復旧計画を作成してカスタマイズする

この記事では、Azure Site Recovery でフェールオーバーの復旧計画を作成してカスタマイズする方法について説明します。 開始する前に、復旧計画の詳細を確認してください。

復旧計画の作成

  1. Recovery Services コンテナーで、 [復旧計画 (Site Recovery)] > [+ 復旧計画] と選択します。

  2. [復旧計画の作成] で、計画の名前を指定します。

  3. 計画内のマシンに基づいてソースとターゲットを選択し、デプロイメント モデル用に リソース マネージャー を選択します。 ソースの場所には、フェールオーバーと復旧が有効になったマシンが必要になります。

    [フェールオーバー] ソース 移行先
    Azure から Azure Azure リージョンを選択します Azure リージョンを選択します
    VMware から Azure 構成サーバーを選択します Azure を選択します
    物理マシンから Azure 構成サーバーを選択します Azure を選択します
    Hyper-V から Azure Hyper-V サイト名を選択します Azure を選択します
    (VMM によって管理される) Hyper-V から Azure VMM サーバーを選択します Azure を選択します

    次のことを考慮してください。

    • Azure へのフェールオーバーと Azure からのフェールバックの両方に復旧計画を使用できます。
    • ソースの場所には、フェールオーバーと復旧が有効になったマシンが必要になります。
    • 復旧計画には、ソースとターゲットが同一のマシンを含めることができます。
    • VMM によって管理される VMware VM と Hyper-V VM を同じ計画に含めることができます。
    • VMware VM と物理サーバーを同じ計画に含めることができます。
    • 1 つの復旧計画に含まれる VM はすべて、単一サブスクリプションにレプリケートする必要があります。 異なる VM を異なるサブスクリプションにレプリケートする場合は、複数の復旧計画 (ターゲット サブスクリプションごとに少なくとも 1 つ) を使用してください。
  4. [Select items virtual machines](仮想マシンの項目の選択) で、計画に追加する必要のあるマシン (またはレプリケーション グループ) を選択します。 次に、 [OK] をクリックします

    • マシンがその計画の既定のグループ (グループ 1) に追加されます。 フェールオーバー後、このグループのすべてのマシンが同時に開始されます。
    • 指定したソースおよびターゲットの場所にあるマシンのみを選択できます。
  5. [OK] をクリックすると、計画が作成されます。

計画にグループを追加する

追加のグループを作成し、異なるグループにマシンを追加して、グループごとに異なる動作を指定します。 たとえば、フェールオーバー後にグループのマシンを開始するように指定することや、グループごとにカスタマイズしたアクションを指定できます。

  1. [復旧計画] で、計画を右クリックして [カスタマイズ] を選択します。 既定では、計画を作成した後に追加したすべてのマシンは、既定のグループ 1 に入ります。
  2. [+ グループ] をクリックします。 既定では、新しいグループは追加した順序で番号が付けられます。 最大で 7 つのグループを追加できます。
  3. 新しいグループに追加するマシンを選択し、 [グループの変更] をクリックして、新しいグループを選択します。 または、グループ名を右クリックし、 [保護された項目] を選択して、マシンをグループに追加します。 マシンやレプリケーション グループは、復旧計画内の 1 つのグループにのみ所属することができます。

スクリプトまたは手動アクションを追加する

スクリプトまたは手動アクションを追加することで、復旧計画をカスタマイズできます。 以下の点に注意してください。

  • Azure にレプリケートする場合、Azure Automation の Runbook を復旧計画に組み込むことができます。 詳細については、こちらを参照してください

  • System Center の VMM によって管理される Hyper-V の仮想マシンをレプリケートする場合、オンプレミスの VMM サーバーにスクリプトを作成し、それを復旧計画に含めることができます。

  • スクリプトを追加すると、グループに対して新しい一連のアクションが追加されます。 たとえば、グループ 1 の前処理ステップ セットが "グループ 1: 前処理ステップ" という名前で作成されます。 すべての前処理ステップが、このセット内に一覧表示されます。 プライマリ サイトにスクリプトを追加できるのは、VMM サーバーがデプロイされている場合のみです。

  • 手動アクションを追加した場合、復旧計画を実行すると、手動アクションを挿入した位置で停止します。 ダイアログ ボックスで、手動アクションが完了したことを指定するように求められます。

  • VMM サーバーにスクリプトを作成するには、この記事の手順に従います。

  • スクリプトはセカンダリ サイトへのフェールオーバー中、およびセカンダリ サイトからプライマリへのフェールバック中に適用できます。 サポートはレプリケーション シナリオによって変わります。

    シナリオ [フェールオーバー] フェールバック
    Azure から Azure Runbook Runbook
    VMware から Azure Runbook NA
    Hyper-V (VMM を使用) から Azure Runbook スクリプト
    Hyper-V サイトから Azure Runbook NA
    VMM からセカンダリ VMM スクリプト スクリプト
  1. 復旧計画で、アクションを追加するステップをクリックし、そのアクションを実行するタイミングを指定します。
    1. フェールオーバー後、グループ内のマシンが開始される前にアクションを発生させる場合は、 [事前アクションの追加] を選択します。
    2. フェールオーバー後、グループ内のマシンが開始された後にアクションを発生させる場合は、 [事後アクションの追加] を選択します。 アクションの位置を移動するには、 [上へ移動] ボタンまたは [下へ移動] ボタンを使用します。
  2. [アクションの挿入] で、 [スクリプト] または [手動アクション] を選択します。
  3. 手動アクションを追加する場合は、次の操作を行います。
    1. アクションの名前を入力し、アクションの手順を入力します。 これらの手順は、フェールオーバーを実行しているユーザーに表示されます。
    2. すべての種類のフェールオーバー (テスト、フェールオーバー、計画されたフェールオーバー (該当する場合)) にその手動アクションを追加するかどうかを指定します。 次に、 [OK] をクリックします
  4. スクリプトを追加する場合は、次の操作を行います。
    1. VMM スクリプトを追加する場合、 [Failover to VMM script](VMM へのフェールオーバー スクリプト) を選択して、 [スクリプト パス] に共有の相対パスを入力します。 たとえば、共有が \<VMMServerName>\MSSCVMMLibrary\RPScripts に配置されている場合は、パスとして「\RPScripts\RPScript.PS1」と入力します。
    2. Azure Automation Runbook を追加する場合、Runbook が配置されている Azure Automation アカウント を指定し、適切な Azure Runbook スクリプト を選択します。
  5. 復旧計画のテスト フェールオーバーを実行して、スクリプトが期待どおりに動作することを確認します。

ビデオを視聴する

復旧計画を作成する方法を示すビデオをご覧ください。

次のステップ

フェールオーバーの実行については、こちらを参照してください。