クイック スタート:Azure SQL Database マネージド インスタンスの作成Quickstart: Create an Azure SQL Database managed instance

このクイック スタートでは、Azure portal で Azure SQL Database マネージド インスタンスを作成する方法について説明します。This quickstart walks you through how to create an Azure SQL Database managed instance in the Azure portal.

重要

制限については、サポートされているリージョンサポートされているサブスクリプションの種類に関するセクションを参照してください。For limitations, see Supported regions and Supported subscription types.

Azure portal にサインインしますSign in to the Azure portal

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account.

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

マネージド インスタンスを作成するCreate a managed instance

次の手順に従って、マネージド インスタンスを作成します。The following steps show you how to create a managed instance.

  1. Azure portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Select Create a resource in the upper-left corner of the Azure portal.

  2. [マネージド インスタンス] を探し、 [Azure SQL Managed Instance] を選択します。Locate managed instance, and then select Azure SQL Managed Instance.

  3. 作成 を選択します。Select Create.

    マネージド インスタンスを作成する

  4. 次の表の情報を参考にして、 [SQL マネージド インスタンス] フォームに必要な情報を入力します。Fill out the SQL managed instance form with the requested information by using the information in the following table.

    SettingSetting 推奨値Suggested value 説明Description
    サブスクリプションSubscription 該当するサブスクリプション。Your subscription. 新しいリソースを作成するアクセス許可を与えるサブスクリプション。A subscription that gives you permission to create new resources.
    マネージド インスタンス名Managed instance name 有効な名前。Any valid name. 有効な名前については、名前付け規則と制限事項に関するページを参照してください。For valid names, see Naming rules and restrictions.
    マネージド インスタンス管理者ログインManaged instance admin login 有効なユーザー名。Any valid username. 有効な名前については、名前付け規則と制限事項に関するページを参照してください。For valid names, see Naming rules and restrictions. "serveradmin" は予約済みのサーバー レベルのロールであるため、使用しないでください。Don't use "serveradmin" because that's a reserved server-level role.
    パスワードPassword 有効なパスワード。Any valid password. パスワードは 16 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。The password must be at least 16 characters long and meet the defined complexity requirements.
    タイム ゾーンTime zone マネージド インスタンスで監視するタイム ゾーン。The time zone to be observed by your managed instance. 詳細については、タイム ゾーンに関するページを参照してください。For more information, see Time zones.
    照合順序Collation マネージド インスタンスに対して使用する照合順序。The collation that you want to use for your managed instance. SQL Server からデータベースを移行する場合は、SELECT SERVERPROPERTY(N'Collation') を使用してソースの照合順序を確認し、その値を使用してください。If you migrate databases from SQL Server, check the source collation by using SELECT SERVERPROPERTY(N'Collation') and use that value. 照合順序の詳細については、「サーバーの照合順序の設定または変更」を参照してください。For information about collations, see Set or change the server collation.
    LocationLocation マネージド インスタンスの作成先となる場所。The location in which you want to create the managed instance. リージョンについては、「Azure リージョン」を参照してください。For information about regions, see Azure regions.
    Virtual NetworkVirtual network [新しい仮想ネットワークの作成] または有効な仮想ネットワークとサブネットを選択します。Select either Create new virtual network or a valid virtual network and subnet. ネットワークまたはサブネットが使用できない場合は、新しいマネージド インスタンスのターゲットとして選択する前に、ネットワーク要件を満たすように変更する必要があります。If a network or subnet is unavailable, it must be modified to satisfy the network requirements before you select it as a target for the new managed instance. マネージド インスタンスのネットワーク環境を構成するための要件については、マネージド インスタンスの仮想ネットワークの構成に関する記事を参照してください。For information about the requirements for configuring the network environment for a managed instance, see Configure a virtual network for a managed instance.
    パブリック エンドポイントを有効にするEnable public endpoint パブリック エンドポイントを有効にする場合は、このオプションをオンにします。Check this option to enable public endpoint パブリック データ エンドポイントを介してマネージ インスタンスにアクセスできるようにするには、 [パブリック エンドポイントを有効にする] をオンにする必要があります。For managed instance to be accessible through the public data endpoint, Enable public endpoint needs to be checked.
    許可するアクセス元Allow access from いずれかのオプションを選択します。Select one of the options:
    • Azure サービスAzure services
    • InternetInternet
    • アクセスなしNo access
    ポータルでの操作により、パブリック エンドポイントを使用してセキュリティ グループを構成できます。Portal experience enables configuring security group with public endpoint.

    実際のシナリオに基づいて、次のいずれかのオプションを選択します。Based on your scenario, select one of the following options:
    • Azure サービス - Power BI やその他のマルチテナント サービスから接続する場合にお勧めします。Azure services - recommended when connecting from Power BI or other multi-tenant service.
    • インターネット - マネージド インスタンスを迅速に作成する必要がある場合にテスト目的で使用します。Internet - use for test purposes when you want to quickly spin up a managed instance. 運用環境での使用はお勧めしません。It’s not recommended for use in production environments.
    • アクセスなし - このオプションでは拒否セキュリティ規則が作成されます。No access - this option creates a deny security rule. パブリック エンドポイントを介してマネージド インスタンスにアクセスできるようにするには、この規則を変更する必要があります。You’ll need to modify this rule in order to make managed instance accessible through public endpoint.

    パブリック エンドポイントのセキュリティの詳細については、「パブリック エンドポイントで安全に Azure SQL Database マネージド インスタンスを使用する」を参照してください。For more information on public endpoint security, see using Azure SQL Database managed instance securely with public endpoint.
    接続の種類Connection type 接続の種類として、プロキシまたはリダイレクトを選択します。Choose between a Proxy and a Redirect connection type. 接続の種類の詳細については、Azure SQL Database の接続ポリシーに関するページを参照してください。For more information about connection types, see Azure SQL Database connection policy.
    リソース グループResource group 新規または既存のリソース グループ。A new or existing resource group. 有効なリソース グループ名については、名前付け規則と制限に関するページを参照してください。For valid resource group names, see Naming rules and restrictions.

    マネージド インスタンスのフォーム

  5. マネージド インスタンスをインスタンス フェールオーバー グループのセカンダリとして使用するには、チェックアウトを選択し、DnsAzurePartner マネージド インスタンスを指定します。To use the managed instance as an instance failover group secondary, select the checkout and specify the DnsAzurePartner managed instance. この機能はプレビュー段階のため、スクリーンショットには表示されていません。This feature is in preview and isn't shown in the following screenshot.

  6. [価格レベル] を選択して、コンピューティング リソースとストレージ リソースのサイズを指定し、価格レベルのオプションを確認します。Select Pricing tier to size compute and storage resources and to review the pricing tier options. [汎用] 価格レベルでは、32 GB のメモリと 16 仮想コアが既定値となっています。The General Purpose pricing tier with 32 GB of memory and 16 vCores is the default value.

  7. スライダーまたはテキスト ボックスを使用して、記憶域のサイズと仮想コアの数を指定します。Use the sliders or text boxes to specify the amount of storage and the number of virtual cores.

  8. 完了したら、 [適用] を選択して選択内容を保存します。When you're finished, select Apply to save your selection.

  9. [作成] を選択してマネージド インスタンスをデプロイします。Select Create to deploy the managed instance.

  10. [通知] アイコンを選択してデプロイの状態を表示します。Select the Notifications icon to view the status of the deployment.

    マネージド インスタンスのデプロイの進行状況

  11. [デプロイを実行しています] を選択して [マネージド インスタンス] ウィンドウを開き、デプロイの進行状況を詳しく監視します。Select Deployment in progress to open the managed instance window to further monitor the deployment progress.

重要

サブネット内の最初のインスタンスの場合、通常、デプロイ時間は後続のインスタンスよりもはるかに長くなります。For the first instance in a subnet, deployment time is typically much longer than in subsequent instances. デプロイ操作が予想以上に長くなった場合でも、デプロイ操作を取り消さないでください。Don't cancel the deployment operation because it lasts longer than you expected.

リソースの確認と完全修飾サーバー名の取得Review resources and retrieve your fully qualified server name

デプロイが正常に完了したら、作成されたリソースを確認し、以降のクイック スタートで使用する完全修飾サーバー名を取得します。After the deployment is successful, review the resources that were created and retrieve the fully qualified server name for use in later quickstarts.

  1. マネージド インスタンスのリソース グループを開きます。Open the resource group for your managed instance. マネージド インスタンスを作成する」クイック スタートで作成したリソースを表示します。View its resources that were created for you in the create a managed instance quickstart.

    マネージド インスタンスのリソース

  2. ルート テーブルを選択して、作成されたユーザー定義ルート (UDR) テーブルを確認します。Select the route table to review the user-defined route (UDR) table that was created for you.

    ルート テーブル

  3. ルート テーブルで、マネージド インスタンス仮想ネットワークから、またはその内部でトラフィックをルーティングするエントリを確認します。In the route table, review the entries to route traffic from and within the managed instance virtual network. ルート テーブルを手動で作成または構成する場合は、これらのエントリをルート テーブルに作成する必要があります。If you create or configure your route table manually, you must be sure to create these entries in the route table.

    ローカルへのマネージド インスタンス サブネットのエントリ

  4. リソース グループに戻り、ネットワーク セキュリティ グループを選択して、セキュリティ規則を確認します。Return to the resource group, and select the network security group to review the security rules.

    ネットワーク セキュリティ グループ

  5. 受信および送信セキュリティ規則を確認します。Review the inbound and outbound security rules. マネージド インスタンスのパブリック エンドポイントを構成した場合は、パブリック エンドポイントの構成に関する記事で詳細情報を参照してください。If you have configured public endpoints for your managed instance, see the article Configure public endpoint for more information.

    セキュリティ規則

  6. リソース グループに戻り、マネージド インスタンスを選択します。Return to the resource group, and select your managed instance.

    マネージド インスタンス

  7. [概要] タブで、 [ホスト] プロパティを探します。On the Overview tab, locate the Host property. 次のクイックスタートで使用するマネージド インスタンスの完全修飾ホスト アドレスをコピーします。Copy the fully qualified host address for the managed instance for use in the next quickstart.

    ホスト名

    名前は、your_machine_name.a1b2c3d4e5f6.database.windows.net のようになります。The name is similar to your_machine_name.a1b2c3d4e5f6.database.windows.net.

次の手順Next steps