Business Critical レベル - Azure SQL DatabaseBusiness Critical tier - Azure SQL Database

注意

Business Critical レベルは DTU 購入モデルで Premium と呼ばれています。Business Critical tier is called Premium in DTU purchasing model. 仮想コアベースの購入モデルと DTU ベースの購入モデルとの比較については、Azure SQL Database の購入モデルとリソースに関する記事をご覧ください。For a comparison of the vCore-based purchasing model with the DTU-based purchasing model, see Azure SQL Database purchasing models and resources.

Azure SQL Database は、インフラストラクチャに障害が発生した場合でも 99.99% の可用性を確保するために、クラウド環境に合わせて調整された SQL Server データベース エンジン アーキテクチャに基づいています。Azure SQL Database is based on SQL Server Database Engine architecture that is adjusted for the cloud environment in order to ensure 99.99% availability even in the cases of infrastructure failures. Azure SQL Database で使用されているアーキテクチャ モデルは 3 つあります。There are three architectural models that are used in Azure SQL Database:

  • General Purpose/StandardGeneral Purpose/Standard
  • Business Critical/PremiumBusiness Critical/Premium
  • ハイパースケールHyperscale

Premium/Business Critical サービス レベル モデルは、データベース エンジン プロセスのクラスターに基づいています。Premium/Business Critical service tier model is based on a cluster of database engine processes. このアーキテクチャ モデルは、常に使用可能なデータベース エンジン ノードのクォーラムが存在し、保守作業中でもワークロードに対するパフォーマンスの影響が最小限であるというファクトに依存しています。This architectural model relies on a fact that there is always a quorum of available database engine nodes and has minimal performance impact on your workload even during maintenance activities.

Azure では、基盤となるオペレーティング システム、ドライバー、および SQL Server Database エンジンに対して、アップグレードとパッチ適用が透過的に実行されます。そのため、エンド ユーザーのダウンタイムは最小限に抑えられます。Azure upgrades and patches underlying operating system, drivers, and SQL Server Database Engine transparently with the minimal down-time for end users.

Premium 可用性は、Azure SQL Database の Premium および Business Critical サービス レベルで有効になり、進行中のメンテナンス操作によるパフォーマンスへの影響を許容できない集中的なワークロードのために設計されています。Premium availability is enabled in Premium and Business Critical service tiers of Azure SQL Database and it is designed for intensive workloads that cannot tolerate any performance impact due to the ongoing maintenance operations.

Premium モデルでは、Azure SQL データベースが計算およびストレージを単一のノード上に統合しています。In the premium model, Azure SQL database integrates compute and storage on the single node. このアーキテクチャ モデルでの高可用性は、SQL Server Always On 可用性グループと同様のテクノロジを使用して、4 ノード クラスター内にデプロイされた計算 (SQL Server データベース エンジン プロセス) とストレージ (ローカルに接続された SSD) のレプリケーションによって実現されます。High availability in this architectural model is achieved by replication of compute (SQL Server Database Engine process) and storage (locally attached SSD) deployed in four node cluster, using technology similar to SQL Server Always On Availability Groups.

データベース エンジン ノードのクラスター

SQL データベース エンジン プロセスと基礎となる mdf/ldf ファイルはどちらも、ワークロードの待ち時間を短縮するローカルに接続された SSD ストレージを備えた同じノード上に配置されます。Both the SQL database engine process and underlying mdf/ldf files are placed on the same node with locally attached SSD storage providing low latency to your workload. 高可用性は、SQL Server Always On 可用性グループと同様のテクノロジを使用して実装されます。High availability is implemented using technology similar to SQL Server Always On Availability Groups. すべてのデータベースは、データベース ノードのクラスターになっています。このクラスターの中で、1 つのプライマリ データベースは、顧客のワークロード用にアクセスすることができ、3 つのセカンダリ プロセスは、データのコピーが格納されています。Every database is a cluster of database nodes with one primary database that is accessible for customer workload, and a three secondary processes containing copies of data. プライマリ ノードは、変更内容を絶えずセカンダリ ノードにプッシュしています。これは、何らかの原因でプライマリ ノードがクラッシュした場合でも、セカンダリ レプリカでデータを確実に使用できるようにするためです。The primary node constantly pushes the changes to secondary nodes in order to ensure that the data is available on secondary replicas if the primary node crashes for any reason. フェールオーバーは、SQL Server データベース エンジンで処理されます。つまり、あるセカンダリ レプリカがプライマリ ノードになると、クラスター内のノード数を十分に確保するために、新しいセカンダリ レプリカが作成されます。Failover is handled by the SQL Server Database Engine – one secondary replica becomes the primary node and a new secondary replica is created to ensure enough nodes in the cluster. ワークロードは、新しいプライマリ ノードに自動的にリダイレクトされます。The workload is automatically redirected to the new primary node.

さらに、Business Critical クラスターには、プライマリ ワークロードのパフォーマンスに影響を与えない読み取り専用クエリ (レポートなど) を実行するために使用できる無料の組み込みの読み取り専用ノードを提供する、組み込みの読み取りスケールアウト機能があります。In addition, Business Critical cluster has built-in Read Scale-Out capability that provides free-of charge built-in read-only node that can be used to run read-only queries (for example reports) that should not affect performance of your primary workload.

このサービス レベルを選択する場合When to choose this service tier?

Business Critical サービス レベルの対象となるアプリケーションは、基盤となる SSD ストレージからの応答の待機時間が短い (平均 1 - 2 ミリ秒)、基盤となるインフラストラクチャに障害が発生した場合に迅速に復旧するという要件があるか、レポート、分析、および読み取り専用のクエリをプライマリ データベースの無料で読み取り可能なセカンダリ レプリカにオフロードする必要があります。Business Critical service tier is designed for the applications that require low-latency responses from the underlying SSD storage (1-2 ms in average), fast recovery if the underlying infrastructure fails, or need to off-load reports, analytics, and read-only queries to the free of charge readable secondary replica of the primary database.

次の手順Next steps