Azure Storage でのディザスター リカバリーとストレージ アカウントのフェールオーバー (プレビュー)Disaster recovery and storage account failover (preview) in Azure Storage

Microsoft は、Azure サービスを常に使用できるようにする作業に取り組んでいます。Microsoft strives to ensure that Azure services are always available. そうはいっても、計画されていないサービスの停止が発生する可能性はあります。However, unplanned service outages may occur. アプリケーションで回復性が必要な場合は、geo 冗長ストレージを使用して、データが 2 番目のリージョンにレプリケートされるようにすることをお勧めします。If your application requires resiliency, Microsoft recommends using geo-redundant storage, so that your data is replicated in a second region. さらに、お客様は、リージョン規模のサービス停止に対処するため、ディザスター リカバリー計画を用意する必要があります。Additionally, customers should have a disaster recovery plan in place for handling a regional service outage. ディザスター リカバリー計画の重要な部分は、プライマリ エンドポイントが使用できなくなった場合に、セカンダリ エンドポイントにフェールオーバーするための準備です。An important part of a disaster recovery plan is preparing to fail over to the secondary endpoint in the event that the primary endpoint becomes unavailable.

Azure Storage では、geo 冗長ストレージ アカウントのアカウント フェールオーバー (プレビュー) がサポートされています。Azure Storage supports account failover (preview) for geo-redundant storage accounts. アカウントのフェールオーバーでは、プライマリ エンドポイントが使用できなくなった場合に、ストレージ アカウントのフェールオーバー プロセスを開始できます。With account failover, you can initiate the failover process for your storage account if the primary endpoint becomes unavailable. フェールオーバーでは、セカンダリ エンドポイントが更新されて、ストレージ アカウントのプライマリ エンドポイントになります。The failover updates the secondary endpoint to become the primary endpoint for your storage account. フェールオーバーが完了すると、クライアントは新しいプライマリ エンドポイントへの書き込みを開始できます。Once the failover is complete, clients can begin writing to the new primary endpoint.

この記事では、アカウントのフェールオーバーに関する概念とプロセスについて、および顧客への影響が最小限になるようにストレージ アカウントの復旧を準備する方法について説明します。This article describes the concepts and process involved with an account failover and discusses how to prepare your storage account for recovery with the least amount of customer impact. Azure portal または PowerShell でアカウントのフェールオーバーを開始する方法については、「Initiate an account failover (preview) (アカウントのフェールオーバー (プレビュー) を開始する)」をご覧ください。To learn how to initiate an account failover in the Azure portal or PowerShell, see Initiate an account failover (preview).

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

適切な冗長性オプションを選択するChoose the right redundancy option

すべてのストレージ アカウントは冗長性のためにレプリケートされます。All storage accounts are replicated for redundancy. アカウントに対して選択する冗長性オプションは、必要な回復性の程度によって異なります。Which redundancy option you choose for your account depends on the degree of resiliency you need. リージョン規模の障害に対する保護の場合は、geo 冗長ストレージを選択し、セカンダリ リージョンからの読み取りアクセスのオプションは指定しても指定しなくてもかまいません。For protection against regional outages, choose geo-redundant storage, with or without the option of read access from the secondary region:

geo 冗長ストレージ (GRS) では、少なくとも何百キロも離れた 2 つの地理的リージョンの間で非同期的にデータがレプリケートされます。Geo-redundant storage (GRS) replicates your data asynchronously in two geographic regions that are at least hundreds of miles apart. プライマリ リージョンで障害が発生した場合、セカンダリ リージョンがデータの冗長ソースとして機能します。If the primary region suffers an outage, then the secondary region serves as a redundant source for your data. ユーザーがフェールオーバーを開始して、セカンダリ エンドポイントをプライマリ エンドポイントに変換することができます。You can initiate a failover to transform the secondary endpoint into the primary endpoint.

読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) では、セカンダリ エンドポイントへの読み取りアクセスの追加ベネフィットがある geo 冗長ストレージが提供されます。Read-access geo-redundant storage (RA-GRS) provides geo-redundant storage with the additional benefit of read access to the secondary endpoint. プライマリ エンドポイントで障害が発生した場合、RA-GRS 用に構成され、高可用性対応に設計されているアプリケーションでは、セカンダリ エンドポイントから引き続き読み取ることができます。If an outage occurs in the primary endpoint, applications configured for RA-GRS and designed for high availability can continue to read from the secondary endpoint. アプリケーションの最大限の回復性のためには RA-GRS をお勧めします。Microsoft recommends RA-GRS for maximum resiliency for your applications.

Azure Storage の他の冗長性オプションとしては、1 つのリージョン内の可用性ゾーン間でデータがレプリケートされるゾーン冗長ストレージ (ZRS)、および 1 つのリージョン内の 1 つのデータ センター内でデータがレプリケートされるローカル冗長ストレージ (LRS) があります。Other Azure Storage redundancy options include zone-redundant storage (ZRS), which replicates your data across availability zones in a single region, and locally redundant storage (LRS), which replicates your data in a single data center in a single region. ストレージ アカウントが ZRS または LRS 用に構成されている場合、GRS または RA-GRS を使用するようにアカウントを変換できます。If your storage account is configured for ZRS or LRS, you can convert that account to use GRS or RA-GRS. geo 冗長ストレージ用にアカウントを構成すると、追加のコストが発生します。Configuring your account for geo-redundant storage incurs additional costs. 詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」をご覧ください。For more information, see Azure Storage replication.

警告

geo 冗長ストレージでは、データ損失のリスクが伴います。Geo-redundant storage carries a risk of data loss. データはセカンダリ リージョンに非同期的にレプリケートされるため、データがプライマリ リージョンに書き込まれてからセカンダリ リージョンに書き込まれるまでの間に遅延があります。Data is replicated to the secondary region asynchronously, meaning there is a delay between when data written to the primary region is written to the secondary region. 障害が発生した時点で、セカンダリ エンドポイントにまだレプリケートされていないプライマリ エンドポイントへの書き込み操作は失われます。In the event of an outage, write operations to the primary endpoint that have not yet been replicated to the secondary endpoint will be lost.

高可用性向けの設計Design for high availability

最初から高可用性対応にアプリケーションを設計することが重要です。It's important to design your application for high availability from the start. アプリケーションの設計およびディザスター リカバリーの計画に関するガイダンスについては、次の Azure リソースを参照してください。Refer to these Azure resources for guidance in designing your application and planning for disaster recovery:

さらに、Azure Storage のデータの高可用性を維持するためには、次のベスト プラクティスに留意してください。Additionally, keep in mind these best practices for maintaining high availability for your Azure Storage data:

  • ディスク: Azure Backup を使用して、Azure 仮想マシンで使用される VM ディスクをバックアップします。Disks: Use Azure Backup to back up the VM disks used by your Azure virtual machines. また、Azure Site Recovery を使用して地域的な災害が発生した場合の VM の保護も検討します。Also consider using Azure Site Recovery to protect your VMs in the event of a regional disaster.
  • ブロック BLOB: ソフト削除を有効にしてオブジェクトレベルの削除および上書きから保護するか、AzCopyAzure PowerShell、または Azure Data Movement Library を使用して、他のリージョンの別のストレージ アカウントにブロック BLOB をコピーします。Block blobs: Turn on soft delete to protect against object-level deletions and overwrites, or copy block blobs to another storage account in a different region using AzCopy, Azure PowerShell, or the Azure Data Movement library.
  • ファイル: AzCopy または Azure PowerShell を使用して、他のリージョンの別のストレージ アカウントにファイルをコピーします。Files: Use AzCopy or Azure PowerShell to copy your files to another storage account in a different region.
  • テーブル: AzCopy を使用して、テーブル データを、他のリージョンの別のストレージ アカウントにエクスポートします。Tables: use AzCopy to export table data to another storage account in a different region.

障害を追跡するTrack outages

お客様は、Azure Service Health ダッシュボードをサブスクライブして、Azure Storage と他の Azure サービスの正常性と状態を追跡できます。Customers may subscribe to the Azure Service Health Dashboard to track the health and status of Azure Storage and other Azure services.

また、書き込みエラーの可能性に対処するようアプリケーションを設計することもお勧めします。Microsoft also recommends that you design your application to prepare for the possibility of write failures. アプリケーションでは、プライマリ リージョンでの障害の可能性があることを通知するように書き込みエラーを公開する必要があります。Your application should expose write failures in a way that alerts you to the possibility of an outage in the primary region.

アカウントのフェールオーバー プロセスを理解するUnderstand the account failover process

お客様が管理するアカウントのフェールオーバー (プレビュー) では、何らかの理由でプライマリが使用できなくなった場合、ストレージ アカウント全体をセカンダリ リージョンにフェールオーバーすることができます。Customer-managed account failover (preview) enables you to fail your entire storage account over to the secondary region if the primary becomes unavailable for any reason. セカンダリ リージョンへのフェールオーバーを強制的に実行すると、クライアントは、フェールオーバー完了後にセカンダリ エンドポイントへのデータの書き込みを開始することができます。When you force a failover to the secondary region, clients can begin writing data to the secondary endpoint after the failover is complete. フェールオーバーには、通常、約 1 時間かかります。The failover typically takes about an hour.

アカウントのフェールオーバーのしくみHow an account failover works

通常の状況では、クライアントのデータはプライマリ リージョンの Azure ストレージ アカウントに書き込まれ、そのデータはセカンダリ リージョンに非同期的にレプリケートされます。Under normal circumstances, a client writes data to an Azure Storage account in the primary region, and that data is replicated asynchronously to the secondary region. 次の図では、プライマリ リージョンが使用可能な場合のシナリオを示します。The following image shows the scenario when the primary region is available:

クライアントはプライマリ リージョンのストレージ アカウントにデータを書き込む

プライマリ エンドポイントが何らかの使用不能になると、クライアントはストレージ アカウントに書き込むことができなくなります。If the primary endpoint becomes unavailable for any reason, the client is no longer able to write to the storage account. 次の図は、プライマリが使用できなくなり復旧がまだ行われていないシナリオを示しています。The following image shows the scenario where the primary has become unavailable, but no recovery has happened yet:

プライマリを使用できないため、クライアントはデータを書き込むことができない

お客様は、セカンダリ エンドポイントへのアカウントのフェールオーバーを開始します。The customer initiates the account failover to the secondary endpoint. フェールオーバー プロセスでは、Azure Storage によって提供される DNS エントリが更新されて、次の図のように、セカンダリ エンドポイントがストレージ アカウントに対する新しいプライマリ エンドポイントになります。The failover process updates the DNS entry provided by Azure Storage so that the secondary endpoint becomes the new primary endpoint for your storage account, as shown in the following image:

お客様がセカンダリ エンドポイントへのアカウントのフェールオーバーを開始する

GRS および RA-GRS アカウントの場合は、DNS エントリが更新されて、要求が新しいプライマリ エンドポイントに送られるようになると、書き込みアクセスが復元されます。Write access is restored for GRS and RA-GRS accounts once the DNS entry has been updated and requests are being directed to the new primary endpoint. BLOB、テーブル、キュー、およびファイルに対する既存のストレージ サービス エンドポイントは、フェールオーバー後も同じまま残ります。Existing storage service endpoints for blobs, tables, queues, and files remain the same after the failover.

重要

フェールオーバーが完了すると、ストレージ アカウントは、新しいプライマリ エンドポイントでローカル冗長に構成されます。After the failover is complete, the storage account is configured to be locally redundant in the new primary endpoint. 新しいセカンダリへのレプリケーションを再開するには、geo 冗長ストレージを再び使用するようにアカウントを構成します (RA-GRS または GRS)。To resume replication to the new secondary, configure the account to use geo-redundant storage again (either RA-GRS or GRS).

LRS アカウントを RA-GRS または GRS に変換すると費用が発生することに留意してください。Keep in mind that converting an LRS account to RA-GRS or GRS incurs a cost. このコストは、フェールオーバー後に新しいプライマリ リージョンのストレージ アカウントで RA-GRS または GRS を使用するための更新に適用されます。This cost applies to updating the storage account in the new primary region to use RA-GRS or GRS after a failover.

データ損失の可能性Anticipate data loss

注意事項

アカウントのフェールオーバーでは、通常、ある程度のデータ損失が発生します。An account failover usually involves some data loss. アカウントのフェールオーバーを開始した場合の影響を理解しておく必要があります。It's important to understand the implications of initiating an account failover.

データはプライマリ リージョンからセカンダリ リージョンに非同期に書き込まれるため、プライマリ リージョンへの書き込みがセカンダリ リージョンにレプリケートされるまでの間に常に遅延があります。Because data is written asynchronously from the primary region to the secondary region, there is always a delay before a write to the primary region is replicated to the secondary region. プライマリ リージョンが使用できなくなった場合、最新の書き込みがまだセカンダリ リージョンにレプリケートされていない可能性があります。If the primary region becomes unavailable, the most recent writes may not yet have been replicated to the secondary region.

強制的にフェールオーバーを行うと、セカンダリ リージョンが新しいプライマリ リージョンになり、ストレージ アカウントがローカル冗長に構成されるため、プライマリ リージョンのデータはすべて失われます。When you force a failover, all data in the primary region is lost as the secondary region becomes the new primary region and the storage account is configured to be locally redundant. フェールオーバーが発生した時点でセカンダリに既にレプリケートされているデータはすべて維持されます。All data already replicated to the secondary is maintained when the failover happens. ただし、プライマリに書き込まれたデータのうち、セカンダリにレプリケートされていなかったものは、永久に失われます。However, any data written to the primary that has not also been replicated to the secondary is lost permanently.

[最終同期時刻] プロパティは、プライマリ リージョンのデータがセカンダリ リージョンに書き込まれたことが保証される最後の時刻を示します。The Last Sync Time property indicates the most recent time that data from the primary region is guaranteed to have been written to the secondary region. 最終同期時刻より前に書き込まれたすべてのデータはセカンダリで使用できますが、最終同期時刻より後に書き込まれたデータは、セカンダリに書き込まれていない場合があり、失われる可能性があります。All data written prior to the last sync time is available on the secondary, while data written after the last sync time may not have been written to the secondary and may be lost. 障害が発生した場合はこのプロパティを使用して、アカウントのフェールオーバーを開始することによって可能性があるデータ損失の量を推定します。Use this property in the event of an outage to estimate the amount of data loss you may incur by initiating an account failover.

ベスト プラクティスとしては、最終同期時刻を使用して予想されるデータ損失を評価できるようにアプリケーションを設計します。As a best practice, design your application so that you can use the last sync time to evaluate expected data loss. たとえば、すべての書き込み操作をログに記録している場合は、最後の書き込み操作の時刻を最終同期時刻と比較することで、セカンダリに同期されていない書き込みを特定できます。For example, if you are logging all write operations, then you can compare the time of your last write operations to the last sync time to determine which writes have not been synced to the secondary.

元のプライマリにフェールバックするときは注意が必要であるUse caution when failing back to the original primary

プライマリ リージョンからセカンダリ リージョンにフェールオーバーした後、ストレージ アカウントは新しいプライマリ リージョンでローカル冗長に構成されます。After you fail over from the primary to the secondary region, your storage account is configured to be locally redundant in the new primary region. GRS または RA-GRS を使用するように更新することで、アカウントを再び geo 冗長に構成できます。You can configure the account for geo-redundancy again by updating it to use GRS or RA-GRS. フェールオーバー後にアカウントが再び geo 冗長に構成されると、新しいプライマリ リージョンは直ちに新しいセカンダリ リージョン (元のフェールオーバーの前にプライマリであったもの) へのデータのレプリケートを開始します。When the account is configured for geo-redundancy again after a failover, the new primary region immediately begins replicating data to the new secondary region, which was the primary before the original failover. ただし、プライマリの既存データが完全に新しいセカンダリにレプリケートされるまで、しばらくかかる場合があります。However, it may take a period of time before existing data in the primary is fully replicated to the new secondary.

ストレージ アカウントが geo 冗長に再構成された後、新しいプライマリから新しいセカンダリへの別のフェールオーバーが開始される可能性があります。After the storage account is reconfigured for geo-redundancy, it's possible to initiate another failover from the new primary back to the new secondary. この場合、フェールオーバー前の元のプライマリ リージョンが再びプライマリ リージョンになり、ローカル冗長に構成されます。In this case, the original primary region prior to the failover becomes the primary region again, and is configured to be locally redundant. その場合、フェールオーバー後のプライマリ リージョン (元のセカンダリ) のすべてのデータが失われます。All data in the post-failover primary region (the original secondary) is then lost. フェールバックの前にストレージ アカウントのほとんどのデータが新しいセカンダリにレプリケートされていなかった場合、大きなデータ損失が発生する可能性があります。If most of the data in the storage account has not been replicated to the new secondary before you fail back, you could suffer a major data loss.

大きなデータ損失を防ぐため、フェールバックを行う前に、 [最終同期時刻] プロパティの値を確認してください。To avoid a major data loss, check the value of the Last Sync Time property before failing back. 最終同期時刻を、新しいプライマリにデータが書き込まれた最後の時刻と比較して、予想されるデータ損失を評価します。Compare the last sync time to the last times that data was written to the new primary to evaluate expected data loss.

アカウントのフェールオーバーを開始するInitiate an account failover

アカウントのフェールオーバーは、Azure portal、PowerShell、Azure CLI、または Azure Storage リソース プロバイダー API から開始できます。You can initiate an account failover from the Azure portal, PowerShell, Azure CLI, or the Azure Storage resource provider API. フェールオーバーを開始する方法について詳しくは、「Initiate an account failover (preview) (アカウントのフェールオーバー (プレビュー) を開始する)」をご覧ください。For more information on how to initiate a failover, see Initiate an account failover (preview).

プレビューについてAbout the preview

アカウントのフェールオーバーは、Azure Resource Manager デプロイで GRS または RA-GRS を使用するすべてのお客様がプレビューで使用できます。account failover is available in preview for all customers using GRS or RA-GRS with Azure Resource Manager deployments. 汎用 v1、汎用 v2、および BLOB のストレージ アカウントの種類がサポートされています。General-purpose v1, General-purpose v2, and Blob storage account types are supported. 現在、アカウントのフェールオーバーは次のリージョンで利用できます。account failover is currently available in these regions:

  • 米国西部 2US West 2
  • 米国中西部US West Central

プレビューは、非運用環境のみでの使用を意図されています。The preview is intended for non-production use only. 運用環境のサービス レベル契約(SLA) は現在使用できません。Production service-level agreements (SLAs) are not currently available.

プレビューに登録するRegister for the preview

プレビューに登録するには、PowerShell から次のコマンドを実行します。To register for the preview, run the following commands in PowerShell. 忘れずに、角かっこ内のプレースホルダーを自分のサブスクリプション ID に置き換えてください。Make sure to replace the placeholder in brackets with your own subscription ID:

Connect-AzAccount -SubscriptionId <subscription-id>
Register-AzProviderFeature -FeatureName CustomerControlledFailover -ProviderNamespace Microsoft.Storage

プレビューの承認を受け取るまで、1 ~ 2 日かかる場合があります。It may take 1-2 days to receive approval for the preview. 登録が承認されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that your registration has been approved, run the following command:

Get-AzProviderFeature -FeatureName CustomerControlledFailover -ProviderNamespace Microsoft.Storage

追加の考慮事項Additional considerations

このセクションで説明されている追加の考慮事項を確認し、プレビュー期間中にフェールオーバーを強制した場合にアプリケーションとサービスが受ける可能性がある影響について理解してください。Review the additional considerations described in this section to understand how your applications and services may be affected when you force a failover during the preview period.

Azure Virtual MachinesAzure virtual machines

Azure 仮想マシン (VM) は、アカウントのフェールオーバーの一部としてフェイルオーバーされません。Azure virtual machines (VMs) do not fail over as part of an account failover. プライマリ リージョンが使用不能になり、セカンダリ リージョンにフェールオーバーする場合は、フェールオーバー後に VM を再作成する必要があります。If the primary region becomes unavailable, and you fail over to the secondary region, then you will need to recreate any VMs after the failover.

Azure アンマネージド ディスクAzure unmanaged disks

ベスト プラクティスとして、アンマネージド ディスクをマネージド ディスクに変換することをお勧めします。As a best practice, Microsoft recommends converting unmanaged disks to managed disks. ただし、Azure VM にアタッチされているアンマネージド ディスクを含むアカウントをフェールオーバーする必要がある場合は、フェールオーバーを始める前に、VM をシャットダウンする必要があります。However, if you need to fail over an account that contains unmanaged disks attached to Azure VMs, you will need to shut down the VM before initiating the failover.

アンマネージド ディスクは、Azure Storage にページ BLOB として格納されます。Unmanaged disks are stored as page blobs in Azure Storage. VM が Azure で実行されていると、VM にアタッチされているアンマネージド ディスクはリースされます。When a VM is running in Azure, any unmanaged disks attached to the VM are leased. BLOB にリースがある場合、アカウントのフェールオーバーは続行できません。An account failover cannot proceed when there is a lease on a blob. フェールオーバーを実行するには、次の手順のようにします。To perform the failover, follow these steps:

  1. 始める前に、アンマネージド ディスクの名前、その論理ユニット番号 (LUN)、ディスクがアタッチされている VM を記録しておきます。Before you begin, note the names of any unmanaged disks, their logical unit numbers (LUN), and the VM to which they are attached. そうすることで、フェールオーバー後にディスクを再アタッチするのが容易になります。Doing so will make it easier to reattach the disks after the failover.
  2. VM をシャット ダウンします。Shut down the VM.
  3. VM を削除します。ただし、アンマネージド ディスクの VHD ファイルは残しておきます。Delete the VM, but retain the VHD files for the unmanaged disks. VM を削除した時刻を記録しておきます。Note the time at which you deleted the VM.
  4. [最終同期時刻] が更新されて、VM を削除した時刻より後になるまで待ちます。Wait until the Last Sync Time has updated, and is later than the time at which you deleted the VM. フェールオーバーが発生した時点で、セカンダリ エンドポイントの VHD ファイルが完全に更新されていない場合、新しいプライマリ リージョンで VM が正常に機能しない可能性があるので、このステップは重要です。This step is important, because if the secondary endpoint has not been fully updated with the VHD files when the failover occurs, then the VM may not function properly in the new primary region.
  5. アカウントのフェールオーバーを開始します。Initiate the account failover.
  6. アカウントのフェールオーバーが完了し、セカンダリ リージョンが新しいプライマリ リージョンになるまで待機します。Wait until the account failover is complete and the secondary region has become the new primary region.
  7. 新しいプライマリ リージョンで VM を作成し、VHD を再アタッチします。Create a VM in the new primary region and reattach the VHDs.
  8. 新しい VM を起動します。Start the new VM.

VM をシャットダウンすると、一時ディスクに格納されているすべてのデータが失われることに留意してください。Keep in mind that any data stored in a temporary disk is lost when the VM is shut down.

サポートされていない機能またはサービスUnsupported features or services

次の機能またはサービスは、プレビュー リリースのアカウントのフェールオーバーではサポートされていません。The following features or services are not supported for account failover for the preview release:

  • Azure File Sync では、ストレージ アカウントのフェールオーバーはサポートされていません。Azure File Sync does not support storage account failover. Azure File Sync でクラウド エンドポイントとして使用されている Azure ファイル共有を含むストレージ アカウントは、フェールオーバーしないでください。Storage accounts containing Azure file shares being used as cloud endpoints in Azure File Sync should not be failed over. それを行うと、同期の動作が停止し、新しく階層化されたファイルの場合は予期せずデータが失われる可能性があります。Doing so will cause sync to stop working and may also cause unexpected data loss in the case of newly tiered files.
  • Azure Data Lake Storage Gen2 階層型名前空間を使用しているストレージ アカウントは、フェールオーバーできません。Storage accounts using Azure Data Lake Storage Gen2 hierarchical namespace cannot be failed over.
  • アーカイブ済みの BLOB 含むストレージ アカウントは、フェールオーバーできません。A storage account containing archived blobs cannot be failed over. アーカイブ済み BLOB は、フェールオーバーする計画がない別のストレージ アカウントで保持してください。Maintain archived blobs in a separate storage account that you do not plan to fail over.
  • Premium ブロック BLOB 含むストレージ アカウントは、フェールオーバーできません。A storage account containing premium block blobs cannot be failed over. 現在、Premium ブロック BLOB をサポートするストレージ アカウントでは、geo 冗長がサポートされていません。Storage accounts that support premium block blobs do not currently support geo-redundancy.
  • フェールオーバーの完了後、フェールオーバー元で有効になっている場合は、イベント サブスクリプションライフサイクル ポリシーStorage Analytics Logging の動作が停止します。After the failover is complete the following features will stop working if originally enabled: Event subscriptions, Lifecycle policies, Storage Analytics Logging.

フェールオーバーの代わりとしてのデータのコピーCopying data as an alternative to failover

ストレージ アカウントが RA-GRS 用に構成されている場合、セカンダリ エンドポイントを使用するデータへの読み取りアクセス権があります。If your storage account is configured for RA-GRS, then you have read access to your data using the secondary endpoint. プライマリ リージョンで障害が発生したときにフェールオーバーしたくない場合は、AzCopyAzure PowerShellAzure Data Movement Library などのツールを使用して、セカンダリ リージョンのストレージ アカウントから、影響を受けていないリージョンの別のストレージ アカウントに、データをコピーできます。If you prefer not to fail over in the event of an outage in the primary region, you can use tools such as AzCopy, Azure PowerShell, or the Azure Data Movement library to copy data from your storage account in the secondary region to another storage account in an unaffected region. その後は、アプリケーションの参照先をそのストレージ アカウントにして、読み取りと書き込みの両方に利用できます。You can then point your applications to that storage account for both read and write availability.

Microsoft が管理するフェールオーバーMicrosoft-managed failover

大きな災害のためにリージョンが失われるような極端な状況では、Microsoft がリージョン間のフェールオーバーを開始できます。In extreme circumstances where a region is lost due to a significant disaster, Microsoft may initiate a regional failover. この場合、ユーザーによる操作は必要ありません。In this case, no action on your part is required. Microsoft 管理のフェールオーバーが完了するまで、ストレージ アカウントに書き込みアクセスを行うことはできません。Until the Microsoft-managed failover has completed, you won't have write access to your storage account. ストレージ アカウントが RA-GRS 対応に構成されている場合は、アプリケーションはセカンダリ リージョンから読み取ることができます。Your applications can read from the secondary region if your storage account is configured for RA-GRS.

関連項目See also