クイック スタート:Azure portal を使用して Azure SQL Database で単一データベースを作成するQuickstart: Create a single database in Azure SQL Database using the Azure portal

単一データベースの作成は、Azure SQL Database でデータベースを作成する場合の最も迅速かつ簡単なデプロイ オプションです。Creating a single database is the quickest and simplest deployment option for creating a database in Azure SQL Database. このクイック スタートでは、Azure portal を使用して単一データベースを作成した後、クエリを実行する方法について説明します。This quickstart shows you how to create and then query a single database using the Azure portal.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account.

このクイック スタートのすべての手順では、Azure portal にサインインします。For all steps in this quickstart, sign in to the Azure portal.

単一データベースを作成するCreate a single database

単一データベースは、プロビジョニング済みコンピューティング レベルでも、サーバーレス コンピューティング レベル (プレビュー) でも作成できます。A single database can either be created in the provisioned or serverless (preview) compute tier.

  • プロビジョニング済みコンピューティング レベルの単一データベースには、定義された量の事前割り当てコンピューティング リソースと、2 つの購入モデルのうちの 1 つを使用した一連のメモリおよびストレージ リソースがあります。A single database in the provisioned compute tier has a defined amount of pre-allocated compute resources plus a set of memory and storage resources using one of two purchasing models.
  • サーバーレス コンピューティング レベルの単一データベースには、自動スケーリングされる一定範囲のコンピューティング リソースと、コアあたりで指定された量のメモリ、および指定された量のストレージ リソースがあり、仮想コアベースの購入モデルだけで使用できます。A single database in the serverless compute tier has a range of compute resources that are auto-scaled plus a specified amount of memory per core, and a specified amount of storage resources and is only available in the vCore-based purchasing models.

単一データベースを作成するときは、それを管理するための SQL Database サーバーも定義し、指定したリージョンの Azure リソース グループ内にそれを配置します。When you create a single database, you also define a SQL Database server to manage it and place it within Azure resource group in a specified region.

注意

このクイックスタートでは、仮想コアベースの購入モデルサーバーレス コンピューティング レベルを使用しますが、DTU ベースの購入モデルも利用できます。This quickstart uses the vCore-based purchasing model and the serverless compute tier, but the DTU-based purchasing model is also available.

Adventure Works LT サンプル データを含む単一データベースを作成するには:To create a single database containing the AdventureWorksLT sample data:

  1. Azure Portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Select Create a resource in the upper left-hand corner of the Azure portal.

  2. [データベース] を選択してから、[SQL Database] を選択し、[SQL データベースの作成] ページを開きます。Select Databases and then select SQL Database to open the Create SQL Database page.

    単一データベースの作成

  3. [基本] タブの [プロジェクトの詳細] セクションで、次の値を入力または選択します。On the Basics tab, in the Project Details section, type or select the following values:

    • サブスクリプション:表示されていない場合は、ドロップ ダウンして適切なサブスクリプションを選択します。Subscription: Drop down and select the correct subscription, if it doesn't appear.

    • [リソース グループ]:[新規作成] を選択し、「myResourceGroup」と入力して、[OK] を選択します。Resource group: Select Create new, type myResourceGroup, and select OK.

      新しい SQL データベース - 基本タブ

  4. [データベースの詳細] セクションで、次の値を入力または選択します。In the Database Details section, type or select the following values:

    • データベース名: 「 mySampleDatabase 」を入力します。Database name: Enter mySampleDatabase.

    • サーバー: [新規作成] を選択して次の値を入力し、[選択] を選択します。Server: Select Create new and enter the following values and then select Select.

      • サーバー名: 一意性を確保するためにいくつかの数字とともに「mysqlserver」と入力します。Server name: Type mysqlserver; along with some numbers for uniqueness.

      • サーバー管理者ログイン:「 azureuser」と入力します。Server admin login: Type azureuser.

      • Password:パスワードの要件を満たす複雑なパスワードを入力します。Password: Type a complex password that meets password requirements.

      • [場所]:ドロップダウンから場所 (West US 2 など) を選択します。Location: Choose a location from the drop-down, such as West US 2.

        新しいサーバー

      重要

      忘れずにサーバー管理者のログインとパスワードを記録して、このクイック スタートと他のクイック スタートのためにサーバーとデータベースにログインできるようにします。Remember to record the server admin login and password so you can log in to the server and databases for this and other quickstarts. ログインまたはパスワードを忘れた場合は、[SQL サーバー] ページでログイン名を取得するかパスワードをリセットします。If you forget your login or password, you can get the login name or reset the password on the SQL server page. [SQL サーバー] ページを開くには、データベースの作成後にデータベースの [概要] ページでサーバー名を選択します。To open the SQL server page, select the server name on the database Overview page after database creation.

      SQL データベースの詳細

    • [SQL エラスティック プールを使用しますか?]:[いいえ] オプションを選択します。Want to use SQL elastic pool: Select the No option.

    • [コンピューティングとストレージ]:[データベースの構成] を選択し、このクイックスタートでは [仮想コアベースの購入オプション] を選択します。Compute + storage: Select Configure database and for this quickstart, select vCore-based purchasing options

      仮想コアベースの購入オプション

    • [サーバーレス] を選択します。Select Serverless.

      サーバーレス コンピューティング レベル

    • [最大 vCores][最小 vCores][自動一時停止の遅延]、および [データの最大サイズ] の設定を確認します。Review the settings for Max vCores, Min vCores, Auto-pause delay, and Data max size. 必要に応じて、これらを変更します。Change these as desired.

    • プレビューの使用条件に同意し、[OK] をクリックします。Accept the preview terms and click OK.

    • [適用] を選択します。Select Apply.

  5. [追加設定] タブを選択します。Select the Additional settings tab.

  6. [データ ソース] セクションの [既存のデータを使用します] で、Sample を選択します。In the Data source section, under Use existing data, select Sample.

    追加の SQL DB 設定

    重要

    このクイック スタートとこのデータを使用する他の Azure SQL Database クイック スタートを簡単に実行できるように、必ず Sample (AdventureWorksLT) を選択します。Make sure to select the Sample (AdventureWorksLT) data so you can follow easily this and other Azure SQL Database quickstarts that use this data.

  7. 残りの値は既定値のままにして、フォームの下部にある [確認および作成] を選択します。Leave the rest of the values as default and select Review + Create at the bottom of the form.

  8. 最終設定を確認し、[作成] を選択します。Review the final settings and select Create.

  9. [SQL Database] フォームで [作成] を選択して、リソース グループ、サーバー、データベースをデプロイし、プロビジョニングします。On the SQL Database form, select Create to deploy and provision the resource group, server, and database.

データベースのクエリを実行するQuery the database

データベースを作成したので、Azure portal に組み込まれているクエリ ツールを使用して、データベースへの接続とデータへのクエリを実行します。Now that you've created the database, use the built-in query tool in the Azure portal to connect to the database and query the data.

  1. データベースの [SQL Database] ページで、左側のメニューの [クエリ エディター (プレビュー)] を選択します。On the SQL Database page for your database, select Query editor (preview) in the left menu.

    クエリ エディターにサインインする

  2. ログイン情報を入力し、[OK] を選択します。Enter your login information, and select OK.

  3. [クエリ エディター] ウィンドウに次のクエリを入力します。Enter the following query in the Query editor pane.

    SELECT TOP 20 pc.Name as CategoryName, p.name as ProductName
    FROM SalesLT.ProductCategory pc
    JOIN SalesLT.Product p
    ON pc.productcategoryid = p.productcategoryid;
    
  4. [実行] を選択し、[結果] ウィンドウでクエリの結果を確認します。Select Run, and then review the query results in the Results pane.

    クエリ エディターの結果

  5. [クエリ エディター] ページを閉じ、未保存の編集を破棄するかどうかを確認するプロンプトが表示されたら [OK] をクリックします。Close the Query editor page, and select OK when prompted to discard your unsaved edits.

リソースのクリーンアップClean up resources

次の手順」に進む場合は、このリソース グループ、データベース サーバー、単一データベースをそのままにしてください。Keep this resource group, database server, and single database if you want to go to the Next steps. 次のステップでは、データベースに接続してクエリを実行するさまざまな方法を紹介しています。The next steps show you how to connect and query your database using different methods.

これらのリソースの使用が終了したら、次のように削除できます。When you're finished using these resources, you can delete them as follows:

  1. Azure portal の左側のメニューで、[リソース グループ][myResourceGroup] の順に選択します。From the left menu in the Azure portal, select Resource groups, and then select myResourceGroup.
  2. リソース グループ ページで [リソース グループの削除] を選択します。On your resource group page, select Delete resource group.
  3. フィールドに「myResourceGroup」と入力してから、[削除] を選択します。Enter myResourceGroup in the field, and then select Delete.

次の手順Next steps