エラスティック プールを利用した複数の Azure SQL データベースの管理およびスケーリングElastic pools help you manage and scale multiple Azure SQL databases

SQL Database のエラスティック プールは、予期できない多様な使用ニーズを持つ複数のデータベースを管理しスケーリングするための、シンプルでコスト効率の高いソリューションです。SQL Database elastic pools are a simple, cost-effective solution for managing and scaling multiple databases that have varying and unpredictable usage demands. エラスティック プール内のデータベースは、単一の Azure SQL Database サーバー上にあり、設定された数のリソースを設定価格で共有します。The databases in an elastic pool are on a single Azure SQL Database server and share a set number of resources at a set price. Azure SQL Database のエラスティック プールを使用すると、SaaS 開発者は、各データベースのパフォーマンスに弾力性を提供しながら、データベース グループの価格に対するパフォーマンスを所定の予算内で最適化できます。Elastic pools in Azure SQL Database enable SaaS developers to optimize the price performance for a group of databases within a prescribed budget while delivering performance elasticity for each database.

SQL エラスティック プールとはWhat are SQL elastic pools

SaaS 開発者は、複数のデータベースで構成される大規模なデータ層の上にアプリケーションを構築します。SaaS developers build applications on top of large scale data-tiers consisting of multiple databases. アプリケーションの一般的なパターンでは、顧客ごとに Single Database をプロビジョニングします。A common application pattern is to provision a single database for each customer. しかし、各顧客の使用パターンは変動して予測不可能な場合が多く、各データベース ユーザーのそれぞれについてリソース要件を予測することも困難です。But different customers often have varying and unpredictable usage patterns, and it is difficult to predict the resource requirements of each individual database user. これまでは、2 つのオプションがありました。Traditionally, you had two options:

  • ピーク使用量および超過支払いに基づくリソースの過剰プロビジョニングOver-provision resources based on peak usage and over pay, or
  • ピーク時のパフォーマンスと顧客満足を犠牲にした、コスト削減のための過小プロビジョニングUnder-provision to save cost, at the expense of performance and customer satisfaction during peaks.

エラスティック プールは、データベースが必要なパフォーマンス リソースを必要なときに確保できるようにすることで、この問題を解決します。Elastic pools solve this problem by ensuring that databases get the performance resources they need when they need it. また、予測可能な予算の範囲内でシンプルなリソース割り当てメカニズムが提供されます。They provide a simple resource allocation mechanism within a predictable budget. エラスティック プールを使用する SaaS アプリケーションの設計パターンの詳細については、「 Azure SQL Database を使用するマルチテナント SaaS アプリケーションの設計パターン」を参照してください。To learn more about design patterns for SaaS applications using elastic pools, see Design Patterns for Multi-tenant SaaS Applications with Azure SQL Database.

重要

エラスティック プールでは、データベース単位の請求はありません。There is no per-database charge for elastic pools. 課金は、使用量やプールがアクティブであったのが 1 時間に満たないということに関係なく、プールが存在していた時間の最上位の eDTU または仮想コアを使用して 1 時間単位で行われます。You are billed for each hour a pool exists at the highest eDTU or vCores, regardless of usage or whether the pool was active for less than an hour.

エラスティック プールを使用することで、開発者は、複数のデータベースで共有されるプールのリソースを購入でき、個々のデータベースの使用期間が予測しづらい場合にも対応できます。Elastic pools enable the developer to purchase resources for a pool shared by multiple databases to accommodate unpredictable periods of usage by individual databases. DTU ベースの購入モデルまたは 仮想コアベースの購入モデルのいずれかに基づいて、プールのリソースを構成できます。You can configure resources for the pool based either on the DTU-based purchasing model or the vCore-based purchasing model. プールのリソース要件は、そのデータベースの使用量の合計によって決まります。The resource requirement for a pool is determined by the aggregate utilization of its databases. プールで使用可能なリソースの量は、開発者の予算に応じて決められます。The amount of resources available to the pool is controlled by the developer budget. 開発者は、単純にプールにデータベースを追加し、データベースに対する最小および最大のリソース (選択したリソース モデルに応じて、最小および最大の DTU、または最小および最大の仮想コアのいずれか) を設定してから、予算に基づいてプールのリソースを設定します。The developer simply adds databases to the pool, sets the minimum and maximum resources for the databases (either minimum and maximum DTUs or minimum or maximum vCores depending on your choice of resourcing model), and then sets the resources of the pool based on their budget. 開発者はプールを使用することで、リーン スタートアップの段階から成熟企業の段階に至るまで、サービスをシームレスに拡大し続けることができます。A developer can use pools to seamlessly grow their service from a lean startup to a mature business at ever-increasing scale.

プール内で、個々のデータベースには、設定されたパラメーターの範囲内で自動的にスケーリングを行う柔軟性が与えられます。Within the pool, individual databases are given the flexibility to auto-scale within set parameters. 負荷が大きい場合、データベースはリソースの使用量を増やして需要に対応します。Under heavy load, a database can consume more resources to meet demand. 負荷が小さい場合、データベースはリソースの使用量を減らし、負荷がない場合は、リソースを使用しません。Databases under light loads consume less, and databases under no load consume no resources. Single Database ではなく、プール全体に対してリソースをプロビジョニングすることで、管理タスクの簡略化を実現します。Provisioning resources for the entire pool rather than for single databases simplifies your management tasks. さらに、プールにかかる予算を予測することができます。Plus, you have a predictable budget for the pool. データベースのダウンタイムなしで、既存のプールにさらにリソースを追加できます。ただし、新たな eDTU 予約用の追加のコンピューティング リソースを提供するためにデータベースを移動する必要がある場合は例外です。Additional resources can be added to an existing pool with no database downtime, except that the databases may need to be moved to provide the additional compute resources for the new eDTU reservation. 同様に、余分なリソースが不要になった場合は、いつでも既存のプールから削除できます。Similarly, if extra resources are no longer needed they can be removed from an existing pool at any point in time. プールへのデータベースの追加、またはプールからの削除ができます。And you can add or subtract databases to the pool. データベースのリソース使用率が低いと予測できる場合は、プールから削除します。If a database is predictably under-utilizing resources, move it out.

注意

エラスティック プールの内外にデータベースを移動する際、操作の最後でデータベース接続が削除されるときに少しの時間 (数秒) がかかるのを除いて、ダウンタイムは発生しません。When moving databases into or out of an elastic pool, there is no downtime except for a brief period of time (on the order of seconds) at the end of the operation when database connections are dropped.

SQL Database エラスティック プールを検討すべきときWhen should you consider a SQL Database elastic pool

プールは、多数のデータベースが特定の使用パターンで使用されている場合に適しています。Pools are well suited for a large number of databases with specific utilization patterns. あるデータベースは、使用が急増することはあまりなく、平均使用量が低いパターンの特徴を持っています。For a given database, this pattern is characterized by low average utilization with relatively infrequent utilization spikes.

プールに追加できるデータベースが多ければ多いほど、節約量も多くなります。The more databases you can add to a pool the greater your savings become. アプリケーションの使用パターンにもよりますが、S3 データベースが 2 つあれば節約を実現できます。Depending on your application utilization pattern, it is possible to see savings with as few as two S3 databases.

以下のセクションでは、特定のデータベースのコレクションをプールに追加した場合にメリットがあるかどうかを評価する方法を確認できます。The following sections help you understand how to assess if your specific collection of databases can benefit from being in a pool. この例では Standard プールを使用していますが、同じ原則は Basic プールと Premium プールにも当てはまります。The examples use Standard pools but the same principles also apply to Basic and Premium pools.

データベースの使用パターンの評価Assessing database utilization patterns

次の図では、アイドル時間は長いが、定期的にアクティビティが急増するデータベースを示しています。The following figure shows an example of a database that spends much time idle, but also periodically spikes with activity. このような使用パターンは、プールに適しています。This is a utilization pattern that is suited for a pool:

a single database suitable for a pool

図に示した DB1 の 5 分間のピークは 90 DTU ですが、全体的な平均使用量は 5 DTU 未満です。For the five-minute period illustrated, DB1 peaks up to 90 DTUs, but its overall average usage is less than five DTUs. Single Database でこのワークロードを実行するためには S3 コンピューティング サイズが必要ですが、このパフォーマンスを確保すると、アクティビティの少ない時間帯にほとんどのリソースが使用されなくなります。An S3 compute size is required to run this workload in a single database, but this leaves most of the resources unused during periods of low activity.

プールを利用すれば、これらの未使用の DTU を複数のデータベースで共有できるので、必要な DTU と全体的なコストを削減できます。A pool allows these unused DTUs to be shared across multiple databases, and so reduces the DTUs needed and overall cost.

DB1 と類似する使用パターンを持つデータベースが他にもあると仮定し、前の例に追加しています。Building on the previous example, suppose there are additional databases with similar utilization patterns as DB1. 次に示す 2 つの図では、DTU ベースの購入モデルを使用して、時間が経過しても使用量のパターンが重ならないことを示すために、4 個のデータベースと 20 個のデータベースの使用量が同じグラフ上に重ねられています。In the next two figures below, the utilization of four databases and 20 databases are layered onto the same graph to illustrate the non-overlapping nature of their utilization over time using the DTU-based purchasing model:

four databases with a utilization pattern suitable for a pool

twenty databases with a utilization pattern suitable for a pool

全 20 のデータベースの DTU 使用量合計は、前の図では黒線で示されています。The aggregate DTU utilization across all 20 databases is illustrated by the black line in the preceding figure. これは、DTU の合計使用量が 100 DTU を超えることはなく、20 のデータベースでこの期間にわたって 100 eDTU を共有することが可能であることを示しています。This shows that the aggregate DTU utilization never exceeds 100 DTUs, and indicates that the 20 databases can share 100 eDTUs over this time period. これは、Single Database のそれぞれのコンピューティング サイズが S3 であるときと比較した場合、DTU を 20 倍削減し価格を 13 倍下げます。This results in a 20x reduction in DTUs and a 13x price reduction compared to placing each of the databases in S3 compute sizes for single databases.

次の理由からこの例は理想的です。This example is ideal for the following reasons:

  • 各データベースのピーク時の使用量と、平均使用量に大きな差があります。There are large differences between peak utilization and average utilization per database.
  • 各データベースのピーク使用時間が異なります。The peak utilization for each database occurs at different points in time.
  • eDTU は、多くのデータベース間で共有されます。eDTUs are shared between many databases.

プールの価格は、プール eDTU の機能を表します。The price of a pool is a function of the pool eDTUs. プールの eDTU 単価は単一データベースの DTU 単価の 1.5 倍ですが、プール eDTU は多数のデータベースで共有できるため、合計 eDTU は少なくて済みますWhile the eDTU unit price for a pool is 1.5x greater than the DTU unit price for a single database, pool eDTUs can be shared by many databases and fewer total eDTUs are needed. これらの価格と eDTU 共有の特徴が、プールで節約を可能にするベースとなります。These distinctions in pricing and eDTU sharing are the basis of the price savings potential that pools can provide.

データベース数とデータベースの使用量に関連する次の経験則から、Single Database でのコンピューティング サイズを使用した場合と比べて、プールがコスト削減に繋がることがわかります。The following rules of thumb related to database count and database utilization help to ensure that a pool delivers reduced cost compared to using compute sizes for single databases.

最小数のデータベースMinimum number of databases

単一データベースのリソースの総量が、プールに必要なリソースの 1.5 倍を超える場合、エラスティック プールのコスト効率の方が高くなります。If the aggregate amount of resources for single databases is more than 1.5x the resources needed for the pool, then an elastic pool is more cost effective.

DTU ベースの購入モデルの例DTU-based purchasing model example
Single Database のコンピューティング サイズを使用した場合と比較して、100 eDTU のプールのコスト効果の方が高くなるようにするには、最低 2 個の S3 データベースまたは最低 15 個の S0 データベースが必要です。At least two S3 databases or at least 15 S0 databases are needed for a 100 eDTU pool to be more cost-effective than using compute sizes for single databases.

同時にピークとなるデータベースの最大数Maximum number of concurrently peaking databases

リソースを共有することで、プール内のすべてのデータベースが、単一のデータベースで使用可能な上限に達するまで、リソースを同時に使用できるわけではありません。By sharing resources, not all databases in a pool can simultaneously use resources up to the limit available for single databases. 同時にピークになるデータベース数が少ないほど、プール リソースを低く設定して、よりプールのコスト効果を高めることができます。The fewer databases that concurrently peak, the lower the pool resources can be set and the more cost-effective the pool becomes. 一般的に、そのリソースの上限まで同時にピークになることができるのは、プールの 2/3 (67%) 以下のデータベースです。In general, not more than 2/3 (or 67%) of the databases in the pool should simultaneously peak to their resources limit.

DTU ベースの購入モデルの例DTU-based purchasing model example

200 eDTU のプール内の 3 つの S3 データベースのコストを削減する場合、同時にピークになることが許容されるのは、これらのデータベースのうちの 2 つまでです。To reduce costs for three S3 databases in a 200 eDTU pool, at most two of these databases can simultaneously peak in their utilization. これら 4 つの S3 データベースの 3 つ以上が同時にピークとなる場合、プール サイズを 200 eDTU よりも大きくする必要があります。Otherwise, if more than two of these four S3 databases simultaneously peak, the pool would have to be sized to more than 200 eDTUs. プール サイズを 200 eDTU よりも大きくした場合、単一データベースのコンピューティング サイズを使用した場合よりもコストを低く抑えるには、プールの S3 データベース数を増やす必要があります。If the pool is resized to more than 200 eDTUs, more S3 databases would need to be added to the pool to keep costs lower than compute sizes for single databases.

この例では、プール内の他のデータベースの使用は考慮されていないことに注意してください。Note this example does not consider utilization of other databases in the pool. すべてのデータベースがある特定の時間にいくらか使用されている場合、同時にピークとなることができるのは、2/3 (67%) 未満のデータベースです。If all databases have some utilization at any given point in time, then less than 2/3 (or 67%) of the databases can peak simultaneously.

各データベースのリソース使用量Resource utilization per database

データベースのピーク時と平均使用時の差が大きいということは、使用量が低い時間が長く、使用量が高い時間が短いことを示します。A large difference between the peak and average utilization of a database indicates prolonged periods of low utilization and short periods of high utilization. 使用量がこのようなパターンになっている場合、リソースを複数のデータベースで共有するのが適しています。This utilization pattern is ideal for sharing resources across databases. データベースのピーク時の使用量が平均使用量よりも約 1.5 倍多い場合、プールを使用することを検討した方がよいでしょう。A database should be considered for a pool when its peak utilization is about 1.5 times greater than its average utilization.

DTU ベースの購入モデルの例: S3 データベースが、ピーク時には 100 DTU を使用し、平均では 67 DTU 以下を使用する場合、eDTU をプールで共有するのが適しています。DTU-based purchasing model example: An S3 database that peaks to 100 DTUs and on average uses 67 DTUs or less is a good candidate for sharing eDTUs in a pool. または、S1 データベースがピーク時には 20 DTU を使用し、平均では 13 DTU 以下を使用する場合、プールが適しています。Alternatively, an S1 database that peaks to 20 DTUs and on average uses 13 DTUs or less is a good candidate for a pool.

正しいプール サイズを選択するにはどうすればよいですか?How do I choose the correct pool size

プールに最適なサイズは、プール内のすべてのデータベースに必要な合計リソースに左右されます。The best size for a pool depends on the aggregate resources needed for all databases in the pool. これには、次の値を特定する必要があります。This involves determining the following:

  • プール内のすべてのデータベースに使用される最大リソース数 (選択したリソース モデルに応じて、最大 DTU または最大仮想コアのいずれか)。Maximum resources utilized by all databases in the pool (either maximum DTUs or maximum vCores depending on your choice of resourcing model).
  • プール内のすべてのデータベースに使用される記憶域の最大バイト数。Maximum storage bytes utilized by all databases in the pool.

各リソース モデルで使用可能なサービス レベルについては、「DTU-based purchasing model」(DTU ベースの購入モデル) または「vCore-based purchasing model (preview)」(仮想コアベースの購入モデル) をご覧ください。For available service tiers for each resource model, see the DTU-based purchasing model or the vCore-based purchasing model.

ツールを使用できない場合、プールのコスト効果が Single Database よりも高いかどうかを確認するには、次の手順が役立ちます。In cases where you can't use tooling, the following step-by-step can help you estimate whether a pool is more cost-effective than single databases:

  1. プールに必要な eDTU または vCore は、次のように見積もります。Estimate the eDTUs or vCores needed for the pool as follows:

    DTU ベースの購入モデルの場合:MAX(<DB の合計数 X DB あたりの DTU 平均使用率>,For DTU-based purchasing model: MAX(<Total number of DBs X average DTU utilization per DB>,

    <同時にピークとなる DB の数 X DB あたりのピーク DTU 使用率)<Number of concurrently peaking DBs X Peak DTU utilization per DB)

    仮想コアベースの購入モデルの場合:MAX(<DB の合計数 X DB あたりの仮想コア平均使用率>,For vCore-based purchasing model: MAX(<Total number of DBs X average vCore utilization per DB>,

    <同時にピークとなる DB の数 X DB あたりのピーク vCore 使用率)<Number of concurrently peaking DBs X Peak vCore utilization per DB)

  2. プール内のすべてのデータベースに必要なバイト数を追加することで、プールに必要なストレージ領域を見積もります。Estimate the storage space needed for the pool by adding the number of bytes needed for all the databases in the pool. 次に、このストレージの容量を提供する eDTU プール サイズを決定します。Then determine the eDTU pool size that provides this amount of storage.

  3. DTU ベースの購入モデルの場合、手順 1 と手順 2 の eDTU の見積もりのうち、大きい方を使用します。For the DTU-based purchasing model, take the larger of the eDTU estimates from Step 1 and Step 2. 仮想コアベースの購入モデルの場合、手順 1 の vCore の見積もりを使用します。For the vCore-based purchasing model, take the vCore estimate from Step 1.

  4. SQL Database の価格」ページを参照し、手順 3 の見積もりを超える最小のプール サイズを探します。See the SQL Database pricing page and find the smallest pool size that is greater than the estimate from Step 3.

  5. 手順 5. のプールの価格と、Single Database の適切なコンピューティング サイズを使用した場合の価格を比較します。Compare the pool price from Step 5 to the price of using the appropriate compute sizes for single databases.

エラスティック プールでのその他の SQL Database 機能の使用Using other SQL Database features with elastic pools

エラスティック ジョブとエラスティック プールElastic jobs and elastic pools

プールでは、エラスティック ジョブ でスクリプトを実行することで、管理タスクが簡素化されます。With a pool, management tasks are simplified by running scripts in elastic jobs. エラスティック ジョブを使用すると、大量のデータベースに関連する面倒な作業のほとんどが不要になります。An elastic job eliminates most of tedium associated with large numbers of databases. まず、エラスティック ジョブの概要に関するページを参照してください。To begin, see Getting started with Elastic jobs.

複数のデータベースを操作するための他のデータベース ツールの詳細については、「Azure SQL Database によるスケール アウト」を参照してください。For more information about other database tools for working with multiple databases, see Scaling out with Azure SQL Database.

エラスティック プール内のデータベースのためのビジネス継続性オプションBusiness continuity options for databases in an elastic pool

プールされたデータベースは、一般的に、単一データベースで使用できるのと同じビジネス継続性機能をサポートしています。Pooled databases generally support the same business continuity features that are available to single databases.

Azure Portal を使用した新しい SQL Database エラスティック プールの作成Creating a new SQL Database elastic pool using the Azure portal

Azure Portal でエラスティック プールを作成できる方法には次の 2 つがあります。There are two ways you can create an elastic pool in the Azure portal.

  1. エラスティック プールは、Marketplace で "SQL エラスティック プール" を検索するか、[SQL エラスティック プール] 参照ブレードの [+追加] をクリックする方法で作成できます。You can create an elastic pool by searching SQL elastic pool in the Marketplace or clicking +Add on the SQL elastic pools browse blade. このプールのプロビジョニング ワークフローでは、新しいサーバーまたは既存のサーバーを指定できます。You are able to specify a new or existing server through this pool provisioning workflow.
  2. または、既存の SQL Server に移動して [プールの作成] をクリックし、サーバーに直接プールを作成することで、エラスティック プールを作成できます。Or you can create an elastic pool by navigating to an existing SQL server and clicking Create pool to create a pool directly into that server. ここでの唯一の違いは、プールのプロビジョニング ワークフローの最中にサーバーを指定する手順をスキップすることです。The only difference here is you skip the step where you specify the server during the pool provisioning workflow.

注意

サーバーに複数のプールを作成することはできますが、同じプールに異なるサーバーからデータベースを追加することはできません。You can create multiple pools on a server, but you can't add databases from different servers into the same pool.

プールのエラスティックに使用できる機能のほか、各データベースに使用可能な最大リソース量が、プールのサービス レベルによって決定されます。The pool's service tier determines the features available to the elastics in the pool, and the maximum amount of resources available to each database. 詳細については、DTU モデルでのエラスティック プールのリソース上限をご覧ください。For details, see Resource limits for elastic pools in the DTU model. エラスティック プールに対する仮想コア ベースのリソース制限については、エラスティック プールでの仮想コアベースのリソース制限に関するページをご覧ください。For vCore-based resource limits for elastic pools, see vCore-based resource limits - elastic pools.

プールのリソースと価格を構成するには、[プールの構成] をクリックします。To configure the resources and pricing of the pool, click Configure pool. そのため、サービス レベルを選択し、プールにデータベースを追加して、プールとそのデータベースに対するリソース上限を構成します。Then select a service tier, add databases to the pool, and configure the resource limits for the pool and its databases.

プールの構成を完了したら、[適用] をクリックしてプールに名前を付け、[OK] をクリックするとプールを作成できます。When you have completed configuring the pool, you can click 'Apply', name the pool, and click 'OK' to create the pool.

エラスティック プールとプール内のデータベースの監視Monitor an elastic pool and its databases

Azure Portal では、エラスティック プールとそのプール内のデータベースの使用率を監視できます。In the Azure portal, you can monitor the utilization of an elastic pool and the databases within that pool. また、エラスティック プールに対して複数の変更を行い、すべての変更を同時に送信できます。You can also make a set of changes to your elastic pool and submit all changes at the same time. このような変更としては、データベースの追加または削除、エラスティック プールの設定の変更、データベース設定の変更などがあります。These changes include adding or removing databases, changing your elastic pool settings, or changing your database settings.

エラスティック プールの監視を開始するには、ポータルでエラスティック プールを検索して開きます。To start monitoring your elastic pool, find and open an elastic pool in the portal. 最初に、エラスティック プールの状態の概要を示す画面が表示されます。You will first see a screen that gives you an overview of the status of your elastic pool. 次のトピックがあります。This includes:

  • エラスティック プールのリソース使用率を示す監視グラフMonitoring charts showing resources usage of the elastic pool
  • エラスティック プールに関する最近のアラートと推奨事項 (使用可能な場合)Recent alerts and recommendations, if available, for the elastic pool

次の図に、エラスティック プールの例を示します。The following graphic shows an example elastic pool:

プール ビュー

プールに関するより詳細な情報を確認したい場合、この概要のいずれかの使用可能な情報をクリックできます。If you want more information about the pool you can click on any of the available information in this overview. [リソース使用率] グラフをクリックすると、グラフに示されたメトリックと時間枠をカスタマイズできる [Azure Monitoring] ビューが表示されます。Clicking on the Resource utilization chart will take you to the Azure Monitoring view where you can customize the metrics and time window shown in the chart. 使用可能な任意の通知をクリックすると、該当のアラートや推奨事項の完全な詳細を示すブレードが表示されます。Clicking on any available notifications will take you to a blade that shows the full details of that alert or recommendation.

プール内のデータベースを監視したい場合は、左側のリソース メニューの [監視] セクションにある [データベース リソースの使用率] をクリックします。If you would like to monitor the databases inside your pool, you can click on Database resource utilization in the Monitoring section of the resource menu on the left.

[データベース リソース使用率] ページ

グラフの表示をカスタマイズするにはTo customize the chart display

グラフおよびメトリックのページを編集して、使用された CPU の割合、データ IO の割合、ログ IO の割合など、他のメトリックを表示できます。You can edit the chart and the metric page to display other metrics such as CPU percentage, data IO percentage, and log IO percentage used.

[グラフの編集] フォームで、固定の時間の範囲を選択するか、または [カスタム] をクリックして最後の 2 週間の任意の 24 時間枠を選択してから、監視するリソースを選択できます。On the Edit Chart form, you can select a fixed time range or click custom to select any 24-hour window in the last two weeks, and then select the resources to monitor.

監視するデータベースを選択するにはTo select databases to monitor

既定では、[データベース リソースの使用率] ブレードにあるグラフには、DTU または CPU 別に (使用しているサービス レベルに応じる) 上位 5 個のデータベースが表示されます。By default, the chart in the Database Resource Utilization blade will show the top 5 databases by DTU or CPU (depending on your service tier). 左側にあるチェックボックスを使って、グラフの下にある一覧のデータベースをオンおよびオフにすることで、このグラフのデータベースを切り替えることができます。You can switch up the databases in this chart by selecting and unselecting databases from the list below the chart via the checkboxes on the left.

また、より多くのメトリックを選択してこのデータベース テーブルで並列に表示し、データベース パフォーマンスのより詳細なビューを取得することもできます。You can also select more metrics to view side by side in this database table to get a more complete view of your databases performance.

詳細については、Azure Portal での SQL Database アラートの作成に関するトピックを参照してください。For more information, see create SQL Database alerts in Azure portal.

お客様導入事例Customer case studies

  • SnelStartSnelStart

    SnelStart は、Azure SQL Database とエラスティック プールを使用して、新しい Azure SQL データベースを 1 か月あたり 1,000 台追加し、自社のビジネス サービスを急速に拡大しました。SnelStart used elastic pools with Azure SQL Database to rapidly expand its business services at a rate of 1,000 new Azure SQL Databases per month.

  • UmbracoUmbraco

    Umbraco は、Azure SQL Database とエラスティック プールを使用して、クラウド上の数千のテナント向けに迅速にサービスをプロビジョニングしてスケーリングしています。Umbraco uses elastic pools with Azure SQL Database to quickly provision and scale services for thousands of tenants in the cloud.

  • Daxko/CSIDaxko/CSI

    Daxko/CSI は、Azure SQL Database とエラスティック プールを使用して、開発サイクルを迅速化し、顧客サービスとパフォーマンスを強化しています。Daxko/CSI uses elastic pools with Azure SQL Database to accelerate its development cycle and to enhance its customer services and performance.

次の手順Next steps