Azure への VMware レプリケーションのソース環境を設定するSet up the source environment for VMware to Azure replication

この記事では、VMware VM を Azure にレプリケートするためのオンプレミスのソース環境を設定する方法について説明します。This article describes how to set up your source on-premises environment, to replicate VMware VMs to Azure. この記事には、レプリケーション シナリオを選択するための手順、オンプレミス コンピューターを Site Recovery の構成サーバーとして設定するための手順、オンプレミスの VM を自動的に検出するための手順が含まれます。The article includes steps for selecting your replication scenario, setting up an on-premises machine as the Site Recovery configuration server, and automatically discovering on-premises VMs.

前提条件Prerequisites

この記事は、既に以下の操作を行っていることを前提としています。The article assumes that you have already:

保護の目標を選択するChoose your protection goals

  1. [Recovery Services コンテナー] で、コンテナー名を選択します。In Recovery Services vaults, select the vault name. このシナリオでは、ContosoVMVault を使います。We're using ContosoVMVault for this scenario.
  2. [作業の開始] で、[Site Recovery] を選択します。In Getting Started, select Site Recovery. 次に、 [インフラストラクチャの準備] を選択します。Then select Prepare Infrastructure.
  3. [保護の目標] > [マシンのある場所] で、 [オンプレミス] を選びます。In Protection goal > Where are your machines located, select On-premises.
  4. [マシンをどこにレプリケートしますか] で、 [To Azure](Azure) を選びます。In Where do you want to replicate your machines, select To Azure.
  5. [マシンは仮想化されていますか] で、 [はい (VMware vSphere ハイパーバイザー の場合)] を選びます。In Are your machines virtualized, select Yes, with VMware vSphere Hypervisor. [OK] をクリックします。Then select OK.

構成サーバーを設定するSet up the configuration server

Open Virtualization Application (OVA) テンプレートを使用し、構成サーバーをオンプレミスの VMware VM として設定できます。You can set up the configuration server as an on-premises VMware VM through an Open Virtualization Application (OVA) template. VMware VM にインストールされるコンポーネントについては、こちらをご覧ください。Learn more about the components that will be installed on the VMware VM.

  1. 構成サーバー デプロイの前提条件を確認します。Learn about the prerequisites for configuration server deployment.
  2. デプロイに必要な容量を確認します。Check capacity numbers for deployment.
  3. OVA テンプレートをダウンロードしてインポートし、構成サーバーを実行するオンプレミス VMware VM を設定します。Download and import the OVA template to set up an on-premises VMware VM that runs the configuration server. テンプレートに付属するライセンスは評価版ライセンスとなり、180 日間有効です。The license provided with the template is an evaluation license and is valid for 180 days. この期間が経過した後は、入手済みのライセンスを使用して Windows のライセンス認証をユーザーが行う必要があります。Post this period, customer needs to activate the windows with a procured license.
  4. VMware VM を有効にし、Recovery Services コンテナーに登録します。Turn on the VMware VM, and register it in the Recovery Services vault.

ウイルス対策プログラムからの Azure Site Recovery フォルダーの除外Azure Site Recovery folder exclusions from Antivirus program

ウイルス対策ソフトウェアがソース マシンでアクティブな場合If Antivirus software is active on Source machine

ソース マシンにアクティブなウイルス対策ソフトウェアがある場合、インストール フォルダーを除外する必要があります。If source machine has an Antivirus software active, installation folder should be excluded. そのため、スムーズなレプリケーションのために、フォルダー C:\ProgramData\ASR\agent を除外します。So, exclude folder C:\ProgramData\ASR\agent for smooth replication.

ウイルス対策ソフトウェアが構成サーバーでアクティブな場合If Antivirus Software is active on Configuration server

スムーズなレプリケーションと接続の問題を回避するために、ウイルス対策ソフトウェアから次のフォルダーを除外しますExclude following folders from Antivirus software for smooth replication and to avoid connectivity issues

  • C:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services AgentC:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services Agent.
  • C:\Program Files\Microsoft Azure Site Recovery ProviderC:\Program Files\Microsoft Azure Site Recovery Provider
  • C:\Program Files\Microsoft Azure Site Recovery Configuration ManagerC:\Program Files\Microsoft Azure Site Recovery Configuration Manager
  • C:\Program Files\Microsoft Azure Site Recovery Error Collection ToolC:\Program Files\Microsoft Azure Site Recovery Error Collection Tool
    • C:\thirdpartyC:\thirdparty
    • C:\TempC:\Temp
    • C:\strawberryC:\strawberry
    • C:\ProgramData\MySQLC:\ProgramData\MySQL
    • C:\Program Files (x86)\MySQLC:\Program Files (x86)\MySQL
    • C:\ProgramData\ASRC:\ProgramData\ASR
    • C:\ProgramData\Microsoft Azure Site RecoveryC:\ProgramData\Microsoft Azure Site Recovery
    • C:\ProgramData\ASRLogsC:\ProgramData\ASRLogs
    • C:\ProgramData\ASRSetupLogsC:\ProgramData\ASRSetupLogs
    • C:\ProgramData\LogUploadServiceLogsC:\ProgramData\LogUploadServiceLogs
    • C:\inetpubC:\inetpub
    • Site Recovery サーバーのインストール ディレクトリ。Site Recovery server installation directory. 次に例を示します。E:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site RecoveryFor example: E:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery

ウイルス対策ソフトウェアがスケールアウト プロセス サーバー/マスター ターゲットでアクティブな場合If Antivirus Software is active on scale-out Process server/Master Target

ウイルス対策ソフトウェアから次のフォルダーを除外しますExclude following folders from Antivirus software

  1. C:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services AgentC:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services Agent
  2. C:\ProgramData\ASRC:\ProgramData\ASR
  3. C:\ProgramData\ASRLogsC:\ProgramData\ASRLogs
  4. C:\ProgramData\ASRSetupLogsC:\ProgramData\ASRSetupLogs
  5. C:\ProgramData\LogUploadServiceLogsC:\ProgramData\LogUploadServiceLogs
  6. C:\ProgramData\Microsoft Azure Site RecoveryC:\ProgramData\Microsoft Azure Site Recovery
  7. Azure Site Recovery 負荷分散プロセス サーバーのインストール ディレクトリ。例: C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site RecoveryAzure Site Recovery load balanced process server installation directory, Example: C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery

ウイルス対策ソフトウェアが Linux マスター ターゲットで有効になっている場合If Antivirus Software is active on the Linux Master Target

ウイルス対策ソフトウェアから次のフォルダーを除外しますExclude following folders from Antivirus software

  1. /usr/local/ASR/usr/local/ASR
  2. /usr/local/InMage/usr/local/InMage
  3. /var/log/vxlogs/var/log/vxlogs
  4. /var/log/var/log
  5. /var/log/ApplicationPolicyLogs/var/log/ApplicationPolicyLogs
  6. /var/log/ASRsetuptelemetry/var/log/ASRsetuptelemetry
  7. /var/log/ASRsetuptelemetry_uploaded/var/log/ASRsetuptelemetry_uploaded

次のステップNext steps

ターゲット環境をセットアップするSet up your target environment