SQL Database インスタンス プール (プレビュー) とはWhat are SQL Database instance pools (preview)?

インスタンス プールは、小規模な SQL インスタンスを大規模にクラウドに移行するための便利でコスト効率に優れた方法を提供する、Azure SQL Database の新しいリソースです。Instance pools are a new resource in Azure SQL Database that provides a convenient and cost-efficient way to migrate smaller SQL instances to the cloud at scale.

インスタンス プールを使用すると、すべての移行要件に従ってコンピューティング リソースを事前にプロビジョニングすることができます。Instance pools allow you to pre-provision compute resources according to your total migration requirements. その後、事前にプロビジョニングされたコンピューティング レベルまで、個別のマネージド インスタンスを複数デプロイできます。You can then deploy several individual managed instances up to your pre-provisioned compute level. たとえば、8 個の仮想コアを事前にプロビジョニングする場合は、2 つの 2 vCore インスタンスと 1 つの 4 vCore インスタンスをデプロイしてから、これらのインスタンスにデータベースを移行できます。For example, if you pre-provision 8 vCores you can deploy two 2 vCore and one 4 vCore instances, and then migrate databases into these instances. インスタンス プールが利用できるようになる前は、より小規模でそれほどコンピューティング処理を必要としないワークロードは、クラウドに移行するときに、より大規模なマネージド インスタンスに統合しなければならないことがよくありました。Prior to instance pools being available, smaller and less compute-intensive workloads would often have to be consolidated into a larger managed instance when migrating to the cloud. データベースのグループを大規模なインスタンスに移行する必要がある場合は、通常、慎重な容量計画とリソース管理、追加のセキュリティの考慮事項、インスタンス レベルでの何らかの追加のデータ統合作業が必要でした。The need to migrate groups of databases to a large instance typically required careful capacity planning and resource governance, additional security considerations, and some extra data consolidation work at the instance level.

さらに、インスタンス プールではネイティブ VNet 統合がサポートされているため、同じサブネット内に複数のインスタンス プールと複数の単一インスタンスをデプロイできます。Additionally, instance pools support native VNet integration so you can deploy multiple instance pools and multiple single instances in the same subnet.

インスタンス プールの主な機能Key capabilities of instance pools

インスタンス プールには、次のような利点があります。Instance pools provide the following benefits:

  1. 2 vCore インスタンスをホストする機能。Ability to host 2 vCore instances. "*インスタンス プール内のインスタンスに対してのみ"。*Only for instances in instance pools.
  2. 予測可能で高速なインスタンスのデプロイ時間 (最大 5 分)。Predictable and fast instance deployment time (up to 5 minutes).
  3. 最小 IP アドレスの割り当て。Minimal IP address allocation.

次の図は、仮想ネットワーク サブネット内に複数のインスタンスがデプロイされているインスタンス プールを示しています。The following diagram illustrates an instance pool with multiple instances deployed within a virtual network subnet.

複数のインスタンスを持つインスタンス プール

インスタンス プールを使用すると、同じ仮想マシン上に複数のインスタンスをデプロイできます。仮想マシンのコンピューティング サイズは、プールに割り当てられている仮想コアの合計数に基づきます。Instance pools enable deployment of multiple instances on the same virtual machine where the virtual machine's compute size is based on the total number of vCores allocated for the pool. このアーキテクチャでは、仮想マシンを複数のインスタンスに "パーティション分割" できます。2 vCore を含む、サポートされている任意のサイズに分割できます (2 vCore インスタンスはプール内のインスタンスでのみ使用できます)。This architecture allows partitioning of the virtual machine into multiple instances, which can be any supported size, including 2 vCores (2 vCore instances are only available for instances in pools).

プールが最初にデプロイされると、プール内のインスタンスに対する管理操作は、はるかに高速になります。Management operations on instances in a pool are much faster once the pool is initially deployed. これらの操作が高速化されるのは、仮想クラスター (仮想マシンの専用セット) のデプロイまたは拡張が、マネージド インスタンスのプロビジョニングの一部ではないからです。These operations are faster because deployment or extension of a virtual cluster (dedicated set of virtual machines) is not part of provisioning the managed instance.

プール内のすべてのインスタンスは同じ仮想マシンを共有するため、IP の割り当ての合計はデプロイされたインスタンスの数に依存しません。これは、狭い IP 範囲のサブネットへのデプロイに便利です。Because all instances in a pool share the same virtual machine, the total IP allocation does not depend on the number of instances deployed, which is convenient for deployment in subnets with a narrow IP range.

各プールには、9 つの IP アドレスのみの固定 IP 割り当てがあります (サブネット独自のニーズ用に予約されている 5 つの IP アドレスは含まれません)。Each pool has a fixed IP allocation of only nine IP addresses (not including the five IP addresses in the subnet that are reserved for its own needs). 詳細については、「Azure SQL Database Managed Instance に使用する VNet のサブネット サイズを決める」を参照してください。For details, see subnet size requirements for single instances.

インスタンス プールのアプリケーション シナリオApplication scenarios for instance pools

次の一覧に、インスタンス プールを考慮する必要がある主なユース ケースを示します。The following list provides the main use cases where instance pools should be considered:

  • 大部分が小規模なサイズ (たとえば 2 vCore または 4 vCore) の "SQL インスタンスのグループ" の同時移行。Migration of a group of SQL instances at the same time, where the majority is a smaller size (for example 2 or 4 vCores).
  • "予測可能で短いインスタンスの作成またはスケーリング" が重要なシナリオ。Scenarios where predictable and short instance creation or scaling is important. たとえば、インスタンスレベルの機能を必要とするマルチテナント SaaS アプリケーション環境に新しいテナントをデプロイする場合です。For example, deployment of a new tenant in a multi-tenant SaaS application environment that requires instance-level capabilities.
  • "固定費" または "使用制限" があることが重要なシナリオ。Scenarios where having a fixed cost or spending limit is important. たとえば、固定サイズ (またはほとんどサイズが変化しない) の共有の開発/テストまたはデモ環境を実行していて、必要に応じてマネージド インスタンスを定期的にデプロイする場合です。For example, running shared dev-test or demo environments of a fixed (or infrequently changing) size, where you periodically deploy managed instances when needed.
  • VNet サブネットで "最小 IP アドレスの割り当て" が重要なシナリオ。Scenarios where minimal IP address allocation in a VNet subnet is important. プール内のすべてのインスタンスは仮想マシンを共有しているため、割り当てられた IP アドレスの数は、単一インスタンスの場合よりも少なくなります。All instances in a pool are sharing a virtual machine, so the number of allocated IP addresses is lower than in the case of single instances.

インスタンス プールのアーキテクチャArchitecture of instance pools

インスタンス プールは、通常のマネージド インスタンス ("単一インスタンス") と同様のアーキテクチャを備えています。Instance pools have similar architecture to regular managed instances (single instances).  Azure 仮想ネットワーク (VNet) 内のデプロイ をサポートし、お客様に分離とセキュリティを提供するため、インスタンス プールでは 仮想クラスターにも依存しています。To support deployments within Azure Virtual Networks (VNets) and to provide isolation and security for customers, instance pools also rely on virtual clusters. 仮想クラスターは、お客様の仮想ネットワーク サブネット内にデプロイされている分離された仮想マシンの専用セットを表します。Virtual clusters represent a dedicated set of isolated virtual machines deployed inside the customer's virtual network subnet.

2 つのデプロイ モデルの主な違いは、インスタンス プールは同じ仮想マシン ノード上で複数の SQL Server プロセスをデプロイでき、Windows ジョブ オブジェクトを使用して管理されるリソースであるのに対し、単一スタンスは仮想マシン ノード上に常に 1 つだけです。The main difference between the two deployment models is that instance pools allow multiple SQL Server process deployments on the same virtual machine node, which are resource governed using Windows Job Objects, while single instances are always alone on a virtual machine node.

次の図は、1 つのインスタンス プールと、同じサブネット内にデプロイされた 2 つの個別のインスタンスを示し、両方のデプロイ モデルの主要なアーキテクチャの詳細を示しています。The following diagram shows an instance pool and two individual instances deployed in the same subnet and illustrates the main architectural details for both deployment models:

インスタンス プールと 2 つの個別のインスタンス

すべてのインスタンス プールは、その下に別の仮想クラスターが作成されます。Every instance pool creates a separate virtual cluster underneath. プール内のインスタンスと、同じサブネット内にデプロイされた単一インスタンスは、SQL Server プロセスとゲートウェイ コンポーネントに割り当てられたコンピューティング リースを共有しません。これにより、パフォーマンスの予測可能性が確保されます。Instances within a pool and single instances deployed in the same subnet do not share compute resources allocated to SQL Server processes and gateway components, this ensures performance predictability.

インスタンス プール リソースの制限事項Instance pools resource limitations

プール内のインスタンス プールとインスタンスに関して、いくつかのリソース制限があります。There are several resource limitations regarding instance pools and instances inside pools:

  • インスタンス プールは、Gen5 ハードウェアでのみ使用できます。Instance pools are available only on Gen5 hardware.
  • プール内のインスタンスには専用の CPU と RAM があるため、すべてのインスタンスでの仮想コアの合計数は、プールに割り当てられている仮想コアの数以下になる必要があります。Instances within a pool have dedicated CPU and RAM, so the aggregated number of vCores across all instances must be less than or equal to the number of vCores allocated to the pool.
  • インスタンス レベルの制限はすべて、プール内に作成されたインスタンスに適用されます。All instance level limits apply to instances created within a pool.
  • インスタンスレベルの制限に加えて、次の 2 つの制限も "インスタンス プール レベルで" 適用されます。In addition to instance-level limits there are also two limits imposed at the instance pool level:
    • プールあたりの合計ストレージ サイズ (8 TB)。Total storage size per pool (8 TB).
    • プールあたりのデータベースの合計数 (100)。Total number of databases per pool (100).

すべてのインスタンスのストレージの割り当てとデータベースの数の合計は、インスタンス プールによってさらされる制限以下にする必要があります。Total storage allocation and number of databases across all instances must be lower or equal to the limits exposed by instance pools.

  • インスタンス プールでは、8、16、24、32、40、64、および 80 の仮想コアがサポートされています。Instance pools support 8, 16, 24, 32, 40, 64, and 80 vCores.
  • プール内のマネージド インスタンスでは、2、4、8、16、24、32、40、64、および 80 の仮想コアがサポートされています。Managed instances inside pools support 2, 4, 8, 16, 24, 32, 40, 64 and 80 vCores.
  • プール内のマネージド インスタンスでは、次の場合を除き、32 GB から 8 TB のストレージ サイズがサポートされます。Managed instances inside pools support storage sizes between 32 GB and 8 TB, except:
    • 2 vCore インスタンスでは、32 GB から 640 GB のサイズがサポートされます2 vCore instances support sizes between 32 GB and 640 GB
    • 4 vCore インスタンスでは、32 GB から 2 TB のサイズがサポートされます4 vCore instances support sizes between 32 GB and 2 TB

サービス レベルのプロパティは、インスタンス プール リソースに関連付けられているため、プール内のすべてのインスタンスは、プールのサービス レベルと同じサービスレベルである必要があります。The service tier property is associated with the instance pool resource so all instances in a pool must be the same service tier as the service tier of the pool. 現時点では、General Purpose サービス レベルのみを使用できます (現在のプレビューの制限事項については、次のセクションを参照してください)。At this time, only the General Purpose service tier is available (see the following section on limitations in the current preview).

パブリック プレビューの制限事項Public preview limitations

パブリック プレビューには、次の制限事項があります。The public preview has the following limitations:

  • 現時点では、General Purpose サービス レベルのみを使用できます。Currently, only the General Purpose service tier is available.
  • パブリック プレビュー中にインスタンス プールをスケールすることはできないため、デプロイの前に慎重に容量計画を行うことが重要です。Instance pools cannot be scaled during the public preview so careful capacity planning before deployment is important.
  • Azure portal では、インスタンス プールの作成および構成のサポートはまだ利用できません。Azure portal support for instance pool creation and configuration is not yet available. インスタンス プールに対するすべての操作は、PowerShell でのみサポートされています。All operations on instance pools are supported through PowerShell only. また、事前に作成されたプールでの初回のインスタンス デプロイも、PowerShell でのみサポートされています。Initial instance deployment in a pre-created pool is also supported through PowerShell only. プールにデプロイされると、Azure portal を使用してマネージド インスタンスを更新できます。Once deployed into a pool, managed instances can be update using the Azure portal.
  • プールの外部で作成されたマネージド インスタンスを既存のプールに移動することはできません。また、プール内に作成されたインスタンスを、単一インスタンスとしてプールの外側に移動することも、別のプールに移動することもできません。Managed instances created outside of the pool cannot be moved into an existing pool and instances created inside a pool cannot be moved outside as a single instance or to another pool.
  • 予約インスタンスの価格 (ライセンス込みまたは Azure ハイブリッド特典) は使用できません。Reserved instance pricing (license included or with Azure Hybrid Benefit) is not available.

サポートされている SQL 機能SQL features supported

プール内に作成されたインスタンスでは、単一マネージド インスタンスでサポートされているのと同じ互換性レベルと機能がサポートされます。Instances created in pools support the same compatibility levels and features supported in single managed instances.

プールにデプロイされたすべてのマネージド インスタンスには、SQL エージェントの個別のインスタンスがあります。Every managed instance deployed in a pool has a separate instance of SQL Agent.

オプションの機能、または特定の値 (インスタンスレベルの照合順序、タイム ゾーン、データ トラフィックのパブリック エンドポイント、フェールオーバー グループなど) を選択する必要がある機能は、インスタンス レベルで構成され、プール内のインスタンスごとに異なる場合があります。Optional features or features that require you to choose specific values (such as instance-level collation, time zone, public endpoint for data traffic, failover groups) are configured at instance level and can be different for each instance in a pool.

パフォーマンスに関する考慮事項Performance considerations

プール内のマネージド インスタンスには専用の仮想コアと RAM がありますが、ローカル ディスク (tempdb 使用のため) とネットワーク リソースを共有します。Although managed instances within pools do have dedicated vCore and RAM, they share local disk (for tempdb usage) and network resources. 可能性は低いですが、プール内の複数のインスタンスでリソース消費量が同時に増加すると、"ノイジー ネイバー" (うるさい隣人) の影響を受ける可能性があります。It's not likely, but it is possible to experience the noisy neighbor effect if multiple instances in the pool have high resource consumption at the same time. この動作を確認した場合は、これらのインスタンスをより大きなプールにデプロイするか、単一インスタンスとしてデプロイすることを検討してください。If you observe this behavior, consider deploying these instances to a bigger pool or as single instances.

セキュリティに関する考慮事項Security considerations

プールにデプロイされたインスタンスは同じ仮想マシンを共有するので、セキュリティ上のリスクが高い機能を無効にするか、これらの機能へのアクセス許可をしっかりと制御することを検討してください。Because instances deployed in a pool share the same virtual machine, you may want to consider disabling features that introduce higher security risks, or to firmly control access permissions to these features. たとえば、CLR 統合、ネイティブ バックアップと復元、データベース メールなどです。For example, CLR integration, native backup and restore, database email, etc.

インスタンス プールのサポート要求Instance pool support requests

Azure portal でインスタンス プールのサポート要求を作成および管理します。Create and manage support requests for instance pools in the Azure portal.

インスタンス プールのデプロイ (作成または削除) に関連する問題が発生している場合は、 [問題のサブタイプ] フィールドで [インスタンス プール] を指定してください。If you are experiencing issues related to instance pool deployment (creation or deletion), make sure that you specify Instance Pools in the Problem subtype field.

インスタンス プールのサポート要求

プール内の単一インスタンスまたはデータベースに関連する問題が発生している場合は、Azure SQL Database マネージド インスタンスの通常のサポート チケットを作成する必要があります。If you are experiencing issues related to single instances or databases within a pool, you should create a regular support ticket for Azure SQL Database managed instances.

インスタンス プールの有無にかかわらず、より大きなマネージド インスタンスのデプロイを作成するには、より大きなリージョン クォータを取得する必要があります。To create larger managed instance deployments (with or without instance pools), you may need to obtain a larger regional quota. より大きなクォータを要求するには標準のマネージド インスタンス プロシージャを使用しますが、インスタンス プールを使用している場合は、デプロイ ロジックによって、"プール レベルで" の仮想コアの合計消費量がクォータと比較され、クォータをさらに増やすことなく、新しいリソースの作成を許可するかどうかが決定されることに注意してください。Use the standard managed instance procedure for requesting a larger quota, but note that if you are using instance pools, the deployment logic compares total vCore consumption at the pool level against your quota to determine whether you are allowed to create new resources without further increasing your quota.

インスタンス プールの課金Instance pool billing

インスタンス プールを使用すると、コンピューティングとストレージを個別にスケーリングできます。Instance pools allow scaling compute and storage independently. お客様は、仮想コアで測定されるプール リソースに関連付けられているコンピューティング、およびギガバイト単位で測定されるすべてのインスタンスに関連付けられているストレージ (最初の 32 GB はすべてのインスタンスで無料です) に対して料金を支払います。Customers pay for compute associated with the pool resource measured in vCores, and storage associated with every instance measured in gigabytes (the first 32 GB are free of charge for every instance).

プールの仮想コア価格は、そのプールにデプロイされているインスタンスの数に関係なく課金されます。vCore price for a pool is charged regardless of how many instances are deployed in that pool.

コンピューティング価格 (仮想コア単位) では、次の 2 つの価格オプションを使用できます。For the Compute price (measured in vCores), two pricing options are available:

  1. ライセンス込み:ソフトウェア アシュアランス付きの既存 SQL Server のライセンスが適用されます。License included: Apply existing SQL Server licenses with Software Assurance.
  2. [Azure ハイブリッド特典] : SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典を含む割引価格。Azure Hybrid Benefit: A reduced price that includes Azure Hybrid Benefit for SQL Server. お客様は、ソフトウェア アシュアランス付きの既存の SQL Server ライセンスを使用してこの価格を選択することができます。Customers can opt into this price by using their existing SQL Server licenses with Software Assurance. 資格情報とその他の詳細については、Azure ハイブリッド特典に関するページを参照してください。For eligibility and other details, see Azure Hybrid Benefit.

プール内の個々のインスタンスに対して、異なる価格オプションを設定することはできません。Setting different pricing options is not possible for individual instances in a pool. 親プール内のすべてのインスタンスは、ライセンス込みの価格または Azure ハイブリッド特典の価格である必要があります。All instances in the parent pool must be either at License Included price or Azure Hybrid Benefit price. プールのライセンス モデルは、プールの作成後に変更できます。The license model for the pool can be altered after the pool is created.

重要

インスタンスにプールとは異なるライセンス モデルを指定すると、プールの価格が使用され、インスタンス レベルの値は無視されます。If you specify a License Model for the instance that is different than in the pool, the pool price is used and the instance level value is ignored.

開発/テスト特典の対象となるサブスクリプションでインスタンス プールを作成すると、Azure SQL マネージド インスタンスで最大 55% の割引料金が自動的に受けられます。If you create instance pools on subscriptions eligible for dev-test benefit, you automatically receive discounted rates of up to 55 percent on Azure SQL managed instance.

インスタンス プールの価格の詳細については、マネージド インスタンスの価格ページの "インスタンス プール" のセクションを参照してください。For full details on instance pool pricing, refer to the instance pools section on the managed instance pricing page.

次の手順Next steps