Service Fabric Explorer を使用したクラスターの視覚化Visualize your cluster with Service Fabric Explorer

Service Fabric Explorer (SFX) は、Azure Service Fabric クラスターを検査および管理するためのオープン ソース ツールです。Service Fabric Explorer (SFX) is an open-source tool for inspecting and managing Azure Service Fabric clusters. Service Fabric Explorer は、Windows、macOS、Linux 用のデスクトップ アプリケーションです。Service Fabric Explorer is a desktop application for Windows, macOS and Linux.

Service Fabric Explorer のダウンロードService Fabric Explorer download

デスクトップ アプリケーションとして Service Fabric Explorer をダウンロードするには、次のリンクを使ってください。Use the following links to download Service Fabric Explorer as a desktop application:

注意

Service Fabric Explorer のデスクトップ バージョンでは、クラスター サポートより機能が多い場合や少ない場合があります。The desktop version of Service Fabric Explorer can have more or fewer features than the cluster support. クラスターに展開される Service Fabric Explorer バージョンにフォールバックすることで、完全な機能の互換性が保証されます。You can fall back to the Service Fabric Explorer version deployed to the cluster to ensure full feature compatibility.

クラスターからの Service Fabric Explorer の実行Running Service Fabric Explorer from the cluster

Service Fabric Explorer は、Service Fabric クラスターの HTTP 管理エンドポイントでもホストされています。Service Fabric Explorer is also hosted in a Service Fabric cluster's HTTP management endpoint. Web ブラウザーで SFX を起動するには、任意のブラウザーからクラスターの HTTP 管理エンドポイント (例: https://clusterFQDN:19080) を参照します。To launch SFX in a web browser, browse to the cluster's HTTP management endpoint from any browser - for example https://clusterFQDN:19080.

開発者ワークステーションのセットアップでは、 https://localhost:19080/Explorer に移動することにより、ローカル クラスターで Service Fabric Explorer を起動できます。For developer workstation setup, you can launch Service Fabric Explorer on your local cluster by navigating to https://localhost:19080/Explorer. 詳しくは、「開発環境を準備する」をご覧ください。Look at this article to prepare your development environment.

注意

クラスターが自己署名証明書によってセキュリティで保護されている場合は、Web ブラウザーから、"This site is not secure (このサイトはセキュリティで保護されていません)" というエラー メッセージが表示されます。If your cluster is secured by a self-signed certificate you will receive an error message from the web browser "This site is not secure". ほとんどの最新の Web ブラウザーでは、この警告をオーバーライドすることによって単純に続行できます。You can simply proceed through most modern web browsers by overriding the warning. 運用環境では、共通名と証明機関によって発行された証明書を使用して、クラスターをセキュリティで保護する必要があります。In a production environment your cluster should be secured using common name and a certificate authority issued certificate.

Service Fabric クラスターに接続するConnect to a Service Fabric cluster

Service Fabric クラスターに接続するには、クラスター管理エンドポイント (FQDN/IP) と HTTP 管理エンドポイント ポート (既定では 19080) が必要です。To connect to a Service Fabric cluster, you need the clusters management endpoint (FQDN/IP) and the HTTP management endpoint port (19080 by default). たとえば、https://mysfcluster.westus.cloudapp.azure.com:19080 のように指定します。For example https://mysfcluster.westus.cloudapp.azure.com:19080. ワークステーションでローカル クラスターに接続するには、[ローカルホストに接続] チェック ボックスを使います。Use the "Connect to localhost" checkbox to connect to a local cluster on your workstation.

セキュリティ保護されたクラスターに接続するConnect to a secure cluster

証明書または Azure Active Directory (AAD) を使用して、クライアントによる Service Fabric クラスターへのアクセスを制御できます。You can control client access to your Service Fabric cluster either with certificates or using Azure Active Directory (AAD).

セキュリティで保護されたクラスターに接続しようとすると、そのクラスターの構成によっては、クライアント証明書を指定するか、または AAD を使用してサインインすることが必要になります。If you attempt to connect to a secure cluster, then depending on the cluster's configuration you will be required to present a client certificate or sign in using AAD.

Service Fabric Explorer のレイアウトについてUnderstand the Service Fabric Explorer layout

左側のツリーを使用して、Service Fabric Explorer 内を移動できます。You can navigate through Service Fabric Explorer by using the tree on the left. ツリーのルートでは、クラスター ダッシュボードにクラスターの概要 (アプリケーションとノードの正常性の概要など) が表示されます。At the root of the tree, the cluster dashboard provides an overview of your cluster, including a summary of application and node health.

Service Fabric Explorer のクラスター ダッシュボード

クラスターのレイアウトを表示するView the cluster's layout

Service Fabric クラスターのノードは、障害ドメインとアップグレード ドメインの 2 次元グリッドにわたって配置されます。Nodes in a Service Fabric cluster are placed across a two-dimensional grid of fault domains and upgrade domains. このように配置することで、ハードウェアの障害やアプリケーションのアップグレード時にもアプリケーションを継続して利用できます。This placement ensures that your applications remain available in the presence of hardware failures and application upgrades. 現在のクラスターの配置を表示するには、クラスター マップを使用します。You can view how the current cluster is laid out by using the cluster map.

Service Fabric Explorer のクラスター マップ

アプリケーションとサービスを表示するView applications and services

クラスターには、2 つのサブツリーが含まれています。1 つはアプリケーション、もう 1 つはノードのサブツリーです。The cluster contains two subtrees: one for applications and another for nodes.

アプリケーション ビューでは、Service Fabric の論理階層 (アプリケーション、サービス、パーティション、レプリカ) 内を移動できます。You can use the application view to navigate through Service Fabric's logical hierarchy: applications, services, partitions, and replicas.

次の例では、MyApp アプリケーションは、MyStatefulServiceWebService の 2 つのサービスで構成されています。In the example below, the application MyApp consists of two services, MyStatefulService and WebService. MyStatefulService はステートフルであるため、1 つのプライマリ レプリカと 2 つのセカンダリ レプリカがあるパーティションが 1 つ含まれています。Since MyStatefulService is stateful, it includes a partition with one primary and two secondary replicas. これに対して、WebSvcService はステートレスであり、インスタンスが 1 つだけ含まれています。By contrast, WebSvcService is stateless and contains a single instance.

Service Fabric Explorer のアプリケーション ビュー

ツリーの各レベルでは、メイン ウィンドウにその項目の関連情報が表示されます。At each level of the tree, the main pane shows pertinent information about the item. たとえば、特定のサービスの正常性状態とバージョンを確認できます。For example, you can see the health status and version for a particular service.

Service Fabric Explorer のメイン ウィンドウ

クラスターのノードを表示するView the cluster's nodes

ノード ビューには、クラスターの物理的なレイアウトが表示されます。The node view shows the physical layout of the cluster. 特定のノードについて、そのノードでコードがデプロイされているアプリケーション、For a given node, you can inspect which applications have code deployed on that node. 正確に言うと、そこで現在実行されているレプリカを調べることができます。More specifically, you can see which replicas are currently running there.

アクションActions

Service Fabric Explorer では、クラスター内のノード、アプリケーション、サービスに対する操作を簡単に呼び出すことができます。Service Fabric Explorer offers a quick way to invoke actions on nodes, applications, and services within your cluster.

たとえば、アプリケーション インスタンスを削除するには、左側のツリーでアプリケーションを選択し、 [アクション] > [アプリケーションの削除] の順に選択します。For example, to delete an application instance, choose the application from the tree on the left, and then choose Actions > Delete Application.

Service Fabric Explorer でのアプリケーションの削除

ヒント

同じ操作を実行するには、各要素の横にある省略記号をクリックします。You can perform the same actions by clicking the ellipsis next to each element.

Service Fabric Explorer を使用して実行できる操作はすべて、PowerShell または REST API を使用して実行し、自動化することもできます。Every action that can be performed through Service Fabric Explorer can also be performed through PowerShell or a REST API, to enable automation.

Service Fabric Explorer を使用して、特定のアプリケーションの種類とバージョンのアプリケーション インスタンスを生成することもできます。You can also use Service Fabric Explorer to create application instances for a given application type and version. ツリー ビューでアプリケーションの種類を選択し、右側のウィンドウでバージョンの横にある [Create app instance (アプリ インスタンスの作成)] リンクをクリックします。Choose the application type in the tree view, then click the Create app instance link next to the version you'd like in the right pane.

Service Fabric Explorer でのアプリケーション インスタンスの作成

注意

アプリケーション インスタンスを作成するとき、Service Fabric Explorer ではパラメーターはサポートされません。Service Fabric Explorer does not support parameters when creating application instances. アプリケーション インスタンスは、既定のパラメーター値を使います。Application instances use default parameter values.

EventStoreEvent Store

EventStore は Service Fabric Explorer と REST API で使用可能な Service Fabric プラットフォーム イベントを提供する、プラットフォームによって提供される機能です。EventStore is a feature offered by the platform that provides Service Fabric platform events available in the Service Fabric Explorer and through REST API. ノード、サービス、アプリケーション、クエリなどの各エンティティに対してクラスター内で行われていることの時刻に基づくスナップショット ビューを表示できます。You can see a snapshot view of what's going on in your cluster for each entity e.g. node, service, application and query based on the time of the event. EventStore の概要」で、EventStore の詳細を確認することもできます。You can also Read more about the EventStore at the EventStore Overview.

EventStore

注意

Service Fabric バージョン 6.4 の時点で、As of Service Fabric version 6.4. EventStore は既定では有効になりません。Resource Manager テンプレートで有効にする必要があります。EventStore is not enabled by default and must be enabled in the resource manager template

注意

Service Fabric バージョン 6.4 の時点で、As of Service Fabric version 6.4. EventStore API は現在、Azure 上で実行されている Windows クラスターでに対してのみ使用できます。the EventStore APIs are only available for Windows clusters running on Azure only. この機能を Linux およびスタンドアロン クラスターに移植する作業を進めています。We are working on porting this functionality to Linux as well as our Standalone clusters.

Image Store ViewerImage Store Viewer

Image Store Viewer は、Native Image Store を使用している場合に提供される機能であり、これを使用して、イメージ ストアの現在の内容を表示したり、ファイルやフォルダーの情報を取得したり、ファイルやフォルダーを削除したりできます。Image store viewer is a feature offered if using Native Image Store that allows for viewing the current contents of the Image store and get file and folder information, along with removing files/folders.

Service Fabric Explorer のクラスター マップ

バックアップと復元Backup and Restore

Service Fabric Explorer には、バックアップと復元とのインターフェイスを提供する機能が用意されています。Service Fabric Explorer offers the ability to interface with Backup and Restore. SFX でバックアップと復元の機能を表示するには、詳細設定モードを有効にする必要があります。In order to see Backup and Restore features in SFX, advanced mode must be enabled.

詳細設定モードの有効化

次の操作を実行できます。The following operations are possible:

  • バックアップ ポリシーを作成、編集、削除します。Create, edit, and delete a Backup Policy.
  • アプリケーション、サービス、またはパーティションのバックアップを有効または無効にします。Enable and disable Backup for an application, service, or partition.
  • アプリケーション、サービス、またはパーティションのバックアップを中断および再開します。Suspend and resume Backup for an application, service, or partition.
  • パーティションのバックアップをトリガーして追跡します。Trigger and track Backup of a partition.
  • パーティションの復元をトリガーして追跡します。Trigger and track Restore for a partition.

バックアップと復元サービスの詳細については、REST API リファレンスに関するページを参照してください。For more on the Backup and Restore service, see the REST API reference.

次のステップNext steps