データ転送用の Azure ソリューションを選択するChoose an Azure solution for data transfer

この記事では、いくつかの一般的な Azure データ転送ソリューションの概要を示します。This article provides an overview of some of the common Azure data transfer solutions. また、環境内のネットワーク帯域幅と転送するデータのサイズに応じて推奨されるオプションへのリンクも記載されています。The article also links out to recommended options depending on the network bandwidth in your environment and the size of the data you intend to transfer.

データ移動の種類Types of data movement

データ転送は、オフライン、またはネットワーク接続経由で行うことができます。Data transfer can be offline or over the network connection. 次に応じて、ソリューションを選択します。Choose your solution depending on your:

  • データ サイズ - 転送用のデータのサイズ。Data size - Size of the data intended for transfer,
  • 転送頻度 - 1 回限り、または定期的なデータ インジェスト。Transfer frequency - One-time or periodic data ingestion, and
  • ネットワーク – 環境内でデータ転送に使用可能な帯域幅。Network – Bandwidth available for data transfer in your environment.

次の種類のデータ移動が可能です。The data movement can be of the following types:

  • 配送可能なデバイスを使用したオフライン転送 - オフラインの 1 回限りの一括データ転送を実行するときに、配送可能な物理的なデバイスを使用します。Offline transfer using shippable devices - Use physical shippable devices when you want to do offline one-time bulk data transfer. Microsoft では、ディスク (セキュリティで保護された特殊なデバイス) を発送しています。Microsoft sends you a disk, or a secure specialized device. または、お客様ご自身でディスクを購入し、発送することもできます。Alternatively, you can purchase and ship your own disks. デバイスにデータをコピーし、Azure に発送すると、そこでデータがアップロードされます。You copy data to the device and then ship it to Azure where the data is uploaded. この場合に使用できるオプションは、Data Box Disk、Data Box、Data Box Heavy、および Import/Export (ご自身のディスクを使用) です。The available options for this case are Data Box Disk, Data Box, Data Box Heavy, and Import/Export (use your own disks).

  • ネットワーク転送 - ネットワーク接続経由で Azure にデータを転送します。Network Transfer - You transfer your data to Azure over your network connection. これは、さまざまな方法で実行できます。This can be done in many ways.

    • グラフィカル インターフェイス - 少数のファイルを時折転送するだけで、データ転送を自動化する必要がない場合は、Azure Storage Explorer や、Azure portal の Web ベースの探索ツールなど、グラフィカル インターフェイス ツールを選択できます。Graphical interface - If you occasionally transfer just a few files and do not need to automate the data transfer, you can choose a graphical interface tool such as Azure Storage Explorer or a web-based exploration tool in Azure portal.
    • スクリプトまたはプログラムによる転送 - 提供されている最適化されたソフトウェア ツールを使用するか、REST API/SDK を直接呼び出すことができます。Scripted or programmatic transfer - You can use optimized software tools that we provide or call our REST APIs/SDKs directly. 使用可能かつスクリプト実行可能なツールは、AzCopy、Azure PowerShell、および Azure CLI です。The available scriptable tools are AzCopy, Azure PowerShell, and Azure CLI. プログラム インターフェイスでは、.NET、Java、Python、Node/JS、C++、Go、PHP、または Ruby のいずれかの SDK を使用します。For programmatic interface, use one of the SDKs for .NET, Java, Python, Node/JS, C++, Go, PHP or Ruby.
    • オンプレミス デバイス - データセンター内に存在し、ネットワーク経由のデータ転送を最適化する、物理または仮想デバイスが提供されています。On-premises devices - We supply you a physical or virtual device that resides in your datacenter and optimizes data transfer over the network. これらのデバイスは、頻繁に使用されるファイルのローカル キャッシュも提供します。These devices also provide a local cache of frequently used files. 物理デバイスは Data Box Edge、仮想デバイスは Data Box Gateway です。The physical device is the Data Box Edge and the virtual device is the Data Box Gateway. 両方ともオンプレミスで永続的に実行され、ネットワーク経由で Azure に接続されます。Both run permanently in your premises and connect to Azure over the network.
    • マネージド データ パイプライン - クラウド パイプラインを設定して、複数の Azure サービス間またはオンプレミスで、あるいは 2 つを組み合わせて、ファイルを定期的に転送することができます。Managed data pipeline - You can set up a cloud pipeline to regularly transfer files between several Azure services, on-premises or a combination of two. データ パイプラインを設定および管理したり、分析用にデータを移動および変換するには、Azure Data Factory を使用します。Use Azure Data Factory to set up and manage data pipelines, and move and transform data for analysis.

次の図は、転送に使用可能なネットワーク帯域幅、転送用のデータのサイズ、および転送の頻度に応じて、さまざまな Azure データ転送ツールを選択するためのガイドラインを示しています。The following visual illustrates the guidelines to choose the various Azure data transfer tools depending upon the network bandwidth available for transfer, data size intended for transfer, and frequency of the transfer.

Azure データ転送ツール

*オフライン転送デバイスの上限 - Data Box Disk、Data Box、および Data Box Heavy は、複数の種類のデバイスを発注することによって拡張できます。*The upper limits of the offline transfer devices - Data Box Disk, Data Box, and Data Box Heavy can be extended by placing multiple orders of a device type.

データ転送ソリューションの選択Selecting a data transfer solution

次の質問に答えて、データ転送ソリューションの選択に役立ててください。Answer the following questions to help select a data transfer solution:

Azure portal のデータ転送機能Data transfer feature in Azure portal

Azure portal で Azure Storage アカウントにアクセスして、 [データ転送] 機能を選択することもできます。You can also go to your Azure Storage account in Azure portal and select the Data transfer feature. 環境内のネットワーク帯域幅、転送するデータのサイズ、およびデータ転送の頻度を指定します。Provide the network bandwidth in your environment, the size of the data you want to transfer, and the frequency of data transfer. 指定した情報に対応する最適なデータ転送ソリューションが表示されます。You will see the optimum data transfer solutions corresponding to the information that you have provided.

次の手順Next steps