Azure SQL Database の購入モデルAzure SQL Database purchasing models

Azure SQL Database では、パフォーマンスとコストのニーズに合ったフル マネージド PaaS データベース エンジンを簡単に購入できます。Azure SQL Database enables you to easily purchase fully managed PaaS database engine that fits your performance and cost needs. Azure SQL Database のデプロイ モデルに応じて、ニーズに合った購入モデルを選択できます。Depending on the deployment model of Azure SQL Database, you can select the purchasing model that fits your needs:

  • 仮想コアベースの購入モデル (推奨)。これによりワークロードのニーズに合わせて正確な量のストレージ容量を選択し、計算することができます。vCore-based purchasing model (recommended) that enables you to choose the exact amount of storage capacity and compute that you need for your workload.
  • DTU ベースの購入モデル。一般的なワークロード向けに配分されたコンピューティングとストレージのバンドル パッケージを選択できます。DTU-based purchasing model where you can choose bundled compute and storage packages balanced for common workloads.

Azure SQL Database のデプロイ モデルでは、次のようなさまざまな購入モデルを利用できます。Different purchasing models are available in Azure SQL Database deployment models:

重要

ハイパースケール サービス レベル (プレビュー) は、仮想コア購入モデルを使用する単一データベースのみを対象とするパブリック プレビューです。The hyperscale service tier (preview) is in public preview only for single databases using the vCore purchasing model.

次の表とグラフは、この 2 つの購入モデルを比較しています。The following table and chart compare and contrast these two purchasing models.

購入モデルPurchasing model 説明Description 最適な用途Best for
DTU ベースのモデルDTU-based model このモデルは、コンピューティング、ストレージ、および IO リソースのバンドルされた測定値に基づいています。This model is based on a bundled measure of compute, storage, and IO resources. コンピューティング サイズは、単一データベースの場合はデータベース トランザクション ユニット (DTU) で、エラスティック プールの場合はエラスティック データベース トランザクション ユニット (eDTU) で表されます。Compute sizes are expressed in terms of Database Transaction Units (DTUs) for single databases and elastic Database Transaction Units (eDTUs) for elastic pools. DTU と eDTU の詳細については、DTU と eDTU の概要に関する記事を参照してください。For more on DTUs and eDTUs, see What are DTUs and eDTUs?. シンプルな構成済みリソースのオプションを希望するお客様に最適です。Best for customers who want simple, pre-configured resource options.
仮想コアベースのモデルvCore-based model このモデルでは、コンピューティング リソースとストレージ リソースを個別に選択できます。This model allows you to independently choose compute and storage resources. また、仮想コアベースの購入モデルでは、SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典を使用して、コストを削減することもできます。The vCore-based purchasing model also allows you to use Azure Hybrid Benefit for SQL Server to gain cost savings. 柔軟性、制御、および透明性を重視するお客様に最適です。Best for customers who value flexibility, control, and transparency.

価格モデル

コンピューティング コストCompute costs

コンピューティング コストには、アプリケーションに対してプロビジョニングされたコンピューティング能力の合計が反映されています。The compute cost reflects the total compute capacity that is provisioned for the application. Business Critical サービス レベルでは、少なくとも 3 つのレプリカが自動的に割り当てられます。In the business critical service tier, we automatically allocate at least 3 replicas. 追加で割り当てられたこのコンピューティング リソースを反映するため、仮想コアベースの購入モデルでは、General Purpose サービス レベルより Business Critical サービス レベルの方が約 2.7 倍高くなっています。To reflect this additional allocation of compute resources, the price in the vCore-based purchasing model is approximately 2.7x higher in the business critical service tier than in the general purpose service tier. 同じ理由で、Business Critical サービス レベルでは GB あたりのストレージ価格も高く、これには SSD ストレージの高 IO と低遅延が反映されています。For the same reason, the higher storage price per GB in the business critical service tier reflects the high IO and low latency of the SSD storage. 一方、バックアップ ストレージについては、両方のケースで Standard Storage クラスが使用されているため、2 つのサービス レベルの間でコストに違いはありません。At the same time, the cost of backup storage is not different between these two service tiers because in both cases we use a class of standard storage.

ストレージ コストStorage costs

ストレージの種類によって課金の方法は異なります。Different types of storage are billed differently. データ ストレージの場合、選択したデータベースまたはプールの最大サイズに基づいて、プロビジョニングされたストレージに対して課金されます。For data storage, you are charged for the provisioned storage based upon the maximum database or pool size you select. 最大値を増減しない限り、コストは変わりません。The cost does not change unless you reduce or increase that maximum. バックアップ ストレージは、インスタンスの自動バックアップに関連付けられ、動的に割り当てられます。Backup storage is associated with automated backups of your instance and is allocated dynamically. バックアップのリテンション期間を長くすると、ご自分のインスタンスで使用されるバックアップ ストレージが増えます。Increasing your backup retention period increases the backup storage that’s consumed by your instance.

既定ではデータベースの 7 日分の自動バックアップが、RA-GRS Standard BLOB ストレージにコピーされます。7 days of automated backups of your databases are copied to RA-GRS Standard blob storage by default. このストレージは、毎週の完全バックアップ、毎日の差分バックアップ、5 分ごとにコピーされるトランザクション ログ バックアップによって使用されます。The storage is used by weekly full backups, daily differential backups, and transaction log backups copied every 5 minutes. トランザクション ログのサイズは、データベースの変化率によって異なります。The size of the transaction log depends on the rate of change of the database. データベース サイズの 100% に等しい最小ストレージ量は、追加料金なしで提供されます。A minimum storage amount equal to 100% of database size is provided at no extra charge. 100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。Additional consumption of backup storage will be charged in GB/month.

ストレージの価格について詳しくは、価格のページをご覧ください。For more information about storage prices, see the pricing page.

仮想コアベースの購入モデルvCore-based purchasing model

仮想コアは、ハードウェアの世代とハードウェアの物理特性 (コア数、メモリ、ストレージ サイズなど) を選択できる論理 CPU を表します。A virtual core represents the logical CPU offered with an option to choose between generations of hardware and physical characteristics of hardware (for example, number of cores, memory, storage size). 仮想コアベースの購入モデルでは、個々のリソース使用量において柔軟性、管理性、透明性が実現されており、オンプレミスのワークロード要件をクラウドに容易に移行できます。The vCore-based purchasing model gives you flexibility, control, transparency of individual resource consumption and a straightforward way to translate on-premises workload requirements to the cloud. このモデルでは、ワークロードの必要性に基づいて、コンピューティング、メモリ、ストレージを選択できます。This model allows you to choose compute, memory, and storage based upon their workload needs. 仮想コアベースの購入モデルでは、単一データベースエラスティック プール、およびマネージド インスタンスについて、General Purpose または Business Critical のいずれかのサービス レベルを選択できます。In the vCore-based purchasing model, you can choose between general purpose and business critical service tiers for single databases, elastic pools, and managed instances. 単一データベースの場合は、ハイパースケール サービス レベル (プレビュー) も選択できます。For single databases, you can also choose the hyperscale service tier (preview).

仮想コア ベースの購入モデルでは、コンピューティングおよびストレージ リソースを個別に選択し、オンプレミスのパフォーマンスを一致させて、コストを最適化できます。The vCore-based purchasing model enables you to independently choose compute and storage resources, match on-premises performance, and optimize price. 仮想コアベースの購入モデルでは、お客様には次のものに対してお支払いいただきます。In the vCore-based purchasing model, customers pay for:

  • コンピューティング (サービス レベル + 仮想コアの数とメモリの量 + ハードウェアの世代)Compute (service tier + number of vCores and amount of memory + generation of hardware)
  • データおよびログ ストレージの種類と容量Type and amount of data and log storage
  • バックアップ ストレージ (RA-GRS)Backup storage (RA-GRS)

重要

コンピューティング、IO、データおよびログ ストレージは、データベースまたはエラスティック プールごとに課金されます。Compute, IOs, data and log storage are charged per database or elastic pool. バックアップ ストレージはデータベースごとに課金されます。Backups storage is charged per each database. マネージド インスタンスの料金について詳しくは、マネージド インスタンスに関するページを参照してください。For more information about managed instance charges, see managed instances. リージョンの制限: サポートされているリージョンの現在の一覧については、リージョンで利用可能な製品に関するページを参照してください。Region limitations: For the current list of supported regions, see products available by region. 現在サポートされていないリージョンで Managed Instance を作成したい場合は、Azure portal 経由でサポート要求を送信できます。If you want to create a Managed Instance in the region that is currently not supported, you can send support request via Azure portal. .

単一データベースまたはエラスティック プールで消費量が 300 DTU を超える場合は、仮想コアベースの購入モデルに変換すると、コストが減る可能性があります。If your single database or elastic pool consumes more than 300 DTUs, converting to the vCore-based purchasing model may reduce your cost. 変換する場合は、任意の API または Azure portal を使用して、ダウンタイムなしで変換できます。If you decide to convert, you can convert using your API of choice or using the Azure portal, with no downtime. ただし、変換は必須ではなく、自動的には行われません。However, conversion is not required and is not done automatically. DTU ベースの購入モデルが自分のパフォーマンスおよびビジネス要件を満たしている場合は、このモデルを引き続き使用してください。If the DTU-based purchasing model meets your performance and business requirements, you should continue using it. DTU ベースの購入モデルから仮想コアベースの購入モデルに変換する場合は、次の原則を使用してコンピューティング サイズを選択します。If you decide to convert from the DTU-based purchasing model to the vCore-based purchasing model, select the compute size using the following rules of thumb:

  • Standard レベルの 100 DTU ごとに、General Purpose レベルでは少なくとも 1 つの仮想コアが必要になりますEach 100 DTU in Standard tier requires at least 1 vCore in General Purpose tier
  • Premium レベルの 125 DTU ごとには、Business Critical レベルでは少なくとも 1 つの仮想コアが必要になりますEach 125 DTU in Premium tier requires at least 1 vCore in Business Critical tier

DTU ベースの購入モデルDTU-based purchasing model

データベース トランザクション ユニット (DTU) は、CPU、メモリ、読み取り、書き込みの測定値を組み合わせて算出されます。The Database Transaction Unit (DTU) represents a blended measure of CPU, memory, reads, and writes. DTU ベースの購入モデルは、事前構成済みコンピューティング リソースと付属ストレージのバンドル セットを提供することで、さまざまなレベルのアプリケーション パフォーマンスを実現します。The DTU-based purchasing model offers a set of preconfigured bundles of compute resources and included storage to drive different levels of application performance. 事前構成済みバンドルと毎月支払う料金が決まっているというシンプルさを好むお客様については、この DTU ベースのモデルがニーズに適している可能性があります。Customers who prefer the simplicity of a pre-configured bundle and fixed payments each month, may find the DTU-based model more suitable for their needs. DTU ベースの購入モデルでは、単一データベースエラスティック プールの両方について、お客様は BasicStandardPremium のいずれかのサービス レベルを選択できます。In the DTU-based purchasing model, customers can choose between basic, standard, and premium service tiers for both single databases and elastic pools. この購入モデルは、マネージド インスタンスでは利用できません。This purchase model is not available in managed instances.

データベース トランザクション ユニット (DTU)Database transaction units (DTUs)

サービス レベル内の特定のコンピューティング サイズの単一データベースの場合、Microsoft では、そのデータベース (Azure クラウド内の他のデータベースから独立した) に対し、特定のレベルのリソースと予測可能なレベルのパフォーマンスの提供を保証します。For a single database at a specific compute size within a service tier, Microsoft guarantees a certain level of resources for that database (independent of any other database in the Azure cloud), providing a predictable level of performance. リソースの量は、データベース トランザクション ユニット (DTU) の数として計算され、コンピューティング、ストレージ、および IO リソースのバンドルされたメジャーです。The amount of resources is calculated as a number of Database Transaction Units or DTUs and is a bundled measure of compute, storage, and IO resources. これらのリソース間の比率は、最初に一般的な現実の OLTP ワークロードとして設計された OLTP ベンチマーク ワークロードによって特定されます。The ratio amongst these resources was originally determined by an OLTP benchmark workload, designed to be typical of real-world OLTP workloads. ワークロードがこれらのいずれかのリソースの量を超えると、スループットが調整され、パフォーマンスが低下し、タイムアウトが発生します。When your workload exceeds the amount of any of these resources, your throughput is throttled - resulting in slower performance and timeouts. ワークロードによって使用されるリソースは、Azure クラウド内の他の SQL Database で使用できるリソースには影響せず、他のワークロードによって使用されるリソースは、SQL Database で使用できるリソースに影響しません。The resources used by your workload do not impact the resources available to other SQL databases in the Azure cloud, and the resources used by other workloads do not impact the resources available to your SQL database.

境界ボックス

DTU は、さまざまなコンピューティング サイズとサービス レベルの Azure SQL Database 間のリソースの相対量を理解するために最も役立ちます。DTUs are most useful for understanding the relative amount of resources between Azure SQL databases at different compute sizes and service tiers. たとえば、データベースのコンピューティング サイズを上げて DTU を 2 倍にすると、そのデータベースが利用できるリソースを 2 倍にしたのと同じ効果が得られます。For example, doubling the DTUs by increasing the compute size of a database equates to doubling the set of resources available to that database. たとえば、DTU が 1750 である Premium P11 データベースは、DTU が 5 である Basic データベースと比べ、DTU 換算で 350 倍の計算能力を持ちます。For example, a Premium P11 database with 1750 DTUs provides 350x more DTU compute power than a Basic database with 5 DTUs.

ワークロードのリソース (DTU) の使用量の詳細を把握するには、クエリ パフォーマンスの分析情報を使用して、次のようにします。To gain deeper insight into the resource (DTU) consumption of your workload, use query performance insights to:

  • パフォーマンス向上のためのチューニングの対象となる可能性がある CPU/期間/実行回数の上位クエリを特定します。Identify the top queries by CPU/Duration/Execution count that can potentially be tuned for improved performance. たとえば、IO 負荷の高いクエリは、特定のサービス レベルとコンピューティング サイズで使用可能なメモリを効率的に使用するために、メモリ内最適化手法を使用すると利点が得られる可能性があります。For example, an IO intensive query might benefit from the use of in-memory optimization techniques to make better use of the available memory at a certain service tier and compute size.
  • クエリの詳細にドリルダウンして、そのテキストやリソース使用率の履歴を表示します。Drill down into the details of a query, view its text and history of resource utilization.
  • SQL Database Advisor によって実行されるアクションを示すアクセス パフォーマンス チューニングの推奨事項。Access performance tuning recommendations that show actions performed by SQL Database Advisor.

エラスティック データベース トランザクション ユニット (eDTU)Elastic Database Transaction Units (eDTUs)

常に使用できる SQL Database にとって常に必要とは限らない専用のリソース (DTU) セットを提供する代わりに、SQL Database サーバー上のエラスティック プールに、これらのデータベース間でリソースのプールを共有するデータベースを配置できます。Rather than provide a dedicated set of resources (DTUs) that may not always be needed for a SQL Database that is always available, you can place databases into an elastic pool on a SQL Database server that shares a pool of resources among those databases. エラスティック プール内の共有リソースは、エラスティック データベース トランザクション ユニット (eDTU) によって測定されます。The shared resources in an elastic pool are measured by elastic Database Transaction Units or eDTUs. エラスティック プールは、多種多様な予測できない使用パターンを持つ複数のデータベースに対するパフォーマンス目標を管理するための、簡単でコスト効率に優れたソリューションを提供します。Elastic pools provide a simple cost effective solution to manage the performance goals for multiple databases having widely varying and unpredictable usage patterns. エラスティック プールは、プール内の 1 つのデータベースによってリソースを消費できないことを保証する一方で、プール内の各データベースが常に、最低限必要な量の利用可能なリソースを持っていることを保証します。An elastic pool guarantees resources cannot be consumed by one database in the pool, while ensuring each database in the pool always has a minimum amount of necessary resources available.

プールには、設定価格に合わせて、設定された eDTU 数が与えられます。A pool is given a set number of eDTUs for a set price. エラスティック プール内の個々のデータベースには、構成された境界内で自動スケールを行う柔軟性が与えられます。Within the elastic pool, individual databases are given the flexibility to auto-scale within the configured boundaries. データベースの負荷が増加すると、eDTU の消費量を増やして需要に対応します。A database under heavier load will consume more eDTUs to meet demand. データベースの負荷が減少すると、eDTU の消費が減ります。Databases under lighter loads will consume less eDTUs. 負荷のないデータベースは eDTU を消費しません。Databases with no load will consume no eDTUs. データベースごとではなく、プール全体のリソースをプロビジョニングすることにより、管理タスクが簡素化され、プールの予算が予測可能になります。By provisioning resources for the entire pool, rather than per database, management tasks are simplified, providing a predictable budget for the pool.

データベースを停止せず、プール内のデータベースに影響を及ぼさずに、既存のプールに eDTU を追加できます。Additional eDTUs can be added to an existing pool with no database downtime and with no impact on the databases in the pool. 同様に、不要になった eDTU は、いつでも既存のプールから削除できます。Similarly, if extra eDTUs are no longer needed, they can be removed from an existing pool at any point in time. プールのデータベースを増減できるほか、負荷が大きいときにデータベースが使用できる eDTU の量を制限して、他のデータベース用の eDTU を確保することもできます。You can add or subtract databases to the pool or limit the amount of eDTUs a database can use under heavy load to reserve eDTUs for other databases. データベースのリソース使用率が低いと予測できる場合は、プールから削除して、予測可能な量の必要リソースを備えた単一データベースとして構成できます。If a database is predictably under-utilizing resources, you can move it out of the pool and configure it as a single database with a predictable amount of required resources.

ワークロードで必要とされる DTU の数を決定するDetermine the number of DTUs needed by a workload

既に存在するオンプレミスのワークロードや、SQL Server 仮想マシンのワークロードを Azure SQL Database に移行することを検討している場合には、DTU Calculator を使用すると、必要な DTU のおおよその数がわかります。If you are looking to migrate an existing on-premises or SQL Server virtual machine workload to Azure SQL Database, you can use the DTU calculator to approximate the number of DTUs needed. 既存の Azure SQL Database ワークロードについては、クエリ パフォーマンスの分析情報を使用してデータベース リソースの消費量 (DTU) を把握でき、ワークロードを最適化するための詳細な分析情報が得られます。For an existing Azure SQL Database workload, you can use query performance insight to understand your database resource consumption (DTUs) to gain deeper insight for optimizing your workload. このほか、sys.dm_db_ resource_stats DMV を使用して、過去 1 時間のリソース消費量を確認することもできます。You can also use the sys.dm_db_ resource_stats DMV to view resource consumption for the last hour. また、カタログ ビュー sys.resource_stats は過去 14 日間のリソース消費量を表示しますが、こちらはデータの精度がやや低く、5 分間の平均となります。Alternatively, the catalog view sys.resource_stats displays resource consumption for the last 14 days, but at a lower fidelity of five-minute averages.

リソースのエラスティック プールを使うとメリットがあるワークロードWorkloads that benefit from an elastic pool of resources

プールは、多数のデータベースが一定のパターンで使用されている場合に適しています。Pools are suited for a large number of databases with specific utilization patterns. あるデータベースは、使用が急増することはあまりなく、使用量平均が低いパターンの特徴を持っています。For a given database, this pattern is characterized by a low utilization average with relatively infrequent utilization spikes. SQL Database は、既存の SQL Database サーバー内にあるデータベースのリソース使用量の履歴を自動的に評価し、Azure ポータルでのプールの適切な構成を推奨します。SQL Database automatically evaluates the historical resource usage of databases in an existing SQL Database server and recommends the appropriate pool configuration in the Azure portal. 詳細については、「エラスティック プールの使用に適した状況」を参照してください。For more information, see when should an elastic pool be used?

購入モデルに関してよくあるご質問 (FAQ)Purchase model frequently asked questions (FAQ)

DTU ベースのデータベースから仮想コアベースのサービス レベルに変更するには、アプリケーションをオフラインにする必要がありますかDo I need to take my application offline to convert from a DTU-based database to a vCore-based service tier

新しいサービス レベルでは、シンプルなオンラインの変換方法が提供されます。これは、Standard と Premium のサービス レベルの間でデータベースを切り替える既存のプロセスと同様です。The new service tiers offer a simple online conversion method that is similar to the existing process of upgrading databases from Standard to Premium service tier and vice versa. この変換は、Azure ポータル、PowerShell、Azure CLI、T-SQL、または REST API を使用して開始できます。This conversion can be initiated using the Azure portal, PowerShell, Azure CLI, T-SQL, or the REST API. 単一データベースの管理およびエラスティック プールの管理に関するページをご覧ください。See Manage single databases and Manage elastic pools.

仮想コアベースの購入モデルを使用するサービス レベルから DTU ベースの購入モデルを使用するサービス レベルにデータベースを変換できますかCan I convert a database from a service tier using the vCore-based purchase to a service tier using the DTU-based purchasing model

はい。お使いのデータベースは、Azure portal、PowerShell、Azure CLI、T-SQL、REST API のいずれかで、サポートされている任意のパフォーマンス目標に簡単に変換できます。Yes, you can easily convert your database to any supported performance objective using Azure portal, PowerShell, Azure CLI, T-SQL, or the REST API. 単一データベースの管理およびエラスティック プールの管理に関するページをご覧ください。See manage single databases and manage elastic pools.

次の手順Next steps