Azure への VMware VM のレプリケーションを有効にするEnable replication to Azure for VMware VMs

この記事では、Azure へのオンプレミス VMware VM のレプリケーションを有効にする方法について説明します。This article describes how to enable replication of on-premises VMware VMs to Azure.

一般的な問題を解決Resolve common issues

  • 各ディスクは 4 TB より小さくなければなりません。Each disk should be smaller than 4 TB.
  • OS ディスクは、ダイナミック ディスクではなく、ベーシック ディスクである必要があります。The OS disk should be a basic disk, not a dynamic disk.
  • 第 2 世代/UEFI 対応仮想マシンでは、オペレーティング システム ファミリは Windows である必要があります。また、ブート ディスクは 300 GB より小さくなければなりません。For generation 2/UEFI-enabled virtual machines, the operating system family should be Windows, and the boot disk should be smaller than 300 GB.

前提条件Prerequisites

この記事では、以下のことを前提としています。This article assumes that you have:

開始する前にBefore you start

VMware 仮想マシンをレプリケートする場合、次の点に注意してください。When you're replicating VMware virtual machines, keep this information in mind:

  • Azure ユーザー アカウントには、新しい仮想マシンを Azure にレプリケートできるようにするための特定のアクセス許可が必要です。Your Azure user account needs to have certain permissions to enable replication of a new virtual machine to Azure.
  • VMware VM の検出は 15 分ごとに行われます。VMware VMs are discovered every 15 minutes. 検出後、VM が Azure portal に表示されるまで 15 分以上かかることがあります。It can take 15 minutes or longer for VMs to appear in the Azure portal after discovery. 同様に、新しい vCenter サーバーまたは vSphere ホストを追加したときも、検出に 15 分以上かかることがあります。Likewise, discovery can take 15 minutes or longer when you add a new vCenter server or vSphere host.
  • 仮想マシンの環境の変更 (VMware ツールのインストールなど) がポータルで更新されるまでには 15 分以上かかることがあります。It can take 15 minutes or longer for environment changes on the virtual machine (such as VMware tools installation) to be updated in the portal.
  • 次のようにして VMware VM の最終検出時刻を確認できます。 [構成サーバー] ページにある vCenter サーバー/vSphere ホストの [最後の使用] フィールドを確認します。You can check the last-discovered time for VMware VMs: See the Last Contact At field on the Configuration Servers page for the vCenter server/vSphere host.
  • 定期検出を待たずにレプリケートする仮想マシンを追加するには、構成サーバーを強調表示し (クリックしないでください)、 [更新] を選択します。To add virtual machines for replication without waiting for the scheduled discovery, highlight the configuration server (but don’t click it), and select Refresh.
  • レプリケーションを有効にした場合、仮想マシンの準備が完了すると、プロセス サーバーで Azure Site Recovery モビリティ サービスが自動的にインストールされます。When you enable replication, if the virtual machine is prepared, the process server automatically installs the Azure Site Recovery Mobility service on it.

レプリケーションを有効にするEnable replication

このセクションの手順を実行する前に、次の点に注意してください。Before you follow the steps in this section, note the following information:

  • Azure Site Recovery は、すべての新しいレプリケーションについてマネージド ディスクに直接レプリケートするようになりました。Azure Site Recovery now replicates directly to managed disks for all new replications. プロセス サーバーは、レプリケーション ログをターゲット リージョンのキャッシュ ストレージ アカウントに書き込みます。The process server writes replication logs to a cache storage account in the target region. これらのログは、asrseeddisk の名前付け規則を持つレプリカ マネージド ディスクの復旧ポイントを作成するために使用されます。These logs are used to create recovery points in replica managed disks that have naming convention of asrseeddisk.
  • マネージド ディスクへのレプリケーションに対する Powershell のサポートは、Az.RecoveryServices モジュール バージョン 2.0.0 以降に関するページから入手できます。Powershell support for replicating to managed disks is available from Az.RecoveryServices module version 2.0.0 onwards
  • フェールオーバー時には、選択された復旧ポイントを使用して、ターゲット マネージド ディスクが作成されます。At the time of failover, the recovery point that you select is used to create the target-managed disk.
  • ターゲット ストレージ アカウントにレプリケートするように構成済みの VM は影響を受けません。VMs that were previously configured to replicate to target storage accounts aren't affected.
  • 新しい仮想マシンのストレージ アカウントへのレプリケーションは、Representational State Transfer (REST) API および Powershell を使用した場合にのみ実行できます。Replication to storage accounts for a new virtual machine is only available via a Representational State Transfer (REST) API and Powershell. ストレージ アカウントにレプリケートする場合は、Azure REST API バージョン 2016-08-10 または 2018-01-10 を使用します。Use Azure REST API version 2016-08-10 or 2018-01-10 for replicating to storage accounts.

以下の手順に従って、レプリケーションを有効にしてください。Please follow below steps to Enable Replication:

  1. [手順 2:アプリケーションをレプリケートする] > [ソース] の順にクリックします。Go to Step 2: Replicate application > Source. レプリケーションを初めて有効にした後は、コンテナーで [+ レプリケート] を選択して、追加の仮想マシンのレプリケーションを有効にします。After you enable replication for the first time, select +Replicate in the vault to enable replication for additional virtual machines.
  2. [ソース] ページで [ソース] をクリックし、構成サーバーを選択します。In the Source page > Source, select the configuration server.
  3. [マシンの種類] で、 [仮想マシン] または [物理マシン] を選択します。For Machine type, select Virtual Machines or Physical Machines.
  4. [vCenter/vSphere Hypervisor] (vCenter/vSphere ハイパーバイザー) で、vSphere ホストを管理する vCenter サーバーを選択するか、ホストを選択します。In vCenter/vSphere Hypervisor, select the vCenter server that manages the vSphere host, or select the host. 物理コンピューターをレプリケートする場合、この設定は関係ありません。This setting isn't relevant if you're replicating physical computers.
  5. プロセス サーバーを選択します。Select the process server. サーバーによって作成された追加のプロセスがない場合は、ドロップダウンにおいて構成サーバーの組み込みのプロセス サーバーを利用できます。If there are no additional process servers created, inbuilt process server of configuration server will be available in the dropdown. 各プロセス サーバーの正常性状態が、推奨される制限とその他のパラメーターに従って示されます。Health status of each process server is indicated as per recommended limits and other parameters. 正常なプロセス サーバーを選択します。Choose a healthy process server. クリティカルであるプロセス サーバーは選択できません。A critical process server cannot be chosen. エラーをトラブルシューティングして解決するか、またはスケールアウト プロセス サーバーを設定できます。You can either troubleshoot and resolve the errors or set up a scale-out process server. [レプリケーションを有効にする] [ソース] ウィンドウEnable replication source window

注意

9.24 バージョン以降では、プロセス サーバーの正常性アラートを強化するために、追加のアラートが導入されています。From 9.24 versions, additional alerts are introduced to enhance the health alerts of process server. すべてのアラートが生成されるためには、Site Recovery コンポーネントを 9.24 バージョン以降にアップグレードします。Upgrade Site Recovery components to 9.24 versions or above for all alerts to be generated.

  1. [ターゲット] で、フェールオーバー対象の仮想マシンを作成するサブスクリプションとリソース グループを選択します。For Target, select the subscription and resource group where you want to create the failed-over virtual machines. フェールオーバーされた VM に対して Azure で使用するデプロイ モデルを選択します。Choose the deployment model that you want to use in Azure for the failed-over VMs.

  2. フェールオーバー後に Azure VM が接続する Azure ネットワークとサブネットを選択します。Select the Azure network and subnet that the Azure VMs will connect to after failover. ネットワークは、Site Recovery サービス コンテナーと同じリージョンにある必要があります。The network must be in the same region as the Site Recovery service vault.

    保護の対象として選択したすべての仮想マシンにネットワーク設定を適用する場合は、 [選択したマシン用に今すぐ構成します。] を選択します。Select Configure now for selected machines to apply the network setting to all virtual machines that you select for protection. 仮想マシンごとに Azure ネットワークを選択する場合は、 [後で構成する] を選択します。Select Configure later to select the Azure network per virtual machine. ネットワークがない場合は、作成する必要があります。If you don't have a network, you need to create one. Azure Resource Manager を使用してネットワークを作成する場合は、 [新規作成] を選択します。To create a network by using Azure Resource Manager, select Create new. 該当する場合は、サブネットを選択し、 [OK] を選択します。Select a subnet if applicable, and then select OK.

    [レプリケーションを有効にする] [ターゲット] ウィンドウ

  3. [Virtual Machines] > [仮想マシンの選択] で、レプリケートする各仮想マシンを選択します。For Virtual machines > Select virtual machines, select each virtual machine that you want to replicate. 選択できるのは、レプリケーションを有効にできる仮想マシンのみです。You can only select virtual machines for which replication can be enabled. [OK] をクリックします。Then select OK. 特定の仮想マシンを表示または選択できない場合は、「ソース マシンが Azure portal 内に表示されない」を参照して問題を解決してください。If you can't see or select any particular virtual machine, see Source machine isn't listed in the Azure portal to resolve the issue.

    [レプリケーションを有効にする] [仮想マシンの選択] ウィンドウ

  4. [プロパティ] > の [プロパティの構成] で、Site Recovery モビリティ サービスを仮想マシンに自動的にインストールするためにプロセス サーバーが使用するアカウントを選択します。For Properties > Configure properties, select the account that the process server uses to automatically install the Site Recovery Mobility service on the virtual machine. また、データ変更頻度パターンに基づいてレプリケートするターゲット マネージド ディスクの種類を選択します。Also, choose the type of target managed disk to replicate to based on your data churn patterns.

  5. 既定では、ソース仮想マシンのすべてのディスクがレプリケートされます。By default, all the disks of a source virtual machine are replicated. レプリケーションからディスクを除外するには、レプリケートしないディスクの [Include](含める) チェックボックスをオフにします。To exclude disks from replication, clear the Include check box for any disks that you don't want to replicate. [OK] をクリックします。Then select OK. 後で追加のプロパティを設定できます。You can set additional properties later. ディスクの除外の詳細については、こちらをご覧ください。Learn more about excluding disks.

    [レプリケーションを有効にする] [プロパティの構成] ウィンドウ

  6. [レプリケーションの設定] > [レプリケーション設定の構成] で、正しいレプリケーション ポリシーが選択されていることを確認します。At Replication settings > Configure replication settings, verify that the correct replication policy is selected. レプリケーション ポリシー設定を変更するには、 [設定] > [レプリケーション ポリシー] > (ポリシー名) > [設定の編集] の順にクリックします。You can modify replication policy settings at Settings > Replication policies > policy name > Edit Settings. ポリシーに適用した変更は、レプリケートしている仮想マシンと新しい仮想マシンにも適用されます。Changes that you apply to a policy also apply to replicating and new virtual machines.

  7. 仮想マシンをレプリケーション グループにまとめる場合は、 [マルチ VM 整合性] を有効にします。Enable Multi-VM consistency if you want to gather virtual machines into a replication group. グループの名前を指定し、 [OK] を選択します。Specify a name for the group, and then select OK.

    注意

    • レプリケーション グループの仮想マシンはまとめてレプリケートされ、フェールオーバー時にクラッシュ整合性復旧ポイントとアプリ整合性復旧ポイントを共有します。Virtual machines in a replication group replicate together and have shared crash-consistent and app-consistent recovery points when they fail over.
    • VM と物理サーバーがワークロードをミラー化できるように、これらをまとめます。Gather VMs and physical servers together so that they mirror your workloads. マルチ VM 整合性を有効にすると、ワークロードのパフォーマンスに影響する場合があります。Enabling multi-VM consistency can affect workload performance. これは、複数の仮想マシンが同じワークロードを実行していて、整合性を持たせる必要がある場合にのみ実行してください。Do this only if the virtual machines are running the same workload, and you need consistency.

    [レプリケーションを有効にする] ウィンドウ

  8. [レプリケーションを有効にする] を選択します。Select Enable Replication. 保護の有効化ジョブの進行状況は、 [設定] > [ジョブ] > [Site Recovery ジョブ] で追跡できます。You can track the progress of the Enable Protection job at Settings > Jobs > Site Recovery Jobs. 保護の最終処理ジョブが実行されると、仮想マシンはフェールオーバーを実行できる状態になります。After the Finalize Protection job runs, the virtual machine is ready for failover.

VM プロパティを表示して管理するView and manage VM properties

次に、ソース仮想マシンのプロパティを確認します。Next, verify the properties of the source virtual machine. Azure VM の名前は、Azure 仮想マシンの要件に準拠している必要があります。Remember that the Azure VM name needs to conform with Azure virtual machine requirements.

  1. [設定] > [レプリケートされたアイテム] の順に移動し、仮想マシンを選択します。Go to Settings > Replicated items, and then select the virtual machine. [要点] ページに VM の設定と状態に関する情報が表示されます。The Essentials page shows information about the VM's settings and status.

  2. [プロパティ] で、VM のレプリケーションとフェールオーバーの情報を確認できます。In Properties, you can view replication and failover information for the VM.

  3. [コンピューティングとネットワーク] > [コンピューティングのプロパティ] で、複数の VM プロパティを変更することができます。In Compute and Network > Compute properties, you can change multiple VM properties.

    [コンピューティングとネットワークのプロパティ] ウィンドウ

    • Azure VM 名:必要に応じて、Azure の要件を満たすように名前を変更します。Azure VM name: Modify the name to meet Azure requirements, if necessary.

    • ターゲット VM のサイズまたは VM の種類:既定の VM サイズは、ターゲットとなる Azure リージョン内のディスク数、NIC 数、CPU コア数、メモリ、利用可能な VM ロール サイズを含むいくつかのパラメーターに基づいて選択されます。Target VM size or VM type: The default VM size is chosen based on a few parameters that include Disk count, NIC count, CPU core count, Memory and available VM role sizes in target Azure region. Azure Site Recovery では、すべての条件を満たす最初の使用可能な VM サイズが選択されます。Azure Site Recovery picks the first available VM size which satisfies all the criteria. 必要に応じて、フェールオーバーの前にいつでも、別の VM サイズを選択することができます。You can select a different VM size based on your needs at any time before failover. VM ディスクのサイズは、ソース ディスクのサイズにも基づいていて、フェールオーバー後にしか変更できないことに注意してください。Note that VM disk size is also based on source disk size, and it can only be changed after failover. ディスク サイズと IOPS レートの詳細については、「Windows 上の VM ディスクのスケーラビリティおよびパフォーマンスの目標」をご覧ください。Learn more about disk sizes and IOPS rates at Scalability and performance targets for VM disks on Windows.

    • リソース グループ: フェールオーバー後に仮想マシンが属するリソース グループを選択できます。Resource group: You can select a resource group, from which a virtual machine becomes a part of a post failover. この設定は、フェールオーバー前であればいつでも変更できます。You can change this setting at any time before failover. フェールオーバー後に、仮想マシンを別のリソース グループに移行すると、その仮想マシンの保護設定が解除されます。After failover, if you migrate the virtual machine to a different resource group, the protection settings for that virtual machine break.

    • 可用性セット:仮想マシンがフェールオーバー後に可用性セットに属する必要がある場合は、可用性セットを選択できます。Availability set: You can select an availability set if your virtual machine needs to be a part of a post failover. 可用性セットを選択するときは、以下のことに注意してください。When you select an availability set, keep the following information in mind:

      • 指定されたリソース グループに属している可用性セットだけが一覧表示されます。Only availability sets that belong to the specified resource group are listed.
      • 異なる仮想ネットワーク上にある VM が同じ可用性セットに属することはできません。VMs that are on different virtual networks can't be a part of the same availability set.
      • 同じサイズの仮想マシンだけが同じ可用性セットに属することができます。Only virtual machines of the same size can be a part of an availability set.
  4. Azure VM に割り当てられるターゲット ネットワーク、サブネット、および IP アドレスに関する情報を追加することもできます。You can also add information about the target network, subnet, and IP address that's assigned to the Azure VM.

  5. [ディスク] で、レプリケートされる VM のオペレーティング システム ディスクとデータ ディスクを確認できます。In Disks, you can see the operating system and data disks on the VM that will be replicated.

ネットワークと IP アドレスを構成するConfigure networks and IP addresses

ターゲット IP アドレスを設定できます。You can set the target IP address. アドレスを指定しなかった場合、フェールオーバーされた仮想マシンでは DHCP が使用されます。If you don't provide an address, the failed-over virtual machine uses DHCP. フェールオーバーで使用できないアドレスを設定した場合、フェールオーバーは機能しません。If you set an address that isn't available at failover, the failover doesn't work. テスト フェールオーバー ネットワークでアドレスを利用できる場合、テスト フェールオーバーに同じターゲット IP アドレスを使用できます。If the address is available in the test failover network, you can use the same target IP address for test failover.

ネットワーク アダプターの数は、次に示すように、ターゲット仮想マシンに指定したサイズによって決まります。The number of network adapters is dictated by the size that you specify for the target virtual machine, as follows:

  • ソース仮想マシン上のネットワーク アダプターの数が、ターゲット VM のサイズに許可されているアダプターの数以下の場合、ターゲットのアダプターの数は、ソースと同じです。If the number of network adapters on the source virtual machine is less than or equal to the number of adapters that are allowed for the target VM's size, the target has the same number of adapters as the source.
  • ソース仮想マシン用のアダプターの数が、ターゲット VM のサイズに許可されている数を超える場合は、ターゲットの最大サイズが使用されます。If the number of adapters for the source virtual machine exceeds the number that's allowed for the target VM's size, the target size maximum is used. たとえば、ソース仮想マシンに 2 つのネットワーク アダプターがあり、ターゲット VM のサイズでは 4 つまでサポートされている場合、ターゲット仮想マシンのアダプターの数は、2 つになります。For example, if a source virtual machine has two network adapters and the target VM's size supports four, the target virtual machine has two adapters. ソース VM に 2 つのアダプターがあり、ターゲット サイズでは 1 つしかサポートされていない場合、ターゲット VM のアダプターは 1 つだけです。If the source VM has two adapters but the target size only supports one, the target VM has only one adapter.
  • 仮想マシンにネットワーク アダプターが複数ある場合、これらのアダプターはすべて同じネットワークに接続されます。If the virtual machine has multiple network adapters, they all connect to the same network. また、一覧に表示されている最初のアダプターが、Azure 仮想マシンの既定のネットワーク アダプターとなります。Also, the first adapter that's shown in the list becomes the default network adapter in the Azure virtual machine.

Azure ハイブリッド特典Azure Hybrid Benefit

Microsoft Software Assurance のお客様は、Azure ハイブリッド特典を使用して、Azure に移行する Windows Server コンピューターのライセンス コストを節約できます。Microsoft Software Assurance customers can use Azure Hybrid Benefit to save on licensing costs for Windows Server computers that are migrated to Azure. この特典は Azure ディザスター リカバリーにも適用されます。The benefit also applies to Azure disaster recovery. 利用資格がある場合は、この特典を、フェールオーバー発生時に Site Recovery によって作成される仮想マシンに割り当てることができます。If you're eligible, you can assign the benefit to the virtual machine that Site Recovery creates if there's a failover. そのためには、次の手順に従います。To do that, follow these steps:

  1. レプリケートされた仮想マシンの [コンピューティングとネットワークのプロパティ] に移動します。Go to the Computer and Network properties of the replicated virtual machine.
  2. Azure ハイブリッド特典の利用資格がある Windows Server ライセンスを所有しているかどうかを尋ねられたら、回答します。Answer when asked if you have a Windows Server license that makes you eligible for Azure Hybrid Benefit.
  3. フェールオーバー発生時に作成される VM に特典を適用するために使用できる、対象のソフトウェア アシュアランス付き Windows Server ライセンスを所有していることを確認します。Confirm that you have an eligible Windows Server license with Software Assurance that you can use to apply the benefit to the VM that will be created at failover.
  4. レプリケートされた仮想マシンの設定を保存します。Save the settings for the replicated virtual machine.

Azure ハイブリッド特典の詳細についてはこちらをご覧ください。Learn more about Azure Hybrid Benefit.

次のステップNext steps

仮想マシンが保護された状態になったら、フェールオーバーを試して、アプリケーションが Azure に表示されるかどうかを確認してください。After the virtual machine reaches a protected state, try a failover to check whether your application appears in Azure.