オンプレミスの VMware 仮想マシンまたは物理サーバーのセカンダリ サイトへのディザスター リカバリーをセットアップするSet up disaster recovery of on-premises VMware virtual machines or physical servers to a secondary site

Azure Site Recovery の InMage Scout は、オンプレミスの VMware サイト間のリアルタイムのレプリケーションを実現します。InMage Scout in Azure Site Recovery provides real-time replication between on-premises VMware sites. InMage Scout は、Azure Site Recovery サービスのサブスクリプションに含まれています。InMage Scout is included in Azure Site Recovery service subscriptions.

サポート終了のお知らせEnd-of-support announcement

Azure Site Recovery によるオンプレミスの VMware データセンターまたは物理データセンター間のレプリケーションのシナリオのサポート終了が近づいています。The Azure Site Recovery scenario for replication between on-premises VMware or physical datacenters is reaching end-of-support.

  • 2018 年 8 月以降、このシナリオを Recovery Services コンテナーで構成することはできません。また、InMage Scout ソフトウェアをコンテナーからダウンロードすることもできません。From August 2018, the scenario can’t be configured in the Recovery Services vault, and the InMage Scout software can’t be downloaded from the vault. 既存の展開はサポートされます。Existing deployments will be supported.
  • 2020 年 12 月 31 日以降、このシナリオはサポートされなくなります。From December 31 2020, the scenario won’t be supported.
  • 既存のパートナーは、サポート終了まで新しいお客様にこのシナリオを提供できます。Existing partners can onboard new customers to the scenario until support ends.

2018 年と 2019 年中に、2 つの更新プログラムがリリースされます。During 2018 and 2019, two updates will be released:

  • 更新プログラム 7:ネットワーク構成とコンプライアンスの問題を修正し、TLS 1.2 のサポートを提供します。Update 7: Fixes network configuration and compliance issues, and provides TLS 1.2 support.
  • 更新プログラム 8:Linux オペレーティング システム RHEL/CentOS 7.3/7.4/7.5 および SUSE 12 のサポートを追加しますUpdate 8: Adds support for Linux operating systems RHEL/CentOS 7.3/7.4/7.5, and for SUSE 12

更新プログラム 8 以降、更新プログラムはリリースされません。After Update 8, no further updates will be released. 更新プログラム 8 で追加されたオペレーティング システムに対する限定的な修正プログラムのサポートおよびベスト エフォートに基づくバグの修正が提供されます。There will be limited hotfix support for the operating systems added in Update 8, and bug fixes based on best effort.

Azure Site Recovery では、Azure を使用したシームレスかつクラス最高の DRaaS ソリューションをディザスター リカバリー サイトとして VMware と Hyper-V のお客様に引き続き提供します。Azure Site Recovery continues to innovate by providing VMware and Hyper-V customers a seamless and best-in-class DRaaS solution with Azure as a disaster recovery site. InMage/ASR Scout を既に使用しているお客様は、ビジネス継続性のニーズを満たすために、Azure Site Recovery の VMware から Azure のシナリオの使用を検討していただくことをお勧めします。Microsoft recommends that existing InMage / ASR Scout customers consider using Azure Site Recovery’s VMware to Azure scenario for their business continuity needs. Azure Site Recovery の VMware から Azure のシナリオは、VMware アプリケーションに対応したエンタープライズ クラスの DR ソリューションであり、分単位での RPO と RTO、マルチ VM アプリケーションのレプリケーションと復旧のサポート、シームレスなオンボード、包括的な監視、TCO の重要なメリットを提供します。Azure Site Recovery's VMware to Azure scenario is an enterprise-class DR solution for VMware applications, which offers RPO and RTO of minutes, support for multi-VM application replication and recovery, seamless onboarding, comprehensive monitoring, and significant TCO advantage.

シナリオの移行Scenario migration

別の方法として、オンプレミスの VMware VM と物理マシンを Azure にレプリケートし、それらのディザスター リカバリーを設定することをお勧めします。As an alternative, we recommend setting up disaster recovery for on-premises VMware VMs and physical machines by replicating them to Azure. これを行うには、次の手順を実行します。Do this as follows:

  1. 以下に示す比較早見表を確認します。Review the quick comparison below. オンプレミスのマシンをレプリケートする前に、それらが Azure へのレプリケーションの要件を満たしていることを確認する必要があります。Before you can replicate on-premises machines, you need check that they meet requirements for replication to Azure. VMware VM をレプリケートする場合は、容量計画ガイドラインを参照し、Deployment Planner ツールを実行して容量の要件を特定し、コンプライアンスを確認することをお勧めします。If you’re replicating VMware VMs, we recommend that you review capacity planning guidelines, and run the Deployment Planner tool to identity capacity requirements, and verify compliance.
  2. Deployment Planner を実行すると、レプリケーションを設定できます。o VMware VM の場合は、これらのチュートリアルに従って Azure の準備オンプレミスの VMware 環境の準備、およびディザスター リカバリーの設定を行います。After running the Deployment Planner, you can set up replication: o For VMware VMs, follow these tutorials to prepare Azure, prepare your on-premises VMware environment, and set up disaster recovery. o 物理マシンの場合は、このチュートリアルに従います。o For physical machines, follow this tutorial.
  3. マシンが Azure にレプリケートされたら、ディザスター リカバリー ドリルを実行して、すべてが想定どおりに機能していることを確認できます。After machines are replicating to Azure, you can run a disaster recovery drill to make sure everything’s working as expected.

比較早見表Quick comparison

機能Feature Azure へのレプリケーションReplication to Azure VMware データセンター間のレプリケーションReplication between VMware datacenters
必須コンポーネントRequired components レプリケートされるマシン上のモビリティ サービス。Mobility service on replicated machines. オンプレミスの構成サーバー、プロセス サーバー、マスター ターゲット サーバー。フェールバック用の一時プロセス サーバー (Azure 内)。On-premises configuration server, process server, master target server.Temporary process server in Azure for failback. モビリティ サービス、プロセス サーバー、構成サーバー、マスター ターゲットMobility service, Process Server, Configuration Server and Master Target
構成とオーケストレーションConfiguration and orchestration Recovery Services コンテナー (Azure Portal 内)Recovery Services vault in the Azure portal vContinuum を使用Using vContinuum
レプリケートReplicated ディスク (Windows および Linux)Disk (Windows and Linux) ボリューム - WindowsVolume-Windows
ディスク - LinuxDisk-Linux
共有ディスク クラスターShared disk cluster サポートされていませんNot supported サポートされていますSupported
データ チャーンの制限 (平均)Data churn limits (average) ディスクあたり 10 MB/秒のデータ10 MB/s data per disk
VM あたり 25 MB/秒のデータ25MB/s data per VM
詳細情報Learn more
ディスクあたり 10 MB/秒を超えるデータ> 10 MB/s data per disk
VM あたり 25 MB/秒を超えるデータ> 25 MB/s data per VM
監視Monitoring Azure Portal からFrom Azure portal CX (構成サーバー) からFrom CX (Configuration Server)
サポート マトリックスSupport Matrix 詳しくは、ここをクリックClick here for details ASR Scout 互換のマトリックスのダウンロードDownload ASR Scout compatible matrix

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。To complete this tutorial:

コンテナーの作成Create a vault

  1. Azure Portal > Recovery Services にサインインします。Sign in to the Azure portal > Recovery Services.
  2. [リソースの作成] > [監視 + 管理] > [Backup and Site Recovery] の順にクリックします。Click Create a resource > Monitoring + Management > Backup and Site Recovery.
  3. [名前] に、コンテナーを識別するフレンドリ名を入力します。In Name, specify a friendly name to identify the vault. 複数のサブスクリプションがある場合は、適切なものを選択します。If you have more than one subscription, select the appropriate one.
  4. リソース グループを作成するか、既存のリソース グループを選択します。Create a resource group, or select an existing one. Azure リージョンを指定します。Specify an Azure region.
  5. ダッシュボードからコンテナーにすばやくアクセスするには、[ダッシュボードにピン留めする]、 > [作成] の順にクリックします。To quickly access the vault from the dashboard, click Pin to dashboard > Create.

    新しいコンテナー

    新しいコンテナーは、[ダッシュボード] > [すべてのリソース] と、メインの [Recovery Services コンテナー] ページに表示されます。The new vault will appear on the Dashboard > All resources, and on the main Recovery Services vaults page.

保護の目標を選択するChoose a protection goal

レプリケート対象とレプリケート場所を選択します。Select what to replicate, and where to replicate it to.

  1. [Site Recovery] > [インフラストラクチャの準備] > [保護の目標] の順にクリックします。Click Site Recovery > Prepare Infrastructure > Protection goal.
  2. [復旧サイトへ] > [Yes, with VMware vSphere Hypervisor](はい、VMware vSphere Hypervisor を使う) の順に選択します。Select To recovery site > Yes, with VMware vSphere Hypervisor. 次に、 [OK] をクリックしますThen click OK.
  3. [Scout のセットアップ] で、InMage Scout 8.0.1 GA ソフトウェアと登録キーをダウンロードします。In Scout Setup, download the InMage Scout 8.0.1 GA software, and the registration key. すべてのコンポーネントのセットアップ ファイルは、ダウンロードした .zip ファイルに含まれています。The setup files for all components are included in the downloaded .zip file.

コンポーネント更新プログラムのダウンロードとインストールDownload and install component updates

最新の更新プログラムをレビューしてインストールします。Review and install the latest updates. 更新プログラムは、次の順序でサーバーにインストールする必要があります。Updates should be installed on servers in the following order:

  1. RX サーバー (該当する場合)RX server (if applicable)
  2. 構成サーバーConfiguration servers
  3. プロセス サーバーProcess servers
  4. マスター ターゲット サーバーMaster Target servers
  5. vContinuum サーバーvContinuum servers
  6. ソース サーバー (Windows および Linux サーバーの両方)Source server (both Windows and Linux Servers)

次のように、更新プログラムをインストールします。Install the updates as follows:

注意

すべての Scout コンポーネントのファイル更新バージョンが、更新プログラムの .zip ファイル内で同じとは限りません。All Scout components' file update version may not be the same in the update .zip file. 以前のバージョンは、前回の更新プログラムから今回の更新プログラムまでに、コンポーネントに変更がないことを示しています。The older version indicate that there is no change in the component since previous update to this update.

更新プログラム の .zip ファイルをダウンロードします。Download the update .zip file. ファイルには、以下のコンポーネントが含まれています。The file contains the following components:

  • RX_8.0.4.0_GA_Update_4_8725872_16Sep16.tar.gzRX_8.0.4.0_GA_Update_4_8725872_16Sep16.tar.gz
  • CX_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_13746667_18Sep17.exeCX_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_13746667_18Sep17.exe
  • UA_Windows_8.0.5.0_GA_Update_5_11525802_20Apr17.exeUA_Windows_8.0.5.0_GA_Update_5_11525802_20Apr17.exe
  • UA_RHEL6-64_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gzUA_RHEL6-64_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gz
  • vCon_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_11525767_21Sep17.exevCon_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_11525767_21Sep17.exe
  • RHEL5、OL5、OL6、SUSE 10、SUSE 11 向け UA 更新プログラム 4:UA_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gzUA update4 bits for RHEL5, OL5, OL6, SUSE 10, SUSE 11: UA_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gz
    1. .zip ファイルを抽出します。Extract the .zip files.
    2. RX サーバー:RX_8.0.4.0_GA_Update_4_8725872_16Sep16.tar.gz を RX サーバーにコピーし、展開します。RX server: Copy RX_8.0.4.0_GA_Update_4_8725872_16Sep16.tar.gz to the RX server, and extract it. 抽出先のフォルダーで、 /Installを実行します。In the extracted folder, run /Install.
    3. 構成サーバーとプロセス サーバー:CX_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_13746667_18Sep17.exe を構成サーバーとプロセス サーバーにコピーします。Configuration server and process server: Copy CX_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_13746667_18Sep17.exe to the configuration server and process server. ファイルをダブルクリックして実行します。Double-click to run it.
    4. Windows のマスター ターゲット サーバー:統一されたエージェントを更新するには、サーバーに UA_Windows_8.0.5.0_GA_Update_5_11525802_20Apr17.exe をコピーします。Windows Master Target server: To update the unified agent, copy UA_Windows_8.0.5.0_GA_Update_5_11525802_20Apr17.exe to the server. ファイルをダブルクリックして実行します。Double-click it to run it. 同じ統合エージェントの更新プログラムはソース サーバーにも適用できます。The same unified agent update is also applicable for the source server. ソースが更新プログラム 4 に更新されていない場合、統合エージェントを更新する必要があります。If source hasn't been updated to Update 4, you should update the unified agent. これは最新の変更をすべて備えた新しい GA インストーラーなので、InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_10Oct2017_release.exe で準備されたマスター ターゲット上で更新プログラムを適用する必要はありません。The update does not need to apply on the Master target prepared with InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_10Oct2017_release.exe as this is new GA installer with all the latest changes.
    5. vContinuum サーバー:vCon_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_11525767_21Sep17.exe をサーバーにコピーします。vContinuum server: Copy vCon_Windows_8.0.6.0_GA_Update_6_11525767_21Sep17.exe to the server. vContinuum ウィザードを閉じたことを確認してください。Make sure that you've closed the vContinuum wizard. ファイルをダブルクリックして実行します。Double-click on the file to run it. これは最新の変更をすべて備えた新しい GA インストーラーなので、InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_10Oct2017_release.exe で準備されたマスター ターゲット上で更新プログラムを適用する必要はありません。The update does not need to apply on the Master Target prepared with InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_10Oct2017_release.exe as this is new GA installer with all the latest changes.
    6. Linux マスター ターゲット サーバー:統合エージェントを更新するには、UA_RHEL6-64_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gz をマスター ターゲット サーバーにコピーし、抽出します。Linux master target server: To update the unified agent, copy UA_RHEL6-64_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gz to the master target server and extract it. 抽出先のフォルダーで、 /Installを実行します。In the extracted folder, run /Install.
    7. Windows ソース サーバー:統一されたエージェントを更新するには、ソース サーバーに UA_Windows_8.0.5.0_GA_Update_5_11525802_20Apr17.exeをコピーします。Windows source server: To update the unified agent, copy UA_Windows_8.0.5.0_GA_Update_5_11525802_20Apr17.exe to the source server. ファイルをダブルクリックして実行します。Double-click on the file to run it. 既に更新プログラム 4 に更新済みの場合や、最新の基本インストーラー InMage_UA_8.0.1.0_Windows_GA_28Sep2017_release.exe を使ってソース エージェントがインストールされている場合は、更新プログラム 5 のエージェントをソース サーバー上にインストールする必要はありません。You don't need to install the Update 5 agent on the source server if it has already been updated to Update 4 or source agent is installed with latest base installer InMage_UA_8.0.1.0_Windows_GA_28Sep2017_release.exe.
    8. Linux ソース サーバー:統合エージェントを更新するには、統合エージェント ファイルの対応するバージョンを Linux サーバーにコピーし、抽出します。Linux source server: To update the unified agent, copy the corresponding version of the unified agent file to the Linux server, and extract it. 抽出先のフォルダーで、 /Installを実行します。In the extracted folder, run /Install. 例:RHEL 6.7 64 ビット サーバーの場合は、UA_RHEL6-64_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gz をサーバーにコピーし、抽出します。Example: For RHEL 6.7 64-bit server, copy UA_RHEL6-64_8.0.4.0_GA_Update_4_9035261_26Sep16.tar.gz to the server, and extract it. 抽出先のフォルダーで、 /Installを実行します。In the extracted folder, run /Install.

レプリケーションを有効にするEnable replication

  1. ソースとターゲットの VMware サイト間にレプリケーションを設定します。Set up replication between the source and target VMware sites.
  2. インストール、保護、復旧について詳しくは、次のドキュメントをご覧ください。Refer to following documents to learn more about installation, protection, and recovery:

更新プログラムUpdates

Site Recovery Scout 8.0.1 更新プログラム 6Site Recovery Scout 8.0.1 Update 6

更新日:2017 年 10 月 12 日Updated: October 12, 2017

Scout 更新プログラム 6 をダウンロードします。Download Scout update 6.

Scout 更新プログラム 6 は累積的な更新プログラムです。Scout Update 6 is a cumulative update. 更新プログラム 1 から更新プログラム 5 までのすべての修正と、下記の新しい修正および拡張機能が含まれています。It contains all fixes from Update 1 to Update 5 plus the new fixes and enhancements described below.

新しいプラットフォームのサポートNew platform support

  • ソースの Windows Server 2016 のサポートが追加されました。Support has been added for Source Windows Server 2016
  • 以下の Linux オペレーティング システムのサポートが追加されました。Support has been added for following Linux operating systems:
    • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.9Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.9
    • CentOS 6.9CentOS 6.9
    • Oracle Linux 5.11Oracle Linux 5.11
    • Oracle Linux 6.8Oracle Linux 6.8
  • VMware Center 6.5 のサポートが追加されました。Support has been added for VMware Center 6.5

注意

  • Windows 用の基本の Unified Agent (UA) インストーラーは、Windows Server 2016 をサポートするように更新されました。Base Unified Agent(UA) installer for Windows has been refreshed to support Windows Server 2016. 新しいインストーラー InMage_UA_8.0.1.0_Windows_GA_28Sep2017_release.exe は、基本の Scout GA パッケージ (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA Oct17.zip) に同梱されています。The new installer InMage_UA_8.0.1.0_Windows_GA_28Sep2017_release.exe is packaged with the base Scout GA package (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA-Oct17.zip). サポートされているすべての Windows バージョンで同じインストーラーが使用されます。The same installer will be used for all supported Windows version.
  • 基本の Windows vContinuum およびマスター ターゲット インストーラーは、Windows Server 2016 をサポートするように更新されました。Base Windows vContinuum & Master Target installer has been refreshed to support Windows Server 2016. 新しいインストーラー InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_10Oct2017_release.exe は、基本の Scout GA パッケージ (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA-Oct17.zip) に同梱されています。The new installer InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_10Oct2017_release.exe is packaged with the base Scout GA package (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA-Oct17.zip). Windows 2016 マスター ターゲットおよび Windows 2012R2 マスター ターゲットのデプロイには、同じインストーラーが使用されます。The same installer will be used to deploy Windows 2016 Master Target and Windows 2012R2 Master Target.
  • 物理サーバー上の Windows Server 2016 は、ASR Scout でサポートされていません。Windows server 2016 on physical server is not supported by ASR Scout. Windows Server 2016 VMware VM のみをサポートしています。It supports only Windows Server 2016 VMware VM.

バグ修正と機能強化Bug fixes and enhancements

  • レプリケートされるディスクの一覧を使用した Linux VM のフェールバック保護に失敗すると、config の末尾が空になります。Failback protection fails for Linux VM with list of disks to be replicated is empty at the end of config.

Site Recovery Scout 8.0.1 更新プログラム 5Site Recovery Scout 8.0.1 Update 5

Scout 更新プログラム 5 は累積的な更新プログラムです。Scout Update 5 is a cumulative update. 更新プログラム 1 から更新プログラム 4 までのすべての修正と、下記の新しい修正が含まれています。It contains all fixes from Update 1 to Update 4, and the new fixes described below.

  • Site Recovery Scout 更新プログラム 4 から更新プログラム 5 までの修正は、特にマスター ターゲットおよび vContinuum コンポーネント向けです。Fixes from Site Recovery Scout Update 4 to Update 5 are specifically for the master target and vContinuum components.
  • ソース サーバー、マスター ターゲット、構成、プロセス、および RX サーバーが既に更新プログラム 4 を実行している場合、マスター ターゲット サーバー上にのみ適用します。If source servers, the master target, configuration, process, and RX servers are already running Update 4, then apply it only on the master target server.

新しいプラットフォームのサポートNew platform support

  • SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 4(SP4)SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 4(SP4)
  • SLES 11 SP4 64 ビット InMage_UA_8.0.1.0_SLES11-SP4-64_GA_13Apr2017_release.tar.gz は、Scout GA 基本パッケージ (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA.zip) でパッケージ化されています。SLES 11 SP4 64 bit InMage_UA_8.0.1.0_SLES11-SP4-64_GA_13Apr2017_release.tar.gz is packaged with the base Scout GA package (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA.zip). コンテナーの作成」の説明に従って、ポータルから GA パッケージをダウンロードします。Download the GA package from the portal, as described in create a vault.

バグ修正と機能強化Bug fixes and enhancements

  • Windows クラスターのサポート信頼性向上のための修正Fixes for increased Windows cluster support reliability:

    • P2V MSCS クラスター ディスクのいくつかが回復後に RAW になる問題を修正。Fixed- Some of the P2V MSCS cluster disks become RAW after recovery.
    • P2V MSCS クラスターの回復がディスク順序不一致のために失敗する問題を修正。Fixed- P2V MSCS cluster recovery fails due to a disk order mismatch.
    • MSCS クラスターのディスク追加操作がディスク サイズ不一致エラーで失敗する問題を修正。Fixed- The MSCS cluster operation to add disks fails with a disk size mismatch error.
    • RDM LUN マッピングを持つソース MSCS クラスターの準備完了チェックがサイズ検証で失敗する問題を修正。Fixed- The readiness check for the source MSCS cluster with RDM LUNs mapping fails in size verification.
    • SCSI が一致しない問題のために単一ノード クラスター保護が失敗する問題を修正。Fixed- Single node cluster protection fails because of a SCSI mismatch issue.
    • ターゲット クラスター ディスクが存在する場合、P2V Windows クラスター サーバーの再保護が失敗する問題を修正。Fixed- Re-protection of the P2V Windows cluster server fails if target cluster disks are present.
  • 修正済み:フェールバック保護中に、選択されたマスター ターゲット サーバーが保護されたソース マシンと同じ ESXi サーバーにない場合 (フォワード保護中)、フェールバック回復中に vContinuum が間違ったマスター ターゲット サーバーを取得し、回復操作が失敗する。Fixed: During failback protection, if the selected master target server isn't on the same ESXi server as the protected source machine (during forward protection), then vContinuum picks up the wrong master target server during failback recovery, and the recovery operation fails.

注意

  • P2V クラスター修正は、Site Recovery Scout 更新プログラム 5 で新しく保護された物理 MSCS クラスターのみに適用されます。The P2V cluster fixes are applicable only to physical MSCS clusters that are newly protected with Site Recovery Scout Update 5. 以前の更新プログラムを持つ保護された P2V MSCS クラスターに、クラスターの修正をインストールするには、Site Recovery Scout リリース ノートのセクション 12 に記載されているアップグレードの手順に従います。To install the cluster fixes on protected P2V MSCS clusters with older updates, follow the upgrade steps mentioned in section 12 of the Site Recovery Scout Release Notes.
  • 再保護の際に、各クラスター ノードで、同じ一連のディスクが最初に保護されたときのようにアクティブである場合は、物理 MSCS クラスターの再保護では既存のターゲット ディスクのみ再利用できます。if at the time of re-protection, the same set of disks are active on each of the cluster nodes as they were when initially protected, then re-protection of a physical MSCS cluster can only reuse existing target disks. そうでない場合、Site Recovery Scout リリース ノートのセクション 12 にある手動の手順に従って、ターゲット側のディスクを適切なデータストア パスに移動し、再保護中に再利用するようにします。If not, then use the manual steps in section 12 of Site Recovery Scout Release Notes, to move the target side disks to the correct datastore path, for reuse during re-protection. アップグレードの手順に従わずに P2V モードで MSCS クラスターを再保護すると、ターゲット ESXi サーバーに新しいディスクが作成されます。If you reprotect the MSCS cluster in P2V mode without following the upgrade steps, it creates a new disk on the target ESXi server. データストアから古いディスクを手動で削除する必要が生じます。You will need to manually delete the old disks from the datastore.
  • ソース SLES11 またはいずれかの Service Pack の付いた SLES11 サーバーが正常に再起動されたら、再同期するルート ディスクのレプリケーション ペアを手動でマークします。When a source SLES11 or SLES11 (with any service pack) server is rebooted gracefully, then manually mark the root disk replication pairs for re-synchronization. CX のインターフェイスでは、通知されません。There's no notification in the CX interface. 再同期するルート ディスクをマークしないと、データ整合性の問題が起きる可能性があります。 If you don't mark the root disk for resynchronization, you might notice data integrity issues.

Azure Site Recovery Scout 8.0.1 更新プログラム 4Azure Site Recovery Scout 8.0.1 Update 4

Scout 更新プログラム 4 は累積的な更新プログラムです。Scout Update 4 is a cumulative update. 更新プログラム 1 から更新プログラム 3 までのすべての修正と、下記の新しい修正が含まれています。It includes all fixes from Update 1 to Update 3, and the new fixes described below.

新しいプラットフォームのサポートNew platform support

  • VCenter/vSphere 6.0、6.1、6.2 のサポートが追加されましたSupport has been added for vCenter/vSphere 6.0, 6.1 and 6.2
  • これらの Linux オペレーティング システムのサポートが追加されました。Support has been added for these Linux operating systems:
    • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)7.0、7.1、7.2Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.0, 7.1 and 7.2
    • CentOS 7.0、7.1、7.2CentOS 7.0, 7.1 and 7.2
    • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.8Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.8
    • CentOS 6.8CentOS 6.8

注意

RHEL/CentOS 7 64 ビット InMage_UA_8.0.1.0_RHEL7-64_GA_06Oct2016_release.tar.gz は、Scout GA 基本パッケージ (InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA.zip) でパッケージ化されています。RHEL/CentOS 7 64 bit InMage_UA_8.0.1.0_RHEL7-64_GA_06Oct2016_release.tar.gz is packaged with the base Scout GA package InMage_Scout_Standard_8.0.1 GA.zip. コンテナーの作成」の説明に従って、ポータルから Scout GA パッケージをダウンロードします。Download the Scout GA package from the portal as described in create a vault.

バグ修正と機能強化Bug fixes and enhancements

  • 不要な再同期の問題を防ぐため、次の Linux オペレーティング システムおよびクローンのシャットダウン処理が強化されました。Improved shutdown handling for the following Linux operating systems and clones, to prevent unwanted resynchronization issues:
    • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.xRed Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.x
    • Oracle Linux (OL) 6.xOracle Linux (OL) 6.x
  • Linux で、統合エージェントのインストール ディレクトリのフォルダーへのすべてのアクセス許可がローカル ユーザーのみに制限されるようになりました。For Linux, all folder access permissions in the unified agent installation directory are now restricted to the local user only.
  • Windows で、SQL Server や SharePoint クラスターのような負荷の高い分散アプリケーションで共通の分散整合性ブックマークを発行しているときにタイムアウトになる問題を修正しました。On Windows, a fix for a timing out issue that occurred when issuing common distributed consistency bookmarks, on heavily loaded distributed applications such as SQL Server and Share Point clusters.
  • 構成サーバーの基本インストーラーの、ログに関連する修正。A log related fix in the configuration server base installer.
  • VMware vCLI 6.0 へのダウンロード リンクが Windows マスター ターゲット基本インストーラーに追加されました。A download link to VMware vCLI 6.0 was added to the Windows master target base installer.
  • フェールオーバーとディザスター リカバリーのテスト中のネットワーク構成変更のために、追加のチェックとログが追加されました。Additional checks and logs were added, for network configuration changes during failover and disaster recovery drills.
  • リテンション期間の情報が構成サーバーにレポートされないという問題の修正。A fix for an issue that caused retention information not to be reported to the configuration server.
  • 物理クラスターで、ソース ボリュームを縮小するときにボリュームのサイズ変更が vContinuum ウィザードで失敗するという問題の修正。For physical clusters, a fix for an issue that caused volume resizing to fail in the vContinuum wizard, when shrinking the source volume.
  • クラスター ディスクが PRDM ディスクの場合、"Failed to find the disk signature" (ディスク署名が見つかりませんでした) というエラーが発生してクラスターによる保護が失敗していました。A fix for a cluster protection issue that failed with error: "Failed to find the disk signature", when the cluster disk is a PRDM disk.
  • cxps トランスポート サーバーが範囲外の例外のためクラッシュする問題の修正。A fix for a cxps transport server crash, caused by an out-of-range exception.
  • vContinuum ウィザードの [プッシュ インストール] ページで、サーバー名と IP アドレスの列をサイズ変更できるようになりました。Server name and IP address columns are now resizable in the Push Installation page of the vContinuum wizard.
  • RX API の機能強化:RX API enhancements:
    • 最新 5 つの共通の整合性ポイントが利用可能になりました (保証済みタグのみ)。The five latest available common consistency points now available (only guaranteed tags).
    • 保護されているデバイスのすべてについて、容量と空き領域の詳細が表示されます。Capacity and free space details are displayed for all protected devices.
    • ソース サーバー上の Scout ドライバーの状態がわかります。Scout driver state on the source server is available.

注意

  • InMage_Scout_Standard_8.0.1_GA.zip 基本パッケージには、以下が含まれます。InMage_Scout_Standard_8.0.1_GA.zip base package has:
    • 更新された構成サーバーの基本インストーラー (InMage_CX_8.0.1.0_Windows_GA_26Feb2015_release.exe)An updated configuration server base installer (InMage_CX_8.0.1.0_Windows_GA_26Feb2015_release.exe)
    • Windows マスター ターゲット基本インストーラー (InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_26Feb2015_release.exe)A Windows master target base installer (InMage_Scout_vContinuum_MT_8.0.1.0_Windows_GA_26Feb2015_release.exe).
    • 新規インストールの場合はすべて、新しい構成サーバーと Windows マスター ターゲット GA ビットを使用します。For all new installations, use the new configuration server and Windows master target GA bits.
  • 更新プログラム 4 は、8.0.1 GA に直接適用できます。Update 4 can be applied directly on 8.0.1 GA.
  • 構成サーバーと RX の更新プログラムは、適用後にロールバックすることはできません。The configuration server and RX updates can’t be rolled back after they've been applied.

Azure Site Recovery Scout 8.0.1 更新プログラム 3Azure Site Recovery Scout 8.0.1 Update 3

Site Recovery の更新プログラムはすべて累積的です。All Site Recovery updates are cumulative. 更新プログラム 3 には、更新プログラム 1 と 更新プログラム 2 のすべての修正が含まれています。Update 3 contains all fixes from Update 1 and Update 2. 更新プログラム 3 は、8.0.1 GA に直接適用できます。Update 3 can be directly applied on 8.0.1 GA. 構成サーバーと RX の更新プログラムは、適用後にロールバックすることはできません。The configuration server and RX updates can’t be rolled back after they've been applied.

バグ修正と機能強化Bug fixes and enhancements

更新プログラム 3 では、次の問題が修正されました。Update 3 fixes the following issues:

  • プロキシを経由する場合、構成サーバーと RX はコンテナーに登録されません。The configuration server and RX aren't registered in the vault when they're behind the proxy.
  • 正常性レポートで、目標復旧時点 (RPO) に達していない時間数が更新されません。The number of hours in which the recovery point objective (RPO) wasn't reached is not updated in the health report.
  • ESX ハードウェアの詳細またはネットワークの詳細に UTF-8 文字が含まれている場合、構成サーバーが RX と同期しません。The configuration server isn't syncing with RX when the ESX hardware details, or network details, contain any UTF-8 characters.
  • 復旧後、Windows Server 2008 R2 ドメイン コント ローラーが開始しません。Windows Server 2008 R2 domain controllers don't start after recovery.
  • オフライン同期が、予想どおりに動作していません。Offline synchronization isn't working as expected.
  • VM のフェールオーバー後に、構成サーバー コンソールでレプリケーション ペアの削除が長時間にわたり進行しません。After VM failover, replication-pair deletion doesn't progress in the configuration server console for a long time. ユーザーは、フェールバックの完了または操作の再開ができません。Users can't complete the failback or resume operations.
  • SQL Server クライアントなどのアプリケーション接続の切断を減らすことを目的に、整合性ジョブによるスナップショット操作が全体的に最適化されました。Overall snapshot operations by the consistency job have been optimized, to help reduce application disconnects such as SQL Server clients.
  • 整合性ツール (VACP.exe) のパフォーマンスが改善されました。Consistency tool (VACP.exe) performance has been improved. Windows 上でのスナップショット作成に必要なメモリ使用量が削減されました。Memory usage required for creating snapshots on Windows has been reduced.
  • パスワードが 16 文字を超える場合、プッシュ インストール サービスがクラッシュします。The push install service crashes when the password is larger than 16 characters.
  • 資格情報が変更される場合、vContinuum は新しい vCenter 資格情報を確認せず、入力を求めません。vContinuum doesn't check and prompt for new vCenter credentials, when credentials are modified.
  • Linux で、マスター ターゲットのキャッシュ マネージャー (cachemgr) はプロセス サーバーからファイルをダウンロードしません。On Linux, the master target cache manager (cachemgr) isn't downloading files from the process server. そのため、レプリケーション ペアの調整が発生します。This results in replication pair throttling.
  • 物理フェールオーバー クラスター (MSCS) ディスクの順序がノード間で統一されていない場合、一部のクラスター ボリュームにレプリケーションが設定されません。When the physical failover cluster (MSCS) disk order isn't the same on all nodes, replication isn't set for some of the cluster volumes. この修正を適用するには、クラスターを再保護しなければいけません。The cluster must be reprotected to take advantage of this fix.
  • RX が Scout 7.1 から Scout 8.0.1 にアップグレードされた後、SMTP 機能が正常に動作しません。SMTP functionality isn't working as expected, after RX is upgraded from Scout 7.1 to Scout 8.0.1.
  • ロールバック操作の完了までの時間を追跡するために、より多くの統計がロールバック操作ログに追加されました。More statistics have been added in the log for the rollback operation, to track the time taken to complete it.
  • ソース サーバーの Linux オペレーティング システムに追加されたサポートは次のとおりです。Support has been added for Linux operating systems on the source server:
    • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6 update 7Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6 update 7
    • CentOS 6 update 7CentOS 6 update 7
  • 構成サーバーと RX コンソールが、ビットマップ モードに移行するペアの通知を表示するようになりました。The configuration server and RX consoles now show notifications for the pair, which goes into bitmap mode.
  • 次のセキュリティ修正プログラムが RX に追加されました。The following security fixes have been added in RX:
    • パラメーター改ざんによる承認バイパス:未承認ユーザーのアクセスを制限。Authorization bypass via parameter tampering: Restricted access to non-applicable users.
    • クロスサイト リクエスト フォージェリ:ページのトークンの概念が実装され、ページごとにランダムに生成されます。Cross-site request forgery: The page-token concept was implemented, and it generates randomly for every page. つまり、同じユーザーに対してシングル サインイン インスタンスのみが存在し、ページの更新は機能しません。This means there's only a single sign-in instance for the same user, and page refresh doesn't work. 代わりに、ダッシュボードにリダイレクトします。Instead, it redirects to the dashboard.
    • 悪意のあるファイルのアップロード:ファイルは特定の拡張子、つまり 7z、aiff、asf、avi、bmp、csv、doc、docx、fla、flv、gif、gz、gzip、jpeg、jpg、log、mid、mov、mp3、mp4、mpc、mpeg、mpg、ods、odt、pdf、png、ppt、pptx、pxd、qt、ram、rar、rm、rmi、rmvb、rtf、sdc、sitd、swf、sxc、sxw、tar、tgz、tif、tiff、txt、vsd、wav、wma、wmv、xls、xlsx、xml、zip に制限されています。Malicious file upload: Files are restricted to specific extensions: z, aiff, asf, avi, bmp, csv, doc, docx, fla, flv, gif, gz, gzip, jpeg, jpg, log, mid, mov, mp3, mp4, mpc, mpeg, mpg, ods, odt, pdf, png, ppt, pptx, pxd, qt, ram, rar, rm, rmi, rmvb, rtf, sdc, sitd, swf, sxc, sxw, tar, tgz, tif, tiff, txt, vsd, wav, wma, wmv, xls, xlsx, xml, and zip.
    • 永続的なクロス サイト スクリプティング:入力の検証が追加されました。Persistent cross-site scripting: Input validations were added.

Azure Site Recovery Scout 8.0.1 更新プログラム 2 (2015 年 12 月 3 日)Azure Site Recovery Scout 8.0.1 Update 2 (Update 03Dec15)

更新プログラム 2 の修正内容は次のとおりです。Fixes in Update 2 include:

  • 構成サーバー:構成サーバーが Azure Site Recovery 資格情報コンテナーに登録される際に、31 日間の無料計測機能が予期どおりに動作しない問題。Configuration server: Issues that prevented the 31-day free metering feature from working as expected, when the configuration server was registered to Azure Site Recovery vault.
  • 統合エージェント:マスター ターゲット サーバーをバージョン 8.0 から 8.0.1 にアップグレードする際に更新プログラムがインストールされないという更新プログラム 1 の問題の修正。Unified agent: Fix for an issue in Update 1 that resulted in the update not being installed on the master target server, during upgrade from version 8.0 to 8.0.1.

Azure Site Recovery Scout 8.0.1 更新プログラム 1Azure Site Recovery Scout 8.0.1 Update 1

更新プログラム 1 には、以下のバグの修正と新機能が含まれています。Update 1 includes the following bug fixes and new features:

  • 各サーバー インスタンスについて 31 日間の無料保護が提供されます。31 days of free protection per server instance. これにより、機能をテストしたり、概念実証を設定したりすることができます。This enables you to test functionality, or set up a proof-of-concept.
  • フェールオーバーとフェールバックを含め、サーバーでのすべての操作は、31 日間無料です。All operations on the server, including failover and failback, are free for the first 31 days. サーバーが最初に Site Recovery Scout で保護された時点から、時間がカウントされます。The time starts when a server is first protected with Site Recovery Scout. 32 日目以降は、お客様が所有するサイトに対する Site Recovery 保護について、各保護対象サーバーに Standard インスタンスの料金が請求されます。From the 32nd day, each protected server is charged at the standard instance rate for Site Recovery protection to a customer-owned site.
  • 現在課金されている保護対象サーバーの数は、いつでもコンテナーのダッシュボードで確認できます。At any time, the number of protected servers currently being charged is available on the Dashboard in the vault.
  • vSphere コマンドライン インターフェイス (vCLI) 5.5 更新プログラム 2 のサポートが追加されました。Support was added for vSphere Command-Line Interface (vCLI) 5.5 Update 2.
  • ソース サーバー上の次の Linux オペレーティング システムにサポートが追加されました。Support was added for these Linux operating systems on the source server:
    • RHEL 6 Update 6RHEL 6 Update 6
    • RHEL 5 Update 11RHEL 5 Update 11
    • CentOS 6 Update 6CentOS 6 Update 6
    • CentOS 5 Update 11CentOS 5 Update 11
  • 次の問題に対処するバグの修正が提供されます。Bug fixes to address the following issues:
    • 構成サーバーまたは RX サーバーに対するコンテナー登録に失敗する。Vault registration fails for the configuration server, or RX server.
    • クラスター化された VM を再開時に再保護すると、クラスターのボリュームが適切に表示されない。Cluster volumes don't appear as expected when clustered VMs are reprotected as they resume.
    • マスター ターゲット サーバーがオンプレミスの運用 VM とは異なる ESXi サーバーでホストされている場合、フェールバックが失敗する。Failback fails when the master target server is hosted on a different ESXi server from the on-premises production VMs.
    • 8.0.1 にアップグレードすると構成ファイルのアクセス許可が変更される。Configuration file permissions are changed when you upgrade to 8.0.1. この変更によって保護や操作に影響が出る。This change affects protection and operations.
    • 再同期のしきい値が適切に適用されないため、レプリケーションの動作に不整合が生じる。The resynchronization threshold isn't enforced as expected, causing inconsistent replication behavior.
    • 構成サーバー コンソールに、RPO 設定が正しく表示されない。The RPO settings don't appear correctly in the configuration server console. 圧縮されないデータ値に、誤って圧縮された値が表示される。The uncompressed data value incorrectly shows the compressed value.
    • vContinuum ウィザードで削除操作を行っても適切に削除されず、レプリケーションが構成サーバー コンソールから削除されない。The Remove operation doesn't delete as expected in the vContinuum wizard, and replication isn't deleted from the configuration server console.
    • vContinuum ウィザードで、MSCS VM の保護中にディスク ビューで [詳細] をクリックするとディスクの選択が自動的に解除される。In the vContinuum wizard, the disk is automatically unselected when you click Details in the disk view, during protection of MSCS VMs.
    • 物理 - 仮想 (P2V) シナリオで、VM の復旧中に必須 HP サービス (CIMnotify や CqMgHost など) が手動に移行しない。In the physical-to-virtual (P2V) scenario, required HP services (such as CIMnotify and CqMgHost) aren't moved to manual in VM recovery. この問題により、起動時間が長くなる。This issue results in additional boot time.
    • マスター ターゲット サーバーに 27 個以上のディスクがある場合、Linux VM の保護が失敗する。Linux VM protection fails when there are more than 26 disks on the master target server.