ストレージ アカウントのフェールオーバー (プレビュー) を開始するInitiate a storage account failover (preview)

何らかの理由で geo 冗長ストレージ アカウントのプライマリ エンドポイントが利用できなくなった場合、アカウントのフェールオーバー (プレビュー) を開始できます。If the primary endpoint for your geo-redundant storage account becomes unavailable for any reason, you can initiate an account failover (preview). アカウントのフェールオーバーでは、セカンダリ エンドポイントが更新されて、ストレージ アカウントのプライマリ エンドポイントになります。An account failover updates the secondary endpoint to become the primary endpoint for your storage account. フェールオーバーが完了すると、クライアントは新しいプライマリ リージョンへの書き込みを開始できます。Once the failover is complete, clients can begin writing to the new primary region. 強制フェールオーバーを使用すると、アプリケーションの高可用性を維持することができます。Forced failover enables you to maintain high availability for your applications.

この記事では、Azure portal、PowerShell、または Azure CLI を使用して、ストレージ アカウントのアカウントのフェールオーバーを開始する方法を示します。This article shows how to initiate an account failover for your storage account using the Azure portal, PowerShell, or Azure CLI. アカウントのフェールオーバーについて詳しくは、「Azure Storage でのディザスター リカバリーとストレージ アカウントのフェールオーバー (プレビュー)」をご覧ください。To learn more about account failover, see Disaster recovery and account failover (preview) in Azure Storage.

警告

通常、アカウントのフェールオーバーでは若干のデータ損失が発生します。An account failover typically results in some data loss. アカウントのフェールオーバーの影響を理解し、データの損失に準備するには、「アカウントのフェールオーバー プロセスを理解する」をご覧ください。To understand the implications of an account failover and to prepare for data loss, review Understand the account failover process.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

前提条件Prerequisites

ストレージ アカウントでアカウントのフェールオーバーを実行するには、事前に次の手順を完了しておく必要があります。Before you can perform an account failover on your storage account, make sure that you have performed the following steps:

アカウントのフェールオーバーの重要な影響Important implications of account failover

ストレージ アカウントのアカウントのフェールオーバーを開始すると、セカンダリ エンドポイントがプライマリ エンドポイントになるように、セカンダリ エンドポイントの DNS レコードが更新されます。When you initiate an account failover for your storage account, the DNS records for the secondary endpoint are updated so that the secondary endpoint becomes the primary endpoint. フェールオーバーを開始する前に、ストレージ アカウントに対して可能性のある影響について理解しておいてください。Make sure that you understand the potential impact to your storage account before you initiate a failover.

フェールオーバーを始める前に、可能性のあるデータ損失の範囲を見積もるには、-IncludeGeoReplicationStats パラメーターを指定して Get-AzStorageAccount PowerShell コマンドレットを使用することで、最終同期時刻 プロパティを確認します。To estimate the extent of likely data loss before you initiate a failover, check the Last Sync Time property using the Get-AzStorageAccount PowerShell cmdlet, and include the -IncludeGeoReplicationStats parameter. その後、アカウントの GeoReplicationStats プロパティを確認します。Then check the GeoReplicationStats property for your account.

フェールオーバーの後、新しいプライマリ リージョンでのストレージ アカウントの種類は、ローカル冗長ストレージ (LRS) に自動的に変換されます。After the failover, your storage account type is automatically converted to locally redundant storage (LRS) in the new primary region. アカウントに対して geo 冗長ストレージ (GRS) または読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) を再び有効にすることができます。You can re-enable geo-redundant storage (GRS) or read-access geo-redundant storage (RA-GRS) for the account. LRS から GRS または RA-GRS に変換すると、追加コストが発生することに注意してください。Note that converting from LRS to GRS or RA-GRS incurs an additional cost. 詳しくは、「帯域幅の料金詳細」をご覧ください。For additional information, see Bandwidth Pricing Details.

ストレージ アカウントの GRS を再度有効にすると、アカウント内のデータの新しいセカンダリ リージョンへのレプリケートが開始されます。After you re-enable GRS for your storage account, Microsoft begins replicating the data in your account to the new secondary region. レプリケーションにかかる時間は、レプリケートされるデータの量に依存します。Replication time is dependent on the amount of data being replicated.

Azure ポータルAzure portal

Azure portal からアカウントのフェールオーバーを開始するには、次の手順のようにします。To initiate an account failover from the Azure portal, follow these steps:

  1. ストレージ アカウントに移動します。Navigate to your storage account.

  2. [設定][geo レプリケーション] を選択します。Under Settings, select Geo-replication. 次の図では、ストレージ アカウントの geo レプリケーションとフェールオーバーの状態を示します。The following image shows the geo-replication and failover status of a storage account.

    geo レプリケーションとフェールオーバーの状態を示すスクリーンショット

  3. お使いのストレージ アカウントが、geo 冗長ストレージ (GRS) または読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) 用に構成されていることを確認します。Verify that your storage account is configured for geo-redundant storage (GRS) or read-access geo-redundant storage (RA-GRS). そうでない場合は、 [設定][構成] を選択して、アカウントを geo 冗長に更新します。If it's not, then select Configuration under Settings to update your account to be geo-redundant.

  4. [最終同期時刻] プロパティでは、セカンダリがプライマリからどれくらい遅れているかが示されます。The Last Sync Time property indicates how far the secondary is behind from the primary. [最終同期時刻] では、フェールオーバー完了後に発生するデータ損失の範囲の見積もりが提供されます。Last Sync Time provides an estimate of the extent of data loss that you will experience after the failover is completed.

  5. [フェールオーバーの準備 (プレビュー)] を選択します。Select Prepare for failover (preview).

  6. 確認ダイアログを確認します。Review the confirmation dialog. 準備ができていれば、 [はい] を選択して確認し、フェールオーバーを開始します。When you are ready, enter Yes to confirm and initiate the failover.

    アカウントのフェールオーバーの確認ダイアログを示すスクリーンショット

PowerShellPowerShell

PowerShell を使用してアカウントのフェールオーバーを開始するには、最初に 6.0.1 プレビュー モジュールをインストールする必要があります。To use PowerShell to initiate an account failover, you must first install the 6.0.1 preview module. 次の手順のようにしてモジュールをインストールします。Follow these steps to install the module:

  1. Azure PowerShell の以前のインストールがある場合はアンインストールします。Uninstall any previous installations of Azure PowerShell:

    • [設定][アプリと機能] 設定を使用して、Windows から Azure PowerShell の以前のインストールを削除します。Remove any previous installations of Azure PowerShell from Windows using the Apps & features setting under Settings.
    • %Program Files%\WindowsPowerShell\Modules からすべての Azure モジュールを削除します。Remove all Azure modules from %Program Files%\WindowsPowerShell\Modules.
  2. 最新バージョンの PowerShellGet がインストールされていることを確認します。Make sure that you have the latest version of PowerShellGet installed. Windows PowerShell ウィンドウを開き、次のコマンドを実行して最新バージョンをインストールします。Open a Windows PowerShell window, and run the following command to install the latest version:

    Install-Module PowerShellGet –Repository PSGallery –Force
    
  3. PowerShellGet のインストール後、PowerShell ウィンドウを閉じて再び開きます。Close and reopen the PowerShell window after installing PowerShellGet.

  4. 最新バージョンの Azure PowerShell をインストールします。Install the latest version of Azure PowerShell:

    Install-Module Az –Repository PSGallery –AllowClobber
    
  5. アカウントのフェールオーバーをサポートする Azure Storage プレビュー モジュールをインストールします。Install an Azure Storage preview module that supports account failover:

    Install-Module Az.Storage –Repository PSGallery -RequiredVersion 1.1.1-preview –AllowPrerelease –AllowClobber –Force 
    
  6. PowerShell ウィンドウを閉じて再び開きます。Close and reopen the PowerShell window.

PowerShell からアカウントのフェールオーバーを開始するには、次のコマンドを実行します。To initiate an account failover from PowerShell, execute the following command:

Invoke-AzStorageAccountFailover -ResourceGroupName <resource-group-name> -Name <account-name> 

Azure CLIAzure CLI

Azure CLI を使用してアカウントのフェールオーバーを開始するには、次のコマンドを実行します。To use Azure CLI to initiate an account failover, execute the following commands:

az storage account show \ --name accountName \ --expand geoReplicationStats
az storage account failover \ --name accountName

次の手順Next steps