Azure Storage アカウントのカスタム ドメイン名の構成Configure a custom domain name for your Azure storage account

Azure ストレージ アカウントの BLOB データにアクセスするためのカスタム ドメインを構成できます。You can configure a custom domain for accessing blob data in your Azure storage account. Azure Blob Storage の既定のエンドポイントは <storage-account-name>.blob.core.windows.net です。The default endpoint for Azure Blob storage is <storage-account-name>.blob.core.windows.net. また、静的な Web サイト機能の一部として生成された Web エンドポイントを使用することもできます。You can also use the web endpoint that's generated as a part of the static websites feature. www.contoso.com などのカスタム ドメインおよびサブドメインをストレージ アカウントの BLOB エンドポイントまたは Web エンドポイントにマッピングしている場合、ユーザーはそのドメインを使って、ストレージ アカウントの BLOB データにアクセスできます。If you map a custom domain and subdomain, such as www.contoso.com, to the blob or web endpoint for your storage account, your users can use that domain to access blob data in your storage account.

重要

Azure Storage では、カスタム ドメインでの HTTPS はまだネイティブでサポートされていません。Azure Storage does not yet natively support HTTPS with custom domains. 現在、HTTPS 経由でカスタム ドメインを使用して Azure CDN から BLOB にアクセスすることができます。You can currently Use Azure CDN to access blobs by using custom domains over HTTPS.

注意

現在、ストレージ アカウントでは、アカウントあたり 1 つのカスタム ドメインしかサポートされていません。Storage accounts currently support only one custom domain name per account. Web サービス エンドポイントと Blob service エンドポイントの両方にカスタム ドメイン名をマッピングすることはできません。You can't map a custom domain name to both the web and blob service endpoints.

注意

このマッピングは、サブドメイン (たとえば、www.contoso.com) でのみ機能します。The mapping does only work for subdomains (e.g. www.contoso.com). Web エンドポイントをルート ドメイン (たとえば、contoso.com) で使用可能にしたい場合は、カスタム ドメインを Azure CDN エンドポイントに追加する必要があります。If you want to have your web endpoint available on the root domain (e.g. contoso.com), then you have to Add a custom domain to your Azure CDN endpoint.

次の表は、mystorageaccount というストレージ アカウントにある BLOB データのサンプル URL を示します。The following table shows a few sample URLs for blob data that's located in a storage account named mystorageaccount. ストレージ アカウントに登録されているカスタム ドメインは www.contoso.com です。The custom subdomain that's registered for the storage account is www.contoso.com:

リソースの種類Resource type 既定の URLDefault URL カスタム ドメイン URLCustom domain URL
ストレージ アカウントStorage account http://mystorageaccount.blob.core.windows.nethttp://mystorageaccount.blob.core.windows.net http://www.contoso.comhttp://www.contoso.com
BlobBlob http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblobhttp://mystorageaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob http://www.contoso.com/mycontainer/myblobhttp://www.contoso.com/mycontainer/myblob
ルート コンテナーRoot container http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/myblob または http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/$root/myblobhttp://mystorageaccount.blob.core.windows.net/myblob or http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/$root/myblob http://www.contoso.com/myblob または http://www.contoso.com/$root/myblobhttp://www.contoso.com/myblob or http://www.contoso.com/$root/myblob
WebWeb http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/$web/[indexdoc] または http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/[indexdoc] または http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/$web または http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/$web/[indexdoc] or http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/[indexdoc] or http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/$web or http://mystorageaccount.[zone].web.core.windows.net/ http://www.contoso.com/$web または http://www.contoso.com/ または http://www.contoso.com/$web/[indexdoc] または http://www.contoso.com/[indexdoc]http://www.contoso.com/$web or http://www.contoso.com/ or http://www.contoso.com/$web/[indexdoc] or http://www.contoso.com/[indexdoc]

注意

以下のセクションに示すように、Blob service エンドポイントの例はすべて、Web サービス エンドポイントにも適用されます。As shown in the following sections, all examples for the blob service endpoint also apply to the web service endpoint.

直接 CNAME マッピングと中間 CNAME マッピングDirect vs. intermediary CNAME mapping

次の 2 つの方法のいずれかを使用して、サブドメインのプレフィックスが付いたカスタム ドメイン (例、www.contoso.com) にストレージ アカウントの BLOB エンドポイントを参照させることができます。You can point your custom domain prefixed with a subdomain (e.g. www.contoso.com) to the blob endpoint for your storage account in either of two ways:

  • 直接 CNAME マッピングを使用します。Use direct CNAME mapping.
  • asverify 中間サブドメインを使用します。Use the asverify intermediary subdomain.

直接 CNAME マッピングDirect CNAME mapping

最も簡単な一番の方法は、カスタム ドメインおよびサブドメインを BLOB エンドポイントに直接マッピングする正規名 (CNAME) レコードを作成する方法です。The first, and simplest, method is to create a canonical name (CNAME) record that maps your custom domain and subdomain directly to the blob endpoint. CNAME レコードは、ソース ドメインを宛先ドメインにマッピングするドメイン ネーム システム (DNS) 機能です。A CNAME record is a domain name system (DNS) feature that maps a source domain to a destination domain. この例で、ソース ドメインは、独自のカスタム ドメインおよびサブドメイン (www.contoso.com など) です。In our example, the source domain is your own custom domain and subdomain (www.contoso.com, for example). 宛先ドメインは、Blob service エンドポイント (mystorageaccount.blob.core.windows.net など) です。The destination domain is your blob service endpoint (mystorageaccount.blob.core.windows.net, for example).

直接の方法については、「カスタム ドメインの登録」セクションを参照してください。The direct method is covered in the "Register a custom domain" section.

asverify を使用した中間マッピングIntermediary mapping with asverify

2 番目の方法も、CNAME レコードを使用します。The second method also uses CNAME records. ただし、ダウンタイムを避けるために、まず Azure によって認識される特殊なサブドメイン asverify を採用します。To avoid downtime, however, it first employs a special subdomain asverify that's recognized by Azure.

カスタム ドメインを BLOB エンドポイントにマッピングすると、Azure portal でのドメインの登録中に短時間のダウンタイムが発生する可能性があります。Mapping your custom domain to a blob endpoint can cause a brief period of downtime while you are registering the domain in the Azure portal. ドメインが現在、ダウンタイムが発生しないことを必要とするサービス レベル アグリーメント (SLA) があるアプリケーションをサポートしている場合は、Azure asverify サブドメインを中間登録ステップとして使用できます。If the domain currently supports an application with a service-level agreement (SLA) that requires zero downtime, use the Azure asverify subdomain as an intermediate registration step. このステップにより、ユーザーは、DNS マッピングの実行中、ドメインにアクセスすることができます。This step ensures that users can access your domain while the DNS mapping takes place.

中間の方法については、「asverify サブドメインを使用したカスタム ドメインの登録」を参照してください。The intermediary method is covered in Register a custom domain by using the asverify subdomain.

カスタム ドメインの登録Register a custom domain

次のステートメントが当てはまる場合、このセクションの手順を使用して、ドメインを登録します。Register the domain by using the procedure in this section if the following statements apply:

  • ユーザーがドメインに短時間使用できなくても構わない。You are unconcerned that the domain is briefly unavailable to your users.
  • カスタム ドメインでは、現在アプリケーションをホストしていない。Your custom domain is not currently hosting an application.

Azure DNS を使用して、Azure BLOB のカスタム DNS 名を構成できます。You can use Azure DNS to configure a custom DNS name for your Azure Blob store. 詳細については、「Azure DNS を使用して Azure サービス用のカスタム ドメイン設定を提供する」をご覧ください。For more information, see Use Azure DNS to provide custom domain settings for an Azure service.

カスタム ドメインが現在、いかなるダウンタイムの発生も許容されないアプリケーションをサポートしている場合は、「asverify サブドメインを使用したカスタム ドメインの登録」にある手順を使用してください。If your custom domain currently supports an application that cannot have any downtime, use the procedure in Register a custom domain by using the asverify subdomain.

カスタム ドメイン名を構成するには、DNS で新しい CNAME レコードを作成します。To configure a custom domain name, create a new CNAME record in DNS. CNAME レコードによって、ドメイン名のエイリアスが指定されます。The CNAME record specifies an alias for a domain name. この例では、カスタム ドメインのアドレスが、ストレージ アカウントの Blob ストレージ エンドポイントにマッピングされます。In our example, it maps the address of your custom domain to your storage account's Blob storage endpoint.

通常、ドメインの DNS 設定は、ドメイン レジストラーの Web サイトで管理できます。You can usually manage your domain's DNS settings on your domain registrar's website. それぞれのレジストラーでは CNAME レコードを指定するための同様の (多少異なる) 手段が用意されていますが、その概念は同じです。Each registrar has a similar but slightly different method of specifying a CNAME record, but the concept is the same. 一部の基本ドメイン登録パッケージには DNS 構成が用意されていないため、CNAME レコードを作成するには、事前にドメイン登録パッケージのアップグレードが必要である可能性があります。Because some basic domain registration packages don't offer DNS configuration, you might need to upgrade your domain registration package before you can create the CNAME record.

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [Blob service] で、 [カスタム ドメイン] を選択します。In the menu pane, under Blob Service, select Custom domain.
    [カスタム ドメイン] ウィンドウが開きます。The Custom domain pane opens.

  3. ドメイン レジストラーの Web サイトにサインインし、DNS の管理ページに移動します。Sign in to your domain registrar's website, and then go to the page for managing DNS.
    このページは、Domain NameDNS、または Name Server Management というセクションにある可能性があります。You might find the page in a section named Domain Name, DNS, or Name Server Management.

  4. CNAME 管理セクションを見つけます。Find the section for managing CNAMEs.
    詳細設定ページに進み、CNAMEAlias、または Subdomains などを見つける必要があります。You might have to go to an advanced settings page and look for CNAME, Alias, or Subdomains.

  5. 新しい CNAME レコードを作成し、wwwphotos などのサブドメイン別名を入力して (サブドメインは必須で、ルート ドメインはサポートされていません)、ホスト名を指定します。Create a new CNAME record, enter a subdomain alias such as www or photos (subdomain is required, root domains are not supported), and then provide a host name.
    ホスト名は BLOB サービス エンドポイントです。The host name is your blob service endpoint. その形式は <mystorageaccount>.blob.core.windows.net で、ここで mystorageaccount はストレージ アカウントの名前です。Its format is <mystorageaccount>.blob.core.windows.net, where mystorageaccount is the name of your storage account. 使用するホスト名が、Azure portal[カスタム ドメイン] ウィンドウの項目 1 に表示されます。The host name to use appears in item #1 of the Custom domain pane in the Azure portal.

  6. [カスタム ドメイン] ウィンドウのテキスト ボックスに、サブドメインを含むカスタム ドメインの名前を入力します。In the Custom domain pane, in the text box, enter the name of your custom domain, including the subdomain.
    たとえば、ドメインが contoso.com でサブドメイン 別名が www の場合、「www.contoso.com」と入力します。For example, if your domain is contoso.com and your subdomain alias is www, enter www.contoso.com. サブドメインが photos の場合、「photos.contoso.com」と入力します。If your subdomain is photos, enter photos.contoso.com.

  7. カスタム ドメインを登録するには、 [保存] を選択します。To register your custom domain, select Save.
    正常に登録された場合は、portal からストレージ アカウントが正常に更新されたことが通知されます。If the registration is successful, the portal notifies you that your storage account was successfully updated.

DNS を介して新しい CNAME レコードが反映されると、ユーザーは、適切なアクセス許可があれば、カスタム ドメインを使用して BLOB データを表示できます。After your new CNAME record has propagated through DNS, if your users have the appropriate permissions, they can view blob data by using your custom domain.

asverify サブドメインを使用したカスタム ドメインの登録Register a custom domain by using the asverify subdomain

カスタム ドメインが現在、ダウンタイムが発生しないことが SLA で要求されているアプリケーションをサポートしている場合は、このセクションの手順を使用して、カスタム ドメインを登録します。If your custom domain currently supports an application with an SLA that requires that there be no downtime, register your custom domain by using the procedure in this section. asverify.<subdomain>.<customdomain> から asverify.<storageaccount>.blob.core.windows.net を指す CNAME を作成すると、ドメインを Azure に事前登録できます。By creating a CNAME that points from asverify.<subdomain>.<customdomain> to asverify.<storageaccount>.blob.core.windows.net, you can pre-register your domain with Azure. 次に、 <subdomain>.<customdomain> から <storageaccount>.blob.core.windows.net を指す、もう 1 つの CNAME を作成します。これにより、カスタム ドメインへのトラフィックが BLOB エンドポイントに転送されます。You can then create a second CNAME that points from <subdomain>.<customdomain> to <storageaccount>.blob.core.windows.net, and then traffic to your custom domain is directed to your blob endpoint.

asverify サブドメインは、Azure で認識される特殊なサブドメインです。The asverify subdomain is a special subdomain recognized by Azure. 自分のサブドメインの前に asverify を付けると、ドメインの DNS レコードを変更する必要なく、カスタム ドメインを Azure に認識させることができます。By prepending asverify to your own subdomain, you permit Azure to recognize your custom domain without having to modify the DNS record for the domain. ドメインの DNS レコードを変更すると、ダウンタイムが発生することなく、ドメインが BLOB エンドポイントにマッピングされます。When you do modify the DNS record for the domain, it will be mapped to the blob endpoint with no downtime.

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [Blob service] で、 [カスタム ドメイン] を選択します。In the menu pane, under Blob Service, select Custom domain.
    [カスタム ドメイン] ウィンドウが開きます。The Custom domain pane opens.

  3. DNS プロバイダーの Web サイトにサインインし、DNS の管理ページに移動します。Sign in to your DNS provider's website, and then go to the page for managing DNS.
    このページは、Domain NameDNS、または Name Server Management というセクションにある可能性があります。You might find the page in a section named Domain Name, DNS, or Name Server Management.

  4. CNAME 管理セクションを見つけます。Find the section for managing CNAMEs.
    詳細設定ページに進み、CNAMEAlias、または Subdomains などを見つける必要があります。You might have to go to an advanced settings page and look for CNAME, Alias, or Subdomains.

  5. 新しい CNAME レコードを作成して、asverify.wwwasverify.photos などの asverify サブドメインを含むサブドメインの別名を指定し、さらにホスト名を指定します。Create a new CNAME record, provide a subdomain alias that includes the asverify subdomain, such as asverify.www or asverify.photos, and then provide a host name.
    ホスト名は BLOB サービス エンドポイントです。The host name is your blob service endpoint. その形式は asverify.<mystorageaccount>.blob.core.windows.net で、ここで mystorageaccount はストレージ アカウントの名前です。Its format is asverify.<mystorageaccount>.blob.core.windows.net, where mystorageaccount is the name of your storage account. 使用するホスト名が、Azure portal[カスタム ドメイン] ウィンドウの項目 2 に表示されます。The host name to use appears in item #2 of the Custom domain pane in the Azure portal.

  6. [カスタム ドメイン] ウィンドウのテキスト ボックスに、サブドメインを含むカスタム ドメインの名前を入力します。In the Custom domain pane, in the text box, enter the name of your custom domain, including the subdomain.
    asverify は含めないでください。Do not include asverify. たとえば、ドメインが contoso.com でサブドメイン 別名が www の場合、「www.contoso.com」と入力します。For example, if your domain is contoso.com and your subdomain alias is www, enter www.contoso.com. サブドメインが photos の場合、「photos.contoso.com」と入力します。If your subdomain is photos, enter photos.contoso.com.

  7. [Use indirect CNAME validation](間接 CNAME 検証を使用する) チェックボックスをオンにします。Select the Use indirect CNAME validation check box.

  8. カスタム ドメインを登録するには、 [保存] を選択します。To register your custom domain, select Save.
    正常に登録された場合は、portal からストレージ アカウントが正常に更新されたことが通知されます。If the registration is successful, the portal notifies you that your storage account was successfully updated. カスタム ドメインは Azure によって検証されていますが、ドメインへのトラフィックは、まだストレージ アカウントにルーティングされません。Your custom domain has been verified by Azure, but traffic to your domain is not yet being routed to your storage account.

  9. DNS プロバイダーの Web サイトに戻り、サブドメインを Blob service エンドポイントにマッピングする別の CNAME レコードを作成します。Return to your DNS provider's website, and then create another CNAME record that maps your subdomain to your blob service endpoint.
    たとえば、サブドメインを www または photos と指定し (asverify を含めません)、ホスト名を <mystorageaccount.blob.core.windows.net と指定します。ここで mystorageaccount はストレージ アカウントの名前です。For example, specify the subdomain as www or photos (without the asverify) and specify the host name as <mystorageaccount>.blob.core.windows.net, where mystorageaccount is the name of your storage account. この手順で、カスタム ドメインの登録が完了します。With this step, the registration of your custom domain is complete.

  10. 最後に、asverify サブドメインを含む新しく作成した CNAME レコードを削除できます。これは、中間の手順としてのみ必要でした。Finally, you can delete the newly created CNAME record that contains the asverify subdomain, which was required only as an intermediary step.

DNS を介して新しい CNAME レコードが反映されると、ユーザーは、適切なアクセス許可があれば、カスタム ドメインを使用して BLOB データを表示できます。After your new CNAME record has propagated through DNS, if your users have the appropriate permissions, they can view blob data by using your custom domain.

カスタム ドメインのテストTest your custom domain

カスタム ドメインが Blob service エンドポイントにマッピングされていることを確認するために、ストレージ アカウント内のパブリック コンテナーに BLOB を作成します。To confirm that your custom domain is mapped to your blob service endpoint, create a blob in a public container within your storage account. 次に、Web ブラウザーで、次の形式の URI を使って BLOB にアクセスします。http://<subdomain.customdomain>/<mycontainer>/<myblob>Then, in a web browser, access the blob by using a URI in the following format: http://<subdomain.customdomain>/<mycontainer>/<myblob>

たとえば、photos.contoso.com カスタム サブドメインにある myforms コンテナー内の Web フォームにアクセスするには、次の URI を使用します。http://photos.contoso.com/myforms/applicationform.htmFor example, to access a web form in the myforms container in the photos.contoso.com custom subdomain, you might use the following URI: http://photos.contoso.com/myforms/applicationform.htm

カスタム ドメインの登録解除Deregister a custom domain

BLOB ストレージ エンドポイントのカスタム ドメインを登録解除するには、次のいずれかの手順に従います。To deregister a custom domain for your Blob storage endpoint, use one of the following procedures.

Azure ポータルAzure portal

カスタム ドメイン設定を削除するには、次の操作を行います。To remove the custom domain setting, do the following:

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [Blob service] で、 [カスタム ドメイン] を選択します。In the menu pane, under Blob Service, select Custom domain.
    [カスタム ドメイン] ウィンドウが開きます。The Custom domain pane opens.

  3. カスタム ドメイン名を含むテキスト ボックスの内容を消去します。Clear the contents of the text box that contains your custom domain name.

  4. [保存] を選択します。Select the Save button.

カスタム ドメインが正常に削除されたら、ストレージ アカウントが正常に更新されたことを伝えるポータルの通知が表示されます。After the custom domain has been removed successfully, you will see a portal notification that your storage account was successfully updated.

Azure CLIAzure CLI

カスタム ドメインの登録を削除するには、az storage account update CLI コマンドを使用して、--custom-domain 引数値に空の文字列 ("") を指定します。To remove a custom domain registration, use the az storage account update CLI command, and then specify an empty string ("") for the --custom-domain argument value.

  • コマンド形式:Command format:

    az storage account update \
        --name <storage-account-name> \
        --resource-group <resource-group-name> \
        --custom-domain ""
    
  • コマンド例:Command example:

    az storage account update \
        --name mystorageaccount \
        --resource-group myresourcegroup \
        --custom-domain ""
    

PowerShellPowerShell

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

カスタム ドメインの登録を削除するには、Set-AzStorageAccount PowerShell コマンドレットを使用して、-CustomDomainName 引数値に空の文字列 ("") を指定します。To remove a custom domain registration, use the Set-AzStorageAccount PowerShell cmdlet, and then specify an empty string ("") for the -CustomDomainName argument value.

  • コマンド形式:Command format:

    Set-AzStorageAccount `
        -ResourceGroupName "<resource-group-name>" `
        -AccountName "<storage-account-name>" `
        -CustomDomainName ""
    
  • コマンド例:Command example:

    Set-AzStorageAccount `
        -ResourceGroupName "myresourcegroup" `
        -AccountName "mystorageaccount" `
        -CustomDomainName ""
    

次の手順Next steps