クイック スタート:Azure Data Lake Storage Gen2 ストレージ アカウントを作成するQuickstart: Create an Azure Data Lake Storage Gen2 storage account

Azure Data Lake Storage Gen2 では、Hadoop 分散ファイル システム (HDFS) と連携するように調整された、ネイティブ ディレクトリベースのファイル システムを提供する階層型名前空間がサポートされています。Azure Data Lake Storage Gen2 supports a hierarchical namespace which provides a native directory-based file system tailored to work with the Hadoop Distributed File System (HDFS). HDFS から Data Lake Storage Gen2 データにアクセスするには、ABFS ドライバーを使用します。Access to Data Lake Storage Gen2 data from the HDFS is available through the ABFS driver.

このクイック スタートでは、Azure portalAzure PowerShell、または Azure CLI を使用して、アカウントを作成する方法を説明します。This quickstart demonstrates how to create an account using the Azure portal, Azure PowerShell, or via the Azure CLI.

前提条件Prerequisites

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisite
ポータルPortal なしNone
PowerShellPowerShell このクイック スタートには、PowerShell モジュールの Az.Storage バージョン 0.7 以降が必要です。This quickstart requires the PowerShell module Az.Storage version 0.7 or later. 現在のバージョンを調べるには、Get-Module -ListAvailable Az.Storage コマンドを実行します。To find your current version, run the Get-Module -ListAvailable Az.Storage command. このコマンドを実行した後に結果が表示されない場合、または 0.7 以外のバージョンが表示された場合は、次の powershell モジュールをアップグレードする必要があります。If after you run this command, no results appear, or if a version other than 0.7 appears, then you'll have to upgrade your powershell module. このガイドの「PowerShell モジュールのアップグレード」セクションを参照してください。See the Upgrade your powershell module section of this guide.
CLICLI 次の 2 つの方法のいずれかで Azure にサインインし、Azure CLI コマンドを実行できます。You can sign in to Azure and run Azure CLI commands in one of two ways:
  • Azure Portal 内から、Azure Cloud Shell で CLI コマンドを実行できますYou can run CLI commands from within the Azure portal, in Azure Cloud Shell
  • CLI をインストールして、CLI コマンドをローカルで実行できますYou can install the CLI and run CLI commands locally

コマンド ラインを使用する場合は、Azure Cloud Shell を実行するか、CLI をローカルにインストールするオプションがあります。When working on the command line you have the option of running the Azure Cloud shell or installing the CLI locally.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure Cloud Shell は、Azure Portal 内で直接実行できる無料の Bash シェルです。Azure Cloud Shell is a free Bash shell that you can run directly within the Azure portal. Azure CLI が事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。It has the Azure CLI preinstalled and configured to use with your account. Azure Portal の右上のメニューの [Cloud Shell] ボタンをクリックします。Click the Cloud Shell button on the menu in the upper-right of the Azure portal:

Cloud ShellCloud Shell

このボタンによって対話型のシェルが起動されます。このクイックスタートの手順はこれを使って実行できます。The button launches an interactive shell that you can use to run the steps in this quickstart:

ポータルに Cloud Shell のウィンドウが表示されるスクリーンショットScreenshot showing the Cloud Shell window in the portal

CLI をローカルにインストールするInstall the CLI locally

Azure CLI はローカルにインストールして使用することもできます。You can also install and use the Azure CLI locally. このクイック スタートでは、Azure CLI バージョン 2.0.38 以降を実行している必要があります。This quickstart requires that you are running the Azure CLI version 2.0.38 or later. バージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the version. インストールまたはアップグレードが必要な場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install the Azure CLI.

Azure Data Lake Storage Gen2 対応のストレージ アカウントを作成するCreate a storage account with Azure Data Lake Storage Gen2 enabled

アカウントを作成する前に、作成するストレージ アカウントまたは他の Azure リソースに対して、論理コンテナーとして機能するリソース グループを作成する必要があります。Before you create an account, you first create a resource group that acts as a logical container to storage accounts or any other Azure resources you create. このクイックスタートで作成したリソースをクリーンアップする場合は、リソース グループを削除するだけです。If you wish to clean up the resources created by this quickstart, you can simply delete the resource group. リソース グループを削除すると、関連付けられているストレージ アカウント、およびリソース グループに関連付けられているその他のリソースも削除されます。Deleting the resource group also deletes the associated storage account, and any other resources associated with the resource group. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。For more information regarding resource groups, see Azure Resource Manager overview.

注意

Data Lake Storage Gen2 機能を利用するには、作成する新しいストレージ アカウントの種類を StorageV2 (汎用 V2) にする必要があります。You must create new storage accounts as type StorageV2 (general-purpose V2) to take advantage of Data Lake Storage Gen2 features.

ストレージ アカウントについて詳しくは、「Azure ストレージ アカウントの概要」をご覧ください。For more information about storage accounts, see Azure Storage account overview.

ストレージ アカウントに名前を付けるときは、次の規則に注意してください。When naming your storage account, keep these rules in mind:

  • ストレージ アカウント名の長さは 3 ~ 24 文字で、数字と小文字のみを使用できます。Storage account names must be between 3 and 24 characters in length and may contain numbers and lowercase letters only.
  • ストレージ アカウント名は Azure 内で一意である必要があります。Your storage account name must be unique within Azure. 複数のストレージ アカウントが同じ名前を持つことはできません。No two storage accounts can have the same name.

Azure portal を使用してアカウントを作成するCreate an account using the Azure portal

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

リソース グループの作成Create a resource group

Azure Portal でリソース グループを作成するには、次の手順に従います。To create a resource group in the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure Portal で左側のメニューを展開してサービスのメニューを開き、 [リソース グループ] を選択します。In the Azure portal, expand the menu on the left side to open the menu of services, and choose Resource Groups.

  2. [追加] ボタンをクリックして新しいリソース グループを追加します。Click the Add button to add a new resource group.

  3. 新しいリソース グループの名前を入力します。Enter a name for the new resource group.

  4. 新しいリソース グループを作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription in which to create the new resource group.

  5. リソース グループの場所を選択します。Choose the location for the resource group.

  6. [作成] ボタンをクリックします。Click the Create button.

    Azure portal でのリソース グループの作成を示したスクリーンショット

汎用 v2 ストレージ アカウントを作成するCreate a general-purpose v2 storage account

Azure Portal で汎用 v2 ストレージ アカウントを作成するには、次の手順に従います。To create a general-purpose v2 storage account in the Azure portal, follow these steps:

注意

階層型名前空間は現在、すべてのパブリック リージョンで利用できます。The hierarchical namespace is currently available in all public regions.

  1. Azure Portal で左側のメニューを展開してサービスのメニューを開き、 [すべてのサービス] を選択します。In the Azure portal, expand the menu on the left side to open the menu of services, and choose All services. 次に、下へスクロールして [ストレージ][ストレージ アカウント] を選択します。Then, scroll down to Storage, and choose Storage accounts. 表示された [ストレージ アカウント] ウィンドウで [追加] を選択します。On the Storage Accounts window that appears, choose Add.

  2. 先ほど作成したサブスクリプションリソース グループを選択します。Select your Subscription and the Resource group you created earlier.

  3. ストレージ アカウントの名前を入力します。Enter a name for your storage account.

  4. [場所][米国西部 2] に設定しますSet Location to West US 2

  5. 次のフィールドは既定の設定のままにします。パフォーマンスアカウントの種類レプリケーションアクセス層Leave these fields set to their defaults: Performance, Account kind, Replication, Access tier.

  6. ストレージ アカウントを作成するサブスクリプションを選択します。Choose the subscription in which you want to create the storage account.

  7. [次へ] > [詳細] の順に選択します。Select Next : Advanced >

  8. [セキュリティ] および [仮想ネットワーク] フィールド下の値は既定の設定のままにします。Leave the values under SECURITY and VIRTUAL NETWORKS fields set to their defaults.

  9. [Data Lake Storage Gen2] セクションで、 [階層構造の名前空間][有効] に設定します。In the Data Lake Storage Gen2 section set Hierarchical namespace to Enabled.

  10. [確認および作成] をクリックして、ストレージ アカウントを作成します。Click Review + Create to create the storage account.

    Azure portal でのストレージ アカウントの作成を示したスクリーンショット

これで、ご自身のストレージ アカウントがポータルで作成されました。Your storage account is now created through the portal.

リソースのクリーンアップClean up resources

Azure Portal を使用してリソース グループを削除するには:To remove a resource group using the Azure portal:

  1. Azure Portal で左側のメニューを展開してサービスのメニューを開き、 [リソース グループ] を選択して、リソース グループの一覧を表示します。In the Azure portal, expand the menu on the left side to open the menu of services, and choose Resource Groups to display the list of your resource groups.
  2. 削除するリソース グループを見つけて、一覧の右側にある [詳細] ボタン ( ... ) を右クリックします。Locate the resource group to delete, and right-click the More button (...) on the right side of the listing.
  3. [リソース グループの削除] を選択し、確認します。Select Delete resource group, and confirm.

PowerShell を使用してアカウントを作成するCreate an account using PowerShell

最初に、PowerShellGet モジュールの最新バージョンをインストールします。First, install the latest version of the PowerShellGet module.

次に、PowerShell モジュールをアップグレードして、お使いの Azure サブスクリプションにサインインし、リソース グループを作成してから、ストレージ アカウントを作成します。Then, upgrade your powershell module, sign in to your Azure subscription, create a resource group, and then create a storage account.

PowerShell モジュールのアップグレードUpgrade your powershell module

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

PowerShell を使用して Data Lake Storage Gen2 を操作するには、モジュールの Az.Storage バージョン 0.7 以降をインストールする必要があります。To interact with Data Lake Storage Gen2 by using PowerShell, you'll need to install module Az.Storage version 0.7 or later.

最初に、引き上げられたアクセス許可を使って PowerShell セッションを開きます。Start by opening a PowerShell session with elevated permissions.

Az.Storage モジュールのインストールInstall the Az.Storage module

Install-Module Az.Storage -Repository PSGallery -AllowPrerelease -AllowClobber -Force

Azure サブスクリプションにサインインするSign in to your Azure Subscription

Login-AzAccount コマンドを使用して、画面上の指示に従って認証を行います。Use the Login-AzAccount command and follow the on-screen directions to authenticate.

Login-AzAccount

リソース グループの作成Create a resource group

PowerShell で新しいリソース グループを作成するには、New-AzResourceGroup コマンドを使用します。To create a new resource group with PowerShell, use the New-AzResourceGroup command:

注意

階層型名前空間は現在、すべてのパブリック リージョンで利用できます。The hierarchical namespace is currently available in all public regions.

# put resource group in a variable so you can use the same group name going forward,
# without hardcoding it repeatedly
$resourceGroup = "storage-quickstart-resource-group"
$location = "westus2"
New-AzResourceGroup -Name $resourceGroup -Location $location

汎用 v2 ストレージ アカウントを作成するCreate a general-purpose v2 storage account

ローカル冗長ストレージ (LRS) を使用して汎用 v2 ストレージ アカウントを PowerShell から作成するには、New-AzStorageAccount コマンドを使用します。To create a general-purpose v2 storage account from PowerShell with locally-redundant storage (LRS), use the New-AzStorageAccount command:

$location = "westus2"

New-AzStorageAccount -ResourceGroupName $resourceGroup `
  -Name "storagequickstart" `
  -Location $location `
  -SkuName Standard_LRS `
  -Kind StorageV2 `
  -EnableHierarchicalNamespace $True

リソースのクリーンアップClean up resources

リソース グループと関連付けられているリソース (新しいストレージ アカウントを含む) を削除するには、Remove-AzResourceGroup コマンドを使用します。To remove the resource group and its associated resources, including the new storage account, use the Remove-AzResourceGroup command:

Remove-AzResourceGroup -Name $resourceGroup

Azure CLI を使用してアカウントを作成するCreate an account using Azure CLI

Azure Cloud Shell を開始するには、Azure portal にサインインします。To start Azure Cloud Shell, sign in to the Azure portal.

CLI のローカル インストールにサインインする場合は、login コマンドを実行します。If you want to sign in to your local installation of the CLI, run the login command:

az login

Azure Data Lake Gen 2 対応の CLI 拡張機能を追加するAdd the CLI extension for Azure Data Lake Gen 2

CLI を使用して Data Lake Storage Gen2 と対話するには、お使いのシェルに拡張機能を追加する必要があります。To interact with Data Lake Storage Gen2 by using the CLI, you'll have to add an extension to your shell.

そのためには、Cloud Shell またはローカル シェルを使用して、az extension add --name storage-preview コマンドを入力します。To do that, enter the following command by using either the Cloud Shell or a local shell: az extension add --name storage-preview

リソース グループの作成Create a resource group

Azure CLI で新しいリソース グループを作成するには、az group create コマンドを使用します。To create a new resource group with Azure CLI, use the az group create command.

az group create `
    --name storage-quickstart-resource-group `
    --location westus2

注意

階層型名前空間は現在、すべてのパブリック リージョンで利用できます。The hierarchical namespace is currently available in all public regions.

汎用 v2 ストレージ アカウントを作成するCreate a general-purpose v2 storage account

ローカル冗長ストレージを使用して汎用 v2 ストレージ アカウントを Azure CLI から作成するには、az storage account create コマンドを使用します。To create a general-purpose v2 storage account from the Azure CLI with locally-redundant storage, use the az storage account create command.

az storage account create `
    --name storagequickstart `
    --resource-group storage-quickstart-resource-group `
    --location westus2 `
    --sku Standard_LRS `
    --kind StorageV2 `
    --hierarchical-namespace true

リソースのクリーンアップClean up resources

リソース グループと関連付けられているリソース (新しいストレージ アカウントを含む) を削除するには、az group delete コマンドを使用します。To remove the resource group and its associated resources, including the new storage account, use the az group delete command.

az group delete --name myResourceGroup

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、Data Lake Storage Gen2 の機能が利用できるストレージ アカウントを作成しました。In this quickstart, you've created a storage account with Data Lake Storage Gen2 capabilities. ストレージ アカウントとの間で BLOB をアップロードおよびダウンロードする方法を学習するには、次のトピックを参照してください。To learn how to upload and download blobs to and from your storage account, see the following topic.