チュートリアル:セッションやデバイス間での Azure Spatial Anchors の共有Tutorial: Share Azure Spatial Anchors across sessions and devices

このチュートリアルでは、Azure Spatial Anchors を使用してあるセッション中にアンカーを作成した後、同じデバイスまたは異なるデバイス上でそれらを探知する方法について学習します。In this tutorial, you'll learn how to use Azure Spatial Anchors to create anchors during one session and then locate them, on the same device or on a different one. これらの同じアンカーは、同じ場所にある複数のデバイスが同時に探知することもできます。These same anchors could also be located by multiple devices in the same place and at the same time.

永続化

Azure Spatial Anchors は、クロスプラットフォーム対応の開発者向けサービスです。このサービスを使用すると、時間が経過した後でも複数のデバイス間で位置情報を保持するオブジェクトを使用して複合現実エクスペリエンスを作成できます。Azure Spatial Anchors is a cross-platform developer service that allows you to create mixed reality experiences using objects that persist their location across devices over time. 完了すると、2 つ以上のデバイスにデプロイ可能なアプリが完成します。When you're finished, you'll have an app that can be deployed to two or more devices. 1 つのインスタンスによって作成された Azure 空間アンカーは、他のインスタンスに共有できます。Azure Spatial Anchors created by one instance can be shared to the others.

学習内容は次のとおりです。You'll learn how to:

  • アンカーを一定期間メモリに格納して共有するための ASP.NET Core Web アプリを Azure にデプロイする。Deploy an ASP.NET Core Web App in Azure that can be used to share anchors, storing them in memory for a duration of time.
  • クイック スタートで提供されている Unity サンプルの AzureSpatialAnchorsLocalSharedDemo シーンを構成して、アンカー共有 Web アプリを利用する。Configure the AzureSpatialAnchorsLocalSharedDemo scene within the Unity Sample from our Quickstarts to take advantage of the Sharing Anchors Web App.
  • 1 つ以上のデバイスにデプロイして実行する。Deploy and run to one or more devices.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下のものが必要です。To complete this tutorial, make sure you have:

  • Azure Spatial Anchors の概要」を読んでいる。Read through the Azure Spatial Anchors overview.
  • 5 分間のクイック スタートのいずれかを完了している。Completed one of the 5-minute Quickstarts.
  • C# と Unity に関する基本的な知識。Basic knowledge on C# and Unity.
  • ARCore (Android を使用する場合) または ARKit (iOS を使用する場合) に関する基本的な知識。Basic knowledge on ARCore if you want to use Android, or ARKit if you want to use iOS.
  • ASP.NET および Web の開発ワークロードと共に Visual Studio 2017 以降がインストールされている Windows コンピューター。A Windows computer on which Visual Studio 2017 or later is installed with the ASP.NET and web development workload.
  • .NET Core 2.2 SDKThe .NET Core 2.2 SDK.
  • アプリのデプロイと実行用の 1 つ以上のデバイス (iOS または Android)。One or more devices (iOS or Android) on which to deploy and run an app.
    • Android を使用している場合は、以下が必要です。If you're using Android, you need to have:
    • iOS を使用している場合は、以下が必要です。If you're using iOS, you need to have:
      • Xcode 10 以降、CocoaPodsUnity 2019.1 以降インストールされている macOS コンピューター。A macOS computer on which Xcode 10 or later, CocoaPods, and Unity 2019.1 or later are installed.
      • 開発者向けの ARKit 対応 iOS デバイス。A developer-enabled ARKit-compatible iOS device.
      • Homebrew を介してインストールされた Git。Git installed via Homebrew. 次のコマンドをターミナルに 1 行で入力します。/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" 次に、brew install git を実行します。Enter the following command on a single line in the Terminal: /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" Then run brew install git.

このチュートリアルでは Unity と ASP.NET Core Web App を使用しますが、これは Azure Spatial Anchors 識別子を複数デバイス間で共有する方法の一例に過ぎないことに注意してください。It's worth noticing that, although you'll be using Unity and an ASP.NET Core Web App in this Tutorial, it is only to show an example on how to share Azure Spatial Anchor identifiers across other devices. 同じ目的を実現するために、他の言語やバックエンド テクノロジを使用することもできます。You can use other languages and back-end technologies to achieve the same goal. また、このチュートリアルで使用する ASP.NET Core Web アプリは .NET Core 2.2 SDK に依存しています。Also, the ASP.NET Core Web App used in this Tutorial has a dependency on .NET Core 2.2 SDK. 通常の (Windows 向け) Azure Web Apps では正常に動作しますが、現在、Azure Web Apps for Linux では動作しません。It runs fine on regular Azure Web Apps (for Windows), but will currently not work on Azure Web Apps for Linux.

Spatial Anchors リソースを作成するCreate a Spatial Anchors resource

Azure ポータルにアクセスします。Go to the Azure portal.

Azure portal の左側のナビゲーション ウィンドウで、 [リソースの作成] を選択します。In the left navigation pane in the Azure portal, select Create a resource.

検索ボックスを使用して、「Spatial Anchors」を検索します。Use the search box to search for Spatial Anchors.

Spatial Anchors の検索

[Spatial Anchors] を選択します。Select Spatial Anchors. ダイアログ ボックスで [作成] を選択します。In the dialog box, select Create.

[Spatial Anchors アカウント] ダイアログ ボックスで以下を行います。In the Spatial Anchors Account dialog box:

  • 通常の英数字を使用して、一意のリソース名を入力します。Enter a unique resource name, using regular alphanumeric characters.

  • リソースをアタッチするサブスクリプションを選択します。Select the subscription that you want to attach the resource to.

  • [新規作成] を選択して、リソース グループを作成します。Create a resource group by selecting Create new. myResourceGroup」と名前を付け、 [OK] を選択します。Name it myResourceGroup and select OK. リソース グループとは、Web アプリ、データベース、ストレージ アカウントなどの Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。A resource group is a logical container into which Azure resources like web apps, databases, and storage accounts are deployed and managed. たとえば、後から簡単な手順で一度にリソース グループ全体を削除することもできます。For example, you can choose to delete the entire resource group in one simple step later.

  • リソースを配置する場所 (リージョン) を選択します。Select a location (region) in which to place the resource.

  • [新規] を選択して、リソースの作成を開始します。Select New to begin creating the resource.

    リソースの作成

リソースが作成されると、Azure portal に、デプロイが完了したことが表示されます。After the resource is created, Azure Portal will show that your deployment is complete. [リソースに移動] をクリックします。Click Go to resource.

デプロイ完了

これで、リソースのプロパティを確認できます。Then, you can view the resource properties. リソースの [アカウント ID] 値は、後で必要になるため、テキスト エディターにコピーしておきます。Copy the resource's Account ID value into a text editor because you'll need it later.

リソースのプロパティ

[設定][キー] を選択します。Under Settings, select Key. [主キー] の値をテキスト エディターにコピーします。Copy the Primary key value into a text editor. この値は Account Key ですThis value is the Account Key. この情報は後で必要になります。You'll need it later.

アカウント キー

Unity サンプル プロジェクトをダウンロードするDownload the Unity sample project

次のコマンドを実行して samples リポジトリを複製します。Clone the samples repository by running the following command:

git clone https://github.com/Azure/azure-spatial-anchors-samples.git

アンカー共有サービスのデプロイDeploy your Sharing Anchors Service

Visual Studio を開き、Sharing\SharingServiceSample フォルダーのプロジェクトを開きます。Open Visual Studio, and open the project at the Sharing\SharingServiceSample folder.

発行ウィザードを開くOpen the publish wizard

ソリューション エクスプローラーで、SharingService プロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。In Solution Explorer, right-click the SharingService project and select Publish.

発行ウィザードが起動します。The Publish Wizard starts. [App Service] > [発行] の順に選択し、 [App Service の作成] ダイアログ ボックスを開きます。Select App Service > Publish to open the Create App Service dialog box.

Azure へのサインインSign in to Azure

[App Service の作成] ダイアログ ボックスで [アカウントの追加] を選択し、Azure サブスクリプションにサインインします。In the Create App Service dialog box, select Add an account and sign in to your Azure subscription. 既にサインインしている場合、ドロップダウン リストからアカウントを選択します。If you're already signed in, select the account you want from the drop-down list.

注意

既にサインインしている場合は、まだ [作成] を選択しないでください。If you're already signed in, don't select Create yet.

リソース グループの作成Create a resource group

リソース グループとは、Web アプリ、データベース、ストレージ アカウントなどの Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。A resource group is a logical container into which Azure resources like web apps, databases, and storage accounts are deployed and managed. たとえば、後から簡単な手順で一度にリソース グループ全体を削除することもできます。For example, you can choose to delete the entire resource group in one simple step later.

[リソース グループ] の横にある [新規] をクリックします。Next to Resource Group, select New.

リソース グループに myResourceGroup という名前を付けて、 [OK] をクリックします。Name the resource group myResourceGroup and select OK.

App Service プランを作成するCreate an App Service plan

App Service プランは、アプリのホストとなる Web サーバー ファームの場所、サイズ、機能を規定します。An App Service plan specifies the location, size, and features of the web server farm that hosts your app. 1 つの App Service プランを共有するように Web アプリを構成することで、複数のアプリをホストするときのコストを抑えることができます。You can save money when hosting multiple apps by configuring the web apps to share a single App Service plan.

App Service プランには、次の定義があります。App Service plans define:

  • リージョン (例:北ヨーロッパ、米国東部、東南アジア)Region (for example: North Europe, East US, or Southeast Asia)
  • インスタンス サイズ (S、M、L)Instance size (small, medium, or large)
  • スケール カウント (1 ~ 20 インスタンス)Scale count (1 to 20 instances)
  • SKU (Free、Shared、Basic、Standard、Premium)SKU (Free, Shared, Basic, Standard, or Premium)

[ホスティング プラン] の隣にある [新規] を選択します。Next to Hosting Plan, select New.

[ホスティング プランの構成] ダイアログ ボックスで、以下の設定を使用します。In the Configure Hosting Plan dialog box, use these settings:

SettingSetting 推奨値Suggested value 説明Description
App Service プランApp Service Plan MySharingServicePlanMySharingServicePlan App Service プランの名前です。Name of the App Service plan.
LocationLocation 米国西部West US Web アプリがホストされているデータ センターです。The datacenter where the web app is hosted.
SizeSize 無料Free 価格レベルによって、ホスティング機能が決まります。The pricing tier that determines hosting features.

[OK] を選択します。Select OK.

Web アプリを作成して発行するCreate and publish the web app

[アプリ名] に一意のアプリ名 (有効な文字は a-z0-9-) を入力するか、自動的に生成された一意の名前をそのまま使用します。In App Name, enter a unique app name (valid characters are a-z, 0-9, and -), or accept the automatically generated unique name. Web アプリの URL は https://<app_name>.azurewebsites.net です。<app_name> には自分のアプリの名前を指定します。The URL of the web app is https://<app_name>.azurewebsites.net, where <app_name> is your app name.

[作成] をクリックして、Azure リソースの作成を開始します。Select Create to start creating the Azure resources.

ウィザードの完了後に、Azure に ASP.NET Core Web アプリを発行してから、既定のブラウザーでアプリを開きます。After the wizard finishes, it publishes the ASP.NET Core web app to Azure and then opens the app in your default browser.

Azure で発行された ASP.NET Web アプリ

このセクションで使用したアプリ名は、形式 https://<app_name>.azurewebsites.net の URL プレフィックスとして使用されます。The app name you used in this section is used as the URL prefix in the format https://<app_name>.azurewebsites.net. 後で必要になるため、この URL はメモしておきます。Take note of this URL because you'll need it.

Unity でデバイスをセットアップするSet up your device in Unity

Unity で、Unity フォルダー内のプロジェクトを開きます。In Unity, open the project in the Unity folder. Unity により、プロジェクトと、コンピューターにインストールしたものとの間の Unity バージョンの相違について聞かれる場合があります。Unity might prompt you about a different Unity version between the project and the one you've installed on your machine. この警告は、Unity エディターのバージョンが、プロジェクトの作成に使用されたバージョンより新しければ、特に問題ありません。This warning is okay, as long as your version of Unity Editor is newer than the one the project was created with. この場合、 [続行] をクリックします。In that case, just click Continue. Unity エディターのバージョンがプロジェクトに必要なバージョンよりも古い場合は、 [終了] をクリックして、Unity エディターをアップグレードします。If your Unity Editor version is older than the one the project needs, click Quit, and upgrade your Unity Editor.

Unity ウィンドウ

Android デバイスのセットアップSet up an Android Device

[ファイル] > [ビルド設定] を選択して、 [ビルド設定] を開きます。Open Build Settings by selecting File > Build Settings.

[プラットフォーム] セクションで、 [Android] を選択します。In the Platform section, select Android. [Switch Platform](プラットフォームの切り替え) を選択して、プラットフォームを [Android] に変更します。Select Switch Platform to change the platform to Android. Android をサポートするコンポーネントが不足している場合は、Unity によってそれらをインストールすることを要求される場合があります。Unity might prompt you to install Android support components if they're missing.

Unity の [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウ

[ビルド設定] ウィンドウを閉じます。Close the Build Settings window.

iOS デバイスのセットアップSet up an iOS Device

[ファイル] > [ビルド設定] を選択して、 [ビルド設定] を開きます。Open Build Settings by selecting File > Build Settings.

[プラットフォーム] セクションで、 [iOS] を選択します。In the Platform section, select iOS.

[Switch Platform](プラットフォームの切り替え) を選択して、プラットフォームを [iOS] に変更します。Select Switch Platform to change the platform to iOS. iOS をサポートするコンポーネントが不足している場合は、Unity によってそれらをインストールすることを要求される場合があります。Unity might prompt you to install iOS support components if they're missing.

Unity の [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウ

[ビルド設定] ウィンドウを閉じます。Close the Build Settings window.

アカウント識別子とキーの構成Configure the account identifier and key

[Project](プロジェクト) ウィンドウで Assets/AzureSpatialAnchorsPlugin/Examples に移動し、シーン ファイル AzureSpatialAnchorsLocalSharedDemo.unity を開きます。In the Project pane, navigate to Assets/AzureSpatialAnchorsPlugin/Examples and open the AzureSpatialAnchorsLocalSharedDemo.unity scene file.

次に、自分のアカウント識別子とアカウント キーを使用するようにアプリを構成します。The next step is to configure the app to use your account identifier and account key. これらの情報は、Spatial Anchors リソースを設定するときにテキスト エディターにコピーしました。You copied them into a text editor when setting up the Spatial Anchors resource.

[Project](プロジェクト) ウィンドウで Assets\AzureSpatialAnchors.SDK\Resources に移動します。In the Project pane, navigate to Assets\AzureSpatialAnchors.SDK\Resources. [SpatialAnchorConfig] を選択します。Select SpatialAnchorConfig. 次に、 [Inspector] ウィンドウで、Spatial Anchors Account Key の値として Account Key を、Spatial Anchors Account Id の値として Account ID を入力します。Then, in the Inspector pane, enter the Account Key as the value for Spatial Anchors Account Key and the Account ID as the value for Spatial Anchors Account Id.

[Project](プロジェクト) ウィンドウで Assets\AzureSpatialAnchors.Examples\Resources に移動します。In the Project pane, navigate to Assets\AzureSpatialAnchors.Examples\Resources. [SpatialAnchorSamplesConfig] を選択します。Select SpatialAnchorSamplesConfig. さらに、 [Inspector](インスペクター) ウィンドウで、Base Sharing Url の値として (ASP.NET Web アプリの Azure デプロイにある) Sharing Anchors Service url を入力し、index.htmlapi/anchors に置き換えます。Then, in the Inspector pane, enter the Sharing Anchors Service url (from your ASP.NET web app Azure deployment) as the value for Base Sharing Url, replacing index.html with api/anchors. https://<app_name>.azurewebsites.net/api/anchors のようになります。It should look like this: https://<app_name>.azurewebsites.net/api/anchors.

[File](ファイル) > [Save](保存) の順に選択してシーンを保存します。Save the scene by selecting File > Save.

デバイスにデプロイするDeploy to your device

Android デバイスにデプロイするDeploy to Android device

Android デバイスにサインインし、USB ケーブルを使用してコンピューターに接続します。Sign in on your Android device and connect it to your computer by using a USB cable.

[ファイル] > [ビルド設定] を選択して、 [ビルド設定] を開きます。Open Build Settings by selecting File > Build Settings.

[Scenes In Build](ビルド内のシーン) で、すべてのシーンの横にチェック マークが付いていることを確認します。Under Scenes In Build, ensure all the scenes have a check mark next to them.

[Export Project](プロジェクトのエクスポート) がオフであることを確認します。Make sure Export Project doesn't have a check mark. [Build And Run](ビルドして実行) を選択します。Select Build And Run. .apk ファイルを保存するように求められます。You'll be prompted to save your .apk file. 任意の名前を選択できます。You can pick any name for it.

アプリが起動したら、 [Choose A Demo](A デモの選択) ダイアログで、左右の矢印を使用して [LocalShare] オプションを選択し、 [Go!](実行) をクリックします。Once the app starts, in the Choose A Demo dialog, use the left or right arrows to select the LocalShare option, and tap Go!. アプリ内の手順に従います。Follow the instructions in the app. [Create & Share Anchor](アンカーの作成と共有) または [Locate Shared Anchor](共有されたアンカーの配置) を選択できます。You can select Create & Share Anchor or Locate Shared Anchor.

最初のシナリオでは、後で同じデバイスまたは別のデバイス上で探知できるアンカーを作成できます。The first scenario lets you create an anchor that can be located later on the same device or on a different one. 2 つ目のシナリオでは、アプリを同じデバイスまたは別のデバイス上で既に実行している場合、前もって共有されているアンカーを探知できます。The second scenario, if you've already run the app, either on the same device or on a different one, allows you to locate previously shared anchors. シナリオを選択すると、実行する操作がアプリによって案内されます。After you pick your scenario, the app will guide you with further instructions around what to do. たとえば、環境情報を収集するためにデバイスをあちこちに移動させることを求められます。For example, you'll be asked to move your device around to collect environment information. その後、環境内にアンカーを配置し、それが保存されるまで待機したりします。Later on, you'll place an anchor in the world, wait for it to save, and so on.

iOS デバイスにデプロイするDeploy to an iOS device

[ファイル] > [ビルド設定] を選択して、 [ビルド設定] を開きます。Open Build Settings by selecting File > Build Settings.

[Scenes In Build](ビルド内のシーン) で、すべてのシーンの横にチェック マークが付いていることを確認します。Under Scenes In Build, ensure all the scenes have a check mark next to them.

[Build](ビルド) を選択します。Select Build. 開かれたダイアログ ボックスで、Xcode プロジェクトをエクスポートするフォルダーを選択します。In the dialog box that opens, select a folder to export the Xcode project to.

エクスポートが完了すると、エクスポートされた Xcode プロジェクトを含むフォルダーが表示されます。When the export is complete, a folder that contains the exported Xcode project will appear.

注意

置き換えるか追加するかを尋ねるウィンドウが表示される場合は、 [Append](追加) を選択することをお勧めします。If a window asking you if you want to replace or append appears, we recommend that you select Append because it's faster. シーンのアセットを変更している場合は、 [Replace](置換) を選択するだけで済みますYou should only need to select Replace if you're changing assets in your scene. (たとえば、親子関係を追加、削除、または変更する場合や、プロパティを追加、削除、または変更する場合)。ソース コードを変更するだけの場合は、 [Append](追加) で十分です。(For example, if you're adding, removing, or changing parent/child relationships, or if you're adding, removing, or changing properties.) If you're only making source code changes, Append should be enough.

Xcode プロジェクトを Azure Spatial Anchors 参照を含む xcworkspace に変換するConvert the Xcode project to xcworkspace containing Azure Spatial Anchors references

エクスポートされた Xcode プロジェクトのフォルダーで、ターミナルで次のコマンドを実行して、プロジェクトに必要な CocoaPods をインストールします。In the exported Xcode project folder, run this command in the Terminal to install the necessary CocoaPods for the project:

pod install --repo-update

これで、Unity-iPhone.xcworkspace を開き、Xcode でプロジェクトを開くことができるようになります。Now you can open Unity-iPhone.xcworkspace to open the project in Xcode:

open ./Unity-iPhone.xcworkspace

注意

library not found for -lPods-Unity-iPhone エラーが表示される場合は、.xcworkspace ファイルではなく .xcodeproj ファイルを開いた可能性があります。If you see a library not found for -lPods-Unity-iPhone error, you probably opened the .xcodeproj file instead of the .xcworkspace file.

ルートの Unity-iPhone ノードを選択してプロジェクトの設定を表示し、 [General](全般) タブを選択します。Select the root Unity-iPhone node to view the project settings, and then select the General tab.

[Signing](署名) で、 [Automatically manage signing](署名を自動的に管理) を有効にします。Under Signing, make sure Automatically manage signing is enabled. 有効でない場合は有効にして、表示されるダイアログ ボックスで [Enable Automatic](自動を有効にする) を選択して、ビルドの設定をリセットします。If it's not, enable it, and then select Enable Automatic in the dialog box that appears to reset the build settings.

[Deployment Info](展開情報) で、 [Deployment Target](展開ターゲット)11.0 に設定されていることを確認します。Under Deployment Info, make sure the Deployment Target is set to 11.0.

アプリを iOS デバイスに展開するDeploy the app to your iOS device

iOS デバイスを Mac に接続し、アクティブ スキームを iOS デバイスに設定します。Connect the iOS device to the Mac and set the active scheme to your iOS device.

デバイスを選択する

[Build and then run the current scheme](ビルドしてから現在のスキームを実行する) を選択します。Select Build and then run the current scheme.

展開して実行する

アプリが起動したら、 [Choose A Demo](A デモの選択) ダイアログで、左右の矢印を使用して [LocalShare] オプションを選択し、 [Go!](実行) をクリックします。Once the app starts, in the Choose A Demo dialog, use the left or right arrows to select the LocalShare option, and tap Go!. アプリ内の手順に従います。Follow the instructions in the app. [Create & Share Anchor](アンカーの作成と共有) または [Locate Shared Anchor](共有されたアンカーの配置) を選択できます。You can select Create & Share Anchor or Locate Shared Anchor.

最初のシナリオでは、後で同じデバイスまたは別のデバイス上で探知できるアンカーを作成できます。The first scenario lets you create an anchor that can be located later on the same device or on a different one. 2 つ目のシナリオでは、アプリを同じデバイスまたは別のデバイス上で既に実行している場合、前もって共有されているアンカーを探知できます。The second scenario, if you've already run the app, either on the same device or on a different one, allows you to locate previously shared anchors. シナリオを選択すると、実行する操作がアプリによって案内されます。After you pick your scenario, the app will guide you with further instructions around what to do. たとえば、環境情報を収集するためにデバイスをあちこちに移動させることを求められます。For example, you'll be asked to move your device around to collect environment information. その後、環境内にアンカーを配置し、それが保存されるまで待機したりします。Later on, you'll place an anchor in the world, wait for it to save, and so on.

Xcode で、 [Stop](停止) を選択してアプリを停止します。In Xcode, stop the app by selecting Stop.

リソースのクリーンアップClean up resources

前の手順では、リソース グループ内に Azure リソースを作成しました。In the preceding steps, you created Azure resources in a resource group. これらのリソースが将来必要になると思わない場合は、リソース グループを削除してリソースを削除できます。If you don't expect to need these resources in the future, you can delete them by deleting the resource group.

Azure portal メニューまたは [ホーム] ページから、 [リソース グループ] を選択し、 [リソース グループ] ページで、 [myResourceGroup] を選択します。From the Azure portal menu or Home page, select Resource groups, and on the Resource groups page, select myResourceGroup.

[myResourceGroup] ページで、一覧表示されたリソースが、削除しようとするリソースであることを確認します。On the myResourceGroup page, make sure that the listed resources are the ones you want to delete.

[削除] を選択し、テキスト ボックスに「myResourceGroup」と入力してから、 [削除] を選択します。Select Delete, type myResourceGroup in the text box, and then select Delete.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、ASP.NET Core Web アプリを Azure にデプロイした後、Unity アプリを構成してデプロイしました。In this tutorial, you've deployed an ASP.NET Core Web App in Azure, and then configured and deployed a Unity App. そのアプリで空間アンカーを作成し、ASP.NET Core Web アプリを使用して他のデバイスと共有しました。You created Spatial Anchors with the app, and shared them with other devices by using your ASP.NET Core Web App.

共有された空間アンカー識別子を Azure Cosmos DB を使用して格納するように ASP.NET Core Web アプリを改良する方法の詳細を確認するには、次のチュートリアルに進んでください。To learn more about how to improve your ASP.NET Core Web App so that it uses Azure Cosmos DB to store your shared Spatial Anchor identifiers, continue to the next tutorial. Azure Cosmos DB を使用すると、ASP.NET Core Web アプリを永続化できます。Azure Cosmos DB will give persistence to your ASP.NET Core Web App. これにより、アプリは、今日作成したアンカーを、Web アプリに保存されているアンカー識別子を使用して数日後に再度探知できるようになります。Doing so will allow your app to create an anchor today, and come back days later to be able to locate it again, by using the anchor identifier stored in your web app.