VMware VM および物理サーバーの Azure へのディザスター リカバリーのサポート マトリックスSupport matrix for disaster recovery of VMware VMs and physical servers to Azure

この記事では、Azure Site Recovery を使用して、VMware VM と物理サーバーの Azure へのディザスター リカバリーを行う場合にサポートされるコンポーネントと設定の概要について説明します。This article summarizes supported components and settings for disaster recovery of VMware VMs and physical servers to Azure using Azure Site Recovery.

  • VMware VM/物理サーバー ディザスター リカバリーのアーキテクチャの詳細についてご確認ください。Learn more about VMware VM/physical server disaster recovery architecture.
  • チュートリアルに従ってディザスター リカバリーをお試しください。Follow our tutorials to try out disaster recovery.

デプロイメント シナリオDeployment scenarios

シナリオScenario 詳細Details
VMware VM のディザスター リカバリーDisaster recovery of VMware VMs オンプレミス VMware VM の Azure へのレプリケーション。Replication of on-premises VMware VMs to Azure. このシナリオは、Azure portal または PowerShell を使用してデプロイできます。You can deploy this scenario in the Azure portal or by using PowerShell.
物理サーバーのディザスター リカバリーDisaster recovery of physical servers オンプレミスの Windows または Linux の物理サーバーから Azure へのレプリケーション。Replication of on-premises Windows/Linux physical servers to Azure. このシナリオは、Azure Portal で展開できます。You can deploy this scenario in the Azure portal.

オンプレミスの仮想化サーバーOn-premises virtualization servers

サーバーServer 要件Requirements 詳細Details
vCenter ServervCenter Server バージョン 6.7、6.5、6.0、5.5Version 6.7, 6.5, 6.0, or 5.5 ディザスター リカバリーのデプロイでは vCenter サーバーを使用することをお勧めします。We recommend that you use a vCenter server in your disaster recovery deployment.
vSphere ホストvSphere hosts バージョン 6.7、6.5、6.0、5.5Version 6.7, 6.5, 6.0, or 5.5 vSphere ホストと vCenter サーバーはプロセス サーバーと同じネットワーク内に存在することが推奨されます。We recommend that vSphere hosts and vCenter servers are located in the same network as the process server. 既定では、プロセス サーバーは構成サーバーで実行されます。By default the process server runs on the configuration server. 詳細情報Learn more.

Site Recovery 構成サーバーSite Recovery configuration server

構成サーバーはオンプレミスのマシンで、構成サーバー、プロセス サーバー、マスター ターゲット サーバーを含む Site Recovery のコンポーネントを実行します。The configuration server is an on-premises machine that runs Site Recovery components, including the configuration server, process server, and master target server.

  • VMware VM の場合は、VMware VM を作成する OVF テンプレートをダウンロードすることで構成サーバーを設定します。For VMware VMs you set the configuration server by downloading an OVF template to create a VMware VM.
  • 物理サーバーの場合は、構成サーバーのマシンを手動で設定します。For physical servers, you set up the configuration server machine manually.
コンポーネントComponent 要件Requirements
CPU コア数CPU cores 88
RAMRAM 16 GB16 GB
ディスクの数Number of disks ディスク 3 台3 disks

ディスクには、OS ディスク、プロセス サーバーのキャッシュ ディスク、フェールバック用リテンション ドライブが含まれます。Disks include the OS disk, process server cache disk, and retention drive for failback.
ディスクの空き領域Disk free space プロセス サーバーのキャッシュ用に 600 GB の領域。600 GB of space for the process server cache.
ディスクの空き領域Disk free space リテンション ドライブ用に 600 GB の領域。600 GB of space for the retention drive.
オペレーティング システムOperating system Windows Server 2012 R2 またはデスクトップ エクスペリエンス搭載 Windows Server 2016Windows Server 2012 R2, or Windows Server 2016 with Desktop experience

このアプライアンスの組み込みのマスター ターゲットをフェールバックに使用する予定の場合は、OS のバージョンが、レプリケートされるアイテムと同じかそれよりも高いことを確認してください。If you plan to use the in-built Master Target of this appliance for failback, ensure that the OS version is same or higher than the replicated items.
オペレーティング システムのロケールOperating system locale 英語 (en-us)English (en-us)
PowerCLIPowerCLI バージョン 9.14 以降の構成サーバーの場合は不要です。Not needed for configuration server version 9.14 or later.
Windows Server の役割Windows Server roles Active Directory Domain Services、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、Hyper-V は有効にしないでください。Don't enable Active Directory Domain Services; Internet Information Services (IIS) or Hyper-V.
グループ ポリシーGroup policies - コマンド プロンプトへのアクセス禁止。- Prevent access to the command prompt.
- レジストリ編集ツールへのアクセス禁止。- Prevent access to registry editing tools.
- ファイル添付の信頼ロジック。- Trust logic for file attachments.
- スクリプト実行の有効化。- Turn on Script Execution.
- 詳細情報- Learn more
IISIIS 以下を実行します。Make sure you:

- 既定の Web サイトが事前に存在しないようにする- Don't have a preexisting default website
- 匿名認証を有効にする- Enable anonymous authentication
- FastCGI 設定を有効にする- Enable FastCGI setting
- ポート 443 でリッスンしている既存の Web サイト/アプリがないようにする- Don't have preexisting website/app listening on port 443
NIC の種類NIC type VMXNET3 (VMware VM としてデプロイされている場合)VMXNET3 (when deployed as a VMware VM)
IP アドレスの種類IP address type 静的Static
PortPorts コントロール チャネルのオーケストレーションに使用される 443443 used for control channel orchestration
データ転送用の 94439443 for data transport

レプリケートされるマシンReplicated machines

Site Recovery は、サポートされているマシンで実行されているすべてのワークロードのレプリケーションをサポートします。Site Recovery supports replication of any workload running on a supported machine.

コンポーネントComponent 詳細Details
マシンの設定Machine settings Azure にレプリケートするマシンは、Azure の要件を満たしている必要があります。Machines that replicate to Azure must meet Azure requirements.
マシンのワークロードMachine workload Site Recovery は、サポートされているマシンで実行されているすべてのワークロードのレプリケーションをサポートします。Site Recovery supports replication of any workload running on a supported machine. 詳細情報Learn more.
Windows Server 2019Windows Server 2019 更新プログラム ロールアップ 34 (モビリティ サービスのバージョン 9.22) 以降でサポートされています。Supported from Update rollup 34 (version 9.22 of the Mobility service) onwards.
Windows Server 2016 64 ビットWindows Server 2016 64-bit Server Core、Server with Desktop Experience でサポートされています。Supported for Server Core, Server with Desktop Experience.
Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2012Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2012 サポートされています。Supported.
Windows Server 2008 R2 SP1 以降。Windows Server 2008 R2 with SP1 onwards. サポートされています。Supported.

モビリティ サービス エージェントのバージョン 9.30.x.x (2019 年 11 月初めにリリース予定) 以降では、Windows 2008 R2 SP1 以降を実行しているコンピューターにサービス スタック更新プログラム (SSU)SHA-2 更新プログラムをインストールする必要があります。From version 9.30.x.x (expected release beginning of November 2019) of the Mobility service agent, you need servicing stack update (SSU) and SHA-2 update installed on machines running Windows 2008 R2 with SP1 or later. SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。SHA-1 isn't supported from September 2019, and if SHA-2 code signing isn't enabled the agent extension won't install/upgrade as expected. SHA-2 のアップグレードと要件の詳細については、こちらを参照してください。Learn more about SHA-2 upgrade and requirements.
Windows Server 2008 SP2 以降 (64 ビット/32 ビット)Windows Server 2008 with SP2 or later (64-bit/32-bit) 移行についてのみサポートされています。Supported for migration only. 詳細情報Learn more.

モビリティ サービス エージェントのバージョン 9.30.x.x (2019 年 11 月初めにリリース予定) 以降では、Windows 2008 SP2 コンピューターにサービス スタック更新プログラム (SSU) と [SHA-2 更新プログラム](h https://support.microsoft.com/help/4474419)をインストールする必要があります。From version 9.30.x.x (expected release beginning of November 2019) of the Mobility service agent, you need servicing stack update (SSU) and SHA-2 update installed on Windows 2008 SP2 machines. ISHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。ISHA-1 isn't supported from September 2019, and if SHA-2 code signing isn't enabled the agent extension won't install/upgrade as expected. SHA-2 のアップグレードと要件の詳細については、こちらを参照してください。Learn more about SHA-2 upgrade and requirements.
Windows 10、Windows 8.1、Windows 8Windows 10, Windows 8.1, Windows 8 サポートされています。Supported.
Windows 7 SP1 64 ビットWindows 7 with SP1 64-bit 更新プログラム ロールアップ 36 (モビリティ サービスのバージョン 9.22) 以降でサポートされています。Supported from Update rollup 36 (version 9.22 of the Mobility service) onwards.
モビリティ サービス エージェントのバージョン 9.30.x.x (2019 年 11 月初めにリリース予定) 以降では、Windows 7 SP1 コンピューターにサービス スタック更新プログラム (SSU)SHA-2 更新プログラムをインストールする必要があります。From version 9.30.x.x (expected release beginning of November 2019) of the Mobility service agent, you need servicing stack update (SSU) and SHA-2 update installed on Windows 7 SP1 machines. SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。SHA-1 isn't supported from September 2019, and if SHA-2 code signing isn't enabled the agent extension won't install/upgrade as expected. SHA-2 のアップグレードと要件の詳細については、こちらを参照してください。Learn more about SHA-2 upgrade and requirements.
LinuxLinux 64 ビット システムのみがサポートされています。Only 64-bit system is supported. 32 ビット システムはサポートされていません。32-bit system isn't supported.

すべての Linux サーバーには Linux Integration Services (LIS) コンポーネントがインストールされている必要があります。Every Linux server should have Linux Integration Services (LIS) components installed. テスト フェールオーバー/フェールオーバー後に Azure でサーバーを起動するために必要です。It is required to boot the server in Azure after test failover/failover. LIS コンポーネントがない場合、Azure で起動するマシンのレプリケーションを有効にする前に、必ずコンポーネントをインストールしてください。If LIS components are missing, ensure to install the components before enabling replication for the machines to boot in Azure.

Site Recovery では、Azure で Linux サーバーを実行するためにフェールオーバーが調整されます。Site Recovery orchestrates failover to run Linux servers in Azure. ただし Linux ベンダーによっては、サポート終了前のディストリビューション バージョンしかサポート対象に含まれない場合もあります。However Linux vendors might limit support to only distribution versions that haven't reached end-of-life.

Linux ディストリビューションでは、ディストリビューションのマイナー バージョン リリース/更新の一部である stock カーネルのみがサポートされます。On Linux distributions, only the stock kernels that are part of the distribution minor version release/update are supported.

保護されているマシンの Linux ディストリビューションのメジャー バージョン間のアップグレードはサポートされていません。Upgrading protected machines across major Linux distribution versions isn't supported. アップグレードするには、いったんレプリケーションを無効にしてオペレーティング システムをアップグレードしてから、レプリケーションを再び有効にします。To upgrade, disable replication, upgrade the operating system, and then enable replication again.

Azure での Linux およびオープン ソース テクノロジのサポートについて詳しくは、こちらをご覧ください。Learn more about support for Linux and open-source technology in Azure.
Linux Red Hat EnterpriseLinux Red Hat Enterprise 5.2 から 5.115.2 to 5.11
6.1 から 6.106.1 to 6.10
7.0 から 7.7。7.0 to 7.7.
バージョン 7.7 はモビリティ エージェント 9.29 からサポートされていますVersion 7.7 is supported from mobility agent 9.29

Red Hat Enterprise Linux 5.2 から 5.11 および 6.1 から 6.10 を実行しているサーバーには Linux Integration Services (LIS) コンポーネントが事前インストールされていません。Servers running Red Hat Enterprise Linux 5.2-5.11 & 6.1-6.10 do not have Linux Integration Services (LIS) components pre-installed. Azure で起動するマシンのレプリケーションを有効にする前に、必ずコンポーネントをインストールしてください。Ensure to install the components before enabling replication for the machines to boot in Azure.
Linux:CentOSLinux: CentOS 5.2 から 5.115.2 to 5.11
6.1 から 6.106.1 to 6.10
7.0 から 7.67.0 to 7.6

CentOS 5.2 から 5.11 および 6.1 から 6.10 を実行しているサーバーには Linux Integration Services (LIS) コンポーネントが事前インストールされていません。Servers running CentOS 5.2-5.11 & 6.1-6.10 do not have Linux Integration Services (LIS) components pre-installed. Azure で起動するマシンのレプリケーションを有効にする前に、必ずコンポーネントをインストールしてください。Ensure to install the components before enabling replication for the machines to boot in Azure.
UbuntuUbuntu Ubuntu 14.04 LTS サーバー (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)Ubuntu 14.04 LTS server (review supported kernel versions)

Ubuntu 16.04 LTS サーバー (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)Ubuntu 16.04 LTS server (review supported kernel versions)
Ubuntu 18.04 LTS サーバー (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)Ubuntu 18.04 LTS server (review supported kernel versions)
DebianDebian Debian 7/Debian 8 (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)Debian 7/Debian 8 (review supported kernel versions)
SUSE LinuxSUSE Linux SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1、SP2、SP3、SP4 (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2, SP3, SP4 (review supported kernel versions)
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 または SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3, SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4
レプリケートされたマシンの SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 から SP4 へのアップグレードはサポートされていません。Upgrading replicated machines from SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 to SP4 isn't supported. アップグレードするには、レプリケーションを無効にし、アップグレードの後に再び有効にします。To upgrade, disable replication and re-enable after the upgrade.
Oracle LinuxOracle Linux 6.4、6.5、6.6、6.7、6.8、6.9、6.10、7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.76.4, 6.5, 6.6, 6.7, 6.8, 6.9, 6.10, 7.0, 7.1, 7.2, 7.3, 7.4, 7.5, 7.6, 7.7

Red Hat と互換可能なカーネルまたは Unbreakable Enterprise カーネル リリース 3、4、5 (UEK3、UEK4、UEK5) を実行しているRunning the Red Hat compatible kernel or Unbreakable Enterprise Kernel Release 3, 4 & 5 (UEK3, UEK4, UEK5)

Ubuntu カーネルのバージョンUbuntu kernel versions

サポートされているリリースSupported release モビリティ サービス バージョンMobility service version カーネル バージョンKernel version
14.04 LTS14.04 LTS 9.289.28 3.13.0-24-generic から 3.13.0-170-generic、3.13.0-24-generic to 3.13.0-170-generic,
3.16.0-25-generic ~ 3.16.0-77-generic、3.16.0-25-generic to 3.16.0-77-generic,
3.19.0-18-generic ~ 3.19.0-80-generic、3.19.0-18-generic to 3.19.0-80-generic,
4.2.0-18-generic ~ 4.2.0-42-generic、4.2.0-18-generic to 4.2.0-42-generic,
4.4.0-21-generic から 4.4.0-148-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-148-generic,
4.15.0-1023-azure から 4.15.0-1045-azure4.15.0-1023-azure to 4.15.0-1045-azure
14.04 LTS14.04 LTS 9.279.27 3.13.0-24-generic から 3.13.0-170-generic、3.13.0-24-generic to 3.13.0-170-generic,
3.16.0-25-generic ~ 3.16.0-77-generic、3.16.0-25-generic to 3.16.0-77-generic,
3.19.0-18-generic ~ 3.19.0-80-generic、3.19.0-18-generic to 3.19.0-80-generic,
4.2.0-18-generic ~ 4.2.0-42-generic、4.2.0-18-generic to 4.2.0-42-generic,
4.4.0-21-generic から 4.4.0-148-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-148-generic,
4.15.0-1023-azure から 4.15.0-1045-azure4.15.0-1023-azure to 4.15.0-1045-azure
14.04 LTS14.04 LTS 9.269.26 3.13.0-24-generic から 3.13.0-170-generic、3.13.0-24-generic to 3.13.0-170-generic,
3.16.0-25-generic ~ 3.16.0-77-generic、3.16.0-25-generic to 3.16.0-77-generic,
3.19.0-18-generic ~ 3.19.0-80-generic、3.19.0-18-generic to 3.19.0-80-generic,
4.2.0-18-generic ~ 4.2.0-42-generic、4.2.0-18-generic to 4.2.0-42-generic,
4.4.0-21-generic から 4.4.0-148-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-148-generic,
4.15.0-1023-azure から 4.15.0-1045-azure4.15.0-1023-azure to 4.15.0-1045-azure
14.04 LTS14.04 LTS 9.259.25 3.13.0-24-generic から 3.13.0-169-generic、3.13.0-24-generic to 3.13.0-169-generic,
3.16.0-25-generic ~ 3.16.0-77-generic、3.16.0-25-generic to 3.16.0-77-generic,
3.19.0-18-generic ~ 3.19.0-80-generic、3.19.0-18-generic to 3.19.0-80-generic,
4.2.0-18-generic ~ 4.2.0-42-generic、4.2.0-18-generic to 4.2.0-42-generic,
4.4.0-21-generic から 4.4.0-146-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-146-generic,
4.15.0-1023-azure から 4.15.0-1042-azure4.15.0-1023-azure to 4.15.0-1042-azure
16.04 LTS16.04 LTS 9.289.28 4.4.0-21-generic から 4.4.0-159-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-159-generic,
4.8.0-34-generic ~ 4.8.0-58-generic、4.8.0-34-generic to 4.8.0-58-generic,
4.10.0-14-generic ~ 4.10.0-42-generic、4.10.0-14-generic to 4.10.0-42-generic,
4.11.0-13-generic ~ 4.11.0-14-generic、4.11.0-13-generic to 4.11.0-14-generic,
4.13.0-16-generic から 4.13.0-45-generic、4.13.0-16-generic to 4.13.0-45-generic,
4.15.0-13-generic から 4.15.0-58-generic4.15.0-13-generic to 4.15.0-58-generic
4.11.0-1009-azure ~ 4.11.0-1016-azure、4.11.0-1009-azure to 4.11.0-1016-azure,
4.13.0-1005-azure から 4.13.0-1018-azure4.13.0-1005-azure to 4.13.0-1018-azure
4.15.0-1012-azure から 4.15.0-1055-azure4.15.0-1012-azure to 4.15.0-1055-azure
16.04 LTS16.04 LTS 9.279.27 4.4.0-21-generic から 4.4.0-154-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-154-generic,
4.8.0-34-generic ~ 4.8.0-58-generic、4.8.0-34-generic to 4.8.0-58-generic,
4.10.0-14-generic ~ 4.10.0-42-generic、4.10.0-14-generic to 4.10.0-42-generic,
4.11.0-13-generic ~ 4.11.0-14-generic、4.11.0-13-generic to 4.11.0-14-generic,
4.13.0-16-generic から 4.13.0-45-generic、4.13.0-16-generic to 4.13.0-45-generic,
4.15.0-13-generic から 4.15.0-54-generic4.15.0-13-generic to 4.15.0-54-generic
4.11.0-1009-azure ~ 4.11.0-1016-azure、4.11.0-1009-azure to 4.11.0-1016-azure,
4.13.0-1005-azure から 4.13.0-1018-azure4.13.0-1005-azure to 4.13.0-1018-azure
4.15.0-1012-azure から 4.15.0-1050-azure4.15.0-1012-azure to 4.15.0-1050-azure
16.04 LTS16.04 LTS 9.269.26 4.4.0-21-generic から 4.4.0-148-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-148-generic,
4.8.0-34-generic ~ 4.8.0-58-generic、4.8.0-34-generic to 4.8.0-58-generic,
4.10.0-14-generic ~ 4.10.0-42-generic、4.10.0-14-generic to 4.10.0-42-generic,
4.11.0-13-generic ~ 4.11.0-14-generic、4.11.0-13-generic to 4.11.0-14-generic,
4.13.0-16-generic から 4.13.0-45-generic、4.13.0-16-generic to 4.13.0-45-generic,
4.15.0-13-generic から 4.15.0-50-generic4.15.0-13-generic to 4.15.0-50-generic
4.11.0-1009-azure ~ 4.11.0-1016-azure、4.11.0-1009-azure to 4.11.0-1016-azure,
4.13.0-1005-azure から 4.13.0-1018-azure4.13.0-1005-azure to 4.13.0-1018-azure
4.15.0-1012-azure から 4.15.0-1045-azure4.15.0-1012-azure to 4.15.0-1045-azure
16.04 LTS16.04 LTS 9.259.25 4.4.0-21-generic から 4.4.0-146-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-146-generic,
4.8.0-34-generic ~ 4.8.0-58-generic、4.8.0-34-generic to 4.8.0-58-generic,
4.10.0-14-generic ~ 4.10.0-42-generic、4.10.0-14-generic to 4.10.0-42-generic,
4.11.0-13-generic ~ 4.11.0-14-generic、4.11.0-13-generic to 4.11.0-14-generic,
4.13.0-16-generic から 4.13.0-45-generic、4.13.0-16-generic to 4.13.0-45-generic,
4.15.0-13-generic から 4.15.0-48-generic4.15.0-13-generic to 4.15.0-48-generic
4.11.0-1009-azure ~ 4.11.0-1016-azure、4.11.0-1009-azure to 4.11.0-1016-azure,
4.13.0-1005-azure から 4.13.0-1018-azure4.13.0-1005-azure to 4.13.0-1018-azure
4.15.0-1012-azure から 4.15.0-1042-azure4.15.0-1012-azure to 4.15.0-1042-azure
16.04 LTS16.04 LTS 9.249.24 4.4.0-21-generic から 4.4.0-143-generic、4.4.0-21-generic to 4.4.0-143-generic,
4.8.0-34-generic ~ 4.8.0-58-generic、4.8.0-34-generic to 4.8.0-58-generic,
4.10.0-14-generic ~ 4.10.0-42-generic、4.10.0-14-generic to 4.10.0-42-generic,
4.11.0-13-generic ~ 4.11.0-14-generic、4.11.0-13-generic to 4.11.0-14-generic,
4.13.0-16-generic から 4.13.0-45-generic、4.13.0-16-generic to 4.13.0-45-generic,
4.15.0-13-generic から 4.15.0-46-generic4.15.0-13-generic to 4.15.0-46-generic
4.11.0-1009-azure ~ 4.11.0-1016-azure、4.11.0-1009-azure to 4.11.0-1016-azure,
4.13.0-1005-azure から 4.13.0-1018-azure4.13.0-1005-azure to 4.13.0-1018-azure
4.15.0-1012-azure から 4.15.0-1040-azure4.15.0-1012-azure to 4.15.0-1040-azure
18.04 LTS18.04 LTS 9.299.29 4.15.0-20-generic から 4.15.0-62-generic4.15.0-20-generic to 4.15.0-62-generic
4.18.0-13-generic から 4.18.0-25-generic4.18.0-13-generic to 4.18.0-25-generic
5.0.0-15-generic から 5.0.0-27-generic5.0.0-15-generic to 5.0.0-27-generic
4.15.0-1009-azure から 4.15.0-1037-azure4.15.0-1009-azure to 4.15.0-1037-azure
4.18.0-1006-azure から 4.18.0-1025-azure4.18.0-1006-azure to 4.18.0-1025-azure
5.0.0-1012-azure から 5.0.0-1018-azure5.0.0-1012-azure to 5.0.0-1018-azure

Debian カーネルのバージョンDebian kernel versions

サポートされているリリースSupported release モビリティ サービス バージョンMobility service version カーネル バージョンKernel version
Debian 7Debian 7 9.259.269.279.289.25,9.26, 9.27, 9.28 3.2.0-4-amd64 から 3.2.0-6-amd64、3.16.0-0.bpo.4-amd643.2.0-4-amd64 to 3.2.0-6-amd64, 3.16.0-0.bpo.4-amd64
Debian 8Debian 8 9.289.28 3.16.0-4-amd64 から 3.16.0-10-amd64、4.9.0-0.bpo.4-amd64 から 4.9.0-0.bpo.9-amd643.16.0-4-amd64 to 3.16.0-10-amd64, 4.9.0-0.bpo.4-amd64 to 4.9.0-0.bpo.9-amd64
Debian 8Debian 8 9.279.27 3.16.0-4-amd64 から 3.16.0-9-amd64、4.9.0-0.bpo.4-amd64 から 4.9.0-0.bpo.9-amd643.16.0-4-amd64 to 3.16.0-9-amd64, 4.9.0-0.bpo.4-amd64 to 4.9.0-0.bpo.9-amd64
Debian 8Debian 8 9.259.269.25, 9.26 3.16.0-4-amd64 から 3.16.0-8-amd64、4.9.0-0.bpo.4-amd64 から 4.9.0-0.bpo.8-amd643.16.0-4-amd64 to 3.16.0-8-amd64, 4.9.0-0.bpo.4-amd64 to 4.9.0-0.bpo.8-amd64

SUSE Linux Enterprise Server 12 のサポートされるカーネルのバージョンSUSE Linux Enterprise Server 12 supported kernel versions

リリースRelease モビリティ サービス バージョンMobility service version カーネル バージョンKernel version
SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1、SP2、SP3、SP4)SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1,SP2,SP3,SP4) 9.289.28 SP1 3.12.49-11-default から 3.12.74-60.64.40-defaultSP1 3.12.49-11-default to 3.12.74-60.64.40-default
SP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default から 3.12.74-60.64.118-defaultSP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default to 3.12.74-60.64.118-default

SP2 4.4.21-69-default から 4.4.120-92.70-defaultSP2 4.4.21-69-default to 4.4.120-92.70-default

SP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default から 4.4.121-92.117-defaultSP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default to 4.4.121-92.117-default

SP3 4.4.73-5-default から 4.4.180-94.100-defaultSP3 4.4.73-5-default to 4.4.180-94.100-default

SP3 4.4.138-4.7-azure から 4.4.180-4.31-azureSP3 4.4.138-4.7-azure to 4.4.180-4.31-azure

SP4 4.12.14-94.41-default から 4.12.14-95.29-defaultSP4 4.12.14-94.41-default to 4.12.14-95.29-default
SP4 4.12.14-6.3-azure から 4.12.14-6.23-azureSP4 4.12.14-6.3-azure to 4.12.14-6.23-azure
SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1、SP2、SP3、SP4)SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1,SP2,SP3,SP4) 9.279.27 SP1 3.12.49-11-default から 3.12.74-60.64.40-defaultSP1 3.12.49-11-default to 3.12.74-60.64.40-default
SP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default から 3.12.74-60.64.115-defaultSP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default to 3.12.74-60.64.115-default

SP2 4.4.21-69-default から 4.4.120-92.70-defaultSP2 4.4.21-69-default to 4.4.120-92.70-default

SP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default から 4.4.121-92.114-defaultSP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default to 4.4.121-92.114-default

SP3 4.4.73-5-default から 4.4.180-94.97-defaultSP3 4.4.73-5-default to 4.4.180-94.97-default

SP3 4.4.138-4.7-azure から 4.4.180-4.31-azureSP3 4.4.138-4.7-azure to 4.4.180-4.31-azure

SP4 4.12.14-94.41-default から 4.12.14-95.19-defaultSP4 4.12.14-94.41-default to 4.12.14-95.19-default
SP4 4.12.14-6.3-azure から 4.12.14-6.15-azureSP4 4.12.14-6.3-azure to 4.12.14-6.15-azure
SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1、SP2、SP3、SP4)SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1,SP2,SP3,SP4) 9.269.26 SP1 3.12.49-11-default から 3.12.74-60.64.40-defaultSP1 3.12.49-11-default to 3.12.74-60.64.40-default
SP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default から 3.12.74-60.64.110-defaultSP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default to 3.12.74-60.64.110-default

SP2 4.4.21-69-default から 4.4.120-92.70-defaultSP2 4.4.21-69-default to 4.4.120-92.70-default

SP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default から 4.4.121-92.109-defaultSP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default to 4.4.121-92.109-default

SP3 4.4.73-5-default から 4.4.178-94.91-defaultSP3 4.4.73-5-default to 4.4.178-94.91-default

SP3 4.4.138-4.7-azure から 4.4.178-4.28-azureSP3 4.4.138-4.7-azure to 4.4.178-4.28-azure

SP4 4.12.14-94.41-default から 4.12.14-95.16-defaultSP4 4.12.14-94.41-default to 4.12.14-95.16-default
SP4 4.12.14-6.3-azure から 4.12.14-6.9-azureSP4 4.12.14-6.3-azure to 4.12.14-6.9-azure
SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1、SP2、SP3、SP4)SUSE Linux Enterprise Server 12 (SP1,SP2,SP3,SP4) 9.259.25 SP1 3.12.49-11-default から 3.12.74-60.64.40-defaultSP1 3.12.49-11-default to 3.12.74-60.64.40-default
SP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default から 3.12.74-60.64.107-defaultSP1(LTSS) 3.12.74-60.64.45-default to 3.12.74-60.64.107-default

SP2 4.4.21-69-default から 4.4.120-92.70-defaultSP2 4.4.21-69-default to 4.4.120-92.70-default

SP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default から 4.4.121-92.104-defaultSP2(LTSS) 4.4.121-92.73-default to 4.4.121-92.104-default

SP3 4.4.73-5-default から 4.4.176-94.88-defaultSP3 4.4.73-5-default to 4.4.176-94.88-default

SP3 4.4.138-4.7-azure から 4.4.176-4.25-azureSP3 4.4.138-4.7-azure to 4.4.176-4.25-azure

SP4 4.12.14-94.41-default から 4.12.14-95.13-defaultSP4 4.12.14-94.41-default to 4.12.14-95.13-default
SP4 4.12.14-6.3-azure から 4.12.14-6.9-azureSP4 4.12.14-6.3-azure to 4.12.14-6.9-azure

Linux ファイル システム/ゲストのストレージLinux file systems/guest storage

コンポーネントComponent サポートされていますSupported
ファイル システムFile systems ext3、ext4、XFSext3, ext4, XFS
ボリューム マネージャーVolume manager - LVM はサポートされています。- LVM is supported.
- LVM での/boot は 更新プログラム ロールアップ 31 (モビリティ サービスのバージョン 9.20) 以降でサポートされています。- /boot on LVM is supported from Update Rollup 31 (version 9.20 of the Mobility service) onwards. モビリティ サービスの以前のバージョンではサポートされていません。It isn't supported in earlier Mobility service versions.
- 複数の OS ディスクはサポートされていません。- Multiple OS disks aren't supported.
準仮想化ストレージ デバイスParavirtualized storage devices 準仮想化ドライバーによってエクスポートされたデバイスはサポートされません。Devices exported by paravirtualized drivers aren't supported.
マルチ キュー ブロック IO デバイスMulti-queue block IO devices サポートされていません。Not supported.
HP CCISS ストレージ コントローラーを使用する物理サーバーPhysical servers with the HP CCISS storage controller サポートされていません。Not supported.
デバイス/マウント ポイントの名前付け規則Device/Mount point naming convention デバイス名またはマウント ポイント名は、一意である必要があります。Device name or mount point name should be unique.
2 つのデバイス/マウント ポイントに大文字と小文字を区別した名前を付けていないことを確認します。Ensure that no two devices/mount points have case-sensitive names. たとえば、同じ VM のデバイスに device1Device1 という名前を付けることはサポートされていません。For example naming devices for the same VM as device1 and Device1 isn't supported.
ディレクトリDirectories バージョン 9.20 (更新プログラム ロールアップ 31 でリリース) より前のモビリティ サービスのバージョンを実行している場合、次の制限事項が適用されます。If you're running a version of the Mobility service earlier than version 9.20 (released in Update Rollup 31), then these restrictions apply:

- / (ルート)、/boot、/usr、/usr/local、/var、/etc の各ディレクトリ (個別のパーティション/ファイルシステムとしてセットアップされた場合) は、ソース サーバーの同じ OS ディスク上に存在する必要があります。- These directories (if set up as separate partitions/file-systems) must be on the same OS disk on the source server: /(root), /boot, /usr, /usr/local, /var, /etc.
- /boot ディレクトリはディスク パーティション上にあり、LVM ボリュームではないことが必要です。- The /boot directory should be on a disk partition and not be an LVM volume.

バージョン 9.20 以降、これらの制限事項は適用されません。From version 9.20 onwards, these restrictions don't apply.
ブート ディレクトリBoot directory - GPT パーティション形式のブート ディスクは使用できません。- Boot disks mustn't be in GPT partition format. これは Azure アーキテクチャの制限です。This is an Azure architecture limitation. GPT ディスクは、データ ディスクとしてサポートされています。GPT disks are supported as data disks.

VM での複数のブート ディスクはサポートされていません。Multiple boot disks on a VM aren't supported

- 複数のディスクにまたがる LVM ボリュームでの /boot はサポートされていません。- /boot on an LVM volume across more than one disk isn't supported.
- ブート ディスクのないマシンをレプリケートすることはできません。- A machine without a boot disk can't be replicated.
空き領域要件Free space requirements /rootパーティションで 2GB2 GB on the /root partition

インストール フォルダーで 250MB250 MB on the installation folder
XFSv5XFSv5 メタデータ チェックサムなど、XFS ファイル システム上の XFSv5 機能はサポートされています (モビリティ サービスのバージョン 9.10 以降)。XFSv5 features on XFS file systems, such as metadata checksum, are supported (Mobility service version 9.10 onwards).
xfs_info ユーティリティを使用して、パーティションの XFS スーパーブロックを確認します。Use the xfs_info utility to check the XFS superblock for the partition. ftype が 1 に設定されている場合は、XFSv5 の機能が使用されます。If ftype is set to 1, then XFSv5 features are in use.
BTRFSBTRFS - BTRFS は更新プログラム ロールアップ 34 (モビリティ サービスのバージョン 9.22) 以降でサポートされています。BTRFS is supported from Update Rollup 34 (version 9.22 of the Mobility service) onwards. 次の場合、BTRFS はサポートされません。BTRFS isn't supported if:

- 保護を有効にした後、BTRFS ファイル システムのサブボリュームが変更されている。- The BTRFS file system subvolume is changed after enabling protection.
- BTRFS ファイル システムが複数のディスクに分散されている。- The BTRFS file system is spread over multiple disks.
- BTRFS ファイル システムで RAID がサポートされている。- The BTRFS file system supports RAID.

VM/ディスク管理VM/Disk management

アクションAction 詳細Details
レプリケートされた VM のディスク サイズの変更Resize disk on replicated VM サポートされています。Supported.
レプリケートされた VM のディスクの追加Add disk on replicated VM サポートされていません。Not supported.
VM のレプリケーションを無効にし、ディスクを追加してから、レプリケーションを再び有効にします。Disable replication for the VM, add the disk, and then re-enable replication.

ネットワークNetwork

コンポーネントComponent サポートされていますSupported
ホスト ネットワークの NIC チーミングHost network NIC Teaming VMware VM でサポートされています。Supported for VMware VMs.

物理マシンのレプリケーションではサポートされません。Not supported for physical machine replication.
ホスト ネットワークの VLANHost network VLAN はい。Yes.
ホスト ネットワークの IPv4Host network IPv4 はい。Yes.
ホスト ネットワークの IPv6Host network IPv6 No.No.
ゲスト/サーバー ネットワークの NIC チーミングGuest/server network NIC Teaming No.No.
ゲスト/サーバー ネットワークの IPv4Guest/server network IPv4 はい。Yes.
ゲスト/サーバー ネットワークの IPv6Guest/server network IPv6 No.No.
ゲスト/サーバー ネットワークの静的 IP (Windows)Guest/server network static IP (Windows) はい。Yes.
ゲスト/サーバー ネットワークの静的 IP (Linux)Guest/server network static IP (Linux) はい。Yes.

フェールバックで DHCP を使用するように VM が構成されます。VMs are configured to use DHCP on failback.
ゲスト/サーバー ネットワークのマルチ NICGuest/server network multiple NICs はい。Yes.

Azure VM ネットワーク (フェールオーバー後)Azure VM network (after failover)

コンポーネントComponent サポートされていますSupported
Azure ExpressRouteAzure ExpressRoute はいYes
ILBILB はいYes
ELBELB はいYes
Azure の Traffic ManagerAzure Traffic Manager はいYes
マルチ NICMulti-NIC はいYes
予約済み IP アドレスReserved IP address はいYes
IPv4IPv4 はいYes
送信元 IP アドレスを保持するRetain source IP address はいYes
Azure 仮想ネットワーク サービス エンドポイントAzure virtual network service endpoints
はいYes
Accelerated NetworkingAccelerated networking いいえNo

StorageStorage

コンポーネントComponent サポートされていますSupported
ダイナミック ディスクDynamic disk OS ディスクは、ベーシック ディスクである必要があります。OS disk must be a basic disk.

データ ディスクは、ダイナミック ディスクにすることができますData disks can be dynamic disks
Docker ディスク構成Docker disk configuration いいえNo
ホスト NFSHost NFS VMware = はいYes for VMware

物理サーバー = いいえNo for physical servers
ホスト SAN (iSCSI/FC)Host SAN (iSCSI/FC) はいYes
ホスト vSANHost vSAN VMware = はいYes for VMware

物理サーバー = 該当なしN/A for physical servers
ホスト マルチパス (MPIO)Host multipath (MPIO) はい - テスト環境: Microsoft DSM、EMC PowerPath 5.7 SP4、EMC PowerPath DSM for CLARiiONYes, tested with Microsoft DSM, EMC PowerPath 5.7 SP4, EMC PowerPath DSM for CLARiiON
ホストの仮想ボリューム (VVols)Host Virtual Volumes (VVols) VMware = はいYes for VMware

物理サーバー = 該当なしN/A for physical servers
ゲスト/サーバー VMDKGuest/server VMDK はいYes
ゲスト/サーバー共有クラスター ディスクGuest/server shared cluster disk いいえNo
ゲスト/サーバー暗号化ディスクGuest/server encrypted disk いいえNo
ゲスト/サーバー NFSGuest/server NFS いいえNo
ゲスト/サーバー iSCSIGuest/server iSCSI 移行の場合 - はいFor Migration - Yes
ディザスター リカバリーの場合 - いいえ、iSCSI は接続されたディスクとして VM にフェールバックされますFor Disaster Recovery - No, iSCSI will failback as an attached disk to the VM
ゲスト/サーバー SMB 3.0Guest/server SMB 3.0 いいえNo
ゲスト/サーバー RDMGuest/server RDM はいYes

物理サーバー = 該当なしN/A for physical servers
ゲスト/サーバー ディスク > 1 TBGuest/server disk > 1 TB はい。ディスクは 1,024 MB 以上である必要があります。Yes, disk must be larger than 1024 MB

マネージド ディスクにレプリケートする場合は最大 8,192 GB (9.26 バージョン以降)Up to 8,192 GB when replicating to managed disks (9.26 version onwards)
ストレージ アカウントにレプリケートする場合は最大 4,095 GBUp to 4,095 GB when replicating to storage accounts
4K 論理および 4K 物理セクター サイズのゲスト/サーバー ディスクGuest/server disk with 4K logical and 4k physical sector size いいえNo
4K 論理および 512 バイト物理セクター サイズのゲスト/サーバー ディスクGuest/server disk with 4K logical and 512-bytes physical sector size いいえNo
ストライピングされたディスクのゲスト/サーバー ボリューム > 4 TBGuest/server volume with striped disk >4 TB

論理ボリューム管理 (LVM)Logical volume management (LVM)
はいYes
ゲスト/サーバー - 記憶域スペースGuest/server - Storage Spaces いいえNo
ゲスト/サーバー ディスクのホット アド/削除Guest/server hot add/remove disk いいえNo
ゲスト/サーバー - ディスクの除外Guest/server - exclude disk はいYes
ゲスト/サーバー マルチパス (MPIO)Guest/server multipath (MPIO) いいえNo
ゲスト/サーバー GPT パーティションGuest/server GPT partitions - 5 個のパーティションが更新プログラム ロールアップ 37 (モビリティ サービスのバージョン 9.25) 以降でサポートされています。Five partitions are supported from Update Rollup 37 (version 9.25 of the Mobility service) onwards. 以前は 4 個までサポートしていました。Previously four were supported.
ReFSReFS Resilient File System は、モビリティ サービスのバージョン 9.23 以降でサポートされています。Resilient File System is supported with Mobility service version 9.23 or higher
ゲスト/サーバー EFI/UEFI ブートGuest/server EFI/UEFI boot - バージョン 9.13 以降のモビリティ サービスを実行している場合、サポートされます。- Supported when you're running Mobility service version 9.13 or later.
- Windows Server 2012 以降を実行している VMware VM または物理サーバーを Azure に移行する場合にサポートされます。- Supported when migrating VMware VMs or physical servers running Windows Server 2012 or later to Azure.
- VM は移行の場合にのみレプリケートできます。- You can only replicate VMs for migration. オンプレミスへのフェールバックはサポートされていません。Failback to on-premises isn't supported.
- NTFS のみがサポートされます。- Only NTFS is supported
- セキュリティで保護された UEFI ブートの種類はサポートされていません。- Secure UEFI boot type is not supported.
- ディスクのセクター サイズは、物理セクターごとに 512 バイトとする必要があります。- Disk sector size should be 512 bytes per physical sector.

レプリケーション チャネルReplication channels

レプリケーションの種類Type of replication サポートされていますSupported
オフロード データ転送 (ODX)Offloaded Data Transfers (ODX) いいえNo
オフライン シード処理Offline Seeding いいえNo
Azure Data BoxAzure Data Box いいえNo

Azure StorageAzure storage

コンポーネントComponent サポートされていますSupported
ローカル冗長ストレージLocally redundant storage はいYes
geo 冗長ストレージGeo-redundant storage はいYes
読み取りアクセス geo 冗長ストレージRead-access geo-redundant storage はいYes
クール ストレージCool storage いいえNo
ホット ストレージHot storage いいえNo
ブロック blobBlock blobs いいえNo
保存時の暗号化 (SSE)Encryption-at-rest (SSE) はいYes
Premium StoragePremium storage はいYes
インポート/エクスポート サービスImport/export service いいえNo
VNet 用 Azure Storage ファイアウォールAzure Storage firewalls for VNets はい。Yes.
ターゲット ストレージ/キャッシュ ストレージ アカウント (レプリケーション データの保存に使用) で構成されたもの。Configured on target storage/cache storage account (used to store replication data).
汎用目的 V2 ストレージ アカウント (ホット層とクール層)General-purpose v2 storage accounts (hot and cool tiers) はい (V1 に比べて V2 のトランザクション コストは非常に大きくなります)Yes (Transaction costs are substantially higher for V2 compared to V1)

Azure コンピューティングAzure compute

機能Feature サポートされていますSupported
可用性セットAvailability sets はいYes
可用性ゾーンAvailability zones いいえNo
ハブHUB はいYes
マネージド ディスクManaged disks はいYes

Azure VM の要件Azure VM requirements

Azure にレプリケートされたオンプレミス VM は、この表にまとめられている Azure VM の要件を満たしている必要があります。On-premises VMs replicated to Azure must meet the Azure VM requirements summarized in this table. Site Recovery がレプリケーションの前提条件確認を実行するとき、満たされていない要件がある場合には確認が失敗します。When Site Recovery runs a prerequisites check for replication, the check will fail if some of the requirements aren't met.

コンポーネントComponent 要件Requirements 詳細Details
ゲスト オペレーティング システムGuest operating system レプリケートするマシンのサポート対象のオペレーティング システムを確認します。Verify supported operating systems for replicated machines. サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
ゲスト オペレーティング システムのアーキテクチャGuest operating system architecture 64 ビット。64-bit. サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
オペレーティング システムのディスク サイズOperating system disk size 最大 2,048 GB。Up to 2,048 GB. サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
オペレーティング システムのディスク数Operating system disk count 11 サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
データ ディスク数Data disk count 64 以下。64 or less. サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
データ ディスク サイズData disk size マネージド ディスクにレプリケートする場合は最大 8,192 GB (9.26 バージョン以降)Up to 8,192 GB when replicating to managed disk (9.26 version onwards)
ストレージ アカウントにレプリケートする場合は最大 4,095 GBUp to 4,095 GB when replicating to storage account
サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
ネットワーク アダプターNetwork adapters 複数のアダプターがサポートされます。Multiple adapters are supported.
共有 VHDShared VHD サポートされていません。Not supported. サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
FC ディスクFC disk サポートされていません。Not supported. サポートされていない場合、確認は失敗します。Check fails if unsupported.
BitLockerBitLocker サポートされていません。Not supported. マシンのレプリケーションを有効にする前に、BitLocker を無効にする必要があります。BitLocker must be disabled before you enable replication for a machine.
VM 名VM name 1 から 63 文字。From 1 to 63 characters.

名前に使用できるのは、英文字、数字、およびハイフンのみです。Restricted to letters, numbers, and hyphens.

マシン名の最初と最後は、文字か数字とする必要があります。The machine name must start and end with a letter or number.
Site Recovery でマシンのプロパティの値を更新します。Update the value in the machine properties in Site Recovery.

リソース グループの制限Resource group limits

1 つのリソース グループで保護できる仮想マシンの数については、サブスクリプションの制限とクォータに関する記事を参照してください。To understand the number of virtual machines that can be protected under a single resource group, refer to the article on subscription limits and quotas

チャーンの制限Churn limits

以下の表は、Azure Site Recovery の制限を示したものです。The following table provides the Azure Site Recovery limits.

  • これらの制限は、Microsoft のテストに基づいて公開されていますが、アプリ I/O として想定されるすべての組み合わせを網羅したものではありません。These limits are based on our tests, but don't cover all possible app I/O combinations.
  • 実際の結果は、ご使用のアプリケーションで発生するさまざまな I/O によって異なることが考えられます。Actual results can vary based on your application I/O mix.
  • 最良の結果を得るためには、Deployment Planner ツールを実行し、テスト フェールオーバーを使用して広範なアプリケーション テストを実行し、アプリの実際のパフォーマンスを把握することを強くお勧めします。For best results, we strongly recommend that you run the Deployment Planner tool, and perform extensive application testing using test failovers to get the true performance picture for your app.
レプリケーション ターゲットReplication target レプリケーション元の平均ディスク I/O サイズAverage source disk I/O size レプリケーション元ディスクの平均データ変更頻度Average source disk data churn レプリケーション元ディスクの 1 日あたりのデータ変更頻度合計Total source disk data churn per day
Standard StorageStandard storage 8 KB8 KB 2 MB/秒2 MB/s (ディスクあたり) 168 GB168 GB per disk
Premium P10 または P15 ディスクPremium P10 or P15 disk 8 KB8 KB 2 MB/秒2 MB/s (ディスクあたり) 168 GB168 GB per disk
Premium P10 または P15 ディスクPremium P10 or P15 disk 16 KB16 KB 4 MB/秒4 MB/s (ディスクあたり) 336 GB336 GB per disk
Premium P10 または P15 ディスクPremium P10 or P15 disk 32 KB 以上32 KB or greater 8 MB/秒8 MB/s (ディスクあたり) 672 GB672 GB per disk
Premium P20、P30、P40、または P50 ディスクPremium P20 or P30 or P40 or P50 disk 8 KB8 KB 5 MB/s5 MB/s (ディスクあたり) 421 GB421 GB per disk
Premium P20、P30、P40、または P50 ディスクPremium P20 or P30 or P40 or P50 disk 16 KB 以上16 KB or greater 20 MB/秒20 MB/s (ディスクあたり) 1,684 GB1684 GB per disk
ソース データ変更頻度Source data churn 上限Maximum Limit
VM 上の全ディスクにおけるデータ変更頻度のピークPeak data churn across all disks on a VM 54 MB/秒54 MB/s
プロセス サーバーでサポートされる 1 日あたりのデータ変更頻度の上限Maximum data churn per day supported by a Process Server 2 TB2 TB
  • 前述の数値は、I/O のオーバーラップを 30% とした場合の平均値です。These are average numbers assuming a 30 percent I/O overlap.
  • Site Recovery は、オーバーラップ比に基づくより高いスループットと、より大きな書き込みサイズ、そして実ワークロード I/O 動作を扱うことができます。Site Recovery is capable of handling higher throughput based on overlap ratio, larger write sizes, and actual workload I/O behavior.
  • これらの数値には、標準的なバックログとして約 5 分が想定されています。These numbers assume a typical backlog of approximately five minutes. つまりデータはアップロード後 5 分以内に処理されて復旧ポイントが作成されます。That is, after data is uploaded, it is processed and a recovery point is created within five minutes.

資格情報コンテナーのタスクVault tasks

アクションAction サポートされていますSupported
リソース グループ間の資格情報コンテナーの移動Move vault across resource groups いいえNo
サブスクリプション内およびサブスクリプション間でコンテナーの移動Move vault within and across subscriptions いいえNo
リソース グループ間でストレージ、ネットワーク、Azure VM を移動Move storage, network, Azure VMs across resource groups いいえNo
サブスクリプション内およびサブスクリプション間でストレージ、ネットワーク、Azure VM を移動Move storage, network, Azure VMs within and across subscriptions. いいえNo

最新のコンポーネントを入手するObtain latest components

NameName 説明Description 詳細Details
構成サーバーConfiguration server オンプレミスにインストール済み。Installed on-premises.
オンプレミスの VMware サーバーまたは物理マシンと Azure の間の通信を調整します。Coordinates communications between on-premises VMware servers or physical machines, and Azure.
構成サーバーに関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about the configuration server.
最新バージョンへのアップグレードに関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about upgrading to the latest version.
構成サーバーの設定に関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about setting up the configuration server.
プロセス サーバーProcess server 構成サーバーに既定でインストールされます。Installed by default on the configuration server.
レプリケーション データを受信し、そのデータをキャッシュ、圧縮、暗号化によって最適化して、Azure に送信します。Receives replication data, optimizes it with caching, compression, and encryption, and sends it to Azure.
デプロイの拡大に合わせて、増大するレプリケーション トラフィックの処理を実行するプロセス サーバーを追加できます。As your deployment grows, you can add additional process servers to handle larger volumes of replication traffic.
プロセス サーバーに関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about the process server.
最新バージョンへのアップグレードに関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about upgrading to the latest version.
スケールアウト プロセス サーバーの設定に関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about setting up scale-out process servers.
モビリティ サービスMobility Service レプリケートする VMware VM または物理サーバーにインストールされます。Installed on VMware VM or physical servers you want to replicate.
オンプレミスの VMware サーバー/物理サーバーと Azure の間のレプリケーションを調整します。Coordinates replication between on-premises VMware servers/physical servers and Azure.
モビリティ サービスに関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about the Mobility service.
最新バージョンへのアップグレードに関する- 詳細情報をご覧ください。- Learn about upgrading to the latest version.

次の手順Next steps

VMware VM のディザスター リカバリーのために Azure を準備する方法を学びますLearn how to prepare Azure for disaster recovery of VMware VMs.