SQL Database の単一およびプールされたデータベースへのレプリケーションReplication to SQL Database single and pooled databases

Azure SQL Database の SQL Database サーバーで単一またはプールされたデータベースに対して SQL Server レプリケーションを構成できます。SQL Server replication can be configured to single and pooled databases on a SQL Database server in Azure SQL Database.

サポートされている構成:Supported Configurations:

  • SQL Server には、オンプレミスで実行されている SQL Server のインスタンス、またはクラウドの Azure 仮想マシンで実行されている SQL Server のインスタンスを指定できます。The SQL Server can be an instance of SQL Server running on-premises or an instance of SQL Server running in an Azure virtual machine in the cloud. 詳細については、Azure Virtual Machines 上の SQL Server の概要に関するページをご覧ください。For more information, see SQL Server on Azure Virtual Machines overview.
  • Azure SQL データベースは、SQL Server パブリッシャーのプッシュ サブスクライバーである必要があります。The Azure SQL database must be a push subscriber of a SQL Server publisher.
  • ディストリビューション データベースとレプリケーション エージェントは、Azure SQL データベースに配置できません。The distribution database and the replication agents cannot be placed on an Azure SQL database.
  • スナップショットおよび一方向のトランザクション レプリケーションがサポートされています。Snapshot and one-way transactional replication are supported. ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションおよびマージ レプリケーションはサポートされていません。Peer-to-peer transactional replication and merge replication are not supported.
  • Azure SQL Database Managed Instance のパブリック プレビューでレプリケーションを使用できます。Replication is available for public preview on Azure SQL Database Managed Instance. マネージド インスタンスでは、パブリッシャー、ディストリビューター、およびサブスクライバー データベースをホストできます。Managed Instance can host publisher, distributor, and subscriber databases. 詳細については、「Replication with SQL Database Managed Instance (SQL Database Managed Instance でのレプリケーション)」を参照してください。For more information, see Replication with SQL Database Managed Instance.

バージョンVersions

  • パブリッシャーとディストリビューターは、少なくとも次のバージョンのいずれかでなければなりません。The publisher and distributor must be at least at one of the following versions:
  • SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x)
  • SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x)
  • SQL Server 2014 (12.x) SP1 CU3SQL Server 2014 (12.x) SP1 CU3
  • SQL Server 2014 (12.x) RTM CU10SQL Server 2014 (12.x) RTM CU10
  • SQL Server 2012 (11.x) SP2 CU8 または SP3SQL Server 2012 (11.x) SP2 CU8 or SP3
  • 以前のバージョンを使用してレプリケーションを構成しようとすると、エラー番号 MSSQL_REPL20084 (プロセスはサブスクライバーに接続できませんでした) および MSSQL_REPL40532 (ログインによって要求されたサーバー <name > を開くことができません。Attempting to configure replication using an older version can result in error number MSSQL_REPL20084 (The process could not connect to Subscriber.) and MSSQL_REPL40532 (Cannot open server <name> requested by the login. ログインに失敗しました) のエラーが発生する可能性があります。The login failed.).
  • Azure SQL Database のすべての機能を使用するには、最新バージョンの SQL Server Management Studio および SQL Server Data Tools を使用する必要があります。To use all the features of Azure SQL Database, you must be using the latest versions of SQL Server Management Studio and SQL Server Data Tools.

解説Remarks

  • レプリケーションを構成するには、SQL Server Management Studio を使用するか、パブリッシャーで Transact-SQL ステートメントを実行します。Replication can be configured by using SQL Server Management Studio or by executing Transact-SQL statements on the publisher. Azure portal を使用してレプリケーションを構成することはできません。You cannot configure replication by using the Azure portal.
  • レプリケーションで Azure SQL データベースに接続するために使用できるのは、SQL Server 認証ログインのみです。Replication can only use SQL Server authentication logins to connect to an Azure SQL database.
  • レプリケーション テーブルには主キーが必要です。Replicated tables must have a primary key.
  • 既存の Azure サブスクリプションが必要です。You must have an existing Azure subscription.
  • Azure SQL データベースのサブスクライバーは、どのリージョンであってもかまいません。The Azure SQL database subscriber can be in any region.
  • SQL Server 上の単一パブリケーションで、Azure SQL Database と、SQL Server (オンプレミスの SQL Server と Azure 仮想マシンの SQL Server) の両方のサブスクライバーをサポートできます。A single publication on SQL Server can support both Azure SQL Database and SQL Server (on-premises and SQL Server in an Azure virtual machine) subscribers.
  • レプリケーションの管理、監視、およびトラブルシューティングは、オンプレミスの SQL Server から実行する必要があります。Replication management, monitoring, and troubleshooting must be performed from the on-premises SQL Server.
  • Azure SQL Database へのプッシュ サブスクリプションのみがサポートされています。Only push subscriptions to Azure SQL Database are supported.
  • SQL Database については、sp_addsubscription@subscriber_type = 0 のみがサポートされています。Only @subscriber_type = 0 is supported in sp_addsubscription for SQL Database.
  • Azure SQL Database では、双方向、即時、更新可能、またはピア ツー ピアのレプリケーションはサポートされていません。Azure SQL Database does not support bi-directional, immediate, updatable, or peer to peer replication.

レプリケーション アーキテクチャReplication Architecture

replication-to-sql-database

シナリオScenarios

一般的なレプリケーション シナリオTypical Replication Scenario

  1. オンプレミスの SQL Server データベースで、トランザクション レプリケーション パブリケーションを作成します。Create a transactional replication publication on an on-premises SQL Server database.
  2. オンプレミスの SQL Server で、新しいサブスクリプション ウィザードまたは Transact-SQL ステートメントを使用して、Azure SQL Database のサブスクリプションに対するプッシュを作成します。On the on-premises SQL Server use the New Subscription Wizard or Transact-SQL statements to create a push to subscription to Azure SQL Database.
  3. Azure SQL Database の単一およびプールされたデータベースでは、初期データ セットはスナップショットです。このスナップショットは、スナップショット エージェントによって作成され、ディストリビューション エージェントによって配布および適用されます。With single and pooled databases in Azure SQL Database, the initial data set is a snapshot that is created by the Snapshot Agent and distributed and applied by the Distribution Agent. マネージド インスタンスのデータベースでは、データベース バックアップを使用してサブスクライバー データベースをシードすることもできます。With a managed instance database, you can also use a database backup to seed the subscriber database.

データ移行シナリオData Migration Scenario

  1. トランザクション レプリケーションを使用して、データを、オンプレミス SQL Server データベースから Azure SQL Database にレプリケートします。Use transactional replication to replicate data from an on-premises SQL Server database to Azure SQL Database.
  2. クライアントまたは中間層アプリケーションをリダイレクトして、Azure SQL データベースのコピーを更新します。Redirect the client or middle-tier applications to update the Azure SQL database copy.
  3. テーブルの SQL Server のバージョンの更新を停止し、パブリケーションを削除します。Stop updating the SQL Server version of the table and remove the publication.

制限事項Limitations

次のオプションは、Azure SQL Database サブスクリプションではサポートされていません。The following options are not supported for Azure SQL Database subscriptions:

  • ファイル グループの関連付けのコピーCopy file groups association
  • テーブルのパーティション分割構成のコピーCopy table partitioning schemes
  • インデックスのパーティション分割構成のコピーCopy index partitioning schemes
  • ユーザー定義の統計情報のコピーCopy user defined statistics
  • 既定のバインドのコピーCopy default bindings
  • ルールのバインドのコピーCopy rule bindings
  • フルテキスト インデックスのコピーCopy fulltext indexes
  • XML XSD のコピーCopy XML XSD
  • XML インデックスのコピーCopy XML indexes
  • アクセス許可のコピーCopy permissions
  • 空間インデックスのコピーCopy spatial indexes
  • フィルター処理済みインデックスのコピーCopy filtered indexes
  • データ圧縮属性のコピーCopy data compression attribute
  • スパース列属性のコピーCopy sparse column attribute
  • MAX データ型への filestream の変換Convert filestream to MAX data types
  • MAX データ型への hierarchyid の変換Convert hierarchyid to MAX data types
  • MAX データ型への spatial の変換Convert spatial to MAX data types
  • 拡張プロパティのコピーCopy extended properties
  • アクセス許可のコピーCopy permissions

未定の制限事項Limitations to be determined

  • 照合順序のコピーCopy collation
  • SP のシリアル化されたトランザクションでの実行Execution in a serialized transaction of the SP

Examples

パブリケーションおよびプッシュ サブスクリプションを作成します。Create a publication and a push subscription. 詳細については、次を参照してください。For more information, see:

関連項目See Also