BLOB の論理的な削除Soft delete for blobs

BLOB の論理的な削除では、お客様のデータが誤って変更または削除されないように保護します。Soft delete for blobs protects your data from being accidentally or erroneously modified or deleted. ストレージ アカウントに対して BLOB の論理的な削除が有効になっている場合、そのストレージ アカウント内の BLOB、BLOB バージョン、およびスナップショットは、削除された後も、指定した保持期間中は復旧することができます。When soft delete for blobs is enabled for a storage account, blobs, blob versions, and snapshots in that storage account may be recovered after they are deleted, within a retention period that you specify.

アプリケーションまたは別のストレージ アカウントのユーザーによってデータが誤って変更または削除される可能性がある場合、Microsoft では論理的な削除を有効にすることをお勧めします。If there is a possibility that your data may accidentally be modified or deleted by an application or another storage account user, Microsoft recommends turning on soft delete. 論理的な削除を有効にする方法について詳しくは、BLOB の論理的な削除の有効化と管理に関する記事をご覧ください。For more information about enabling soft delete, see Enable and manage soft delete for blobs.

注意

この機能は、階層型名前空間 (Azure Data Lake Storage Gen2) を持つアカウントではまだサポートされていません。This feature is not yet supported in accounts that have a hierarchical namespace (Azure Data Lake Storage Gen2). 詳細については、「Azure Data Lake Storage Gen2 で使用できる BLOB ストレージ機能」を参照してください。To learn more, see Blob storage features available in Azure Data Lake Storage Gen2.

BLOB の論理的な削除についてAbout soft delete for blobs

ストレージ アカウントで BLOB の論理的な削除が有効になっている場合は、オブジェクトが削除された後も、指定したデータ保持期間中は復旧することができます。When soft delete for blobs is enabled on a storage account, you can recover objects after they have been deleted, within the specified data retention period. この保護の範囲は、上書きされたために消去されたすべての BLOB データ (ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB) に及びます。This protection extends to any blobs (block blobs, append blobs, or page blobs) that are erased as the result of an overwrite.

次の図は、BLOB の論理的な削除が有効になっている場合に、削除された BLOB を復元する方法を示しています。The following diagram shows how a deleted blob can be restored when blob soft delete is enabled:

論理的に削除された BLOB を復元する方法を示す図

BLOB の論理的な削除は有効になっているが、BLOB のバージョン管理が有効になっていない場合、既存の BLOB またはスナップショット内のデータが削除されると、上書きされたデータの状態を保存するために、論理的に削除されたスナップショットが生成されます。If data in an existing blob or snapshot is deleted while blob soft delete is enabled but blob versioning is not enabled, then a soft deleted snapshot is generated to save the state of the overwritten data. 指定された保持期間が経過すると、オブジェクトは完全に削除されます。After the specified retention period has expired, the object is permanently deleted.

ストレージ アカウントで BLOB のバージョン管理と BLOB の論理的な削除の両方が有効になっている場合、BLOB を削除すると、論理的に削除されたスナップショットではなく、新しいバージョンが作成されます。If blob versioning and blob soft delete are both enabled on the storage account, then deleting a blob creates a new version instead of a soft-deleted snapshot. 新しいバージョンは論理的に削除されず、論理的な削除の保持期間が過ぎても削除されません。The new version is not soft-deleted and is not removed when the soft-delete retention period expires. BLOB の論理的に削除されたバージョンは、Undelete Blob 操作を呼び出すことで、保持期間内に復元できます。Soft-deleted versions of a blob can be restored within the retention period by calling the Undelete Blob operation. BLOB は、後で Copy Blob 操作を呼び出して、そのいずれかのバージョンから復元できます。The blob can subsequently be restored from one of its versions by calling the Copy Blob operation. BLOB のバージョン管理と論理的な削除の併用の詳細については、「BLOB のバージョン管理と論理的な削除」を参照してください。For more information about using blob versioning and soft delete together, see Blob versioning and soft delete.

論理的に削除されたオブジェクトは、明示的に一覧表示されない限り表示されません。Soft deleted objects are invisible unless explicitly listed.

BLOB の論理的な削除には下位互換性があるため、アプリケーションに変更を加えなくても、この機能が提供する保護を利用することができます。Blob soft delete is backwards compatible, so you don't have to make any changes to your applications to take advantage of the protections this feature affords. ただし、データ復旧には新しい Undelete Blob API が導入されています。However, data recovery introduces a new Undelete Blob API.

BLOB の論理的な削除は、新規と既存の両方の汎用 v2、汎用 v1、BLOB ストレージ アカウントで使用できます。Blob soft delete is available for both new and existing general-purpose v2, general-purpose v1, and Blob storage accounts. Standard と Premium の両方の種類のアカウントがサポートされています。Both standard and premium account types are supported. BLOB の論理的な削除は、ホット、クール、アーカイブを含むすべてのストレージ層で使うことができます。Blob soft delete is available for all storage tiers including hot, cool, and archive. 論理的な削除は、内部のページ BLOB であるアンマネージド ディスクに対して使用できますが、マネージド ディスクでは使用できません。Soft delete is available for unmanaged disks, which are page blobs under the covers, but is not available for managed disks.

構成設定Configuration settings

新しいアカウントを作成したとき、論理的な削除は既定で無効に設定されます。When you create a new account, soft delete is disabled by default. 既存のストレージ アカウントについても、論理的な削除は既定で無効に設定されます。Soft delete is also disabled by default for existing storage accounts. ストレージ アカウントでの論理的な削除は、いつでも有効または無効にすることができます。You can enable or disable soft delete for a storage account at any time.

論理的な削除を有効にするときは、保持期間を構成する必要があります。When you enable soft delete, you must configure the retention period. リテンション期間は、論理的に削除されたデータが保存されていて復旧に利用できる期間を示します。The retention period indicates the amount of time that soft deleted data is stored and available for recovery. 明示的に削除されたオブジェクトの場合は、データが削除された時点で保持期間のクロックが開始します。For objects that are explicitly deleted, the retention period clock starts when the data is deleted. データ上書き時に論理的な削除機能によって生成される論理的に削除されたバージョンまたはスナップショットの場合は、バージョンまたはスナップショットが生成された時点でクロックが開始します。For soft deleted versions or snapshots generated by the soft delete feature when data is overwritten, the clock starts when the version or snapshot is generated. 保持期間は 1 日から 365 日の範囲で指定できます。The retention period may be between 1 and 365 days.

論理的な削除のリテンション期間はいつでも変更できます。You can change the soft delete retention period at any time. 更新された保持期間は、新たに削除されたデータにのみ適用されます。An updated retention period applies only to newly deleted data. 以前に削除されたデータは、そのデータが削除されたときに構成されていた保持期間に基づいて期限が切れます。Previously deleted data expires based on the retention period that was configured when that data was deleted. 論理的に削除されたオブジェクトの削除を試みても、有効期限に影響はありません。Attempting to delete a soft deleted object does not affect its expiry time.

論理的な削除を無効にしても、この機能が有効になっていたときに保存されていたストレージアカウント内の論理的に削除されたデータには、引き続きアクセスして復旧できます。If you disable soft delete, you can continue to access and recover soft deleted data in your storage account that was saved while the feature was enabled.

削除されたデータの保存Saving deleted data

論理的な削除は、オブジェクトが削除または上書きされる多くの場合に、データを保持します。Soft delete preserves your data in many cases where objects are deleted or overwritten.

Put BlobPut Block List、または Copy Blob を使って BLOB が上書きされると、書き込み操作前の BLOB の状態のバージョンまたはスナップショットが自動的に生成されます。When a blob is overwritten using Put Blob, Put Block List, or Copy Blob, a version or snapshot of the blob's state prior to the write operation is automatically generated. このオブジェクトは、論理的に削除されたオブジェクトが明示的に一覧表示されない限り表示されません。This object is invisible unless soft-deleted objects are explicitly listed. 論理的に削除されたオブジェクトを一覧表示する方法については、「復旧」セクションをご覧ください。See the Recovery section to learn how to list soft deleted objects.

Put Blob、Put Block List、Copy Blob を使用して上書きされるとき、BLOB のスナップショットが格納されるしくみを示す図。

" 論理的に削除されたデータはグレーで、アクティブなデータは青で示されています。上にあるデータほど書き込まれたのが古いデータです。 B0 が B1 で上書きされると、B0 の論理的に削除されたスナップショットが生成されます。B1 が B2 で上書きされると、B1 の論理的に削除されたスナップショットが生成されます。 "Soft deleted data is grey, while active data is blue. More recently written data appears beneath older data. When B0 is overwritten with B1, a soft deleted snapshot of B0 is generated. When B1 is overwritten with B2, a soft deleted snapshot of B1 is generated.

注意

論理的な削除によってコピー操作の上書き保護が行われるのは、コピー先 BLOB のアカウントで機能が有効になっている場合だけです。Soft delete only affords overwrite protection for copy operations when it is turned on for the destination blob's account.

注意

アーカイブ層の BLOB に対しては、論理的な削除の上書き保護は提供されません。Soft delete does not afford overwrite protection for blobs in the archive tier. アーカイブ内の BLOB が任意の層の新しい BLOB で上書きされる場合、上書きされた BLOB は完全に有効期限が切れます。If a blob in archive is overwritten with a new blob in any tier, the overwritten blob is permanently expired.

スナップショットで Delete Blob が呼び出されると、そのスナップショットは論理的に削除されたものとしてマークされます。When Delete Blob is called on a snapshot, that snapshot is marked as soft deleted. 新しいスナップショットは生成されません。A new snapshot is not generated.

Delete Blob の使用時、BLOB のスナップショットが論理削除されるしくみを示す図。

" 論理的に削除されたデータはグレーで、アクティブなデータは青で示されています。上にあるデータほど書き込まれたのが古いデータです。 Snapshot Blob が呼び出されると、B0 はスナップショットになり、B1 はアクティブな状態の BLOB です。B0 スナップショットが削除されると、論理的に削除済みとしてマークされます。 "Soft deleted data is grey, while active data is blue. More recently written data appears beneath older data. When Snapshot Blob is called, B0 becomes a snapshot and B1 is the active state of the blob. When the B0 snapshot is deleted, it is marked as soft deleted.

ベース BLOB (それ自体がスナップショットではないすべての BLOB) で Delete Blob を呼び出すと、その BLOB は論理的に削除済みとしてマークされます。When Delete Blob is called on a base blob (any blob that is not itself a snapshot), that blob is marked as soft deleted. 以前の動作との整合性のため、アクティブなスナップショットがある BLOB で Delete Blob を呼び出すと、エラーが返されます。Consistent with previous behavior, calling Delete Blob on a blob that has active snapshots returns an error. 論理的に削除されたスナップショットのある BLOB で Delete Blob を呼び出すと、エラーは返されません。Calling Delete Blob on a blob with soft deleted snapshots does not return an error. 論理的な削除が有効になっているときでも、BLOB とそのすべてのスナップショットを 1 回の操作で削除することができます。You can still delete a blob and all its snapshots in single operation when soft delete is turned on. これを行うと、ベース BLOB とスナップショットが論理的に削除済みとしてマークされます。Doing so marks the base blob and snapshots as soft deleted.

Delete Blob がベース BLOB で呼び出されるときの動作を示す図。

" 論理的に削除されたデータはグレーで、アクティブなデータは青で示されています。上にあるデータほど書き込まれたのが古いデータです。 ここで、 Delete Blob を呼び出して、B2 とそれに関連付けられているすべてのスナップショットを削除します。アクティブな BLOB である B2 および関連付けられているすべてのスナップショットが、論理的に削除済みとしてマークされます。 "Soft deleted data is grey, while active data is blue. More recently written data appears beneath older data. Here, a Delete Blob call is made to delete B2 and all associated snapshots. The active blob, B2, and all associated snapshots are marked as soft deleted.

注意

論理的に削除された BLOB が上書きされると、書き込み操作前の BLOB の状態の論理的に削除されたスナップショットが、自動的に生成されます。When a soft deleted blob is overwritten, a soft deleted snapshot of the blob's state prior to the write operation is automatically generated. 新しい BLOB は、上書きされた BLOB の階層を継承します。The new blob inherits the tier of the overwritten blob.

コンテナーまたはアカウントの削除の場合、または BLOB メタデータおよび BLOB プロパティが上書きされる場合、論理的な削除ではデータは保存されません。Soft delete does not save your data in cases of container or account deletion, nor when blob metadata and blob properties are overwritten. 削除からストレージ アカウントを保護するには、Azure Resource Manager を使ってロックを設定できます。To protect a storage account from deletion, you can configure a lock using the Azure Resource Manager. 詳しくは、Azure Resource Manager の記事「リソースのロックによる予期せぬ変更の防止」をご覧ください。For more information, see the Azure Resource Manager article Lock resources to prevent unexpected changes. コンテナーが誤って削除されないようにするには、ストレージ アカウントに対してコンテナーの論理的な削除を構成します。To protect containers from accidental deletion, configure container soft delete for the storage account. 詳細については、「コンテナーの論理的な削除 (プレビュー)」を参照してください。For more information, see Soft delete for containers (preview).

次の表では、論理的な削除を有効にしたときに想定される動作の詳細を示します。The following table details expected behavior when soft delete is turned on:

REST API の操作REST API operation リソースの種類Resource type 説明Description 動作の変更点Change in behavior
削除Delete AccountAccount ストレージ アカウントおよびそれに含まれるすべてのコンテナーと BLOB を削除します。Deletes the storage account, including all containers and blobs that it contains. 変更はありません。No change. 削除されたアカウントのコンテナーと BLOB は復旧できません。Containers and blobs in the deleted account are not recoverable.
Delete ContainerDelete Container コンテナーContainer コンテナーおよびそれに含まれるすべての BLOB を削除します。Deletes the container, including all blobs that it contains. 変更はありません。No change. 削除されたコンテナーの BLOB は復旧できません。Blobs in the deleted container are not recoverable.
Put BlobPut Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOBBlock, append, and page blobs コンテナー内で新しい BLOB を作成するか、既存の BLOB を置き換えますCreates a new blob or replaces an existing blob within a container 既存の BLOB の置き換えに使った場合、呼び出し前の BLOB の状態のスナップショットが自動的に生成されます。If used to replace an existing blob, a snapshot of the blob's state prior to the call is automatically generated. これは、以前に論理的に削除された BLOB にも適用されますが、それが同じ種類 (ブロック、追加、ページ) の BLOB によって置き換えられる場合に限ります。This also applies to a previously soft deleted blob if and only if it is replaced by a blob of the same type (Block, append, or Page). 異なる種類の BLOB で置き換えられる場合は、既存の論理的に削除されたすべてのデータが完全に期限切れになります。If it is replaced by a blob of a different type, all existing soft deleted data will be permanently expired.
Delete BlobDelete Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOBBlock, append, and page blobs BLOB または BLOB のスナップショットを削除としてマークします。Marks a blob or blob snapshot for deletion. BLOB またはスナップショットは、後でガベージ コレクションの間に削除されます。The blob or snapshot is later deleted during garbage collection BLOB のスナップショットの削除に使った場合、そのスナップショットは論理的に削除済みとしてマークされます。If used to delete a blob snapshot, that snapshot is marked as soft deleted. BLOB の削除に使った場合、その BLOB は論理的に削除済みとしてマークされます。If used to delete a blob, that blob is marked as soft deleted.
Copy BlobCopy Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOBBlock, append, and page blobs コピー元の BLOB を、同じストレージ アカウントまたは別のストレージ アカウントのコピー先 BLOB にコピーします。Copies a source blob to a destination blob in the same storage account or in another storage account. 既存の BLOB の置き換えに使った場合、呼び出し前の BLOB の状態のスナップショットが自動的に生成されます。If used to replace an existing blob, a snapshot of the blob's state prior to the call is automatically generated. これは、以前に論理的に削除された BLOB にも適用されますが、それが同じ種類 (ブロック、追加、ページ) の BLOB によって置き換えられる場合に限ります。This also applies to a previously soft deleted blob if and only if it is replaced by a blob of the same type (Block, append, or Page). 異なる種類の BLOB で置き換えられる場合は、既存の論理的に削除されたすべてのデータが完全に期限切れになります。If it is replaced by a blob of a different type, all existing soft deleted data will be permanently expired.
Put BlockPut Block ブロック blobBlock blobs ブロック BLOB の一部としてコミットされる新しいブロックを作成します。Creates a new block to be committed as part of a block blob. アクティブな BLOB にブロックをコミットするために使う場合、変更はありません。If used to commit a block to a blob that is active, there is no change. 論理的に削除された BLOB にブロックをコミットするために使う場合、新しい BLOB が作成され、論理的に削除された BLOB の状態をキャプチャするためにスナップショットが自動的に生成されます。If used to commit a block to a blob that is soft deleted, a new blob is created and a snapshot is automatically generated to capture the state of the soft deleted blob.
Put Block ListPut Block List ブロック blobBlock blobs ブロック BLOB を構成するブロック ID のセットを指定することにより、BLOB をコミットします。Commits a blob by specifying the set of block IDs that comprise the block blob. 既存の BLOB の置き換えに使った場合、呼び出し前の BLOB の状態のスナップショットが自動的に生成されます。If used to replace an existing blob, a snapshot of the blob's state prior to the call is automatically generated. これは、以前に論理的に削除された BLOB にも適用されますが、それがブロック BLOB である場合に限ります。This also applies to a previously soft deleted blob if and only if it is a block blob. 異なる種類の BLOB で置き換えられる場合は、既存の論理的に削除されたすべてのデータが完全に期限切れになります。If it is replaced by a blob of a different type, all existing soft deleted data will be permanently expired.
Put PagePut Page ページ blobPage blobs ページの範囲をページ BLOB に書き込みます。Writes a range of pages to a page blob. 変更はありません。No change. この操作を使って上書きまたは消去されるページ BLOB のデータは保存されず、復旧できません。Page blob data that is overwritten or cleared using this operation is not saved and is not recoverable.
Append BlockAppend Block 追加 BLOBAppend Blobs 追加 BLOB の末尾にデータのブロックを書き込みますWrites a block of data to the end of an append blob 変更はありません。No change.
Set Blob PropertiesSet Blob Properties ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOBBlock, append, and page blobs BLOB に対して定義されているシステム プロパティの値を設定します。Sets values for system properties defined for a blob. 変更はありません。No change. 上書きされた BLOB のプロパティは復旧できません。Overwritten blob properties are not recoverable.
Set Blob MetadataSet Blob Metadata ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOBBlock, append, and page blobs 1 つまたは複数の名前と値のペアとして指定された BLOB のユーザー定義メタデータを設定します。Sets user-defined metadata for the specified blob as one or more name-value pairs. 変更はありません。No change. 上書きされた BLOB のメタデータは復旧できません。Overwritten blob metadata is not recoverable.

Put Page を呼び出してページ BLOB の範囲を上書きまたは消去しても、スナップショットは自動的に生成されない点に注意することが重要です。It is important to notice that calling Put Page to overwrite or clear ranges of a page blob will not automatically generate snapshots. 仮想マシンのディスクは、ページ BLOB を利用していて、Put Page を使ってデータを書き込みます。Virtual machine disks are backed by page blobs and use Put Page to write data.

RecoveryRecovery

論理的に削除されたベース BLOB に対して Undelete Blob 操作を呼び出すと、それとそれに関連付けられているすべての論理的に削除されたスナップショットが、アクティブとして復元されます。Calling the Undelete Blob operation on a soft deleted base blob restores it and all associated soft deleted snapshots as active. アクティブなベース BLOB に対して Undelete Blob 操作を呼び出すと、それに関連付けられているすべての論理的に削除されたスナップショットが、アクティブとして復元されます。Calling the Undelete Blob operation on an active base blob restores all associated soft deleted snapshots as active. アクティブとして復元されるスナップショットは、ユーザー生成のスナップショットと同じように処理されます。ベース BLOB を上書きすることはありません。When snapshots are restored as active, they look like user-generated snapshots; they do not overwrite the base blob.

特定の論理的に削除されたスナップショットに BLOB を復元するには、ベース BLOB に対して Undelete Blob を呼び出します。To restore a blob to a specific soft deleted snapshot, you can call Undelete Blob on the base blob. その後、アクティブになった BLOB にスナップショットをコピーできます。Then, you can copy the snapshot over the now-active blob. 新しい BLOB にスナップショットをコピーすることもできます。You can also copy the snapshot to a new blob.

Undelete Blob の使用時の動作を示す図。

" 論理的に削除されたデータはグレーで、アクティブなデータは青で示されています。上にあるデータほど書き込まれたのが古いデータです。 この例では、BLOB B に対して Undelete Blob が呼び出されており、それにより、ベース BLOB B1 と、それに関連付けられているすべてのスナップショット (ここでは B0 のみ) がアクティブとして復元されます。2 番目のステップでは、B0 がベース BLOB にコピーされます。このコピー操作では、B1 の論理的に削除されたスナップショットが生成されます。 "Soft deleted data is grey, while active data is blue. More recently written data appears beneath older data. Here, Undelete Blob is called on blob B, thereby restoring the base blob, B1, and all associated snapshots, here just B0, as active. In the second step, B0 is copied over the base blob. This copy operation generates a soft deleted snapshot of B1.

論理的に削除された BLOB および BLOB のスナップショットを表示するには、削除されたデータを List Blobs に含めます。To view soft deleted blobs and blob snapshots, you can choose to include deleted data in List Blobs. 論理的に削除されたベース BLOB だけを表示することも、論理的に削除された BLOB のスナップショットを含めることもできます。You can choose to view only soft deleted base blobs, or to include soft deleted blob snapshots as well. すべての論理的に削除されたデータについて、データが削除された日時と、データが完全に期限切れになるまでの日数を表示できます。For all soft deleted data, you can view the time when the data was deleted as well as the number of days before the data will be permanently expired.

Example

次に示すのは、論理的な削除が有効になっているときに、HelloWorld という名前の BLOB のアップロード、上書き、スナップショット作成、削除、復元を行う .NET スクリプトのコンソール出力です。The following is the console output of a .NET script that uploads, overwrites, snapshots, deletes, and restores a blob named HelloWorld when soft delete is turned on:

Upload:
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: False)

Overwrite:
- HelloWorld (is soft deleted: True, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: False)

Snapshot:
- HelloWorld (is soft deleted: True, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: False)

Delete (including snapshots):
- HelloWorld (is soft deleted: True, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: True, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: True, is snapshot: False)

Undelete:
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: False)

Copy a snapshot over the base blob:
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: True, is snapshot: True)
- HelloWorld (is soft deleted: False, is snapshot: False)

この出力を生成したアプリケーションについては、「次のステップ」セクションをご覧ください。See the Next steps section for a pointer to the application that produced this output.

価格と課金Pricing and billing

論理的に削除されたデータはすべて、アクティブなデータと同じレートで課金されます。All soft deleted data is billed at the same rate as active data. 構成されているリテンション期間の後で完全に削除されたデータについては請求されません。You will not be charged for data that is permanently deleted after the configured retention period. スナップショットとその課金方法について詳しくは、「スナップショットの課金方法について」をご覧ください。For a deeper dive into snapshots and how they accrue charges, see Understanding how snapshots accrue charges.

スナップショットの自動生成に関するトランザクションには課金されません。You will not be billed for the transactions related to the automatic generation of snapshots. Undelete Blob のトランザクションは、書き込み操作のレートで課金されます。You will be billed for Undelete Blob transactions at the rate for write operations.

一般的な Azure Blob Storage の価格について詳しくは、Azure Blob Storage の料金に関するページをご覧ください。For more details on prices for Azure Blob Storage in general, check out the Azure Blob Storage Pricing Page.

Microsoft では、論理的な削除を初めて有効にするときは、保持期間を短くしてこの機能が請求に及ぼす影響をよく理解することをお勧めしています。When you initially turn on soft delete, Microsoft recommends using a short retention period to better understand how the feature will affect your bill.

頻繁に上書きされるデータに対して論理的な削除を有効にすると、ストレージ容量の料金が増えたり、BLOB を一覧表示するときの待ち時間が長くなったりすることがあります。Enabling soft delete for frequently overwritten data may result in increased storage capacity charges and increased latency when listing blobs. 論理的な削除が無効な別のストレージ アカウントに頻繁に上書きされるデータを格納することで、この追加のコストと待機時間を軽減できます。You can mitigate this additional cost and latency by storing the frequently overwritten data in a separate storage account where soft delete is disabled.

よく寄せられる質問FAQ

論理的に削除されたスナップショットを使って BLOB を階層化するために、BLOB 層の設定 API を使用できますか?Can I use the Set Blob Tier API to tier blobs with soft deleted snapshots?

はい。Yes. 論理的に削除されたスナップショットは、元の階層に残りますが、基本の BLOB は新しい層に移動されます。The soft deleted snapshots will remain in the original tier, but the base blob will move to the new tier.

Premium ストレージ アカウントには BLOB ごとのスナップショットに 100 個の制限があります。Premium storage accounts have a per blob snapshot limit of 100. 論理的に削除されたスナップショットは、この制限にカウントされますか?Do soft deleted snapshots count toward this limit?

いいえ。論理的に削除されたスナップショットは、この制限にはカウントされません。No, soft deleted snapshots do not count toward this limit.

論理的な削除を有効にしてある状態で、アカウント全体またはコンテナー全体を削除した場合、関連付けられているすべての BLOB が保存されますか?If I delete an entire account or container with soft delete turned on, will all associated blobs be saved?

いいえ。アカウント全体またはコンテナー全体を削除した場合は、関連付けられているすべての BLOB が完全に削除されます。No, if you delete an entire account or container, all associated blobs will be permanently deleted. 誤って削除されないようにストレージ アカウントを保護する方法の詳細については、「リソースのロックによる予期せぬ変更の防止」を参照してください。For more information about protecting a storage account from being accidentally deleted, see Lock Resources to Prevent Unexpected Changes.

削除されたデータの容量メトリックを見ることはできますか?Can I view capacity metrics for deleted data?

論理的に削除されたデータは、ストレージ アカウントの合計容量の一部として含まれます。Soft deleted data is included as a part of your total storage account capacity. ストレージ容量の追跡と監視の詳細については、「Storage Analytics」を参照してください。For more information on tracking and monitoring storage capacity, see Storage Analytics.

BLOB の論理的に削除されたスナップショットを読み取ってコピーできますか?Can I read and copy out soft deleted snapshots of my blob?

はい。ただし、最初に BLOB で Undelete を呼び出す必要があります。Yes, but you must call Undelete on the blob first.

論理的な削除は、仮想マシンのディスクに対して使用できますか?Is soft delete available for virtual machine disks?

論理的な削除は、内部のページ BLOB である Premium と Standard のアンマネージド ディスクの両方で使用できます。Soft delete is available for both premium and standard unmanaged disks, which are page blobs under the covers. 論理的な削除は、Delete BlobPut BlobPut Block ListCopy Blob 操作によって削除されたデータの復旧にのみ役立ちます。Soft delete will only help you recover data deleted by Delete Blob, Put Blob, Put Block List, and Copy Blob operations. Put Page を呼び出すことで上書きされたデータは復旧できません。Data overwritten by a call to Put Page is not recoverable.

Azure 仮想マシンからアンマネージド ディスクへの書き込みには、Put Page の呼び出しが使用されます。そのため、Azure VM からアンマネージド ディスクへの書き込みを、論理的な削除を使用して元に戻すことはできません。An Azure virtual machine writes to an unmanaged disk using calls to Put Page, so using soft delete to undo writes to an unmanaged disk from an Azure VM is not a supported scenario.

論理的な削除を使うには、既存のアプリケーションを変更する必要がありますか?Do I need to change my existing applications to use soft delete?

論理的な削除は、お使いの API のバージョンに関係なく利用できます。It is possible to take advantage of soft delete regardless of the API version you are using. ただし、論理的に削除された BLOB と BLOB のスナップショットを一覧表示および復旧するには、Azure Storage REST API の 2017-07-29 以降のバージョンを使う必要があります。However, to list and recover soft deleted blobs and blob snapshots, you will need to use version 2017-07-29 of the Azure Storage REST API or greater. Microsoft では、常に最新バージョンの Azure Storage API を使用することをお勧めします。Microsoft recommends always using the latest version of the Azure Storage API.

次のステップNext steps