最新のエラスティック データベース クライアント ライブラリを使用するためのアプリのアップグレードUpgrade an app to use the latest elastic database client library

エラスティック データベース クライアント ライブラリ の新しいバージョンが NuGet と Visual Studio の NuGetPackage マネージャーのインターフェイスから利用できるようになりました。New versions of the Elastic Database client library are available through NuGetand the NuGetPackage Manager interface in Visual Studio. アップグレードにはバグ修正が含まれており、クライアント ライブラリの新機能をサポートします。Upgrades contain bug fixes and support for new capabilities of the client library.

最新バージョン:Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Clientに移動します。For the latest version: Go to Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Client.

新しいライブラリを使用してアプリケーションを再構築し、新しい機能をサポートするために、Azure SQL Database に格納されている既存のシャード マップ マネージャーのメタデータを変更します。Rebuild your application with the new library, as well as change your existing Shard Map Manager metadata stored in your Azure SQL Databases to support new features.

これらの手順を実行することで、メタデータ オブジェクトの更新時に古いバージョンのクライアント ライブラリが環境内に存在しないようにします。つまり、古いバージョンのメタデータ オブジェクトはアップグレード後は作成されなくなります。Performing these steps in order ensures that old versions of the client library are no longer present in your environment when metadata objects are updated, which means that old-version metadata objects won’t be created after upgrade.

アップグレードの手順Upgrade steps

1.アプリケーションをアップグレードします。1. Upgrade your applications. Visual Studio で、最新のクライアント ライブラリのバージョンをダウンロードして、ライブラリを使用する開発プロジェクトのすべてに参照させます。その後、再構築してデプロイします。In Visual Studio, download and reference the latest client library version into all of your development projects that use the library; then rebuild and deploy.

  • Visual Studio ソリューションで [ツール] --> [NuGet Package Manager] --> [Manage NuGet Packages for Solution (ソリューションの NuGet パッケージを管理)] と選択します。In your Visual Studio solution, select Tools --> NuGet Package Manager --> Manage NuGet Packages for Solution.
  • (Visual Studio 2013) 左側のパネルで [更新] を選択し、ウィンドウに表示される Azure SQL Database Elastic Scale Client Library パッケージの [更新] ボタンを選択します。(Visual Studio 2013) In the left panel, select Updates, and then select the Update button on the package Azure SQL Database Elastic Scale Client Library that appears in the window.
  • (Visual Studio 2015) [フィルター] ボックスで [アップグレード可能]を選択します。(Visual Studio 2015) Set the Filter box to Upgrade available. アップグレードするパッケージを選択し、 [アップグレード] ボタンをクリックします。Select the package to update, and click the Update button.
  • (Visual Studio 2017) ダイアログの上部にある [更新プログラム] を選択します。(Visual Studio 2017) At the top of the dialog, select Updates. アップグレードするパッケージを選択し、 [アップグレード] ボタンをクリックします。Select the package to update, and click the Update button.
  • 構築してデプロイします。Build and Deploy.

2.スクリプトをアップグレードします。2. Upgrade your scripts. シャードの管理に PowerShell スクリプトを使用している場合は、新しいライブラリ バージョンをダウンロードして、スクリプトを実行するディレクトリにコピーします。If you are using PowerShell scripts to manage shards, download the new library version and copy it into the directory from which you execute scripts.

3.Split-Merge サービスをアップグレードします。3. Upgrade your split-merge service. Elastic Database 分割/マージ ツールを使用してシャード化されたデータを再編成する場合は、最新バージョンのツールをダウンロードしてデプロイします。If you use the elastic database split-merge tool to reorganize sharded data, download and deploy the latest version of the tool. サービスの詳しいアップグレード手順については、こちらをご覧ください。Detailed upgrade steps for the Service can be found here.

4.シャード マップ マネージャーのデータベースをアップグレードします4. Upgrade your Shard Map Manager databases. Azure SQL Database でシャード マップをサポートするメタデータをアップグレードします。Upgrade the metadata supporting your Shard Maps in Azure SQL Database. これは、PowerShell か C# を使用して実行できます。There are two ways you can accomplish this, using PowerShell or C#. 次に両方の方法について説明します。Both options are shown below.

オプション 1: PowerShell を使用してメタデータをアップグレードするOption 1: Upgrade metadata using PowerShell

  1. こちら から NuGet の最新のコマンド ライン ユーティリティをダウンロードして、フォルダーに保存します。Download the latest command-line utility for NuGet from here and save to a folder.
  2. コマンド プロンプトを開き、同じフォルダーに移動して、次のコマンドを発行します。nuget install Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.ClientOpen a Command Prompt, navigate to the same folder, and issue the command: nuget install Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Client
  3. ダウンロードした新しいクライアントの DLL バージョンを含むサブフォルダーに移動します。例:cd .\Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Client.1.0.0\lib\net45Navigate to the subfolder containing the new client DLL version you have just downloaded, for example: cd .\Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Client.1.0.0\lib\net45
  4. スクリプト センターから エラスティック データベース クライアントのアップグレード スクリプトレットをダウンロードして、DLL が含まれる同じフォルダーに保存します。Download the elastic database client upgrade scriptlet from the Script Center, and save it into the same folder containing the DLL.
  5. そのフォルダーのコマンド プロンプトから"PowerShell.\upgrade.ps1"を実行し、画面の指示に従います。From that folder, run “PowerShell .\upgrade.ps1” from the command prompt and follow the prompts.

オプション 2: C# を使用してメタデータをアップグレードするOption 2: Upgrade metadata using C#

または、次の例のように、メソッド UpgradeLocalStoreUpgradeGlobalStore を呼び出して、ShardMapManager を開き、すべてのシャードを反復し、メタデータのアップグレードを実行する Visual Studio アプリケーションを作成します。Alternatively, create a Visual Studio application that opens your ShardMapManager, iterates over all shards, and performs the metadata upgrade by calling the methods UpgradeLocalStore and UpgradeGlobalStore as in this example:

ShardMapManager smm =
   ShardMapManagerFactory.GetSqlShardMapManager
   (connStr, ShardMapManagerLoadPolicy.Lazy); 
smm.UpgradeGlobalStore(); 

foreach (ShardLocation loc in
 smm.GetDistinctShardLocations()) 
{   
   smm.UpgradeLocalStore(loc); 
} 

このメタデータのアップグレードの手法は問題なく何度も適用できます。These techniques for metadata upgrades can be applied multiple times without harm. たとえば古いクライアント バージョンで、シャードをすでに更新した後に不注意にシャードを作成してしまった場合、すべてのシャードで再びアップグレードを実行し、最新のメタデータ バージョンがインフラストラクチャ全体に存在するようにできます。For example, if an older client version inadvertently creates a shard after you have already updated, you can run upgrade again across all shards to ensure that the latest metadata version is present throughout your infrastructure.

注: 今まで公開されたクライアント ライブラリの新しいバージョンは、Azure SQL DB の古いバージョンのシャード マップ マネージャー メタデータで引き続き操作できます (逆の場合も同様)。Note: New versions of the client library published to-date continue to work with prior versions of the Shard Map Manager metadata on Azure SQL DB, and vice-versa. ただし、最新のクライアントで一部の新機能を活用するには、メタデータをアップグレードする必要があります。However to take advantage of some of the new features in the latest client, metadata needs to be upgraded. メタデータのアップグレードはユーザー データやアプリケーション専用データに影響することはありません。シャード マップ マネージャーで作成し、使用したオブジェクトのみに影響します。Note that metadata upgrades will not affect any user-data or application-specific data, only objects created and used by the Shard Map Manager. アプリケーションは以下に説明するアップグレード シーケンスを通じて引き続き操作できます。And applications continue to operate through the upgrade sequence described above.

エラスティック データベース クライアントのバージョン履歴Elastic database client version history

バージョン履歴については、 Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.ClientFor version history, go to Microsoft.Azure.SqlDatabase.ElasticScale.Client

その他のリソースAdditional resources

まだ弾力性データベース ツールを使用していない場合は、Not using elastic database tools yet? ファースト ステップ ガイドを参照してください。Check out our Getting Started Guide. 質問がある場合は、SQL Database のフォーラムに投稿してください。機能に関するご要望は、SQL Database に関するフィードバック フォーラムにお寄せください。For questions, please reach out to us on the SQL Database forum and for feature requests, please add them to the SQL Database feedback forum.