Azure VM に追加されたディスクのレプリケーションを有効にする

この記事は、Azure Site Recovery を使用した別の Azure リージョンへのディザスター リカバリーで可能な、Azure VM に追加されたデータ ディスクのレプリケーションを有効にする方法を説明します。

VM に追加したディスクのレプリケーションの有効化は、マネージド ディスクがある Azure VM でサポートされます。

別の Azure リージョンにレプリケートする Azure VM に新しいディスクを追加すると、以下の処理が行われます。

  • VM のレプリケーション正常性では警告が表示され、ポータルのメモでは、1 つまたは複数のディスクが保護に使用できることが通知されます。
  • 追加したディスクの保護を有効にした場合、ディスクの初期レプリケーション後に警告は表示されなくなります。
  • ディスクのレプリケートを有効にしないことを選択した場合は、この警告の無視を選択できます。

新しいディスクの追加

開始する前に

この記事では、ディスクを追加する VM にディザスター リカバリーが既にセットアップ済みであることが前提となっています。 まだである場合は、「Azure VM のディザスター リカバリーを設定する」チュートリアルを参照してください。

追加したディスクのレプリケーションを有効にする

追加されたディスクのレプリケーションを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. コンテナーの >> でディスクに追加する VM をクリックします。

  2. [ディスク] をクリックし、レプリケーションを有効にするデータ ディスクを選択します (これらのディスクの状態は未保護です。)。

  3. [ディスクの詳細] で、[レプリケーションを有効にする] をクリックします。

    追加したディスクのレプリケーションを有効にする

レプリケーションの有効化ジョブを実行して初期レプリケーションが完了すると、ディスク問題のレプリケーション正常性についての警告は削除されます。

次のステップ

テスト フェールオーバーの実行に関する詳細を確認する。