最大で 10 年間 Azure SQL Database のバックアップを格納するStore Azure SQL Database backups for up to 10 years

多くのアプリケーションで、規制、コンプライアンス、またはその他のビジネス上の目的で、Azure SQL Database の自動バックアップによって提供される 7 ~ 35 日間を超えて、データベースのバックアップを保持する必要があります。Many applications have regulatory, compliance, or other business purposes that require you to retain database backups beyond the 7-35 days provided by Azure SQL Database automatic backups. 長期リテンション期間 (LTR) 機能を使用すると、最大で 10 年間、指定した SQL データベースの完全バックアップを RA-GRS Blob Storage に格納できます。By using the long-term retention (LTR) feature, you can store specified SQL database full backups in RA-GRS blob storage for up to 10 years. その後、任意のバックアップを新しいデータベースとして復元できます。You can then restore any backup as a new database.

重要

長期リテンション期間は現在プレビュー段階です。Long-term retention is currently in preview. この機能の以前のプレビューの一部として Azure サービスの Services Recovery Service コンテナーに格納されている既存のバックアップは、SQL Azure Storage に移行されます。Existing backups stored in the Azure Services Recovery Service vault as part of the previous preview of this feature are migrated to SQL Azure storage.

SQL Database の長期リテンション期間のしくみHow SQL Database long-term retention works

長期バックアップ リテンション期間では、ポイントインタイム リストア (PITR) のために作成された自動 SQL Database バックアップが活用されます。Long-term backup retention leverages the automatic SQL Database backups created takes for point-time restore (PITR). SQL データベースごとに長期リテンション ポリシーを構成し、バックアップをどのくらいの頻度で長期ストレージにコピーする必要があるかを指定できます。You can configure a long term retention policy for each SQL database and specify how frequently you need to copy the backups to the long-term storage. この柔軟性を実現するために、ポリシーの定義には、毎週のバックアップ リテンション期間 (W)、毎月のバックアップ リテンション期間 (M)、毎年のバックアップ リテンション期間 (Y)、年度の通算週 (WeekOfYear) の 4 つのパラメーターの組み合わせを使用できます。To enable that flexibility you can define the policy using a combination of four parameters: weekly backup retention (W), monthly backup retention (M), yearly backup retention (Y) and week of year (WeekOfYear). W を指定すると、毎週 1 つのバックアップが長期ストレージにコピーされます。If you specify W, one backup every week will be copied to the long-term storage. M を指定すると、毎月第 1 週に 1 つのバックアップが長期ストレージにコピーされます。If you specify M, one backup during the first week of each month will be copied to the long-term storage. Y を指定すると、WeekOfYear によって指定された週に 1 つのバックアップが長期ストレージにコピーされます。If you specify Y, one backup during the week specified by WeekOfYear will be copied to the long-term storage. これらのパラメーターで指定された期間、各バックアップが長期ストレージに保持されます。Each backup will be kept in the long-term storage for the period specified by these parameters.

次に例を示します。Examples:

  • W=0、M=0、Y=5、WeekOfYear=3W=0, M=0, Y=5, WeekOfYear=3

    毎年、第 3 週の完全バックアップが 5 年間保持されます。The 3rd full backup of each year will be kept for 5 years.

  • W=0、M=3、Y=0W=0, M=3, Y=0

    毎月、最初の完全バックアップが 3 か月間保持されます。The first full backup of each month will be kept for 3 months.

  • W=12、M=0、Y=0W=12, M=0, Y=0

    毎週、完全バックアップが 12 週間保持されます。Each weekly full backup will be kept for 12 weeks.

  • W=6、M=12、Y=10、WeekOfYear=16W=6, M=12, Y=10, WeekOfYear=16

    毎週、完全バックアップが 6 週間保持されます。Each weekly full backup will be kept for 6 weeks. ただし、各月の最初の完全バックアップについては、12 か月間保持されます。Except first full backup of each month, which will be kept for 12 months. また、各年の第 16 週に作成された完全バックアップについては、10 年間保持されます。Except the full backup taken on 16th week of year, which will be kept for 10 years.

以下の表は、次のポリシーの長期バックアップの周期と有効期限を示しています。The following table illustrates the cadence and expiration of the long-term backups for the following policy:

W=12 weeks (84 日)、M=12 months (365 日)、Y=10 years (3650 日)、WeekOfYear=15 (4 月 15 日の週)W=12 weeks (84 days), M=12 months (365 days), Y=10 years (3650 days), WeekOfYear=15 (week after April 15)

LTR の例

このポリシーを変更して、W = 0 (毎週のバックアップなし) を設定すると、上記の表のバックアップ コピーの周期は、強調表示された日付のように変更されます。If you were to modify the above policy and set W=0 (no weekly backups), the cadence of backup copies would change as shown in the above table by the highlighted dates. それに応じて、これらのバックアップの保持に必要なストレージの量は減ります。The storage amount needed to keep these backups would reduce accordingly.

注意

  1. LTR コピーは Azure Storage サービスによって作成されます。したがって、既存のデータベースが、コピー処理の影響を受けることはありません。The LTR copies are created by Azure storage service so the copy process has no performance impact on the existing database.
  2. ポリシーは現在以降のバックアップに適用されます。The policy applies to the future backups. 例: E.g. 指定した WeekOfYear がポリシーの構成時点で既に過去である場合、初回の LTR バックアップは次の年に作成されます。if the specified WeekOfYear is in the past when the policy is configured, the first LTR backup will be created next year.
  3. LTR ストレージからデータベースを復元するために、特定のバックアップを、そのタイムスタンプに基づいて選択することができます。To restore a database from the LTR storage, you can select a specific backup based on its timestamp. データベースは、元のデータベースと同じサブスクリプションの既存のサーバーに復元できます。The database can be restored to any existing server under the same subscription as the original database.

長期のバックアップ リテンション期間の構成Configure long-term backup retention

Azure Portal または PowerShell を使用して長期のリテンション期間を構成する方法については、長期のバックアップ リテンション期間の構成に関するページをご覧ください。To learn how to configure long-term retention using the Azure portal or using PowerShell, see Configure long-term backup retention.

次の手順Next steps

データベース バックアップは、データの不慮の破損または削除から保護するため、ビジネス継続性およびディザスター リカバリー戦略の最も重要な部分です。Because database backups protect data from accidental corruption or deletion, they're an essential part of any business continuity and disaster recovery strategy. その他の SQL Database ビジネス継続性ソリューションの概要については、ビジネス継続性の概要に関する記事を参照してください。To learn about the other SQL Database business-continuity solutions, see Business continuity overview.