VMware から Azure 用の Azure Site Recovery Deployment Planner についてAbout the Azure Site Recovery Deployment Planner for VMware to Azure

この記事は、VMware から Azure へのレプリケーションを行う運用環境のデプロイに関する Azure Site Recovery Deployment Planner のユーザー ガイドです。This article is the Azure Site Recovery Deployment Planner user guide for VMware to Azure production deployments.

概要Overview

Azure Site Recovery を使用して VMware 仮想マシン (VM) を保護する前に、必要な RPO (回復ポイントの目標) を達成するうえで十分な帯域幅を日次データ変化率に基づいて割り当てます。Before you begin to protect any VMware virtual machines (VMs) by using Azure Site Recovery, allocate sufficient bandwidth, based on your daily data-change rate, to meet your desired recovery point objective (RPO). 適切な台数の構成サーバーとプロセス サーバーをオンプレミスにデプロイしてください。Be sure to deploy the right number of configuration servers and process servers on-premises.

また、レプリケーション先となる Azure Storage アカウントの種類と数を見極めて作成する必要があります。You also need to create the right type and number of target Azure Storage accounts. レプリケーション元となる運用サーバーの使用量が時間経過に伴って増えることを考慮し、その増加率を見越して、Standard ストレージ アカウントまたは Premium ストレージ アカウントを作成することになります。You create either standard or premium storage accounts, factoring in growth on your source production servers because of increased usage over time. ストレージの種類は、読み取り/書き込みの [IOPS] (I/O Operations Per Second) やデータの変更頻度といったワークロード特性と Site Recovery の制限に基づいて VM ごとに選択します。You choose the storage type per VM, based on workload characteristics (for example, read/write I/O operations per second [IOPS] or data churn) and Site Recovery limits.

Site Recovery Deployment Planner は、Hyper-V から Azure へのディザスター リカバリー シナリオと VMware から Azure へのディザスター リカバリー シナリオの両方で使用できるコマンドライン ツールです。Site Recovery Deployment Planner is a command-line tool for both Hyper-V to Azure and VMware to Azure disaster recovery scenarios. このツールを使用すると、(運用環境には一切影響を与えることなく) リモートから VMware VM をプロファイリングして、レプリケーションとテスト フェールオーバーに必要な帯域幅要件とストレージ要件を把握することができます。You can remotely profile your VMware VMs by using this tool (with no production impact whatsoever) to understand the bandwidth and storage requirements for successful replication and test failover. このツールは、Site Recovery のコンポーネントを一切オンプレミスにインストールせずに実行することができます。You can run the tool without installing any Site Recovery components on-premises. 達成スループットの実績値を正確に把握するために、本番デプロイの最初のステップの 1 つとして、最終的にデプロイすることになる Site Recovery 構成サーバーの最低限の要件を満たした Windows Server で Planner を実行してください。To get accurate achieved throughput results, run the planner on a Windows Server that meets the minimum requirements of the Site Recovery configuration server that you eventually need to deploy as one of the first steps in production deployment.

このツールで把握できる情報は次のとおりです。The tool provides the following details:

適合性の評価Compatibility assessment

  • ディスク数、ディスク サイズ、IOPS、変更頻度、ブートの種類 (EFI/BIOS)、OS バージョンに基づく VM の適格性評価VM eligibility assessment, based on number of disks, disk size, IOPS, churn, boot type (EFI/BIOS), and OS version

ネットワーク帯域幅ニーズと RPO の評価Network bandwidth need versus RPO assessment

  • 差分レプリケーションに必要な推定ネットワーク帯域幅Estimated network bandwidth that's required for delta replication
  • オンプレミスから Azure までの間で Site Recovery が得られるスループットThroughput that Site Recovery can get from on-premises to Azure
  • 束ねる VM の数 (初回レプリケーションを所定の時間内に完了するための推定帯域幅に基づく)Number of VMs to batch, based on the estimated bandwidth to complete initial replication in a given amount of time
  • 特定の帯域幅で達成できる RPORPO that can be achieved for a given bandwidth
  • プロビジョニングされた帯域幅が低かった場合に、必要な RPO に生じる影響Impact on the desired RPO if lower bandwidth is provisioned

Azure インフラストラクチャの要件Azure infrastructure requirements

  • VM ごとに必要なストレージの種類 (Standard ストレージまたは Premium ストレージ)Storage type (standard or premium storage) requirement for each VM
  • レプリケーション用に設定する Standard ストレージ アカウントと Premium ストレージ アカウントの総数 (キャッシュ ストレージ アカウントを含む)Total number of standard and premium storage accounts to be set up for replication (Includes cache storage accounts)
  • ストレージ アカウントの命名に関する推奨事項 (Storage ガイダンスに基づく)Storage-account naming suggestions, based on Storage guidance
  • サブスクリプションのテスト フェールオーバー (またはフェールオーバー) の前にセットアップする Azure コアの数Number of Azure cores to be set up before test failover or failover on the subscription
  • Azure VM の推奨サイズ (オンプレミスの VM ごと)Azure VM-recommended size for each on-premises VM

オンプレミス インフラストラクチャの要件On-premises infrastructure requirements

  • オンプレミスにデプロイする必要のある構成サーバーとプロセス サーバーの台数Required number of configuration servers and process servers to be deployed on-premises

Azure へのディザスター リカバリーの推定コストEstimated disaster recovery cost to Azure

  • Azure へのディザスター リカバリーの推定合計コスト: コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、Site Recovery ライセンスのコストEstimated total disaster recovery cost to Azure: compute, storage, network, and Site Recovery license cost
  • VM あたりの詳細なコスト分析Detail cost analysis per VM

重要

使用率は時間経過に伴って増加する可能性が高いので、このツールにおける上記の計算はいずれも、ワークロード特性の増加率を 30% と仮定して実行されます。Because usage is likely to increase over time, all the preceding tool calculations are performed assuming a 30 percent growth factor in workload characteristics. また、プロファイリングのメトリック (読み取り/書き込みの IOPS、変更頻度など) はすべて 95 パーセンタイル値が採用されます。The calculations also use a 95th percentile value of all the profiling metrics, such as read/write IOPS and churn. 増加率とパーセンタイル計算は、どちらも設定により変更することができます。Both growth factor and percentile calculation are configurable. 詳細については、「増加率に関する考慮事項」セクションを参照してください。To learn more about growth factor, see the "Growth-factor considerations" section. パーセンタイル値の詳細については、「計算に使用されるパーセンタイル値」セクションを参照してください。To learn more about percentile value, see the "Percentile value used for the calculation" section.

サポート マトリックスSupport matrix

VMware から AzureVMware to Azure Hyper-V から AzureHyper-V to Azure Azure から AzureAzure to Azure Hyper-V からセカンダリ サイトHyper-V to secondary site VMware からセカンダリ サイトVMware to secondary site
サポートされるシナリオSupported scenarios はいYes はいYes いいえNo はい*Yes* いいえNo
サポートされているバージョンSupported version vCenter 6.7、6.5、6.0、または 5.5vCenter 6.7, 6.5, 6.0 or 5.5 Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2 NANA Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2 NANA
サポートされている構成Supported configuration vCenter、ESXivCenter, ESXi Hyper-V クラスター、Hyper-V ホストHyper-V cluster, Hyper-V host NANA Hyper-V クラスター、Hyper-V ホストHyper-V cluster, Hyper-V host NANA
Site Recovery Deployment Planner の実行中のインスタンスごとにプロファイルできるサーバーの数Number of servers that can be profiled per running instance of Site Recovery Deployment Planner 単一 (単一の vCenter Server または ESXi サーバーに含まれている VM を同時にプロファイル可能)Single (VMs belonging to one vCenter Server or one ESXi server can be profiled at a time) 複数 (複数のホストまたはホスト クラスターにまたがった VM を同時にプロファイル可能)Multiple (VMs across multiple hosts or host clusters can be profiled at a time) NANA 複数 (複数のホストまたはホスト クラスターにまたがった VM を同時にプロファイル可能)Multiple (VMs across multiple hosts or host clusters can be profiled at a time) NANA

*このツールは本来、Hyper-V から Azure へのディザスター リカバリー シナリオ用です。*The tool is primarily for the Hyper-V to Azure disaster recovery scenario. Hyper-V からセカンダリ サイトへのディザスター リカバリーについては、必要なネットワーク帯域幅、各ソース Hyper-V サーバーの必要な空き記憶域、初期レプリケーションのバッチ数とバッチ定義など、ソース側の推奨事項の確認にのみ使用できます。For Hyper-V to secondary site disaster recovery, it can be used only to understand source-side recommendations like required network bandwidth, required free storage space on each of the source Hyper-V servers, and initial replication batching numbers and batch definitions. レポートの Azure の推奨事項とコストは無視してください。Ignore the Azure recommendations and costs from the report. さらに、スループットの取得操作は、Hyper-V からセカンダリ サイトへのディザスター リカバリー シナリオには適用できません。Also, the Get Throughput operation is not applicable for the Hyper-V-to-secondary-site disaster recovery scenario.

前提条件Prerequisites

このツールの処理は、プロファイリングとレポート生成という大きく 2 つの段階に分けられます。The tool has two main phases: profiling and report generation. 加えて第 3 の選択肢として、スループットの計算のみを行うこともできます。There is also a third option to calculate throughput only. 以下の表に示したのは、プロファイリングとスループット測定に使用するサーバーの要件です。The requirements for the server from which the profiling and throughput measurement is initiated are presented in the following table.

サーバーの要件Server requirement 説明Description
プロファイリングとスループット測定Profiling and throughput measurement
  • オペレーティング システム:Windows Server 2016 または Windows Server 2012 R2Operating system: Windows Server 2016 or Windows Server 2012 R2
    (少なくとも構成サーバーのサイズの推奨事項を満たしていることが望ましい)(ideally matching at least the size recommendations for the configuration server)
  • コンピューターの構成:8 vCPU、16 GB RAM、300 GB HDDMachine configuration: 8 vCPUs, 16 GB RAM, 300 GB HDD
  • .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5
  • VMware vSphere PowerCLI 6.0 R3VMware vSphere PowerCLI 6.0 R3
  • Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージVisual C++ Redistributable for Visual Studio 2012
  • このサーバーから Azure へのインターネット アクセスInternet access to Azure from this server
  • Azure ストレージ アカウントAzure storage account
  • サーバー上の管理者アクセス権Administrator access on the server
  • 100 GB 以上の空きディスク領域 (平均 3 台のディスクがある仮想マシン 1,000 台をそれぞれ 30 日間プロファイリングすることを想定)Minimum 100 GB of free disk space (assuming 1,000 VMs with an average of three disks each, profiled for 30 days)
  • VMware vCenter の統計レベルは 1 以上に設定できますVMware vCenter statistics level settings can be 1 or higher level
  • vCenter ポートの許可 (既定値は 443):Site Recovery Deployment Planner は、このポートを使用して vCenter サーバー/ESXi ホストに接続しますAllow vCenter port (default 443): Site Recovery Deployment Planner uses this port to connect to the vCenter server/ESXi host
レポートの生成Report generation Excel 2013 以降がインストールされた Windows PC または Windows Server。A Windows PC or Windows Server with Excel 2013 or later.
  • .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5
  • Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージVisual C++ Redistributable for Visual Studio 2012
  • VMware vSphere PowerCLI 6.0 R3 が必要なのは、VM の最新の VM 構成情報をフェッチするためにレポート生成コマンドで -User オプションを渡す場合のみです。VMware vSphere PowerCLI 6.0 R3 is required only when you pass -User option in the report generation command to fetch the latest VM configuration information of the VMs. Deployment Planner は vCenter サーバーに接続します。The Deployment Planner connects to vCenter server. vCenter ポート (既定値は 443) に vCenter Server への接続を許可します。Allow vCenter port (default 443) port to connect to vCenter server.
  • ユーザーのアクセス許可User permissions 読み取り専用アクセス許可 (プロファイリング中、VMware vCenter サーバー/VMware vSphere ESXi ホストにアクセスするユーザー アカウントに適用)Read-only permission for the user account that's used to access the VMware vCenter server/VMware vSphere ESXi host during profiling

    注意

    このツールでプロファイリングできるのは、VMDK ディスクと RDM ディスクを使用した VM のみです。The tool can profile only VMs with VMDK and RDM disks. iSCSI ディスクまたは NFS ディスクを使用した VM をプロファイリングすることはできません。It can't profile VMs with iSCSI or NFS disks. Site Recovery は、VMware サーバーの iSCSI ディスクと NFS ディスクをサポートしていますが、Site Recovery does support iSCSI and NFS disks for VMware servers. Deployment Planner はゲスト内に存在せず、プロファイリングは vCenter のパフォーマンス カウンターのみを使用して行われるため、これらの種類のディスクをこのツールで十分把握することはできません。Because the deployment planner isn't inside the guest and it profiles only by using vCenter performance counters, the tool doesn't have visibility into these disk types.

    Deployment Planner ツールのダウンロードと抽出Download and extract the deployment planner tool

    1. 最新バージョンの Site Recovery Deployment Planner をダウンロードします。Download the latest version of Site Recovery Deployment Planner. ツールは .zip フォルダーにパッケージされています。The tool is packaged in a .zip folder. VMware から Azure へのレプリケーション シナリオに対応しているのは、このツールの最新バージョンのみです。The current version of the tool supports only the VMware to Azure scenario.

    2. ツールの実行場所となる Windows Server に .zip フォルダーをコピーします。Copy the .zip folder to the Windows server from which you want to run the tool. このツールは、プロファイリングの対象となる VM のホスト (vCenter サーバー/vSphere ESXi ホスト) にネットワークで接続されている Windows Server 2012 R2 から実行することができます。You can run the tool from Windows Server 2012 R2 if the server has network access to connect to the vCenter server/vSphere ESXi host that holds the VMs to be profiled. ただしこのツールは、構成サーバーのサイズ ガイドラインに準拠したハードウェア構成のサーバーで実行することをお勧めします。However, we recommend that you run the tool on a server whose hardware configuration meets the configuration server sizing guidelines. Site Recovery のコンポーネントをオンプレミスにデプロイ済みである場合は、その構成サーバーからツールを実行してください。If you already deployed Site Recovery components on-premises, run the tool from the configuration server.

      ツールの実行起点となるサーバーには、(プロセス サーバーを一体化した) 構成サーバーと同じハードウェア構成を使用することをお勧めします。We recommend that you have the same hardware configuration as the configuration server (which has an in-built process server) on the server where you run the tool. そのような構成によって、Site Recovery がレプリケーションを実行している間の実際のスループットを正確に反映したレポートを得ることができます。Such a configuration ensures that the achieved throughput that the tool reports matches the actual throughput that Site Recovery can achieve during replication. スループットの計算は、サーバーで利用できるネットワーク帯域幅とそのサーバーのハードウェア構成 (CPU、記憶域など) に左右されます。The throughput calculation depends on available network bandwidth on the server and hardware configuration (such as CPU and storage) of the server. その他のサーバーからツールを実行した場合、計算されるのは、そのサーバーから Azure へのスループットです。If you run the tool from any other server, the throughput is calculated from that server to Azure. しかもそのサーバーには、構成サーバーとは異なるハードウェア構成が使用されていることが考えられます。そうなると、達成スループットとしてツールから報告される値の精度が低下してしまいます。Also, because the hardware configuration of the server might differ from that of the configuration server, the achieved throughput that the tool reports might be inaccurate.

    3. zip フォルダーを展開します。Extract the .zip folder. このフォルダーには、複数のファイルとサブフォルダーが格納されています。The folder contains multiple files and subfolders. 実行可能ファイルは、親フォルダーにある ASRDeploymentPlanner.exe です。The executable file is ASRDeploymentPlanner.exe in the parent folder.

      例:.zip ファイルを E:\ ドライブにコピーして展開します。Example: Copy the .zip file to E:\ drive and extract it. E:\ASR Deployment Planner_v2.3.zipE:\ASR Deployment Planner_v2.3.zip

      E:\ASR Deployment Planner_v2.3\ASRDeploymentPlanner.exeE:\ASR Deployment Planner_v2.3\ASRDeploymentPlanner.exe

    最新バージョンの Deployment Planner への更新Update to the latest version of Deployment Planner

    最新の更新については、Deployment Planner のバージョン履歴にまとめられています。The latest updates are summarized in the Deployment Planner version history.

    以前のバージョンの Deployment Planner をお持ちの場合、次のいずれかを行ってください。If you have a previous version of Deployment Planner, do either of the following:

    • 最新バージョンにプロファイリングの修正プログラムが含まれていない場合で、かつ現在ご利用のバージョンの Deployment Planner でプロファイリングが既に進行中である場合は、プロファイリングを続行してください。If the latest version doesn't contain a profiling fix and profiling is already in progress on your current version of the planner, continue the profiling.
    • 最新バージョンにプロファイリングの修正プログラムが含まれている場合は、現在ご利用のバージョンでのプロファイリングを中止し、新しいバージョンでプロファイリングを再開することをお勧めします。If the latest version does contain a profiling fix, we recommend that you stop profiling on your current version and restart the profiling with the new version.

    注意

    新しいバージョンでプロファイリングを開始するときは、既存のファイルにプロファイル データが追記されるよう、同じ出力ディレクトリ パスを指定してください。When you start profiling with the new version, pass the same output directory path so that the tool appends profile data on the existing files. そうすることで、すべてのプロファイリング データを使ってレポートが生成されます。A complete set of profiled data is used to generate the report. 異なる出力ディレクトリを指定した場合は、新しいファイルが作成され、古いプロファイリング データはレポートの生成に使用されません。If you pass a different output directory, new files are created and old profiled data isn't used to generate the report.

    Deployment Planner のバージョンアップに使われる .zip ファイルには、その都度、累積的な更新が格納されています。Each new Deployment Planner version is a cumulative update of the .zip file. 以前のフォルダーに最新のファイルをコピーする必要はありません。You don't need to copy the newest files to the previous folder. 新しいフォルダーを作成して使用できます。You can create and use a new folder.

    バージョン履歴Version history

    Site Recovery Deployment Planner ツールの最新バージョンは 2.5 です。The latest Site Recovery Deployment Planner tool version is 2.5. 各更新で追加された修正については、「Site Recovery Deployment Planner version history (Site Recovery Deployment Planner のバージョン履歴)」を参照してください。See the Site Recovery Deployment Planner version history page for the fixes that are added in each update.

    次の手順Next steps

    Site Recovery Deployment Planner の実行Run Site Recovery Deployment Planner