Azure で適切な SQL Server オプションを選択するChoose the right SQL Server option in Azure

Azure では、ホストされるインフラストラクチャ (IaaS) 内で、またはホストされるサービス (PaaS) として、SQL Server のワークロードを実行することができます。In Azure, you can have your SQL Server workloads running in a hosted infrastructure (IaaS) or running as a hosted service (PaaS). PaaS 内には、複数のデプロイ オプションと各デプロイ オプション内にサービス レベルがあります。Within PaaS, you have multiple deployment options and service tiers within each deployment option. PaaS か IaaS かを決定するときに尋ねる必要がある重要な質問は、データベースの管理、修正プログラムの適用、バックアップの実行を自分で行うか、これらの操作を Azure に委任するかということです。The key question that you need to ask when deciding between PaaS or IaaS is do you want to manage your database, apply patches, take backups, or you want to delegate these operations to Azure? 答えに応じて、次のオプションがあります。Depending on the answer, you have the following options:

  • Azure SQL Database:最新の安定した SQL Server Enterprise Edition に基づくフルマネージドの SQL データベース エンジンです。Azure SQL Database: A fully-managed SQL database engine, based on the latest stable Enterprise Edition of SQL Server. これは Azure クラウドにホストされる、サービスとしてのリレーショナル データベース (DBaaS) で、業界内のカテゴリとしては "サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) " に分類されます。This is a relational database-as-a-service (DBaaS) hosted in the Azure cloud that falls into the industry category of Platform-as-a-Service (PaaS). SQL Database には複数のデプロイ オプションがあり、各オプションは、Microsoft が所有、ホスト、保守する標準的なハードウェアおよびソフトウェアをベースにして構築されています。SQL database has multiple deployment options, each of which is built on standardized hardware and software that is owned, hosted, and maintained by Microsoft. SQL Database では、SQL Server (オンプレミスまたは Azure Virtual Machine 上の) で使用した場合に多くの構成が必要な組み込みの機能を使用できます。With SQL Database, you can use built-in features and functionality that require extensive configuration when used in SQL Server (either on-premises or in an Azure virtual machine). SQL Database は従量課金制で利用でき、中断することなくスケールアップまたはスケールアウトして強化できるオプションもあります。When using SQL Database, you pay-as-you-go with options to scale up or out for greater power with no interruption. SQL Database には、組み込みの高可用性、インテリジェンス、管理など、SQL Server では使用できない追加の機能があります。SQL Database has additional features that are not available in SQL Server, such as built-in high availability, intelligence, and management. Azure SQL Database には、次のデプロイの選択肢があります。Azure SQL Database offers the following deployment options:

    • 単一データベースとしてデプロイし、それ専用の各種リソースを SQL Database サーバーを介して管理する。As a single database with its own set of resources managed via a SQL Database server. 単一データベースは SQL Server の包含データベースに似ています。A single database is similar to a contained databases in SQL Server. このオプションは、クラウド生まれの新しいアプリケーションの最新のアプリケーション開発用に最適化されています。This option is optimized for modern application development of new cloud-born applications.
    • データベースのコレクションであるエラスティック プール。各種の共有リソースを SQL Database サーバーを介して管理します。An elastic pool, which is a collection of databases with a shared set of resources managed via a SQL Database server. 単一データベースはエラスティック プールの内外に移動できます。Single databases can be moved into and out of an elastic pool. このオプションは、マルチテナント SaaS アプリケ―ションを使用して、クラウド生まれの新しいアプリケーションの最新のアプリケーション開発用に最適化されています。This option is optimized for modern application development of new cloud-born applications using the multi-tenant SaaS application.
    • 各種の共有リソースを格納するシステムおよびユーザー データベースのコレクションであるマネージド インスタンスManaged instance, which is a collection of system and user databases with a shared set of resources. マネージド インスタンスは、[Microsoft SQL Server データベース エンジン] のインスタンスに似ており、データベース用の共有リソースおよびインスタンス スコープの追加機能を提供します。A managed instance is similar to an instance of the [Microsoft SQL Server database engine] offering shared resources for databases and additional instance-scoped features. マネージド インスタンスでは、データベースの最小限の変更または変更なしでのオンプレミスからのデータベースの移行がサポートされます。Managed instance supports database migration from on-premises with minimal to no database change. このオプションは Azure SQL Database の PaaS のすべての利点を提供しますが、以前は SQL VM でのみ使用できた機能を追加します。This option provides all of the PaaS benefits of Azure SQL Database but adds capabilities that were previously only available in SQL VMs. これには、ネイティブ仮想ネットワーク (VNet) およびオンプレミス SQL Server との 100% に近い互換性が含まれます。This includes a native virtual network (VNet) and near 100% compatibility with on-premises SQL Server.
  • Azure Virtual Machines 上の SQL Server は、業界内のカテゴリとしては "サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) " に分類され、Azure クラウド上のフルマネージドの仮想マシン内で SQL Server を実行できます。SQL Server on Azure Virtual Machines falls into the industry category Infrastructure-as-a-Service (IaaS) and allows you to run SQL Server inside a fully-managed virtual machine in the Azure cloud. SQL Server 仮想マシンは、マイクロソフトが所有、ホスト、保守する標準的なハードウェア上でも実行されます。SQL Server virtual machines also run on standardized hardware that is owned, hosted, and maintained by Microsoft. VM 上の SQL Server を使用する場合、SQL Server イメージに含まれている SQL Server ライセンスを使用して従量課金で支払いを行うか、単に既存のライセンスを使用することができます。When using SQL Server on a VM, you can either pay-as you-go for a SQL Server license already included in a SQL Server image or easily use an existing license. 必要に応じて、VM を停止または再開することもできます。Azure で実行される Windows Server または Linux 仮想マシン (VM) にインストールされてホストされているクラウド上の SQL Server で、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とも呼ばれます。You can also stop or resume the VM as needed.SQL Server installed and hosted in the cloud on Windows Server or Linux virtual machines (VMs) running on Azure, also known as an infrastructure as a service (IaaS). Azure 仮想マシン上の SQL Server は、データベースの変更を行わずにオンプレミスの SQL Server データベースとアプリケーションを移行する場合に適したオプションです。SQL Server on Azure virtual machines is a good option for migrating on-premises SQL Server databases and applications without any database change. SQL Server のすべての最新バージョンとエディションは、IaaS 仮想マシンでのインストールに使用できます。All recent versions and editions of SQL Server are available for installation in an IaaS virtual machine. SQL Database からの最も重要な違いは、SQL Server VM が、データベース エンジンを完全に制御できることです。The most significant difference from SQL Database is that SQL Server VMs allow full control over the database engine. メンテナンス/修正プログラムの適用を開始するタイミングを選択する、復旧モデルを単純なログまたは一括ログに変更して高速な負荷のないログを有効にする、必要に応じてエンジンを一時停止または開始する、および SQL Server データベース エンジンを完全にカスタマイズすることができます。You can choose when maintenance/patching will start, to change the recovery model to simple or bulk logged to enable faster load less log, to pause or start engine when needed, and you can fully customize the SQL Server database engine. この制御を追加する場合、仮想マシンを管理する責任も追加で伴います。With this additional control comes with added responsibility to manage the virtual machines.

これらのオプションの主な違いを次の表に示します。The main differences between these options are listed in the following table:

VM 上の SQL ServerSQL Server on VM SQL Database のマネージド インスタンスManaged instance in SQL Database SQL Database の単一データベース/エラスティック プールSingle database / elastic pool in SQL Database
SQL Server エンジンを完全に制御できます。You have full control over the SQL Server engine.
最大 99.95% の可用性。Up to 99.95% availability.
オンプレミスの SQL Server の対応するバージョンと完全に一致。Full parity with the matching version of on-premises SQL Server.
固定で既知のデータベース エンジン バージョン。Fixed, well-known database engine version.
オンプレミスの SQL Server からの移行が簡単。Easy migration from SQL Server on-premises.
Azure VNet 内のプライベート IP アドレス。Private IP address within Azure VNet.
SQL Server が配置されているホスト上にアプリケーションまたはサービスをデプロイできます。You have ability to deploy application or services on the host where SQL Server is placed.
オンプレミスの SQL Server との高い互換性。High compatibility with SQL Server on-premises.
99.99% の可用性を保証。99.99% availability guaranteed.
組み込みのバックアップ、修正プログラムの適用、回復。Built-in backups, patching, recovery.
最新の安定版データベース エンジン バージョン。Latest stable Database Engine version.
SQL Server からの移行が簡単。Easy migration from SQL Server.
Azure VNet 内のプライベート IP アドレス。Private IP address within Azure VNet.
組み込みの高度なインテリジェンスとセキュリティ。Built-in advanced intelligence and security.
オンラインでのリソース (CPU/ストレージ) の変更。Online change of resources (CPU/storage).
最もよく使用される SQL Server 機能を利用できます。The most commonly used SQL Server features are available.
99.99% の可用性を保証。99.99% availability guaranteed.
組み込みのバックアップ、修正プログラムの適用、回復。Built-in backups, patching, recovery.
最新の安定版データベース エンジン バージョン。Latest stable Database Engine version.
個々のデータベースに必要なリソース (CPU/ストレージ) を割り当てる機能。Ability to assign necessary resources (CPU/storage) to individual databases.
組み込みの高度なインテリジェンスとセキュリティ。Built-in advanced intelligence and security.
オンラインでのリソース (CPU/ストレージ) の変更。Online change of resources (CPU/storage).
バックアップと修正プログラムを管理する必要があります。You need to manage your backups and patches.
高可用性ソリューションを独自に実装する必要があります。You need to implement your own High-Availability solution.
リソース (CPU/ストレージ) の変更中にダウンタイムが発生There is a downtime while changing the resources(CPU/storage)
利用できない最小限の数の SQL Server 機能がまだあります。There is still some minimal number of SQL Server features that are not available.
正確なメンテナンス時間の保証はありません (ただし、ほぼ透過的です)。No guaranteed exact maintenance time (but nearly transparent).
データベース互換性レベルをのみを使用して、SQL Server バージョンとの互換性を実現できます。Compatibility with the SQL Server version can be achieved only using database compatibility levels.
SQL Server からの移行が難しい可能性があります。Migration from SQL Server might be hard.
一部の SQL Server 機能は使用できません。Some SQL Server features are not available.
正確なメンテナンス時間の保証はありません (ただし、ほぼ透過的です)。No guaranteed exact maintenance time (but nearly transparent).
データベース互換性レベルをのみを使用して、SQL Server バージョンとの互換性を実現できます。Compatibility with the SQL Server version can be achieved only using database compatibility levels.
プライベート IP アドレスを割り当てることができません (ファイアウォール規則を使用してアクセスを制限できます)。Private IP address cannot be assigned (you can limit the access using firewall rules).

この記事では、展開の各選択肢がマイクロソフトのデータ プラットフォームにどのように組み込まれているかを説明します。お客様のビジネス要件に適したオプションを判断するのにお役立てください。Learn how each deployment option fits into the Microsoft data platform and get help matching the right option to your business requirements. この記事を参照することで、コスト削減と管理の最小化のいずれを優先するかに関係なく、最大の関心事項であるビジネス要件に適したアプローチを判断できます。Whether you prioritize cost savings or minimal administration ahead of everything else, this article can help you decide which approach delivers against the business requirements you care about most.

マイクロソフトの SQL データ プラットフォームMicrosoft's SQL data platform

Azure とオンプレミス SQL Server データベースの話を始める前にまず、それらがすべてが利用可能であるということを理解しておいてください。One of the first things to understand in any discussion of Azure versus on-premises SQL Server databases is that you can use it all. Microsoft のデータ プラットフォームは、SQL Server テクノロジを活用し、物理的なオンプレミスマシン、プライベート クラウド環境、サード パーティにホストされているプライベート クラウド環境、パブリック クラウドのすべてでそのテクノロジを使用できるようにします。Microsoft’s data platform leverages SQL Server technology and makes it available across physical on-premises machines, private cloud environments, third-party hosted private cloud environments, and public cloud. Azure 仮想マシン上の SQL Server によって、環境全体でサーバー製品、開発ツール、専門知識を同じ組み合わせで使用しながら、オンプレミスとクラウド ホスト型のデプロイを組み合わせることで、多様な独自のビジネス ニーズを満たすことができます。SQL Server on Azure virtual machines enables you to meet unique and diverse business needs through a combination of on-premises and cloud-hosted deployments, while using the same set of server products, development tools, and expertise across these environments.

クラウド SQL Server オプション:IaaS 上の SQL Server またはクラウド内の SaaS SQL Database

図に示すように、各製品は、インフラストラクチャに及ぼす管理のレベル (X 軸) と、データベース レベルの統合と自動化で実現するコスト効率の度合い (Y 軸) によって特徴付けることができます。As seen in the diagram, each offering can be characterized by the level of administration you have over the infrastructure (on the X axis), and by the degree of cost efficiency achieved by database level consolidation and automation (on the Y axis).

アプリケーションの設計時には、アプリケーションの SQL Server の部分をホストするために 4 つの基本的なオプションを使用できます。When designing an application, four basic options are available for hosting the SQL Server part of the application:

  • 仮想化されていない物理マシン上の SQL ServerSQL Server on non-virtualized physical machines
  • オンプレミス仮想マシン内の SQL Server (プライベート クラウド)SQL Server in on-premises virtualized machines (private cloud)
  • Azure 仮想マシン内の SQL Server (Microsoft パブリック クラウド)SQL Server in Azure Virtual Machine (Microsoft public cloud)
  • Azure SQL Database (Microsoft パブリック クラウド)Azure SQL Database (Microsoft public cloud)

次のセクションでは、Microsoft パブリック クラウドの SQL Server Azure SQL Database と Azure VM の SQL ServerIn the following sections, you learn about SQL Server in the Microsoft public cloud: Azure SQL Database and SQL Server on Azure VMs. さらに、アプリケーションにとって最適なオプションを決定する一般的なビジネスの要因について確認します。In addition, you explore common business motivators for determining which option works best for your application.

Azure SQL Database と Azure VM 上の SQL Server の詳細A closer look at Azure SQL Database and SQL Server on Azure VMs

概して、目的別に最適化された次の 2 つの SQL オプションがあります。In general, these two SQL options are optimized for different purposes:

  • Azure SQL DatabaseAzure SQL Database

多数のデータベースをプロビジョニングおよび管理するための管理コスト全体を最小限に抑えるように最適化されています。Optimized to reduce overall management costs to the minimum for provisioning and managing many databases. 仮想マシン、オペレーティング システム、データベース ソフトウェアを管理する必要がないため、継続的な管理コストが軽減されます。It reduces ongoing administration costs because you do not have to manage any virtual machines, operating system or database software. アップグレード、高可用性、 バックアップを管理する必要はありません。You do not have to manage upgrades, high availability, or backups. 一般的には、Azure SQL Database を使用すると、単一の IT または開発リソースが管理するデータベースの数を大幅に増やすことができます。In general, Azure SQL Database can dramatically increase the number of databases managed by a single IT or development resource. エラスティック プールは、テナントの分離、データベース間でリソースを共有することでコストを削減するように拡大縮小する機能などの機能を備えた SaaS マルチ テナント アプリケーション アーキテクチャもサポートします。Elastic pools also support SaaS multi-tenant application architectures with features including tenant isolation and the ability to scale to reduce costs by sharing resources across databases. マネージド インスタンスは、既存のアプリケーションの簡単な移行およびデータベース間でのリソースの共有を可能にするインスタンス スコープの機能のサポートを提供します。Managed instance provides support for instance-scoped features enabling easy migration of existing applications, as well as sharing resources amongst databases.

  • Azure VM 上で実行されている SQL ServerSQL Server running on Azure VMs

既存のアプリケーションを Azure に移行したり、ハイブリッド デプロイで既存のオンプレミス アプリケーションをクラウドに拡張したりできるように最適化されています。Optimized for migrating existing applications to Azure or extending existing on-premises applications to the cloud in hybrid deployments. さらに、仮想マシン上の SQL Server は従来の SQL Server アプリケーションを開発、テストするためにも使用できます。In addition, you can use SQL Server in a virtual machine to develop and test traditional SQL Server applications. Azure VM 上の SQL Server では、専用の SQL Server インスタンスとクラウド ベースの VM に対して完全な管理者権限があります。With SQL Server on Azure VMs, you have the full administrative rights over a dedicated SQL Server instance and a cloud-based VM. 仮想マシンの維持に使用できる IT リソースが組織に既にある場合は、Azure VM 内の SQL Server を選択することをお勧めします。It is a perfect choice when an organization already has IT resources available to maintain the virtual machines. これらの機能を使用すると、高度にカスタマイズされたシステムを構築して、アプリケーション固有のパフォーマンスや可用性の要件に対処できます。These capabilities allow you to build a highly customized system to address your application’s specific performance and availability requirements.

次の表に SQL Database と Azure VM 上の SQL Server の主な特徴をまとめます。The following table summarizes the main characteristics of SQL Database and SQL Server on Azure VMs:

SQL Database の単一データベースとエラスティック プールSQL Database single databases and elastic pools SQL Database Managed InstanceSQL Database managed instances Azure Virtual Machines と SQL ServerAzure virtual machines with SQL Server
最適な用途:Best for: 最新の安定した SQL Server 機能を使用する必要があり、開発とマーケティングに時間の制約がある新しいクラウド デザイン アプリケーション。New cloud-designed applications that want to use the latest stable SQL Server features and have time constraints in development and marketing. 最新の新しい SQL Server 機能を使用する必要があり、最小限の変更でクラウドに移行される新しいアプリケーションまたは既存のオンプレミス アプリケーション。New applications or existing on-premises applications that want to use the latest stable SQL Server features and that are migrated to the cloud with minimal changes. 変更を最小限に抑えるか、変更なしでクラウドに迅速に移行する必要がある既存のアプリケーション。Existing applications that require fast migration to the cloud with minimal changes or no changes. 運用環境以外のオンプレミス SQL Server のハードウェアを購入しない場合の迅速な開発およびテスト シナリオ。Rapid development and test scenarios when you do not want to buy on-premises non-production SQL Server hardware.
高可用性、障害復旧、アップグレードが組み込まれたデータベースを必要とするチーム。Teams that need built-in high availability, disaster recovery, and upgrade for the database. SQL Database の単一およびプールされたデータベースと同じです。Same as SQL Database single and pooled databases. SQL Server の高可用性、ディザスター リカバリー、修正プログラムの適用を構成、調整、カスタマイズして管理できるチーム。Teams that can configure, fine tune, customize, and manage high availability, disaster recovery, and patching for SQL Server. 自動化された機能がいくつか用意されているため、構成と管理が劇的に簡素化されます。Some provided automated features dramatically simplify this.
基盤のオペレーティング システムと構成設定の管理を回避したいチーム。Teams that do not want to manage the underlying operating system and configuration settings. SQL Database の単一およびプールされたデータベースと同じです。Same as SQL Database single and pooled databases. 完全な管理者アクセス権がある、カスタマイズされた環境を必要としている。You need a customized environment with full administrative rights.
最大 100 TB のデータベース。Databases of up to 100 TB. 最大 8 TB。Up to 8 TB. 記憶域が 64 TB までの SQL Server インスタンス。SQL Server instances with up to 64 TB of storage. インスタンスでは必要な数のデータベースがサポートされます。The instance can support as many databases as needed.
互換性Compatibility ほとんどのオンプレミス データベース レベルの機能をサポートしています。Supports most on-premises database-level capabilities. ほとんどすべてのオンプレミス インスタンス レベルおよびデータベース レベルの機能をサポートしています。Supports almost all on-premises instance-level and database-level capabilities. すべてのオンプレミス機能をサポートしています。Supports all on-premises capabilities.
リソース:Resources: 基盤となるインフラストラクチャの構成と管理のために IT リソースを使用するつもりがなく、アプリケーション層に的を絞りたい。You do not want to employ IT resources for configuration and management of the underlying infrastructure but want to focus on the application layer. SQL Database の単一およびプールされたデータベースと同じです。Same as SQL Database single and pooled databases. 構成と管理のための IT リソースが存在する。You have some IT resources for configuration and management. 自動化された機能がいくつか用意されているため、構成と管理が劇的に簡素化されます。Some provided automated features dramatically simplify this.
総保有コスト:Total cost of ownership: ハードウェアのコストを削減し、管理コストを削減します。Eliminates hardware costs and reduces administrative costs. SQL Database の単一およびプールされたデータベースと同じです。Same as SQL Database single and pooled databases. ハードウェアのコストを削減します。Eliminates hardware costs.
ビジネス継続性:Business continuity: Azure SQL Database では、組み込みのフォールト トレランスのインフラストラクチャ機能以外にも、ビジネス継続性を向上させるために、自動バックアップポイントインタイム リストアgeo リストアアクティブ geo レプリケーション自動フェールオーバー グループなどの機能が提供されます。In addition to built-in fault tolerance infrastructure capabilities, Azure SQL Database provides features, such as automated backups, Point-In-Time Restore, geo-restore, Active geo-replication, and Auto-failover groups to increase business continuity. 詳細については、 SQL Database のビジネス継続性の概要に関する記事を参照してください。For more information, see SQL Database business continuity overview. SQL Database の単一およびプールされたデータベースと同じですが、ユーザーが開始したコピーのみのバックアップも可能です。Same as SQL Database single and pooled databases, plus user-initiated, copy-only backups are available. Azure VM 上の SQL Server では、データベース固有のニーズに合わせて、高可用性とディザスター リカバリーのソリューションを設定できます。SQL Server on Azure VMs lets you set up a high availability and disaster recovery solution for your database’s specific needs. そのため、アプリケーション向けにシステムを大幅に最適化できます。Therefore, you can have a system that is highly optimized for your application. 必要なときに自分でフェールオーバーをテストして実行できます。You can test and run failovers by yourself when needed. 詳細については、「 Azure Virtual Machines における SQL Server の高可用性と障害復旧」を参照してください。For more information, see High Availability and Disaster Recovery for SQL Server on Azure Virtual Machines.
ハイブリッド クラウド:Hybrid cloud: オンプレミス アプリケーションから Azure SQL Database 内のデータにアクセスできます。Your on-premises application can access data in Azure SQL Database. Azure Express Route または VPN Gateway を使った、オンプレミス環境へのネイティブ仮想ネットワークの実装と接続。Native virtual network implementation and connectivity to your on-premises environment using Azure Express Route or VPN Gateway. Azure VM 上の SQL Server を使用して、アプリケーションの一部をクラウド上で実行し、一部をオンプレミスで実行することができます。With SQL Server on Azure VMs, you can have applications that run partly in the cloud and partly on-premises. たとえば、 Azure Virtual Networkを介してオンプレミス ネットワークと Active Directory ドメインをクラウドに拡張できます。For example, you can extend your on-premises network and Active Directory Domain to the cloud via Azure Virtual Network. ハイブリッド クラウド ソリューションについて詳しくは、「オンプレミス データ ソリューションのクラウドへの拡張」をご覧ください。For more information on hybrid cloud solutions, see Extending on-premises data solutions to the cloud.
サブスクライバーとして、データをレプリケートするための SQL Server のトランザクション レプリケーション がサポートされます。Supports SQL Server transactional replication as a subscriber to replicate data. レプリケーションは、プレビュー機能としてマネージド インスタンスでサポートされています。Replication is supported for managed instance as a preview feature. データをレプリケートするための SQL Server のトランザクション レプリケーションAlwaysOn 可用性グループ、Integration Services、ログ配布が完全にサポートされます。Fully supports SQL Server transactional replication, Always On Availability Groups, Integration Services, and Log Shipping to replicate data. また、従来の SQL Server バックアップも完全にサポートされます。Also, traditional SQL Server backups are fully supported

Azure SQL Database と Azure VM 上の SQL Server のいずれかを選択するときのビジネスの要因Business motivations for choosing Azure SQL Database or SQL Server on Azure VMs

SQL データベースをホストするために PaaS と IaaS のどちらを選択するかの決定に影響する可能性のある要素がいくつかあります。There are several factors that can influence your decision to choose PaaS or IaaS to host your SQL databases:

  • コスト - PaaS と IaaS の両方のオプションに、基になるインフラストラクチャとライセンスの基本価格が含まれます。Cost - Both PaaS and IaaS option include base price that cover underlying infrastructure and licensing. ただし、IaaS オプションではデータベースを管理するために追加の時間とリソースを投資する必要がありますが、PaaS ではこれらの管理機能が価格に含まれています。However, with IaaS option you need to invest additional time and resources to manage your database, while in PaaS you are getting these administration features included in the price. IaaS オプションでは、使用していないときにリソースをシャットダウンしてコストを削減できますが、PaaS バージョンでは、リソースを削除して必要なときに再作成しない限り常に実行されます。IaaS option enables you to shut-down your resources while you are not using them to decrease the cost, while PaaS version is always running unless if you drop and re-create your resources when they are needed.
  • 管理 - PaaS オプションでは、データベースの管理に投入する必要がある時間量が減少します。Administration - PaaS options reduce the amount of time that you need to invest to administer the database. ただし、実行できるカスタムの管理タスクおよびスクリプトの範囲も制限されます。However, it also limits the range of custom administration tasks and scripts that you can perform or run. たとえば、CLR は単一またはプールされたデータベースではサポートされませんが、マネージド インスタンスではサポートされています。For example, the CLR is not supported with single or pooled databases, but is supported for a managed instance. また、PaaS のデプロイ オプションでは、トレース フラグの使用がサポートされていません。Also, no deployment options in PaaS support the use of trace flags.
  • サービス レベル アグリーメント - IaaS と PaaS の両方で、高度な業界標準の SLA が提供されます。Service-Level Agreement - Both IaaS and PaaS provide high, industry standard SLA. PaaS オプションでは 99.99% の SLA が保証されますが、IaaS ではインフラストラクチャについて 99.95% の SLA が保証されます。これは、データベースの可用性を確保するために追加のメカニズムを実装する必要があることを意味します。PaaS option guarantees 99.99% SLA, while IaaS guarantees 99.95% SLA for infrastructure, meaning that you need to implement additional mechanisms to ensure availability of your databases. 極端なケースでは、一致する PaaS である高可用性ソリューションを実装する場合、VM に追加の SQL サーバーを作成し、AlwaysOn Availability グループを構成する必要があり、それによってデータベースのコストが倍増する可能性があります。In the extreme case, if you want to implement High-availability solution that is matching PaaS, you might need to create additional SQL Server in VM and configure AlwaysOn Availability groups, which might double the cost of your database.
  • Azure への移行にかかる時間 - Azure VM 内の SQL Server はお客様の環境と完全に一致するので、オンプレミスから Azure SQL VM への移行は、オンプレミス サーバー間でのデータベースの移行と同じです。Time to move to Azure - SQL Server in Azure VM is the exact match of your environment, so migration from on-premises to Azure SQL VM is not different than moving the databases from one on-premises server to another. マネージド インスタンスではとても簡単に移行できますが、マネージド インスタンスに移行する前に適用する必要がある変更がいくつかあります。Managed instance also enables extremely easy migration; however, there might be some changes that you need to apply before you migrate to a managed instance.

これらの要因については、次のセクションで詳しく説明します。These factors will be discussed in more details in the following sections.

コストCost

現金が潤沢にないスタートアップ企業や厳しい予算で経営している老舗企業では、資金調達での限界がデータベースをホストする方法を決定する主な要因になることがあります。Whether you’re a startup that is strapped for cash, or a team in an established company that operates under tight budget constraints, limited funding is often the primary driver when deciding how to host your databases. このセクションではまず、SQL Database と Azure VM 上の SQL Server の 2 つのリレーショナル データベース オプションに関する Azure の課金とライセンスの基礎について説明します。In this section, you learn about the billing and licensing basics in Azure with regards to these two relational database options: SQL Database and SQL Server on Azure VMs. また、アプリケーションの総コストの計算についても説明します。You also learn about calculating the total application cost.

課金とライセンスの基礎Billing and licensing basics

現在、SQL Database は、サービスとして販売され、リソースの料金が異なる複数のデプロイ オプションと複数のサービス レベルで利用できます。いずれの場合も、選択したサービス レベルとコンピューティング サイズに基づく固定レートで時間単位で課金されます。Currently, SQL Database is sold as a service and is available with several deployment options and in several service tiers with different prices for resources, all of which are billed hourly at a fixed rate based on the service tier and compute size you choose. 現在のサポートされているサービス レベル、コンピューティング サイズ、ストレージ容量の最新情報については、DTU ベースの購入モデル仮想コアベースの購入モデルに関する記事を参照してください。For the latest information on the current supported service tiers, compute sizes, and storage amounts, see DTU-based purchasing model and vCore-based purchasing model.

  • SQL Database の単一データベースでは、5 ドル/月の Basic レベルから開始するさまざまな価格範囲からニーズに合ったサービス レベルを選択できます。With SQL Database single database, you can choose a service tier that fits your needs from a wide range of prices starting from 5$/month for basic tier.
  • エラスティック プールを作成して、データベース インスタンス間でパフォーマンス リソースを共有し、コストを削減して、ピーク時の使用に対応できます。You can create elastic pools to share resources among database instances to reduce costs and accommodate usage spikes.
  • SQL Database Managed Instance では、ライセンスの持ち込みも可能です。With SQL Database managed instance, you can also bring your own license. 現在所有しているライセンスの移行の詳細について「Azure でのソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティ」をご覧になるか、Azure ハイブリッド特典計算ツールを使用して最大 40% 節約する方法をご確認ください。For more information on bring-your-own licensing, see License Mobility through Software Assurance on Azure or use Azure Hybrid Benefit calculator to see how to save up to 40%.

さらに、インターネット トラフィックの送信も通常の データ転送料金で課金されます。In addition, you are billed for outgoing Internet traffic at regular data transfer rates. サービス レベルとコンピューティング サイズを動的に調整して、アプリケーションのさまざまなスループット ニーズを満たすことができます。You can dynamically adjust service tiers and compute sizes to match your application’s varied throughput needs.

SQL Databaseでは、データベース ソフトウェアの自動的な構成、修正プログラムの適用、およびアップグレードがマイクロソフトによって行われるため、管理コストが軽減されます。With SQL Database, the database software is automatically configured, patched, and upgraded by Microsoft, which reduces your administration costs. また、 組み込みのバックアップ 機能は、特に、多数のデータベースがある場合の大幅なコスト削減に役立ちます。In addition, its built-in backup capabilities help you achieve significant cost savings, especially when you have a large number of databases.

Azure VM 上の SQL Serverでは、プラットフォームによって提供される、いずれかの SQL Server イメージ (ライセンスが付属) を使用するか、所有している SQL Server ライセンスを移行することができます。With SQL Server on Azure VMs, you can use any of the platform-provided SQL Server images (which includes a license) or bring your SQL Server license. サポートされている SQL Server のバージョン (2008R2、2012、2014、2016) とエディション (Developer、Express、Web、Standard、Enterprise) はすべて利用できます。All the supported SQL Server versions (2008R2, 2012, 2014, 2016) and editions (Developer, Express, Web, Standard, Enterprise) are available. さらに、ライセンス持ち込み (BYOL) バージョンのイメージも利用できます。In addition, Bring-Your-Own-License versions (BYOL) of the images are available. Azure によって提供されるイメージを使用する場合、運用コストは、VM のサイズと選択する SQL Server のエディションによって決まります。When using the Azure provided images, the operational cost depends on the VM size and the edition of SQL Server you choose. VM のサイズや SQL Server のエディションにかかわらず、SQL Server および Windows Server または Linux Server の 1 分あたりのライセンス費用と VM ディスクの Azure Storage コストをお支払いいただきます。Regardless of VM size or SQL Server edition, you pay per-minute licensing cost of SQL Server and the Windows or Linux Server, along with the Azure Storage cost for the VM disks. 1 分あたりの課金のオプションでは、SQL Server の追加ライセンスを購入することなく、必要なだけ SQL Server を使用することができます。The per-minute billing option allows you to use SQL Server for as long as you need without buying addition SQL Server licenses. Azure に SQL Server のライセンスを持ち込む場合は、サーバー コストとストレージ コストのみに対して課金されます。If you bring your own SQL Server license to Azure, you are charged for server and storage costs only. 現在所有しているライセンスの移行の詳細については、「 Azure でのソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティ」を参照してください。For more information on bring-your-own licensing, see License Mobility through Software Assurance on Azure. さらに、インターネット トラフィックの送信も通常の データ転送料金で課金されます。In addition, you are billed for outgoing Internet traffic at regular data transfer rates.

アプリケーションの総コストの計算Calculating the total application cost

クラウド プラットフォームの使用を開始する際のアプリケーションのランニング コストには、新規開発コストと継続的管理コストのほか、パブリック クラウド プラットフォームのサービス コストが含まれます。When you start using a cloud platform, the cost of running your application includes the cost for new development and ongoing administration costs, plus the public cloud platform service costs.

Azure SQL Database を使用する場合:When using Azure SQL Database:

  • 高度に最小化された管理コストHighly minimized administration costs
  • 移行されるアプリケーション (マネージド インスタンス) の制限された開発コストLimited development costs for migrated applications (managed instances)
  • SQL Database サービス コストSQL Database service costs
  • ハードウェアの購入コストは含まれないNo hardware purchasing costs

Azure VM 上の SQL Server を使用する場合:When using SQL Server on Azure VMs:

  • より高い管理コストHigher administration costs
  • 移行されるアプリケーションの開発コストなしに制限されるLimited to no development costs for migrated applications
  • 仮想マシン サービス コストVirtual Machine service costs
  • ハードウェアの購入コストは含まれないNo hardware purchasing costs

価格の詳細については、次のリソースを参照してください。For more information on pricing, see the following resources:

[管理]Administration

多くの企業にとって、クラウド サービスに切り替えるかどうかの決定には、コストだけでなく、管理の複雑さの軽減も重要な要素です。For many businesses, the decision to transition to a cloud service is as much about offloading complexity of administration as it is cost. IaaS および PaaS では、マイクロソフトが、基盤となるインフラストラクチャを管理して、すべてのデータを自動的にレプリケートし、ディザスター リカバリーを提供し、さらにデータベース ソフトウェアの構成とアップグレード、負荷分散の管理、データ センター内のサーバーに障害が発生した場合の透過的なフェールオーバーを実行します。With IaaS and PaaS, Microsoft administers the underlying infrastructure and automatically replicates all data to provide disaster recovery, configures and upgrades the database software, manages load balancing, and does transparent failover if there is a server failure within a data center.

  • Azure SQL Database を使用すると、ユーザーは引き続きデータベースを管理できますが、データベース エンジン、オペレーティング システム、ハードウェアを管理する必要はありません。With Azure SQL Database, you can continue to administer your database, but you no longer need to manage the database engine, the operating system, or the hardware. 引き続き管理できるアイテムの例として、データベースとログイン、インデックスとクエリのチューニング、監査とセキュリティなどがあります。Examples of items you can continue to administer include databases and logins, index and query tuning, and auditing and security. さらに、別のデータ センターへの高可用性を構成するには、最小限の構成と管理が必要です。Additionally, configuring high availability to another data center requires minimal configuration and administration.
  • Azure VM 上の SQL Serverでは、オペレーティング システムと SQL Server インスタンスの構成を全面的に制御できます。With SQL Server on Azure VMs, you have full control over the operating system and SQL Server instance configuration. VM を使用する場合、オペレーティング システムとデータベース ソフトウェアの更新やアップグレードのタイミングに加えて、ウイルス対策などの追加ソフトウェアのインストールのタイミングは、ユーザーが決定します。With a VM, it’s up to you to decide when to update/upgrade the operating system and database software and when to install any additional software such as anti-virus. 修正プログラムの適用、バックアップ、高可用性の実現を大幅に簡素化するために、自動化された機能がいくつか用意されています。Some automated features are provided to dramatically simplify patching, backup, and high availability. また、VM のサイズ、ディスクの数、ストレージの構成を制御できます。In addition, you can control the size of the VM, the number of disks, and their storage configurations. Azure では、必要に応じて VM のサイズを変更できます。Azure allows you to change the size of a VM as needed. 詳細については、「 Azure の仮想マシンおよびクラウド サービスのサイズ」を参照してください。For information, see Virtual Machine and Cloud Service Sizes for Azure.

サービス レベル アグリーメント (SLA)Service Level Agreement (SLA)

多くの IT 部門では、サービス レベル アグリーメント (SLA) の稼働時間に関する義務を遂行することは、最優先事項です。For many IT departments, meeting up-time obligations of a Service Level Agreement (SLA) is a top priority. このセクションでは、各データベースのホスト オプションに適用される SLA について説明します。In this section, we look at what SLA applies to each database hosting option.

SQL Database の場合、マイクロソフトは、99.99% の可用性の SLA を提供しています。For SQL Database, Microsoft provides an availability SLA of 99.99%. 最新情報については、 サービス レベル アグリーメントに関するページを参照してください。For the latest information, see Service Level Agreement.

Azure VM 上で実行される SQL Serverでは、仮想マシンのみを対象に、可用性 99.95% の SLA が提供されます。For SQL Server running on Azure VMs, Microsoft provides an availability SLA of 99.95% that covers just the Virtual Machine. この SLA は VM 上で実行される (SQL Server などの) プロセスは対象としておらず、可用性セットに少なくとも 2 つの VM インスタンスをホストしている必要があります。This SLA does not cover the processes (such as SQL Server) running on the VM and requires that you host at least two VM instances in an availability set. 最新情報については、 VM の SLAに関するページを参照してください。For the latest information, see the VM SLA. VM 内のデータベース高可用性 (HA) を実現するには、Always On 可用性グループなど、SQL Server でサポートされているいずれかの高可用性オプションを構成する必要があります。For database high availability (HA) within VMs, you should configure one of the supported high availability options in SQL Server, such as Always On Availability Groups. サポートされている高可用性オプションを使用した場合、SLA を追加することはできないものの、ほぼ 99.99% のデータベース可用性が実現されます。Using a supported high availability option doesn't provide an additional SLA, but allows you to achieve >99.99% database availability.

Azure へ移行するタイミングTime to move to Azure

SQL Database の単一データベースまたはエラスティック プールは、開発者の生産性と新しいソリューションの製品化に要する時間の短縮が重要な、クラウド用に設計されたアプリケーションに最適なソリューションです。SQL Database single databases or elastic pools are the right solution for cloud-designed applications when developer productivity and fast time-to-market for new solutions are critical. プログラムによる DBA のような機能を備えることで、基になるオペレーティング システムとデータベースを管理する必要性が減少するため、クラウドの設計者と開発者に最適です。With programmatic DBA-like functionality, it is perfect for cloud architects and developers as it lowers the need for managing the underlying operating system and database.

SQL Database マネージド インスタンスは、Azure SQL Database への既存のアプリケーションの移行を大幅に簡素化し、移行されたデータベース アプリケーションを Azure ですばやく市場に投入できるようにします。SQL Database managed instance greatly simplifies the migration of existing applications to Azure SQL Database, enabling you to bring migrated database applications to market in Azure quickly.

Azure VM 上で実行される SQL Server は、既存または新規のアプリケーションに、大規模なデータベース、SQL Server または Windows/Linux の全機能へのアクセスのいずれかが必要で、新しいオンプレミス ハードウェアの取得にかかる時間とコストを回避したい場合に最適です。SQL Server running on Azure VMs is perfect if your existing or new applications require large databases or access to all features in SQL Server or Windows/Linux, and you want to avoid the time and expense of acquiring new on-premises hardware. また、既存のオンプレミス アプリケーションとデータベースを Azure にそのまま移行する場合で、Azure SQL Database Managed Instance が適合しない場合にも適しています。It is also a good fit when you want to migrate existing on-premises applications and databases to Azure as-is - in cases where Azure SQL Database managed instance is not a good fit. プレゼンテーション層、アプリケーション層、およびデータ層を変更する必要がないため、既存のソリューションを再設計する時間と予算が節約されます。Since you do not need to change the presentation, application, and data layers, you save time and budget on re-architecting your existing solution. その一方で、すべてのソリューションを Azure に移行し、Azure プラットフォームで必要な一部のパフォーマンスの最適化に集中できます。Instead, you can focus on migrating all your solutions to Azure and in doing some performance optimizations that may be required by the Azure platform. 詳細については、 Azure 仮想マシン上の SQL Server のパフォーマンスに関するベスト プラクティスに関するページを参照してください。For more information, see Performance Best Practices for SQL Server on Azure Virtual Machines.

次の手順Next steps