Azure VM を別のリージョンに移行するMigrate Azure VMs to another region

Azure Site Recovery サービスを使用して、ビジネス継続性およびディザスター リカバリー (BCDR) の目的でオンプレミス マシンや Azure VM のディザスター リカバリーを管理よび調整する他に、Azure VM をセカンダリ リージョンに移行するためにも Site Recovery を使用できます。In addition to using the Azure Site Recovery service to manage and orchestrate disaster recovery of on-premises machines and Azure VMs for the purposes of business continuity and disaster recovery (BCDR), you can also use Site Recovery to manage migration of Azure VMs to a secondary region. Azure VM を移行するには、それらのレプリケーションを有効にして、プライマリ リージョンから選択したセカンダリ リージョンにフェールオーバーします。To migrate Azure VMs, you enable replication for them, and fail them over from the primary region to the secondary region of your choice.

このチュートリアルでは、Azure VM を別のリージョンに移行する方法を説明します。This tutorial shows you how to migrate Azure VMs to another region. このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn how to:

  • Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery services vault
  • VM のレプリケーションを有効にするEnable replication for a VM
  • VM を移行するためにフェールオーバーを実行するRun a failover to migrate the VM

このチュートリアルでは、既に Azure サブスクリプションがあることを前提としています。This tutorial presumes you already have an Azure subscription. そうでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't, create a free account before you begin.


Azure VM の Site Recovery レプリケーションは現在プレビューの段階です。Site Recovery replication for Azure VMs is currently in preview.


このチュートリアルを完了するには、移行元の Azure リージョンに Azure VM が必要です。To complete this tutorial, you need Azure VMs in an Azure region from which you want to migrate. この他に、開始する前にいくつもの設定を確認する必要があります。In addition, there are a number of settings you should verify before you start.

ターゲット リソースの確認Verify target resources

  1. Azure サブスクリプションによって、ディザスター リカバリーに使用されるターゲット リージョンに VM を作成できることを確認します。Verify that your Azure subscription allows you to create VMs in the target region used for disaster recovery. サポートに連絡して、必要なクォータを有効にしてください。Contact support to enable the required quota.

  2. サブスクリプションに、ソース VM と一致するサイズの VM をサポートするための十分なリソースがあることを確認します。Make sure your subscription has enough resources to support VMs with sizes that match your source VMs. Site Recovery によって、ターゲット VM に対して同じサイズまたは最も近いサイズが選択されます。Site Recovery picks the same size or the closest possible size for the target VM.

アカウントのアクセス許可を確認するVerify account permissions

無料 Azure アカウントを作成したところであれば、自分のサブスクリプションの管理者になっています。If you have just created your free Azure account then you are the administrator of your subscription. サブスクリプションの管理者でなければ、管理者に協力をあおぎ、必要なアクセス許可を割り当てます。If you are not the subscription administrator, work with the administrator to assign the permissions you need. 新しい VM のレプリケーションを有効にするには、次のアクセス許可が必要です。To enable replication for a new VM, you must have:

  1. VM を Azure リソースに作成するアクセス許可。Permissions to create a VM in Azure resources. '仮想マシン共同作成者' 組み込みロールには次のアクセス許可が与えられています。The 'Virtual Machine Contributor' built-in role has these permissions, which include:

    • 選択したリソース グループ内に VM を作成するためのアクセス許可Permission to create a VM in the selected resource group
    • 選択した仮想ネットワーク内に VM を作成するためのアクセス許可Permission to create a VM in the selected virtual network
    • 選択したストレージ アカウントに書き込むためのアクセス許可Permission to write to the selected storage account
  2. Azure Site Recovery 操作を管理するためのアクセス許可も必要です。You also need permission to manage Azure Site Recovery operations. 'Site Recovery 共同作成者' ロールには、Recovery Services コンテナーでの Site Recovery の操作の管理に必要なすべてのアクセス許可があります。The 'Site Recovery Contributor' role has all permissions required to manage Site Recovery operations in a Recovery Services vault.

VM 発信アクセスの確認Verify VM outbound access

  1. 移行しようとする VM のネットワーク接続を制御するために認証プロキシを使用していないことを確認します。Make sure you're not using an authentication proxy to control network connectivity for VMs you want to migrate.
  2. このチュートリアルの目的から、移行しようとする VM はインターネットにアクセスでき、発信アクセスを制御するファイアウォール プロキシを使用していないことを前提としています。For the purposes of this tutorial we assume that the VMs you want to migrate can access the internet, and are not using a a firewall proxy to control outbound access. これに該当しない場合は、ここで要件を確認してください。If you are, check the requirements here.

VM の証明書の確認Verify VM certificates

移行する Azure VM に、最新のルート証明書がすべて存在することを確認します。Check that all the latest root certificates are present on the Azure VMs you want to migrate. 最新のルート証明書がない場合、セキュリティの制約のため、VM を Site Recovery に登録できません。If the latest root certificates aren't, the VM can't be registered to Site Recovery, due to security constraints.

  • Windows VM については、最新のすべての Windows 更新プログラムを VM にインストールして、すべての信頼されたルート証明書をマシンに用意します。For Windows VMs, install all the latest Windows updates on the VM, so that all the trusted root certificates are on the machine. 接続されていない環境の場合は、組織の標準の Windows Update プロセスおよび証明書更新プロセスに従ってください。In a disconnected environment, follow the standard Windows Update and certificate update processes for your organization.
  • Linux VM の場合は、Linux ディストリビューターから提供されるガイダンスに従って、VM で最新の信頼されたルート証明書と証明書失効リストを取得します。For Linux VMs, follow the guidance provided by your Linux distributor, to get the latest trusted root certificates and certificate revocation list on the VM.

コンテナーの作成Create a vault

任意のリージョン (ソース リージョンを除く) にコンテナーを作成します。Create the vault in any region, except the source region.

  1. Azure Portal > Recovery Services にサインインします。Sign in to the Azure portal > Recovery Services.
  2. [リソースの作成] > [監視 + 管理] > [Backup and Site Recovery] の順にクリックします。Click Create a resource > Monitoring & Management > Backup and Site Recovery.
  3. [名前] に、フレンドリ名 ContosoVMVault を指定します。In Name, specify the friendly name ContosoVMVault. 複数のサブスクリプションがある場合は、適切なものを選択します。If you have more than one subscription, select the appropriate one.
  4. リソース グループ ContosoRG を作成します。Create a resource group ContosoRG.
  5. Azure リージョンを指定します。Specify an Azure region. サポートされているリージョンを確認するには、Azure Site Recovery の価格の詳細に関するページでご利用可能な地域をご覧ください。To check supported regions, see geographic availability in Azure Site Recovery Pricing Details.
  6. ダッシュボードからコンテナーにすばやくアクセスするには、[ダッシュボードにピン留めする][作成] の順にクリックします。To quickly access the vault from the dashboard, click Pin to dashboard and then click Create.


新しいコンテナーは、[ダッシュボード][すべてのリソース] と、メインの [Recovery Services コンテナー] ページに追加されます。The new vault is added to the Dashboard under All resources, and on the main Recovery Services vaults page.

ソースを選択するSelect the source

  1. [Recovery Services コンテナー] で、[ConsotoVMVault] > [+ レプリケート] の順にクリックします。In Recovery Services vaults, click ConsotoVMVault > +Replicate.
  2. [ソース][Azure - プレビュー] を選択します。In Source, select Azure - PREVIEW.
  3. [ソースの場所] で、現在 VM が実行されているソースの Azure リージョンを選択します。In Source location, select the source Azure region where your VMs are currently running.
  4. Resource Manager デプロイメント モデルを選択します。Select the Resource Manager deployment model. 次に、[ソース リソース グループ] を選択します。Then select the Source resource group.
  5. [OK] をクリックして設定を保存します。Click OK to save the settings.

Azure VM のレプリケーションの有効化Enable replication for Azure VMs

Site Recovery は、サブスクリプションとリソース グループに関連付けられている VM の一覧を取得します。Site Recovery retrieves a list of the VMs associated with the subscription and resource group.

  1. Azure Portal で [仮想マシン] を選択します。In the Azure portal, click Virtual machines.
  2. 移行する VM を選択します。Select the VM you want to migrate. 次に、 [OK]をクリックしますThen click OK.
  3. [設定] で、[ディザスター リカバリー (プレビュー)] をクリックします。In Settings, click Disaster recovery (preview).
  4. [Configure disaster recovery](ディザスター リカバリーを構成する) > [ターゲット リージョン] で、レプリケート先のターゲット リージョンを選択します。In Configure disaster recovery > Target region select the target region to which you'll replicate.
  5. このチュートリアルでは、他の既定の設定をそのまま使用します。For this tutorial, accept the other default settings.
  6. [レプリケーションを有効にする] をクリックします。Click Enable replication. これにより VM レプリケーションを有効にするジョブが開始されます。This starts a job to enable replication for the VM.



現在、管理ディスクを含む Azure VM のレプリケーションはサポートされていません。Currently, replication of Azure VMs with managed disks is not supported.

フェールオーバーの実行Run a failover

  1. [設定] > [レプリケートされたアイテム] で、マシンをクリックしてから [フェールオーバー] をクリックします。In Settings > Replicated items, click the machine, and then click Failover.
  2. [フェールオーバー][最新] を選択します。In Failover, select Latest. 暗号化キー設定は、このシナリオには関係しません。The encryption key setting isn't relevant for this scenario.
  3. [フェールオーバーを開始する前にマシンをシャットダウンします] を選択します。Select Shut down machine before beginning failover. Site Recovery は、フェールオーバーを開始する前にソース VM をシャットダウンしようとします。Site Recovery attempts to shut down the source VM before triggering the failover. 仮にシャットダウンが失敗したとしても、フェールオーバーは続行されます。Failover continues even if shutdown fails. フェールオーバーの進行状況は [ジョブ] ページで確認できます。You can follow the failover progress on the Jobs page.
  4. 想定どおりに Azure VM が Azure に表示されることを確認します。Check that the Azure VM appears in Azure as expected.
  5. [レプリケートされたアイテム] で [VM] > [コミット] を右クリックします。In Replicated items, right-click the VM > Commit. これで移行プロセスが完了します。This finishes the migration process,
  6. コミットが完了したら、[Disable Replication](レプリケーションの無効化) をクリックします。After the commit finishes, click Disable Replication. VM のレプリケーションが停止します。This stops replication for the VM.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、Azure VM を別の Azure リージョンに移行しました。In this tutorial you migrated an Azure VM to a different Azure region. 次は、移行した VM のディザスター リカバリーを構成できます。Now you can configure disaster recovery for the migrated VM.