サーバーの削除と保護の無効化Remove servers and disable protection

この記事では、Recovery Services コンテナーからサーバーの登録を解除する方法と、Site Recovery によって保護される仮想マシンの保護を無効にする方法について説明します。This article describes how to unregister servers from a Recovery Services vault, and how to disable protection for machines protected by Site Recovery.

構成サーバーの登録解除Unregister a configuration server

VMware VM または Windows/Linux 物理サーバーを Azure にレプリケートする場合、接続されていない構成サーバーを次の方法でコンテナーから登録解除できます。If you replicate VMware VMs or Windows/Linux physical servers to Azure, you can unregister an unconnected configuration server from a vault as follows:

  1. 仮想マシンの保護を無効にしますDisable protection of virtual machines.
  2. レプリケーション ポリシーを関連付け解除または削除します。Disassociate or delete replication policies.
  3. 構成サーバーを削除しますDelete the configuration server

VMM サーバーの登録解除Unregister a VMM server

  1. 削除する VMM サーバー上のクラウドで仮想マシンのレプリケートを停止します。Stop replicating virtual machines in clouds on the VMM server you want to remove.
  2. 削除する VMM サーバー上のクラウドで使用されているすべてのネットワーク マッピングを削除します。Delete any network mappings used by clouds on the VMM server that you want to delete. [Site Recovery Infrastructure (Site Recovery インフラストラクチャ)] > [For System Center VMM (System Center VMM)] > [ネットワーク マッピング] で、ネットワーク マッピングを右クリックして [削除] をクリックします。In Site Recovery Infrastructure > For System Center VMM > Network Mapping, right-click the network mapping > Delete.
  3. VMM サーバーの ID を書き留めます。Note the ID of the VMM server.
  4. 削除する VMM サーバー上のクラウドからレプリケーション ポリシーの関連付けを解除します。Disassociate replication policies from clouds on the VMM server you want to remove. [Site Recovery Infrastructure (Site Recovery インフラストラクチャ)] > [For System Center VMM (System Center VMM)] > [レプリケーション ポリシー] で、関連付けられているポリシーをダブルクリックします。In Site Recovery Infrastructure > For System Center VMM > Replication Policies, double-click the associated policy. クラウドを右クリックして、 [関連付け解除] をクリックします。Right-click the cloud > Disassociate.
  5. VMM サーバーまたはアクティブなノードを削除します。Delete the VMM server or active node. [Site Recovery Infrastructure (Site Recovery インフラストラクチャ)] > [For System Center VMM (System Center VMM)] > [VMM サーバー] で、サーバーを右クリックして [削除] をクリックします。In Site Recovery Infrastructure > For System Center VMM > VMM Servers, right-click the server > Delete.
  6. VMM サーバーが切断状態になっていた場合は、VMM サーバーでクリーンアップ スクリプトをダウンロードして実行します。If your VMM server was in a Disconnected state, then download and run the cleanup script on the VMM server. [管理者として実行] オプションを使用して PowerShell を開き、既定 (LocalMachine) のスコープの実行ポリシーを変更します。Open PowerShell with the Run as Administrator option, to change the execution policy for the default (LocalMachine) scope. スクリプトで、削除する VMM サーバーの ID を指定します。In the script, specify the ID of the VMM server you want to remove. このスクリプトにより、登録とクラウドのペアリングの情報がサーバーから削除されます。The script removes registration and cloud pairing information from the server.
  7. 任意のセカンダリ VMM サーバーでクリーンアップ スクリプトを実行します。Run the cleanup script on any secondary VMM server.
  8. プロバイダーがインストールされたパッシブ VMM クラスター ノードがあれば、そのノードでクリーンアップ スクリプトを実行します。Run the cleanup script on any other passive VMM cluster nodes that have the Provider installed.
  9. VMM サーバー上のプロバイダーを手動でアンインストールします。Uninstall the Provider manually on the VMM server. クラスターがある場合は、すべてのノードから削除します。If you have a cluster, remove from all nodes.
  10. 仮想マシンが Azure にレプリケートしていた場合は、削除したクラウドの Hyper-V ホストから Microsoft Recovery Services エージェントをアンインストールする必要があります。If your virtual machines were replicating to Azure, you need to uninstall the Microsoft Recovery Services agent from Hyper-V hosts in the deleted clouds.

Hyper-V サイト上の Hyper-V ホストの登録解除Unregister a Hyper-V host in a Hyper-V Site

Hyper-V サイトには、VMM で管理されていない Hyper-V ホストが収集されます。Hyper-V hosts that aren't managed by VMM are gathered into a Hyper-V site. 次の方法で Hyper-V サイト上のホストを削除します。Remove a host in a Hyper-V site as follows:

  1. ホストに配置されている Hyper-V VM のレプリケーションを無効にします。Disable replication for Hyper-V VMs located on the host.
  2. Hyper-V サイトのポリシーの関連付けを解除します。Disassociate policies for the Hyper-V site. [Site Recovery Infrastructure (Site Recovery インフラストラクチャ)] > [For Hyper-V Sites (Hyper-V サイト)] > [レプリケーション ポリシー] で、関連付けられているポリシーをダブルクリックします。In Site Recovery Infrastructure > For Hyper-V Sites > Replication Policies, double-click the associated policy. サイトを右クリックして、 [関連付け解除] をクリックします。Right-click the site > Disassociate.
  3. Hyper-V ホストを削除します。Delete Hyper-V hosts. [Site Recovery Infrastructure](Site Recouvery インフラストラクチャ) > [For Hyper-V Sites](Hyper-V サイト) > [Hyper-V Hosts](Hyper-V ホスト) で、サーバーを右クリックして [削除] をクリックします。In Site Recovery Infrastructure > For Hyper-V Sites > Hyper-V Hosts, right-click the server > Delete.
  4. すべてのホストを削除したら、Hyper-V サイトを削除します。Delete the Hyper-V site after all hosts have been removed from it. [Site Recovery Infrastructure](Site Recouvery インフラストラクチャ) > [For Hyper-V Sites](Hyper-V サイト) > [Hyper-サイト] で、サイトを右クリックして [削除] をクリックします。In Site Recovery Infrastructure > For Hyper-V Sites > Hyper-V Sites, right-click the site > Delete.
  5. Hyper-V ホストが [切断] 状態だった場合は、削除した各 Hyper-V ホストで次のスクリプトを実行します。If your Hyper-V host was in a Disconnected state, then run the following script on each Hyper-V host that you removed. このスクリプトは、サーバー上の設定をクリーンアップし、コンテナーからサーバーの登録を解除します。The script cleans up settings on the server, and unregisters it from the vault.
        pushd .
        try
        {
            $windowsIdentity=[System.Security.Principal.WindowsIdentity]::GetCurrent()
            $principal=new-object System.Security.Principal.WindowsPrincipal($windowsIdentity)
            $administrators=[System.Security.Principal.WindowsBuiltInRole]::Administrator
            $isAdmin=$principal.IsInRole($administrators)
            if (!$isAdmin)
            {
                "Please run the script as an administrator in elevated mode."
                $choice = Read-Host
                return;
            }

            $error.Clear()
            "This script will remove the old Azure Site Recovery Provider related properties. Do you want to continue (Y/N) ?"
            $choice =  Read-Host

            if (!($choice -eq 'Y' -or $choice -eq 'y'))
            {
            "Stopping cleanup."
            return;
            }

            $serviceName = "dra"
            $service = Get-Service -Name $serviceName
            if ($service.Status -eq "Running")
            {
                "Stopping the Azure Site Recovery service..."
                net stop $serviceName
            }

            $asrHivePath = "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Azure Site Recovery"
            $registrationPath = $asrHivePath + '\Registration'
            $proxySettingsPath = $asrHivePath + '\ProxySettings'
            $draIdvalue = 'DraID'
            $idMgmtCloudContainerId='IdMgmtCloudContainerId'


            if (Test-Path $asrHivePath)
            {
                if (Test-Path $registrationPath)
                {
                    "Removing registration related registry keys."
                    Remove-Item -Recurse -Path $registrationPath
                }

                if (Test-Path $proxySettingsPath)
                {
                    "Removing proxy settings"
                    Remove-Item -Recurse -Path $proxySettingsPath
                }

                $regNode = Get-ItemProperty -Path $asrHivePath
                if($regNode.DraID -ne $null)
                {
                    "Removing DraId"
                    Remove-ItemProperty -Path $asrHivePath -Name $draIdValue
                }
                if($regNode.IdMgmtCloudContainerId -ne $null)
                {
                    "Removing IdMgmtCloudContainerId"
                    Remove-ItemProperty -Path $asrHivePath -Name $idMgmtCloudContainerId
                }
                "Registry keys removed."
            }

            # First retrieve all the certificates to be deleted
            $ASRcerts = Get-ChildItem -Path cert:\localmachine\my | where-object {$_.friendlyname.startswith('ASR_SRSAUTH_CERT_KEY_CONTAINER') -or $_.friendlyname.startswith('ASR_HYPER_V_HOST_CERT_KEY_CONTAINER')}
            # Open a cert store object
            $store = New-Object System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509Store("My","LocalMachine")
            $store.Open('ReadWrite')
            # Delete the certs
            "Removing all related certificates"
            foreach ($cert in $ASRcerts)
            {
                $store.Remove($cert)
            }
        }catch
        {
            [system.exception]
            Write-Host "Error occurred" -ForegroundColor "Red"
            $error[0]
            Write-Host "FAILED" -ForegroundColor "Red"
        }
        popd

VMware VM または物理サーバーの保護の無効化 (VMware から Azure)Disable protection for a VMware VM or physical server (VMware to Azure)

  1. [保護されているアイテム] > [レプリケートされたアイテム] で、マシンを右クリックして [レプリケーションの無効化] をクリックします。In Protected Items > Replicated Items, right-click the machine > Disable replication.
  2. [レプリケーションの無効化] ページで、次のいずれかのオプションを選択します。In Disable replication page, select one of these options:
    • [レプリケーションを無効にして削除 (推奨)] - このオプションは、レプリケートされたアイテムを Azure Site Recovery から削除し、マシンのレプリケーションを停止します。Disable replication and remove (recommended) - This option remove the replicated item from Azure Site Recovery and the replication for the machine is stopped. 構成サーバー上のレプリケーション構成がクリーンアップされ、この保護されたサーバーに対する Site Recovery の請求が停止されます。Replication configuration on Configuration Server is cleaned up and Site Recovery billing for this protected server is stopped. このオプションは、構成サーバーが接続状態にある場合にしか使用できないことに注意してください。Note that this option can only be used when Configuration Server is in connected state.
    • [削除] - このオプションは、ソース環境が削除されたか、アクセスできない (接続されていない) 場合にのみ使用します。Remove - This option is supposed to be used only if the source environment is deleted or not accessible (not connected). これを使用すると、レプリケートされたアイテムが Azure Site Recovery から削除されます (請求は停止されます)。This removes the replicated item from Azure Site Recovery (billing is stopped). 構成サーバーでは、レプリケーションの構成はクリーンアップされませんReplication configuration on the Configuration Server will not be cleaned up.

注意

どちらのオプションでもモビリティ サービスは保護されたサービスからアンインストールされないため、手動でアンインストールする必要があります。In both the options mobility service will not be uninstalled from the protected servers, you need to uninstall it manually. 同じ構成サーバーを使用して再度サーバーを保護する場合は、モビリティ サーバーのアンインストールを省略できます。If you plan to protect the server again using the same Configuration server, you can skip uninstalling the mobility service.

注意

VM を既にフェールオーバーしていて、それが Azure で実行されている場合は、保護を無効にしても、フェールオーバーされた VM は削除されず、影響を受けることもない点に注意してください。If you have already failed over a VM and it is running in Azure, note that disable protection doesn't remove / affect the failed over VM.

Azure VM の保護の無効化 (Azure から Azure)Disable protection for a Azure VM (Azure to Azure)

  • [保護されているアイテム] > [レプリケートされたアイテム] で、マシンを右クリックして [レプリケーションの無効化] をクリックします。In Protected Items > Replicated Items, right-click the machine > Disable replication.

注意

モビリティ サービスは保護されたサービスからアンインストールされないため、手動でアンインストールする必要があります。mobility service will not be uninstalled from the protected servers, you need to uninstall it manually. 再度サーバーを保護する場合は、モビリティ サービスのアンインストールを省略できます。If you plan to protect the server again, you can skip uninstalling the mobility service.

Hyper-V 仮想マシンの保護の無効化 (Hyper-V から Azure)Disable protection for a Hyper-V virtual machine (Hyper-V to Azure)

注意

VMM サーバーを使用せずに Hyper-V VM を Azure にレプリケートしている場合は、この手順を使用します。Use this procedure if you're replicating Hyper-V VMs to Azure without a VMM server. System Center VMM から Azure へのシナリオを使用している場合は、「System Center VMM から Azure へのシナリオを使用してレプリケートしている Hyper-V 仮想マシンの保護の無効化」の手順に従ってくださいIf you are replicating your virtual machines using the System Center VMM to Azure scenario, then follow the instructions Disable protection for a Hyper-V virtual machine replicating using the System Center VMM to Azure scenario

  1. [保護されているアイテム] > [レプリケートされたアイテム] で、マシンを右クリックして [レプリケーションの無効化] をクリックします。In Protected Items > Replicated Items, right-click the machine > Disable replication.

  2. [レプリケーションの無効化] では、次のオプションを選択できます。In Disable replication, you can select the following options:

    • [レプリケーションを無効にして削除 (推奨)] - このオプションでは、レプリケートされたアイテムを Azure Site Recovery から削除し、マシンのレプリケーションを停止します。Disable replication and remove (recommended) - This option remove the replicated item from Azure Site Recovery and the replication for the machine is stopped. オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション構成がクリーンアップされ、この保護されたサーバーに対する Site Recovery の請求が停止されます。Replication configuration on the on-premises virtual machine will be cleaned up and Site Recovery billing for this protected server is stopped.
    • [削除] - このオプションは、ソース環境が削除されたか、アクセスできない (接続されていない) 場合にのみ使用します。Remove - This option is supposed to be used only if the source environment is deleted or not accessible (not connected). これを使用すると、レプリケートされたアイテムが Azure Site Recovery から削除されます (請求は停止されます)。This removes the replicated item from Azure Site Recovery (billing is stopped). オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション構成はクリーンアップされませんReplication configuration on the on-premises virtual machine will not be cleaned up.

    注意

    [削除] オプションを選択した場合、オンプレミスの Hyper-V Server 上のレプリケーション設定をクリーンアップするには、次のスクリプトのセットを実行します。If you chose the Remove option then run the following set of scripts to clean up the replication settings on-premises Hyper-V Server.

    注意

    VM を既にフェールオーバーしていて、それが Azure で実行されている場合は、保護を無効にしても、フェールオーバーされた VM は削除されず、影響を受けることもない点に注意してください。If you have already failed over a VM and it is running in Azure, note that disable protection doesn't remove / affect the failed over VM.

  3. ソース Hyper-V ホスト サーバーで、仮想マシンのレプリケーションを削除します。On the source Hyper-V host server, to remove replication for the virtual machine. 管理 PowerShell から次のスクリプトを実行します。SQLVM1 は仮想マシンの名前に置き換えます。Replace SQLVM1 with the name of your virtual machine and run the script from an administrative PowerShell

    $vmName = "SQLVM1"
    $vm = Get-WmiObject -Namespace "root\virtualization\v2" -Query "Select * From Msvm_ComputerSystem Where ElementName = '$vmName'"
    $replicationService = Get-WmiObject -Namespace "root\virtualization\v2"  -Query "Select * From Msvm_ReplicationService"
    $replicationService.RemoveReplicationRelationship($vm.__PATH)

System Center VMM から Azure へのシナリオを使用して Azure にレプリケートしている Hyper-V 仮想マシンの保護の無効化Disable protection for a Hyper-V virtual machine replicating to Azure using the System Center VMM to Azure scenario

  1. [保護されているアイテム] > [レプリケートされたアイテム] で、マシンを右クリックして [レプリケーションの無効化] をクリックします。In Protected Items > Replicated Items, right-click the machine > Disable replication.

  2. [レプリケーションの無効化] で、次のいずれかのオプションを選択します。In Disable replication, select one of these options:

    • [レプリケーションを無効にして削除 (推奨)] - このオプションでは、レプリケートされたアイテムを Azure Site Recovery から削除し、マシンのレプリケーションを停止します。Disable replication and remove (recommended) - This option remove the replicated item from Azure Site Recovery and the replication for the machine is stopped. オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション構成がクリーンアップされ、この保護されたサーバーに対する Site Recovery の請求が停止されます。Replication configuration on the on-premises virtual machine is cleaned up and Site Recovery billing for this protected server is stopped.

    • [削除] - このオプションは、ソース環境が削除されたか、アクセスできない (接続されていない) 場合にのみ使用します。Remove - This option is supposed to be used only if the source environment is deleted or not accessible (not connected). これを使用すると、レプリケートされたアイテムが Azure Site Recovery から削除されます (請求は停止されます)。This removes the replicated item from Azure Site Recovery (billing is stopped). オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション構成はクリーンアップされませんReplication configuration on the on-premises virtual machine will not be cleaned up.

      注意

      [削除] オプションを選択した場合、オンプレミスの Hyper-V Server 上のレプリケーション設定をクリーンアップするには、次のスクリプトを実行します。If you chose the Remove option, then tun the following scripts to clean up the replication settings on-premises VMM Server.

  3. VMM コンソールから PowerShell を使用して、ソース VMM サーバーで次のスクリプトを実行します (管理者特権が必要です)。Run this script on the source VMM server, using PowerShell (administrator privileges required) from the VMM console. プレースホルダー SQLVM1 を仮想マシンの名前に置き換えます。Replace the placeholder SQLVM1 with the name of your virtual machine.

    $vm = get-scvirtualmachine -Name "SQLVM1"
    Set-SCVirtualMachine -VM $vm -ClearDRProtection
    
  4. 上記の手順によって、VMM サーバーのレプリケーション設定がクリアされます。The above steps clear the replication settings on the VMM server. Hyper-V ホスト サーバーで実行されている仮想マシンのレプリケーションを停止するには、このスクリプトを実行します。To stop replication for the virtual machine running on the Hyper-V host server, run this script. SQLVM1 を仮想マシンの名前に、host01.contoso.com を Hyper-V ホスト サーバーの名前に置き換えます。Replace SQLVM1 with the name of your virtual machine, and host01.contoso.com with the name of the Hyper-V host server.

    $vmName = "SQLVM1"
    $hostName  = "host01.contoso.com"
    $vm = Get-WmiObject -Namespace "root\virtualization\v2" -Query "Select * From Msvm_ComputerSystem Where ElementName = '$vmName'" -computername $hostName
    $replicationService = Get-WmiObject -Namespace "root\virtualization\v2"  -Query "Select * From Msvm_ReplicationService"  -computername $hostName
    $replicationService.RemoveReplicationRelationship($vm.__PATH)

System Center VMM から VMM へのシナリオを使用してセカンダリ VMM サーバーにレプリケートしている Hyper-V 仮想マシンの保護の無効化Disable protection for a Hyper-V virtual machine replicating to secondary VMM Server using the System Center VMM to VMM scenario

  1. [保護されているアイテム] > [レプリケートされたアイテム] で、マシンを右クリックして [レプリケーションの無効化] をクリックします。In Protected Items > Replicated Items, right-click the machine > Disable replication.

  2. [レプリケーションの無効化] で、次のいずれかのオプションを選択します。In Disable replication, select one of these options:

    • [レプリケーションを無効にして削除 (推奨)] - このオプションでは、レプリケートされたアイテムを Azure Site Recovery から削除し、マシンのレプリケーションを停止します。Disable replication and remove (recommended) - This option remove the replicated item from Azure Site Recovery and the replication for the machine is stopped. オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション構成がクリーンアップされ、この保護されたサーバーに対する Site Recovery の請求が停止されます。Replication configuration on the on-premises virtual machine is cleaned up and Site Recovery billing for this protected server is stopped.
    • [削除] - このオプションは、ソース環境が削除されたか、アクセスできない (接続されていない) 場合にのみ使用します。Remove - This option is supposed to be used only if the source environment is deleted or not accessible (not connected). これを使用すると、レプリケートされたアイテムが Azure Site Recovery から削除されます (請求は停止されます)。This removes the replicated item from Azure Site Recovery (billing is stopped). オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション構成はクリーンアップされませんReplication configuration on the on-premises virtual machine will not be cleaned up. オンプレミスの仮想マシン上のレプリケーション設定をクリーンアップするには、以下のスクリプトのセットを実行します。Run the following set of scripts to clean up the replication settings on-premises virtual machines.

      注意

      [削除] オプションを選択した場合、オンプレミスの Hyper-V Server 上のレプリケーション設定をクリーンアップするには、次のスクリプトを実行します。If you chose the Remove option, then tun the following scripts to clean up the replication settings on-premises VMM Server.

  3. VMM コンソールから PowerShell を使用して、ソース VMM サーバーで次のスクリプトを実行します (管理者特権が必要です)。Run this script on the source VMM server, using PowerShell (administrator privileges required) from the VMM console. プレースホルダー SQLVM1 を仮想マシンの名前に置き換えます。Replace the placeholder SQLVM1 with the name of your virtual machine.

    $vm = get-scvirtualmachine -Name "SQLVM1"
    Set-SCVirtualMachine -VM $vm -ClearDRProtection
    
  4. セカンダリ VMM サーバーで次のスクリプトを実行して、セカンダリ仮想マシンの設定をクリーンアップします。On the secondary VMM server, run this script to clean up the settings for the secondary virtual machine:

    $vm = get-scvirtualmachine -Name "SQLVM1"
    Remove-SCVirtualMachine -VM $vm -Force
    
  5. セカンダリ VMM サーバーで、Hyper-V ホスト サーバー上の仮想マシンを更新し、セカンダリ VM が VMM コンソールで再検出されるようにします。On the secondary VMM server, refresh the virtual machines on the Hyper-V host server, so that the secondary VM gets detected again in the VMM console.

  6. 上記の手順によって、VMM サーバーのレプリケーション設定がクリアされます。The above steps clear up the replication settings on the VMM server. 仮想マシンのレプリケーションを停止する場合は、プライマリとセカンダリの VM で次のスクリプトを実行します。If you want to stop replication for the virtual machine, run the following script oh the primary and secondary VMs. SQLVM1 を仮想マシンの名前に置き換えます。Replace SQLVM1 with the name of your virtual machine.

    Remove-VMReplication –VMName "SQLVM1"