Azure SQL Database サービス レベルAzure SQL Database service tiers

Azure SQL Database は、インフラストラクチャに障害が発生した場合でも 99.99% の可用性を確保するために、クラウド環境に合わせて調整された SQL Server データベース エンジン アーキテクチャに基づいています。Azure SQL Database is based on SQL Server Database Engine architecture that is adjusted for the cloud environment in order to ensure 99.99% availability even in the cases of infrastructure failures. Azure SQL Database で使用されているアーキテクチャ モデルは 3 つあります。There are three architectural models that are used in Azure SQL Database:

  • ほとんどの一般的なワークロード向けに設計された General PurposeGeneral Purpose designed for most of the generic workloads.
  • 1 つの読み取り可能レプリカを使用する低待機時間ワークロード向けに設計された Business CriticalBusiness Critical designed for low latency workloads with one readable replica.
  • 複数の読み取り可能レプリカを使用する非常に大規模なデータベース (最大 100 TB) 向けに設計された HyperscaleHyperscale designed for very large databases (up to 100TB) with multiple readable replicas.

この記事では、仮想コアベースの購入モデルにおける汎用サービス レベルと Business Critical サービス レベルに対するストレージおよびバックアップに関する考慮事項について説明します。This article discusses storage and backup considerations for the General Purpose and Business Critical service tiers in the vCore-based purchasing model.

注意

仮想コアベースの購入モデルにおけるハイパースケール サービス レベルの詳細については、ハイパースケール サービス レベルに関するページを参照してください。For details on the Hyperscale service tier in the vCore-based purchasing model, see Hyperscale service tier. 仮想コアベースの購入モデルと DTU ベースの購入モデルとの比較については、Azure SQL Database の購入モデルとリソースに関する記事をご覧ください。For a comparison of the vCore-based purchasing model with the DTU-based purchasing model, see Azure SQL Database purchasing models and resources.

データとログのストレージData and log storage

以下、具体例に沿って説明します。Consider the following:

  • 割り当てられたストレージは、データ ファイル (MDF) およびログ ファイル (LDF) によって使用されます。The allocated storage is used by data files (MDF) and log files (LDF) files.
  • 各単一データベースのコンピューティング サイズで、最大データベース サイズがサポートされ、既定の最大サイズは 32 GB です。Each single database compute size supports a maximum database size, with a default max size of 32 GB.
  • 必要な単一データベース サイズ (MDF のサイズ) を構成するとき、LDF をサポートするために、その 30% の追加ストレージが自動的に追加されますWhen you configure the required single database size (size of MDF), 30% of additional storage is automatically added to support LDF
  • Managed Instance でのストレージ サイズは、32 GB の倍数で指定する必要があります。Storage size in Managed Instance must be specified in multiples of 32 GB.
  • 10 GB と、サポートされている最大サイズの間で、任意の単一データベース サイズを選択できますYou can select any single database size between 10 GB and the supported maximum
    • 標準または汎用サービス レベルのストレージの場合は、10 GB 単位でサイズを増減しますFor storage in the standard or general purpose service tiers, increase or decrease size in 10-GB increments
    • Premium または Business Critical レベルのストレージの場合は、250 GB 単位でサイズを増減しますFor storage in the premium or business critical service tiers, increase or decrease size in 250-GB increments
  • General Purpose サービス レベルでは、tempdb には、接続されている SSD を使用します。このストレージ コストは、仮想コア価格に含まれます。In the General Purpose service tier, tempdb uses an attached SSD and this storage cost is included in the vCore price.
  • Business Critical サービス レベルでは、tempdb は、接続されている SSD を MDF ファイルおよび LDF ファイルと共有します。tempDB ストレージ コストは、仮想コア価格に含まれます。In the Business Critical service tier, tempdb shares the attached SSD with the MDF and LDF files and the tempDB storage cost is included in the vCore price.

重要

MDF および LDF に割り当てられている合計ストレージに対して課金されます。You are charged for the total storage allocated for MDF and LDF.

MDF および LDF の現在の合計サイズを監視するには、sp_spaceused を使用します。To monitor the current total size of MDF and LDF, use sp_spaceused. 個々の MDF ファイルおよび LDF ファイルの現在のサイズを監視するには、sys.database_files を使用します。To monitor the current size of the individual MDF and LDF files, use sys.database_files.

重要

場合によっては、未使用領域を再利用できるようにデータベースを縮小する必要があります。Under some circumstances, you may need to shrink a database to reclaim unused space. 詳細については、「Manage file space in Azure SQL Database」(Azure SQL Database でファイル領域を管理する) を参照してください。For more information, see Manage file space in Azure SQL Database.

バックアップとストレージBackups and storage

データベース バックアップのストレージは、SQL Database のポイントインタイム リストア (PITR) および長期リテンション期間 (LTR) 機能をサポートするために割り当てられます。Storage for database backups is allocated to support the Point in Time Restore (PITR) and Long Term Retention (LTR) capabilities of SQL Database. このストレージはデータベースごとに別個に割り当てられ、データベース料金ごとに 2 つが個々に課金されます。This storage is allocated separately for each database and billed as two separate per-database charges.

  • PITR:個々のデータベース バックアップが、RA-GRS ストレージに自動的にコピーされます。PITR: Individual database backups are copied to RA-GRS storage automatically. ストレージのサイズは、新しいバックアップが作成されるにつれ、動的に増加します。The storage size increases dynamically as the new backups are created. このストレージは、毎週の完全バックアップ、毎日の差分バックアップ、5 分ごとにコピーされるトランザクション ログ バックアップによって使用されます。The storage is used by weekly full backups, daily differential backups, and transaction log backups copied every 5 minutes. ストレージの使用量は、データベースの変化率とリテンション期間によって異なります。The storage consumption depends on the rate of change of the database and the retention period. リテンション期間は、データベースごとに 7 ~ 35 日の範囲内で別々に構成できます。You can configure a separate retention period for each database between 7 and 35 days. データ サイズと同量の最小ストレージ容量が、追加料金なしで提供されます。A minimum storage amount equal to 1x of data size is provided at no extra charge. ほとんどのデータベースでは、この容量で十分に 7 日間のバックアップを格納できます。For most databases, this amount is enough to store 7 days of backups.
  • LTR:SQL Database には、最大 10 年の完全バックアップの長期リテンション期間を構成するオプションが用意されています。LTR: SQL Database offers the option configuring long-term retention of full backups for up to 10 years. LTR ポリシーが有効になっている場合、これらのバックアップは、RA-GRS ストレージに自動的に格納されますが、バックアップがコピーされる頻度は制御できます。If LTR policy is enabled, theses backups are stored in RA-GRS storage automatically, but you can control how often the backups are copied. さまざまなコンプライアンス要件を満たすために、毎週、毎月、毎年のバックアップに対して異なったリテンション期間を選択することができます。To meet different compliance requirement, you can select different retention periods for weekly, monthly and/or yearly backups. この構成によって、LTR バックアップに使用されるストレージ容量が定義されます。This configuration will define how much storage will be used for the LTR backups. LTR ストレージのコストは、LTR 料金計算ツールを使用して見積もることができます。You can use the LTR pricing calculator to estimate the cost of LTR storage. 詳細については、「長期保存」をご覧ください。For more information, see Long-term retention.

次の手順Next steps