Azure portal を使用してサービスの通知でアクティビティ ログ アラートを作成する

概要

この記事では、Azure portal を使用してサービスの正常性通知を行うためのアクティビティ ログ アラートを Azure portal を使用して設定する方法について説明します。

サービス正常性通知は、Azure アクティビティ ログに格納されます。 アクティビティ ログに格納されている大量の情報を考慮し、サービス正常性通知に関するアラートを表示および設定しやすくするための個別のユーザー インターフェイスがあります。

Azure でサービス正常性通知を Azure サブスクリプションに送信するときに、アラートを受け取ることができます。 次の情報に基づくアラートを構成できます。

  • サービス正常性通知のクラス (サービスに関する問題、計画メンテナンス、正常性の勧告、セキュリティに関する勧告)。
  • 影響を受けたサブスクリプション。
  • 影響を受けたサービス。
  • 影響を受けたリージョン。

注意

サービス正常性通知では、リソース正常性イベントのアラートは送信されません。

次の方法でアラートを送信するユーザーを構成することもできます。

  • 既存のアクション グループを選択します。
  • 新しいアクション グループを作成します (将来のアラートで使用できます)。

アクション グループの詳細については、アクション グループの作成および管理に関するページを参照してください。

Azure Resource Manager テンプレートを使用したサービス正常性通知アラートの構成方法の詳細については、Resource Manager テンプレートに関するページを参照してください。

初めての Azure Service Health アラートの設定に関するビデオを見る

Azure portal を使用して Service Health アラートを作成する

  1. ポータルで、 [サービス正常性] を選択します。

    [サービス正常性] サービス

  2. [アラート] セクションで、 [正常性アラート] を選択します。

    [正常性アラート] タブ

  3. [サービス正常性アラートの追加] を選択し、フィールドに入力します。

    [サービス正常性アラートの作成] コマンド

  4. アラートの対象となる [サブスクリプション][サービス][リージョン] を選択します。

    [アクティビティ ログ アラートの追加] ダイアログ ボックス

注意

このサブスクリプションは、アクティビティ ログ アラートの保存に使用されます。 アラート リソースはこのサブスクリプションにデプロイされ、アクティビティ ログのイベントを監視します。

  1. アラートを受け取りたい イベントの種類 を選択します。これは、 [サービスの問題][計画メンテナンス][正常性の勧告] 、および [セキュリティに関する勧告] のいずれかです。

  2. [アクション グループの選択] をクリックして、既存のアクション グループを選択するか、新しいアクション グループを作成します。 アクション グループの詳細については、「Azure portal でのアクション グループの作成および管理」を参照してください。

  3. [アラート ルール名][説明] を入力してアラートの詳細を定義します。

  4. アラートを保存する [リソース グループ] を選択します。

数分以内にアラートがアクティブになり、作成時に指定した条件に基づいてトリガーが開始されます。

既存の問題管理システム用の webhook 通知を構成する方法について学習します。 アクティビティ ログ アラートの webhook スキーマの詳細については、「Azure アクティビティ ログ アラートのための webhook」を参照してください。

次のステップ