プロセス サーバーの管理Manage process servers

この記事では、Site Recovery プロセス サーバーを管理する際の一般的なタスクについて説明します。This article describes common tasks for managing the Site Recovery process server.

プロセス サーバーは、レプリケーション データを受け取り、最適化して、Azure に送信するために使用されます。The process server is used to receive, optimize, and send replication data to Azure. また、レプリケートする VMware VM および物理サーバーへのモビリティ サービスのプッシュ インストールと、オンプレミス マシンの自動検出も実行されます。It also performs a push installation of the Mobility service on VMware VMs and physical servers you want to replicate, and performs automatic discovery of on-premises machines. オンプレミスの VMware VM または物理サーバーを Azure にレプリケートする場合、プロセス サーバーは既定で構成サーバー マシンにインストールされます。For replicating on-premises VMware VMs or physical servers to Azure, the process server is installed by default on the configuration server machine.

  • 大規模なデプロイでは、容量を拡張するためにオンプレミスのプロセス サーバーの追加が必要になる場合があります。For large deployments, you might need additional on-premises process servers to scale capacity.
  • Azure からオンプレミスへのフェールバックには、Azure に一時的なプロセス サーバーを設定する必要があります。For failback from Azure to on-premises, you must set up a temporary process server in Azure. この VM は、フェールバックが完了したら削除できます。You can delete this VM when failback is done.

このプロセス サーバーの詳細について確認してください。Learn more about the process server.

プロセス サーバーをアップグレードするUpgrade a process server

プロセス サーバーをオンプレミスに展開する場合、またはフェールバック用の Azure VM としてデプロイする場合は、最新バージョンのプロセス サーバーがインストールされます。When you deploy a process server on-premises, or as an Azure VM for failback, the latest version of the process server is installed. Site Recovery チームは修正プログラムや拡張機能を定期的にリリースしているため、プロセス サーバーを最新の状態に維持することをお勧めします。The Site Recovery teams release fixes and enhancements on a regular basis, and we recommend you keep process servers up-to-date. プロセス サーバーは次の手順でアップグレードできます。You can upgrade a process server as follows:

  1. 管理者としてプロセス サーバーにサインインします。Sign in to the process server as an administrator.
  2. 統合セットアップ インストーラーの最新バージョンをダウンロードします。Download the latest version of the Unified Setup Installer.
  3. インストーラーをダブルクリックして、更新プロセスを開始します。Double-click the installer to launch the update process.
  4. インストーラーにより、インストールされている Site Recovery コンポーネントが検出され、それらが最新バージョンにアップグレードされます。The installer detects the Site Recovery components that are installed, and upgrades them to the latest version.

プロセス サーバーの負荷を分散するために VM を移動するMove VMs to balance the process server load

次のように、2 つのプロセス サーバー間で VM を移動して負荷を分散します。Balance the load by moving VMs between two process servers, as follows:

  1. コンテナーの [管理][Site Recovery インフラストラクチャ] をクリックします。In the vault, under Manage click Site Recovery Infrastructure. [For VMware & Physical machines](VMware と物理マシン)[構成サーバー] をクリックします。Under For VMware & Physical machines, click Configuration Servers.

  2. プロセス サーバーが登録されている構成サーバーをクリックします。Click on the configuration server with which the process servers are registered.

  3. トラフィックを負荷分散するプロセス サーバーをクリックします。Click on the process server for which you want to load balance traffic.

    LoadBalance

  4. [負荷分散] をクリックして、マシンの移動先のターゲット プロセス サーバーを選択します。Click Load balance, select the target process server to which you want to move machines. 次に、 [OK] をクリックしますThen click OK

    LoadPS

  5. [マシンの選択] をクリックし、現在のプロセス サーバーからターゲットに移動するマシンを選択します。Click Select machines, and choose the machines you want to move from the current to the target process server. 各仮想マシンについて、平均データの変化の詳細が表示されます。Details of average data change are displayed against each virtual machine. 次に、 [OK] をクリックしますThen click OK.

  6. コンテナーの [監視] > [Site Recovery ジョブ] でジョブの進行状況を監視します。In the vault, monitor the progress of the job under Monitoring > Site Recovery jobs.

変更がポータルに反映されるまでには約 15 分かかります。It will take around 15 minutes for changes to be reflected in the portal. すぐに反映するには、構成サーバーを更新しますFor a quicker effect, refresh the configuration server.

ワークロード全体を別のプロセス サーバーに切り替えるSwitch an entire workload to another process server

次のように、プロセス サーバーによって処理されるワークロード全体を別のプロセス サーバーに移動します。Move the entire workload handled by a process server to a different process server, as follows:

  1. コンテナーの [管理][Site Recovery インフラストラクチャ] をクリックします。In the vault, under Manage click Site Recovery Infrastructure. [For VMware & Physical machines](VMware と物理マシン)[構成サーバー] をクリックします。Under For VMware & Physical machines, click Configuration Servers.

  2. プロセス サーバーが登録されている構成サーバーをクリックします。Click on the configuration server with which the process servers are registered.

  3. ワークロードを切り替えるプロセス サーバーをクリックします。Click on the process server from which you want to switch the workload.

  4. [切り替え] をクリックし、ワークロードを移動するターゲット プロセス サーバーを選択します。Click on Switch, select the target process server to which you want to move the workload. 次に、 [OK] をクリックしますThen click OK

    Switch

  5. コンテナーの [監視] > [Site Recovery ジョブ] でジョブの進行状況を監視します。In the vault, monitor the progress of the job under Monitoring > Site Recovery jobs.

変更がポータルに反映されるまでには約 15 分かかります。It will take around 15 minutes for changes to be reflected in the portal. すぐに反映するには、構成サーバーを更新しますFor a quicker effect, refresh the configuration server.

プロセス サーバーを再登録するReregister a process server

次のように、オンプレミスまたは Azure VM 上で実行されているプロセス サーバーを構成サーバーに登録します。Reregister a process server running on-premises or on an Azure VM with the configuration server as follows:

  1. プロセス サーバーを実行しているマシンへのリモート デスクトップ接続を確立します。Establish a Remote Desktop Connection to the machine running the process server.

  2. cspsconfigtool.exe を実行して、Azure Site Recovery プロセス サーバー構成ツールを開始します。Run cspsconfigtool.exe to start the Azure Site Recovery Process Server configuration tool.

    • このツールは、プロセス サーバーに初めてサインインしたときに自動的に起動します。The tool is launched automatically the first time you sign into the process server.
    • 自動的に開かれない場合は、デスクトップ上のそのショートカットをクリックしてください。If it doesn't open automatically, click its shortcut on the desktop.
  3. [Configuration Server FQDN Or IP](構成サーバーの FQDN または IP) に、プロセス サーバーの登録に使用する構成サーバーの名前または IP アドレスを指定します。In Configuration server FQDN or IP, specify the name or IP address of the configuration server with which to register the process server.

  4. [Configuration Server Port](構成サーバーのポート) に 443 が指定されていることを確認します。In Configuration Server Port, ensure that 443 is specified. これは、構成サーバーが要求をリッスンするポートです。This is the port on which the configuration server listens for requests.

  5. [Connection Passphrase](接続パスフレーズ) に、構成サーバーを設定するときに指定したパスフレーズを指定します。In Connection Passphrase, specify the passphrase that you specified when you set up the configuration server. パスフレーズを見つけるには:To find the passphrase:

    • 構成サーバーで、Site Recovery のインストール フォルダー * \home\svssystems\bin* に移動します。On the configuration server, navigate to the Site Recovery installation folder *\home\svssystems\bin*:
    cd %ProgramData%\ASR\home\svsystems\bin
    
    • 次のコマンドを実行して現在のパスフレーズを出力します。Run the below command to print out the current passphrase:
    genpassphrase.exe -n
    
  6. [Data Transfer Port](データ転送ポート) は、カスタム ポートを指定した場合を除き、既定値のままにします。In Data Transfer Port, leave the default value unless you've specified a custom port.

  7. [保存] をクリックして設定を保存し、プロセス サーバーを登録します。Click Save save the settings, and register the process server.

    プロセス サーバーの登録

設定を保存した後、次を実行します。After you've saved the settings, do the following:

  1. プロセス サーバーで、管理者のコマンド プロンプトを開きます。On the process server, open an administrator command prompt.

  2. フォルダー %PROGRAMDATA%\ASR\Agent を参照し、次のコマンドを実行します。Browse to folder %PROGRAMDATA%\ASR\Agent, and run the command:

    cdpcli.exe --registermt
    net stop obengine
    net start obengine
    

オンプレミスのプロセス サーバーのプロキシ設定を変更するModify proxy settings for an on-premises process server

オンプレミス プロセス サーバーがプロキシを使用して Azure に接続している場合は、次のようにプロキシ設定を変更できます。If an on-premises process server uses a proxy to connect to Azure, you can modify the proxy settings as follows:

  1. プロセス サーバー マシンにサインインします。Sign into the process server machine.
  2. 管理者の PowerShell コマンド ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。Open an Admin PowerShell command window, and run the following command:
    $pwd = ConvertTo-SecureString -String MyProxyUserPassword
    Set-OBMachineSetting -ProxyServer http://myproxyserver.domain.com -ProxyPort PortNumber –ProxyUserName domain\username -ProxyPassword $pwd
    net stop obengine
    net start obengine
    
  3. フォルダー %PROGRAMDATA%\ASR\Agent を参照し、次のコマンドを実行します。Browse to folder %PROGRAMDATA%\ASR\Agent, and run this command:
    cmd
    cdpcli.exe --registermt
    
    net stop obengine
    
    net start obengine
    
    exit
    

プロセス サーバーを削除するRemove a process server

特定の状況に応じた手順に従います。Follow the steps for your specific circumstances.

接続されているプロセス サーバーの登録を解除するUnregister a connected process server

  1. 管理者としてプロセス サーバーにリモート接続を確立します。Establish a remote connection to the process server as an Administrator.
  2. [コントロール パネル] で、 [プログラム]、[プログラムのアンインストール] の順に開きます。In the Control Panel, open Programs > Uninstall a program.
  3. プログラム Microsoft Azure Site Recovery Mobility Service/マスター ターゲット サーバー をアンインストールします。Uninstall the program Microsoft Azure Site Recovery Mobility Service/Master Target Server.
  4. プログラムMicrosoft Azure Site Recovery Configuration/Process Server (Microsoft Azure Site Recovery 構成/プロセス サーバー) をアンインストールします。Uninstall the program Microsoft Azure Site Recovery Configuration/Process Server.
  5. 手順 3 と 4 のプログラムがアンインストールされたら、Microsoft Azure Site Recovery Configuration/Process Server Dependencies (Microsoft Azure Site Recovery 構成/プロセス サーバーの依存関係) をアンインストールします。After the programs in steps 3 and 4 are uninstalled, uninstall Microsoft Azure Site Recovery Configuration/Process Server Dependencies.

接続されていないプロセス サーバーの登録を解除するUnregister a disconnected process server

プロセス サーバーがインストールされているマシンを回復する方法がない場合にのみ、以下の手順を使用してください。Only use these steps if there's no way to revive the machine on which the process server is installed.

  1. 管理者として構成サーバーにサインインします。Sign in the configuration server as an Administrator.

  2. 管理コマンド プロンプトを開き、%ProgramData%\ASR\home\svsystems\bin を参照します。Open an Administrative command prompt, and browse to %ProgramData%\ASR\home\svsystems\bin.

  3. 以下のコマンドを実行して、1 つ以上のプロセス サーバーの一覧を取得します。Run this command to get a list of one or more process servers.

    perl Unregister-ASRComponent.pl -IPAddress <IP_of_Process_Server> -Component PS
    
    • 連続S. No: プロセス サーバーのシリアル番号。No: the process server serial number.
    • IP/Name:プロセス サーバーを実行しているマシンの IP アドレスと名前。IP/Name: The IP address and name of the machine running the process server.
    • Heartbeat:プロセス サーバー マシンからの最後のハートビート。Heartbeat: Last heartbeat from the process server machine. 登録解除コマンドUnregister-cmd
  4. 登録を解除するプロセス サーバーのシリアル番号を指定します。Specify the serial number of the process server you want to unregister.

  5. プロセス サーバーの登録解除により、その詳細のすべてがシステムから削除され、次のメッセージが表示されます。 <サーバー名 (サーバーの IP アドレス) の登録が正常に解除されましたUnregistering a process server remove all of its details from the system, and displays the message: Successfully unregistered server-name> (server-IP-address)

ウイルス対策ソフトウェアからフォルダーを除外するExclude folders from anti-virus software

スケールアウト プロセス サーバー (またはマスター ターゲット サーバー) 上でウイルス対策ソフトウェアが実行されている場合は、次のフォルダーをウイルス対策操作から除外します。If anti-virus software is running on a scale-out process server (or master target server), exclude the following folders from anti-virus operations:

  • C:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services AgentC:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services Agent
  • C:\ProgramData\ASRC:\ProgramData\ASR
  • C:\ProgramData\ASRLogsC:\ProgramData\ASRLogs
  • C:\ProgramData\ASRSetupLogsC:\ProgramData\ASRSetupLogs
  • C:\ProgramData\LogUploadServiceLogsC:\ProgramData\LogUploadServiceLogs
  • C:\ProgramData\Microsoft Azure Site RecoveryC:\ProgramData\Microsoft Azure Site Recovery
  • プロセス サーバーのインストール ディレクトリ。Process server installation directory. 例: C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site RecoveryFor example: C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery