Azure Site Recovery を使用して多層 SAP NetWeaver アプリケーションのデプロイを保護するProtect a multi-tier SAP NetWeaver application deployment using Azure Site Recovery

多くの場合、大規模および中規模の SAP デプロイには、何らかの形式のディザスター リカバリー ソリューションがあります。Most large and medium-sized SAP deployments have some form of Disaster Recovery solution. SAP などのアプリケーションに移行するコア ビジネス プロセスが増えているため、堅牢でテスト可能なディザスター リカバリー ソリューションの重要性は高まっています。The importance of robust and testable Disaster Recovery solutions has increased as more core business processes are moved to applications such as SAP. Azure Site Recovery は SAP アプリケーションを使用してテストされ、統合されています。また、ほとんどのオンプレミス ディザスター リカバリー ソリューションよりも優れた機能で、競合するソリューションよりも低い総保有コスト (TCO) です。Azure Site Recovery has been tested and integrated with SAP applications, and exceeds the capabilities of most on-premises Disaster Recovery solutions, at a lower total cost of ownership (TCO) than competing solutions. Azure Site Recovery を使用すると、次のことができます。With Azure Site Recovery you can:

  • コンポーネントを Azure にレプリケートすることによって、オンプレミスで実行されている SAP NetWeaver および非 NetWeaver 運用アプリケーションの保護を有効にします。Enable protection of SAP NetWeaver and non-NetWeaver Production applications running on-premises, by replicating components to Azure.
  • コンポーネントを他の Azure データセンターにレプリケートすることによって、Azure で実行されている SAP NetWeaver および非 NetWeaver 運用アプリケーションの保護を有効にします。Enable protection of SAP NetWeaver and non-NetWeaver Production applications running Azure, by replicating components to another Azure datacenter.
  • Site Recovery を使用して SAP デプロイを Azure に移行することで、クラウド移行を簡略化します。Simplify cloud migration, by using Site Recovery to migrate your SAP deployment to Azure.
  • SAP アプリケーションをテストするためのオンデマンドの運用クローンを作成することによって、SAP プロジェクトのアップグレード、テスト、および、プロトタイプ作成を簡略化します。Simplify SAP project upgrades, testing, and prototyping, by creating a production clone on-demand for testing SAP applications.

この記事では、Azure Site Recovery を使用して SAP NetWeaver アプリケーションのデプロイを保護する方法について説明します。This article describes how to protect SAP NetWeaver application deployments using Azure Site Recovery. この記事では、Azure Site Recovery を使用して別の Azure データセンターにレプリケートして Azure 上の 3 層の SAP NetWeaver デプロイを保護するベスト プラクティス、サポートされるシナリオと構成、テスト フェールオーバー (ディザスター リカバリー ドリル) と実際のフェールオーバーという両方のフェールオーバーを実行する方法について説明します。This article covers the best practices for protecting a three-tier SAP NetWeaver deployment on Azure by replicating to another Azure datacenter using Azure Site Recovery, the supported scenarios and configurations, and how to perform failovers, both test failovers (disaster recovery drills) and actual failovers.

前提条件Prerequisites

開始する前に、以下を理解していることを確認してください。Before you start, make sure you understand the following:

  1. Azure への仮想マシンのレプリケートReplicating a virtual machine to Azure
  2. 復旧ネットワークの設計方法How to design a recovery network
  3. Azure へのテスト フェールオーバーの実行Doing a test failover to Azure
  4. Azure へのフェールオーバーの実行Doing a failover to Azure
  5. ドメイン コントローラーのレプリケート方法How to replicate a domain controller
  6. SQL Server のレプリケート方法How to replicate SQL Server

サポートされるシナリオSupported scenarios

Azure Site Recovery を使用すると、次のシナリオに適したディザスター リカバリー ソリューションを実装できます。With Azure Site Recovery you can implement a disaster recovery solution for the following scenarios:

  • ある Azure データ セットで実行されている SAP システムを、別の Azure データセンターにレプリケートします (Azure 間の DR)。構成方法はこちらです。SAP systems running in one Azure datacenter replicating to another Azure datacenter (Azure-to-Azure DR), as architected here.
  • VMware (または物理) サーバー上で実行されている SAP システムを、Azure データセンター内の DR サイトにレプリケートします (VMware から Azure への DR)。こちらの構成方法のように、いくつかの追加コンポーネントが必要です。SAP systems running on VMWare (or Physical) servers on-premises replicating to a DR site in an Azure datacenter (VMware-to-Azure DR), which requires some additional components as architected here.
  • オンプレミスの Hyper-V 上で実行されている SAP システムを、Azure データセンター内の DR サイトにレプリケートします (Hyper-V から Azure への DR)。こちらの構成方法のように、いくつかの追加コンポーネントが必要です。SAP systems running on Hyper-V on-premises replicating to a DR site in an Azure datacenter (Hyper-V-to-Azure DR), which requires some additional components as architected here.

このドキュメントでは、1 つ目の Azure 間の DR の場合を使用し、Azure Site Recovery の SAP ディザスター リカバリー機能について説明します。This document uses the first case - Azure-to-Azure DR - to demonstrate Azure Site Recovery's SAP disaster recovery capabilities. Azure Site Recovery のレプリケーションはアプリケーションに依存していないため、ここで説明するプロセスは、他のシナリオにも有効であると見込まれます。As Azure Site Recovery replication is application agnostic, the process described is expected to hold for other scenarios as well.

必要な基礎サービスRequired foundation services

このドキュメントでは、次の基礎サービスがすべてデプロイ済みであるというシナリオです。This documentation scenario all been deployed with the following foundation services deployed:

  • ExpressRoute またはサイト間仮想プライベート ネットワーク (VPN)ExpressRoute or Site-to-Site Virtual Private Network (VPN)
  • Azure で実行されている少なくとも 1 つの Active Directory ドメイン コントローラーと DNS サーバーAt least one Active Directory Domain Controller and DNS server running in Azure

上記のインフラストラクチャは、Azure Site Recovery にデプロイする前に確立することをお勧めします。It is recommended that the infrastructure above is established prior to deploying Azure Site Recovery.

一般的な SAP アプリケーションの展開Typical SAP application deployment

大規模な SAP 環境の場合、通常は 6 から 20 個の SAP アプリケーションをデプロイします。Large SAP customers usually deploy between 6 to 20 individual SAP applications. このようなアプリケーションのほとんどは、SAP NetWeaver ABAP または Java エンジンに基づいています。Most of these applications are based on the SAP NetWeaver ABAP or Java engines. これらのコア NetWeaver アプリケーションをサポートしているのは、小規模な固有の NetWeaver SAP ではない多数のスタンドアロン エンジンと、通常は SAP ではないいくつかのアプリケーションです。Supporting these core NetWeaver applications are many smaller specific non-NetWeaver SAP standalone engines and typically some non-SAP applications.

環境内で実行されているすべての SAP アプリケーションのインベントリを作成し、デプロイ モード (2 層または 3 層)、バージョン、パッチ、サイズ、チャーン レート、ディスク永続化の要件を決定することが重要です。It is critical to inventory all the SAP applications running in a landscape and to determine the deployment mode (either 2-tier or 3-tier), versions, patches, sizes, churn rates, and disk persistence requirements.

デプロイ パターン

SAP データベースの永続化層は、SQL Server AlwaysOn、Oracle DataGuard、HANA System Replication などのネイティブ DBMS ツールで保護する必要があります。The SAP Database persistence layer should be protected via the native DBMS tools such as SQL Server AlwaysOn, Oracle DataGuard, or HANA System Replication. Azure Site Recovery ではクライアント層も保護されませんが、DNS への反映の遅延、セキュリティ、DR データセンターのセキュリティとリモート アクセスなど、この層に影響するトピックを検討することが重要です。The client layer is also not protected by Azure Site Recovery, but it is important to consider topics that impact this layer such as DNS Propagation delay, security and remote access to the DR datacenter.

Azure Site Recovery は、(A)SCS などのアプリケーション レイヤーに推奨されるソリューションです。Azure Site Recovery is the recommended solution for the application layer, including (A)SCS. NetWeaver ではない SAP アプリケーションや、SAP ではないアプリケーションなど、他のアプリケーションが SAP デプロイ全体の一部を構成しているため、Azure Site Recovery で保護する必要があります。Other applications such as non-NetWeaver SAP applications and non-SAP applications form part of the overall SAP deployment environment and should also be protected with Azure Site Recovery.

仮想マシンのレプリケートReplicate virtual machines

このガイダンスに従って、すべての SAP アプリケーション仮想マシンを Azure DR データセンターに移行します。Follow this guidance to start replicating all the SAP application virtual machines to the Azure DR datacenter.

静的 IP を使用している場合は、[コンピューティングとネットワーク] 設定の [ネットワーク インターフェイス カード] セクションで、対象の仮想マシンの IP を指定できます。If you are using a static IP, you can specify the IP that you want the virtual machine to take in the Network interface cards section in Compute and Network settings.

[ターゲット IP]

復旧計画の作成Creating a recovery plan

復旧計画では、多層アプリケーションのさまざまな階層のフェールオーバーをシーケンス処理できるため、アプリケーションの整合性が維持されます。A recovery plan allows sequencing the failover of various tiers in a multi-tier application, hence, maintaining application consistency. こちらの手順に従って、多層 Web アプリケーションの復旧計画を作成します。Follow the steps described here while creating a recovery plan for a multi-tier web application.

復旧計画へのスクリプトの追加Adding scripts to the recovery plan

フェールオーバーまたはテスト フェールオーバーの後にアプリケーションが正常に機能するように、Azure の仮想マシンに対して操作を実行することが必要な場合があります。You may need to do some operations on the Azure virtual machines post failover/test failover for your applications to function correctly. DNS エントリの更新、バインドと接続の変更などのフェールオーバー後の操作は、この記事の説明に従って、対応するスクリプトを復旧計画に追加することで自動化できます。You can automate the post failover operation such as updating DNS entry, and changing bindings and connections, by adding corresponding scripts in the recovery plan as described in this article.

DNS の更新DNS update

動的 DNS 更新用に DNS が構成されている場合は、通常、仮想マシンの起動後に、新しい IP で DNS を更新します。If the DNS is configured for dynamic DNS update, then virtual machines usually update the DNS with the new IP once they start. 仮想マシンの新しい IP で DNS を更新する明示的な手順を追加する場合、この DNS の IP を更新するスクリプトを復旧計画グループの事後アクションとして追加します。If you want to add an explicit step to update DNS with the new IPs of the virtual machines then add this script to update IP in DNS as a post action on recovery plan groups.

Azure 間のデプロイ例Example Azure-to-Azure deployment

以下の図は、Azure Site Recovery の Azure 間の DR シナリオを示しています。In the diagram below the Azure Site Recovery Azure-to-Azure DR scenario is depicted:

  • プライマリ データセンターはシンガポール (Azure 南東アジア) にあり、DR データセンターは香港 (Azure 東アジア) にあります。The Primary Datacenter is in Singapore (Azure South-East Asia) and the DR datacenter is Hong Kong (Azure East Asia). このシナリオでは、シンガポールに同期モードの SQL Server AlwaysOn を実行している 2 つの VM をデプロイすることで、ローカルの高可用性を実現しています。In this scenario, local High Availability is provided by having two VMs running SQL Server AlwaysOn in Synchronous mode in Singapore.
  • ファイル共有 ASCS は、SAP の単一障害点で高可用性を実現するために使用できます。The File Share ASCS can be used to provide HA for the SAP single points of failure. ファイル共有 ASCS の場合、クラスター共有ディスクと、SIOS などのアプリケーションは不要です。File Share ASCS does not require a cluster shared disk, and applications such as SIOS are not required.
  • DBMS 層の DR 保護は、非同期レプリケーションを使用して達成されます。DR protection for the DBMS layer is achieved using Asynchronous replication.
  • このシナリオは、"対称 DR" を示しています。対称 DR という用語は、運用環境の完全なレプリカである DR ソリューションを説明するときに使用されます。そのため、DR SQL Server ソリューションにはローカルの高可用性があります。This scenario shows “symmetrical DR” – a term used to describe a DR solution that is an exact replica of production, therefore the DR SQL Server solution has local High Availability. データベース層で対称 DR の使用は必須ではないため、多くのお客様は、クラウド デプロイの柔軟さを利用して、DR イベント後すぐにローカル 高可用ノードを構築します。The use of symmetrical DR is not mandatory for the Database layer, and many customers leverage the flexibility of cloud deployments to build a local High Availability Node quickly after a DR event.
  • 次の図は、Azure Site Recovery でレプリケートされる SAP NetWeaver ASCS およびアプリケーション サーバー層を示しています。The diagram depicts the SAP NetWeaver ASCS and Application server layer replicated by Azure Site Recovery.

レプリケーション シナリオ

テスト フェールオーバーの実行Doing a test failover

このガイダンスに従って、テスト フェールオーバーを実行します。Follow this guidance to do a test failover.

  1. Azure Portal に移動し、Recovery Service コンテナーを選択します。Go to Azure portal and select your Recovery Services vault.
  2. SAP アプリケーション用に作成した復旧計画をクリックします。Click on the recovery plan created for SAP applications(s).
  3. [テスト フェールオーバー] をクリックします。Click on 'Test Failover'.
  4. テスト フェールオーバー プロセスを開始する復旧ポイントと Azure 仮想ネットワークを選択します。Select recovery point and Azure virtual network to start the test failover process.
  5. セカンダリ環境が立ち上がったら、検証を行うことができます。Once the secondary environment is up, you can perform your validations.
  6. 検証が完了したら、[テスト フェールオーバーのクリーンアップ] をクリックし、フェールオーバー環境をクリーンアップします。Once the validations are complete, click on ‘Cleanup test failover’ and to clean the failover environment.

フェールオーバーの実行Doing a failover

このガイダンスに従って、フェールオーバーを実行します。Follow this guidance when you are doing a failover.

  1. Azure Portal に移動し、Recovery Service コンテナーを選択します。Go to Azure portal and select your Recovery Services vault.
  2. SAP アプリケーション用に作成した復旧計画をクリックします。Click on the recovery plan created for SAP application(s).
  3. [フェールオーバー] をクリックします。Click on 'Failover'.
  4. フェールオーバー プロセスを開始する復旧ポイントを選択します。Select recovery point to start the failover process.

次の手順Next steps

Azure Site Recovery を使用して、SAP NetWeaver デプロイ用のディザスター リカバリー ソリューションを構築する方法については、こちらのホワイトペーパーを参照してください。Learn more about building a disaster recovery solution for SAP NetWeaver deployments using Azure Site Recovery in this whitepaper. このホワイトペーパーでは、さまざまな SAP アプリケーションに関する推奨事項、Azure 上の SAP でサポートされるアプリケーションと VM の種類、ディザスター リカバリー ソリューションに適したテスト計画についても説明しています。The whitepaper also discusses recommendations for different SAP architectures, lists supported applications and VM types for SAP on Azure, and describes possible testing plans for your disaster recovery solution.

Site Recovery を使用した他のワークロードのレプリケートに関する記事を参照してください。Learn more about replicating other workloads using Site Recovery.