クイック スタート:Azure CLI を使用して Java Spring アプリケーションを起動するQuickstart: Launch a Java Spring application using the Azure CLI

Azure Spring Cloud では、Spring Boot ベースのマイクロサービス アプリケーションを Azure で簡単に実行できます。Azure Spring Cloud enables you to easily run a Spring Boot based microservices application on Azure.

このクイックスタートでは、既存の Java Spring Cloud アプリケーションを Azure にデプロイする方法について説明します。This quickstart shows you how to deploy an existing Java Spring Cloud application to Azure. 完了後は、引き続き Azure CLI を使用してアプリケーションを管理するか、Azure portal の使用に切り替えることができます。When you're finished, you can continue to manage the application via the Azure CLI or switch to using the Azure portal.

このクイックスタートでは、次の方法について説明します。Following this quickstart, you will learn how to:

  • サービス インスタンスをプロビジョニングするProvision a service instance
  • インスタンスに構成サーバーを設定するSet a configuration server for an instance
  • マイクロサービス アプリケーションをローカルにビルドするBuild a microservices application locally
  • 各マイクロサービスをデプロイするDeploy each microservice
  • アプリケーションのパブリック エンドポイントを割り当てるAssign public endpoint for your application

前提条件Prerequisites

注意

Azure Spring Cloud は現時点ではパブリック プレビューとして提供されています。Azure Spring Cloud is currently offered as a public preview. パブリック プレビュー オファリングにより、お客様は公式リリースの前に新機能を試すことができます。Public preview offerings allow customers to experiment with new features prior to their official release. パブリック プレビューの機能とサービスは、運用環境での使用を目的としたものではありません。Public preview features and services are not meant for production use. プレビュー期間中のサポートの詳細については、FAQ のページを参照するか、詳細についてサポート リクエストを提出してください。For more information about support during previews, please review our FAQ or file a Support request to learn more.

ヒント

Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 最新バージョンの Git、JDK、Maven、Azure CLI など、一般的な Azure ツールがプレインストールされています。It has common Azure tools preinstalled, including the latest versions of Git, JDK, Maven, and the Azure CLI. Azure サブスクリプションにログインしている場合は、shell.azure.com から Azure Cloud Shell を起動します。If you are logged in to your Azure subscription, launch your Azure Cloud Shell from shell.azure.com. Azure Cloud Shell の詳細については、ドキュメントを参照してくださいYou can learn more about Azure Cloud Shell by reading our documentation

このクイック スタートを完了するには、以下が必要です。To complete this quickstart:

  1. Git をインストールするInstall Git
  2. JDK 8 をインストールするInstall JDK 8
  3. Maven 3.0 以上をインストールするInstall Maven 3.0 or above
  4. Azure CLI バージョン 2.0.67 以上をインストールするInstall the Azure CLI version 2.0.67 or higher
  5. Azure サブスクリプションにサインアップするSign up for an Azure subscription

Azure CLI 拡張機能をインストールするInstall the Azure CLI extension

次のコマンドを使用して、Azure CLI 用の Azure Spring Cloud 拡張機能をインストールしますInstall the Azure Spring Cloud extension for the Azure CLI using the following command

az extension add --name spring-cloud

Azure CLI でサービス インスタンスをプロビジョニングするProvision a service instance on the Azure CLI

  1. Azure CLI にログインし、アクティブなサブスクリプションを選択します。Login to the Azure CLI and choose your active subscription. Azure Spring Cloud のホワイトリストに登録されているアクティブなサブスクリプションを選択してくださいBe sure to choose the active subscription that is whitelisted for Azure Spring Cloud

        az login
        az account list -o table
        az account set --subscription <Name or ID of subscription from the last step>
    
  2. Azure Spring Cloud サービスの名前を準備します。Prepare a name for your Azure Spring Cloud service. 名前の長さは 4 文字から 32 文字で、小文字、数字、およびハイフンのみを使用できます。The name must be between 4 and 32 characters long and can contain only lowercase letters, numbers, and hyphens. サービス名の最初の文字は英字でなければならず、最後の文字は英字または数字でなければなりません。The first character of the service name must be a letter and the last character must be either a letter or a number.

  3. Azure Spring Cloud サービスが含まれるリソース グループを作成します。Create a resource group to contain your Azure Spring Cloud service.

        az group create --location eastus --name <resource group name>
    

    Azure リソース グループの詳細についてはこちらをご覧ください。Learn more about Azure Resource Groups.

  4. Azure CLI ウィンドウを開き、次のコマンドを実行して、Azure Spring Cloud のインスタンスをプロビジョニングします。Open an Azure CLI window and run the following commands to provision an instance of Azure Spring Cloud.

        az spring-cloud create -n <service instance name> -g <resource group name>
    

    サービス インスタンスのデプロイには約 5 分かかります。The service instance will take around five minutes to deploy.

  5. 次のコマンドを使用して、既定のリソース グループ名とクラスター名を設定します。Set your default resource group name and cluster name using the following commands:

        az configure --defaults group=<resource group name>
        az configure --defaults spring-cloud=<service instance name>
    

構成サーバーを設定するSetup your configuration server

次のように、プロジェクトの git リポジトリの場所で、構成サーバーを更新します。Update your config-server with the location of the git repository for our project:

az spring-cloud config-server git set -n <service instance name> --uri https://github.com/Azure-Samples/piggymetrics-config

マイクロサービス アプリケーションをローカルにビルドするBuild the microservices applications locally

  1. 新しいフォルダーを作成し、Azure Cloud アカウントにサンプル アプリ リポジトリを複製します。Create a new folder and clone the sample app repository to your Azure Cloud account.

        mkdir source-code
        git clone https://github.com/Azure-Samples/piggymetrics
    
  2. ディレクトリを変更し、プロジェクトをビルドします。Change directory and build the project.

        cd piggymetrics
        mvn clean package -D skipTests
    

プロジェクトのコンパイルには、約 5 分かかります。Compiling the project takes about 5 minutes. 完了すると、各サービスのそれぞれのフォルダーに、個別の JAR ファイルができているはずです。Once completed, you should have individual JAR files for each service in their respective folders.

マイクロサービスを作成するCreate the microservices

前の手順でビルドした JAR ファイルを使用して、Spring Cloud マイクロサービスを作成します。Create Spring Cloud microservices using the JAR files built in the previous step. 3 つのマイクロサービス (gatewayauth-service、および account-service) を作成します。You will create three microservices: gateway, auth-service, and account-service.

az spring-cloud app create --name gateway
az spring-cloud app create --name auth-service
az spring-cloud app create --name account-service

アプリケーションをデプロイし、環境変数を設定するDeploy applications and set environment variables

アプリケーションを Azure に実際にデプロイする必要があります。We need to actually deploy our applications to Azure. 以下のコマンドを実行して、3 つのすべてのアプリケーションをデプロイします。Use the following commands to deploy all three applications:

az spring-cloud app deploy -n gateway --jar-path ./gateway/target/gateway.jar
az spring-cloud app deploy -n account-service --jar-path ./account-service/target/account-service.jar
az spring-cloud app deploy -n auth-service --jar-path ./auth-service/target/auth-service.jar

ゲートウェイにパブリック エンドポイントを割り当てるAssign public endpoint to gateway

Web ブラウザーを介してアプリケーションにアクセスする手段が必要です。We need a way to access the application via a web browser. ゲートウェイ アプリケーションには、パブリックに公開されているエンドポイントが必要です。Our gateway application needs a public facing endpoint.

  1. 次のコマンドを使用してエンドポイントを割り当ててください。Assign the endpoint using the following command:
az spring-cloud app update -n gateway --is-public true
  1. アプリケーションが実行されていることを確認できるように、gateway アプリケーションに対してパブリック IP を求めるクエリを実行します。Query the gateway application for its public IP so you can verify that the application is running:

Linux:Linux:

az spring-cloud app show --name gateway | grep url

Windows:Windows:

az spring-cloud app show -s <service name> -g <resource group> -n gateway -o table
  1. 前のコマンドによって提供された URL に移動し、PiggyMetrics アプリケーションを実行します。Navigate to the URL provided by the previous command to run the PiggyMetrics application. PiggyMetrics が実行中のスクリーンショットScreenshot of PiggyMetrics running

また、Azure portal に移動して URL を検索することもできます。You can also navigate the Azure portal to find the URL.

  1. サービスに移動しますNavigate to the service

  2. [アプリ] を選択しますSelect Apps

  3. [gateway] を選択しますSelect gateway

    PiggyMetrics が実行中のスクリーンショット

  4. gateway の概要 ページで、URL を見つけますPiggyMetrics が実行中のスクリーンショットFind the URL on the gateway Overview page Screenshot of PiggyMetrics running

次の手順Next Steps

このクイックスタートでは、Azure CLI から Spring Cloud アプリケーションをデプロイしました。In this quickstart, you've deployed a Spring Cloud application from the Azure CLI. Azure Spring Cloud の詳細を学習するには、デプロイ用のアプリの準備に関するチュートリアルに進みます。To learn more about Azure Spring Cloud, continue to the tutorial on preparing your app for deployment.

その他のサンプルを GitHub で入手できます (Azure Spring Cloud のサンプル)。More samples are available on GitHub: Azure Spring Cloud Samples.