Site Recovery の最新情報What's new in Site Recovery

Azure Site Recovery サービスは、継続的に更新され、改善されています。The Azure Site Recovery service is updated and improved on an ongoing basis. 最新情報を入手し続ける助けになるように、この記事では、最新のリリース、新機能、および新しいコンテンツに関する情報を提供します。To help you stay up-to-date, this article provides you with information about the latest releases, new features, and new content. このページは定期的に更新されます。This page is updated on a regular basis.

Azure 更新プログラム チャネルで Site Recovery の更新通知をフォローし、サブスクライブすることができます。You can follow and subscribe to Site Recovery update notifications in the Azure updates channel.

サポートされる更新プログラムSupported updates

Site Recovery コンポーネントでは、N-4 バージョン (N は最新リリース バージョン) がサポートされています。For Site Recovery components, we support N-4 versions, where N is the latest released version. これらの概要を次の表に示します。These are summarized in the following table.

アップデートUpdate 統合セットアップUnified Setup 構成サーバー ovaConfiguration server ova モビリティ サービス エージェントMobility service agent Site Recovery プロバイダーSite Recovery Provider Recovery Services エージェントRecovery Services agent
ロールアップ 51Rollup 51 9.38.5761.19.38.5761.1 5.1.6400.05.1.6400.0 9.38.5761.19.38.5761.1 5.1.6400.05.1.6400.0 2.0.9193.02.0.9193.0
ロールアップ 50Rollup 50 9.37.5724.19.37.5724.1 5.1.6347.05.1.6347.0 9.37.5724.19.37.5724.1 5.1.6347.05.1.6347.0 2.0.9192.02.0.9192.0
ロールアップ 49Rollup 49 9.36.5696.19.36.5696.1 5.1.6315.05.1.6315.0 9.36.5696.19.36.5696.1 5.1.6315.05.1.6315.0 2.0.9188.02.0.9188.0
ロールアップ 48Rollup 48 9.35.5659.19.35.5659.1 5.1.6200.05.1.6200.0 9.35.5659.19.35.5659.1 5.1.6200.05.1.6200.0 2.0.9186.02.0.9186.0
ロールアップ 47Rollup 47 9.34.5634.19.34.5634.1 5.1.6100.05.1.6100.0 9.34.5634.19.34.5634.1 5.1.6100.05.1.6100.0 HyperV マシン - 2.0.9183.0HyperV Machines - 2.0.9183.0
VMware マシン - 2.0.9177.0VMware Machines - 2.0.9177.0

更新プログラムのインストールとサポートの詳細については、こちらを参照してください。Learn more about update installation and support.

更新プログラム (2020 年 10 月)Updates (October 2020)

更新プログラム ロールアップ 51Update rollup 51

更新プログラム ロールアップ 51 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 51 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements Mobility Service に対する新しい Linux のサポートを含む、ロールアップで詳細に説明されているいくつかの修正と改善。A number of fixes and improvements as detailed in the rollup, including new Linux support for the Mobility service.

更新プログラム (2020 年 9 月)Updates (September 2020)

更新プログラム ロールアップ 50Update rollup 50

更新プログラム ロールアップ 50 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 50 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements as detailed in the rollup.

更新プログラム (2020 年 8 月)Updates (August 2020)

ロールアップ 49Update rollup 49

更新プログラム ロールアップ 49 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 49 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements Mobility Service に対する新しい Linux のサポートを含む、ロールアップで詳細に説明されているいくつかの修正と改善。A number of fixes and improvements as detailed in the rollup, including new Linux support for the Mobility service.

更新 (2020 年 7 月)Updates (July 2020)

更新プログラム ロールアップ 48Update rollup 48

更新プログラム ロールアップ 48 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 48 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements as detailed in the rollup.

注意

更新プログラム ロールアップ 48 には、ADE を使用して暗号化された Linux マシンのレプリケーションを有効にするときの既知の問題があります。Update rollup 48 has a known issue with enabling replication for Linux machines encrypted using ADE. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

更新プログラム ロールアップ 47Update rollup 47

更新プログラム ロールアップ 47 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 47 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements as detailed in the rollup.

更新プログラム (2020 年 6 月)Updates (June 2020)

更新プログラム ロールアップ 46Update rollup 46

更新プログラム ロールアップ 46 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 46 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements as detailed in the rollup.

更新プログラム (2020 年 3 月)Updates (March 2020)

更新プログラム ロールアップ 45Update rollup 45

更新プログラム ロールアップ 45 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 45 provides the following updates:

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers as detailed in the rollup.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements as detailed in the rollup.

更新プログラム (2020 年 1 月)Updates (January 2020)

更新プログラム ロールアップ 44Update rollup 44

更新プログラム ロールアップ 44 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 44 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のプロバイダーとエージェント向けの更新プログラムはありませんでした。There were no updates for the Site Recovery providers and agents.
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements as detailed in the rollup.

Azure VMware のディザスター リカバリーAzure VMware disaster recovery

Azure 仮想マシンで、お客様が管理するキーを使用した保存時の暗号化が可能な VM がサポートされるようになりました。Azure virtual machines now support VMs enable for encryption-at-rest with customer-managed keys. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

更新プログラム ロールアップ 43Update rollup 43

更新プログラム ロールアップ 43 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 43 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

更新プログラム (2019 年 11 月)Updates (November 2019)

更新プログラム ロールアップ 42Update rollup 42

更新プログラム ロールアップ 42 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 42 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。New features for Azure VM disaster recovery are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
UEFIUEFI Site Recovery では、UEFI ベースのブート アーキテクチャを使用した Azure VM のディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。Site Recovery now supports disaster recovery for Azure VMs with UEFI-based boot architecture.
LinuxLinux Site Recovery では、Azure Disk Encryption (ADE) を使用して Linux を実行する Azure VM がサポートされるようになりました。Site Recovery now supports Azure VMs running Linux with Azure Disk Encryption (ADE).
第 2 世代Generation 2 すべての第 2 世代 Azure VM でディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。All generation 2 Azure VMs are now supported for disaster recovery.
リージョンRegions ノルウェー geo 内の Azure VM に対してディザスター リカバリーを有効にできるようになりました。You can now enable disaster recovery for Azure VMs in the Norway geo.

VMware から Azure へのディザスター リカバリーVMware to Azure disaster recovery

VMware から Azure へのディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。New features for VMware to Azure disaster recovery are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
UEFIUEFI Site Recovery では、UEFI ベースのブート アーキテクチャを使用した VMware VM のディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。Site Recovery now supports disaster recovery for VMware VMs with UEFI-based boot architecture.

サポートされるオペレーティング システムには、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、SLES 12 SP4、RHEL 8 が含まれます。Supported operating systems include Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, SLES 12 SP4, RHEL 8.

サービス スタック更新プログラム/SHA-2の更新Update to servicing stack update/SHA-2

Azure VM からセカンダリ リージョンへのディザスター リカバリー、またはオンプレミスの VMware VM や物理サーバーから Azure へのディザスター リカバリーの場合は、次の点に注意してください。For disaster recovery of Azure VMs to a secondary region, or on-premises VMware VMs or physical servers to Azure, note the following:

  • バージョン 9.30.5407.1 のモビリティ サービス拡張機能 (Azure VM の場合) およびモビリティ サービス エージェント (VMware/物理マシンの場合) 以降、一部のコンピューター オペレーティング システムではサービス スタック更新プログラムと SHA-2 が実行されている必要があります。From version 9.30.5407.1 of the Mobility service extension (for Azure VMs), and Mobility service agent (for VMware/physical machines), some machine operating systems must be running the servicing stack update and SHA-2. 詳細については、次の表を参照してください。Details are shown in the table below.
  • リンクされた KB に従って、更新プログラムと SHA-2 をインストールします。Install the update and SHA-2 in accordance with the linked KB. SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。SHA-1 isn't supported from September 2019, and if SHA-2 code signing isn't enabled the agent extension won't install/upgrade as expected.
  • SHA-2 のアップグレードと要件についての詳細は、こちらでご確認ください。Learn more about SHA-2 upgrade and requirements.
オペレーティング システムOperating system Azure VMAzure VM VMware VM/物理マシンVMware VM/physical machine
Windows 2008 R2 SP1Windows 2008 R2 SP1 サービス スタック更新プログラムServicing stack update
SHA-2SHA-2
サービス スタック更新プログラムServicing stack update
SHA-2SHA-2
Windows 2008 SP2Windows 2008 SP2 サービス スタック更新プログラムServicing stack update
SHA-2SHA-2
サービス スタック更新プログラムServicing stack update
SHA-2SHA-2
Windows 7 SP1Windows 7 SP1 サービス スタック更新プログラムServicing stack update
SHA-2SHA-2
サービス スタック更新プログラムServicing stack update
SHA-2SHA-2.

更新プログラム (2019 年 10 月)Updates (October 2019)

更新プログラム ロールアップ 41Update rollup 41

更新プログラム ロールアップ 41 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 41 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。New features for Azure VM disaster recovery are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
テスト フェールオーバーの設定Test failover settings テスト フェールオーバーを設定するときに、テスト フェールオーバー VM とネットワークの設定を構成できるようになりました。これには、IP アドレス、NSG、内部負荷分散、および各マシン NIC のパブリック IP アドレスが含まれます。When setting up a test failover, you can now configure settings for the test failover VM and network, including IP address, NSG, internal load balance, and the public IP address for each machine NIC. これらの設定は省略可能であり、現在の動作は変更されません。These settings are optional and don't change current behavior. これらの設定を構成しない場合は、テスト フェールオーバー時に Azure VNet を選択できます。If you don't configure these settings, you can choose an Azure VNet at the time of test failover. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.
復旧計画Recovery plans 復旧計画は、フェールオーバーの信頼性を確保するために、100 VM に制限されるようになりました。Recovery plans are now limited to 100 VMs, to ensure failover reliability.

VMware から Azure へのディザスター リカバリーVMware to Azure disaster recovery

VMware から Azure へのディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。New features for VMware to Azure disaster recovery are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
復旧計画Recovery plans 復旧計画は、フェールオーバーの信頼性を確保するために、100 VM に制限されるようになりました。Recovery plans are now limited to 100 VMs, to ensure failover reliability.

更新プログラム (2019 年 9 月)Updates (September 2019)

更新プログラム ロールアップ 40Update rollup 40

更新プログラム ロールアップ 40 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 40 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。New features for Azure VM disaster recovery are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
フェールバック後のクリーンアップCleanup after failback セカンダリ Azure にフェールオーバーしてから、プライマリ リージョンにフェールバックした後、Site Recovery ではセカンダリ リージョンのマシンが自動的にクリーンアップされます。After failing over to the secondary Azure, and then failing back to the primary region, Site Recovery automatically cleans up machines in the secondary region. VM と NIC を手動で削除する必要はありません。There's no need to manually delete VMs and NICs.
テスト フェールオーバーでの IP アドレスの保持Test failover retains IP address ディザスター リカバリーの訓練中にソース VM の IP アドレスを保持し、テスト フェールオーバーの静的 IP アドレスを選択できるようになりました。You can now retain the IP address of the source VM during a disaster recovery drill, and pick a static IP address for a test failover.

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
新しいプロセス サーバー アラートNew process server alerts 新しいプロセス サーバー アラートを追加しました。We've added new process server alerts. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

Hyper-V のディザスター リカバリーHyper-V disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
ストレージ アカウントStorage account Site Recovery では、Hyper-V から Azure へのディザスター リカバリーに対してファイアウォールが有効になっている、ストレージ アカウントの使用をサポートするようになりました。Site Recovery now supports the use of storage accounts with firewall enabled for Hyper-V to Azure disaster recovery. ターゲット アカウントとして、またはキャッシュ ストレージに対して、ファイアウォールが有効なストレージ アカウントを選択できます。You can select firewall-enabled storage accounts as a target account, or for cache storage. ファイアウォールが有効なアカウントを使用している場合は必ず、[信頼された Microsoft サービスを許可] オプションを有効にしてください。If you use firewall-enabled account, make sure that you enable the option to allow trusted Microsoft services.

これは、System Center VMM の有無にかかわらず、Hyper-V VM でサポートされています。This is supported for Hyper-V VMs with or without System Center VMM.

更新プログラム (2019 年 8 月)Updates (August 2019)

更新プログラム ロールアップ 39Update rollup 39

更新プログラム ロールアップ 39 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 39 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。New features for Azure VM disaster recovery are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Azure AD を使用しない暗号化Encryption without Azure AD Windows を実行しているマネージド ディスクへの Azure VM レプリケーションで、Azure AD アプリを使用しない暗号化がサポートされるようになりました。Encryption without an Azure AD app is now supported for Azure VM replication to managed disks running Windows.
フェールオーバー用のネットワーク リソースNetwork resources for failover 別のリージョンにフェールオーバーするときに、ネットワーク リソースの設定 (NSG、負荷分散、パブリック IP アドレス) を VM に接続できるようになりました。When failing over to another region, you can now attach network resource settings (NSGs, load balancing, public IP address) to a VM.

更新 (2019 年 7 月)Updates (July 2019)

更新プログラム ロールアップ 38Update rollup 38

更新プログラム ロールアップ 38 では、以下の更新が提供されます。Update rollup 38 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

全般General

Site Recovery では、キャッシュ ストレージまたはターゲット ストレージで汎用 v2 ストレージ アカウントの使用がサポートされるようになりました。Site Recovery now supports the use of general purpose v2 storage accounts for cache storage or target storage. 以前は v1 のみがサポートされていました。Previously only v1 was supported.

VMware から Azure へのディザスター リカバリーVMware to Azure disaster recovery

マネージド ディスクがある Azure VM へのレプリケートで、最大 8 TB のディスクをレプリケートできるようになりました。You can now replicate disks up to 8 TB, when replicating to an Azure VM with managed disks.

更新プログラム (2019年 6 月)Updates (June 2019)

更新プログラム ロールアップ 37Update rollup 37

更新プログラム ロールアップ 37 では、次の更新プログラムが提供されます。Update rollup 37 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)Updates to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
GPT パーティションGPT partitions 更新プログラム ロールアップ 37 以降 (モビリティ サービス バージョン 9.25.5241.1) では、UEFI で最大 5 つの GPT パーティションがサポートされます。From Update Rollup 37 onwards (Mobility service version 9.25.5241.1), up to five GPT partitions are supported in UEFI. この更新プログラム以前は、4 つサポートされていました。Prior to this update, four were supported.

更新プログラム (2019 年 5 月)Updates (May 2019)

更新プログラム ロールアップ 36Update rollup 36

更新プログラム ロールアップ 36 では、次の更新プログラムが提供されます。Update rollup 36 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
追加されたディスクのレプリケートReplicate added disks 既にディザスター リカバリーが有効になっている Azure VM に追加されたデータ ディスクのレプリケーションを有効にします。Enable replication for data disks added to an Azure VM that's already enabled for disaster recovery. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.
自動更新Automatic updates ディザスター リカバリーが有効になっている Azure VM で実行されるモビリティ サービス拡張機能の自動更新を構成するときに、Site Recovery によって作成される既定のアカウントを使用する代わりに、既存の Automation アカウントを選択できるようになりました。When configuring automatic updates for the Mobility service extension that runs on Azure VMs enabled for disaster recovery, you can now select an existing automation account to use, instead of using the default account created by Site Recovery. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
プロセス サーバーの監視Process server monitoring オンプレミスの VMware VM と物理サーバーのディザスター リカバリーについて、強化されたサーバー正常性レポートおよびアラート機能により、プロセス サーバーの問題を監視してトラブルシューティングします。For disaster recovery of on-premises VMware VMs and physical servers, monitor and troubleshoot process server issues with improved server health reporting and alerts. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

更新プログラム (2019 年 3 月)Updates (March 2019)

更新プログラム ロールアップ 35Update rollup 35

更新プログラム ロールアップ 35 では、次の更新プログラムが提供されます。Update rollup 35 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup)
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup)

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
マネージド ディスクManaged disks オンプレミスの VMware VM および物理サーバーが、Azure のマネージド ディスクに直接レプリケートされるようになりました。Replication of on-premises VMware VMs and physical servers is now directly to managed disks in Azure. オンプレミス データは Azure のキャッシュ ストレージ アカウントに送信され、復旧ポイントはターゲットの場所のマネージド ディスクで作成されます。On-premises data is sent to a cache storage account in Azure, and recovery points are created in managed disks in the target location. これにより、複数のターゲット ストレージ アカウントを管理する必要がなくなります。This ensures you don't need to manage multiple target storage accounts.
構成サーバーConfiguration server Site Recovery で、複数の NIC がある構成サーバーがサポートされるようになりました。Site Recovery now supports configuration servers with multiple NICs. コンテナーに構成サーバーを登録する前に、構成サーバー VM にさらにアダプターを追加してください。Add additional adapters to the configuration server VM before you register the configuration server in the vault. 後で追加する場合は、サーバーをコンテナーに再登録する必要があります。If you add afterwards, you need to re-register the server in the vault.

更新プログラム (2019 年 2 月)Updates (February 2019)

更新プログラム ロールアップ 34Update rollup 34

更新プログラム ロールアップ 34 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 34 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

更新プログラム ロールアップ 33Update rollup 33

更新プログラム ロールアップ 33 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 33 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
ネットワーク マッピングNetwork mapping Azure VM ディザスター リカバリーで、レプリケーションを有効にすると、利用可能な任意のターゲット ネットワークを使用できるようになりました。For Azure VM disaster recovery, you can now use any available target network when you enable replication.
Standard SSDStandard SSD Standard SSD ディスクを使用して Azure VM のディザスター リカバリーを設定できるようになりました。You can now set up disaster recovery for Azure VMs using Standard SSD disks.
記憶域スペース ダイレクトStorage Spaces Direct Azure VM アプリで実行されるアプリのディザスター リカバリーを、高可用性を実現するために記憶域スペース ダイレクトを使用して設定できるようになりました。You can set up disaster recovery for apps running on Azure VM apps by using Storage Spaces Direct for high availability. Site Recovery と共に記憶域スペース ダイレクト (S2D) を使用することで、Azure VM ワークロードを包括的に保護することができます。Using Storage Spaces Direct (S2D) together with Site Recovery provides comprehensive protection of Azure VM workloads. S2D では、Azure でゲスト クラスターをホストすることができます。S2D lets you host a guest cluster in Azure. これは特に、SAP ASCS レイヤー、SQL Server、スケールアウト ファイル サーバーなど、重要なアプリケーションを VM でホストするときに便利です。This is especially useful when a VM hosts a critical application, such as SAP ASCS layer, SQL Server, or scale-out file server.

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux BRTFS ファイル システムLinux BRTFS file system Site Recovery では、BRTFS ファイル システムでの VMware VM のレプリケーションがサポートされるようになりました。Site Recovery now supports replication of VMware VMs with the BRTFS file system. 次のような場合、レプリケーションはサポートされません。Replication isn't supported if:

- レプリケーションを有効にした後、BTRFS ファイル システムのサブボリュームが変更されている。- The BTRFS file system sub-volume is changed after enabling replication.

- ファイル システムが複数のディスクに分散されている。- The file system is spread over multiple disks.

- BTRFS ファイル システムで RAID がサポートされている。- The BTRFS file system supports RAID.
Windows Server 2019Windows Server 2019 Windows Server 2019 を実行しているコンピューターのサポートが追加されました。Support added for machines running Windows Server 2019.

更新プログラム (2019 年 1 月)Updates (January 2019)

高速ネットワーク (Azure VM)Accelerated networking (Azure VMs)

高速ネットワークによって、VM へのシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) が可能になり、ネットワークのパフォーマンスが向上します。Accelerated networking enables single root I/O virtualization (SR-IOV) to a VM, improving networking performance. Azure VM のレプリケーションを有効にすると、Site Recovery は、高速ネットワークが有効になっているかどうかを検出します。When you enable replication for an Azure VM, Site Recovery detects whether accelerated networking is enabled. 有効な場合はフェールオーバー後に、WindowsLinux の両方について、Site Recovery によってターゲットのレプリカ Azure VM 上に高速ネットワークが自動的に構成されます。If it is, after failover Site Recovery automatically configures accelerated networking on the target replica Azure VM, for both Windows and Linux.

詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

更新プログラム ロールアップ 32Update rollup 32

更新プログラム ロールアップ 32 では、次の更新プログラムが提供されます。Update rollup 32 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support RedHat Workstation 6/7、および Ubuntu、Debian、SUSE 用の新しいカーネル バージョンのサポートが追加されました。Support was added for RedHat Workstation 6/7, and new kernel versions for Ubuntu, Debian, and SUSE.
記憶域スペース ダイレクトStorage Spaces Direct Site Recovery では、記憶域スペース ダイレクト (S2D) を使用する Azure VM がサポートされます。Site Recovery supports Azure VMs using Storage Spaces Direct (S2D).

VMware VM/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware VMs/physical servers disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support Redhat Enterprise Linux 7.6、RedHat Workstation 6/7、Oracle Linux 6.10、および Oracle Linux 7.6 と、Ubuntu、Debian、SUSE 用の新しいカーネル バージョンに対するサポートが追加されました。Support was added for Redhat Enterprise Linux 7.6, RedHat Workstation 6/7, Oracle Linux 6.10 and Oracle Linux 7.6, and new kernel versions for Ubuntu, Debian, and SUSE.

更新プログラム ロールアップ 31Update rollup 31

更新プログラム ロールアップ 31 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 31 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

VMware VM/物理サーバーのレプリケーションVMware VMs/physical servers replication

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support Red Hat 互換カーネルを使用する Oracle Linux 6.8、Oracle Linux 6.9、および Oracle Linux 7.0 と、Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) リリース 5 に対するサポートが追加されました。Support was added for Oracle Linux 6.8, Oracle Linux 6.9 and Oracle Linux 7.0 with the Red Hat Compatible Kernel, and for the Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) Release 5.
LVMLVM LVM ボリュームと LVM2 ボリュームのサポートが追加されました。Support added for LVM and LVM2 volumes.

ディスク パーティションや LVM ボリューム上の /boot ディレクトリがサポートされるようになりました。The /boot directory on a disk partition and on LVM volumes is now supported.
DirectoriesDirectories 個別のパーティション、または同一のシステム ディスク上にないファイル システムとして設定された以下のディレクトリのサポートが追加されました。Support was added for these directories set up as separate partitions, or file systems that aren't on the same system disk:

/(ルート)、/boot、/usr、/usr/local、/var、/etc/(root), /boot, /usr, /usr/local, /var, /etc.
Windows Server 2008Windows Server 2008 ダイナミック ディスクのサポートが追加されました。Support added for dynamic disks.
[フェールオーバー]Failover storvsc と vsbus がブート ドライバーではない VMware VM のフェールオーバー時間が改善されました。Improved failover time for VMware VMs where storvsc and vsbus aren't boot drivers.
UEFI のサポートUEFI support Azure VM は UEFI というブートの種類をサポートしていません。Azure VMs don't support boot type UEFI. UEFI が設定されたオンプレミスの物理サーバーを、Site Recovery を使用して Azure に移行できるようになりました。You can now migrate on-premises physical servers with UEFI to Azure with Site Recovery. Site Recovery は、移行の前にブートの種類を BIOS に変換することにより、このようなサーバーを移行します。Site Recovery migrates the server by converting the boot type to BIOS before migration. Site Recovery では、以前は、VM の場合のみこの変換をサポートしていました。Site Recovery previously supported this conversion for VMs only. 現在は、Windows Server 2012 移行を実行する物理サーバーもサポートされています。Support is available for physical servers running Windows Server 2012 or later.

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support Red Hat 互換カーネルを使用する Oracle Linux 6.8、Oracle Linux 6.9、および Oracle Linux 7.0 と、Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) リリース 5 に対するサポートが追加されました。Support was added for Oracle Linux 6.8, Oracle Linux 6.9 and Oracle Linux 7.0 with the Red Hat Compatible Kernel, and for the Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) Release 5.
Linux BRTFS ファイル システムLinux BRTFS file system Azure VM でサポートされるようになりました。Supported for Azure VMs.
可用性ゾーンにある Azure VMAzure VMs in availability zones 可用性ゾーンにデプロイされた Azure VM の別のリージョンへのレプリケーションを有効にできます。You can enable replication to another region for Azure VMs deployed in availability zones. Azure VM のレプリケーションを有効にして、フェールオーバーのターゲットを、1 つの VM インスタンス、可用性セット内の VM、または可用性ゾーン内の VM に設定できるようになりました。You can now enable replication for an Azure VM, and set the target for failover to a single VM instance, a VM in an availability set, or a VM in an availability zone. この設定は、レプリケーションに影響を与えません。The setting doesn't impact replication. お知らせを読むRead the announcement.
ファイアウォールが有効なストレージ (ポータル/PowerShell)Firewall-enabled storage (portal/PowerShell) ファイアウォールが有効なストレージ アカウントのサポートが追加されました。Support added for firewall-enabled storage accounts.

ファイアウォールが有効なストレージ アカウント上のアンマネージド ディスクを持つ Azure VM を、ディザスター リカバリーのために別の Azure リージョンにレプリケートできます。You can replicate Azure VMs with unmanaged disks on firewall-enabled storage accounts to another Azure region for disaster recovery.

ファイアウォールが有効なストレージ アカウントを、アンマネージド ディスクのターゲット ストレージ アカウントとして使用できます。You can use firewall-enabled storage accounts as target storage accounts for unmanaged disks.

ポータルでサポートされ、PowerShell の使用がサポートされます。Supported in portal and using PowerShell.

更新プログラム (2018 年 12 月)Updates (December 2018)

モビリティ サービスの自動更新 (Azure VM)Automatic updates for the Mobility service (Azure VMs)

Site Recovery では、モビリティ サービス拡張機能に対する自動更新のオプションが追加されました。Site Recovery added an option for automatic updates to the Mobility service extension. モビリティ サービス拡張機能は、Site Recovery によってレプリケートされる各 Azure VM にインストールされます。The Mobility service extension is installed on each Azure VM replicated by Site Recovery. レプリケーションを有効にするときには、拡張機能に対する更新の管理を Site Recovery に許可するかどうかを選択します。When you enable replication, you select whether to allow Site Recovery to manage updates to the extension.

更新では VM の再起動は必要とされず、レプリケーションに影響はありません。Updates don't require a VM restart, and don't affect replication. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

Azure VM ディザスター リカバリー用の料金計算ツールPricing calculator for Azure VM disaster recovery

Azure VM のディザスター リカバリーでは、VM のライセンス コストのほか、ネットワークとストレージのコストが発生します。Disaster Recovery of Azure VMs incurs VM licensing costs, and network and storage costs. Azure では、これらのコストの把握に役立つ料金計算ツールを提供しています。Azure provides a pricing calculator to help you figure out these costs. Site Recovery では、6 個の VM、12 個の Standard HDD ディスク、6 個の Premium SSD ディスクを使用する 3 層アプリに基づいたサンプル デプロイに値段を付ける、価格見積もりの例が提供されるようになりました。Site Recovery now provides an example pricing estimate that prices a sample deployment based on a three-tier app using six VMs with 12 Standard HDD disks and 6 Premium SSD disks.

  • このサンプルでは、1 日に Standard では 10 GB、Premium では 20 GB のデータ変更を想定しています。The sample presumes a data change of 10 GB a day for standard, and 20 GB for premium.
  • 特定のデプロイについては、変数を変更してコストを見積もることができます。For your particular deployment, you can change the variables to estimate costs.
  • VM の数、マネージド ディスクの数と種類、VM 全体で予想される総データ変更率を指定します。You can specify the number of VMs, the number and type of managed disks, and the expected total data change rate expected across the VMs.
  • さらに、帯域幅コストを見積もるための圧縮率を適用できます。Additionally, you can apply a compression factor to estimate bandwidth costs.

お知らせを読むRead the announcement.

更新プログラム (2018 年 10 月)Updates (October 2018)

更新プログラム ロールアップ 30Update rollup 30

更新プログラム ロールアップ 30 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 30 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
リージョンのサポートRegion support オーストラリア中部 1 およびオーストラリア中部 2 で Site Recovery のサポートが追加されました。Site Recovery support added for Australia Central 1 and Australia Central 2.
ディスク暗号化のサポートSupport for disk encryption Azure AD アプリを使用した、Azure Disk Encryption (ADE) で暗号化された Azure VM のディザスター リカバリーのサポートが追加されました。Support added for disaster recovery of Azure VMs encrypted with Azure Disk Encryption (ADE) with the Azure AD app. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.
ディスクの除外Disk exclusion 初期化されていないディスクが、Azure VM のレプリケーション中に自動的に除外されるようになりました。Uninitialized disks are now automatically excluded during Azure VM replication.
ファイアウォールが有効なストレージ (PowerShell)Firewall-enabled storage (PowerShell) ファイアウォールが有効なストレージ アカウントのサポートが追加されました。Support added for firewall-enabled storage accounts.

ファイアウォールが有効なストレージ アカウント上のアンマネージド ディスクを持つ Azure VM を、ディザスター リカバリーのために別の Azure リージョンにレプリケートできます。You can replicate Azure VMs with unmanaged disks on firewall-enabled storage accounts to another Azure region for disaster recovery.

ファイアウォールが有効なストレージ アカウントを、アンマネージド ディスクのターゲット ストレージ アカウントとして使用できます。You can use firewall-enabled storage accounts as target storage accounts for unmanaged disks.

PowerShell のみの使用がサポートされるようになりました。Supported using PowerShell only.

更新プログラム ロールアップ 29Update rollup 29

更新プログラム ロールアップ 29 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 29 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

更新プログラム (2018 年 8 月)Updates (August 2018)

更新プログラム ロールアップ 28Update rollup 28

更新プログラム ロールアップ 28 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 28 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support RedHat Enterprise Linux 6.10; CentOS 6.10 のサポートが追加されました。Added supported for RedHat Enterprise Linux 6.10; CentOS 6.10.

クラウドのサポートCloud support ドイツのクラウドで Azure VM のディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。Supported disaster recovery for Azure VMs in the Germany cloud.
サブスクリプション間のディザスター リカバリーCross-subscription disaster recovery 同じ Azure Active Directory テナント内の異なるサブスクリプションで、別のリージョンに Azure VM をレプリケートすることがサポートされるようになりました。Support for replicating Azure VMs in one region to another region in a different subscription, within the same Azure Active Directory tenant. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

VMware VM/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware VM/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support RedHat Enterprise Linux 6.10、CentOS 6.10 のサポートが追加されました。Support added for RedHat Enterprise Linux 6.10, CentOS 6.10.

レガシ BIOS 互換モードで GUID パーティション テーブル (GPT) のパーティション スタイルを使用する Linux ベースの VM がサポートされるようになりました。Linux-based VMs that use the GUID partition table (GPT) partition style in legacy BIOS compatibility mode are now supported. 詳細については、Azure VM の FAQ を確認してください。Review the Azure VM FAQ for more information.
移行後の VM のディザスター リカバリーDisaster recovery for VMs after migration Azure に移行されたオンプレミスの VMware VM のセカンダリ リージョンへのディザスター リカバリーの有効化がサポートされます。レプリケーションを有効にする前に VM でモビリティ サービスをアンインストールする必要はありません。Support for enabling disaster recovery to a secondary region for an on-premises VMware VM migrated to Azure, without needing to uninstall the Mobility service on the VM before enabling replication.
Windows Server 2008Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2/2008 64 ビット版および 32 ビット版を実行するマシンの移行がサポートされるようになりました。Support for migrating machines running Windows Server 2008 R2/2008 64-bit and 32-bit.

移行のみ (レプリケーションとフェールオーバー)。Migration only (replication and failover). フェールバックはサポートされていません。Failback isn't supported.

更新プログラム (2018 年 7 月)Updates (July 2018)

更新プログラム ロールアップ 27 (2018 年 7 月)Update rollup 27 (July 2018)

更新プログラム ロールアップ 27 は次の更新プログラムを提供します。Update rollup 27 provides the following updates.

アップデートUpdate 詳細Details
プロバイダーおよびエージェントProviders and agents Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。An update to Site Recovery agents and providers (as detailed in the rollup).
問題の修正/改善点Issue fixes/improvements さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。A number of fixes and improvements (as detailed in the rollup).

Azure VM のディザスター リカバリーAzure VM disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support Red Hat Enterprise Linux 7.5 のサポートが追加されました。Support added for Red Hat Enterprise Linux 7.5.

VMware VM/物理サーバーのディザスター リカバリーVMware VM/physical server disaster recovery

今月追加された機能は、表にまとめられています。Features added this month are summarized in the table.

機能Feature 詳細Details
Linux のサポートLinux support Red Hat Enterprise Linux 7.5、SUSE Linux Enterprise Server 12 のサポートが追加されました。Support added for Red Hat Enterprise Linux 7.5, SUSE Linux Enterprise Server 12.

次のステップNext steps

Azure の更新情報に関するページで、更新プログラムの最新情報を常に把握してください。Keep up-to-date with our updates on the Azure Updates page.