuleName $VNetRuleName `
  -VirtualNetworkSubnetId $subnetID;

Azure にアプリケーションを展開するDeploy the application to Azure

これでアプリケーションの準備ができたので、Visual Studio から直接 Azure にあるクラスターにデプロイできるようになりました。Now that the application is ready, you can deploy it to the cluster in Azure directly from Visual Studio. ソリューション エクスプローラーで FabrikamFiber.CallCenterApplication アプリケーション プロジェクトを右クリックし、[発行] を選択します。In Solution Explorer, right-click the FabrikamFiber.CallCenterApplication application project and select Publish. [接続エンドポイント] では、以前に作成したクラスターのエンドポイントを選択します。In Connection Endpoint, select the endpoint of the cluster that you created previously. [Azure Container Registry] では、以前に作成したコンテナー レジストリを選択します。In Azure Container Registry, select the container registry that you created previously. [発行] をクリックして、Azure にあるクラスターにアプリケーションをデプロイします。Click Publish to deploy the application to the cluster in Azure.

アプリケーションの発行

出力ウィンドウでデプロイの進行状況を確認します。Follow the deployment progress in the output window. アプリケーションのデプロイが終わったらブラウザーを開き、クラスターのアドレスとアプリケーション ポートを入力します。When the application is deployed, open a browser and type in the cluster address and application port. たとえば、「http://fabrikamfibercallcenter.southcentralus.cloudapp.azure.com:8659/」と入力します。For example, http://fabrikamfibercallcenter.southcentralus.cloudapp.azure.com:8659/.

Fabrikam の Web のサンプル

Service Fabric クラスターを使用した継続的インテグレーションとデプロイ (CI/CD) の設定Set up Continuous Integration and Deployment (CI/CD) with a Service Fabric cluster

Azure DevOps を使用して、Service Fabric クラスターへの CI/CD アプリケーションのデプロイを構成する方法については、「チュートリアル: CI/CD を使用して Service Fabric クラスターへアプリケーションをデプロイする」を参照してください。To learn how to use Azure DevOps to configure CI/CD application deployment to a Service Fabric cluster, see Tutorial: Deploy an application with CI/CD to a Service Fabric cluster. このチュートリアルで説明されているプロセスは、この (FabrikamFiber) プロジェクトと同じですが、投票サンプルのダウンロードはスキップし、リポジトリ名として Voting の代わりに FabrikamFiber を指定してください。The process described in the tutorial is the same for this (FabrikamFiber) project, just skip downloading the Voting sample and substitute FabrikamFiber as the repository name instead of Voting.

リソースのクリーンアップClean up resources

一連の作業が終わったら、作成したリソースをすべて削除してください。If you're done, be sure to remove all the resources you created. 最も簡単なのは、Service Fabric クラスター、Azure SQL DB、Azure コンテナー レジストリが含まれるリソース グループを削除するという方法です。The simplest way to is to remove the resources groups that contain the Service Fabric cluster, Azure SQL DB, and Azure Container Registry.

$dbresourcegroupname = "fabrikam-fiber-db-group"
$acrresourcegroupname = "fabrikam-acr-group"
$clusterresourcegroupname="fabrikamcallcentergroup"

# Remove the Azure SQL DB
Remove-AzResourceGroup -Name $dbresourcegroupname

# Remove the container registry
Remove-AzResourceGroup -Name $acrresourcegroupname

# Remove the Service Fabric cluster
Remove-AzResourceGroup -Name $clusterresourcegroupname

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、以下の内容を学習しました。In this tutorial, you learned how to:

  • Visual Studio を使った既存のアプリケーションのコンテナー格納Containerize an existing application using Visual Studio
  • Azure SQL データベースの作成Create an Azure SQL database
  • Azure コンテナー レジストリの作成Create an Azure container registry
  • Azure への Service Fabric アプリケーションのデプロイDeploy a Service Fabric application to Azure

このチュートリアルの次の部分では、CI/CD を使用して Service Fabric クラスターへコンテナー アプリケーションをデプロイする方法について説明します。In the next part of the tutorial, learn how to Deploy a container application with CI/CD to a Service Fabric cluster.

m-web-page.pngm-web-page.png fabrikam-web-page-deployed: media/service-fabric-host-app-in-a-container/fabrikam-web-page-deployed.png publish-app: media/service-fabric-host-app-in-a-container/publish-app.png