カスタム ドメインを Azure Blob Storage エンドポイントにマップするMap a custom domain to an Azure Blob Storage endpoint

カスタム ドメインは、BLOB サービス エンドポイントまたは静的な Web サイトのエンドポイントにマップできます。You can map a custom domain to a blob service endpoint or a static website endpoint.

注意

この機能は、階層型名前空間 (Azure Data Lake Storage Gen2) を持つアカウントではまだサポートされていません。This feature is not yet supported in accounts that have a hierarchical namespace (Azure Data Lake Storage Gen2). 詳細については、「Azure Data Lake Storage Gen2 で使用できる BLOB ストレージ機能」を参照してください。To learn more, see Blob storage features available in Azure Data Lake Storage Gen2.

注意

このマッピングは、サブドメイン (例: www.contoso.com) に対してのみ機能します。This mapping works only for subdomains (for example: www.contoso.com). Web エンドポイントをルート ドメイン (例: contoso.com) で使用できるようにする場合、Azure CDN を使用する必要があります。If you want your web endpoint to be available on the root domain (for example: contoso.com), then you'll have to use Azure CDN. ガイダンスについては、この記事の「HTTPS が有効になっているカスタム ドメインをマップする」セクションを参照してください。For guidance, see the Map a custom domain with HTTPS enabled section of this article. この記事のそのセクションに移動してカスタム ドメインのルート ドメインを有効にするため、そのセクション内の HTTPS を有効にする手順は省略可能です。Because your going to that section of this article to enable the root domain of your custom domain, the step within that section for enabling HTTPS is optional.

HTTP のみが有効になっているカスタム ドメインをマップするMap a custom domain with only HTTP enabled

この方法は簡単ですが、HTTP アクセスのみが有効になります。This approach is easier, but enables only HTTP access. ストレージ アカウントが HTTPS 経由のセキュリティで保護された転送を必要とするように構成されている場合は、カスタム ドメインの HTTPS アクセスを有効にする必要があります。If the storage account is configured to require secure transfer over HTTPS, then you must enable HTTPS access for your custom domain.

HTTPS アクセスを有効にするには、この記事の「HTTPS が有効になっているカスタム ドメインをマップする」セクションを参照してください。To enable HTTPS access, see the Map a custom domain with HTTPS enabled section of this article.

カスタム ドメインをマップするMap a custom domain

重要

構成を完了している間、ユーザーはカスタム ドメインを一時的に使用できなくなります。Your custom domain will be briefly unavailable to users while you complete the configuration. ドメインが現在、ダウンタイムなしのサービス レベル アグリーメント (SLA) を締結しているアプリケーションをサポートしている場合は、この記事の「カスタム ドメインをダウンタイムなしでマップする」セクションの手順に従って、DNS マッピングの実行中にユーザーがドメインにアクセスできるようにします。If your domain currently supports an application with a service-level agreement (SLA) that requires zero downtime, then follow the steps in the Map a custom domain with zero downtime section of this article to ensure that users can access your domain while the DNS mapping takes place.

ユーザーがドメインを短時間利用できなくても構わない場合は、次の手順を実行します。If you are unconcerned that the domain is briefly unavailable to your users, follow these steps.

✔️手順 1:ストレージ エンドポイントのホスト名を取得する。Step 1: Get the host name of your storage endpoint.

✔️手順 2:ドメイン プロバイダーで正規名 (CNAME) レコードを作成する。Step 2: Create a canonical name (CNAME) record with your domain provider.

✔️手順 3:カスタム ドメインを Azure に登録する。Step 3: Register the custom domain with Azure.

✔️手順 4:カスタム ドメインをテストする。Step 4: Test your custom domain.

手順 1:ストレージ エンドポイントのホスト名を取得するStep 1: Get the host name of your storage endpoint

ホスト名は、プロトコル識別子と末尾のスラッシュを含まないストレージ エンドポイントの URL です。The host name is the storage endpoint URL without the protocol identifier and the trailing slash.

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [設定] で、 [プロパティ] を選択します。In the menu pane, under Settings, select Properties.

  3. プライマリ BLOB サービス エンドポイントまたはプライマリ静的 Web サイト エンドポイントの値をテキスト ファイルにコピーします。Copy the value of the Primary Blob Service Endpoint or the Primary static website endpoint to a text file.

  4. その文字列からプロトコル識別子 (例: HTTPS など) と末尾のスラッシュを削除します。Remove the protocol identifier (e.g., HTTPS) and the trailing slash from that string. 次の表に例を示します。The following table contains examples.

    エンドポイントの種類Type of endpoint endpointendpoint ホスト名host name
    BLOB サービスblob service https://mystorageaccount.blob.core.windows.net/ mystorageaccount.blob.core.windows.net
    静的な Web サイトstatic website https://mystorageaccount.z5.web.core.windows.net/ mystorageaccount.z5.web.core.windows.net

    この値は、後で使用するために取っておいてください。Set this value aside for later.

手順 2:ドメイン プロバイダーで正規名 (CNAME) レコードを作成するStep 2: Create a canonical name (CNAME) record with your domain provider

ホスト名を指す CNAME レコードを作成します。Create a CNAME record to point to your host name. CNAME レコードは、ソース ドメイン名を宛先ドメイン名にマップする DNS レコードの一種です。A CNAME record is a type of DNS record that maps a source domain name to a destination domain name.

  1. ドメイン レジストラーの Web サイトにサインインし、DNS 設定を管理するためのページに移動します。Sign in to your domain registrar's website, and then go to the page for managing DNS setting.

    このページは、Domain NameDNS、または Name Server Management というセクションにある可能性があります。You might find the page in a section named Domain Name, DNS, or Name Server Management.

  2. CNAME レコードの管理セクションを見つけます。Find the section for managing CNAME records.

    詳細設定ページに進み、CNAMEAlias、または Subdomains などを見つける必要があります。You might have to go to an advanced settings page and look for CNAME, Alias, or Subdomains.

  3. CNAME レコードを作成します。Create a CNAME record. そのレコードの一部として、次の項目を指定します。As part of that record, provide the following items:

手順 3:カスタム ドメインを Azure に登録するStep 3: Register your custom domain with Azure

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [Blob service] で、 [カスタム ドメイン] を選択します。In the menu pane, under Blob Service, select Custom domain.

    カスタム ドメイン オプションcustom domain option

    [カスタム ドメイン] ウィンドウが開きます。The Custom domain pane opens.

  3. [ドメイン名] テキスト ボックスに、サブドメインを含むカスタム ドメインの名前を入力します。In the Domain name text box, enter the name of your custom domain, including the subdomain

    たとえば、ドメインが contoso.com でサブドメイン エイリアスが www の場合、「www.contoso.com」と入力します。For example, if your domain is contoso.com and your subdomain alias is www, enter www.contoso.com. サブドメインが photos の場合、「photos.contoso.com」と入力します。If your subdomain is photos, enter photos.contoso.com.

  4. カスタム ドメインを登録するには、 [保存] ボタンを選択します。To register the custom domain, choose the Save button.

    CNAME レコードがドメイン ネーム サーバー (DNS) を介して反映された後、ユーザーが適切なアクセス許可を持っている場合は、カスタム ドメインを使用して BLOB データを表示できます。After the CNAME record has propagated through the Domain Name Servers (DNS), and if your users have the appropriate permissions, they can view blob data by using the custom domain.

手順 4:カスタム ドメインのテストStep 4: Test your custom domain

カスタム ドメインが Blob service エンドポイントにマッピングされていることを確認するために、ストレージ アカウント内のパブリック コンテナーに BLOB を作成します。To confirm that your custom domain is mapped to your blob service endpoint, create a blob in a public container within your storage account. 次に、Web ブラウザーで、次の形式の URI を使って BLOB にアクセスします。http://<subdomain.customdomain>/<mycontainer>/<myblob>Then, in a web browser, access the blob by using a URI in the following format: http://<subdomain.customdomain>/<mycontainer>/<myblob>

たとえば、photos.contoso.com カスタム サブドメインにある myforms コンテナー内の Web フォームにアクセスするには、次の URI を使用します。http://photos.contoso.com/myforms/applicationform.htmFor example, to access a web form in the myforms container in the photos.contoso.com custom subdomain, you might use the following URI: http://photos.contoso.com/myforms/applicationform.htm

ダウンタイムなしでカスタム ドメインをマップするMap a custom domain with zero downtime

注意

ユーザーがドメインを短時間使用できなくても構わない場合は、この記事の「カスタム ドメインをマップする」セクションの手順に従うことを検討してください。If you are unconcerned that the domain is briefly unavailable to your users, then consider following the steps in the Map a custom domain section of this article. これは、手順が少なくなっている、より簡単な方法です。It's a simpler approach with fewer steps.

ドメインが現在、ダウンタイムなしのサービス レベル アグリーメント (SLA) を締結しているアプリケーションをサポートしている場合は、次の手順に従って、DNS マッピングの実行中にユーザーがドメインにアクセスできるようにします。If your domain currently supports an application with a service-level agreement (SLA) that requires zero downtime, then follow these steps to ensure that users can access your domain while the DNS mapping takes place.

✔️手順 1:ストレージ エンドポイントのホスト名を取得する。Step 1: Get the host name of your storage endpoint.

✔️手順 2:ドメイン プロバイダーで中間正規名 (CNAME) レコードを作成する。Step 2: Create a intermediary canonical name (CNAME) record with your domain provider.

✔️手順 3:カスタム ドメインを Azure に事前登録する。Step 3: Pre-register the custom domain with Azure.

✔️手順 4:ドメイン プロバイダーで CNAME レコードを作成する。Step 4: Create a CNAME record with your domain provider.

✔️手順 5:カスタム ドメインをテストする。Step 5: Test your custom domain.

手順 1:ストレージ エンドポイントのホスト名を取得するStep 1: Get the host name of your storage endpoint

ホスト名は、プロトコル識別子と末尾のスラッシュを含まないストレージ エンドポイントの URL です。The host name is the storage endpoint URL without the protocol identifier and the trailing slash.

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [設定] で、 [プロパティ] を選択します。In the menu pane, under Settings, select Properties.

  3. プライマリ BLOB サービス エンドポイントまたはプライマリ静的 Web サイト エンドポイントの値をテキスト ファイルにコピーします。Copy the value of the Primary Blob Service Endpoint or the Primary static website endpoint to a text file.

  4. その文字列からプロトコル識別子 (例: HTTPS など) と末尾のスラッシュを削除します。Remove the protocol identifier (e.g., HTTPS) and the trailing slash from that string. 次の表に例を示します。The following table contains examples.

    エンドポイントの種類Type of endpoint endpointendpoint ホスト名host name
    BLOB サービスblob service https://mystorageaccount.blob.core.windows.net/ mystorageaccount.blob.core.windows.net
    静的な Web サイトstatic website https://mystorageaccount.z5.web.core.windows.net/ mystorageaccount.z5.web.core.windows.net

    この値は、後で使用するために取っておいてください。Set this value aside for later.

手順 2:ドメイン プロバイダーで中間正規名 (CNAME) レコードを作成するStep 2: Create a intermediary canonical name (CNAME) record with your domain provider

ホスト名を指す一時的な CNAME レコードを作成します。Create a temporary CNAME record to point to your host name. CNAME レコードは、ソース ドメイン名を宛先ドメイン名にマップする DNS レコードの一種です。A CNAME record is a type of DNS record that maps a source domain name to a destination domain name.

  1. ドメイン レジストラーの Web サイトにサインインし、DNS 設定を管理するためのページに移動します。Sign in to your domain registrar's website, and then go to the page for managing DNS setting.

    このページは、Domain NameDNS、または Name Server Management というセクションにある可能性があります。You might find the page in a section named Domain Name, DNS, or Name Server Management.

  2. CNAME レコードの管理セクションを見つけます。Find the section for managing CNAME records.

    詳細設定ページに進み、CNAMEAlias、または Subdomains などを見つける必要があります。You might have to go to an advanced settings page and look for CNAME, Alias, or Subdomains.

  3. CNAME レコードを作成します。Create a CNAME record. そのレコードの一部として、次の項目を指定します。As part of that record, provide the following items:

    • wwwphotos などのサブドメイン エイリアス。The subdomain alias such as www or photos. サブドメインは必須であり、ルート ドメインはサポートされていません。The subdomain is required, root domains are not supported.

      asverify サブドメインをエイリアスに追加します。Add the asverify subdomain to the alias. たとえば、asverify.wwwasverify.photos などです。For example: asverify.www or asverify.photos.

    • この記事の前半で既に説明した「ストレージ エンドポイントのホスト名を取得する」セクションで取得したホスト名。The host name that you obtained in the Get the host name of your storage endpoint section earlier in this article.

      サブドメイン asverify をホスト名に追加します。Add the subdomain asverify to the host name. (例: asverify.mystorageaccount.blob.core.windows.net)。For example: asverify.mystorageaccount.blob.core.windows.net.

  4. カスタム ドメインを登録するには、 [保存] ボタンを選択します。To register the custom domain, choose the Save button.

    正常に登録された場合は、portal からストレージ アカウントが正常に更新されたことが通知されます。If the registration is successful, the portal notifies you that your storage account was successfully updated. カスタム ドメインは Azure によって検証されていますが、ドメインへのトラフィックは、まだストレージ アカウントにルーティングされません。Your custom domain has been verified by Azure, but traffic to your domain is not yet being routed to your storage account.

手順 3:カスタム ドメインを Azure に事前登録するStep 3: Pre-register your custom domain with Azure

カスタム ドメインを Azure に事前登録すると、ドメインの DNS レコードを変更しなくても、カスタム ドメインを Azure に認識させることができます。When you pre-register your custom domain with Azure, you permit Azure to recognize your custom domain without having to modify the DNS record for the domain. このようにすると、ドメインの DNS レコードを変更したときにダウンタイムなしで BLOB エンドポイントにマッピングされます。That way, when you do modify the DNS record for the domain, it will be mapped to the blob endpoint with no downtime.

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [Blob service] で、 [カスタム ドメイン] を選択します。In the menu pane, under Blob Service, select Custom domain.

    カスタム ドメイン オプションcustom domain option

    [カスタム ドメイン] ウィンドウが開きます。The Custom domain pane opens.

  3. [ドメイン名] テキスト ボックスに、サブドメインを含むカスタム ドメインの名前を入力します。In the Domain name text box, enter the name of your custom domain, including the subdomain

    たとえば、ドメインが contoso.com でサブドメイン エイリアスが www の場合、「www.contoso.com」と入力します。For example, if your domain is contoso.com and your subdomain alias is www, enter www.contoso.com. サブドメインが photos の場合、「photos.contoso.com」と入力します。If your subdomain is photos, enter photos.contoso.com.

  4. [Use indirect CNAME validation](間接 CNAME 検証を使用する) チェックボックスをオンにします。Select the Use indirect CNAME validation check box.

  5. カスタム ドメインを登録するには、 [保存] ボタンを選択します。To register the custom domain, choose the Save button.

    CNAME レコードがドメイン ネーム サーバー (DNS) を介して反映された後、ユーザーが適切なアクセス許可を持っている場合は、カスタム ドメインを使用して BLOB データを表示できます。After the CNAME record has propagated through the Domain Name Servers (DNS), and if your users have the appropriate permissions, they can view blob data by using the custom domain.

手順 4:ドメイン プロバイダーで CNAME レコードを作成するStep 4: Create a CNAME record with your domain provider

ホスト名を指す一時的な CNAME レコードを作成します。Create a temporary CNAME record to point to your host name.

  1. ドメイン レジストラーの Web サイトにサインインし、DNS 設定を管理するためのページに移動します。Sign in to your domain registrar's website, and then go to the page for managing DNS setting.

    このページは、Domain NameDNS、または Name Server Management というセクションにある可能性があります。You might find the page in a section named Domain Name, DNS, or Name Server Management.

  2. CNAME レコードの管理セクションを見つけます。Find the section for managing CNAME records.

    詳細設定ページに進み、CNAMEAlias、または Subdomains などを見つける必要があります。You might have to go to an advanced settings page and look for CNAME, Alias, or Subdomains.

  3. CNAME レコードを作成します。Create a CNAME record. そのレコードの一部として、次の項目を指定します。As part of that record, provide the following items:

手順 5:カスタム ドメインのテストStep 5: Test your custom domain

カスタム ドメインが Blob service エンドポイントにマッピングされていることを確認するために、ストレージ アカウント内のパブリック コンテナーに BLOB を作成します。To confirm that your custom domain is mapped to your blob service endpoint, create a blob in a public container within your storage account. 次に、Web ブラウザーで、次の形式の URI を使って BLOB にアクセスします。http://<subdomain.customdomain>/<mycontainer>/<myblob>Then, in a web browser, access the blob by using a URI in the following format: http://<subdomain.customdomain>/<mycontainer>/<myblob>

たとえば、photos.contoso.com カスタム サブドメインにある myforms コンテナー内の Web フォームにアクセスするには、次の URI を使用します。http://photos.contoso.com/myforms/applicationform.htmFor example, to access a web form in the myforms container in the photos.contoso.com custom subdomain, you might use the following URI: http://photos.contoso.com/myforms/applicationform.htm

カスタム ドメインのマッピングを削除するRemove a custom domain mapping

カスタム ドメインのマッピングを削除するには、カスタム ドメインの登録を解除します。To remove a custom domain mapping, deregister the custom domain. 次の手順のいずれかを使用します。Use one of the following procedures.

カスタム ドメイン設定を削除するには、次の操作を行います。To remove the custom domain setting, do the following:

  1. Azure portal で、ストレージ アカウントに移動します。In the Azure portal, go to your storage account.

  2. メニュー ウィンドウの [Blob service] で、 [カスタム ドメイン] を選択します。In the menu pane, under Blob Service, select Custom domain.
    [カスタム ドメイン] ウィンドウが開きます。The Custom domain pane opens.

  3. カスタム ドメイン名を含むテキスト ボックスの内容を消去します。Clear the contents of the text box that contains your custom domain name.

  4. [保存] を選択します。Select the Save button.

カスタム ドメインが正常に削除されたら、ストレージ アカウントが正常に更新されたことを伝えるポータルの通知が表示されます。After the custom domain has been removed successfully, you will see a portal notification that your storage account was successfully updated

HTTPS が有効になっているカスタム ドメインをマップするMap a custom domain with HTTPS enabled

この方法では、さらに多くの手順が必要になりますが、HTTPS アクセスが可能になります。This approach involves more steps, but it enables HTTPS access.

ユーザーが HTTPS を使用して BLOB または Web コンテンツにアクセスする必要がない場合は、この記事の「HTTP のみが有効になっているカスタム ドメインをマップする」セクションを参照してください。If you don't need users to access your blob or web content by using HTTPS, then see the Map a custom domain with only HTTP enabled section of this article.

カスタム ドメインをマップし、HTTPS アクセスを有効にするには、次の手順を実行します。To map a custom domain and enable HTTPS access, do the following:

  1. BLOB または Web エンドポイントで Azure CDN を有効にします。Enable Azure CDN on your blob or web endpoint.

    BLOB ストレージ エンドポイントについては、「Azure ストレージ アカウントと Azure CDN との統合」を参照してください。For a Blob Storage endpoint, see Integrate an Azure storage account with Azure CDN.

    静的な Web サイトのエンドポイントについては、静的な Web サイトと Azure CDN との統合に関する記事を参照してください。For a static website endpoint, see Integrate a static website with Azure CDN.

  2. Azure CDN コンテンツをカスタム ドメインにマッピングしますMap Azure CDN content to a custom domain.

  3. Azure CDN カスタム ドメインで HTTPS を有効にしますEnable HTTPS on an Azure CDN custom domain.

    注意

    静的 Web サイトを更新するときは、CDN エンドポイントを消去して、CDN エッジ サーバー上のキャッシュされたコンテンツを必ず消去してください。When you update your static website, be sure to clear cached content on the CDN edge servers by purging the CDN endpoint. 詳細については、「Azure CDN エンドポイントの消去」を参照してください。For more information, see Purge an Azure CDN endpoint.

  4. (省略可能) 次のガイダンスを確認します。(Optional) Review the following guidance:

次のステップNext steps