Azure SQL Database マネージド インスタンスのリソース制限の概要Overview Azure SQL Database managed instance resource limits

この記事では、Azure SQL Database マネージド インスタンスのリソース制限の概要を示し、これらの制限の引き上げを要求する方法について説明します。This article provides an overview of the resource limits for Azure SQL Database managed instance, and provides information about how to request an increase to these limits.

注意

サポートされている機能と T-SQL ステートメントの違いについては、機能の違いT-SQL ステートメントのサポートに関するページをご覧ください。For differences in supported features and T-SQL statements see Feature differences and T-SQL statement support.

インスタンス レベルのリソース制限Instance-level resource limits

マネージド インスタンスには、基本のインフラストラクチャとアーキテクチャによって異なる特性とリソース制限があります。Managed instance has characteristics and resource limits that depend on the underlying infrastructure and architecture. 制限は、ハードウェアの世代とサービス レベルに依存します。Limits depend on hardware generation and service tier.

ハードウェアの世代の特性Hardware generation characteristics

Azure SQL Database マネージド インスタンスは、2 つのハードウェアの世代 (Gen4 と Gen5) でデプロイできます。Azure SQL Database managed instance can be deployed on two hardware generations: Gen4 and Gen5. ハードウェアの世代には、次の表に示したさまざまな特性があります。Hardware generations have different characteristics, as described in the following table:

Gen4Gen4 Gen5Gen5
ハードウェアHardware Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4 GHz プロセッサ、接続されている SSD 仮想コア = 1 PP (物理コア)Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4-GHz processors, attached SSD vCore = 1 PP (physical core) Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz プロセッサ、高速 NVMe SSD、仮想コア=1 LP (ハイパー スレッド)Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz processors, fast NVMe SSD, vCore=1 LP (hyper-thread)
仮想コアの数Number of vCores 8、16、24 の仮想コア8, 16, 24 vCores 4、8、16、24、32、40、64、80 の仮想コア4, 8, 16, 24, 32, 40, 64, 80 vCores
最大メモリ (メモリ/コア比)Max memory (memory/core ratio) 仮想コアあたり 7 GB7 GB per vCore
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
仮想コアあたり 5.1 GB5.1 GB per vCore
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
最大インメモリ OLTP メモリMax In-Memory OLTP memory インスタンスの制限:仮想コアあたり 3 GBInstance limit: 3 GB per vCore
データベースの制限:Database limits:
- 8 コア:データベースあたり 8 GB- 8-core: 8 GB per database
- 16 コア:データベースあたり 20 GB- 16-core: 20 GB per database
- 24 コア:データベースあたり 36 GB- 24-core: 36 GB per database
インスタンスの制限:仮想コアあたり 2.5 GBInstance limit: 2.5 GB per vCore
データベースの制限:Database limits:
- 8 コア:データベースあたり 13 GB- 8-core: 13 GB per database
- 16 コア:データベースあたり 32 GB- 16-core: 32 GB per database
インスタンスの予約済み最大ストレージMax instance reserved storage 汎用: 8 TBGeneral Purpose:8 TB
Business Critical:1 TBBusiness Critical: 1TB
汎用:8 TBGeneral Purpose: 8 TB
Business Critical: コアの数に応じて 1 TB、2 TB、または 4 TBBusiness Critical 1 TB, 2 TB, or 4 TB depending on the number of cores

重要

新しい Gen4 データベースは、AustraliaEast リージョンでサポートされなくなりました。New Gen4 databases are no longer supported in the AustraliaEast region.

サービス レベルの特性Service tier characteristics

マネージド インスタンスには 2 つのサービス レベルがあります。General Purpose と Business Critical です。Managed instance has two service tiers: General Purpose and Business Critical. これらのレベルは、次の表に示すように、別の機能を提供します。These tiers provide different capabilities, as described in the table below:

機能Feature 汎用General Purpose Business CriticalBusiness Critical
仮想コアの数*Number of vCores* Gen4: 8、16、24Gen4: 8, 16, 24
Gen5:4、8、16、24、32、40、64、80Gen5: 4, 8, 16, 24, 32, 40, 64, 80
Gen4:8、16、24、32Gen4: 8, 16, 24, 32
Gen5:4、8、16、24、32、40、64、80Gen5: 4, 8, 16, 24, 32, 40, 64, 80
最大メモリMax memory Gen4:56 GB - 168 GB (7 GB/仮想コア)Gen4: 56 GB - 168 GB (7GB/vCore)
Gen5:40.8 GB - 408 GB (5.1 GB/仮想コア)Gen5: 40.8 GB - 408 GB (5.1GB/vCore)
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
Gen4:56 GB - 168 GB (7 GB/仮想コア)Gen4: 56 GB - 168 GB (7GB/vCore)
Gen5:40.8 GB - 408 GB (5.1 GB/仮想コア)Gen5: 40.8 GB - 408 GB (5.1GB/vCore)
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
インスタンスの予約済み最大ストレージ サイズMax instance reserved storage size - 4 仮想コアの場合は 2 TB (Gen5 のみ)- 2 TB for 4 vCores (Gen5 only)
- その他のサイズの場合は 8 TB- 8 TB for other sizes
Gen4:1 TB (テラバイト)Gen4: 1 TB
Gen5:Gen5:
- 4、8、16 仮想コアの場合は 1 TB- 1 TB for 4, 8, 16 vCores
- 24 仮想コアの場合は 2 TB- 2 TB for 24 vCores
- 32、40、64、80 仮想コアの場合は 4 TB- 4 TB for 32, 40, 64, 80 vCores
最大データベース サイズMax database size インスタンスごとの最大ストレージ サイズによって決まりますDetermined by the max storage size per instance インスタンスごとの最大ストレージ サイズによって決まりますDetermined by the max storage size per instance
インスタンスごとの最大データベース数Max number of databases per instance 100100 100100
インスタンスごとの最大データベース ファイル数Max number of database files per instance 最大 280Up to 280 データベースあたり 32,767 ファイル32,767 files per database
データ/ログの IOPS (概算)Data/Log IOPS (approximate) ファイルあたり 500 ~ 7,500500 - 7,500 per file
*IOPS を増やすには、ファイル サイズを大きくします*Increase file size to get more IOPS
11 K - 110 K (1,375/仮想コア)11 K - 110 K (1375/vCore)
IO パフォーマンスを向上させるには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get better IO performance.
ログ書き込みスループット制限Log write throughput limit 仮想コアあたり 3 MB/秒3 MB/s per vCore
インスタンスあたり最大 22 MB/秒Max 22 MB/s per instance
仮想コアあたり 4 MB/秒4 MB/s per vCore
インスタンスあたり最大 48 MB/秒Max 48 MB/s per instance
データ スループット (概算)Data throughput (approximate) ファイルあたり 100 ~ 250 MB/秒100 - 250 MB/s per file
*IO パフォーマンスを向上させるには、ファイル サイズを増やします*Increase the file size to get better IO performance
該当なしN/A
ストレージ IO 待機時間 (概算)Storage IO latency (approximate) 5 ~ 10 ms5-10 ms 1 ~ 2 ms1-2 ms
最大 tempDB サイズMax tempDB size 192 ~ 1,920 GB (仮想コアあたり 24 GB)192 - 1,920 GB (24 GB per vCore)
tempdb 領域を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more TempDB space.
インスタンスの最大ストレージ サイズによって制限されます。Limited by the max instance storage size. 現在、termdb ログ ファイルのサイズは、仮想コアあたり 24 GB に制限されています。TempDB log file size is currently limited to 24GB/vCore.
最大セッション数Max sessions 3000030000 3000030000

注意

  • ユーザー データベースとシステム データベースのデータ ファイルおよびログ ファイルのサイズはどちらも、最大ストレージ サイズの制限と比較されるインスタンス ストレージ サイズに含まれます。Both data and log file size in the user and system databases are included in the instance storage size that is compared with the Max storage size limit. データベースによって使用される合計領域を確認するには、sys.master_files システム ビューを使用します。Use sys.master_files system view to determine the total used space by databases. エラー ログは保持されず、サイズには含まれません。Error logs are not persisted and not included in the size. バックアップは、ストレージ サイズに含まれません。Backups are not included in storage size.
  • スループットと IOPS も、マネージド インスタンスによって明示的に制限されないページ サイズに依存します。Throughput and IOPS also depend on the page size that is not explicitly limited by managed instance.

サポートされているリージョンSupported regions

マネージド インスタンスは、サポートされているリージョンのみで作成できます。Managed instances can be created only in supported regions. 現在サポートされていないリージョンでマネージド インスタンスを作成するには、Azure portal 経由でサポート要求を送信できます。To create a managed instance in a region that is currently not supported, you can send a support request via the Azure portal.

サポートされているサブスクリプションの種類Supported subscription types

マネージド インスタンスは現在、次の種類のサブスクリプションのみでデプロイをサポートしています。Managed instance currently supports deployment only on the following types of subscriptions:

リージョンのリソース制限Regional resource limitations

サポートされているサブスクリプションの種類には、リージョンごとのリソース数の制限を組み入れることができます。Supported subscription types can contain a limited number of resources per region. マネージド インスタンスには、サブスクリプションの種類に応じて、Azure リージョンごとに 2 つの既定の制限があります。Managed instance has two default limits per Azure region depending on a type of subscription type:

  • サブネットの制限: マネージド インスタンスが単一リージョンにデプロイされているサブネットの最大数。Subnet limit: The maximum number of subnets where managed instances are deployed in a single region.
  • 仮想コアの制限:1 つのリージョン内のすべてのインスタンスにデプロイできる仮想コアの最大数。vCore limit: The maximum number of vCores that can be deployed across all instances in a single region.

注意

これらの制限は既定の設定であり、技術的な制限ではありません。These limits are default settings and not technical limitations. 現在のリージョンでさらに多くのマネージド インスタンスが必要な場合、Azure portal でサポート要求を特別に作成して、これらの制限をオンデマンドで引き上げることができます。The limits can be increased on-demand by creating a special support request in the Azure portal if you need more managed instances in the current region. サポート要求を送信せずに、代わりに、別の Azure リージョンに新しいマネージド インスタンスを作成することも可能です。As an alternative, you can create new managed instances in another Azure region without sending support requests.

次の表は、サポートされているサブスクリプションの既定のリージョン制限を示しています。The following table shows the default regional limits for supported subscriptions:

サブスクリプションの種類Subscription type マネージド インスタンスのサブネットの最大数Max number of managed instance subnets 最大仮想コア ユニット数*Max number of vCore units*
従量課金制Pay-as-you-go 33 320320
CSPCSP 8 (リージョンによっては 15**)8 (15 in some regions**) 960 (リージョンによっては 1440**)960 (1440 in some regions**)
開発テスト用の従量課金制プランPay-as-you-go Dev/Test 33 320320
Enterprise Dev/TestEnterprise Dev/Test 33 320320
EAEA 8 (リージョンによっては 15**)8 (15 in some regions**) 960 (リージョンによっては 1440**)960 (1440 in some regions**)
Visual Studio EnterpriseVisual Studio Enterprise 22 6464
Visual Studio Professional および MSDN PlatformsVisual Studio Professional and MSDN Platforms 22 3232

* デプロイを計画するときは、(冗長性が高くなるため) Business Critical (BC) 仮想コアで General Purpose (GP) 仮想コアの 4 倍を超える容量が消費されることを考慮します。* When you plan your deployments, consider that a Business Critical (BC) vCore (due to added redundancy) consumes 4x more capacity than a General Purpose (GP) vCore. そのため、ご自分の計算では、1 GP 仮想コア = 1 仮想コア ユニット、1 BC 仮想コア = 4 仮想コア ユニットとします。So, for your calculations, 1 GP vCore = 1 vCore unit and 1 BC vCore = 4 vCore units. 既定の制限に対する消費量分析を簡素化するために、マネージド インスタンスがデプロイされているリージョン内のすべてのサブネットの仮想コア ユニットを集計して、その結果をサブスクリプションの種類のインスタンス ユニットの制限と比較します。To simplify your consumption analysis against the default limits, summarize the vCore units across all subnets in the region where managed instances are deployed and compare the results with the instance unit limits for your subscription type. 最大仮想コア ユニット数」の制限は、リージョン内の各サブスクリプションに適用されます。Max number of vCore units limit applies to each subscription in a region. 個々のサブネットあたりの制限はありませんが、複数のサブネット全体のデプロイされたすべての仮想コアの合計は、「最大仮想コア ユニット数」以下である必要があります。There is no limit per individual subnets except that the sum of all vCores deployed across multiple subnets must be lower or equal to max number of vCore units.

** 次のリージョンには、より大きなサブネットと仮想コアの制限があります。オーストラリア東部、米国東部、米国東部 2、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、英国南部、西ヨーロッパ、米国西部 2。** Larger subnet and vCore limits are available in the following regions: Australia East, East US, East US 2, North Europe, South Central US, Southeast Asia, UK South, West Europe, West US 2.

SQL マネージド インスタンスでのより大きなクォータの取得Obtaining a larger quota for SQL managed instance

現在のリージョンでより多くのマネージド インスタンスが必要な場合、Azure portal を使用してクォータを拡張するためのサポート要求を送信します。If you need more managed instances in your current regions, send a support request to extend the quota using the Azure portal. より大きなクォータを取得するプロセスを開始するには、次の手順を実行します。To initiate the process of obtaining a larger quota:

  1. [ヘルプとサポート] を開き、 [新しいサポート要求] をクリックします。Open Help + support, and click New support request.

    ヘルプとサポート

  2. 新しいサポート要求の [基本] タブで、次の手順を実行します。On the Basics tab for the new support request:

    • [問題の種類] で、 [サービスとサブスクリプションの制限 (クォータ)] を選択します。For Issue type, select Service and subscription limits (quotas).

    • [サブスクリプション] で、ご使用のサブスクリプションを選択します。For Subscription, select your subscription.

    • [クォータの種類] で、 [SQL Database Managed Instance] を選択します。For Quota type, select SQL Database Managed Instance.

    • [サポート プラン] で、お使いのサポート プランを選択します。For Support plan, select your support plan.

      [問題の種類] クォータ

  3. [次へ] をクリックします。Click Next.

  4. 新しいサポート リクエストの [問題] タブで、次の手順を実行します。On the Problem tab for the new support request:

    • [重大度] で、問題の重大度を選択します。For Severity, select the severity level of the problem.

    • [詳細] で、エラー メッセージなど、問題に関する追加情報を指定します。For Details, provide additional information about your issue, including error messages.

    • [ファイルのアップロード] で、より詳細な情報を含むファイル (最大 4 MB) を添付します。For File upload, attach a file with more information (up to 4 MB).

      問題の詳細

      重要

      有効な要求には、次の情報を含める必要があります。A valid request should include:

      • サブスクリプションの制限を引き上げる必要があるリージョン。Region in which subscription limit needs to be increased.
      • クォータが増加した後の既存のサブネットで、サービス レベルごとに必要な仮想コア数 (既存のサブネットのいずれかを拡張する必要がある場合)。Required number of vCores, per service tier in existing subnets after the quota increase (if any of the existing subnets needs to be expanded.
      • 必要な新しいサブネット数と、新しいサブネット内でのサービス レベルあたりの仮想コア合計 (新しいサブネットにマネージド インスタンスをデプロイする必要がある場合)Required number of new subnets and total number of vCores per service tier within the new subnets (if you need to deploy managed instances in new subnets).
  5. [次へ] をクリックします。Click Next.

  6. 新しいサポート要求の [連絡先情報] タブで、希望する連絡方法 (電子メールまたは電話) と連絡先の詳細を入力します。On the Contact Information tab for the new support request, enter preferred contact method (email or phone) and the contact details.

  7. Create をクリックしてください。Click Create.

次の手順Next steps