Service Fabric Explorer を使用したクラスターの視覚化

Service Fabric Explorer (SFX) は、Azure Service Fabric クラスターを検査および管理するためのオープン ソース ツールです。 Service Fabric Explorer は、Windows、macOS、Linux 用のデスクトップ アプリケーションです。

Service Fabric Explorer のダウンロード

デスクトップ アプリケーションとして Service Fabric Explorer をダウンロードするには、次のリンクを使ってください。

Note

Service Fabric Explorer のデスクトップ バージョンでは、クラスター サポートより機能が多い場合や少ない場合があります。 クラスターに展開される Service Fabric Explorer バージョンにフォールバックすることで、完全な機能の互換性が保証されます。

クラスターからの Service Fabric Explorer の実行

Service Fabric Explorer は、Service Fabric クラスターの HTTP 管理エンドポイントでもホストされています。 Web ブラウザーで SFX を起動するには、任意のブラウザーからクラスターの HTTP 管理エンドポイント (例: https://clusterFQDN:19080.) を参照します。

開発者ワークステーションのセットアップでは、https://localhost:19080/Explorer. に移動することにより、ローカル クラスターで Service Fabric Explorer を起動できます 詳しくは、「開発環境を準備する」をご覧ください。

Note

クラスターが自己署名証明書によってセキュリティで保護されている場合は、Web ブラウザーから、"This site is not secure (このサイトはセキュリティで保護されていません)" というエラー メッセージが表示されます。 ほとんどの最新の Web ブラウザーでは、この警告をオーバーライドすることによって単純に続行できます。 運用環境では、共通名と証明機関によって発行された証明書を使用して、クラスターをセキュリティで保護する必要があります。

Service Fabric クラスターに接続する

Service Fabric クラスターに接続するには、クラスター管理エンドポイント (FQDN/IP) と HTTP 管理エンドポイント ポート (既定では 19080) が必要です。 例: https://mysfcluster.westus.cloudapp.azure.com:19080.。 ワークステーションでローカル クラスターに接続するには、[ローカルホストに接続] チェック ボックスを使います。

セキュリティ保護されたクラスターに接続する

証明書または Azure Active Directory (AAD) を使用して、クライアントによる Service Fabric クラスターへのアクセスを制御できます。

セキュリティで保護されたクラスターに接続しようとすると、そのクラスターの構成によっては、クライアント証明書を指定するか、または AAD を使用してサインインすることが必要になります。

ビデオ チュートリアル

Service Fabric Explorer の使用方法のトレーニング ビデオについては、こちらのページを参照してください。

[!NOTE]

このビデオで示されている Service Fabric Explorer は、デスクトップ バージョンではなく、Service Fabric クラスターでホストされています。

Service Fabric Explorer のレイアウトについて

左側のツリーを使用して、Service Fabric Explorer 内を移動できます。 ツリーのルートでは、クラスター ダッシュボードにクラスターの概要 (アプリケーションとノードの正常性の概要など) が表示されます。

Service Fabric Explorer cluster dashboard

クラスターのレイアウトを表示する

Service Fabric クラスターのノードは、障害ドメインとアップグレード ドメインの 2 次元グリッドにわたって配置されます。 このように配置することで、ハードウェアの障害やアプリケーションのアップグレード時にもアプリケーションを継続して利用できます。 現在のクラスターの配置を表示するには、クラスター マップを使用します。

Service Fabric Explorer cluster map

アプリケーションとサービスを表示する

クラスターには、2 つのサブツリーが含まれています。1 つはアプリケーション、もう 1 つはノードのサブツリーです。

アプリケーション ビューでは、Service Fabric の論理階層 (アプリケーション、サービス、パーティション、レプリカ) 内を移動できます。

次の例では、MyApp アプリケーションは、MyStatefulServiceWebService の 2 つのサービスで構成されています。 MyStatefulService はステートフルであるため、1 つのプライマリ レプリカと 2 つのセカンダリ レプリカがあるパーティションが 1 つ含まれています。 これに対して、WebSvcService はステートレスであり、インスタンスが 1 つだけ含まれています。

Service Fabric Explorer application view

ツリーの各レベルでは、メイン ウィンドウにその項目の関連情報が表示されます。 たとえば、特定のサービスの正常性状態とバージョンを確認できます。

Service Fabric Explorer essentials pane

クラスターのノードを表示する

ノード ビューには、クラスターの物理的なレイアウトが表示されます。 特定のノードについて、そのノードでコードがデプロイされているアプリケーション、 正確に言うと、そこで現在実行されているレプリカを調べることができます。

アクション

Service Fabric Explorer では、クラスター内のノード、アプリケーション、サービスに対する操作を簡単に呼び出すことができます。

たとえば、アプリケーション インスタンスを削除するには、左側のツリーでアプリケーションを選択し、 [アクション]>[アプリケーションの削除] の順に選択します。

Deleting an application in Service Fabric Explorer

ヒント

同じ操作を実行するには、各要素の横にある省略記号をクリックします。

Service Fabric Explorer を使用して実行できる操作はすべて、PowerShell または REST API を使用して実行し、自動化することもできます。

Service Fabric Explorer を使用して、特定のアプリケーションの種類とバージョンのアプリケーション インスタンスを生成することもできます。 ツリー ビューでアプリケーションの種類を選択し、右側のウィンドウでバージョンの横にある [Create app instance (アプリ インスタンスの作成)] リンクをクリックします。

Creating an application instance in Service Fabric Explorer

Note

アプリケーション インスタンスを作成するとき、Service Fabric Explorer ではパラメーターはサポートされません。 アプリケーション インスタンスは、既定のパラメーター値を使います。

EventStore

EventStore は Service Fabric Explorer と REST API で使用可能な Service Fabric プラットフォーム イベントを提供する、プラットフォームによって提供される機能です。 ノード、サービス、アプリケーション、クエリなどの各エンティティに対してクラスター内で行われていることの時刻に基づくスナップショット ビューを表示できます。 「EventStore の概要」で、EventStore の詳細を確認することもできます。

Screenshot shows the Nodes pane with EVENTS selected.

Note

Service Fabric バージョン 6.4 の時点で、 EventStore は既定では有効になりません。Resource Manager テンプレートで有効にする必要があります。

Note

Service Fabric バージョン 6.4 の時点で、 EventStore API は現在、Azure 上で実行されている Windows クラスターでに対してのみ使用できます。 この機能を Linux およびスタンドアロン クラスターに移植する作業を進めています。

Image Store Viewer

Image Store Viewer は、Native Image Store を使用している場合に提供される機能であり、これを使用して、イメージ ストアの現在の内容を表示したり、ファイルやフォルダーの情報を取得したり、ファイルやフォルダーを削除したりできます。

Screenshot that shows the Image Store Viewer.

バックアップと復元

Service Fabric Explorer には、バックアップと復元とのインターフェイスを提供する機能が用意されています。 SFX でバックアップと復元の機能を表示するには、詳細設定モードを有効にする必要があります。

Enable advanced mode

次の操作を実行できます。

  • バックアップ ポリシーを作成、編集、削除します。
  • アプリケーション、サービス、またはパーティションのバックアップを有効または無効にします。
  • アプリケーション、サービス、またはパーティションのバックアップを中断および再開します。
  • パーティションのバックアップをトリガーして追跡します。
  • パーティションの復元をトリガーして追跡します。

バックアップと復元サービスの詳細については、REST API リファレンスに関するページを参照してください。

次のステップ