追加のプロセス サーバーによるスケールScale with additional process servers

既定では、Site Recovery を使用して VMware VM または物理サーバーを Azure にレプリケートするときに、構成サーバー マシン上にプロセス サーバーがインストールされ、Site Recovery とオンプレミスのインフラストラクチャ間のデータ転送を調整するために使用されます。By default, when you're replicating VMware VMs or physical servers to Azure using Site Recovery, a process server is installed on the configuration server machine, and is used to coordinate data transfer between Site Recovery and your on-premises infrastructure. 容量を増加させ、レプリケーションのデプロイをスケールアウトするために、別のスタンドアロン プロセス サーバーを追加できます。To increase capacity and scale out your replication deployment, you can add additional standalone process servers. この記事では、スケールアウト プロセス サーバーをセットアップする方法について説明します。This article describes how to setup a scale-out process server.

開始する前にBefore you start

容量計画Capacity planning

VMware レプリケーションのために容量計画を実行したことを確認してください。Make sure you've performed capacity planning for VMware replication. これは、追加のプロセス サーバーをどのように、いつデプロイする必要があるかを識別する助けとなります。This helps you to identify how and when you should deploy additional process servers.

9.24 バージョンから、ガイダンスは新しいレプリケーションの場合はプロセス サーバーの選択中に追加されます。From 9.24 version, guidance is added during selection of process server for new replications. プロセス サーバーは、特定の条件に基づいて、「健全」、「警告」、「重大」とマークされます。Process server will be marked Healthy, Warning and Critical based on certain criteria. プロセス サーバーの状態に影響を与える可能性があるさまざまなシナリオを理解するには、プロセス サーバーのアラートを確認します。To understand different scenarios that can influence state of process server, review the process server alerts.

注意

複製された Process Server コンポーネントの使用はサポートされていません。Use of a cloned Process Server component is not supported. PS スケールアウトごとに、この記事の手順に従います。Follow the steps in this article for each PS scale-out.

サイズ変更の要件Sizing requirements

表にまとめられているサイズ変更の要件を確認します。Verify the sizing requirements summarized in the table. 一般に、ソース マシンが 200 台を超えるまでデプロイメントをスケールする必要がある場合や、合計日次変更率が 2 TB を超える場合は、トラフィック ボリュームの処理のために追加のプロセス サーバーが必要です。In general, if you have to scale your deployment to more than 200 source machines, or you have a total daily churn rate of more than 2 TB, you need additional process servers to handle the traffic volume.

追加のプロセス サーバーAdditional process server キャッシュ ディスク サイズCache disk size データの変更率Data change rate 保護されたマシンProtected machines
4 vCPU (2 ソケット * 2 コア @ 2.5 GHz)、8 GB メモリ4 vCPUs (2 sockets * 2 cores @ 2.5 GHz), 8-GB memory 300 GB300 GB 250 GB 以下250 GB or less 85 台以下のマシンをレプリケートします。Replicate 85 or less machines.
8 vCPU (2 ソケット * 4 コア @ 2.5 GHz)、12 GB メモリ8 vCPUs (2 sockets * 4 cores @ 2.5 GHz), 12-GB memory 600 GB600 GB 250 GB ~ 1 TB250 GB to 1 TB 85 ~ 150 台のマシンをレプリケートします。Replicate between 85-150 machines.
12 vCPU (2 ソケット * 6 コア @ 2.5 GHz)、24 GB メモリ12 vCPUs (2 sockets * 6 cores @ 2.5 GHz) 24-GB memory 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB ~ 2 TB1 TB to 2 TB 150 ~ 225 台のマシンをレプリケートします。Replicate between 150-225 machines.

保護された各ソース マシンには、それぞれ 100 GB の 3 つのディスクが構成されています。Where each protected source machine is configured with 3 disks of 100 GB each.

前提条件Prerequisites

次の表に、追加のプロセス サーバーの前提条件をまとめます。The prerequisites for the additional process server are summarized in the following table.

構成およびプロセス サーバーの要件Configuration and process server requirements

ハードウェア要件Hardware requirements

コンポーネントComponent 要件Requirement
CPU コア数CPU cores 88
RAMRAM 16 GB16 GB
ディスクの数Number of disks 3、OS ディスク、プロセス サーバーのキャッシュ ディスク、フェールバック用リテンション ドライブを含みます3, including the OS disk, process server cache disk, and retention drive for failback
ディスクの空き領域 (プロセス サーバー キャッシュ)Free disk space (process server cache) 600 GB600 GB
ディスクの空き領域 (リテンション ディスク)Free disk space (retention disk) 600 GB600 GB

ソフトウェア要件Software requirements

コンポーネントComponent 要件Requirement
オペレーティング システムOperating system Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016Windows Server 2016
オペレーティング システムのロケールOperating system locale 英語 (en-*)English (en-*)
Windows Server の役割Windows Server roles これらの役割を有効にしないでください。Don't enable these roles:
- Active Directory Domain Services- Active Directory Domain Services
- インターネット インフォメーション サービス- Internet Information Services
- Hyper-V- Hyper-V
グループ ポリシーGroup policies これらのグループ ポリシーを有効にしないでください。Don't enable these group policies:
- コマンド プロンプトへのアクセス禁止。- Prevent access to the command prompt.
- レジストリ編集ツールへのアクセス禁止。- Prevent access to registry editing tools.
- ファイル添付の信頼ロジック。- Trust logic for file attachments.
- スクリプト実行の有効化。- Turn on Script Execution.
詳細情報Learn more
IISIIS - 既存の Web サイトが存在しない- No pre-existing default website
- ポート 443 でリッスンしている既存の Web サイト/アプリケーションが存在しない- No pre-existing website/application listening on port 443
- 匿名認証を有効にする- Enable anonymous authentication
- FastCGI 設定を有効にする- Enable FastCGI setting
FIPS (連邦情報処理標準)FIPS (Federal Information Processing Standards) FIPS モードを有効にしないDo not enable FIPS mode

ネットワークの要件Network requirements

コンポーネントComponent 要件Requirement
IP アドレスの種類IP address type 静的Static
PortPorts 443 (コントロール チャネルのオーケストレーション)443 (Control channel orchestration)
9443 (データ転送)9443 (Data transport)
NIC の種類NIC type VMXNET3 (構成サーバーが VMware VM である場合)VMXNET3 (if the configuration server is a VMware VM)
インターネット アクセス (サーバーは、直接またはプロキシ経由で次の URL にアクセスする必要があります):Internet access (the server needs access to the following URLs, directly or via proxy):
*.backup.windowsazure.com*.backup.windowsazure.com レプリケートされたデータの転送と調整に使用Used for replicated data transfer and coordination
*.blob.core.windows.net*.blob.core.windows.net レプリケートされたデータを格納するストレージ アカウントへのアクセスに使用。Used to access storage account that stores replicated data. キャッシュ ストレージ アカウントの特定の URL を指定できます。You can provide the specific URL of your cache storage account.
*.hypervrecoverymanager.windowsazure.com*.hypervrecoverymanager.windowsazure.com レプリケーション管理操作と調整に使用Used for replication management operations and coordination
https://login.microsoftonline.comhttps://login.microsoftonline.com レプリケーション管理操作と調整に使用Used for replication management operations and coordination
time.nist.govtime.nist.gov システム時刻とグローバル時刻間の時刻同期の確認に使用Used to check time synchronization between system and global time
time.windows.comtime.windows.com システム時刻とグローバル時刻間の時刻同期の確認に使用Used to check time synchronization between system and global time
  • https://management.azure.comhttps://management.azure.com
  • https://secure.aadcdn.microsoftonline-p.comhttps://secure.aadcdn.microsoftonline-p.com
  • https://login.live.comhttps://login.live.com
  • https://graph.windows.nethttps://graph.windows.net
  • https://login.windows.nethttps://login.windows.net
  • *.services.visualstudio.com (省略可能)*.services.visualstudio.com (Optional)
  • https://www.live.comhttps://www.live.com
  • https://www.microsoft.comhttps://www.microsoft.com
OVF の設定では、次の追加 URL にアクセスできる必要があります。OVF setup needs access to these additional URLs. Azure Active Directory によるアクセス制御と ID 管理に使用されます。They're used for access control and identity management by Azure Active Directory.
https://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQLInstaller/mysql-installer-community-5.7.20.0.msihttps://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQLInstaller/mysql-installer-community-5.7.20.0.msi MySQL のダウンロードを完了するためのものです。To complete MySQL download.
いくつかのリージョンでは、ダウンロードが CDN URL にリダイレクトされる可能性があります。In a few regions, the download might be redirected to the CDN URL. 必要に応じて、CDN URL も確実に承認されているようにしてください。Ensure that the CDN URL is also approved, if necessary.

注意

Site Recovery コンテナーへのプライベート リンク接続がある場合は、構成サーバーへの追加のインターネット アクセスは不要です。If you have private links connectivity to Site Recovery vault, you do not need any additional internet access for the Configuration Server. これには例外があり、OVA テンプレートを使用して CS マシンを設定しているときに、プライベート リンク アクセス以外から次の URL にアクセスする必要があります: https://management.azure.comhttps://www.live.com 、および https://www.microsoft.comAn exception to this is while setting up the CS machine using OVA template, you will need access to following URLs over and above private link access - https://management.azure.com, https://www.live.com and https://www.microsoft.com. これらの URL へのアクセスを許可しない場合は、Unified Installer を使用して CS を設定してください。If you do not wish to allow access to these URLs, please set up the CS using Unified Installer.

必要なソフトウェアRequired software

コンポーネントComponent 要件Requirement
VMware vSphere PowerCLIVMware vSphere PowerCLI VMware 仮想マシン上で構成サーバーが実行されている場合は、PowerCLI バージョン 6.0 をインストールする必要があります。PowerCLI version 6.0 should be installed if the Configuration Server is running on a VMware VM.
MYSQLMYSQL MySQL をインストールする必要があります。MySQL should be installed. 手動でインストールするか、または Site Recovery によってインストールすることができます。You can install manually, or Site Recovery can install it. (詳細については、「 設定の構成」を参照してください)(Refer to configure settings for more information)

サイズ設定と容量の要件Sizing and capacity requirements

次の表は、構成サーバーの容量の要件をまとめたものです。The following table summarizes capacity requirements for the configuration server. 複数の VMware VM をレプリケートする場合、容量プラン作成の考慮事項を確認し、Azure Site Recovery Deployment Planner ツールを実行します。If you're replicating multiple VMware VMs, review the capacity planning considerations and run the Azure Site Recovery Deployment Planner tool.

CPUCPU [メモリ]Memory キャッシュ ディスクCache disk データの変更率Data change rate レプリケートされたマシンReplicated machines
8 vCPU8 vCPUs

2 ソケット * 4 コア @ 2.5 GHz2 sockets * 4 cores @ 2.5 GHz
16 GB16 GB 300 GB300 GB 500 GB 以下500 GB or less 100 台未満のマシン< 100 machines
12 vCPU12 vCPUs

2 ソケット * 6 コア @ 2.5 GHz2 socks * 6 cores @ 2.5 GHz
18 GB18 GB 600 GB600 GB 500 GB ~ 1 TB500 GB-1 TB 100 ~ 150 台のマシン100 to 150 machines
16 vCPU16 vCPUs

2 ソケット * 8 コア @ 2.5 GHz2 socks * 8 cores @ 2.5 GHz
32 GB32 GB 1 TB (テラバイト)1 TB 1 ~ 2 TB1-2 TB 150 ~ 200 台のマシン150 -200 machines

インストール ファイルをダウンロードするDownload installation file

次のように、プロセス サーバーのインストール ファイルをダウンロードします。Download the installation file for the process server as follows:

  1. Azure Portal にさサインインし、Recovery Services コンテナーを参照します。Sign in to the Azure portal, and browse to your Recovery Services Vault.

  2. [Site Recovery インフラストラクチャ] > [VMware and Physical Machines] (VMware と物理マシン) > [構成サーバー] ([For VMware & Physical Machines] (VMware および物理マシン) の下) に移動します。Open Site Recovery Infrastructure > VMware and Physical Machines > Configuration Servers (under For VMware & Physical Machines).

  3. 構成サーバーを選択して、サーバーの詳細に移動します。Select the configuration server to drill down into the server details. 次に、 [+ プロセス サーバー] をクリックします。Then click + Process Server.

  4. [プロセス サーバーの追加] > [プロセス サーバーのデプロイ先を選択してください] で、 [スケールアウト プロセス サーバーをオンプレミスにデプロイします] を選択します。In Add Process server > Choose where you want to deploy your process server, select Deploy a Scale-out Process Server on-premises.

    [サーバーの追加] ページ

  5. [Download the Microsoft Azure Site Recovery Unified Setup] (Microsoft Azure Site Recovery 統合セットアップのダウンロード) をクリックします。Click Download the Microsoft Azure Site Recovery Unified Setup. これで最新バージョンのインストール ファイルがダウンロードされます。This downloads the latest version of the installation file.

    警告

    プロセス サーバーのインストール バージョンは、実行している構成サーバーのバージョンと同じ、またはそれより前である必要があります。The process server installation version should be the same as, or earlier than, the configuration server version you have running. バージョンの互換性を確保する簡単な方法は、構成サーバーをインストールまたは更新するために最近使用したものと同じインストーラーを使用することです。A simple way to ensure version compatibility is to use the same installer, that you most recently used to install or update your configuration server.

UI からインストールするInstall from the UI

次のようにインストールします。Install as follows. サーバーをセットアップしたら、サーバーを使用するソース マシンを移行します。After setting up the server, you migrate source machines to use it.

  1. Azure Site Recovery UnifiedSetup.exe の起動Launch the Azure Site Recovery UnifiedSetup.exe

  2. [開始する前に][Add additional process servers to scale out deployment] (デプロイをスケールアウトするためにプロセス サーバーを追加する) を選択します。In Before you begin , select Add additional process servers to scale out deployment .

    プロセス サーバーの追加

  3. [Configuration Server Details (構成サーバーの詳細)] で、構成サーバーの IP アドレスとパスフレーズを指定します。In Configuration Server Details , specify the IP address of the Configuration Server, and the passphrase.

    プロセス サーバーの追加 2

  4. [インターネット設定] で、構成サーバーで実行されているプロバイダーがインターネット経由で Azure Site Recovery に接続する方法を指定します。In Internet Settings , specify how the Provider running on the Configuration Server connects to Azure Site Recovery over the Internet.

    プロセス サーバーの追加 3

    • マシンで現在セットアップされているプロキシを使用して接続する場合は、 [Connect with existing proxy settings] (既存のプロキシ設定を使用して接続する) を選択します。If you want to connect with the proxy that's currently set up on the machine, select Connect with existing proxy settings .

    • プロバイダーから直接接続するには、 [Connect directly without a proxy] (プロキシなしで直接接続する) を選択します。If you want the Provider to connect directly, select Connect directly without a proxy .

    • 既存のプロキシで認証が必要な場合、またはプロバイダー接続にカスタム プロキシを使用する場合は、 [Connect with custom proxy settings (カスタム プロキシ設定を使用して接続する)] を選択します。If the existing proxy requires authentication, or if you want to use a custom proxy for the Provider connection, select Connect with custom proxy settings .

      • カスタム プロキシを使用する場合、アドレス、ポート、資格情報を指定する必要があります。If you use a custom proxy, you need to specify the address, port, and credentials.
      • プロキシを使用する場合は、サービス URL へのアクセスを許可しておく必要があります。If you're using a proxy, you should have already allowed access to the service urls.
  5. [前提条件の確認] では、インストールを実行できることを確認するためのチェックが実行されます。In Prerequisites Check , Setup runs a check to make sure that installation can run. グローバル時刻の同期チェック に関する警告が表示された場合は、システム クロックの時刻 ( [日付と時刻] 設定) がタイム ゾーンと同じであることを確認します。If a warning appears about the Global time sync check , verify that the time on the system clock ( Date and Time settings) is the same as the time zone.

    プロセス サーバーの追加 4

  6. [環境の詳細] で、VMware VM をレプリケートするかどうかを選択します。In Environment Details , select whether you're going to replicate VMware VMs. レプリケートする場合、PowerCLI 6.0 がインストールされているかどうかがチェックされます。If you are, then setup checks that PowerCLI 6.0 is installed.

    プロセス サーバーの追加 5

  7. [インストール場所] で、バイナリをインストールしキャッシュを格納する場所を選択します。In Install Location , select where you want to install the binaries and store the cache. 選択するドライブには使用可能なディスク領域が 5 GB 以上必要ですが、600 GB 以上の空き領域があるキャッシュ ドライブを使用することをお勧めします。The drive you select must have at least 5 GB of disk space available, but we recommend a cache drive with at least 600 GB of free space. バイナリとキャッシュ ストレージのインストール先を示すスクリーンショット。Screenshot that shows the installation location for the binaries and cache storage.

  8. [ネットワークの選択] で、構成サーバーがレプリケーション データを送受信するリスナー (ネットワーク アダプターと SSL ポート) を指定します。In Network Selection , specify the listener (network adapter and SSL port) on which the Configuration Server sends and receives replication data. 既定では、ポート 9443 がレプリケーション トラフィックの送受信用に使用されます。このポート番号は、実際の環境の要件に合わせて変更できます。Port 9443 is the default port used for sending and receiving replication traffic, but you can modify this port number to suit your environment's requirements. ポート 9443 に加え、ポート 443 も開きます。このポートは、Web サーバーがレプリケーション操作を調整するために使用されます。In addition to the port 9443, we also open port 443, which is used by a web server to orchestrate replication operations. ポート 443 はレプリケーション トラフィックの送受信用に使用しないでください。Do not use Port 443 for sending or receiving replication traffic.

    プロセス サーバーの追加 6

  9. [概要] で情報を確認し、 [インストール] をクリックします。In Summary , review the information and click Install . インストールが完了すると、パスフレーズが生成されます。When installation finishes, a passphrase is generated. このパスフレーズは、レプリケーションを有効にするときに必要になるので、コピーしてセキュリティで保護された場所に保管してください。You will need this when you enable replication, so copy it and keep it in a secure location.

    プロセス サーバーの追加 7

コマンドラインからインストールするInstall from the command line

次のコマンドを実行してインストールします。Install by running the following command:

UnifiedSetup.exe [/ServerMode <CS/PS>] [/InstallDrive <DriveLetter>] [/MySQLCredsFilePath <MySQL credentials file path>] [/VaultCredsFilePath <Vault credentials file path>] [/EnvType <VMware/NonVMware>] [/PSIP <IP address to be used for data transfer] [/CSIP <IP address of CS to be registered with>] [/PassphraseFilePath <Passphrase file path>]

ここで、コマンドライン パラメーターは次のとおりです。Where command line parameters are as follows:

パラメーター名Parameter Name 種類Type 説明Description 指定できる値Possible Values
/ServerMode/ServerMode MandatoryMandatory 構成サーバーとプロセス サーバーの両方をインストールするか、プロセス サーバーだけをインストールするかを指定します。Specifies whether both the configuration and process servers should be installed, or the process server only CSCS
PSPS
/InstallLocation/InstallLocation MandatoryMandatory コンポーネントがインストールされているフォルダー。The folder in which the components are installed コンピューター上の任意のフォルダーAny folder on the computer
/MySQLCredsFilePath/MySQLCredsFilePath MandatoryMandatory MySQL サーバーの資格情報が保存されているファイルのパス。The file path in which the MySQL server credentials are stored ファイルは下記の形式である必要があります。The file should be the format specified below
/VaultCredsFilePath/VaultCredsFilePath MandatoryMandatory コンテナーの資格情報ファイルのパス。The path of the vault credentials file 有効なファイル パスValid file path
/EnvType/EnvType MandatoryMandatory 保護する環境の種類Type of environment that you want to protect VMwareVMware
NonVMwareNonVMware
/PSIP/PSIP MandatoryMandatory レプリケーション データの転送に使用する NIC の IP アドレス。IP address of the NIC to be used for replication data transfer 任意の有効な IP アドレスAny valid IP Address
/CSIP/CSIP MandatoryMandatory 構成サーバーがリッスンする NIC の IP アドレス。The IP address of the NIC on which the configuration server is listening on 任意の有効な IP アドレスAny valid IP Address
/PassphraseFilePath/PassphraseFilePath MandatoryMandatory パスフレーズ ファイルの場所の完全パス。The full path to location of the passphrase file 有効なファイル パスValid file path
/BypassProxy/BypassProxy 省略可能Optional 構成サーバーがプロキシを介さずに Azure に接続することを指定します。Specifies that the configuration server connects to Azure without a proxy
/ProxySettingsFilePath/ProxySettingsFilePath 省略可能Optional プロキシ設定 (認証を必要とする既定のプロキシ、またはカスタム プロキシ)。Proxy settings (The default proxy requires authentication, or a custom proxy) ファイルは下記の形式である必要があります。The file should be in the format specified below
DataTransferSecurePortDataTransferSecurePort 省略可能Optional レプリケーション データに使用する PSIP のポート番号。Port number on the PSIP to be used for replication data 有効なポート番号 (既定値は 9433)Valid Port Number (default value is 9433)
/SkipSpaceCheck/SkipSpaceCheck 省略可能Optional キャッシュ ディスクの領域チェックをスキップします。Skip space check for cache disk
/AcceptThirdpartyEULA/AcceptThirdpartyEULA MandatoryMandatory サード パーティのライセンス条項への同意を意味するフラグ。Flag implies acceptance of third-party EULA
/ShowThirdpartyEULA/ShowThirdpartyEULA 省略可能Optional サード パーティのライセンス条項を表示します。Displays third-party EULA. 入力として提供された場合、他のすべてのパラメーターが無視されます。If provided as input all other parameters are ignored

次に例を示します。For example:

MicrosoftAzureSiteRecoveryUnifiedSetup.exe /q /x:C:\Temp\Extracted
cd C:\Temp\Extracted
UNIFIEDSETUP.EXE /AcceptThirdpartyEULA /servermode "PS" /InstallLocation "D:\" /EnvType "VMware" /CSIP "10.150.24.119" /PassphraseFilePath "C:\Users\Administrator\Desktop\Passphrase.txt" /DataTransferSecurePort 443

プロキシ設定ファイルを作成するCreate a proxy settings file

プロキシを設定する必要がある場合、ProxySettingsFilePath パラメーターは、入力としてファイルを受け取ります。If you need to set up a proxy, the ProxySettingsFilePath parameter takes a file as input. ファイルは次のように作成し、それを ProxySettingsFilePath の入力パラメーターとして渡します。You can create the file as follows, and pass it as input ProxySettingsFilePath parameter.

* [ProxySettings]
* ProxyAuthentication = "Yes/No"
* Proxy IP = "IP Address"
* ProxyPort = "Port"
* ProxyUserName="UserName"
* ProxyPassword="Password"

次のステップNext steps

プロセス サーバー設定の管理について学習しますLearn about managing process server settings