Azure Monitor の Azure Storage メトリックAzure Storage metrics in Azure Monitor

Azure Storage のメトリックを使用して、使用傾向の分析や要求のトレース、ストレージ アカウントの問題の診断を行うことができます。With metrics on Azure Storage, you can analyze usage trends, trace requests, and diagnose issues with your storage account.

Azure Monitor には、さまざまな Azure サービスで監視を実施するための統合ユーザー インターフェイスが用意されています。Azure Monitor provides unified user interfaces for monitoring across different Azure services. 詳細については、Azure Monitor に関するページをご覧ください。For more information, see Azure Monitor. Azure Storage は、Azure Monitor プラットフォームにメトリック データを送信することで、Azure Monitor を統合します。Azure Storage integrates Azure Monitor by sending metric data to the Azure Monitor platform.

メトリックにアクセスするAccess metrics

Azure Monitor では、複数の方法でメトリックにアクセスできます。Azure Monitor provides multiple ways to access metrics. たとえば、Azure portal、Azure Monitor API シリーズ (REST および .NET) のほか、Event Hubs などの分析ソリューションからアクセスできます。You can access them from the Azure portal, the Azure Monitor APIs (REST, and .NET) and analysis solutions such as Event Hubs. 詳細については、Azure Monitor のメトリックに関するページをご覧ください。For more information, see Azure Monitor Metrics.

メトリックは既定で有効になっており、過去 93 日間のデータにアクセスできます。Metrics are enabled by default, and you can access the past 93 days of data. データを長期にわたって保持する必要がある場合は、メトリック データを Azure ストレージ アカウントにアーカイブできます。If you need to retain data for a longer period of time, you can archive metrics data to an Azure Storage account. これは、Azure Monitor の診断設定で構成されます。This is configured in diagnostic settings in Azure Monitor.

Azure Portal でメトリックにアクセスするAccess metrics in the Azure portal

Azure Portal ではメトリックを時間経過に沿って監視できます。You can monitor metrics over time in the Azure portal. 次の例は、アカウント レベルで Transactions を表示する方法の例を示しています。The following example shows how to view Transactions at account level.

Azure Portal でのメトリック アクセスのスクリーンショット

ディメンションをサポートするメトリックについては、目的のディメンション値でメトリックをフィルター処理できます。For metrics supporting dimensions, you can filter metric with the desired dimension value. 次の例は、 [API 名] ディメンションの値を選択することで特定の操作に対するアカウント レベルのトランザクションを表示する方法を示しています。The following example shows how to view Transactions at account level on a specific operation by selecting values for API Name dimension.

Azure Portal におけるディメンションでのメトリック アクセスのスクリーンショット

REST API でメトリックにアクセスするAccess metrics with the REST API

Azure Monitor には、メトリックの定義と値を読み取るための REST API が用意されています。Azure Monitor provides REST APIs to read metric definition and values. このセクションでは、ストレージ メトリックを読み取る方法について説明します。This section shows you how to read the storage metrics. リソース ID は、すべての REST API で使用されます。Resource ID is used in all REST APIS. 詳細については、Azure Storage サービスのリソース ID に関するページを参照してください。For more information, please read Understanding resource ID for services in Storage.

次の例は、コマンド ラインで ArmClient を使用して、REST API でテストを簡略化する方法を示しています。The following example shows how to use ArmClient at the command line to simplify testing with the REST API.

REST API でアカウント レベルのメトリック定義を一覧表示するList account level metric definition with the REST API

次の例は、アカウント レベルでメトリック定義を一覧表示する方法を示しています。The following example shows how to list metric definition at account level:

# Login to Azure and enter your credentials when prompted.
> armclient login

> armclient GET /subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/providers/microsoft.insights/metricdefinitions?api-version=2018-01-01

BLOB、テーブル、ファイル、またはキューのメトリック定義を一覧表示するには、API でサービスごとに異なるリソース ID を指定する必要があります。If you want to list the metric definitions for blob, table, file, or queue, you must specify different resource IDs for each service with the API.

応答には、JSON 形式のメトリック定義が含まれています。The response contains the metric definition in JSON format:

{
  "value": [
    {
      "id": "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/providers/microsoft.insights/metricdefinitions/UsedCapacity",
      "resourceId": "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}",
      "category": "Capacity",
      "name": {
        "value": "UsedCapacity",
        "localizedValue": "Used capacity"
      },
      "isDimensionRequired": false,
      "unit": "Bytes",
      "primaryAggregationType": "Average",
      "metricAvailabilities": [
        {
          "timeGrain": "PT1M",
          "retention": "P30D"
        },
        {
          "timeGrain": "PT1H",
          "retention": "P30D"
        }
      ]
    },
    ... next metric definition
  ]
}

REST API でアカウント レベルのメトリック値を読み取るRead account-level metric values with the REST API

次の例は、アカウント レベルでメトリック データを読み取る方法を示しています。The following example shows how to read metric data at account level:

> armclient GET "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/providers/microsoft.insights/metrics?metricnames=Availability&api-version=2018-01-01&aggregation=Average&interval=PT1H"

上の例で、BLOB、テーブル、ファイル、またはキューのメトリック値を読み取るには、API でサービスごとに異なるリソース ID を指定する必要があります。In above example, if you want to read metric values for blob, table, file, or queue, you must specify different resource IDs for each service with the API.

次の応答には、JSON 形式のメトリック値が含まれています。The following response contains metric values in JSON format:

{
  "cost": 0,
  "timespan": "2017-09-07T17:27:41Z/2017-09-07T18:27:41Z",
  "interval": "PT1H",
  "value": [
    {
      "id": "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/providers/Microsoft.Insights/metrics/Availability",
      "type": "Microsoft.Insights/metrics",
      "name": {
        "value": "Availability",
        "localizedValue": "Availability"
      },
      "unit": "Percent",
      "timeseries": [
        {
          "metadatavalues": [],
          "data": [
            {
              "timeStamp": "2017-09-07T17:27:00Z",
              "average": 100.0
            }
          ]
        }
      ]
    }
  ]
}

.NET SDK でメトリックにアクセスするAccess metrics with the .NET SDK

Azure Monitor には、メトリックの定義と値を読み取るための .NET SDK が用意されています。Azure Monitor provides .NET SDK to read metric definition and values. サンプル コードでは、さまざまなパラメーターで SDK を使用する方法を示します。The sample code shows how to use the SDK with different parameters. ストレージ メトリックスについては 0.18.0-preview 以降のバージョンを使用する必要があります。You need to use 0.18.0-preview or later version for storage metrics. リソース ID は .NET SDK で使用されます。Resource ID is used in .NET SDK. 詳細については、Azure Storage サービスのリソース ID に関するページを参照してください。For more information, please read Understanding resource ID for services in Storage.

次の例では、Azure Monitor .NET SDK を使用してストレージ メトリックスを読み取る方法を示します。The following example shows how to use Azure Monitor .NET SDK to read storage metrics.

.NET SDK を使用してアカウント レベルのメトリック定義を一覧表示するList account level metric definition with the .NET SDK

次の例は、アカウント レベルでメトリック定義を一覧表示する方法を示しています。The following example shows how to list metric definition at account level:

    public static async Task ListStorageMetricDefinition()
    {
        // Resource ID for storage account
        var resourceId = "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}";
        var subscriptionId = "{SubscriptionID}";
        // How to identify Tenant ID, Application ID and Access Key: https://azure.microsoft.com/documentation/articles/resource-group-create-service-principal-portal/
        var tenantId = "{TenantID}";
        var applicationId = "{ApplicationID}";
        var accessKey = "{AccessKey}";

        // Using metrics in Azure Monitor is currently free. However, if you use additional solutions ingesting metrics data, you may be billed by these solutions. For example, you are billed by Azure Storage if you archive metrics data to an Azure Storage account. Or you are billed by Operation Management Suite (OMS) if you stream metrics data to OMS for advanced analysis.
        MonitorManagementClient readOnlyClient = AuthenticateWithReadOnlyClient(tenantId, applicationId, accessKey, subscriptionId).Result;
        IEnumerable<MetricDefinition> metricDefinitions = await readOnlyClient.MetricDefinitions.ListAsync(resourceUri: resourceId, cancellationToken: new CancellationToken());

        foreach (var metricDefinition in metricDefinitions)
        {
            //Enumrate metric definition:
            //    Id
            //    ResourceId
            //    Name
            //    Unit
            //    MetricAvailabilities
            //    PrimaryAggregationType
            //    Dimensions
            //    IsDimensionRequired
        }
    }

BLOB、テーブル、ファイル、またはキューのメトリック定義を一覧表示するには、API でサービスごとに異なるリソース ID を指定する必要があります。If you want to list the metric definitions for blob, table, file, or queue, you must specify different resource IDs for each service with the API.

.NET SDK を使用してメトリックの値を読み取るRead metric values with the .NET SDK

次の例は、アカウント レベルで UsedCapacity データを読み取る方法を示しています。The following example shows how to read UsedCapacity data at account level:

    public static async Task ReadStorageMetricValue()
    {
        // Resource ID for storage account
        var resourceId = "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}";
        var subscriptionId = "{SubscriptionID}";
        // How to identify Tenant ID, Application ID and Access Key: https://azure.microsoft.com/documentation/articles/resource-group-create-service-principal-portal/
        var tenantId = "{TenantID}";
        var applicationId = "{ApplicationID}";
        var accessKey = "{AccessKey}";

        MonitorClient readOnlyClient = AuthenticateWithReadOnlyClient(tenantId, applicationId, accessKey, subscriptionId).Result;

        Microsoft.Azure.Management.Monitor.Models.Response Response;

        string startDate = DateTime.Now.AddHours(-3).ToUniversalTime().ToString("o");
        string endDate = DateTime.Now.ToUniversalTime().ToString("o");
        string timeSpan = startDate + "/" + endDate;

        Response = await readOnlyClient.Metrics.ListAsync(
            resourceUri: resourceId,
            timespan: timeSpan,
            interval: System.TimeSpan.FromHours(1),
            metricnames: "UsedCapacity",

            aggregation: "Average",
            resultType: ResultType.Data,
            cancellationToken: CancellationToken.None);

        foreach (var metric in Response.Value)
        {
            //Enumrate metric value
            //    Id
            //    Name
            //    Type
            //    Unit
            //    Timeseries
            //        - Data
            //        - Metadatavalues
        }
    }

上の例で、BLOB、テーブル、ファイル、またはキューのメトリック値を読み取るには、API でサービスごとに異なるリソース ID を指定する必要があります。In above example, if you want to read metric values for blob, table, file, or queue, you must specify different resource IDs for each service with the API.

.NET SDK を使用して多次元メトリック値を読み取るRead multi-dimensional metric values with the .NET SDK

多次元メトリックの場合、特定のディメンション値に対するメトリック データを読み取る必要がある場合は、メタ データ フィルターを定義する必要があります。For multi-dimensional metrics, you need to define meta data filter if you want to read metric data on specific dimension value.

次の例では、多次元をサポートするメトリックについてのメトリック データを読み取る方法を示します。The following example shows how to read metric data on the metric supporting multi-dimension:

    public static async Task ReadStorageMetricValueTest()
    {
        // Resource ID for blob storage
        var resourceId = "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/blobServices/default";
        var subscriptionId = "{SubscriptionID}";
        // How to identify Tenant ID, Application ID and Access Key: https://azure.microsoft.com/documentation/articles/resource-group-create-service-principal-portal/
        var tenantId = "{TenantID}";
        var applicationId = "{ApplicationID}";
        var accessKey = "{AccessKey}";

        MonitorManagementClient readOnlyClient = AuthenticateWithReadOnlyClient(tenantId, applicationId, accessKey, subscriptionId).Result;

        Microsoft.Azure.Management.Monitor.Models.Response Response;

        string startDate = DateTime.Now.AddHours(-3).ToUniversalTime().ToString("o");
        string endDate = DateTime.Now.ToUniversalTime().ToString("o");
        string timeSpan = startDate + "/" + endDate;
        // It's applicable to define meta data filter when a metric support dimension
        // More conditions can be added with the 'or' and 'and' operators, example: BlobType eq 'BlockBlob' or BlobType eq 'PageBlob'
        ODataQuery<MetadataValue> odataFilterMetrics = new ODataQuery<MetadataValue>(
            string.Format("BlobType eq '{0}'", "BlockBlob"));

        Response = readOnlyClient.Metrics.List(
                        resourceUri: resourceId,
                        timespan: timeSpan,
                        interval: System.TimeSpan.FromHours(1),
                        metricnames: "BlobCapacity",
                        odataQuery: odataFilterMetrics,
                        aggregation: "Average",
                        resultType: ResultType.Data);

        foreach (var metric in Response.Value)
        {
            //Enumrate metric value
            //    Id
            //    Name
            //    Type
            //    Unit
            //    Timeseries
            //        - Data
            //        - Metadatavalues
        }
    }

Azure Storage サービスのリソース ID についてUnderstanding resource ID for services in Azure Storage

リソース ID は、Azure のリソースの一意識別子です。Resource ID is a unique identifier of a resource in Azure. Azure Monitor REST API を使用して、メトリック定義または値を読み取る場合は、操作するリソースのリソース ID を使用する必要があります。When you use the Azure Monitor REST API to read metrics definitions or values, you must use resource ID for the resource on which you intend to operate. リソース ID テンプレートの形式は次のとおりです。The resource ID template follows this format:

/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}

Storage は、Azure Monitor を使用して、ストレージ アカウント レベルおよびサービス レベルの両方でメトリックを提供します。Storage provides metrics at both the storage account level and the service level with Azure Monitor. たとえば、Blob Storage についてのみメトリックを取得できます。For example, you can retrieve metrics for just Blob storage. レベルごとに独自のリソース ID があり、リソース ID を使用すると、その ID のレベルについてのみメトリックが取得されます。Each level has its own resource ID, which is used to retrieve the metrics for just that level.

ストレージ アカウントのリソース IDResource ID for a storage account

次の形式は、ストレージ アカウントのリソース ID を指定します。The following shows the format for specifying the Resource ID for a storage account.

/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}

ストレージ サービスのリソース IDResource ID for the storage services

次の形式は、各ストレージ サービスのリソース ID を指定します。The following shows the format for specifying the Resource ID for each of the storage services.

  • Blob service のリソース IDBlob service resource ID
/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/blobServices/default
  • Table service のリソース IDTable service resource ID
/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/tableServices/default
  • Queue サービスのリソース IDQueue service resource ID
/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/queueServices/default
  • File サービスのリソース IDFile service resource ID
/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/{storageAccountName}/fileServices/default

Azure Monitor REST API のリソース IDResource ID in Azure Monitor REST API

次の例は、Azure Monitor REST API を呼び出すときに使用されるパターンを示しています。The following shows the pattern used when calling the Azure Monitor REST API.

GET {resourceId}/providers/microsoft.insights/metrics?{parameters}

容量メトリックCapacity metrics

容量メトリックの値は 1 時間ごとに Azure Monitor に送信され、Capacity metrics values are sent to Azure Monitor every hour. 毎日更新されます。The values are refreshed daily. 時間グレインは、メトリック値が提供される時間間隔を定義します。The time grain defines the time interval for which metrics values are presented. すべての容量メトリックに対して、1 時間 (PT1H) の時間グレインがサポートされます。The supported time grain for all capacity metrics is one hour (PT1H).

Azure Storage は、Azure Monitor で次の容量メトリックを提供します。Azure Storage provides the following capacity metrics in Azure Monitor.

アカウント レベルAccount Level

メトリックの名前Metric Name [説明]Description
UsedCapacityUsedCapacity ストレージ アカウントによって使用されているストレージの量。The amount of storage used by the storage account. Standard ストレージ アカウントについては、Blob、Table、File、および Queue で使用される容量の合計です。For standard storage accounts, it's the sum of capacity used by blob, table, file, and queue. Premium ストレージ アカウントと BLOB ストレージ アカウントについては、BlobCapacity と同じです。For premium storage accounts and Blob storage accounts, it is the same as BlobCapacity.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024

BLOB ストレージBlob storage

メトリックの名前Metric Name [説明]Description
BlobCapacityBlobCapacity ストレージ アカウントで使用されている Blob Storage の合計。The total of Blob storage used in the storage account.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
寸法: BlobType、および BlobTier (定義)Dimensions: BlobType, and BlobTier (Definition)
BlobCountBlobCount ストレージ アカウントに格納されている BLOB オブジェクトの数。The number of blob objects stored in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
寸法: BlobType、および BlobTier (定義)Dimensions: BlobType, and BlobTier (Definition)
ContainerCountContainerCount ストレージ アカウントのコンテナーの数。The number of containers in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
IndexCapacityIndexCapacity ADLS Gen2 階層構造のインデックスで使用される記憶域の量The amount of storage used by ADLS Gen2 Hierarchical Index

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024

テーブル ストレージTable storage

メトリックの名前Metric Name [説明]Description
TableCapacityTableCapacity ストレージ アカウントによって使用されている Table Storage の量。The amount of Table storage used by the storage account.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
TableCountTableCount ストレージ アカウントのテーブルの数。The number of tables in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
TableEntityCountTableEntityCount ストレージ アカウントのテーブル エンティティの数。The number of table entities in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024

ストレージQueue storage

メトリックの名前Metric Name [説明]Description
QueueCapacityQueueCapacity ストレージ アカウントによって使用されている Queue ストレージの量。The amount of Queue storage used by the storage account.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
QueueCountQueueCount ストレージ アカウントのキューの数。The number of queues in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
QueueMessageCountQueueMessageCount ストレージ アカウントの期限が切れていないキュー メッセージの数。The number of unexpired queue messages in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024

File StorageFile storage

メトリックの名前Metric Name [説明]Description
FileCapacityFileCapacity ストレージ アカウントによって使用されている File ストレージの量。The amount of File storage used by the storage account.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
FileCountFileCount ストレージ アカウントのファイルの数。The number of files in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024
FileShareCountFileShareCount ストレージ アカウントのファイル共有の数。The number of file shares in the storage account.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
値の例:1024Value example: 1024

トランザクション メトリックTransaction metrics

トランザクション メトリックは、ストレージ アカウントへの要求ごとに、Azure Storage から Azure Monitor に出力されます。Transaction metrics are emitted on every request to a storage account from Azure Storage to Azure Monitor. ストレージ アカウントにアクティビティがない場合、その間はトランザクション メトリックのデータは存在しません。In the case of no activity on your storage account, there will be no data on transaction metrics in the period. すべてのトランザクション メトリックを、アカウント レベルとサービス レベルの両方 (Blob Storage、Table Storage、Azure Files、および Queue ストレージ) で使用することができます。All transaction metrics are available at both account and service level (Blob storage, Table storage, Azure Files, and Queue storage). 時間グレインは、メトリック値が提供される時間間隔を定義します。The time grain defines the time interval that metric values are presented. すべてのトランザクション メトリックに対してサポートされている時間グレインは PT1H と PT1M です。The supported time grains for all transaction metrics are PT1H and PT1M.

Azure Storage は、Azure Monitor で次のトランザクション メトリックを提供します。Azure Storage provides the following transaction metrics in Azure Monitor.

メトリックの名前Metric Name [説明]Description
トランザクションTransactions ストレージ サービスまたは指定された API 操作に対して行われた要求の数。The number of requests made to a storage service or the specified API operation. この数には、成功した要求と失敗した要求およびエラーが発生した要求が含まれます。This number includes successful and failed requests, as well as requests that produced errors.

単位:CountUnit: Count
集計の種類:合計Aggregation Type: Total
適用可能なディメンション:ResponseType、GeoType、ApiName、Authentication (定義)Applicable dimensions: ResponseType, GeoType, ApiName, and Authentication (Definition)
値の例:1024Value example: 1024
イングレスIngress イングレス データの量。The amount of ingress data. この値には、外部クライアントから Azure Storage へのイングレスおよび Azure 内でのイングレスが含まれます。This number includes ingress from an external client into Azure Storage as well as ingress within Azure.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:合計Aggregation Type: Total
適用可能なディメンション:GeoType、ApiName、Authentication (定義)Applicable dimensions: GeoType, ApiName, and Authentication (Definition)
値の例:1024Value example: 1024
エグレスEgress エグレス データの量。The amount of egress data. この値には、外部クライアントから Azure Storage へのエグレスおよび Azure 内でのエグレスが含まれます。This number includes egress from an external client into Azure Storage as well as egress within Azure. したがって、この値には、課金対象のエグレスが反映されません。As a result, this number does not reflect billable egress.

単位:バイトUnit: Bytes
集計の種類:合計Aggregation Type: Total
適用可能なディメンション:GeoType、ApiName、Authentication (定義)Applicable dimensions: GeoType, ApiName, and Authentication (Definition)
値の例:1024Value example: 1024
SuccessServerLatencySuccessServerLatency Azure Storage による成功した要求の平均処理時間。The average time used to process a successful request by Azure Storage. この値には、SuccessE2ELatency で指定されているネットワーク待機時間は含まれません。This value does not include the network latency specified in SuccessE2ELatency.

単位:ミリ秒Unit: Milliseconds
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
適用可能なディメンション:GeoType、ApiName、Authentication (定義)Applicable dimensions: GeoType, ApiName, and Authentication (Definition)
値の例:1024Value example: 1024
SuccessE2ELatencySuccessE2ELatency ストレージ サービスまたは指定された API 操作に対して行われた成功した要求の平均エンド ツー エンド待機時間。The average end-to-end latency of successful requests made to a storage service or the specified API operation. この値には、要求の読み取り、応答の送信、および応答の受信確認を受け取るために Azure Storage 内で必要な処理時間が含まれます。This value includes the required processing time within Azure Storage to read the request, send the response, and receive acknowledgment of the response.

単位:ミリ秒Unit: Milliseconds
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
適用可能なディメンション:GeoType、ApiName、Authentication (定義)Applicable dimensions: GeoType, ApiName, and Authentication (Definition)
値の例:1024Value example: 1024
可用性Availability ストレージ サービスまたは指定された API 操作の可用性の割合。The percentage of availability for the storage service or the specified API operation. 可用性は、合計課金対象要求数の値を取得し、それを該当する要求の数 (予期しないエラーになった要求を含む) で割ることによって、計算されます。Availability is calculated by taking the total billable requests value and dividing it by the number of applicable requests, including those requests that produced unexpected errors. 予期しないエラーすべてが、ストレージ サービスまたは指定された API 操作の可用性の低下をもたらします。All unexpected errors result in reduced availability for the storage service or the specified API operation.

単位:PercentUnit: Percent
集計の種類:AverageAggregation Type: Average
適用可能なディメンション:GeoType、ApiName、Authentication (定義)Applicable dimensions: GeoType, ApiName, and Authentication (Definition)
値の例:99.99Value example: 99.99

メトリックのディメンションMetrics dimensions

Azure Storage では、Azure Monitor の次のメトリック ディメンションがサポートされます。Azure Storage supports following dimensions for metrics in Azure Monitor.

ディメンション名Dimension Name [説明]Description
BlobTypeBlobType BLOB メトリックの BLOB の種類のみ。The type of blob for Blob metrics only. サポートされる値は、BlockBlobPageBlobAzure Data Lake Storage です。The supported values are BlockBlob, PageBlob, and Azure Data Lake Storage. BlockBlob には Append Blob が含まれます。Append Blob is included in BlockBlob.
BlobTierBlobTier Azure Storage からはさまざまなアクセス層が提供され、最もコスト効果の高い方法で BLOB オブジェクト データを格納できます。Azure storage offers different access tiers, which allow you to store blob object data in the most cost-effective manner. 詳細については、Azure Storage の BLOB 層に関する記事を参照してください。See more in Azure Storage blob tier. サポートされる値は次のとおりです。The supported values include:
  • Hot:ホット層Hot: Hot tier
  • Cool:クール層Cool: Cool tier
  • アーカイブ: アーカイブ層Archive: Archive tier
  • Premium:ブロック BLOB 用 Premium 層Premium: Premium tier for block blob
  • P4/P6/P10/P15/P20/P30/P40/P50/P60:Premium ページ BLOB 用の層の種類P4/P6/P10/P15/P20/P30/P40/P50/P60: Tier types for premium page blob
  • Standard:Standard ページ BLOB 用の層の種類Standard: Tier type for standard page Blob
  • Untiered:汎用 v1 ストレージ アカウントの層の種類Untiered: Tier type for general purpose v1 storage account
  • GeoTypeGeoType プライマリ クラスターまたはセカンダリ クラスターからのトランザクション。Transaction from Primary or Secondary cluster. 使用できる値には、PrimarySecondary が含まれています。The available values include Primary and Secondary. セカンダリ テナントからオブジェクトを読み取るときに、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) に適用されます。It applies to Read Access Geo Redundant Storage(RA-GRS) when reading objects from secondary tenant.
    ResponseTypeResponseType トランザクション応答の種類。Transaction response type. 次の値をご利用いただけます。The available values include:

  • ServerOtherError:記述されていない、その他すべてのサーバー側エラーServerOtherError: All other server-side errors except described ones
  • ServerBusyError:HTTP 503 ステータス コードを返した認証済み要求。ServerBusyError: Authenticated request that returned an HTTP 503 status code.
  • ServerTimeoutError:HTTP 500 ステータス コードを返した、タイムアウトした認証済み要求。ServerTimeoutError: Timed-out authenticated request that returned an HTTP 500 status code. タイムアウトは、サーバー エラーが原因で発生しました。The timeout occurred due to a server error.
  • AuthorizationError:データの不正アクセスまたは承認エラーが原因で失敗した認証済み要求。AuthorizationError: Authenticated request that failed due to unauthorized access of data or an authorization failure.
  • NetworkError:ネットワーク エラーが原因で失敗した認証済み要求。NetworkError: Authenticated request that failed due to network errors. クライアントがタイムアウト期限が切れる前に途中で接続を終了したときによく発生します。Most commonly occurs when a client prematurely closes a connection before timeout expiration.
  • ClientThrottlingError:クライアント側の調整エラー。ClientThrottlingError: Client-side throttling error.
  • ClientTimeoutError:HTTP 500 ステータス コードを返した、タイムアウトした認証済み要求。ClientTimeoutError: Timed-out authenticated request that returned an HTTP 500 status code. クライアントのネットワーク タイムアウトまたは要求タイムアウトが、ストレージ サービスで予期される値よりも低く設定されている場合、これは予期されるタイムアウトです。If the client's network timeout or the request timeout is set to a lower value than expected by the storage service, it is an expected timeout. それ以外の場合は、ServerTimeoutError としてレポートされます。Otherwise, it is reported as a ServerTimeoutError.
  • ClientOtherError:記述されていない、その他すべてのクライアント側エラー。ClientOtherError: All other client-side errors except described ones.
  • 成功:成功した要求Success: Successful request
  • SuccessWithThrottling: 最初に試みたときは SMB クライアントが調整されたが再試行後に成功したときの、成功した要求。SuccessWithThrottling: Successful request when a SMB client gets throttled in the first attempt(s) but succeeds after retries.
  • ApiNameApiName 操作の名前。The name of operation. 次に例を示します。For example:
  • CreateContainerCreateContainer
  • DeleteBlobDeleteBlob
  • GetBlobGetBlob
  • すべての操作名については、こちらのドキュメントを参照してください。For all operation names, see document.
    認証Authentication トランザクションで使用される認証の種類。Authentication type used in transactions. 次の値をご利用いただけます。The available values include:
  • AccountKey:トランザクションは、ストレージ アカウント キーを使って認証されます。AccountKey: The transaction is authenticated with storage account key.
  • SAS:トランザクションは、Shared Access Signature を使って認証されます。SAS: The transaction is authenticated with shared access signatures.
  • OAuth:トランザクションは、OAuth アクセス トークンを使って認証されます。OAuth: The transaction is authenticated with OAuth access tokens.
  • Anonymous:トランザクションは匿名で要求されます。Anonymous: The transaction is requested anonymously. プリフライト要求は含まれません。It doesn’t include preflight requests.
  • AnonymousPreflight:トランザクションは、プリフライト要求です。AnonymousPreflight: The transaction is preflight request.
  • メトリック サポート ディメンションの場合、対応するメトリック値を表示するには、ディメンション値を指定する必要があります。For the metrics supporting dimensions, you need to specify the dimension value to see the corresponding metrics values. たとえば、成功した応答の Transaction 値を確認する場合は、ResponseType ディメンション を Success でフィルター処理する必要があります。For example, if you look at Transactions value for successful responses, you need to filter the ResponseType dimension with Success. また、ブロック BLOB の BlobCount 値を確認する場合は、BlobType ディメンションを BlockBlob でフィルター処理する必要があります。Or if you look at BlobCount value for Block Blob, you need to filter the BlobType dimension with BlockBlob.

    従来のメトリックのサービス継続性Service continuity of legacy metrics

    Azure Monitor 管理メトリックと並行して従来のメトリックを利用できます。Legacy metrics are available in parallel with Azure Monitor managed metrics. サポートは、Azure Storage が従来のメトリックのサービスを終了するまで引き続き提供されます。The support keeps the same until Azure Storage ends the service on legacy metrics.

    よく寄せられる質問FAQ

    新しいメトリックは、従来のストレージ アカウントをサポートしていますか?Does new metrics support Classic Storage account?

    いいえ。Azure Monitor の新しいメトリックは、Azure Resource Manager ストレージ アカウントのみサポートしています。No, new metrics in Azure Monitor only support Azure Resource Manager storage accounts. ストレージ アカウントに対してメトリックを使用する場合、Azure Resource Manager ストレージ アカウントに移行する必要があります。If you want to use metrics on Storage accounts, you need to migrate to Azure Resource Manager Storage account. Azure Resource Manager への移行に関するページを参照してください。See Migrate to Azure Resource Manager.

    Azure Storage はマネージド ディスクまたはアンマネージド ディスクのメトリックをサポートしますか。Does Azure Storage support metrics for Managed Disks or Unmanaged Disks?

    いいえ、Azure Compute はディスク上のメトリックをサポートします。No, Azure Compute supports the metrics on disks. 詳しくは、この記事をご覧ください。See article for more details.

    新しいメトリックを使用して従来のメトリックをマップして移行する方法How to map and migrate classic metrics with new metrics?

    従来のメトリックと新しいメトリック間の詳細なマッピングについては、「Azure Storage メトリックの移行」を参照してください。You can find detailed mapping between classic metrics and new metrics in Azure Storage metrics migration.

    次のステップNext steps