Storage Analytics

Azure Storage Analytics では、ログが記録され、ストレージ アカウントのメトリック データを得ることができます。 このデータを使用して、要求のトレース、使用傾向の分析、ストレージ アカウントの問題の診断を行うことができます。

Storage Analytics を使用するには、監視するサービスごとに Storage Analytics を個別に有効にする必要があります。 これは、Azure portal から有効にできます。 詳細については、「Azure portal でのストレージ アカウントの監視」をご覧ください。 また、プログラムから REST API またはクライアント ライブラリを使用して有効にすることもできます。 各サービスに対して Storage Analytics を有効にするには、Set Blob Service PropertiesSet Queue Service PropertiesSet Table Service PropertiesSet File Service Properties の各操作を使用します。

集計データは、既知の BLOB (ログの場合) と既知のテーブル (メトリックの場合) に格納されます。集計データには、Blob service と Table service の API を使用してアクセスできます。

ストレージ アカウントの合計の制限とは別に、Storage Analytics には、格納されたデータの量に関して 20 TB の制限があります。 ストレージ アカウントの制限の詳細については、「Standard Storage アカウントのスケーラビリティとパフォーマンスのターゲット」を参照してください。

Storage Analytics や他のツールを使用した Azure Storage 関連の問題の特定、診断、トラブルシューティングに関する詳しいガイドについては、「Microsoft Azure Storage の監視、診断、およびトラブルシューティング」をご覧ください。

Storage Analytics の課金

すべてのメトリック データは、ストレージ アカウントのサービスによって書き込まれます。 したがって、Storage Analytics によって実行される個々の書き込み操作には料金が発生します。 加えて、メトリック データに費やされるストレージの使用量も課金対象となります。

Storage Analytics によって実行される次の操作には料金が発生します。

  • ログの BLOB の作成要求
  • メトリックのテーブル エンティティの作成要求

データ保持ポリシーを構成している場合は、古いログとメトリック データを削除することで、支出を削減できます。 保持ポリシーの詳細については、「Storage Analytics のデータ保持ポリシーの設定」をご覧ください。

課金の対象となる要求について

アカウントのストレージ サービスに対して実行されるそれぞれの要求は、課金対象の要求とそうでない要求とに分けられます。 Storage Analytics は、サービスに対するすべての要求をそれぞれログに記録します。たとえば、要求がどのように処理されたかを示すステータス メッセージも記録されます。 同様に、Storage Analytics は、サービスに対するメトリックと、そのサービスの API 操作に対するメトリックを保存しています (特定のステータス メッセージの数やパーセンテージなど)。 これらの機能をうまく組み合わせて利用すると、課金対象の要求を分析したり、アプリケーションを改善したり、サービスに対する要求の問題を診断したりできます。 課金の詳細については、「Understanding Azure Storage Billing - Bandwidth, Transactions, and Capacity (Azure Storage の課金について - 帯域幅、トランザクション、容量)」をご覧ください。

Storage Analytics のデータで課金対象の要求を調べるときには、「Storage Analytics によって記録される操作やステータス メッセージ 」の表が参考になります。 手元のログ データとメトリック データをステータス メッセージと照らし合わせながら、特定の要求が課金対象であったかどうかを確認できます。 この表は、ストレージ サービスまたは特定の API 操作の可用性を調べるときにも利用できます。

次のステップ