Elastic Database ツールの概要Get started with Elastic Database Tools

このドキュメントでは、サンプル アプリを実行することで、Elastic Database クライアント ライブラリの開発を体験できます。This document introduces you to the developer experience for the elastic database client library by helping you run a sample app. サンプル アプリでは単純なシャーディング アプリケーションを作成し、Azure SQL Database の Elastic Database ツールの主な機能について詳しく見て行きます。The sample app creates a simple sharded application and explores key capabilities of the Elastic Database Tools feature of Azure SQL Database. また、シャード マップの管理データ依存ルーティングマルチシャード クエリのユース ケースに重点を置いています。It focuses on use cases for shard map management, data-dependent routing, and multi-shard querying. このクライアント ライブラリは .NET と Java で使用できます。The client library is available for .NET as well as Java.

Java 用 Elastic Database ツールElastic Database Tools for Java

前提条件Prerequisites

  • Java Developer Kit (JDK) バージョン 1.8 以降A Java Developer Kit (JDK), version 1.8 or later
  • MavenMaven
  • Azure の論理サーバーまたは SQL Server のローカル インスタンスA logical server in Azure or a local SQL Server instance

サンプル アプリケーションのダウンロードと実行Download and run the sample app

JAR ファイルをビルドし、サンプル プロジェクトを始めるには、以下のようにします。To build the JAR files and get started with the sample project, do the following:

  1. クライアント ライブラリとサンプル アプリを含む GitHub リポジトリを複製します。Clone the GitHub repository containing the client library, along with the sample app.

  2. ./sample/src/main/resources/resource.properties ファイルを編集して、次の項目を設定します。Edit the ./sample/src/main/resources/resource.properties file to set the following:

    • TEST_CONN_USERTEST_CONN_USER
    • TEST_CONN_PASSWORDTEST_CONN_PASSWORD
    • TEST_CONN_SERVER_NAMETEST_CONN_SERVER_NAME
  3. サンプル プロジェクトをビルドするには、./sample ディレクトリで次のコマンドを実行します。To build the sample project, in the ./sample directory, run the following command:

    mvn install
    
  4. サンプル プロジェクトを開始するには、./sample ディレクトリで次のコマンドを実行します。To start the sample project, in the ./sample directory, run the following command:

    mvn -q exec:java "-Dexec.mainClass=com.microsoft.azure.elasticdb.samples.elasticscalestarterkit.Program"
    
  5. クライアント ライブラリの機能をより深く知るには、さまざまなオプションを試してみてください。To learn more about the client library capabilities, experiment with the various options. サンプル アプリの実装の詳細を知るために、コードの詳細を確認することができます。Feel free to explore the code to learn about the sample app implementation.

    Java の進行状況

お疲れさまでした。Congratulations! これで、Azure SQL Database で Elastic Database ツールを使って、最初のシャーディング アプリケーションを適切にビルドし、実行できました。You have successfully built and run your first sharded application by using Elastic Database Tools on Azure SQL Database. Visual Studio または SQL Server Management Studio を使用して SQL Database に接続し、サンプルで作成したシャードの内容を簡単に確認してください。Use Visual Studio or SQL Server Management Studio to connect to your SQL database and take a quick look at the shards that the sample created. 新しいサンプル シャード データベースと、シャード マップ マネージャー データベースがサンプルで作成されていることがわかります。You will notice new sample shard databases and a shard map manager database that the sample has created.

お使いの Maven プロジェクトにクライアント ライブラリを追加するには、POM ファイルに次の依存関係を追加します。To add the client library to your own Maven project, add the following dependency in your POM file:

<dependency> 
    <groupId>com.microsoft.azure</groupId> 
    <artifactId>elastic-db-tools</artifactId> 
    <version>1.0.0</version> 
</dependency> 

.NET 用 Elastic Database ツールElastic Database Tools for .NET

前提条件Prerequisites

サンプル アプリケーションのダウンロードと実行Download and run the sample app

ライブラリをインストールするには、 Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Clientに移動します。To install the library, go to Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Client. ライブラリは、次のセクションで説明するサンプル アプリと共にインストールされます。The library is installed with the sample app that's described in the following section.

サンプルをダウンロードして実行するには、次の手順を実行します。To download and run the sample, follow these steps:

  1. Elastic DB Tools for Azure SQL - Getting Started のサンプルを MSDN からダウンロードします。Download the Elastic DB Tools for Azure SQL - Getting Started sample from MSDN. 任意の場所にサンプルを解凍します。Unzip the sample to a location that you choose.

  2. ElasticScaleStarterKit.sln ソリューションを C# ディレクトリから開いてプロジェクトを作成します。To create a project, open the ElasticScaleStarterKit.sln solution from the C# directory.

  3. サンプル プロジェクトのソリューションで、app.config ファイルを開きます。In the solution for the sample project, open the app.config file. ファイルの指示に従って、使う Azure SQL Database サーバーの名前とサインイン情報 (ユーザー名とパスワード) を追加します。Then follow the instructions in the file to add your Azure SQL Database server name and your sign-in information (username and password).

  4. アプリケーションをビルドし、実行します。Build and run the application. メッセージが表示されたら、Visual Studio によるソリューションの NuGet パッケージの復元を有効にします。When you are prompted, enable Visual Studio to restore the NuGet packages of the solution. これにより、Elastic Database クライアント ライブラリの最新版が NuGet からダウンロードされます。This action downloads the latest version of the elastic database client library from NuGet.

  5. クライアント ライブラリの機能をより深く知るには、さまざまなオプションを試してみてください。To learn more about the client library capabilities, experiment with the various options. アプリケーションで実行されたステップはコンソールに出力されるので、動作していたコードをじっくりと検討することができます。Note the steps that the application takes in the console output, and feel free to explore the code behind the scenes.

    進捗状況

お疲れさまでした。Congratulations! これで、SQL Database で Elastic Database ツールを使って、最初のシャーディング アプリケーションを適切にビルドし、実行できました。You have successfully built and run your first sharded application by using Elastic Database Tools on SQL Database. Visual Studio または SQL Server Management Studio を使用して SQL Database に接続し、サンプルで作成したシャードの内容を簡単に確認してください。Use Visual Studio or SQL Server Management Studio to connect to your SQL database and take a quick look at the shards that the sample created. 新しいサンプル シャード データベースと、シャード マップ マネージャー データベースがサンプルで作成されていることがわかります。You will notice new sample shard databases and a shard map manager database that the sample has created.

重要

最新バージョンの Management Studio を常に使用して、Azure と SQL Database の更新プログラムとの同期を維持することをお勧めします。We recommend that you always use the latest version of Management Studio so that you stay synchronized with updates to Azure and SQL Database. SQL Server Management Studio を更新しますUpdate SQL Server Management Studio.

コード サンプルの主要部Key pieces of the code sample

他の Elastic Scale の操作Other elastic scale operations

コストCost

Elastic Database ツール ライブラリは無料です。The Elastic Database Tools library is free. Elastic Database ツールを使っても、Azure の利用料以外の追加料金は発生しません。When you use Elastic Database Tools, you incur no additional charges beyond the cost of your Azure usage.

たとえば、サンプル アプリケーションは新しいデータベースを作成します。For example, the sample application creates new databases. この機能のコストは、選んだ SQL Database のエディションと、アプリケーションによる Azure の使用状況に応じて異なります。The cost of this capability depends on the SQL Database edition you choose and the Azure usage of your application.

料金情報については、「SQL Database の価格」をご覧ください。For pricing information, see SQL Database pricing details.

次の手順Next steps

Elastic Database ツールについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。For more information about Elastic Database Tools, see the following articles: