クイック スタート:Python を使用して Azure SQL Database に照会するQuickstart: Use Python to query an Azure SQL database

このクイック スタートでは、Python を使って Azure SQL データベースに接続した後、Transact-SQL ステートメントを使ってデータを照会する方法について説明します。This quickstart demonstrates how to use Python to connect to an Azure SQL database and use Transact-SQL statements to query data. SDK の詳細については、リファレンス ドキュメント、pyodbc GitHub リポジトリpyodbc サンプルを確認してください。For further SDK details, check out our reference documentation, the pyodbc GitHub repository, and a pyodbc sample.

前提条件Prerequisites

このクイック スタートを完了するには、以下のものが必要です。To complete this quickstart, make sure you have the following:

SQL サーバーの接続情報を取得するGet SQL server connection information

Azure SQL データベースに接続するために必要な接続情報を取得します。Get the connection information you need to connect to the Azure SQL database. 後の手順で、完全修飾サーバー名またはホスト名、データベース名、およびログイン情報が必要になります。You'll need the fully qualified server name or host name, database name, and login information for the upcoming procedures.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. [SQL データベース] または [SQL マネージド インスタンス] ページに移動します。Navigate to the SQL databases or SQL managed instances page.

  3. [概要] ページで、単一データベースの場合は [サーバー名] の横の完全修飾サーバー名を確認し、マネージド インスタンスの場合は [ホスト] の横の完全修飾サーバー名を確認します。On the Overview page, review the fully qualified server name next to Server name for a single database or the fully qualified server name next to Host for a managed instance. サーバー名またはホスト名をコピーするには、名前をポイントして [コピー] アイコンを選択します。To copy the server name or host name, hover over it and select the Copy icon.

コードを作成して、SQL データベースのクエリを実行するCreate code to query your SQL database

  1. 任意のテキスト エディターで新しいファイル (sqltest.py) を作成します。In a text editor, create a new file named sqltest.py.

  2. 次のコードを追加します。Add the following code. <server>、<database>、<username>、<password> を独自の値に置き換えます。Substitute your own values for <server>, <database>, <username>, and <password>.

    重要

    この例のコードでは、サンプル データ AdventureWorksLT を使用します。これは、データベースの作成時にソースとして選択できます。The code in this example uses the sample AdventureWorksLT data, which you can choose as source when creating your database. データベースに別のデータがある場合は、SELECT クエリで独自のデータベースからのテーブルを使用します。If your database has different data, use tables from your own database in the SELECT query.

    import pyodbc
    server = '<server>.database.windows.net'
    database = '<database>'
    username = '<username>'
    password = '<password>'
    driver= '{ODBC Driver 17 for SQL Server}'
    cnxn = pyodbc.connect('DRIVER='+driver+';SERVER='+server+';PORT=1433;DATABASE='+database+';UID='+username+';PWD='+ password)
    cursor = cnxn.cursor()
    cursor.execute("SELECT TOP 20 pc.Name as CategoryName, p.name as ProductName FROM [SalesLT].[ProductCategory] pc JOIN [SalesLT].[Product] p ON pc.productcategoryid = p.productcategoryid")
    row = cursor.fetchone()
    while row:
        print (str(row[0]) + " " + str(row[1]))
        row = cursor.fetchone()
    

コードの実行Run the code

  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。At a command prompt, run the following command:

    python sqltest.py
    
  2. 上位 20 カテゴリ/製品の行が返されることを確認し、コマンド ウィンドウを閉じます。Verify that the top 20 Category/Product rows are returned, then close the command window.

次の手順Next steps