Azure Portal で Azure SQL データベースを作成するCreate an Azure SQL database in the Azure portal

このクイック スタートでは、DTU ベースの購入モデルを使用して、Azure で SQL データベースを作成する方法について説明します。This quickstart walks through how to create a SQL database in Azure using the DTU-based purchasing model. Azure SQL Database は、"サービスとしてのデータベース" を提供するサービスで、これを使用すると、クラウド内で可用性の高い SQL Server データベースの実行とスケーリングが可能になります。Azure SQL Database is a “Database-as-a-Service” offering that enables you to run and scale highly available SQL Server databases in the cloud. このクイック スタートでは、Azure Portal を使用して SQL データベースを作成して作業を開始する方法を紹介します。This quickstart shows you how to get started by creating a SQL database using the Azure portal.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

注意

このチュートリアルでは、DTU ベースの購入モデルを使用しますが、vCore ベースの購入モデル (プレビュー) も利用できます。This tutorial uses the DTU-based purchasing model but the vCore-based purchasing model (preview) is also available.

Azure Portal にログインするLog in to the Azure portal

Azure Portal にログインします。Log in to the Azure portal.

SQL Database の作成Create a SQL database

Azure SQL データベースは、定義済みの一連のコンピューティング リソースとストレージ リソースを使って作成されます。An Azure SQL database is created with a defined set of compute and storage resources. データベースは、Azure リソース グループ内と Azure SQL Database 論理サーバー内に作成されます。The database is created within an Azure resource group and in an Azure SQL Database logical server.

以下の手順に従い、Adventure Works LT サンプル データを含む SQL データベースを作成します。Follow these steps to create a SQL database containing the Adventure Works LT sample data.

  1. Azure Portal の左上隅にある [リソースの作成] をクリックします。Click Create a resource in the upper left-hand corner of the Azure portal.

  2. [新規] ページから [データベース] を選択し、[新規] ページの [SQL Database][作成] を選択します。Select Databases from the New page, and select Create under SQL Database on the New page.

    データベースの作成 -1

  3. 前の画像で示されているように、[SQL Database] のフォームに次の情報を入力します。Fill out the SQL Database form with the following information, as shown on the preceding image:

    設定Setting       推奨値Suggested value 説明Description
    データベース名Database name mySampleDatabasemySampleDatabase 有効なデータベース名については、「Database Identifiers (データベース識別子)」を参照してください。For valid database names, see Database Identifiers.
    サブスクリプションSubscription 該当するサブスクリプションYour subscription サブスクリプションの詳細については、サブスクリプションに関するページを参照してください。For details about your subscriptions, see Subscriptions.
    リソース グループResource group myResourceGroupmyResourceGroup 有効なリソース グループ名については、名前付け規則と制限に関するページを参照してください。For valid resource group names, see Naming rules and restrictions.
    ソースの選択Select source Sample (AdventureWorksLT)Sample (AdventureWorksLT) AdventureWorksLT のスキーマとデータを新しいデータベースに読み込みます。Loads the AdventureWorksLT schema and data into your new database

    重要

    このクイック スタートの残りの部分で使用するため、このフォームでサンプル データベースを選択する必要があります。You must select the sample database on this form because it is used in the remainder of this quickstart.

  4. 次の画像に示されているように、[サーバー][Configure required settings](必要な設定の構成) をクリックし、SQL Server (論理サーバー) フォームに次の情報を入力します。Under Server, click Configure required settings and fill out the SQL server (logical server) form with the following information, as shown on the following image:

    設定Setting       推奨値Suggested value 説明Description
    サーバー名Server name グローバルに一意の名前Any globally unique name 有効なサーバー名については、名前付け規則と制限に関するページを参照してください。For valid server names, see Naming rules and restrictions.
    サーバー管理者ログインServer admin login 有効な名前Any valid name 有効なログイン名については、「Database Identifiers (データベース識別子)」を参照してください。For valid login names, see Database Identifiers.
    パスワードPassword 有効なパスワードAny valid password パスワードには 8 文字以上が使用され、大文字、小文字、数字、英数字以外の文字のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。Your password must have at least 8 characters and must contain characters from three of the following categories: upper case characters, lower case characters, numbers, and non-alphanumeric characters.
    サブスクリプションSubscription 該当するサブスクリプションYour subscription サブスクリプションの詳細については、サブスクリプションに関するページを参照してください。For details about your subscriptions, see Subscriptions.
    リソース グループResource group myResourceGroupmyResourceGroup 有効なリソース グループ名については、名前付け規則と制限に関するページを参照してください。For valid resource group names, see Naming rules and restrictions.
    場所Location 有効な場所Any valid location リージョンについては、「Azure リージョン」を参照してください。For information about regions, see Azure Regions.

    重要

    ここで指定するサーバー管理者のログイン名とパスワードは、このクイックスタートの後半でサーバーとそのデータベースにログインするために必要です。The server admin login and password that you specify here are required to log in to the server and its databases later in this quickstart. 後で使用するために、この情報を覚えておくか、記録しておきます。Remember or record this information for later use.

    データベース サーバーの作成

  5. フォームの入力が完了したら、[選択] をクリックします。When you have completed the form, click Select.

  6. [価格レベル] をクリックして、サービス レベル、DTU 数、ストレージの容量を指定します。Click Pricing tier to specify the service tier, the number of DTUs, and the amount of storage. DTU の量とストレージの容量に関して、サービス レベルごとに利用できるオプションを調べます。Explore the options for the amount of DTUs and storage that is available to you for each service tier.

    重要

    • 付属のストレージ容量を超えるストレージ サイズはプレビュー段階であり、追加料金が適用されます。Storage sizes greater than the amount of included storage are in preview and extra costs apply. 詳細については、「 SQL Database の価格」をご覧ください。For details, see SQL Database pricing.
    • Premium レベルでは、1 TB を超えるストレージは、現時点では次のリージョンで利用できます。オーストラリア東部、オーストラリア南東部、ブラジル南部、カナダ中部、カナダ東部、米国中部、フランス中部、ドイツ中部、東日本、西日本、韓国中部、米国中北部、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、英国南部、英国西部、米国東部 2、米国西部、米国政府バージニア、および西ヨーロッパ。In the Premium tier, more than 1 TB of storage is currently available in the following regions: Australia East, Australia Southeast, Brazil South, Canada Central, Canada East, Central US, France Central, Germany Central, Japan East, Japan West, Korea Central, North Central US, North Europe, South Central US, South East Asia, UK South, UK West, US East2, West US, US Gov Virginia, and West Europe. P11 ~ P15 の現時点での制限に関するページを参照してください。See P11-P15 Current Limitations.
  7. このクイック スタートでは、Standard サービス レベルを選択したうえで、スライダーを使用して 10 DTU (S0)1 GB のストレージを選択します。For this quickstart, select the Standard service tier and then use the slider to select 10 DTUs (S0) and 1 GB of storage.

    データベースの作成 -s1

  8. プレビューの使用条件に同意して、[Add-on Storage](アドオン ストレージ) オプションを使用します。Accept the preview terms to use the Add-on Storage option.

    重要

    • 付属のストレージ容量を超えるストレージ サイズはプレビュー段階であり、追加料金が適用されます。Storage sizes greater than the amount of included storage are in preview and extra costs apply. 詳細については、「 SQL Database の価格」をご覧ください。For details, see SQL Database pricing.

    • Premium レベルでは、1 TB を超えるストレージは、現時点では次のリージョンで利用できます。ブラジル南部、カナダ中部、カナダ東部、米国中部、フランス中部、ドイツ中部、東日本、西日本、韓国中部、米国中北部、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、英国南部、英国西部、米国東部 2、米国西部、米国政府バージニア、および西ヨーロッパ。In the Premium tier, more than 1 TB of storage is currently available in the following regions: Brazil South, Canada Central, Canada East, Central US, France Central, Germany Central, Japan East, Japan West, Korea Central, North Central US, North Europe, South Central US, South East Asia, UK South, UK West, US East2, West US, US Gov Virginia, and West Europe. P11 ~ P15 の現時点での制限に関するページを参照してください。See P11-P15 Current Limitations.

  9. サーバーのレベル、DTU 数、ストレージの容量を選択したら、[適用] をクリックします。After selecting the server tier, the number of DTUs, and the amount of storage, click Apply.

  10. これで SQL Database フォームの入力が完了したので、[作成] をクリックして、データベースをプロビジョニングします。Now that you have completed the SQL Database form, click Create to provision the database. プロビジョニングには数分かかります。Provisioning takes a few minutes.

  11. ツール バーの [通知] をクリックして、デプロイ プロセスを監視します。On the toolbar, click Notifications to monitor the deployment process.

    通知

サーバーレベルのファイアウォール規則を作成するCreate a server-level firewall rule

SQL Database サービスは、外部のアプリケーションやツールに、サーバーまたはサーバー上のすべてのデータベースへの接続を禁止するファイアウォールをサーバーレベルで作成します。それらに接続するためには、特定の IP アドレスに対してファイアウォールを開放するファイアウォール規則が作成されている必要があります。The SQL Database service creates a firewall at the server-level that prevents external applications and tools from connecting to the server or any databases on the server unless a firewall rule is created to open the firewall for specific IP addresses. 以下の手順に従い、クライアントの IP アドレスに対して SQL Database サーバーレベルのファイアウォール規則を作成し、その IP アドレスのみに SQL Database ファイアウォールを介して外部接続できるようにします。Follow these steps to create a SQL Database server-level firewall rule for your client's IP address and enable external connectivity through the SQL Database firewall for your IP address only.

注意

SQL Database の通信は、ポート 1433 上で行われます。SQL Database communicates over port 1433. 企業ネットワーク内から接続しようとしても、ポート 1433 での送信トラフィックがネットワークのファイアウォールで禁止されている場合があります。If you are trying to connect from within a corporate network, outbound traffic over port 1433 may not be allowed by your network's firewall. その場合、会社の IT 部門によってポート 1433 が開放されない限り、Azure SQL Database サーバーに接続することはできません。If so, you cannot connect to your Azure SQL Database server unless your IT department opens port 1433.

  1. デプロイが完了したら、左側のメニューから [SQL データベース] をクリックし、SQL データベース ページで、mySampleDatabase をクリックします。After the deployment completes, click SQL databases from the left-hand menu and then click mySampleDatabase on the SQL databases page. このデータベースの概要ページが開くと、完全修飾サーバー名 (mynewserver-20170824.database.windows.net など) や追加の構成オプションが表示されます。The overview page for your database opens, showing you the fully qualified server name (such as mynewserver-20170824.database.windows.net) and provides options for further configuration.

  2. この完全修飾サーバー名をコピーします。以降のクイック スタートでサーバーとそのデータベースに接続する際に必要となります。Copy this fully qualified server name for use to connect to your server and its databases in subsequent quickstarts.

    サーバー名

  3. 前の画像に示されているように、ツール バーの [サーバー ファイアウォールの設定] をクリックします。Click Set server firewall on the toolbar as shown in the previous image. SQL Database サーバーの [ファイアウォール設定] ページが開きます。The Firewall settings page for the SQL Database server opens.

    サーバーのファイアウォール規則

  4. ツール バーの [クライアント IP の追加] をクリックし、現在の IP アドレスをファイアウォール規則に追加します。Click Add client IP on the toolbar to add your current IP address to a new firewall rule. ファイアウォール規則は、単一の IP アドレスまたは IP アドレスの範囲に対して、ポート 1433 を開くことができます。A firewall rule can open port 1433 for a single IP address or a range of IP addresses.

  5. [Save] をクリックします。Click Save. 論理サーバーでポート 1433 を開いている現在の IP アドレスに対して、サーバーレベルのファイアウォール規則が作成されます。A server-level firewall rule is created for your current IP address opening port 1433 on the logical server.

  6. [OK] をクリックし、[ファイアウォール設定] ページを閉じます。Click OK and then close the Firewall settings page.

これで、SQL Server Management Studio やその他のツールを使用して、SQL Database サーバーとそのデータベースに、前に作成したサーバー管理者アカウントでこの IP アドレスから接続できるようになりました。You can now connect to the SQL Database server and its databases using SQL Server Management Studio or another tool of your choice from this IP address using the server admin account created previously.

重要

既定では、すべての Azure サービスで、SQL Database ファイアウォール経由のアクセスが有効になります。By default, access through the SQL Database firewall is enabled for all Azure services. すべての Azure サービスに対して無効にするには、このページの [オフ] をクリックします。Click OFF on this page to disable for all Azure services.

SQL データベースに対するクエリQuery the SQL database

Azure でサンプル データベースを作成できたので、Azure Portal の組み込みのクエリ ツールを使用して、データベースへの接続とデータへのクエリを実行できることを確認してみましょう。Now that you have created a sample database in Azure, let’s use the built-in query tool within the Azure portal to confirm that you can connect to the database and query the data.

  1. データベースの SQL Database ページで、左側のメニューにある [クエリ エディター (プレビュー)] をクリックし、[ログイン] をクリックします。On the SQL Database page for your database, click Query editor (preview) in the left-hand menu and then click Login.

    login

  2. SQL Server 認証を選択し、必要なログイン情報を入力して、[OK] をクリックしてログインします。Select SQL server authentication, provide the required login information, and then click OK to log in.

  3. ServerAdmin として認証されたら、[クエリ エディター] ウィンドウに次のクエリを入力します。After you are authenticated as ServerAdmin, type the following query in the query editor pane.

    SELECT TOP 20 pc.Name as CategoryName, p.name as ProductName
    FROM SalesLT.ProductCategory pc
    JOIN SalesLT.Product p
    ON pc.productcategoryid = p.productcategoryid;
    
  4. [実行] をクリックし、[結果] ウィンドウでクエリの結果を確認します。Click Run and then review the query results in the Results pane.

    クエリ エディターの結果

  5. [クエリ エディター] ページを閉じ、[OK] をクリックして未保存の編集を破棄します。Close the Query editor page, click OK to discard your unsaved edits.

リソースのクリーンアップClean up resources

データベースに接続してクエリを実行するためのさまざまな方法を紹介した「次のステップ」に進む場合は、これらのリソースを保存しておいてください。Save these resources if you want to go to Next steps and learn how to connect and query your database using a number of different methods. 一方、このクイック スタートで作成したリソースを削除する場合は、次の手順に従います。If, however, you wish to delete the resources that you created in this quickstart, use the following steps.

  1. Azure Portal の左側のメニューから、[リソース グループ][myResourceGroup] の順にクリックします。From the left-hand menu in the Azure portal, click Resource groups and then click myResourceGroup.
  2. リソース グループのページで [削除] をクリックし、テキスト ボックスに「myResourceGroup」と入力してから [削除] をクリックします。On your resource group page, click Delete, type myResourceGroup in the text box, and then click Delete.

次の手順Next steps