クイック スタート:Machine Learning service で R を使用して Azure SQL データベースにクエリを実行する (プレビュー)Quickstart: Use R with Machine Learning Services to query an Azure SQL database (preview)

このクイック スタートでは、Machine Learning Services で R を使用して Azure SQL データベースに接続し、Transact-SQL ステートメントを使用してデータを照会する方法について説明します。This quickstart demonstrates how to use R with Machine Learning Services to connect to an Azure SQL database and use Transact-SQL statements to query data. Machine Learning Services は、データベース内の R スクリプトを実行するために使用される、Azure SQL Database の機能です。Machine Learning Services is a feature of Azure SQL Database, used for executing in-database R scripts. 詳細については、「Azure SQL Database Machine Learning Services と R (プレビュー)」を参照してください。For further information, see Azure SQL Database Machine Learning Services with R (preview).

重要

Azure SQL Database の Machine Learning Services は、現在パブリック プレビュー期間です。Azure SQL Database Machine Learning Services is currently in public preview. このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。This preview version is provided without a service level agreement, and it's not recommended for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。Certain features might not be supported or might have constrained capabilities. 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。For more information, see Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

プレビューにサインアップするSign up for the preview

前提条件Prerequisites

このクイック スタートを完了するには、以下のものが必要です。To complete this quickstart, make sure you have the following:

  • Azure SQL データベース。An Azure SQL database. 以下のいずれかのクイック スタートを使用して、Azure SQL Database でデータベースを作成し、構成できます。You can use one of these quickstarts to create and then configure a database in Azure SQL Database:
単一データベースSingle database
作成Create ポータルPortal
CLICLI
PowerShellPowerShell
構成Configure サーバーレベルの IP ファイアウォール規則Server-level IP firewall rule
データを読み込むLoad data クイック スタートごとに読み込まれる Adventure WorksAdventure Works loaded per quickstart

注意

Azure SQL Database Machine Learning Services と R のプレビュー期間中は、マネージド インスタンスのデプロイ オプションがサポートされません。During the preview of Azure SQL Database Machine Learning Services with R, the managed instance deployment option is not supported.

  • Machine Learning Services (R を含む) が有効になっていること。Machine Learning Services (with R) enabled. パブリック プレビュー期間中は、Microsoft がお客様のオンボードを行い、既存のデータベースまたは新しいデータベースに対して機械学習を有効にします。During the public preview, Microsoft will onboard you and enable machine learning for your existing or new database. Sign up for the preview (プレビューにサインアップする)」の手順に従ってください。Follow the steps in Sign up for the preview.

  • 最新の SQL Server Management Studio (SSMS)。The latest SQL Server Management Studio (SSMS). 他のデータベース管理またはクエリ ツールを使用して R スクリプトを実行することはできますが、このクイック スタートでは、SSMS を使用します。You can run R scripts using other database management or query tools, but in this quickstart you'll use SSMS.

SQL サーバーの接続情報を取得するGet SQL server connection information

Azure SQL データベースに接続するために必要な接続情報を取得します。Get the connection information you need to connect to the Azure SQL database. 後の手順で、完全修飾サーバー名またはホスト名、データベース名、およびログイン情報が必要になります。You'll need the fully qualified server name or host name, database name, and login information for the upcoming procedures.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. [SQL データベース] または [SQL マネージド インスタンス] ページに移動します。Navigate to the SQL databases or SQL managed instances page.

  3. [概要] ページで、単一データベースの場合は [サーバー名] の横の完全修飾サーバー名を確認し、マネージド インスタンスの場合は [ホスト] の横の完全修飾サーバー名を確認します。On the Overview page, review the fully qualified server name next to Server name for a single database or the fully qualified server name next to Host for a managed instance. サーバー名またはホスト名をコピーするには、名前をポイントして [コピー] アイコンを選択します。To copy the server name or host name, hover over it and select the Copy icon.

コードを作成して、SQL データベースのクエリを実行するCreate code to query your SQL database

  1. SQL Server Management Studio を開き、SQL データベースに接続します。Open SQL Server Management Studio and connect to your SQL database.

    接続についてご不明な点がある場合は、「クイック スタート: SQL Server Management Studio を使用して Azure SQL データベースに接続しクエリを実行する」をご覧ください。If you need help connecting, see Quickstart: Use SQL Server Management Studio to connect and query an Azure SQL database.

  2. R スクリプト全体を sp_execute_external_script ストアド プロシージャに渡します。Pass the complete R script to the sp_execute_external_script stored procedure.

    スクリプトは @script 引数で渡します。The script is passed through the @script argument. @script 引数の内容は有効な R コードである必要があります。Everything inside the @script argument must be valid R code.

    重要

    この例のコードでは、サンプル データ AdventureWorksLT を使用します。これは、データベースの作成時にソースとして選択できます。The code in this example uses the sample AdventureWorksLT data, which you can choose as source when creating your database. データベースに別のデータがある場合は、SELECT クエリで独自のデータベースからのテーブルを使用します。If your database has different data, use tables from your own database in the SELECT query.

    EXECUTE sp_execute_external_script
    @language = N'R'
    , @script = N'OutputDataSet <- InputDataSet;'
    , @input_data_1 = N'SELECT TOP 20 pc.Name as CategoryName, p.name as ProductName FROM [SalesLT].[ProductCategory] pc JOIN [SalesLT].[Product] p ON pc.productcategoryid = p.productcategoryid'
    

    注意

    なんらかのエラーが発生した場合は、お使いの SQL データベースで Machine Learning Services のパブリック プレビューと R が有効になっていない可能性があります。If you get any errors, it might be because the public preview of Machine Learning Services (with R) is not enabled for your SQL database. 前記の「前提条件」をご覧ください。See Prerequisites above.

コードの実行Run the code

  1. sp_execute_external_script ストアド プロシージャを実行します。Execute the sp_execute_external_script stored procedure.

  2. 上位 20 カテゴリ/製品の行が [メッセージ] ウィンドウに返されることを確認します。Verify that the top 20 Category/Product rows are returned in the Messages window.

次の手順Next steps