Azure SQL Database サービスとはWhat is Azure SQL Database service

Azure SQL Database は、Microsoft Azure クラウドのアプリケーションとソリューションに対して高可用性で高パフォーマンスのデータ ストレージ層を作成できるようにする汎用リレーショナル データベースのマネージド サービスです。Azure SQL Database is a general-purpose relational database managed service that enables you to create highly-available and high-performance data storage layer for the applications and solutions in Microsoft Azure cloud. SQL Database を使用することで、グラフ、JSON、空間、XML などのリレーショナル データと非リレーショナル構造の両方を処理するための強力な機能が使用できるようになるため、さまざまな最新のクラウド アプリケーションに適しています。SQL Database can be the right choice for a variety of modern cloud applications because it enables you to use powerful functionalities for processing both relational data and non-relational structures such as graphs, JSON, spatial, and XML. これは、Microsoft SQL Server データベース エンジンの最新の安定バージョンに基づいており、ハイ パフォーマンスのインメモリ テクノロジインテリジェントなクエリ処理などの高度なクエリ処理機能の豊富なセットを使用できます。It is based on the latest stable version of the Microsoft SQL Server database engine and enables you to use rich set of advanced query processing features such as high performance in-memory technologies and Intelligent query processing. Microsoft のクラウド優先戦略に基づく SQL Server の最新機能のリリースは SQL Database から始まり、その後 SQL Server 自体に対してリリースされます。With Microsoft's cloud-first strategy, the newest capabilities of SQL Server are released first to SQL Database, and then to SQL Server itself. この方法によって、修正プログラムの適用やアップグレードなしで SQL Server の最新の機能をユーザーに提供することができ、数百万のデータベースでこれらの新機能をテストすることができます。This approach provides you with the newest SQL Server capabilities with no overhead for patching or upgrading - and with these new features tested across millions of databases. SQL Database を使用すると、2 つの異なる購入モデル (仮想コアベースの購入モデルDTU ベースの購入モデル) の中でパフォーマンスを簡単に定義してスケールすることができます。SQL Database enables you to easily define and scale performance within two different purchasing models: a vCore-based purchasing model and a DTU-based purchasing model. SQL Database は、可用性、バックアップ、その他の一般的なメンテナンス操作が組み込まれた完全なマネージド サービスです。SQL Database is fully-managed service that has built-in high-availablility, backups, and other common maintenance operations. SQL と OS コードに対するパッチの適用と更新を Microsoft がすべてシームレスで処理するため、基になるインフラストラクチャの管理はすべて不要になります。Microsoft handles all patching and updating of the SQL and OS code seamlessly and abstracts away all management of the underlying infrastructure.

注意

Azure SQL Database の用語集については、「SQL Database 用語集」をご覧くださいFor a glossary of terms in Azure SQL Database, see SQL Database terms glossary

Azure SQL データベースには、そのデータベースのデプロイに関して次の選択肢があります。Azure SQL Database provides the following deployment options for an Azure SQL database:

デプロイの選択肢

  • 単一データベースは、完全に管理された分離データベースを表します。これは、信頼性の高い 1 つのデータ ソースを必要とする最新のクラウド アプリケーションとマイクロサービスに最適な選択肢です。Single database represents fully-managed isolated database that is perfect choice for the modern cloud applications and microservices that need a single reliable data source. 単一データベースは Microsoft SQL Server データベース エンジン包含データベースに似ています。A single database is similar to a contained databases in Microsoft SQL Server database engine.
  • マネージド インスタンスは、Microsoft SQL Server データベース エンジンの完全なマネージド インスタンスで、一緒に使用できる一連のデータベースが含まれています。Managed instance is a fully-managed instance of the Microsoft SQL Server database engine containing a set of databases that can be used together. これは、オンプレミスの SQL Server データベースを Azure クラウドに簡単に移行するため、および SQL Server データベース エンジンが提供する強力なデータベース機能を利用する必要があるアプリケーションにとって最適な選択肢です。It is a perfect choice for easy migration of on-premises SQL Server databases to Azure cloud and for applications that need to leverage powerful database features that SQL Server Database Engine provides.
  • エラスティック プールは、CPU やメモリなどのリソースの共有セットを含む単一データベースのコレクションです。Elastic pool is a collection of Single databases with a shared set of resources such as CPU or memory. 単一データベースはエラスティック プールの内外に移動できます。Single databases can be moved into and out of an elastic pool.

重要

SQL Database と SQL Server の機能面の違い、また Azure SQL Database の各種デプロイ オプション間の違いについては、SQL 機能に関するページを参照してください。To understand the feature differences between SQL Database and SQL Server, as well as the differences between different Azure SQL Database deployment options, see SQL features.

SQL Database は、パフォーマンスを予測できる複数のリソースの種類、サービス レベル、およびコンピューティング サイズで提供され、ダウンタイムがない動的なスケーラビリティ、組み込みのインテリジェントな最適化、グローバルなスケーラビリティと可用性、および高度なセキュリティ オプションを備えています。それらはすべてほぼ管理する必要がありません。SQL Database delivers predictable performance with multiple resource types, service tiers, and compute sizes that provides dynamic scalability with no downtime, built-in intelligent optimization, global scalability and availability, and advanced security options — all with near-zero administration. これらの機能を使用すると、貴重な時間とリソースを仮想マシンとインフラストラクチャの管理に奪われることなく、迅速なアプリケーション開発や、製品化に要する時間の短縮化に専念することができます。These capabilities allow you to focus on rapid app development and accelerating your time to market, rather than allocating precious time and resources to managing virtual machines and infrastructure. SQL Database サービスは、現在、世界中の 38 か所のデータ センターで提供されていますが、新しいデータ センターが定期的に開設されているため、ご利用のデータベースを最寄りのデータ センターで実行することができます。The SQL Database service is currently in 38 data centers around the world, with more data centers coming online regularly, which enables you to run your database in a data center near you.

スケーラブルなパフォーマンスとプールScalable performance and pools

どの SQL Database でも、割り当てられるリソースの量を定義できます。All flavors of SQL Database enable you to define the amount of resources that will be assigned.

  • 単一データベースでは、各データベースは互いに分離され、可搬性があり、コンピューティング、メモリ、およびストレージ リソースの容量が独自に保証されます。With single databases, each database is isolated from each other and portable, each with its own guaranteed amount of compute, memory, and storage resources. データベースに割り当てられているリソースの量は、そのデータベース専用であり、Azure クラウド内の他のデータベースとは共有されません。The amount of the resources that is assigned to the database is dedicated to that database and will not be shared with other databases in Azure cloud. また、単一データベース リソースのスケーリング (アップおよびダウン) を動的に行うこともできます。It also gives you the ability to dynamically scale single database resources up and down. 単一データベースは、さまざまなニーズ (1 から 80 の仮想コア、32 GB から 4 TB など) に応じて、さまざまなコンピューティング、メモリ、およびストレージ リソースを提供します。単一データベース用のハイパースケール サービス レベルでは、100 TB までのスケーリングが可能であり、高速バックアップおよび復元機能を備えています。Single Database provides different compute, memory, and storage resources for different needs that vary from 1 to 80 vCores, 32GB to 4 TB, etc. The hyperscale service tier for single database enables you to scale to 100 TB, with fast backup and restore capabilities.
  • エラスティック プールを使用すると、プール内のすべてのデータベースによって共有されるリソースを割り当てることができます。With elastic pools, you can assign resources that will be shared by all databases in the pool. リソース プールにデータベースを新規作成または既存の単一データベースを移動することで、リソースの使用を最大化してコストを削減できます。また、エラスティック プール リソースのスケーリング (アップおよびダウン) を動的に実行できます。You can create a new database or move the existing single databases into a resource pool to maximize the use of resources and save money - and the ability to dynamically scale elastic pool resources up and down.
  • マネージド インスタンスでは、各マネージド インスタンスが他のインスタンスから分離され、リソースが保証されます。With managed instances, each managed instance is isolated from other instances with guaranteed resources. マネージド インスタンス内で、インスタンス データベースはリソースのセットを共有します。また、マネージド インスタンス リソースのスケーリング (アップおよびダウン) を動的に実行できます。Within a managed instance, the instance databases share a set of resources - and the ability to dynamically scale managed instance resources up and down.

最初に General Purpose サービス レベルで月額の安い小さなシングル データベースにアプリをビルドし、後でいつでもソリューションのニーズに合わせて手動またはプログラムでサービス レベルを Business Critical サービス レベルに変更できます。You can build your first app on a small, single database at a low cost per month in the general purpose service tier and then change its service tier manually or programmatically at any time to the business critical Service tier to meet the needs of your solution. アプリにも顧客にもダウンタイムを発生させずにパフォーマンスを調整することができます。You can adjust performance without downtime to your app or to your customers. 動的なスケーラビリティにより、データベースは変化の激しいリソース要件に透過的に対処することができ、必要なときに必要な分のリソースにのみ課金されます。Dynamic scalability enables your database to transparently respond to rapidly changing resource requirements and enables you to only pay for the resources that you need when you need them.

動的スケーラビリティは自動スケールとは異なります。Dynamic scalability is different from autoscale. 自動スケールは、基準に基づいてサービスが自動的にスケールされるのに対し、動的スケーラビリティでは、ダウンタイムなしで手動スケールすることができます。Autoscale is when a service scales automatically based on criteria, whereas dynamic scalability allows for manual scaling without downtime. 単一データベースにより、手動の動的スケーラビリティはサポートされますが、自動スケールはサポートされていません。A Single database supports manual dynamic scalability, but not autoscale. 自動操作を増やすには、エラスティック プールの使用を検討してください。エラスティック プールを使用すると、データベースが個々のデータベースのニーズに基づいてプール内のリソースを共有できます。For a more automatic experience, consider using elastic pools, which allow databases to share resources in a pool based on individual database needs. ただし、単一データベースのスケーラビリティを自動化できるスクリプトがあります。However, there are scripts that can help automate scalability for a single database. 例については、「PowerShell を使用して単一の SQL データベースを監視およびスケーリングする」を参照してください。For an example, see Use PowerShell to monitor and scale a single database.

購入モデル、サービス レベル、コンピューティング サイズ、ストレージ容量Purchasing models, service tiers, compute sizes, and storage amounts

SQL Database には、2 つの購入モデルが用意されています。SQL Database offers two purchasing models:

  • 仮想コアベースの購入モデルでは、仮想コアの数、メモリの量、およびストレージの容量と速度を選択できます。The vCore-based purchasing model lets you choose the number of vCores, the amount or memory, and the amount and speed of storage. また、仮想コアベースの購入モデルでは、SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典を使用して、コストを削減することもできます。The vCore-based purchasing model also allows you to use Azure Hybrid Benefit for SQL Server to gain cost savings. Azure ハイブリッド特典の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。For more information about the Azure Hybrid Benefit, see Frequently asked questions.
  • DTU ベースの購入モデルでは、軽量から重量までのデータベース ワークロードをサポートするために、コンピューティング、メモリ、IO の各リソースの組み合わせを 3 つのサービス レベルで提供します。The DTU-based purchasing model offers a blend of compute, memory, IO resources in three service tiers to support lightweight to heavyweight database workloads. 各レベルにおけるコンピューティング サイズでは、これらのリソースのさまざまな組み合わせが提供され、ストレージ リソースを追加することができます。Compute sizes within each tier provide a different mix of these resources, to which you can add additional storage resources.

リソース使用率を最大化するためのエラスティック プールElastic pools to maximize resource utilization

多くのビジネスとアプリケーションにとって、特に使用パターンが比較的予測可能である場合、単一データベースを作成し、要求に応じてパフォーマンスを調整することができれば、それで十分です。For many businesses and applications, being able to create single databases and dial performance up or down on demand is enough, especially if usage patterns are relatively predictable. しかし、使用パターンが予測できない場合、コストおよびビジネス モデルを管理するのが難しくなる可能性があります。But if you have unpredictable usage patterns, it can make it hard to manage costs and your business model. エラスティック プールは、この問題を解決するように設計されています。Elastic pools are designed to solve this problem. 概念は単純です。The concept is simple. パフォーマンス リソースを個々のデータベースではなくプールに割り当て、課金は単一のデータベースのパフォーマンスではなくプールの全体的なパフォーマンス リソースに対して行われます。You allocate performance resources to a pool rather than an individual database and pay for the collective performance resources of the pool rather than for single database performance.

エラスティック プール

エラスティック プールを使用すると、リソースの需要が変動しても、データベース パフォーマンスの調整に気を配る必要がなくなります。With elastic pools, you don’t need to focus on dialing database performance up and down as demand for resources fluctuates. プールされたデータベースは、必要に応じて、エラスティック プールのパフォーマンス リソースを使用します。The pooled databases consume the performance resources of the elastic pool as needed. しかし、プールされたデータベースの使用は、プールの上限を超えることはありません。したがって、個々のデータベースの使用状況が予測できなくても、コストが予測可能なことに変わりはありません。Pooled databases consume but don’t exceed the limits of the pool, so your cost remains predictable even if individual database usage doesn’t. さらに、プールに対してデータベースの追加および削除を行うことで、完全に設定予算内で、アプリケーションを数個のデータベースから何千ものデータベースに及ぶ範囲でスケーリングすることができます。What’s more, you can add and remove databases to the pool, scaling your app from a handful of databases to thousands, all within a budget that you control. また、プール内のデータベースが使用できるリソースの下限と上限を制御して、プール内のいずれかのデータベースがプールのすべてのリソースを使用してしまわないようにしたり、すべてのプールされたデータベースに最小限のリソースが保証されるようにしたりすることもできます。You can also control the minimum and maximum resources available to databases in the pool to ensure that no database in the pool uses all the pool resources and that every pooled database has a guaranteed minimum amount of resources. エラスティック プールを使用する SaaS アプリケーションの設計パターンの詳細については、「マルチテナント SaaS アプリケーションと Azure SQL Database の設計パターン」を参照してください。To learn more about design patterns for SaaS applications using elastic pools, see Design Patterns for Multi-tenant SaaS Applications with SQL Database.

スクリプトは、エラスティック プールの監視とスケールに役立ちます。Scripts can help with monitoring and scaling elastic pools. 例については、「PowerShell を使用し、Azure SQL Database の SQL エラスティック プールを監視し、スケーリングする」を参照してください。For an example, see Use PowerShell to monitor and scale a SQL elastic pool in Azure SQL Database

重要

マネージド インスタンスでは、エラスティック プールはサポートされません。A managed instance does not support elastic pools. 正確には、マネージド インスタンスは、マネージド インスタンス リソースを共有するインスタンス データベースのコレクションです。Rather, a managed instance is a collection of instance databases that share managed instance resources.

単一データベースとプールされたデータベースの組み合わせBlend single databases with pooled databases

単一データベースをエラスティック プールと組み合わせると、状況に合わせて単一データベースとエラスティック プールのサービス レベルをすばやく簡単に変更することができます。You can blend single databases with elastic pools and change the service tiers of single databases and elastic pools quickly and easily to adapt to your situation. Azure の強力さと幅広さを利用して、他の Azure サービスを SQL Database とうまく組み合わせることにより、独自のアプリ設計のニーズを満たし、コストとリソースの効率性を向上させ、新たなビジネス チャンスを開くことができます。With the power and reach of Azure, you can mix-and-match other Azure services with SQL Database to meet your unique app design needs, drive cost and resource efficiencies, and unlock new business opportunities.

広範囲に及ぶ監視とアラートの機能Extensive monitoring and alerting capabilities

Azure SQL Database には、ワークロードの特性についての完全な分析情報を得るのに役立つ高度な監視機能とトラブルシューティング機能が用意されています。Azure SQL Database provides a set of advanced monitoring and troubleshooting features that can help you to get the full insights into the workload characteristics. 機能とツールは次のように分類される場合があります。The features and tools might be categorized as:

  • 最新バージョンの SQL Server データベース エンジンによって提供される組み込みの監視機能により、リアルタイムのパフォーマンスに関する分析情報を得ることができます。The built-in monitoring capabilities provided by the latest version of SQL Server Database Engine that enable you to find real-time performance insights.
  • Azure プラットフォームによって提供される PaaS 監視機能により、多数のデータベース インスタンスを簡単に監視できます。また、パフォーマンスの問題を解決するのに役立つトラブルシューティングのアドバイスも提供されます。PaaS monitoring capabilities provided by Azure platform that enable you to easily monitor a large number of database instances and also provide the troubleshooting advices that can help you to fix performance issues.

データ ベースエンジンに組み込まれた活用すべき最も重要な監視機能は、クエリ ストア コンポーネントです。これはクエリのパフォーマンスをリアルタイムで記録して、潜在的なパフォーマンスの問題と上位のリソース コンシューマーを特定できるようにします。The most important built-in database engine monitoring feature that you should leverage is Query Store component that records the performance of your queries at the real-time and enables you to identify the potential performance issues and the top resource consumers. 自動チューニングとレコメンデーションでは、低下したパフォーマンスと欠落または重複したインデックスがあるクエリに関するアドバイスが提供されます。Automatic tuning and recommendations provide advices regarding the queries with the regressed performance and missing or duplicated indexes. Azure SQL Database で自動チューニングを使用すると、問題を修正できるスクリプトを手動で適用するか、Azure SQL Database で修正を適用して、何らかのメリットが得られるかどうかの検証を行い、結果に応じて変更を保持するか元に戻すことができます。Automatic tuning in Azure SQL Database enables you to either manually apply the scripts that can fix the issues or let Azure SQL Database to apply the fix, test and verify does it provide some benefit, and retain or revert the change depending on the outcome. クエリ ストアと自動チューニング機能に加えて、標準の DMV と XEvent を使用して、ワークロードのパフォーマンスを監視することもできます。In addition to Query Store and Automatic tuning capabilities, you can also use standard DMVs and XEvent to monitor the workload performance.

Azure プラットフォームには、パフォーマンス評価と組み合わせた組み込みのパフォーマンス監視アラートのツールが用意されています。これにより、何千ものデータベースの状態を簡単に監視できます。Azure platform provides the built-in performance monitoring and alerting tools, combined with the performance ratings, that enable you to easily monitor status of thousands of databases. これらのツールを使用すると、現在または今後のパフォーマンスのニーズに基づいて、スケールアップとスケールダウンの影響をすばやく評価することができます。Using these tools, you can quickly assess the impact of scaling up or down based on your current or project performance needs. さらに、SQL Database では、監視を容易にするためのメトリックと診断ログを出力することができます。Additionally, SQL Database can emit metrics and diagnostic logs for easier monitoring. リソース使用率、ワーカーとセッション、および接続性を次の Azure リソースのいずれかに格納するように SQL Database を構成することができます。You can configure SQL Database to store resource usage, workers and sessions, and connectivity into one of these Azure resources:

  • Azure Storage:大量の利用統計情報を低価格でアーカイブしますAzure Storage: For archiving vast amounts of telemetry for a small price

  • Azure Event Hub:SQL Database の利用統計情報を、カスタム監視ソリューションまたはホット パイプラインと統合しますAzure Event Hub: For integrating SQL Database telemetry with your custom monitoring solution or hot pipelines

  • Azure Monitor ログ: レポート機能、アラート機能、および緩和機能を備えた組み込みの監視ソリューション用です。Azure Monitor logs: For built-in monitoring solution with reporting, alerting, and mitigating capabilities.

    アーキテクチャ

可用性に関する機能Availability capabilities

従来の SQL Server 環境では、一般に、(少なくとも) 2 つのコンピューターをローカル環境にセットアップし、(AlwaysOn 可用性グループやフェールオーバー クラスター インスタンスなどの機能を使用して) データの正確な (同期的に維持される) コピーを使用して、1 つのコンピューター/コンポーネントの障害から保護します。In a traditional SQL Server environment, you would generally have (at least) 2 machines locally set up with exact (synchronously maintained) copies of the data (using features like AlwaysOn availability groups or Failover Cluster Instances) to protect against a failure of a single machine/component. これにより、高可用性が提供されますが、データ センターが破壊されるような自然災害からは保護されません。This provides high availability but does not protect against a natural disaster destroying your data center.

ディザスター リカバリーでは、壊滅的なイベントは地理的に十分に局所的であり、データのコピーが保持されている別のコンピューター/コンピューターのセットから遠く離れているものと想定されています。Disaster recovery assumes that a catastrophic event will be geographically localized enough to have another machine/set of machines with a copy of your data far away. SQL Server では、非同期モードで実行されている Always On 可用性グループを使用して、この機能を実現できます。In SQL Server, you could use Always On Availability Groups running in async mode to get this capability. 光の速さの問題は、通常、ユーザーはトランザクションをコミットする前に遠く離れたところでレプリケーションが発生するのを待ちたくはないので、計画外のフェールオーバーを行うときはデータ損失の可能性があることを意味します。The speed of light issues usually means that people do not want to wait for replication to happen that far away before committing a transaction, so there is potential for data loss when you do unplanned failovers.

Premium および Business Critical のサービス レベルのデータベースでは、既に、可用性グループの同期によく似たことが行われています。Databases in the premium and business critical service tiers already do something very similar to the synchronization of an availability group. 低いサービス レベルのデータベースでは、異なりますが同等のメカニズムを使用するストレージによって、冗長性が提供されます。Databases in lower service tiers provide redundancy through storage using a different but equivalent mechanism. 1 台のコンピューターの障害から保護するロジックがあります。There is logic that protects against a single machine failure. アクティブ geo レプリケーション機能では、リージョン全体が破壊される災害から保護することができます。The active geo-replication feature gives you the ability to protect against disaster where a whole region is destroyed.

Azure Availability Zones は、高可用性の問題で機能します。Azure Availability Zones is a play on the high availability problem. 1 つのリージョン内の 1 つのデータ センター ビルでの障害に対して保護します。It tries to protect against the outage of a single data center building within a single region. そのため、ビルの電源やネットワークの損失を防ぎます。So, it wants to protect against the loss of power or network to a building. SQL Azure では、これは異なる可用性ゾーン (実質的には異なるビル) に異なるレプリカを配置することによって動作し、それ以外については前と同じように動作します。In SQL Azure, this will work by placing the different replicas in different availability zones (different buildings, effectively) and otherwise working as before.

実際、Microsoft が管理するデータセンターのグローバル ネットワークによって強化された、Azure の業界をリードする可用性 99.99% のサービス レベル アグリーメント (SLA) により、アプリケーションの 24 時間 365 日の継続的な稼働が可能になります。In fact, Azure's industry leading 99.99% availability service level agreement (SLA), powered by a global network of Microsoft-managed datacenters, helps keep your app running 24/7. すべてのデータベースは Azure プラットフォームによって完全に管理され、データ損失ゼロおよび高いデータ可用性 (%) が保証されます。The Azure platform fully manages every database and guarantees no data loss and high percentage of data availability. 基になるハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの障害リスクへの対応や、パッチの適用、バックアップ、レプリケーション、障害検出、バグ修正、フェールオーバー、データベースのアップグレードなど、各種メンテナンス タスクは、Azure によって自動的に処理されます。Azure automatically handles patching, backups, replication, failure detection, underlying potential hardware, software or network failures, deploying bug fixes, failovers, database upgrades and other maintenance tasks. Standard の可用性は、計算レイヤーとストレージ レイヤーを分離することで得られます。Standard availability is achieved by a separation of compute and storage layers. Premium の可用性は、計算とストレージを単一ノードに統合してパフォーマンスを確保し、そのうえで、Always On 可用性グループのようなテクノロジを導入することによって得られます。Premium availability is achieved by integrating compute and storage on a single node for performance and then implementing technology similar to Always On Availability Groups under the covers. Azure SQL Database の高可用性機能の詳細については、SQL Database の可用性に関するページをご覧ください。For a full discussion of the high availability capabilities of Azure SQL Database, see SQL Database availability. さらに、SQL Database には、次のような、組み込みのビジネス継続性とグローバルなスケーラビリティの機能を備えています。In addition, SQL Database provides built-in business continuity and global scalability features, including:

  • 自動バックアップ :Automatic backups:

    SQL Database では、Azure SQL データベースのフル、差分、トランザクション ログの各バックアップを自動的に実行することで、任意の時点への復旧を可能にしています。SQL Database automatically performs full, differential, and transaction log backups of Azure SQL databases to enable you to restore to any point in time. 単一データベースおよびプールされたデータベースについては、長期的なバックアップ保有期間のために、フル データベース バックアップを Azure ストレージに保存するように SQL Database を構成することができます。For single databases and pooled databases, you can configure SQL Database to store full database backups to Azure storage for long-term backup retention. マネージド インスタンスについては、長期的なバックアップ保有期間のためにコピーのみのバックアップを実行することもできます。For managed instances, you can also perform copy-only backups for long-term backup retention.

  • ポイントインタイム リストア :Point-in-time restores:

    すべての SQL Database デプロイ オプションは、あらゆる Azure SQL データベースについて、自動バックアップのリテンション期間内の任意の時点への復旧をサポートします。All SQL Database deployment options support recovery to any point in time within the automatic backup retention period for any Azure SQL database.

  • アクティブ geo レプリケーション :Active geo-replication:

    単一データベースおよびプールされたデータベースでは、同じ Azure データ センターまたは世界各地に分散された Azure データ センター内に、最大 4 つの読み取り可能なセカンダリ データベースを構成することができます。Single database and pooled databases allow you to configure up to four readable secondary databases in either the same or globally distributed Azure data centers. たとえば、カタログ データベースを使用する SaaS アプリケーションで大量の同時実行の読み取り専用トランザクションが行われる場合は、アクティブ geo レプリケーションを使用してグローバル スケールの読み取りを有効することで、読み取りワークロードによるプライマリ上のボトルネックを取り除くことができます。For example, if you have a SaaS application with a catalog database that has a high volume of concurrent read-only transactions, use active geo-replication to enable global read scale and remove bottlenecks on the primary that are due to read workloads. マネージド インスタンスについては、自動フェールオーバー グループを使用します。For managed instances, use auto-failover groups.

  • 自動フェールオーバー グループ :Auto-failover groups:

    すべての SQL Database デプロイ オプションでは、フェールオーバー グループを使用して、高可用性と負荷分散をグローバル スケールで有効にすることができます。これには、データベース、エラスティック プール、マネージド インスタンスの大規模セットの透過的な geo レプリケーションおよびフェールオーバーが含まれます。All SQL Database deployment options allow you to use failover groups to enable high availability and load balancing at global scale, including transparent geo-replication and failover of large sets of databases, elastic pools, and managed instances. フェールオーバー グループを使用すると、グローバルに分散された SaaS アプリケーションを最小限の管理オーバーヘッドで作成することができ、複雑な監視、ルーティング、およびフェールオーバーのオーケストレーションは、すべて SQL Database にまかせることができます。Failover groups enable the creation of globally distributed SaaS applications with minimal administration overhead leaving all the complex monitoring, routing, and failover orchestration to SQL Database.

  • ゾーン冗長データベース :Zone-redundant databases:

    SQL Database では、プレミアムまたはビジネス クリティカルのデータベースまたはエラスティック プールを複数の可用性ゾーンにわたってプロビジョニングすることができます。SQL Database allows you to provision premium or business critical databases or elastic pools across multiple availability zones. これらのデータベースとエラスティック プールには、高可用性を目的とする複数の冗長レプリカが存在します。それらのレプリカを複数の可用性ゾーンに配置することで回復性を高め、たとえばデータの損失を生じさせずにデータセンター規模の障害から自動的に復旧することができます。Because these databases and elastic pools have multiple redundant replicas for high availability, placing these replicas into multiple availability zones provides higher resilience, including the ability to recover automatically from the datacenter scale failures without data loss.

組み込みのインテリジェンスBuilt-in intelligence

SQL Database には、インテリジェンスが組み込まれています。このインテリジェンスによって、データベースの運用コストと管理コストは大幅に削減され、アプリケーションのパフォーマンスとセキュリティの両方が最大化されます。With SQL Database, you get built-in intelligence that helps you dramatically reduce the costs of running and managing databases and maximizes both performance and security of your application. 数百万の顧客のワークロードを 24 時間実行する SQL Database は、水面下で顧客のプライバシーを 100% 尊重しながら、膨大な量のテレメトリ データを収集して処理します。Running millions of customer workloads around-the-clock, SQL Database collects and processes a massive amount of telemetry data, while also fully respecting customer privacy behind the scenes. アプリケーションの状況をサービスが学習し、状況に適応することができるように、さまざまなアルゴリズムによってテレメトリ データが継続的に評価されます。Various algorithms are continuously evaluating the telemetry data so that the service can learn and adapt with your application. この分析に基づいて、サービスは、特定のワークロードに合わせたパフォーマンスの向上に関する推奨事項を考え出すことができます。Based on this analysis, the service comes up with performance improving recommendations tailored to your specific workload.

自動パフォーマンス監視とチューニングAutomatic performance monitoring and tuning

SQL Database は、監視する必要があるクエリの詳細な洞察を提供します。SQL Database provides detailed insight into the queries that you need to monitor. SQL Database は、データベースのパターンについて学習し、データベース スキーマをワークロードに適応させることができます。SQL Database's learns about your database patterns and enables you to adapt your database schema to your workload. SQL Database はパフォーマンスのチューニングに関する推奨事項を提示します。チューニング アクションを確認してそれらを適用できます。SQL Database provides performance tuning recommendations, where you can review tuning actions and apply them.

ただし、データベースを常に監視することは厄介で面倒なタスクであり、多数のデータベースを処理する場合は特にそうなります。However, constantly monitoring database is a hard and tedious task, especially when dealing with many databases. Intelligent Insights は、スケールで SQL Database のパフォーマンスを自動的に監視することによってこのジョブを行い、パフォーマンスの低下の問題を通知し、問題の根本原因を特定し、可能な場合にはパフォーマンスの向上の推奨事項を提供します。Intelligent Insights does this job for you by automatically monitoring SQL Database performance at scale and it informs you of performance degradation issues, it identifies the root cause of the issue and provides performance improvement recommendations when possible.

膨大な数のデータベースを管理することは、SQL Database と Azure ポータルが備えているすべての使用可能なツールとレポートを使用しても、効率的に実行するのは不可能な場合があります。Managing a huge number of databases might be impossible to do efficiently even with all available tools and reports that SQL Database and Azure portal provide. データベースの監視とチューニングを手動で行う代わりに、自動チューニングを使用して、監視とチューニング アクションの一部を SQL Database に委任することを検討できます。Instead of monitoring and tuning your database manually, you might consider delegating some of the monitoring and tuning actions to SQL Database using automatic tuning. SQL Database は、推奨事項を自動的に適用し、テストを行い、パフォーマンスが確実に向上し続けるように、各チューニング アクションを検証します。SQL Database automatically applies recommendations, tests, and verifies each of its tuning actions to ensure the performance keeps improving. このように、SQL Database は、制御された安全な方法で、ワークロードに自動的に適応します。This way, SQL Database automatically adapts to your workload in controlled and safe way. 自動チューニングは、データベースのパフォーマンスを注意深く監視し、すべてのチューニング アクションの実行前と実行後のパフォーマンスを比較し、パフォーマンスが向上していない場合はチューニング アクションを取り消すことを意味します。Automatic tuning means that the performance of your database is carefully monitored and compared before and after every tuning action, and if the performance doesn’t improve, the tuning action is reverted.

今日、SQL Database 上で SaaS マルチテナント アプリを実行している当社の多数のパートナーは、パフォーマンスの自動チューニングを信頼して、アプリケーションが常に安定した予測可能なパフォーマンスで実行されるようにしています。Today, many of our partners running SaaS multi-tenant apps on top of SQL Database are relying on automatic performance tuning to make sure their applications always have stable and predictable performance. パートナーにとって、この機能は、真夜中にパフォーマンス上の問題が発生するリスクを大幅に軽減するものです。For them, this feature tremendously reduces the risk of having a performance incident in the middle of the night. さらに、顧客ベースの一部では、SQL Server も使用しているため、SQL Database が提示するのと同じインデックスに関する推奨事項を使用して、SQL Server を使用している顧客を支援しています。In addition, since part of their customer base also uses SQL Server, they are using the same indexing recommendations provided by SQL Database to help their SQL Server customers.

SQL Database では、次の 2 つの自動チューニングを使用できます。There are two automatic tuning aspects that are available in SQL Database:

  • インデックスの自動管理:データベースに追加するインデックスと削除するインデックスを識別します。Automatic index management: Identifies indexes that should be added in your database, and indexes that should be removed.
  • プランの自動修正:問題のあるプランを識別し、SQL プランのパフォーマンスに関する問題を修正します (近日公開予定。SQL Server 2017 では既に利用可能)。Automatic plan correction: Identifies problematic plans and fixes SQL plan performance problems (coming soon, already available in SQL Server 2017).

アダプティブ クエリ処理Adaptive query processing

SQL Database には、クエリの適応処理機能ファミリも追加されています。この中には、複数ステートメントのテーブル値関数のインターリーブ実行、バッチ モードのメモリ許可のフィードバック、バッチ モードの適応型結合が含まれています。We are also adding the adaptive query processing family of features to SQL Database, including interleaved execution for multi-statement table-valued functions, batch mode memory grant feedback, and batch mode adaptive joins. これらのクエリの適応処理機能には類似の "学習して適応する" 手法が適用されています。この手法は、解決困難なクエリの最適化問題に関連するパフォーマンス問題にさらに深く取り組むために役立っています。Each of these adaptive query processing features applies similar “learn and adapt” techniques, helping further address performance issues related to historically intractable query optimization problems.

高度なセキュリティとコンプライアンスAdvanced security and compliance

SQL Database は、アプリケーションがさまざまなセキュリティとコンプライアンスの要件を満たすために役立つ、幅広い組み込みのセキュリティ機能とコンプライアンス機能を備えています。SQL Database provides a range of built-in security and compliance features to help your application meet various security and compliance requirements.

重要

Azure SQL Database (すべてのデプロイ オプション) は、さまざまなコンプライアンス標準に対して認定されています。Azure SQL Database (all deployment options), has been certified against a number of compliance standards. 詳細については、Microsoft Azure セキュリティ センターに関するページを参照してください。ここから最新の SQL Database コンプライアンス証明書の一覧を入手できます。For more information, see the Microsoft Azure Trust Center where you can find the most current list of SQL Database compliance certifications.

高度な脅威保護Advance Threat Protection

Advanced Data Security は、高度な SQL セキュリティ機能のための統合パッケージです。Advanced data security is a unified package for advanced SQL security capabilities. その機能には、機密データの探索と分類、データベースの脆弱性の管理、データベースへの脅威を示す可能性がある異常なアクティビティの検出などが含まれます。It includes functionality for discovering and classifying sensitive data, managing your database vulnerabilities, and detecting anomalous activities that could indicate a threat to your database. これらの機能を 1 つの場所で有効にして管理できます。It provides a single go-to location for enabling and managing these capabilities.

  • データの検出と分類:Data discovery & classification:

    データの検出と分類 (現在プレビュー段階) では、Azure SQL Database に組み込まれる、データベースの機微なデータの検出、分類、ラベル付と保護を行う機能が用意されています。This feature (currently in preview) provides capabilities built into Azure SQL Database for discovering, classifying, labeling & protecting the sensitive data in your databases. データベースの分類の状態を把握し、データベース内やその境界を越えて機密データへのアクセスを追跡するために使用できます。It can be used to provide visibility into your database classification state, and to track the access to sensitive data within the database and beyond its borders.

  • 脆弱性評価:Vulnerability assessment:

    このサービスは、データベースの潜在的な脆弱性を検出、追跡し、その修復を支援するものです。This service can discover, track, and help you remediate potential database vulnerabilities. セキュリティの状態を表示することができ、セキュリティの問題を解決して、データベースのセキュリティを強化するために実行可能な手順が含まれます。It provides visibility into your security state, and includes actionable steps to resolve security issues, and enhance your database fortifications.

  • 脅威検出:Threat detection:

    この機能では、データベースにアクセスしたりデータベースを悪用したりしようとする、通常とは異なる、害を及ぼす可能性のある試行を示す異常なアクティビティが検出されます。This feature detects anomalous activities indicating unusual and potentially harmful attempts to access or exploit your database. データベースでの不審なアクティビティを継続的に監視し、潜在的な脆弱性、SQL インジェクション攻撃、および異常なデータベース アクセス パターンが見つかるとすぐにセキュリティ通知を提供します。It continuously monitors your database for suspicious activities, and provides immediate security alerts on potential vulnerabilities, SQL injection attacks, and anomalous database access patterns. 脅威検出によるアラートは、不審なアクティビティの詳細と、脅威の調査や危険性の軽減のために推奨される対処方法を提供します。Threat detection alerts provide details of the suspicious activity and recommend action on how to investigate and mitigate the threat.

コンプライアンスとセキュリティの監査Auditing for compliance and security

監査では、データベース イベントを追跡し、Azure Storage アカウントの監査ログにイベントを書き込みます。Auditing tracks database events and writes them to an audit log in your Azure storage account. 監査により、規定遵守の維持、データベース活動の理解、およびビジネス上の懸念やセキュリティ違犯の疑いを示す差異や異常に対する洞察が容易になります。Auditing can help you maintain regulatory compliance, understand database activity, and gain insight into discrepancies and anomalies that could indicate business concerns or suspected security violations.

データの暗号化Data encryption

SQL Database は、暗号化によってデータのセキュリティを保護します。移動中のデータにはトランスポート層セキュリティを使用し、保存データには透過的なデータ暗号化を使用し、使用中のデータには常に暗号化を使用します。SQL Database secures your data by providing encryption for data in motion with transport layer security, for data at rest with transparent data encryption, and for data in use with always encrypted.

Azure Active Directory との統合と多要素認証Azure Active Directory integration and multi-factor authentication

SQL Database では、Azure Active Directory との統合によって、データベース ユーザーの ID とその他の Microsoft サービスを一元的に管理できます。SQL Database enables you to centrally manage identities of database user and other Microsoft services with Azure Active Directory integration. この機能は、アクセス許可の管理を簡略化し、セキュリティを強化します。This capability simplifies permission management and enhances security. Azure Active Directory は、多要素認証 (MFA) をサポートしています。これにより、シングル サインオン プロセスをサポートすると同時に、データとアプリケーションのセキュリティが強化されます。Azure Active Directory supports multi-factor authentication (MFA) to increase data and application security while supporting a single sign-in process.

コンプライアンス認証Compliance certification

SQL Database は、定期監査に参加し、さまざまなコンプライアンス基準に対する認証を受けています。SQL Database participates in regular audits and has been certified against several compliance standards. 詳細については、Microsoft Azure セキュリティ センターに関するページを参照してください。ここから最新の SQL Database コンプライアンス証明書の一覧を入手できます。For more information, see the Microsoft Azure Trust Center where you can find the most current list of SQL Database compliance certifications.

使いやすいツールEasy-to-use tools

SQL Database は、アプリケーションの開発と管理をより簡単で生産的にします。SQL Database makes building and maintaining applications easier and more productive. SQL Database を使用すると、優れたアプリの構築に注力することができます。SQL Database allows you to focus on what you do best: building great apps. 既に所有しているツールとスキルを使用して、SQL Database で管理と開発を行うことができます。You can manage and develop in SQL Database using tools and skills you already have.

  • Azure portal :The Azure portal:

    すべての Azure サービスを管理するための Web ベースのアプリケーションですA web-based application for managing all Azure services

  • SQL Server Management Studio :SQL Server Management Studio:

    SQL Server から SQL Database まで、あらゆる SQL インフラストラクチャを管理するための、無料でダウンロードできるクライアント アプリケーションですA free, downloadable client application for managing any SQL infrastructure, from SQL Server to SQL Database

  • Visual Studio での SQL Server Data Tools :SQL Server Data Tools in Visual Studio:

    SQL Server リレーショナル データベース、Azure SQL データベース、Integration Services パッケージ、Analysis Services データ モデル、および Reporting Services レポートを開発するための、無料でダウンロードできるクライアント アプリケーションです。A free, downloadable client application for developing SQL Server relational databases, Azure SQL databases, Integration Services packages, Analysis Services data models, and Reporting Services reports.

  • Visual Studio Code :Visual Studio Code:

    Linux、macOS、および Windows 用の無料でダウンロードできるオープン ソースのコード エディターです。Microsoft SQL Server、Azure SQL Database、および SQL Data Warehouse のデータを照会するための mssql 拡張機能を含む拡張機能をサポートします。A free, downloadable, open-source, code editor for Windows, macOS, and Linux that supports extensions, including the mssql extension for querying Microsoft SQL Server, Azure SQL Database, and SQL Data Warehouse.

SQL Database は、MacOS、Linux、および Windows での Python、Java、Node.js、PHP、Ruby、および .NET によるアプリケーションの構築をサポートします。SQL Database supports building applications with Python, Java, Node.js, PHP, Ruby, and .NET on the MacOS, Linux, and Windows. SQL Database は、SQL Server と同じ接続ライブラリをサポートします。SQL Database supports the same connection libraries as SQL Server.

SQL Database に関してよく寄せられる質問 (FAQ)SQL Database frequently asked questions (FAQ)

SQL Database の現在のバージョンは何ですかWhat is the current version of SQL Database

SQL Database の現在のバージョンは V12 です。The current version of SQL Database is V12. バージョン V11 は廃止されました。Version V11 has been retired.

いつ修正プログラムの適用によるダウンタイムを発生させるかを制御できますか。Can I control when patching downtime occurs

いいえ。No. 修正プログラムの適用の影響は、アプリに再試行ロジックを採用していれば、通常は顕著なものではありません。The impact of patching is generally not noticeable if you employ retry logic in your app. Azure SQL データベースの計画メンテナンス イベントに備える方法の詳細については、「Azure SQL Database での Azure メンテナンス イベントの計画」を参照してください。For more information about how to prepare for planned maintenance events on your Azure SQL database, see planning for Azure maintenance events in Azure SQL Database.

Azure ハイブリッド特典に関する質問Azure Hybrid Benefit questions

SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典では、二重使用権がサポートされていますかAre there dual-use rights with Azure Hybrid Benefit for SQL Server

確実かつシームレスに移行を行うために、180 日間はライセンスの二重使用権があります。You have 180 days of dual use rights of the license to ensure migrations are running seamlessly. この 180 日を過ぎると、SQL Server ライセンスは、SQL Database のクラウドでしか使用できません。オンプレミスとクラウドでの二重使用権はなくなります。After that 180-day period, the SQL Server license can only be used in the cloud in SQL Database, and does not have dual use rights on-premises and in the cloud.

SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典とライセンス モビリティの違いは何ですかHow does Azure Hybrid Benefit for SQL Server differ from license mobility

現在、Microsoft では、SQL Server のお客様に、ソフトウェア アシュアランスのライセンス モビリティ特典を提供しています。これにより、サード パーティ共有サーバーへのライセンスの再割り当てが可能になります。Today, we offer license mobility benefits to SQL Server customers with Software Assurance that allows re-assignment of their licenses to third-party shared servers. この特典は、Azure IaaS および AWS EC2 でご利用いただけます。This benefit can be used on Azure IaaS and AWS EC2. SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典は、次の 2 つの重要な点において、ライセンス モビリティとは異なります。Azure Hybrid Benefit for SQL Server differs from license mobility in two key areas:

  • 高度に仮想化されたワークロードを Azure に移動することで、コスト面でメリットがもたらされます。It provides economic benefits for moving highly virtualized workloads to Azure. SQL EE のお客様は、高度に仮想化されたアプリケーション用にオンプレミスで所有するコアごとに、Azure の General Purpose SKU で 4 つのコアを取得できます。SQL EE customers can get 4 cores in Azure in the General Purpose SKU for every core they own on-premises for highly virtualized applications. ライセンス モビリティの場合、仮想化されたワークロードをクラウドに移動しても、コスト上のメリットは特にありません。License mobility does not allow any special cost benefits for moving virtualized workloads to the cloud.
  • オンプレミスの SQL Server と高い互換性がある PaaS 移行先を Azure (SQL Database マネージド インスタンス) に提供します。It provides for a PaaS destination on Azure (SQL Database Managed Instance) that is highly compatible with SQL Server on-premises

SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典では、具体的にはどのような権限が付与されますかWhat are the specific rights of the Azure Hybrid Benefit for SQL Server

SQL Database のお客様には、SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典によって次の権限が付与されます。SQL Database customers will have the following rights associated with Azure Hybrid Benefit for SQL Server:

ライセンス フットプリントLicense Footprint SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典の内容What does Azure Hybrid Benefit for SQL Server Get You?
SA を含む SQL Server Enterprise Edition の中核的なお客様SQL Server Enterprise Edition core customers with SA
  • General Purpose SKU または Business Critical SKU のいずれかで基本料金を支払うことができますCan pay Base Rate on either General Purpose or Business Critical SKU

  • オンプレミスの 1 コア = General Purpose SKU の 4 コア1 core on-premises = 4 cores in General Purpose SKU

  • オンプレミスの 1 コア = Business Critical SKU の 1 コア1 core on-premises = 1 core in Business Critical SKU
  • SA を含む SQL Server Standard Edition の中核的なお客様SQL Server Standard Edition core customers with SA
  • General Purpose SKU のみで基本料金を支払うことができますCan pay Base Rate on General Purpose SKU only

  • オンプレミスの 1 コア = General Purpose SKU の 1 コア1 core on-premises = 1 core in General Purpose SKU
  • SQL Server エンジニアリング チームとの交流Engage with the SQL Server engineering team

    次の手順Next steps